« 2013年3月31日 | トップページ | 2013年4月2日 »

2013年4月1日

2013年4月 1日 (月)

2012/7/16AKB48柏木チームBシアターの女神公演を観た感想

2012/7/16AKB48柏木チームBシアターの女神公演を観た感想

こちらから観られる公演動画は生誕公演ばかりで,全員チェックできる
適当な公演がなかったので,ひさしぶりに過去のシアターの女神公演にしてみた。

ほんとうは伊達娘が出るシアターの女神公演にしたかったが,なかったので,
ゆかるんと十夢のダブルセンターをいちど見てみようと思って7/16のものにした。

・・・ならば,まゆゆポジは田野がやっていたw
まあええけどw
十夢のまゆゆポジも改めて見てみたい。

何人かは,いまに比べてちょっと下手な印象である。特に歌が。
言い換えれば,この9ヶ月ほどの間に上達したのである。

中堅メンの中には,こもりんやNなっちなど,あまり動けてないと思えるメンバーもいた。
新公演で頑張って欲しい。

ユニットなど個別に。

前座はゆーりんであった。だいたい音程は合っているが,高音が伸びてない印象だった。

初恋よこんにちはでは,田野,しほりん,あーやともに若干低くて棒のような歌声と思った。
CD自体が棒で歌っているが,抑揚をつけたらCD以上に上手くなれると
以前より思っている歌なのである。
田野,あーやとも,いまの篠田チームA公演では,良くなったと思っている。
しほりんはそれほど上達してないかな。ダンスだけでなく歌もさらに練習していこう。

嵐の夜にはは,Nなっち,小森,まりやんぬに加え,いずりなも音が正確で,
非常に綺麗に聞こえた。
なのに複数人の合唱になるとハモって聞こえた。誰かずれていたのだろうか?
CD録音の声も合わせて出しているのでは?とも思えた。

大島チームKのWaiting公演においてもユニット曲で起用されているが,
完成度が全然違う。こちらのほうがいいと思った。
特にみゃおポジは結構難易度が高いが,いずりなは歌もダンスもよくやっていた。

キャンディーは,まりんは音程が合っているがちょっとアニメ系の声が出ていて
個性といえば個性なのであるが,アナウンサーには向かないなあ,と
以前思っていたのと同じ感想を持った。
いまの篠田チームA公演では,いい声をしていると思っている。

なぁなについては,ワタシが日本を発つ前に,キレのあるダンスをするなぁなが,
キャンディーでどれだけ可愛くできるかが,芸を掘り下げるカギ,というようなことを
ワタシは言っていたが,考えてくれたのか,ちょっと見られた限りは,
キレだけではない感じで可愛く踊っているように見えた。

歌声も,以前は棒のような歌い方だったが,苦手な高音を歌えるように練習して,
なんとか歌えるようになれたと思った。まだまだ発声が苦しいとも思ったが。
いまの大島チームK公演ではさらに上手になっている。

えれは,ダンスは頑張っていていいが,歌は音程がなんか不安定で,
棒のような感じに聞こえた。
とはいえ,通用しないパフォーマンスではないので,辞退は惜しい。

ロッカールームボーイは,十夢が低く棒になっていると思った。
ほかの子は,ソロがあまりないのでいまいち分かりづらかった。
十夢は大島チームK公演でもあまり上達していない感じなので,
高校卒業を機に歌のほうも頑張ってもらいたい。

夜風の仕業,ゆかるんは,どうしても低く,また自信がないのか
小さくなってしまったりする。
ゆかるんは全体曲でも低いのが気になった。
パジャマドライブ公演でも歌はあまり上達していない感じなので,頑張ってもらいたい。

シアターの女神公演は,ロビーで何度も何度も観たため,パフォーマンスは
どういうところをチェックすればいいか,なんとなくイメージがあるのだが,
動画ではどうしてもチェックできなかった。

パフォーマンスをキチンと評価するためには,引きで見る必要がある。

そんなに大勢いるかは分からないが,パフォーマンスを評価したいファンもいるはずで,
そういうファンがメンバーに対して詳細にアドバイスすると思うのである。

AKB運営側は,採算という意味では意味はないかも知れないが,ファンのために,
ひいてはメンバーの教育のために,引きの動画の配信を検討して欲しい。

3/27HKT48チームH博多レジェンド公演を観た感想

3/27HKT48チームH博多レジェンド公演を観た感想

前回も,メンバーをよく知らずあまり分からなかったが,今回もいまいち分からなかった。

ユニットから。

ガラスの I LOVE YOU は,4人中3人の歌がズレているように感じた。
2人は低い。1人は低くないかもなのだがなんか違うと思った。

制服レジスタンスは,さしこはよく歌えている。
あとの2人は,1人が低く,もう1人もちょっと低く声が棒であった。

ハート型ウイルスは,3人とも低い。らぶたんのダンスが小さく見える。

てもでもの涙は,2人ともリズム感はいいのであるが,こちらから見て左の子が
少し低いように思った。

天国野郎は,みんな低い気がした。歌みたいにない歌なので低くなってしまうのかもだが,
ここを頑張って意識して高い声を出して欲しいと思う。

制服のバンビは,咲良が合っていた。さしこはほんのちょっと低く,
上野遥はちょっと高いのかなと思った。

咲良は名前と顔が一致したのでチェックしていたら,大声ダイヤモンドのソロは
なんか低いように思った。

この公演にはさしこが出ていた。
MCではらぶたんも会話に加わろうとしていたが,さしこが頑張ってHKTを引っ張っている
印象なのに比べると,らぶたんはそこまで乗れておらず,どうしても気になった。

さしこは,スキャンダルによる左遷同然でHKTに来た。
それに対してらぶたんは,さしこよりは年下であり,自分の意思で移籍を申し出たのである。
ということは,意気込みもらぶたんのほうがあって然るべきである。

にもかかわらず,さしこのほうが意欲的であるとはどういうことだろうか。
もちろん,らぶたんの引っ込み思案な性格もあるだろう。
しかし,らぶたんはもう18歳であり,高校を卒業したのである。
そして芸能人として生きていく決意をしているのである。

年度代わりでもあるし,決意を新たにして欲しいと思う。

最後に,4/5(金)にAKB48劇場に出張公演をする,と聞いて,思い出した。
そういえば昨年,あれは2月ごろだったか,はじめてのHKT48出張公演を,
AKB48劇場のロビーで観たが,みんな元気いっぱいで,とくに8月に辞退したういたんが
頑張っているように見えた。

HKTはいまもそれなりに元気はいいのではあるが,そのときに感じた弾けるような元気よさは,
いまはなんかなくなっているように思う。

まだまだ下手なのは分かっているのだから,まずは元気よくやってほしい。
いまのうちから必要以上に上手にやろうと思って,小さくならないで欲しい。

6曲続けた後,最後のMCのとき,ぜーぜーいっているメンバーがいたので,
頑張っていないわけではないと思うのであるが,まだいけると思う。
若いメンバーが多いフレッシュなグループなのであるから,ぜひ初心を思い出して欲しい。

3/22HKT48チームH博多レジェンド公演を観た感想

3/22HKT48チームH博多レジェンド公演を観た感想

らぶたんくらいしかしらなかったので,通り一遍になってしまうが,
元気はまずまずではあるがもっとイケるだろう,という感触だった。

まだダンスのスキルがついてないのか,他グループよりもダンスが揃っておらず,
なんとなく波のように見えてしまった。(綺麗に波を作っているのとは明らかに違う)

歌もまだまだ未完成。ボイトレに行って欲しい。

しかし,みんなで仲良くしていることや,観客をちゃんと見て楽しんでいるのは伝わってきたので,
このままスキルを磨いていって欲しい。

ひとつ,最も気になったのは,らぶたんである。
大声ダイヤモンドの後のMCを8人程度で行い,らぶたんは向かって左端だったのだが,
会話にちゃんと加われていない気がした。

それかららぶたんを注目して見ていたのだが,ダンス中もどうも他のメンバーのように
アイコンタクトができているわけでもなく,ひとり浮いている感触を受けてしまった。

それが原因だからか,自己紹介のときの声援なども,それほど大きいとは思えなかった。

らぶたんはもっともっと中心に行かなければならない。
それは,メンバーのチャンスを摘み取るという意味ではなく,メンバーに必要なことを
教えるという意味においてである。

さしこは,この日は休演であったが,MC中にもメンバーから名前が出てきて,
慕われているようにも感じられたので,メンバーから距離があるらぶたんが余計に浮いて見えた。

らぶたんは,事務所的な問題もあるのかも知れないが,HKTへの移籍を志願した。
それは,HKTなら売れるだろう,さしこの2匹目のどじょうになろう,という気持ちというよりも,
HKTの立ち上げに尽力しよう,という気持ちだったと思いたい。
なのにいまはそうできていないと思う。

らぶたんのダンスを見ていたら,あまり上手くない途上のHKTメンバーの中でさえも,
上手くない部類に見えた。
もちろん,向き不向きがあるから,らぶたんができなくてもいいのではあるが,しかしそれでも,
さしこと2人社会人の年齢であり,学校がなくHKT専業なのでもあるし,
裏方的な役目を認識して,他のメンバーを叱咤激励しないといけないと思う。

さらにMCだって,研究生公演でみぃちゃんがやっているように,前に出てメンバーに
話題を振れる立場になって欲しい。

そういうことができてはじめて,AKBで埋もれる道を捨て,HKTに来た意義が出ると思う。
それができたら,HKTにおける実質的キャプテンのポジションになれ,結果的にたかみなのように
目立てる立場にもなれると思うのである。

たかみなも,総監督として,らぶたんがAKBの先人としてもっともっとHKTにおいて
あれこれ活躍できるように,ストーリーを立てて欲しい。

それと,メンバーとは違うが,気になったのは衣装である。

AKBであれば,公演の衣装はメンバーごとに少しずつ異なって,そのひとつひとつを見るだけでも
楽しいものとなっている。
しかし,HKTなど支店は,違っているのはたとえばネクタイやリボンなどだけで,
そこまでは手が回っていないようにも感じる。

もちろん,売れているところにはお金をかけ,売れていないところにはそこまでかけられない,
という事情もあろうが,メンバーごとに衣装を替えたら,観客も喜び,結果的に売り上げにもつながる。
そのようにAKBでノウハウを確立したのであるから,支店グループにも労力を惜しまず全員分の
衣装を変えて作って欲しいと思う。

現在AKBグループの衣装係のチーフは茅野しのぶさんであり,しのぶさんのキャパシティオーバー
なのかも知れないが,そこを一歩飛び越え,全グループ分を作れるように後進を指導することは,
しのぶさんに求められたスキルであるし,ひいては現在のAKBのクオリティの衣装を
他グループに展開できるようにする,これもまた,秋元康に要求されるプロデュース力とも思う。

ぜひ頑張って,各グループの子にもすばらしい衣装を作っていただきたい。

目に付いたメンバーは,まずはあーにゃ(村重杏奈)である。
自己紹介のときにメンバー集めて歌を歌わせるなど,自分が出て行くという意思がすごい。
ほかのメンバーのことももう少し考えて振って欲しいとも思うが,まだ14歳でもあり,
あれだけ自分を売り込めたら100点と思う。

ユニットも,制服レジスタンス,天国野郎ともにセンターであり,非常に目立っていた。
ロシア人とのハーフであり,見た目も非常に可愛い。

中西智代梨は,作詞作曲ができると言って,ビミョーではあるが歌を披露していた。
こういうチャレンジができるのはいいと思う。

兒玉遥は,ガラスのI LOVE YOU がよかった。(とメモに書いている。歌かダンスか忘れたw)

田中菜津美は,まだ小学生だそうであるが,けっこう背が高く見えた。小学生には見えない。
MCで顔が面白いとして弄られていたが,確かにいまのところそれほど可愛く見えないとはいえ,
小学生なので,まだまだ美人になる。高校生くらいになるともっともっと女性らしくなる。
気にすることはないと思う。

あと,後半曲のセンターの子,ダンスが上手いと思ったが,歌は裏返ったような声で窮屈そうに聞こえた。
これがダンス番長と言われる熊沢世莉奈かどうかはわからない。なんとなく違うように思う。

« 2013年3月31日 | トップページ | 2013年4月2日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック