« 2013年4月25日 | トップページ | 2013年4月27日 »

2013年4月26日

2013年4月26日 (金)

Why I am complaining difficulty? The reason is...

Dear Deutsche Bundesamt and UNHCR Berlin & Japan office, Reporters without borders
Cc: Prof.Wolferen, ISO central office

I am Hidenobu Onishi, the first refugee of Deutschland from Japan.
My ID number of Deutschland is 5556608-442.

You may wonder, why I am complaining difficulty? That is problem only in Japan.

The reason is, in Japan, there is a Whistleblower Protection Act (Act No. 122 of 2004);

http://eiyaku.hounavi.jp/taiyaku/h16a12200.php

But there is not an act of carrying out a whistleblowing.

Only written in a Whistleblower Protection Act (Act No. 122 of 2004);

Article 10(Measures That Should Be Taken By the Administrative Agency)

(1) Any Administrative Organ which receives Whistleblowing as provided for in Item (ii) of Article 3 from a Whistleblower shall conduct the necessary investigations, and if such investigations confirm the existence of the Reportable Fact, the Administrative Organ shall take appropriate measures such as the measures required by laws and regulations.

There is a problem.
If an Administrative Organ doesn't want to confirm the existence of the Reportable Fact, they do nothing without investigations.
And, there is no penalties in the law, as you can read.

Administrative Organ person is a National Public Service, so please read The National Public Service Act, too.

http://eiyaku.hounavi.jp/taiyaku/s22a12001.php

If they do a crime of omission, for example my sueing, nothing is decided about that in Chapter 4 Penal Provisions.
So if I go to Police or Public Prosecutors Office, they do nothing because no Penal Provisions are decided about such crimes.

As a result, Administrative Organ can hide crimes related to big companies, without penalties.
That is a big problem.

Do you say I have to solve the problem in Japan?
I think this must be solved not only by Japanese people, but also by people all over the world.

Best regards,
Hidenobu Onishi
kotochan0725@gmail.com
http://onicchan.cocolog-nifty.com/

妄想北海道旅行計画その3

伊達娘ちゃんと北海道旅行をすることを妄想。

妄想北海道旅行計画その2
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-ea80.html

の続き

6日目(モデルコース4日目)

モデルコース

http://www.visit-hokkaido.jp/t/modelplan/main/006.html

で残すは釧路湿原だけである。

釧路湿原の歩き方

http://pocarisweat.p1.bindsite.jp/kushiro/index.html

でも参考にしながら行けば,1日潰せてしまう。

時間との兼ね合いになるが,くしろ湿原ノロッコ号に乗ってもいいだろう。
・・・てか,趣味的に言えば乗りたい(w)

http://www.jrkushiro.jp/shitsugennoro/

そして,昼飯,晩飯は釧路の美味いものでいい。

http://tabelog.com/seafood/hokkaido/A0112/A011201/

市場のおっちゃんの来る,ワイルドなお店もいいかお知れない。
くしろ市場食堂ふく亭

http://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011201/1036628/

もうちょっと上品にすれば,和商市場で勝手丼,なんてのもいい。
和商市場は有名なので,旅の土産話にもなる。

http://www.washoichiba.com/html/kattedon.html

モデルコースはこれで終わりであるが,ここから池田まで行き,
ワイン城見学してそのままグッスリするのも悪くない。

http://www.tokachi-wine.com/

池田にはホテルがあまりないようであるが,まきばの家に泊まって,
ココからワイン城にタクシーででも行けば,いくらでもワインを飲める。

http://www.makibanoie.com/

このまきばの家は,ここだけでもアミューズメントパークみたいな感じに
なっているようなので,朝1,2時間見て回って遊ぶことなどもできるだろう。

7日目

池田を離れ,愛国駅・幸福駅に向かう。

http://www.koufuku-eki.com/

駅しかないが,定番であろう。

その後は帯広で昼飯でも食う。

http://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/lst/COND-0-0-2-0-0-0-0-0/D-rt/

帰りは,カシオペアでもいいが,苫小牧18:45のさんふらわあに乗れば,
海に沈む夕陽なども見られて,行きとは違ったリッチさが味わえるのではないだろうか。

http://www.sunflower.co.jp/ferry/line/index.shtml

8日目

大洗14:00着
そこから,水戸経由で上野,東京へ。

終わり。

なんかコレ,新婚旅行のプランにしてもええんちゃう?ってくらい充実してない!?

日本に帰って,一人で実行してもいいぞワタシ。

4/20SKE48研究生会いたかった6期デビュー公演を観た感想

今回見たのは全員6期で,恐らく初めて見るメンバーばかりではなかろうか。

前回,嘆きのフィギュアを,歌もダンスもロボットみたいと書いたが,
改めて観たらそれはそれでいいのではないかと思った。
但し,みんなちょっと低いと思った。

涙の湘南も,大勢が低いと思ったが,3人目に歌った子がセンターなのか,
この子の歌だけはそこそこ上手いように思った。
この子だけはダンスも歌も経験者なのか,その後も安定して上手かった。
但し,最速昇格を決めたアズマリオンではないみたいである。
まだ名前は覚えられなかった。

会いたかったは,みんな元気にダンスできているように見えた。

渚のCHERRYは,センターの子の歌は低かった。
上手側の,背の高い子はダンスが小さいと思った。
後ろの子のダンスはだいたいいい。
下手側の子は大きくていいと思うときもあれば,小さくなったりしているように見えた。

ガラスの I LOVE YOUは,歌い出し一人目は低く,2人目はそれなりに高いがなんか変,
3人目もそれなりに高いが棒,4人目は低いように思った。
ダンスは全員できていると思った。

背中から抱きしめてでは,やはりひとりだけ,涙の湘南で指摘した子が
ひときわダンスが大きくてキレがあってできている気がした。彼女は歌もよかった。

JESUS,未来の扉でも,全員よく踊れていると思った。

掌が語ることでは,全員が,ほかのどのグループよりもお腹から大きな声で
全力で歌っているのが好感が持てた。
まだ上手くないけれども,大きな声で歌うことは大事であることを再認識した。

最初恐る恐るに見えて,どうかな?と思ったが,あまり公演経験もない中で
よくダンスができていて,80点くらいのできと思った。
恐る恐るに見えたのも,敢えて抑えていたのかも知れない。
80点の残り20点は,まだまだダンスが揃ってないことと,もっと振りを
大きくできること,歌の音程が合ってないことの課題である。

それでも,これだけダンスができれば,SKEの研究生もレベルが高いと思う。
歌声の大きさだけに限れば,あれだけ出ていたら満点あげていいと思う。

今後,さらにダンスのタイミングを合わせたり,振りをより大きくしたり,
また,音程を合わせるという,AKB以外のチームは苦手な子が多い課題が
立ちはだかっていることを認識して欲しい。

そして,どうやって克服していくのか,あれこれ試行錯誤して欲しい。

ちなみに,おしりちゃんは,SKEを卒業したくーみんとNMBのりぃちゃんを
足して2で割ったような感じの顔であり,けっこうすぐ覚えた。

妄想北海道旅行計画その2

伊達娘ちゃんと北海道旅行をすることを妄想。

妄想北海道旅行計画その1
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-3688.html

の続き

4日目(モデルコース2日目)

昼飯に再掲するが,


http://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011204/1010371/
純の番屋
http://tabelog.com/hokkaido/A0112/A011204/1007544/

どちらともいい。
海鮮丼,ぶどうえび,ウニ,鮭児,ほっけ,キンキ,と,
ここだけでも2日くらいいたい感じがする。

その後,標津サーモン科学館は,単に展示を見るだけならばパスしてもいいかな。

http://www.shibetsu-salmon.org/

調べたら,サケの人工授精体験とかできるそうなので,その機会があれば寄ってもいいと思う。

開陽台展望台も,時間があれば行けばいいかな。

http://www.nakashibetsu.jp/nakashibetsu.nsf/doc/kaiyou

神の子池も,それほど有名ではないが,
"まだ観光地化が進んでいないので、ガイドブックにもあまり載っていません。 人の手をあまり入れず、このままそっと残しておきたくなる清里の穴場的名所です。"
と書いてあるので,いちど行ってもいいかも。

http://www.town.kiyosato.hokkaido.jp/homepage.nsf/0/cb7bcbfa0f40be7749256dfd002d8e37

そして,ホテルは,

湯宿だいいち
http://www.yoroushi.jp/
旅館 藤や
http://www.aurens.or.jp/~fujiya/

がいいと思う。

湯宿だいいちは,さまざまなお風呂があってゴージャスなつくりになっている。
ホームページもめちゃくちゃ凝っており,絶対泊まってみたい気分にさせる。

食べログで見ても,養老牛温泉でいちばん料理がおいしいそうでもあり,期待できる。

http://tabelog.com/hokkaido/S1/S12809/

また,藤やは,山田洋次のお気に入りで「釣りバカ日誌20ファイナル」の舞台にもなったそうで,
こちらも捨てがたい。

5日目(モデルコース3日目)

北方領土・国後島を望むクルーズは,どうもチャーターのようである。
これと,前日のホエール&バードウオッチングは似たようなところを行くようなので,
どっちかを採用してどっちかを捨てる方法もあると思う。
てかそうしたほうが,船酔いせずに済むのではないか。

http://www.aurens.or.jp/~kankousen/curiseplan.html

その次の,「野付半島をガイドと一緒に巡る」というのも,どういうものか検索したが,
出てこなかった。現地で探すのだろうか。

下記に,ガイド一日チャーターツアーについて載っている。

http://canoecraft.net/naturecenter/charter_tour

なんなら丸一日チャーターして,自然と触れ合うというのもありかも知れない。

しかし,改めて思うが,この

おすすめモデルコース【知床・釧路】
http://www.visit-hokkaido.jp/t/modelplan/main/006.html

は,あまりにも内容を詰め込みすぎている。
私の感覚では,このタイムスケジュール通りに行ったとしたら,移動ばかりで楽しめないと思う。

昼食は新・ご当地グルメの No.1バーガーとのことで,食べログで見たらどこでも
食べられるらしいが,ワタシは寿司とか丼もののほうが食いたい。
まあそのときの気分でどうするか決めよう。

http://tabelog.com/hokkaido/C1691/0/lst/COND-0-0-2-0-0-0-0-0/D/

摩周湖,屈斜路湖は,半分トイレ休憩みたいなものでチラッと見るだけで通り過ぎる。

秘密の森の小さな旅は,次の日の朝8:30のほうがよさそうである。

http://www.tourism-teshikaga.co.jp/cgi-bin/yoyaku/pgm/adm/base.cgi?order=&class=all&keyword=&FF=&price_sort=&mode=p_wide&id=12

ホテルは,川湯温泉 湯の閣 池田屋なんかどうだろう。

http://www.ikeda8.jp/

川湯温泉は,2010年あたりにいちど行ったことがあったはずであるが,どこに泊まったか忘れてしまった。

~ 続く

« 2013年4月25日 | トップページ | 2013年4月27日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック