« ヒトの日記より転載 | トップページ | 3/15AKB48研究生僕の太陽公演の感想 »

2013年3月18日 (月)

オトコの征服欲に関する一考察

オトコの征服欲に関する一考察

男の本音 2012年04月08日19:37
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-c050.html

ワタシはこの文章には批判的である。

たとえばワタシは、岩田華怜が大好きで、彼女とセックスするのは確かに憧れる。
また、ワタシもオトコであるし、動物的本能で1日か2日に一回くらいはムラムラもする。

けれども、手っ取り早い女の子見つけてセックスするよりも、いま我慢して岩田華怜を手に入れたいと思っている。
ソレがワタシの信念である。

さて。

世の中のオトコはできるだけ大勢のオンナとセックスしたい、と言われており、さらにそれは動物的本能とされ、大勢が納得するところであろう。

しかしワタシはそこに、敢えて反論してみたいのである。

例を挙げよう。

例①オトコが女性と結婚し、10日間彼女とセックスするとする。そのほかに女友達が9人いて、彼女らとはお茶をする。
胸や性器などは妻のものしか体験できないが、女友達とも親身になって深い話だってできるだろう。

例②オトコが女性と結婚したが、彼女とセックスは一回限りで、残り9回は9人の女性をとっかえひっかえセックスする。
話だけでなく、胸や性器なども10人分体験できる。

例①と例②を比較して、違うのは、大まかに言えば、誰とセックスするかだけである。

オトコはほんとうに、いろんなオンナとセックスがしたい生き物なのだろうか?

胸だって性器だって、女性により多少の違いはあれ、想像の範囲内であろう。
であれば、妻とセックスしたって違いはないと思うのである。
むしろ、いろんなオンナとセックスすることで、相性が合わなかったりすることもあると思うし、妻ひとりでいいと考えるオトコもいておかしくないと思う。

ワタシには、新たなオンナとセックスできるコトが、そんなに重要とは思えない。

たとえばワタシがAKBの何十人の子の写真を見てみたところで、確かにみんな可愛いとは思うが、いざ裸になって、心が通い合うとは到底思えないのである。
(もちろん、岩田華怜とは通い合わせたいと思う)


ここでひとつの仮説を立てよう。

オトコは、あらゆるモノを征服したいと考えている。人間ならば誰でも思うのかも知れないが。
自分が王様になれたら、などと夢見たヒトは多いと思う。

然るに、実際は、王様になれないのはもとより、会社でこき使われるのである。
部下の上に立って威張る者も多いが、しょせん社長を頂点としたヒエラルキーの下位に入ってしまうのである。

そんな中、会社を離れて、"マニア" や "おたく" と言われる人種がいる。
マニアやおたくは、その多くが、そのジャンルにカテゴライズされたモノをコンプリートしたい欲求を持っている。
コンプリートのために何百万何千万と使うヒトもいる。

彼らは、社会一般でものごとを征服できないから、その代わりとして、モノをコンプリートすることにより、征服欲求を満たしているのではないか?

その仮定が正であるならば、いろんなオンナとセックスしたいオトコは、社会で征服できない代わりに、セックスすることによりオンナを征服したいのだ、と取れないであろうか。
いわば彼らはオンナマニア、オンナおたくなのである。
これがワタシの仮説である。

だからこそ、オンナではなく他のモノを征服する楽しみを得た近年のオトコは、どんどん草食化している、とも言えるのではないだろうか。


ワタシは、会社では征服欲を満たされなかったが、いまいわば世界を征服しつつある。
征服欲はそちらで満たされつつある。

もちろん一匹のオスとして、セックスがしたいと思うのではあるが、征服するオンナはひとりでいいと思うのである。

« ヒトの日記より転載 | トップページ | 3/15AKB48研究生僕の太陽公演の感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ワタシは、会社では征服欲を満たされなかったが、いまいわば世界を征服しつつある。
>征服欲はそちらで満たされつつある。


・・・・・・・・・・・・と、脳内パラダイスの内側から大西秀宜君が言いました。プッ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/50815665

この記事へのトラックバック一覧です: オトコの征服欲に関する一考察:

« ヒトの日記より転載 | トップページ | 3/15AKB48研究生僕の太陽公演の感想 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック