« 2013年4月4日 | トップページ | 2013年4月7日 »

2013年4月6日

2013年4月 6日 (土)

4/4AKB48研究生パジャマドライブ公演(西野生誕)を観た感想

4/4AKB48研究生パジャマドライブ公演(西野生誕)を観た感想

みきちゃん,相変わらずめちゃくちゃ表情を作っている。

AKBメンバーには,がむしゃらさが欲しいとつねづね思っているが,
可愛らしいところを見せようとして,どうも控えめにしてしまうメンバーが多い中,
あれだけがむしゃらに見せてくれるのは心地がいい。

上手いかというとまだまだそうでもない気はするが,
あれだけやっていれば,あと1年もすれば相当上手くなるのは間違いない。
応援のしがいがあるのである。
AKBで,応援のしがいがあるというのは,売れる要素であると思う。

If,のハナシであるが,もし仮にワタシがAKBに出会うのが1年ずれていて,
伊達娘ではなくみきちゃんに会っていたらどうなっていたのだろうか。

それを思って改めて考え直したが,いまの研究生は勢いがあるが,
あまり悩んでいるところを見かけないとも思う。
伊達娘や田野はしょっちゅう悩んで,こちらもいろいろ心配した,いまだに
心配することがあるが,心配することでよけいに愛情が湧く,
というのもまた真である。

全員でキチンとケアができていれば,それに越したことはないと思うのであるが,
まあたまには,悩んでいる姿も見せて欲しいな,と思う。

ユニット。

天使のしっぽは,最初ちょっと,と言っていたあやなんもだいぶよくなった。

ただ,こじまこ,さっほーが高めのいい声を出しているのである。
あやなんとなにが違うのか,ワタシのスキルでは分からないのであるが,
高めを意識した発声をしているか,してないかの違いなのだろうか。
腹式呼吸ができているかどうかなのかなあ?
あやなんももう少し発声をよくすればさらによくなると思う。

こじまこは姿勢もよかったりして,白い手袋の手を前に出しながら
左右に動かしていると,高貴なヒトに見えてしまう。
こじまこはお嬢様なのではないかと思った。

パジャマドライブは,みきちゃんが,合っているようにも思うけど,
なんか低いかとも思った。
と前回書いたが,ひょっとしてさっきーと比較してオクターブ低いのであろうか。

一回,オクターブ高い声だとどういう声になるか,試して欲しい。
まあそれだと出ないから,オクターブ下げて歌っているとも思えるのであるが。
(あくまで仮定のハナシ)

うめたんはみきちゃんと同じ音階に聞こえたが,どうも低い気がする。
ダンスもあまり得意なほうでもなくて,どちらを先に直すかというとこであるが,
ダンスはどうしようもない得手不得手がある。
しかし,歌はちょっとの練習で上手になるので,まず歌からだけでも,
もう一歩がんばって,明るく高い音程で歌えるようにしてほしい。

純情主義は,全員上手い。
ただ萌もなんかイメージより声が低いので,やはりオクターブ低いのであろうか。
オクターブ高い声だとどうなるのか,チェックしてみてほしい。

てもでもの涙は,なぁちゃんは相変わらず上手い。
ゆかるんも,前回よりさらにいい感じになったと思うが,まだちょっと低い。
歌声の重厚さみたいなものの表現はだいぶ上手になった気がするので,
音程をあわせるのをひきつづきがんばって欲しい。

鏡の中のジャンヌダルクは,みぃちゃんの歌は合っているが,茂木と美月は低いと思った。
(3回連続でほぼ同じ指摘)
みぃちゃんがいい声をしているのだから,みぃちゃんにあわせればいいと思う。

みぃちゃんは,スキャンダルによる降格としてチーム研究生に入ったのであるが,
それまでは同輩や後輩に教えるキャラではなかった。
それを秋元康に指摘されたりもしていた。

去年あたりから若干後輩のことを考えてきつつあったとも思っていたが,
研究生となり,いまは後輩に対して大勢に教えられており,
お姉さんとしてなかなか頼もしくも感じる。

研究生に混じることで,オトナのセクシーさや歌の上手さが際立ったようでもあり,
キャリア的にもよかったのではないかと思う。
改めての正規昇格が待ち遠しいところでもあると思うが,ハタチというのは
アイドルとして旬の終わりでもあり,むしろ昇格することなく卒業して
ソロ活動を始めるくらいの意気込みで行って欲しい。

AKBを去りたくなくて丸坊主にしたこともあり,ソロ活動まではなかなかできないかも
知れないが,大学へ行った同級生もそろそろ就職を考える時期であることも考慮し,
早め早めに考えて欲しい。

Japan and the world is going like "Nazis"

Japan and the world is going like "Nazis"

Dear Bundesamt and UNHCR Berlin office,

I am Hidenobu Onishi, a first refugee from Japan.
My number is 5556608-442.

Peter Martensen, who is working in Nordfriesland wrote:

nobody in germany cares about lawbreaking activities from a lawbreaking japanese Company in japan. Its not our business. If there is a crime commited in japan, its the business of japanese prosecution.

That remembers me the poem:

-----------
Als die Nazis die Kommunisten holten,
habe ich geschwiegen;
ich war ja kein Kommunist.

Als sie die Sozialdemokraten einsperrten,
habe ich geschwiegen;
ich war ja kein Sozialdemokrat.

Als sie die Gewerkschafter holten,
habe ich nicht protestiert;
ich war ja kein Gewerkschafter.

//////////////////////////////////
Als sie die Juden holten,
habe ich geschwiegen;
ich war ja kein Jude.
//////////////////////////////////

Als sie mich holten,
gab es keinen mehr, der protestieren konnte.
-----------

If Japanese Government goes wrong side, and mass communications and big companies hide about that, who can denounce about that?
What is worse, Japan is one country, one language, so not a native speaker can't understand bad laws, bad organisations, and so on made in an artful manner by Japanese Government.

Some Japanese people vaguely aware about that, but they don't want to stand out, like a person who saw a murder case doesn't want to go to police because he don't want to be a suspect.

You have to remember, at first the real madness is not look like madness.
The real madness first seems like goodness, as they get stronger.
Many people can do nothing like Friedrich Gustav Emil Martin Niemöller said (above).

But, someone recognizes about that and he whistle blows.
The person is persecuted by Japan, and he becomes a asylum seeker.
Other country seems, "why he says about that? Japan is good country with wealth!"

But, I want to say strongly, that is the strict case of persecution!
Deutsche have to admit about that.

Best regards,
Hidenobu Onishi

第2回 AKB48 紅白対抗歌合戦 を観て思ったこと

第2回 AKB48 紅白対抗歌合戦 を観て思ったこと
面白い企画であるが,いくつか気になった。
まず,この選曲は,紅組白組それぞれのメンバーが考えているのであろうか?
できれば,ファンにも選曲をさせるような仕組みを作ったらいいと思う。
すでに,リクアワのように純粋に投票によって決めるものがある一方,
ツアーではすべてチームのメンバーが決めて当日にならねばわからないものがある。
であればこそ,せっかくGoogle+があるのであるから,ファンと相談しながら,
相手のチームに勝てるための選曲,および勝てるためのアイデアを,
それぞれのチームのメンバーとファンがやる,というのはどうであろうか。
考える主体はメンバーなのであるが,ファンの声を参考にしていけばいいのである。
人気メンバーはすぐコメント500まで行ってしまうので,そのあたりの仕組みが必要になるが,
コミュニティ機能などを上手に使ってできないだろうか。
検討してほしい。
今回出色だったのが,紅組の,旧Kメンバーを主体にした大声ダイヤモンドのアカペラで,
これがあったから紅組が大勝利したといっても過言ではないと思う。
逆に,優子の,著名人を従えてのGive me five!には,盛り上がりこそすれ,
イマイチ惹かれるところがなかった。
大声ダイヤモンドのアカペラのような,普段とは異なるアレンジ,ファンがおっ!と
驚くような,それ一回聴いてみたい!と思うようなものを提示できれば,
もっともっと面白いものになれるし,ファンも事前準備を含めて楽しめると思う。
あと,制服レジスタンスで,ハツラツとしたチアガール達が出てきたが,
そういえばAKBの活動もチアガールに通じるところがあると思った。
チアガールのほうがハツラツとして見栄えのよいダンスをしているし,
カラダを張ってヒトの上に乗ったりしているので,タイミングを合わせるなどは
非常にシビアになってくると思う。
たとえば部活動でチアガール部を作ればいいのである。
3段のタワーのような,危険なことまではできないだろうが,
2段のタワー程度なら,興味あるメンバーだけでもできるのではないだろうか。
まあそこまでせずともいいけれど,チアガールから得られるものは多いと思う。
二十歳程度でものすごい運動量でもあるし,ヤル気が出ていない中堅あたりにも
いい刺激になるようにも思う。
みんな,ユニットシャッフルなどありながらも,想像とほぼ一緒の歌い方をしていた。
その中でいい意味で目に付いたメンバーを何人か挙げたい。
まず,制服レジスタンスのれいにゃんが良かった。
ただし,伸ばすべきところで発声を止めてしまっているようにも思えたので,
そこを伸ばしきれたらさらに上手になると思う。
もっと自分に自信を持って欲しい,
あまり目立ってなかったメンバーであるが最近推されてきたようなので,
ここはひとつがんばって欲しい。
あと,曲を忘れたが,阿部マリアがニコニコしていて良かった。
阿部マリアはここ最近ワタシの評価がかなり上がっている。
とっつきやすくなったように思う。
ソロは,ゆきりんが非常によかった。あれだとソロデビューできる。
また,たかみなも,ちゃんと音程合っていてダンスもよくできていてよかった。
動画でも詳しく言ったが。
https://www.youtube.com/watch?v=bdFDwC-4EV4
たかみなは,最後の挨拶も,けっこういっぱい喋ったのだが,大きなホールで
堂々と言えていると思った。
こういうところで言うべきことが言える,というのは,総監督として合格である。
ただとうぜん,人間は慣れもある。
最初は恥ずかしくとも,何度も機会があれば覚えてしまう,というものもある。
だからこそ,自分はできる,いや自分しかできないのだと思うかもしれないが,
そこをグッとこらえて,未経験者に譲るおおらかさも身につけて欲しいと思う。

« 2013年4月4日 | トップページ | 2013年4月7日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック