« 2013年5月19日 | トップページ | 2013年5月21日 »

2013年5月20日

2013年5月20日 (月)

岩田華怜さんへのファンレター 20130519

AKB48 チームA 岩田華怜さま

こんばんわ。おーにっちゃんです。

旅行のハナシばっかでしんどいかもなあ。

別投稿で,伊達娘の生誕について思うところを書いた。

なんか,伊達娘は一発当てるのは得意やけど,継続して向上していくのは苦手やと思った。
たとえばダンスの溌剌さでは,この日は田野よりも元気に見えたし表情もいいし,良かったと思うねん。

けど,この良さが継続するかといえば,すぐどっかでマンネリになってまう。
そこが伊達娘の弱さや。

どうも,知っているヒトがいればそのヒトに向かって活発なダンスができるけれども,
知っているヒトがいなければそこまで頑張れん,というのがあると思うねん。
丁度,授業参観だけは張り切る子供みたいなもんな。

田野なんか,伊達娘はしっかりしとる,って言うとるけど,
ワタシから見たらそういうトコがまだまだやと思ったりもする。

知らんヒトでも,自分のファンにしてまう,その気持ちを持ってやれ!って,ずっと前から言うとって,それを聞いてくれとったときはちゃんと公演目標も決めとってん。

それを,何故か公演目標も定めんようになって,1回1回のダンスもおろそかになって,悪循環で田野に置いてかれたんや。
萌にも負けとるかもなあ。

生誕で浮かれとるとは思うし,元気ハツラツでできたから,なにも問題ないと思ったかもやけど,ワタシなんかから見たらむしろ問題点がハッキリした気がする。

だから,"なにかが足りない"と言われる原因のヒトツは,自分が知ってないファンにも,知っているファンと同様に丁寧に対応するというのができてないことやと思うねん。
なんでそこをいくら言っても分かってくれんかなあ。
難しいのは分かるんやけど。

たとえば,身近な例では,ゆかるんとかじゅりとか,14期のこじまことかは,自分が知ってないファン,はじめてのファンにも,丁寧にできると思うねん。
だからあれだけ握手人気がある。

逆に,はじめてのファンに対してあまりいい対応ができないメンバーは,塩対応と言われて,人気が上がらんかったり下がってもたりするやろ。
はじめてのファンに対してさえも,同じ対応をするってのは大事やねん。

ワタシから見ても,伊達娘と握手しとっても,そんなにキュンときたことはない。
キュンときたのは,ゆかるんとまりんやなあ。
この2人はなんかホンマに対応が丁寧やと思った。
ワタシの言ったことをちゃんと覚えていてくれとるし。

まあ,そういうのも慣れとかもあるし,あとやっぱ一人っ子やとヒトとどう接していいか苦手なトコやとも思うねん。
一人っ子で握手神対応ってそんなにおらんやろ?塩対応のほうが多いやろ?
田野だってフレンドリーではあるけれども,握手対応特別いいってワケでもないしなあ。

なんかもっと,一人っ子で弱いトコは補完できたらええんやけどなあ。
一人っ子補完計画やなあ。

一人っ子メンバーが集まって,たとえば3姉妹と仮定して,この3人はとりわけお互いの家で
泊まりあったりして,勉強とか悩みを教えたりするとかできんかなあ。
そんなんがあればええんかなあと思う。

メンバーの中の一人っ子を検索したら,ちょっと古いデータではこんなんがあった。

増田有華
柏木由紀
佐藤亜美菜
野中美郷
大場美奈
竹内美宥
中村麻里子
山内鈴蘭
仲俣汐里
田野優花
岩田華怜
渡辺美優紀
松井珠理奈

中には会話が好きなヤツもおるけど,シャイなんがおるよなあ。

竹内美宥
中村麻里子
仲俣汐里

このあたりはチーム4のときに,シャイなんなんとかしたりたいと思うとったヤツらばっかや。

田野と伊達娘も,言うてもまだまだシャイやもんなあ。

やっぱ,一人っ子って,話すヒトがおらんやろ。
親に話したって,けっきょく一方的にアレコレ言われるだけやから,対等ちゃう。

兄弟なら,何歳か離れていようがどうせ働いてもいないし,従属関係がないから,アレコレ言いたいことが言えてええと思うねん。
ケンカもするやろ。

一人っ子って,ケンカなんかできんと思うねん。
ワタシもケンカなんかしたことないし。
けど,ケンカもしなければ,相手に向かって言い過ぎみたいなことでも言いながら,どこまでならば相手も聞いてくれるかというような距離感を掴めんのちゃうかと思うねん。

そういうとこあるやろ?

上に挙げたメンバーでも,話しが上手なメンバーはそんなにおらん。
ゆきりんとからんらんくらいちゃう?

で,検索したらこんなサイトがあった。

-----
「一人っ子の問題」について        はやし浩司先生の子育て随筆
http://www.sehimiry.com/hayashisensei2/zuihitsu46.html

 問題は、Rさんの母親にあった。

 Rさんは、親離れを始め、思春期の反抗期にさしかかっていた。この時期、子どもの精神状態は、いつも緊張した状態になる。ささいなことで、突発的にピリピリしたりする。
むしろ、そうした反抗期のない子どものほうが、心配なのである。

 が、Rさんの母親には、それが理解できなかった。何しろ、「すべてが、はじめての経験」である。だからRさんのささいな言動をとらえては、母親は、ことおさら大げさに、それを悩んだ。問題にした。

 しかも一人っ子ということで、親の関心が、どうしても、その子どもだけに集中してしまう。つまり日常的に過関心状態になる。

 だから一人っ子のときは、親が過保護傾向にあると、極端な過保護に走りやすくなる。
過干渉、溺愛についても、そうである。
-----

こんなコトされとったら,ふつうの兄弟がいる子供と体験が違い,体験が違うから考えることもどんどん離れていくわなあ。

過関心で,自分の思い通りにしかできん,このお母さんみたいなんに捕まったら,子供はなんでもかんでもアレダメコレダメって言われて息苦しくて,どうにも生きていけんようになると思う。

ちなみにワタシの親は,そこまでではなかった。
自営業で機織の仕事しとったから,それが忙しくてワタシはほっとかれた。

とはいえ,親が絶対正しい,というのは思うとるなあ。大西弘子なんか顕著や。
けれども,ワタシと言い合いしたら負けるから,そこは折れる。
折れるけれども,いざとなったら実力行使に出るねん。

こういう親も案外多いんちゃうか?
たとえば,子供のときは,あなたの好きなように生きたら,とか言いながら,30くらいになったら自分の見つけてきた見合い相手しか認めん,とか。
いや大西弘子そのまんまやけど。

ほんとうに,好きなようにさせてくれる親が必要やと思う。
子供2人以上おったら,仮に将来一緒に暮らしてほしいと思ったとしても,どっちかは住んでくれるやろ,と思って,思い通りにさせてくれるかもやん。
一人っ子やとそうはいかんもんなあ。

しかし,この一人っ子のメンツ見とったら,おおよそ歌上手いヤツばっかやなあ。
一人っ子って一人で遊んどることが多いから,ヒトの目を気にせず気兼ねなくなんかのモノマネとかして,結果的に歌が上手くなったりするんかもなあ。

まあ,とにかく,一人っ子というハンデからどうやって抜けるか?や。
たとえば地方組は同じ家で合宿しとったっていうけど,一人っ子集めて"AKBハウス"作って,そこで合宿させるとかってのも悪くないかもなあ。

中村麻里子とかなかまったーがおったら,勉強とか料理とかできそうな気がする。
お母さんも,いつまでも伊達娘と2人暮らしってのは辛いかもやしなあ。

たとえば伊達娘が,自分の娘のために,2人暮らしするって考えるとどう思う?
ワタシは伊達娘手放したくないなあ。
主張の娘でさえ,ワタシはお母さんと離れて暮らしたくない,夫婦やもん!って言うてまうと思うなあ。
ソレでも娘のためなら,別居生活も考えるけどよ。
そうであっても,ワタシも一人の人間として,自分の希望を主張することも大事やと思うねん。

まあ,それをいえば,ゆきりんなんかもう6年以上お母さんとずっと2人暮らしっぽいけどなあ。

少なくとも高校卒業したら,一人暮らしすること考えたほうがいいと思う。
高校からってのはチト厳しいとは思うけれども,ただし,AKBのメンバーとの共同生活ってなら必ずしもできんことはないんちゃう?

SKEハウスってどんなカンジなんかなあ?
AKBも,一人っ子抽出したらどうしてもシャイなんが抜け出せてないメンバーが多いのを見たらマズイと思うてくれるハズやから,検討してほしいと思うなあ。

ほなね。

2013/5/20 Viölにて おーにっちゃん

https://docs.google.com/document/d/1Myomaur0anLeT0uJIMl_H4xNVtbOvrGG_pJ9lgF-yOo/edit

5/17チームAWaiting公演(岩田生誕)を観た感想

生誕までに帰国・・・はかなわずとも,せめてドイツが私の亡命申請を認めて,
私のことが世界中に知れ渡り,私の地位回復が為されるくらいは可能かなと思い,
ドイツ政府にいろいろ働きかけたが,それも叶わなかった。
さすがにあと1年待たされることはないと信じたい。

まあ,人間のすることであるから絶対はないし,いくら法律などに規定してあっても,
最後はそれを履行する権限のある人間のモチベーションに関わってくるので,
まだまだ気を抜けないと思っている。
どういうウルトラCで,日立製作所や日本政府が,私に対して攻撃を仕掛けてくるかも分からない。

伊達娘推しカメラであったが,初日のゆかるんやまりやんぬも若干映していたりしたし,
よりによって私の主張する引きの画像が今日に限って多かったので,ビミョーに思った。

スタッフも大西が観ていることを考慮して,わざとやっとるんちゃうか。ぷんぷん。

[M1] 重力シンパシーでは,ゆかるんが怖々やっている印象を持った。
もっとできる能力を持っているはずである。

初日だからそうなってしまったと思うのであるが,たとえば女優になって,
映画の撮影がある場合に,1回目の演技だからって怖々やるであろうか?
1回目の演技であろうが,演技とは思えないようなナチュラルな動きを目指すと思うのである。
その場合,多少間違えてもいいと思う。

それは,私達の普段の生活で,言い間違えとか勘違いとかも普通にあるからであり,
監督にも拠るとは思うが,言い間違えても雰囲気が出ていればそのままOKもらえることも
往々にしてあると思うのである。

然るに,失敗を恐れて全力出さずにこわごわやるとすれば,こわごわやる演技など,
確実に全部NGになってしまうと思う。

そういうトコを考慮して,1回目から全力を出して欲しい。
もう1回目は終わってしまったので,次回こそトチっても全力でやって欲しいと思う。
伊達娘は1回目から全力を出せる。田野は1回目失敗して2回目から全力で出すタイプ。

みんな,これからは1回目から全力を出し,1回しかないチャンスもモノにできるようにして欲しい。

[M2] 言い訳Maybeは,伊達娘の動きがいいように思った。
生誕でヒト一倍気合が入っているのが分かった。

そしてどうも,上手の立っているあたりに,誰か知っているヒトかファンがいるのか?
下手よりも上手で表情がひときわよかったように思った。

あと真ん中あたりで誰か動きいいと思ったらまりんちゃんであった。

[M3] 制服が邪魔をするでは,どうもみんな声量がイマイチ出ていないと思った。
選抜が多いときは,声量が出ているのか?録音の音が被っているのか?分からないが。

伊達娘はダンスしているときの表情がいいと思った。
田野なんかも,ダンスはもう伊達娘よりも上手いとは思うが,表情の溌剌さみたいなものは
まだ伊達娘のほうがいいと思ったりもするので,そのあたりもさらに気をつけて頑張って欲しい。

[M4] 大声ダイヤモンドでは,どうもみんないつもよりも音程取れてないと思った。
生歌なのだろうか?

新規さんが多いのか,いつもあるはずの声援があまりないように思った。

[MC]は,まりんとなかまったーが,海外に行きたいと言ったのはいいと思った。
まりんはアナウンサーなりお城なり,自分の主張ができていて,それがキャラになっている。
但し,何故だか最近アナウンサーをGoogle+に出せていないので,そこまで一貫すれば
いいのにと思う。

ファンがそれほどつかなかったのでイヤになったのかも知れないが,諦めたら負け,
もっとひらりーやかおたんに負けない企画を考えて,Google+でも話題になるようにやって欲しい。
そういう努力が,勉学以上に,大学入試や就職試験で効いてくると,私は確信するのである。

伊達娘は,流れ的に東北に行きたいというのは分かるけれども,
むしろ自分が将来どうしたいかを前面に出して欲しかった。
その後でもちろん,東北なんかも行ってみたい,と一言添えればいいだけなのだから。

12期お披露目公演でひとり,ブロードウェイに行くのが夢です!って言ったのはもとより,
去年の田野生誕で,お題は国内だったにもかかわらず,海外に行きたい!と言った,
それくらいの意気込みを見せて欲しいのである。

たとえば私が親であるならば,将来どうなりたいかと聞いたら,お父さんと一緒に住みたいと言われるのと,
海外で活躍したいと言われるのと,どっちがうれしいかといえば,後者のほうが明らかにうれしい。
自分からなにかをやろうとしているから。

然るに,世間の親はどうも,親と一緒に住みたいと言われるほうが実際にうれしいようであり,
そのあたりも悩ましいところではあるのであるが,本当に成功をする人間は,周りの雑音になど流されず,
たとえ一人になっても,自分の信じる道を進めると思う。

伊達娘はそういうふうになって欲しいのである。

[M5] スカートひらりは,田野の歌い出しが低かった。
どうもチームAメンバーは低めに歌う傾向があるようで,どうにかして欲しい。

ゆかるんは,だいたい合っていると思った。
夜風の仕業やてもでもはどうも低かったので,進歩していると思う。

このスカひらは,10期以降の,私が応援しだしたときは研究生だったメンバーばかりであり
(りょーちゃんに至ってはまだデビュー前),そのメンバーがチームAで踊っているとは
胸が熱くなった。

[M6] 純愛のクレッシェンドは,すーめろがさらに上手になった。
私の思い通りの高さの歌声である。この調子で頑張って欲しい。

なかまったーも,いい声をしている。お腹から声を出しているのがよく分かる。

クリスはビミョーに低いので,心持ち高めにできただけでまた印象が変わると思う。

[M7] 黒い天使は,あんにんは音程は合っているが,発声はまだまだである。
対して伊達娘は,お腹から発声はちゃんとできているが,音程は低い。
この2人のダメなところをそれぞれ直せればいいのであるが,歯がゆい。

あやりんはちゃんと見れなかった。ゴメン。

[M8] 天使のしっぽは,普段出ているじゅりがりっちゃんポジをやったので,
全員いつもとは違うポジであった。このためか全員イマイチと思えた。

じゅりはやはりちょっと低い。もっと曲をしっかり聴いて音程に忠実に行って欲しい。
まりんもなんか音程怪しい。

そして,あーや。もっと可愛くして欲しい。
2chで,あーやは天使のしっぽというキャラではない,と書いてあったが,
たとえば声優では,キャラであろうがなかろうが,自分の期待された声を出せなければ
いけないのである。

であれば,声だけでなく,自分の期待されている振り付けなども
どんどん吸収したほうがいいに決まっていると思うのである。

そのあたりをちゃんと考えて,可愛い振りを身につけて欲しい。

ちなみに,あん誰で萌え企画だと不機嫌になった田野や,ついつい楽譜よりも低い声で
イケメンを狙ってしまう伊達娘などは,天使のしっぽには明らかに似合ってないと
思うのであるが,明らかに似合っていないからこそ,
可愛く踊れたら演技力も高まると思うのである。

ウェイティング公演も半年を過ぎたので,もっと積極的にユニットシャッフルなども
して欲しいと思う。
もちろん,ウェイティング公演その2へと,新しいセットリストへの移行も検討していいと思う。

とにかく,今日の天使のしっぽは,研究生に完敗であった。
もっと精進して欲しい。

[M9] 雨のピアニストは,ここの田野は音程的に良いと思った。

まりやんぬは,音程はまずまずであるが,たまに違うように思った。
1音1音をもっと丁寧に歌って欲しい。

咲子さんも音程はだいたいいいのであるが,なんかおかしい気がした。

[M10] ガラスのI LOVE YOUは,歌い出しから合ってない,ハーモニーを乱しているメンバーが
1人まぎれていると思ったが,個々に聞いていくとそれほどおかしいとは思えなかった。

りょーちゃんは,おおまかな音程が低いわけではないが,なんか違った。

ゆかるんは,だいたい良かった。

いずりなは,いいのであるが,今日はなんか妙な節がついているように思った。
アイドルなんだから,もっと素直に歌えばいいと思う。

伊達娘は,ちょっと低い。
どうも,私ががんばって低いと言っていることが理解できていないと思う。

[M13] ファーストラビットでは,白いサイリウムが見られたのであるが,パラパラで,
なんか少ないと思った。

[MC3]は,ゆかるんはじゅりとこれまで絡みがなかったが,ゆかるんが当てられて
困っているところをじゅりが助けていて,感心した。

[M14] 桜の花びらたちは,動きのないダンスの中でも,伊達娘はよく工夫して
動いていると思った。
動きのないダンスをどのように動いてみせるか?はひとつの見せどころと思うので,
今後もこの調子で頑張って欲しい。

逆に,先日はよく動いていると評したなかまったーはあまり動いておらず。
そういうダンスにしたのか,それともダンスを変えたのか,気になった。
ワタシはもっと動くダンスのほうが好きであるし,なかまったーは動くキャラと思うので,
いいところはやめて欲しくないと,個人的には思う。

まりんちゃんはよく頑張っていると思うが,ひとつ難点をつけると,
好奇心が強いのかどうしても顔を前に出したら,ちょっと姿勢が悪くなってしまうのである。
好奇心は持ったまま,顔の位置はあと3cmくらい,心持ち後ろにしてもらったほうが,
見栄えがよくなると思う。

ちょうど,アタマの重心が背骨の上に来るカンジなのだが,分かるだろうか。
あまりひどいものではないので,病院に通うほどではないとは思うが,それでも,
整体やカイロプラクティックに通って,カラダの正しい位置をカラダに覚え込ませるのも
ひとつの方法と思う。

[EN4] 掌が語ることでは,なんか伊達娘の音程がおかしかった。
今日はどうも伊達娘はおかしいと思った。

最後に,生誕祭では,秋元才加からの手紙があり,伊達娘はやたら感激していたようであったが,
私は手紙の内容はイマイチと思った。

才加は,"理不尽に思うこともあるだろうが,我慢して頑張って欲しい"みたいな文章を書いていたが,
理不尽に思うことを我慢して,その結果が,美しさはそれなりにあるが,
それほど強くもそれほど気高くもなく,キャッチフレーズに偽りのある,
いまの秋元才加になってしまっていると思うのである。

もちろん,若ければガマンすることはあろう。
理不尽に思うことであっても,よくよく考えれば,そのほうが合理性がある場合もあると思うのである。

しかし,たとえばみぃちゃんの丸坊主事件などは,誰がどう考えても,合理性のかけらもない。
どう弁明しようが人権侵害事件であるのは間違いないのであるが,人間の,いくらおかしいと思おうが
自分に関係なければ,49日といわず数日で忘れてしまう,利己的な性質により,
糾弾がなされなかっただけなのである。

私もドイツ在住であり,他のことを主張している状態で,インターネット接続もままならなかったため,
一人そこまで糾弾はしなかったが,それでもほかのAKBファンよりはだいぶ糾弾した。
私が秋元才加の立場であれば,運営に対して真っ向から反抗する。
たとえ自分のAKB生活をかけようが,悪いものは悪いと運営を糾弾したと思うのである。

もちろんそうすると,運営は,誰のおかげでお前がいるのだ,と言いそうであるが,
いくら恩があろうが悪いものは悪いのである。

そうやって私は,日立製作所を懲戒解雇になり,ドイツに亡命することとなった。
しかし恥じることはない。
日立製作所に負け,与したとしたら,よほど恥じることになったであろうと思う。

そして,私のその結果はどうであろうか?
もちろん,いまの途中経過だけを見れば,誰からも見向きもされず,
最悪の人生を過ごしていると言えるであろう。

しかし,亡命申請を提出し審査を依頼しているのであり,これが認められれば一気にヒーローである。
そういう希望の上で生きている。

対して,秋元才加はどうであろうか?
それは,日本に対してはそれなりに自分の名前を売れた功績はあるが,あくまで大勢居る
アイドルの中の一人であり,成功には程遠い。成功する確証もない。

理不尽なことに反旗を翻すのは,じつはチャンスなのである。
とりわけ,自分を売りたい芸能人にとってはチャンスである。

そういうことが分からず,いまだに体制におもねっている秋元才加は,私から見ればどうしても,
それほど強くもそれほど気高くもないと思ってしまうのである。

自分が思うことを,ヒトがどう思うかに関係なく主張できる,そこまで行って欲しいし,
卒業してからはそこまでできるようになって欲しいと思うのである。

伊達娘だって,それくらい強く,それくらい気高くなって欲しいと思う。

« 2013年5月19日 | トップページ | 2013年5月21日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック