« 2013年4月27日 | トップページ | 2013年4月29日 »

2013年4月28日

2013年4月28日 (日)

ジブリ汗まみれ「2013年の夏に公開予定のスタジオジブリ新作映画」の回を聴いて思ったこと

スタジオジブリの皆々様,とりわけ鈴木敏夫さんへ
下記を聴いての感想です。
■2013/01/22 2013年の夏に公開予定のスタジオジブリ新作映画、発表会見の模様をお届けします。
http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol249.mp3
もう古聞になりましたが聴いてみました。
鈴木さんが氏家さんから,高畑作品を作るように言われてほっとした,
という話を聞いて,それは違うだろう,と思いました。
もちろん,会社の下っ端であれば,嫌な仕事は放っておく,ということも
あり得るでしょうが,鈴木さんはジブリの責任者というべき立場であり,
高畑さん宮崎さんはじめ優秀なスタッフを抱えられているのですから,
彼らがそれなりに働ける場を作るのが仕事であり,
それはイヤであっても実行せねばならないと思います。
私などは日立製作所時代,嫌とかどうとか関係なくて
どれも真剣に取り組みました。
必ずしも上手にできなかったものもありますが。
その上で,高畑さんは,となりの山田くんで大惨敗し,ある意味このままフェードアウト
される可能性もあったのですから,最後の花道という意味でも,いやこれから何作も
作る意思を持ってもらうという意味においても,もっと早めに
ヤル気を起こしていただきたかったと思います。
高畑さんが昔からやりたいと仰っていた平家物語は,なんども検討したけれども,
優秀なアニメーターである田辺さんがやりたがらないとか,
ひょっとしたら現代との接点が見出せないという理由もあったのかもですが,
そういう理由で没になったとのこと。
しかし,鈴木さんはお金を持ってくる立場なのですから,田辺さんでなくても
誰か優秀なヒトで,殺戮を描けるヒトを引っこ抜いてきて据えるとか,
また高畑さんに対しても,アニメーターの才能を搾取するだけではなく,
自分から普通の才能のヒトであっても優秀に育てなくちゃいけないでしょ,
とか言いくるめるべき,立場におられると思うのです。
しかし高畑さんも,偏屈過ぎると思います。
電話で,挨拶として「お世話になっております」と言われて,
「私はあなたをお世話してない!」なんて電話を切ってしまうなんて
既に高名な方ですから許されるようなものの,名前がなければ許されない行為です。
例えば私が同じようなことをすれば,明らかに信用をなくします。
けっきょく高畑さんは,ご自分の名声にあぐらをかかれているところがあると思います。
もっと,頭を垂れていただきたいと思います。
低姿勢で,さまざまないいところを感謝する。
それがヒトに自信を持たせ,ヒトを成長させるのですから。
ちなみに私も,挨拶代わりに「お疲れ様です」って言われて
「疲れてなんかいません!」というタイプの人間で,
であればどういう挨拶を言えばいいのかアレコレ考えたのですが,
たとえば「ご苦労様です」もまた,苦労させてないと言われる上に,
上から目線の言葉らしくて,挨拶ってほんとうに難しいと思います。
「有り難う」だって,「そんな難しいことしてるわけじゃありません」
なんて言い返される可能性もあるわけでして。
挨拶って意外と難しいと思っています。
先ほど,これを聴くにあたって,竹取物語の現代語訳をざくっと読んだのですが,
確かに仰るとおり,かぐや姫がどう思ったかは全く書かれていないと思いました。
求婚した男たちは,最初からかぐや姫から要求された品物など見つからないと
ハナから考えてニセモノを作ってしまい,かぐや姫もオンナの第六感,
または異星人のカンでそれを感知するところまでは行かなかったようですが,
もし,1人が,本当にはるか彼方の国まで行き,「探し回ってもなかった」と,
正直にかぐや姫に伝えたとしたら,かぐや姫はその男はぞんざいに扱っただろうか,
と思いました。
私ならばむしろ,そこでその男と結ばれてしまって,メデタシメデタシ,になるストーリーを
考えてしまいます。(斧のハナシみたいですね)
しかし,それでも月からの使者はやってくるのですから,そこでまたひと悶着あるはずです。
かぐや姫からの無理難題にも素直になれた男は,月からの使者の前にも臆することなく,
「かぐや姫を守る!」と言い切れたと思います。
かぐや姫は,その男に対してなら本当に恋をしたでしょう。
その場合,かぐや姫は,オンナとして,本当に冷酷になれるのか・・・?
なんか別の物語を考えてしまいます。
鈴木さんは,高畑さんがなかなか動かなくて,脚本を10ヶ月も悩んで,
その後ヒトに入ってもらって書いていただいた脚本をコテンパンにけなして
いいものにしていく,と仰ってました。
であれば,鈴木さんが,この物語を作品にしたらいいだろう,
というものを思いついて,それをライターさんに脚本の草案として
書かせたらどうでしょう。
すると,高畑さんは持ち前の好奇心から,それについて間違いなく
コテンパンに批評を加えるでしょう。
であれば,そこから,新しい作品に繋げてもいいと思うのです。
高畑さんが脚本だけコテンパンに修正して書き直すところを担当して,
その後監督はたとえば宮崎吾朗さんとか米林宏昌さんにお任せするという
作り方もあるのではないかと思います。
平家物語だって,そうやって高畑さんをその気にして,脚本だけか
監督までもしていただくかどうかわかりませんが,田辺さんにも手伝っていただく。
が,殺戮は苦手とのことで殺戮以外のシーンをやっていただく。
そういうけしかけ方はできませんか?
オンナはワガママに限る,という氏家さんの言葉は名言と思います。
いやオトコだってワガママでいいと思うのですが。
私も,自分の信念のためには,めちゃくちゃワガママと思っています。
とはいえ,高畑さんほどのワガママだとちょっと困ると私も思います。
風立ちぬで,堀越二郎はドイツに留学したのですね。
第二次世界大戦前の当時からドイツって日本から一目置かれていたと思うのですが,
それをさしおいても,たまたま私がドイツに亡命申請しているのは
偶然にしてもよかったと思います。
最後に,↓こんなコト書いているヤツがいるのですが,
hidenobu onishi 忍法帖【Lv=40,xxxPT】
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1355273129/l50
886 :最低人類0号:2013/04/28(日) 21:23:59.53 ID:sXQ2NF6F0
大西、総理自ら説得に来たら応じるか?
自分がどれだけ騒がれる問題行為を行っているか
気付いてないのか?
今日からロシア、サウジアラビア、UAE(アブダビ、ドバイ)、トルコの
歴訪に出かけたアベシンゾーが,私にこっそり会いに来たりするんですかねえ?
さすがにないですよねえ?
あっても追い返すつもりです。
それでは
Hidenobu Onishi
Op de geest 45
25884 Viöl
Deutschland
+49-151-2558-8795
大西秀宜
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/

AKB0048 8-13話を観た感想

今日も都合のよい公演がなかったので,AKB0048を観てみた。

第8話

CGとそれ以外のクオリティの差が気になった。
CGだけやたら動く,というのはどうかと思う。
私がジブリに慣れているからというのもあるのであるが。

CGだといくらがんばっても動きが画一的になってしまう気がする。

75,77期メンバーと,76期との対立みたいなものが見えて,
あまりいいとは思えない。
実際もそこまで対立があるのであろうか?

なぜ,AKBのメンバーが戦闘機に搭乗しているのか,もうちょっと理屈が欲しい。
たとえば戦時中も,芸能人が戦闘をするという二足の草鞋はないはずである。
慰問団は慰問団である。

というか,戦時中はむしろ兵士のケアのために,芸能人の慰問団が結成される
くらいであるから,やはり芸能禁止は設定としておかしいと思う。

ついでに,昔から問題になっている慰安婦問題に代表されるように,
兵士にも娯楽が必要とされており,それは軍上層部も理解はしているのである。
(キチンと対処するかは別だが)
そういうのも含めると,アイドルの芸能禁止を言い出す政府などないと思う。

その上で,それでも,セーラームーンのような設定もある。
どうして芸能のAKBが戦闘集団になったのか,その理屈をつけるために,
もっと途中経過を描けば,面白いストーリーが生まれてきたように思う。

第9話

ツンドラスター,雪の国。研究生は戦艦(フライングゲットだったか?)を降りて
街の奥まで行き過ぎと思う。
雪の中をあれだけ歩いたら,普通の人間はどこかでダウンしてしまう。

ツンドラスターの人々がなんで配給制なのかもよく分からない。
あれだけの工業があるのであるから,富が軍事費に支出されて
一般庶民まで回ってこないことが想定されるが,そうすると芸能禁止以上に
どこかの星との大きな戦いがあると予想される。

同時多発ゲリラライブという発想はいいと思った。
今年の3.11の同時多発ゲリラライブの原型であろうか。

しかし,メンバーたちはどうやって屋根の上に上ったのかよくわからない。
しかも雪の積もる屋根に立ったら,落ちる危険性が極めて高い。
それと,市中の銃撃戦などは戦時中でさえもあまりないはずである。
こういう描写はもっと丁寧にやって欲しい。

ライブが見せたいのか戦いが見せたいのか,よく分からない。

私はしつこくそんなのあり得ない,と書いていて,けれどもアニメだからいいのでは?
と思う人もいると思うが,とはいえアニメであっても,あまりに突拍子もないものは
白けてしまって,万人受けしないと思うから書くのである。

万人受けを狙えば狙うほど,その基本は普通の人間であるべきと思う。
たとえば魔女の宅急便であれば,ほうきに乗る魔法が使えることだけが
生身の人間と違うが,ウソはその程度で抑えるべきと思うのである。

第10話

バター醤油ご飯というのが面白かった。私も試してみよう。

アタミスターではメンバーがなぜか浴衣なのが気になった。"熱海"からの連想だろうが。
ただどうもイメージはタヒチかハワイのような気がした。

優子は,夢はセンターノヴァと断言したが,私はむしろ,
「AKBを卒業したらどんなことがしたいか」を,夢と言って欲しいと思った。
そのあたりが,襲名制の限界とも思う。

AKB卒業生が,マネージャーやら写真家やらになっている設定から,
AKBの現メンバーも歌手とか女優だけではなく,自分の接している分野に興味を持てば,
それらの職業にもなり得ることを,いまのうちから認識しておいてもらいたい。

第11話

先聖センセイが,「夢は何度も生まれ変わる」の歌詞を久しぶりに書いたそうであるが,
どうしてこれまでは書きたくなかったのか気になる。
キチンと理屈をたてて説明して欲しい。

恐らく,魂を揺さぶられるほどのメンバーたちが入ってきたら書きたくなるのだろうし,
それは秋元康も同じであろうと思うから,メンバーは自分も秋元康がアテ書き
したくなるために,もっと夢を追い求める姿勢が欲しい。

第12話

凪沙は,父親の居場所も知らずに,どうして父を助けに行きたいと言ったのであろうか?
やはり先に父親の居場所をキチンと把握するほうが先で,それではじめて,
父を助けたいと表明できると思う。
もっと設定を煮詰めて欲しい。

第13話

相変わらず戦闘が気になった。

戦闘にAKB0048が加わるのを善として描いてあるが,
たとえばイラクにAKBが慰問に行って,根性だけでなんとかなると思うだろうか?
やはり,戦闘にAKB0048が加わっても焼け石に水と思うのである。

また,8話でも指摘したが,76期がほぼ全然描かれていないのがどうしても気になった。

民法により成年に対する親の権利について確認

実母大西弘子は,親の監督責任を主張してくると思われるので,
民法典にてどのように記載されているのか事前にチェックしておこう。

民法(明治二十九年四月二十七日法律第八十九号)
最終改正:平成二三年六月二四日法律第七四号

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html#1004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

(親権者)
第八百十八条  成年に達しない子は、父母の親権に服する。

(成年)
第四条  年齢二十歳をもって、成年とする。


これらから,二十歳に達した子は、父母の親権に服する必要がない。

(親族間の扶け合い)
第七百三十条  直系血族及び同居の親族は、互いに扶け合わなければならない。


本条を盾に,互いに扶け合う必要があると言ってくる可能性があるが,
であればこそ,亡命申請を認めさせるために扶け合うべきと言い返す。

また,心神耗弱を理由として親権を主張してくる可能性もあるが,下記附則第三条により,
審判を受け,禁治産,準禁治産の宣告を受けた後でないと効力が発生しない。


附 則 (平成一一年一二月八日法律第一四九号)
(禁治産及び準禁治産の宣告等に関する経過措置)
第三条  旧法の規定による禁治産の宣告は新法の規定による後見開始の審判と、当該禁治産の宣告を受けた禁治産者並びにその後見人及び後見監督人は当該後見開始の審判を受けた成年被後見人並びにその成年後見人及び成年後見監督人とみなす。
2  旧法の規定による心神耗弱を原因とする準禁治産の宣告は新法の規定による保佐開始の審判と、当該準禁治産の宣告を受けた準禁治産者及びその保佐人は当該保佐開始の審判を受けた被保佐人及びその保佐人とみなす。
3  前項に規定する準禁治産者以外の準禁治産者及びその保佐人に関する民法の規定の適用については、第八百四十六条、第九百七十四条及び第千九条の改正規定を除き、なお従前の例による。
4  旧法の規定による禁治産又は準禁治産の宣告の請求(この法律の施行前に当該請求に係る審判が確定したものを除く。)は、新法の規定による後見開始又は保佐開始の審判の請求とみなす。

以上から,大西弘子が親権をふりかざすのはまったくおかしい。

また,私のドイツへの亡命申請は,憲法第十三条からも,認められるべきものである。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html#1000000000000000000000000000000000000000000000001300000000000000000000000000000

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

My enemies may come. Please check at the border of EU.

Dear Deutsche Bundesamt and UNHCR Berlin & Japan office, Reporters without borders
Cc: Prof.Wolferen, ISO central office

I am Hidenobu Onishi, the first refugee of Deutschland from Japan.
My ID number of Deutschland is 5556608-442.

Nervous things are written in Japanese BBS;

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1355273129/l50

870 :晴:2013/04/27(土) 18:41:22.92 ID:EakTy1x60
そっちはブラウス一枚で過ごせそうですか。
何か羽織るものがあった方がいいでしょうか。

876 :最低人類0号:2013/04/27(土) 23:21:45.12 ID:kMnaE+uP0
お母さんが連れ戻しに訪ねてきてくれるのに、
つれない態度だな。

It says, my enemies (one is my real mother) come to Deutschland to bring me back to Japan.

But my mother is Japanese Government's side, so if that is true, I am in danger.
Maybe I will be killed by them.

My mother's name is Hiroko Onishi.
Please check that name at the border of EU as soon as possible.

If I killed, it can't be undone.

Best regards,
Hidenobu Onishi
kotochan0725@gmail.com
http://onicchan.cocolog-nifty.com/

« 2013年4月27日 | トップページ | 2013年4月29日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック