« 2013年4月3日 | トップページ | 2013年4月6日 »

2013年4月4日

2013年4月 4日 (木)

憲法第九条の廃止を提案する

憲法第九条は,護憲,改憲で議論が分かれていますが,綺麗さっぱり廃止すべきと思います。

本来人間が生きていくために必要なのは,基本的人権であり,それは憲法11条~13条にて規定してあります。
その根源的な理念は,ヒトの言うことをきちんと聞く,です。
それがあれば,基本的に戦争は起こりません。

ヒトの言うことをきちんと聞く,ということは,しっかりと議論することでもあります。
しかし,日本では,議論の必要性は叫ばれながらも,実態としては詰め込み教育が行われ,
学校で議論が必要なことは学びません。

その子供が大人になり,SNSなどを利用して自分の好きな者とコミュニティを作ります。
そこで議論をしたがるヒトは嫌悪され,アクセスブロックなり,ひいてはコミュニティから
退会させるなりの手段を取って,自分の耳に都合の良い話題しか入って来なくなります。

それで,自分の好きな人とだけ集まり,そこそこの収入があれば幸せであると,人々は思っています。

しかし,そのような人々が,国レベルで集まるとどうでしょうか。
アクセスブロックや退会では済まない単位の人々が集まっているので,どうしても議論になる。
そして,議論に慣れていないヒトは,すぐ戦争を言い出す。

憲法第九条は,その最終局面で,戦争の放棄を謳っているに過ぎない。

けれども,本当に大事なのは,どうして最終局面に達してしまったのか,
もっともっと議論をすることにより,戦争にならないために相手を理解することではないでしょうか。

憲法第12条の条文にもあります。
”この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。”と。

ここに謳った,”国民の不断の努力”それこそが,アクセスブロックや退会などをせず,
キチンとヒトの言うことを聞くことなのではないでしょうか。

条文には続きがあり,
”又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。”
ともありますが,アクセスブロックや退会は,自由及び権利の濫用とさえ言えると思います。

基本的人権についての考察なくして,戦争だけを語る現在の憲法第九条に関する論争は,
平和の根幹にあたる理念なくして議論だけが先行しており,非常に馬鹿らしいとワタシは思います。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/

I have a problem with Vodafone.

Hi, ********,
I am Hidenobu Onishi, from Japan, now in Vioel.
I have a very big problem with Vodafone DE.
I was using Vodafone mobile access to write in some Japanese websites as below:
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/company/1363341628/l50
Which is not wtitten from T-mobile.
In that site, I had wrote so many things about strictly illegal things I had done by Hitachi.
And, some days before a person wrote, "Some days after you will not be able to write!"
Then yesterday, I couldn't connect from Vodafone, with message of "You are not subscribed to a cellular data service".
I think Hitachi person told Vodafone DE, not to use Onishi mobile access because Onishi wrote something wrong to them.
But, if I was writing strictly illegal things, Hitachi had to say Japanese Police that was wrong, and Japanese Police might tell Deutsche Police to arrest Onishi.
Anyway, something was done by Hitachi person to Vodafone DE, I convince.
That is against the human rights of saying.
But I can't tell Vodafone DE those things so well.
So please advise and assist me.
Best regards,
Hidenobu Onishi

4/1チームAWaiting公演(篠田生誕)を観た感想

4/1チームAWaiting公演(篠田生誕)を観た感想

なかなか出ることのない,麻里子様,まゆゆ,たかみなのいる公演であったので
どうかと思ったが,どうもたかみながイマイチである。

最初のMCで,さまざまなメンバーに突っかかっていってるのがまずおかしいと思った。
もちろん,みんなを喋らせようと考えるのはいいのであるが,そうとしても,
触媒として,もっとほかのメンバーに話題を振る,ということができないだろうか。

いまの状態では,たかみなは自分の尺を取っているだけで,それが後輩のために
なっていないのである。

その姿勢を見せているつもりなのかもしれないが,たとえば会社で新人を
連れて行く打ち合わせでも,ぜんぶ自分が喋ってしまってはいつまでたっても
新人は身につかない。

そういう場合,新人にさせてみて,ダメなときにちょこっとフォローを入れる,
程度にすると思うのであるが,それと同じ方法を取れないだろうか。

NMBの山本彩なんかはそのあたり上手にやっていると思うので,いくら後輩とはいえ,
いいところはもっともっと得るべきと思う。

また,歌はもっとダメダメだった。
自分がソロデビューしたからといって,自分の出したい声を出していたのではダメで,
メロディに音程をキチンと合わせられなくば,覚束ないと思う。

とくに,ソロ曲であれば,まだあえて外すのもアリの場合もあるかもであるが,
少なくとも全員で歌うところでは全員に合わせるべきである。

ダンスでは,たかみなは,全員でキチンと合わせるのを強要し,
中村麻里子ら若い子をどん底に落とし込んだ前科がある。

なのに自分が合わせることをしないとは,ヒトと自分とでダブルスタンダードであり,
自分勝手と言われて仕方がないと思う。

ヒトに指図するのであれば,同じ理屈で自分をより厳しく律しないといけないが,
それをたかみなはできていない。

たかみなが弱いのはそこである。


ユニット。

スカート、ひらりでは,りっちゃんとまゆゆは合っている。
前回まゆゆの声が低いと指摘したが,修正してきたのか,ワタシの聞こえ方が違ったのか。
あーやは低い。じゅりとあんにんもなんか違う気がした。
田野とりょーちゃんは分からなかった。

純愛のクレッシェンドは,前々回に指摘した,なかまったーの動きの機敏さが,
やはりちょっと気になった。歌は相変わらずしびれるほど上手い。
あと伊達娘が透き通った非常にいい声をしていた。音程も合っているように思った。
クリスも音程が合っていたと思う。2人に合わせてさらに歌唱力を磨いて欲しい。

黒い天使,麻里子様は音程はいいと思うのであるが,チト棒ぎみと思った。
萌乃はなんか低い。(前回の指摘と同じ。)
あやりんはよさそうではあるが,ソロがないのか聞き逃したかで,はっきりとは分からなかった。

天使のしっぽは,りっちゃんの歌声がやはりビミョーに低い気がした。(前回も似たような指摘)
改めて,りっちゃんはこじまこと,顔の目-鼻-口あたりの,はにかんだようなつくりが
似ていると思った。
りょーちゃん,じゅりはいい。(前回の指摘と同じ。)

雨のピアニストは,たかみなが明らかに低すぎる。
いくらテクニックで上手に見せようと思っても,音程がいちばん気になるポイントなので,
そこを合わせないことにはどうにもならないと思う。
たかみなに連られたのか,普段合っているすみれもなんか低い。
咲子さんもちょっと違う気がした。 (前回の指摘と同じ。)低いのかなあ?

ガラスのI LOVE YOUは,田野が低いと思った。
まゆゆはいい。あーやは,音程は分からなかったが,ダンスの動きがイマイチで
もっと動いて欲しいと思った。動けてない分ちょっと腰が高いだろうか。

最後のほうで,伊達娘が人一倍踊っているのを見れたのはよかった。
あれくらい楽しそうに踊れたら迷いも吹っ切れるかもと思う。

たかみなは,その後もRIVERとかも低く,どうもみんなと一緒に
歌やダンスをやっているという感覚が感じられなかったのが気になった。

あの精神状態では,ワタシであれば総監督ではなく,研究生に降格させる。
冗談抜きで,研究生のパジャマドライブ公演に出たら,ひとりだけ明らかに
おかしく見えるはずである。
もっとみんなとココロを合わせることを考えて欲しい。

« 2013年4月3日 | トップページ | 2013年4月6日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック