« 2013年4月21日 | トップページ | 2013年4月23日 »

2013年4月22日

2013年4月22日 (月)

Answer by Reporter Ohne Grenzen, and my reply

I have sent two mails,

My case is hidden by Japan, so please broadcast about that.
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/my-case-is-hidd.html

My problem is written in news sites in Japan, but that was wrong.
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/my-problem-is-w.html

and the answer is:

------
Reporter Ohne Grenzen e.V.

Dear Hidenobu Onishi,
Thank you for your message. Unfortunately we are not able to help you regarding your matter. This is because Reporters without Borders is an international human rights organization supporting journalists in need and fighting for press freedom. However, our staff members don’t pursue investigative journalism themselves.

We document on violations of freedom of expression and information all over the world and we also alarm the public if there are any media representatives in danger. Our global network for fast communication and intervention is possible through the support of more than 150 correspondents worldwide as well as our sections in many countries for example the US, Austria, Tunisia, Libya and Spain.

We thank you for your understanding and still wish you success with your cause!
Best wishes
**** ****
------

I replied:

------
Hi, **** ****,

I think you don't understand the problem I have caught.
This is not only a problem of journalism themselves.

I have caught a illegal things by Hitachi, but the company and Japanese Government hid that.
They did't investigate themselves, did no answer, against the whistleblowers protection act and human rights of equality.
Do you think that is not a problem or small problem?

Reporters Without Borders wrote reports below;

---
http://fr.rsf.org/IMG/pdf/classement_2013_gb-bd.pdf

Japan resorts to press restrictions
Japan, demoted from 22nd to 53rd place, recorded the biggest drop of any Asian country.
The reason was the ban imposed by the authorities on independent coverage of any topic related directly or indirectly to the accident at the Fukushima Daiichi nuclear power plant. Several freelance journalists who complained that public debate was being stifled were subjected to censorship, police intimidation and judicial harassment.
The continued existence of the discriminatory system of “kisha clubs”, exclusive press clubs which restrict access to information to their own members, is a key element that could prevent the country from moving up the index significantly in the near future.
---

I think you already understood Japan's problems.

And, if you say I have to solve the problem myself, can you introduce a journalist who is interested in Japan?
I have already sent so many mails to newspapers, but in vain.

Please answer me.

Hidenobu Onishi
kotochan0725@gmail.com

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/
------

フリージャーナリストに送ったメール

○○さん,はじめまして。

私は大西秀宜(おおにしひでのぶ)と申します。

日本人で,現在,ドイツに亡命申請しています,10ヶ月目に入ります。
コレを見れば事実と理解していただきたいと思います。

ドイツのIDカードについての説明です
https://www.youtube.com/watch?v=4P169A0_rwc

その顛末を,なんとか記事にしていただきたいのですが。
概要は下記です。

ワタシは日立製作所に務めていました。
そこで昨年1/27に,IT戦略本部による個人情報保護法違反により
ワタシの情報が上司に開示され,やはり会社とつるんだ産業医により
軽そうとして休職判定をされそうになりました。

それを日立製作所コンプライアンス本部に訴えても,問題ないの回答。
但しなぜ問題がないかの説明は一切ありません。

こんどはプライバシーマーク事務局に訴えても,これまた問答無用の問題なし。

そこで4/19に,経済産業省に個人情報保護法違反で公益通報しました。
すると経済産業省は,受理しました。該当する事実が見当たらない,
または他の省庁の管轄である場合の,情報提供としてではなく。
ところが,一向に調査されませんでした。

そのため,6月初旬より毎日のように,経済産業省,そして経済産業省の上部である
総理官邸に電話していましたが,経済産業省は,"ただいま調査中です"の一点張り。
公益通報制度では,通報を受理したら速やかに処理し,
適宜報告せねばならないにも関わらずです。

総理官邸からは,"いま行うべき時かどうか,取り上げるのは政治家の先生ですから"
などと言ぴうトンチンカンな回答をいただきました。

総理大臣が日本国民が築き上げて来た法律に従わないなら,それはもう
法治国家とは言いません。独裁国家です。
行政である各官庁が,司法を司っているのもおかしなハナシです。

そして,ワタシは,6/22付にて日立製作所を懲戒解雇となりました。
ワタシの個人情報保護法違反という訴えには耳を貸しません。

名前は消されてしまいましたが,証拠もあります。

日立製作所の社内SNSでAKBトーク→歌詞描いたりするなと上司に怒られる→個人情報保護法違反だと社長に100通メール→業務妨害で懲戒解雇
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65687924.html

そこでワタシは,6/23にドイツに旅立ち,亡命申請中です。
政治的理由が濃いので,難民ではなく亡命になると思っています。

本内容を,インターネットにばら撒き,日立製作所内部の人間はもとより,
各新聞,テレビ局,銀行,株式市場関係者,司法試験受験者,日立製作所志望者,
原発反対論者らに延々訴えかけましたが,ほとんど見向きもされません。

どうやら,世間のほぼ100%の人間が,自分の見たくない事実に対しては,
検証を試みることなく拒絶反応を示す。
また,自分から確かめることなく,ヒトが同調していない,マスコミが騒いでいない
などの理由から,問題ないと判断しているようです。

これは非常に恐ろしいことです。

上記のまとめサイトや次のところに,恣意的に取り上げられ,
それに対して反論を試みたのですが,私の説明はまったく考慮していただけません。

AKB歌詞書き込みで上司が注意 社内SNSは有用だが,トラブルも 2012/6/30 10:01
http://www.j-cast.com/2012/06/30137177.html?p=all

そして現在も,日立製作所と思しき人間からガスライティング行為で
罵詈雑言を受けています。

hidenobu onishi 忍法帖【Lv=40,xxxPT】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1355273129/l50

動画でも訴えています。
私がドイツ亡命申請者と分かっていただけると思います。

大西の訴えの内容
https://www.youtube.com/watch?v=OCPIvRzqOYA

こちらにも資料を揃えています。録音資料などもあります。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-8893.html

ご連絡をお待ちしています。
ぜひ取り上げていただけますよう,宜しくお願いします。

大西秀宜

http://onicchan.cocolog-nifty.com/
http://6220.teacup.com/onicchan/bbs
https://plus.google.com/u/0/103299321834603136878/posts
http://www.facebook.com/hidenobu.onishi.1
https://www.youtube.com/user/kotochan0725

My problem is written in news sites in Japan, but that was wrong.

Dear Reporters without borders
Cc:Deutsche Bundesamt and UNHCR Berlin & Japan office,  Prof.Wolferen, ISO central office

I am Hidenobu Onishi, the first refugee of Deutschland from Japan.
My ID number of Deutschland is 5556608-442.

As I told before, I had met a serious crime in my company Hitachi, and I whistleblowed to Ministry of Economy, Trade and Industry, but Hitachi and Japanese government did nothing.
Then I was disciplinary discharged in 22/6.
I came Deutschland in 23/6 last year, and now still waiting for accepting as refugee in Viöl, about 200km north of Hamburg.

I wrote details about that to Yahoo finance at that time;

http://textream.yahoo.co.jp/message/1006501/ffcna9c0bdbanbdj

From that website, you can't find my comments fast, so I issued below;

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-7d3e.html

But, Japanese Newspapers didn't take up them.
Only one site, J-cast news took up;

AKB歌詞書き込みで上司が注意 社内SNSは有用だが、トラブルも 2012/6/30 10:01
http://www.j-cast.com/2012/06/30137177.html?p=all

But that was wrong about my fact situations.
So I wrote a counterargument to the site below;

http://www.j-cast.com/2012/06/30137177.html?ly=cm&p=1

But my saying wasn't displayed, actually erased.
J-cast news doesn't want to know the facts, they only want amusing matters, against my human rights.

Below website also took my case, but that was against the facts, too.

日立製作所の社内SNSでAKBトーク→歌詞描いたりするなと上司に怒られる→個人情報保護法違反だと社長に100通メール→業務妨害で懲戒解雇
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65687924.html

So, my dear reporters without borders, please take my case as a news.

And, I found, Japanese Government intentionally telling a strained interpretation to Japanese people as below;

Japan's big problem
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/japans-big-prob.html

Japanese Standards Association is also doing wrong as below;

Please investigate JIPDEC(Japan Institute for Promotion of Digital Economy and Community)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/please-investig.html

I want to sue Japanese Government and Japanese Standards Association
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/i-want-to-sue-j.html

Those are quite big problem.
I think those whole problems are bigger than subprime mortgage crisis of Lehman Brothers in the US.

Hidenobu Onishi
kotochan0725@gmail.com

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/

宝塚歌劇団2007年雪組エリザベート公演を観た感想

昨日と同じで面白いと思った。
何回か観てみると回ごとの巧拙も分かるかもしれないが,まだそこまでには至っていない。
ただ,歌もダンスもAKBよりは上手いとはいえ,必ずしもものすごく上手いとまでは
言えないと思った。
ダンスもやはりズレがあるし,音程も必ずしも合っているとは思わない。

しかし,かえすがえすも,AKBよりは上手いのである。
AKBのメンバーは,学校とのかけもちなどでなかなか練習はできないだろう。
それでも,AKBの舞台監督さんはやはり,AKBで実績を積んで,ゆくゆくは
舞台作品に出て行く野望などもあると思うし,そうするとやはりAKBのメンバーの
モチベーションをさらにアップして,AKBも舞台芸術の一環として
人々から見られるようなレベルに上げる,という目的も出てくるのではないかと思う。

そういう観点から,今後AKBのスタッフにもぜひ奮起して欲しいと思った。

物語は,オーストリア・ハプスブルグ家に実在したエリザベート皇后(以下シシィ)
の記録をベースとしているが,実在のシシィはたいへんな浪費家であったようで,
そういう点はかなり排除し,トートという死神を主役に据えて,
かなり脚色の多い物語となっていた。

だから,この公演を観たからといって歴史を語ることができないのは残念ではあるが,
それでも,ファンタジーとして見たときに,なかなか整っていて面白いと思った。

自分は相手を愛している,と思い込んでいてそのじつ,相手を都合の良い
召し使い程度にしか思っていない性格がよく表わされていると思った。

私事であるが私も,実母から,「あなただけを」,と言われながらそのじつ,
都合の良い召し使い程度にしか思われていないために,フランツ・ヨーゼフ1世の
このしうちに悩むシシィの心情がある程度は分かった。

とはいえ,私は現実で実母に三行半を突きつけているので,それから比較すると,
不甲斐ないフランツ・ヨーゼフ1世とトートとの愛に苦しむシシィは,
不甲斐ないとも思った。

もちろん,これは脚色が多分に行われているため,実在するフランツ・ヨーゼフ1世や
シシィに対して同じ感情を持っているわけではないので,念のため。

強いて難点を言うならば,シシィが暗殺されてトートの元へ行き,
真の愛を掴み取れるかのような結末は,どうかとも思う。

死神と真の愛が結べるのであれば,それは自死を肯定することにもなってしまう。
暗殺されたとしても,シシィには生への執着を失って欲しくはなかった。

物語上のシシィは,革命に対してそこそこ肯定的な描き方をされており,
まずまずいいと思った。
私がこの作品に関して脚色をするのであれば,シシィとルドルフに
親子の話し合いをさせ,その上でフランツ・ヨーゼフ1世に対して
謀反を成功させて,新しい国を作らせる。

しかしそうすると,新しい国に対して国王としてそのまま君臨できるものであろうか。
日本やイギリスのように,王を国家の象徴として残すのであろうか。

そういえば,Wikipediaで見たら,イギリスではエリザベートは王室打倒の作品だから
上演されていない旨の記載があったが,日本ではさまざまなバージョンが
既に上演されているのはどういうことだろう。

きっと,日本の天皇制は,廃止論を大々的に騒げないような社会が
出来上がっているから,誰も問題にしなかったのではないかと想像する。
もしかしたら,イギリスよりも日本のほうが,天皇批判はよもやできないと
誰もが思い込んでいるのかも知れない,と思う。きっとそうだろう。

シシィの生涯が不幸なものであったように,美貌がすなわち幸せとはいえない。
フランツ・ヨーゼフ1世も必ずしも幸せでなかったことから,
権力を手に入れられてさえも,だから幸せであるとはいえない。

やはり,幸せとは,自分が愛する相手に認められることと思う。
パートナーから愛されることはもとより,仕事でも,頑張って苦楽を
共にした相手から認められることこそが,真の達成感を得られるのだと思う。

そして,愛する相手に認められる,ということは,まず自分も相手の主張を認めねば,
同様のことを返してはもらえない,ということにも繋がると思う。

自分が相手の主張を認める,というのはなかなか難しい。
そういう意味では,シシィもフランツ・ヨーゼフ1世も,いやトートでさえ,
相手の主張を認めてはいない。
この作品の登場人物の誰一人として,相手の主張を認めてはいないのである。

強いて言うならば,ルドルフは民衆の主張を認めようとしたのだろう。
そして,ルドルフを見れば,相手の主張を否定せずに認めるというのは,
意外と難しいことを分かっていただけると思う。

相手の主張を認める登場人物を一人用意していただければ,
シシィはたとえ殺されようとも,ハッピーエンドになったと思う。

« 2013年4月21日 | トップページ | 2013年4月23日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック