« 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月1日 »

2013年3月31日

2013年3月31日 (日)

3/28SKE48チームS制服の芽公演を観た感想

3/28SKE48チームS制服の芽公演を観た感想

5日前にも同じ公演を観て,そのとき0点と評したが,今日は同じチームの公演とは
思えないほど良かった。
ダンスが激しく,またタイミングもよく揃っていた。MCもみんな仲良さそうに話していた。
中にはヤケクソみたいに見えるダンスもあったが,動かないよりはいい。

このダンスができれば,SKEはAKBグループでいちばんダンスが激しい,と言ってもらえる。
この気持ちを忘れないで欲しい。

ユニットについて。

思い出以上は,カツオの歌が,合っているのだがなんか違うと思えるときがあった。
チェックして欲しい。
ダンスはAKBチームBは難しくしたそうで,SKEのは簡単と先日書いたが,
今日は一生懸命にダンスしていたので,振りが簡単でも全力感がよく出ていていいと思った。

狼とプライドは,ダンスは前回2人ズレていると書いたが,今日はピッタリ合っていた。
ゆりあは,音程がズレているようにも聞こえるのであるが,合っているくーみんとの間で
絶妙のハモり具合である。
あえてずらしているのかもとも思った。真相はどうなのだろう?

女の子の第六感は,にしし,まさなの歌が低めにズレていた。
ダンスは全員よく踊れているが,カツオは相変わらず男勝りなダンスである。
まあ,そうやりたいのであればそうしてもいいが,
カツオもしぐさだけでセクシーに見えるはずなので,そういうダンスも目指して欲しいとも思う。
女優になりたければ,自分のイメージとは違うキャラクターも"演じて"欲しいと思う。

枯葉のステーションは,先日聞いた子とは違うのか,先日ほどズレてはいなかったが,
それでも低いほうにズレている気がした。

万華鏡は,メイン(菅なな子?)が低かった。
ゆっことにししも歌声がなにかビミョーに違う気がした。

改めて全体について。

これだけ意気込みが変わっているということは,前回ワタシが注意喚起して回ったのを,
きちんと反映してくれたのかも知れない。
が,そのままではまた,ワタシが注意しなくなれば,
パフォーマンスは元に戻ってしまう可能性がある。

そうではなく,あくまでパフォーマンスは観客のために行っているのであり,
いいパフォーマンスを続けていれば,さらに評価が高まり,(さすがに第一人者のAKBを越すのは
難しいかもだが),SKEとして日本じゅう,あわよくば海外にも認知されることを
よくよく理解して欲しい。

なかなか,自分の頑張りを,ヒトはすぐには理解してくれない。
人間とは,噂が広まり,それが真実となるまでには,かなりのタイムラグがあるのである。

いくら頑張っても,なかなか評価されなかったりする。
しかるに,頑張らなくても,評価が下がることも,これまたなかったりするのである。
そうすると,これまでの評価に安穏としてしまい,いつの間にかどんどんパフォーマンスが
下がっていってしまうのである。
SKEにおけるチームS3/23公演はそうであるが,これはチームSだけが怠けているのではなく,
社会一般にもそういうことは多いのである。
組織が潰れるのは,おおよそそのパターンではないかと,ワタシは思っている。

SKEも,頑張らなくてもいい,と思い出したら,潰れかけてしまうのである。

メンバー達は,これを教訓に,毎日観に来てくれるファンに最高のパフォーマンスを
見せ続けて欲しい。

3/28AKB48チームK Waiting公演を観た感想

3/28AKB48チームK Waiting公演を観た感想

2/22のチームK公演から1ヶ月以上経ったものである。

最初のほうは元気がいいかな,と思ったが,
後半はまだまだ体力をセーブしているのではないか?とも思えた。

その証拠か,最初のMCのときには,何人かのメンバーの首筋にはびっしりと
汗が出ていたが,最後のMCのときには汗が出ているメンバーはいなかった。

このあたり,もっと元気にダンスすることが,チームKには期待されていると思う。
平均年齢が一番低いチームAはもとより,チーム4メンが多くいるチームBも
フレッシュなので,年齢の高いチームKはともするとダンスが小さくなって
しまいがちと思うが,そこを,むしろプロに近いところにいることを意識し,
よりダイナミックなパフォーマンスに繋げて欲しい。

それほどダンスで見せ場がないのであれば,もうウェイティング公演から
5ヶ月が経ったので,セットリストを大幅に変えてもいいのではないかと思う。
もちろん,このセットリストの公演回数が少ないからまだやりたいと
思うこともあるだろうが,このセットリストはお古の集合体ということも考慮して,
早めに変えてもいいと思う。

ユニットから。

向日葵は,あーみんが音程がずれているほかは合っているように思えた。
ただしみんな,棒のような歌い方である。
もっと抑揚をつけて,ひとことひとこと切るような歌い方を心がければ
棒にならないのではないだろうか。

たとえば,"かーぜーにゆーれーるひーまわーりーはー"ではなく,
"か・ぜ・に・ゆ・れ・る・ひ・ま・わ・り・は"
と,一音一音で区切ってみるくらいの発声をしたほうが,歌として聞こえると思う。

静止しているコマを映す映画やアニメが,残像効果によりなめらかに見えるのと同じように,
残響効果により意外と滑らかに聞こえるものである。

ダンスもまだまだ上手にひまわを表現できているとは思わない。
チーム4の向日葵ユニットの完成度の高さを改めて実感する。
引き続き要改善点として指摘したい。

片思いの対角線は,なっつみぃは音は取れているが声が小さい。もっと大きくできる。
きたりえは音程とって歌えていると思う。
まりやぎは,ソロのときはちょっと分からなかったが,3人のときにズレているのがいたので
まりやぎだったのだろうと思う。歌が棒だったのでもっと上手に歌って欲しい。
チーム4のときに愛しさのdefenceではまずまずと思ったので,もっと上手に歌えると思う。

嵐の夜にはは,十夢の歌声が低くちょっと棒みたいだったので,向日葵で指摘したように
もっと一音一音ハッキリと歌ってみて欲しい。
ほかの3人は歌もダンスもできていた。あべまりは,前回歌はまだまだと評したが,
修正してきたのだろうか。歌がおかしいとは思わなかった。

あなたとクリスマスイブは,まずまずかもと思ったが,改めて考えると,
和音だとズレてるか判別しずらくなるので,この歌の正確な評価はパスしたい。

Glory Days,音程は全員合っているように思った。
優子はダンスに気迫があり,観客を惹きつけるところがあった。
1年前に,優子のダンスに,周りを見ていないひとりよがりなダンスと
酷評したことがあったが,周りに気を配ってくれさえすれば非常にいいダンスと思う。

次に個人ごと。重複もある。

みゃおが,Web上の評判どおり,ちょっと痩せた気がした。
髪型をポニーテールにしたからかも知れない。この髪型の方がいい。
けど,まだ痩せられる。
この調子でサウナでも行って頑張って痩せて欲しい。
パフォーマンスもまずまずと思った。

十夢について,以前も姿勢とか痩せすぎとか言ったが,別の見方をしたら,
股のところで脚がちょっと外側からついているのか,どうもガニ股に見えてしまう。
脚を開くポーズとかで見たら,十夢の開き方だけが明らかに大きいのである。
痩せすぎとか姿勢とかを矯正して欲しいと思うが,同時にヒトよりあと一歩分
内股を意識してもいいとも思う。

はるぅは,なんか体格がゴツくて,可愛いというよりもごついというイメージである。
たとえば才加も可愛く見ようと思えば見えるのであるが,はるぅはなんか見えない。
原因を探ってみたのだが,いかり肩だからだろうか?
このあたり原因をはるぅがキチンと理解し,それを意識すれば,ごついイメージがだいぶ
カバーできて,アイドルの一員に見えるのではないかと思う。

あべまりは,チーム4のときは仏頂面でなにも言わず,どこかお高く止まっている
イメージがあったが,この日などは笑顔がよく出ていて,親しみやすくなった。
その調子で行ってほしい。

才加が最後の挨拶で,もっともっと女性に見てもらえるようにしたい,と
メンバー同士で話し合っている,と言っていた。
この日女性限定公演で満席になったが,昔は満席にはならなかった,という
昔話も,いろんなメンバーがしていた。

しかし,男性であれば倍率何十倍になってしまう公演が,
女性はやっと月イチで満員になる程度なのである。

映画館では週1でレディースデイがあったりするし,鉄道だって6~10両にひとつ
女性専用車があったりする。
この割合を考えれば,AKBの女性限定公演も,週1になってしかるべきなのである。

そうなっていないということは,まだまだ女性ファンが少ないのである。
女性ファンを掴むのは,AKBの課題であり,まだまだ課題が克服されたわけではない。
月イチの女性限定公演がようやく満員になるようになったという,道の途中にあるわけであり,
これからもいろいろ工夫を凝らして,さらに女性にも来ていただけるようにすべきと思う。

たとえばGoogle+で,化粧や髪型など女性向けの女性特有の投稿をして,
アイドルとしてというよりも,等身大の女性として女性ファンを掴む努力などは
ほとんど全員やっていないが,そのようなことをやっていってもいいと思う。

« 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月1日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック