« 2013年3月13日 | トップページ | 2013年3月29日 »

2013年3月18日

2013年3月18日 (月)

オトコの征服欲に関する一考察

オトコの征服欲に関する一考察

男の本音 2012年04月08日19:37
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c050.html

ワタシはこの文章には批判的である。

たとえばワタシは、岩田華怜が大好きで、彼女とセックスするのは確かに憧れる。
また、ワタシもオトコであるし、動物的本能で1日か2日に一回くらいはムラムラもする。

けれども、手っ取り早い女の子見つけてセックスするよりも、いま我慢して岩田華怜を手に入れたいと思っている。
ソレがワタシの信念である。

さて。

世の中のオトコはできるだけ大勢のオンナとセックスしたい、と言われており、さらにそれは動物的本能とされ、大勢が納得するところであろう。

しかしワタシはそこに、敢えて反論してみたいのである。

例を挙げよう。

例①オトコが女性と結婚し、10日間彼女とセックスするとする。そのほかに女友達が9人いて、彼女らとはお茶をする。
胸や性器などは妻のものしか体験できないが、女友達とも親身になって深い話だってできるだろう。

例②オトコが女性と結婚したが、彼女とセックスは一回限りで、残り9回は9人の女性をとっかえひっかえセックスする。
話だけでなく、胸や性器なども10人分体験できる。

例①と例②を比較して、違うのは、大まかに言えば、誰とセックスするかだけである。

オトコはほんとうに、いろんなオンナとセックスがしたい生き物なのだろうか?

胸だって性器だって、女性により多少の違いはあれ、想像の範囲内であろう。
であれば、妻とセックスしたって違いはないと思うのである。
むしろ、いろんなオンナとセックスすることで、相性が合わなかったりすることもあると思うし、妻ひとりでいいと考えるオトコもいておかしくないと思う。

ワタシには、新たなオンナとセックスできるコトが、そんなに重要とは思えない。

たとえばワタシがAKBの何十人の子の写真を見てみたところで、確かにみんな可愛いとは思うが、いざ裸になって、心が通い合うとは到底思えないのである。
(もちろん、岩田華怜とは通い合わせたいと思う)


ここでひとつの仮説を立てよう。

オトコは、あらゆるモノを征服したいと考えている。人間ならば誰でも思うのかも知れないが。
自分が王様になれたら、などと夢見たヒトは多いと思う。

然るに、実際は、王様になれないのはもとより、会社でこき使われるのである。
部下の上に立って威張る者も多いが、しょせん社長を頂点としたヒエラルキーの下位に入ってしまうのである。

そんな中、会社を離れて、"マニア" や "おたく" と言われる人種がいる。
マニアやおたくは、その多くが、そのジャンルにカテゴライズされたモノをコンプリートしたい欲求を持っている。
コンプリートのために何百万何千万と使うヒトもいる。

彼らは、社会一般でものごとを征服できないから、その代わりとして、モノをコンプリートすることにより、征服欲求を満たしているのではないか?

その仮定が正であるならば、いろんなオンナとセックスしたいオトコは、社会で征服できない代わりに、セックスすることによりオンナを征服したいのだ、と取れないであろうか。
いわば彼らはオンナマニア、オンナおたくなのである。
これがワタシの仮説である。

だからこそ、オンナではなく他のモノを征服する楽しみを得た近年のオトコは、どんどん草食化している、とも言えるのではないだろうか。


ワタシは、会社では征服欲を満たされなかったが、いまいわば世界を征服しつつある。
征服欲はそちらで満たされつつある。

もちろん一匹のオスとして、セックスがしたいと思うのではあるが、征服するオンナはひとりでいいと思うのである。

ヒトの日記より転載

mixi日記に興味あるものがあった。

コラムにするために、転載します。

http://mixi.jp/view_diary.pl?&id=1836352580&owner_id=42641064

男の本音 2012年04月08日19:37
男はSEXのために女のつまらない話に相槌を打ち、紳士的に振舞い、したくもないデートをし、愛情を注ぐ演技をする。 

飯食うのは遅い、買い物も遅い、金もかかる(←これが1番厄介)、男友達とは違い趣味や考え方も合わないし基本的にバカが多い。 

(その日とは限らずともいずれ)SEXが出来るからデートするし、お金も払ってあげる。
SEXが出来るから記念日にはプレゼントもあげちゃう。 
女への振る舞いは極端に言えばSEXの代償である。 

初回のデートで性格・趣味やら何やらの基本情報をチェック、初回のSEXで体の肉付き、性器・胸の形や具合をチェック、好みの体や性への意識(頻繁に性行為を行えると判断)であれば付き合う(もしくは遊ぶ)。 飽きたらポイ。 
(性格が良くて家事能力が高ければ彼女に昇格できる場合有り) 

男は1人の女とではなく複数の女とヤりたい。許されるなら複数の女に中出ししてみたい。これが本音。 

(彼女がいる場合は感覚が麻痺し「この女だけでいい」という錯覚に陥る場合有り) 
↑別れると通常の性欲に戻る 


Q.性欲しか頭にない男なんて一部でしょ? 

A.健康な男性ならそれが普通。 
勿論そんな顔を見せては女性に嫌われますから演技します。 
(女が行為中に演技するのと同じ) 

考えてみてください 
1回の射精のために数万も風俗で払う男がいることを。 
人生を棒に振ってまでも性犯罪に走る男がいることを。 

行動に移さずとも願望を持ってる男は多いです。 

もし透明人間になったら何がしたいと問われたら、そっち系に思考が働く男は多いはず。 
もしレイプが合法だったら、道行く女性を手当たり次第に犯す男も多いはず。 

恋人がいようが結婚してようが常に 
「ヤれる女がいないか」と狙ってるのが男です。 


Q.女性を愛した事がない寂しい男なんでしょ? 

A.男は恋愛ドラマ等を殆ど見ません。 
(見るとしたらキャスト目当て) 
つまり恋や愛には本能的に興味がないのです。 

男が好きなのはAV、興味の中心はSEX。 
それが普通であり一般的です。 

恋愛ドラマに出てくる男性像は現実離れしたもので、白馬に乗った王子様は存在しない。 
AV女優を見て「これは作り物。こんな女はいない」って女性は思うでしょう?それと同じ。 


AとB、2人の女がいます。 
Aは付き合ってる最中はもちろん、結婚するまで絶対SEXはしないという条件を提示します。 
Bはそんな条件ありません。 
それ以外のスペックは同等。 

男は片方を選ぶとする 
すると捻くれてない限りBを選ぶ 
Bを選んだ理由が全て 


↑ 
このABの比較について「差をつけないのはおかしい」的な指摘があるかもしれませんが、差をつける必要はないんです。 
何故ならこの日記で言いたいことはただ一つ「付き合うにはSEXという項目が必要不可欠」ということを言いたいだけなので。 

結婚するまで絶対SEXしなくていい、するつもりがないなら別にAを選んでも問題ないわけです。 
無駄な特典に過ぎないので。 

Bを選ぶという事は「普通にしたい」「出来ないより出来た方がいいに決まってるからB」「体の相性も云々」ということ。 
「出来た方がいい」ってことはする意思があるってことです。 

その通り。何もSEXがいけないなんて言ってないですからね。 
殆どの人は付き合う上でSEXは必須なんです。 


どんなに紳士的に女を楽しませようが 
どんなに女の理想の男性像を象ろうが 
最終的に欠かせない項目は「その女とヤりたい」 


「私の彼氏は違うもん」って思ってる女性 
試しに彼氏に「これから結婚するまでエッチはやめよ」って言い出してみてください。 
「何で?」から始まり、おそらく8割方はその後自然と別れる方向に向いますから。 
自分だけの性処理相手の彼女なのにヤれないとなると、もう付き合う価値がなくなるからです。 
最初からヤれないと分かってる相手と付き合う男は殆どいません。 


がしかし 

こんなことを口に出したら絶対に彼女は出来ない(むしろ嫌われる)ので 
心の奥底にしまって何食わぬ顔で生活しているのが男です。 
理性を保ち、いかに女性に「え、俺は別にそんなこと考えてないけど」と思わせられるか否かです。 


同感だけどこの日記にコメントしてるのをマイミクの女、もしくは知り合いにバレたら自分のイメージ下がるからコメント出来ない・・・ 
↑ 
みなさん 


分かります。 
頭では理解出来てても改めてこうやって文字にすると、ひくほど印象悪いですから。 
容易に「賛同できます」なんて書きづらい気持ちも。 


偽善ぶる男ほど結果的にその気にさせた女性を傷つけるものです。 

ただ、もちろんSEXだけが理由というわけではない人もちゃんと(というか大方)いるので、最初から「男なんてそういうもんなんだ」「まったくしょうがねーな男は(笑)」と寛大な心で受け止めてみると、心に余裕が出来て案外長続きするかもしれません。 

それでも女性は「私の彼はそんなはずない、大丈夫」と思ってしまうのでしょう。 
まあ個人の勝手ですが、信じ切るのはオススメしません。男だから言えることです。 


そしてこれらは、動物学的にオスの本能なので、決して悪い意味では捉えないでほしい。 

« 2013年3月13日 | トップページ | 2013年3月29日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック