« 2013年5月21日 | トップページ | 2013年5月23日 »

2013年5月22日

2013年5月22日 (水)

亀山千広さんをネタにつらつらと

先日,フジテレビの新社長に,亀山千広さんが昇格することが発表された。

たとえば下記

「踊っている場合ではない。走る」フジテレビ・亀山千広次期社長
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130521/ecn1305211208007-n1.htm

べつに,亀山さんについてワタシはとりたてて知っているわけではないが,
「がんばっていきまっしょい」の製作に名を連ねていたと覚えている。
但し,いま検索しても全く出てこない。

Wikipediaにも載っていない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E5%B1%B1%E5%8D%83%E5%BA%83

しかし,中の記載で
映画事業局には、少数精鋭の企画プロデューサー(関口大輔、臼井裕詞)がおり、彼らが中心となって亀山の映画戦略を支えている。
とあり,関口さんも間違いなく「がんばっていきまっしょい」の製作であった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E5%8F%A3%E5%A4%A7%E8%BC%94

この映画は全然有名でもなく,東京,大阪1館ずつの小規模公開であったので,
どうしてわざわざフジテレビが製作に関わるのか疑問であった。
というか,フジテレビが製作に関わるのであればもっと宣伝してもよかったのではないかと思うのであるが。

どういう考えで製作に関わられたのか,聞いてみたい気がする。
案外,アルタミラピクチャーズと提携するため,お付き合いで関わられたのではないかと思ってみたりする。

関口さんは1968年生まれであり,経歴を見ると,
----
映画 [編集]
パラサイト・イヴ(1997年) アシスタント・プロデューサー
東京日和(1997年) アシスタント・プロデューサー
がんばっていきまっしょい(1998年) アソシエイト・プロデューサー
----

となっており,がんばっていきまっしょいは映画に関わりだした初期の作品と思われる。

亀山さんに話を戻すと,Wikipediaにはこのような記載がある。
----
世界の亀山モデル [編集]

TBSラジオ『ウイークエンド・シャッフル』内のザ・シネマハスラーで宇多丸が、テレビや広告で大規模な宣伝を行うことによって半ば強引にヒットを生み出すことを指して、世界の亀山モデルと揶揄した。(宇多丸本人は「亀山さんはいい映画もプロデュースしている」と前置きしている)。
亀山が「制作」としてクレジットされている映画を称して言う。オリジナルはシャープ・アクオスの宣伝フレーズから。フジテレビだけでなく、2012年現在多くのテレビ局出資映画が、執拗な宣伝で内容の質に関係なくヒットさせようとする「世界の亀山モデル」商法を模倣している。一例として2009年に公開された『ROOKIES -卒業-』は、公開前から公開中にTBSのほぼ全ての番組に出演者がひっきりなくゲスト出演するなど「洗脳まがい」と言われるほどの宣伝を行った結果、最終興行収入85.5億円を記録した。
----

ワタシは,いい映画を観たいとは思うが,亀山さんの宣伝手法はそれほど悪くないと思う。
だいたい,"テレビや広告で大規模な宣伝を行うことによって半ば強引にヒットを生み出すこと"を亀山モデルというのであれば,それは亀山さんが編み出したものというよりも,ジブリと日テレが生み出したものである。

もののけ姫,いやその前あたりから,テレビをありったけ使って,相当執拗な宣伝をしていたと認識している。

この姿勢はワタシはいいと思う。
というのも,企画段階ではいい映画を作るように尽力するのは当たり前であるが,いざ出来上がった映画は箸にも棒にもかからない
ハチャメチャな映画である可能性も十二分にあると思うのである。

しかし,監督や制作者の仕事はそれで終わり,あとは反省しか残っていないとしても,宣伝し公開するのはまだ残っている。
そして,宣伝し公開することにより,はじめてお客さんが観に来てくれ,その利益によってまた次回作が作れるかどうかが
かかってくるのである。

そう考えると,たとえ映画の内容がハチャメチャであろうが,ダメだったからお客さんが来ませんでした,ではハナシにならない。
やはり,内容はダメかも知れないが,いろんな魅力を宣伝し,いろんなヒトに観てもらえる努力はしないといけないのである。
そしてそれは,監督など制作者が手を出せる範疇ではなく,宣伝やプロデューサーだけが考えられる範疇と思うのである。

秋元康やAKBも,いくら自分達が作っている映画に自信がないからといって,小規模公開で,AKBファンだけが観に来ればよいという
認識は改めてもらいたい。

ジブリや,亀山モデルに表されるように,もっと大々的に宣伝して,映画ファンにも他のファンにも観に来てもらえるように
考えるべきと思うのである。
そしてそれは,AKBのスタッフにとっても,既にいるAKBファンから,あと一歩視野を広げて,そうでないファンにも
どうやってAKBを伝えるかを考える,いい訓練になると思うのである。

ちなみに,「がんばっていきまっしょい」,コレはモーニング娘。の掛け声にも採用されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%A8%98%E3%80%82

-----
円陣及び気合い入れ [編集]
モーニング娘。は、ライブやテレビ番組の本番前などにメンバー全員で円陣を組み、右手を重なり合わせ、掛け声を掛け合う気合い入れを行うことが仕来りになっており、モーニング娘。の歴史において欠かすことのできない独特の習慣である。メンバー間の絆や結束力を高め鼓舞し、『最高のパフォーマンスをしよう』という意思確認の目的で結成当時から行われている。

がんばっていきまっしょい!!
円陣を組み、リーダーが差し出した手の上からほかのメンバーが手を重ね、『がんばっていきまっ』(リーダー格のメンバー)『しょい!!』(メンバー全員)という掛け声を合わせる。この気合い入れはモーニング娘。のライブDVDや『ASAYAN』『ミュージックステーション』などでも公開されている。通常は舞台裏で行われるが、2006年の『第57回NHK紅白歌合戦』ではステージ上で行われた。これは敷村良子原作で1995年に坊っちゃん文学賞を受賞した小説『がんばっていきまっしょい』が由来である。1998年にはこの小説も映画化され、これが縁で飯田圭織と同映画主演の田中麗奈が親友になった。
-----

ワタシも,「がんばっていきまっしょい」が掛け声になったのは知っていて,さらにそれが元になって
歌やアルバムのタイトルにもなったのも知っていて,この4thアルバムだけは出たときに記念に買った。

柏木由紀や指原莉乃は,共に九州出身で小学生時代からモー娘。ヲタであるため,
このあたりはリアルに覚えているのではないかと思う。

4th「いきまっしょい!」
http://ja.wikipedia.org/wiki/4th%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%84!%E3%80%8D

ネタになると思って,恋愛レボリューション21などの歌も覚えてカラオケで歌ったりはしたが,
だからといってモーニング娘。にハマることはなかった。

それがいまになって,AKBがたまたま秋葉原にあるからといって,アイドルにハマるのであるから,
運命というものは面白いと思う。

また,ワタシはAKBを見て,冷静,丁寧,正確が呪縛となって,ダンスが小さくなっているメンバーが
いることに気づき,「冷静,丁寧,正確に!」の掛け声はやめたほうがいい,と言ってはいるが,
間接的にしろモーニング娘。とAKBという,両方とも21世紀を代表するアイドルの掛け声に対して
なにかを主張しているのは,偶然であろうか。

「がんばっていきまっしょい」など,いまこそ当たり前であり,とりわけアイドルヲタには
よく知られたフレーズとは思うが,1998年当時に

「がんばっていきまっしょい」という映画があって・・・

とメールや掲示板に書き出したときには,その返事でご丁寧にも「がんばっていきましょう」
とか直されていた人が多かったのを思い出し,懐かしく思うとともに,
まだ知られていないモノを広げることの面白さ,広げる前の苦労を思ってみるのである。

改めて亀山さんのお話に戻ってきて,亀山さんの"トップが求める人材像"が面白いのでここに記しておく。

-----
http://www.fujitv.co.jp/saiyo2013/motomeru/kameyama.html

「常識を超えた、クリエイターになる」
一つの作品が、スクリーンやテレビを通して感動や笑顔を届け、語り継がれて愛されるものになるまでには、数えきれないほど多くの人々が関わっています。企画・製作・宣伝といったプロセスで生じる様々な衝突や摩擦を乗り越えて、「人を楽しませたい」という夢や理想を実現するのには、想像を絶するバイタリティを必要とします。同時に、この時代にゼロからイチを興してヒット作を生み出すのには、「映画ってこんなものでしょ」という常識や既成概念を覆す、圧倒的なオリジナリティが求められます。
常識を超えるパワフルなアイデアや個性は、時として叩かれ、はね返され、痛い目を見るものです。しかし、どの世界でも、勝利や成功を勝ち取る者は、それを支える失敗に彩られているものです。
流した涙や汗は必ず結晶となって、世界を輝かせることができるはずです。その先にある、成功という未来を感じさせてくれる人材を望んでいます。
-----

亀山さんの言葉には,ワタシが2chで聞くような,日立製作所の連中の,"ヒトの言うとおりにやればいい"
という言葉が微塵もないのがいいと思う。

もちろん,企業のトップというものは,そうやって建前では自由にやれと言い,
そのじつがんじがらめにするヒトも多いとも思っている。
日立製作所だって,表向きは自由を標榜しているのだから。

しかし,日立製作所と違って,亀山さんは自由闊達にされてきて,その結果自分のモデルを構築された
方であるので,ワタシは期待してもいいのではないかと思っている。

ワタシもきっと,日本人初のドイツ亡命者として,亀山さんとも話す機会があると思う。
そのときには,どうして「がんばっていきまっしょい」を作ったか,とか,ワタシを見てどう思うか,
とか,亀山さんにはいろいろ聞いてみたい。
またついでに,AKBとタイアップした映画などの方向性がないかも,話してみたいと思う。

岩田華怜さんへのファンレター 20130521

AKB48 チームA 岩田華怜さま

こんばんわ。おーにっちゃんです。

昨日は,夢を現実にするための方法について,ちゃんと書いた。
我ながらいいコト書いたと思うから,あれはAKBメンバー全員に教えたってもええと思う。
電子ファイルやから教えやすいやろ。URLをメールに添付したらええだけやし。

まあ,伊達娘がまだまだできてない,ってお小言でもあったけど。
とはいえ,ワタシの中3からすると,よう頑張っとるとも思うしなあ。

恥ずかしいから書いてなかったけど,ワタシ,中学の最初にバスケットボール部に入ってん。
べつにバスケットボールが好きってワケではなくて,単に調べたらバスケットボール部がラクやと分かって入った。
ワタシは運動ゼンゼンアカンから,吹奏楽部とかの文化部に入ってもよかったんやろけど,吹奏楽部って女の子ばっかで,なんか軟弱って思われそうで,入らんかった。
吹奏楽部には同級生の男子は2人入っとったな。

いまでこそ我が道を行くタイプやけど,中学時代はけっこうヒトの目を気にしとったんやな。
あ,それと,中学時代に好きな子が吹奏楽部やったから,恥ずかしくて入れんかったってのもあるかもなあ。
・・・やっぱいまのワタシとゼンゼンキャラがちゃうやろw

で,バスケットボールはあんま好きちゃうから,練習も決められた分はやったけど,ちゃんとせずに,いっつも補欠やったな。
補欠でイヤとも思わんかった。レギュラーになったって対戦して負けるもん。

てか,女子と練習試合して,同級生にはるぅみたいな女の子がおって,その子にぶっ飛ばされてワタシが倒れてまう,なんてコトもあった。
もうよっぽどヘタクソやったんやなあ。

まあ,そんな状態やから,バスケットボールにはゼンゼン身が入ってなかったんや。
いくら毎日目標を定めてやったら,10年経ったらイチローになれる,って書いたって,気分が乗らずにちゃんとした目標も立てられんかったら,毎日努力をしとるとはいえ人並み以下しかできず,そらアカンわなあ。

それで,2年になって,顧問が変わって,それでも頑張ってやっとったんやけど,部のメンバーとイマイチ仲良くできんかったから,辞めてもた。

なんか,部のメンバーの言うとることがハチャメチャで,イヤになってん。
もともとバスケが好きちゃうかったってのもある。

で,2年のいつごろかから帰宅部になって,帰ってアニメばっか観たりした。
それを,大西弘子は,家にいたら世間に対して恥ずかしい!なんて怒った。
ワタシは,大西弘子のそういうのが嫌いやってん。

恥ずかしいもなにも,息子が悩んどること,ソレをキチンと理解することのほうが先やないか。
なんで理解もせずに,近所に対して恥ずかしい,そういうココロが出てくるねん?
そういうのがイヤやった。

で,その頃にハマっとったのが,黒歴史やからあんま言いたかないけど,きまぐれオレンジ☆ロードってマンガやねん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8C%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E2%98%86%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

マンガはとうぜんのように全巻揃えたし,アニメもぜんぶ観たぞ。
まあ,伊達娘がいま銀魂にハマっとるってのと似たようなモノと思うけどなあ。

ただ,ちゃうかったのは,一緒にマンガやアニメについて語り合うような子もおらんかったな。

友達がハマっとったから,以前紹介したシティーハンター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

にもハマってやはり全巻揃えたけど,べつに友達とマンガについて語り合ったりしたワケでもない。

ちなみに,ワタシはマンガでハマったことがあるのはこの2つだけや。
伊達娘からしたら少ないやろ。
マンガいっぱい買えんかったからなあ。
親もええ顔せんかったし。

てか,田舎やったからか,そういう時代やったからかワカランけど,友達になった子が片っ端から不良になっていって,親に隠れてタバコを吸っていたりして,ワタシはそういうのはどうしてもイヤやったから,離れていった。

そういうのもあって,中学でも仲良くした子なんて数人しかおらん。
その子らも合わずにどんどん離れていって,もういまでは誰もいない。

けっきょく,孤独になるねん。
一般的に寂しいヒトが孤独になるけれども,ヒーローも孤独になる。

宿命というヤツ,それから逃れたら友達はできるけれども,宿命と相対したとき,友達は離れていき,孤独になることがある。

なんで友達が離れていくか?
そのような危険なハナシを持ってくる人間が,自分にいつ危害を及ぼすか,怖くなるからやと思う。
ワタシが日立製作所の件を訴え始めてから,多くのヒトがワタシの元から去って行ったよ。

いくらワタシがちゃんとしたことをやっていると思ったとしても,それが日本政府との戦いであれば,日本政府に目をつけられたら自分はどうなるか分からない。
もしかしたら公安警察にマークされるのでは?なんて,ナントカ小説みたいなことを,本当に考えてしまい,怖くなってまうんかもと思う。

公安警察にマークされたら,たとえインターネットへの匿名の書き込みでさえも,個人特定されて要注意人物にされてまうかも・・・
そうすると自分の人生終わってまうかも・・・

そう思ったら,なかなか思い切った行動できん。
濱西がおらんようになったのもそれでやろ。

いや単にワタシをおかしなヒトと考えるのかもやけど。

いずれにせよ,ワタシの言い分も聞けない,その程度の仲やったってことや。

けれども,そんな状態でも,やはり日本政府おかしい!って人々が思うてくれたらええと思うんやけど,おかしい!と言うよりも,自分達の生活を考えて,大西が黙っていたほうがいいと思い,ワタシの願いと逆の方向に進んでまうヤツもおるよな。

両親もワタシを怖いと思うとる。
両親だけでなく親戚だって,ワタシの訴えよりも,自分達が公安警察からマークされることが怖い。いやそれだけでなく,大西秀宜の親戚であるとバレるのがイヤだ!それだけで,ワタシのアンチ活動をやっとる可能性がある。

それは,冷静に考えたら,まあ一理はあるとは思うねん。
いくら親戚ったって,よその家の子にそこまでかまってはられんやろ。

けれどもな,それを認めたら,
○○の××であるとバレるのがイヤだ!それだけで,△△差別活動をやる。
そういうコトを平気でやるヤツが出てくると思うねん。
それだけはなんとしても阻止せなアカン。
いかなる理由があれ,自分が努力しても改善できん差別はやったらアカン。
もちろん,改善できる差別もなるべくやらんほうがええけど,とはいっても差別を完全になくしたら共産主義になり,働いたヤツが馬鹿を見るから,そこまではせんでもええと思う。

ハナシは戻って,
○○の××であるとバレるのがイヤだ!それだけで,△△差別活動をやる。
それが正当化されてまうのが,いつまでたっても部落差別などの差別がなくならん背景でもあると思う。
だから,大西弘子からワタシは直接差別発言は聞いたことはないけれども,大西弘子は差別主義者やと確信しとる理由でもあるねん。

ちなみにワタシは,中学は受験もなく田舎の中学に入って,高校は受験があって難しい理数コースに入ったら,中学の粗野な子達とは違って,ちゃんとした子達と真剣なハナシができるかと思った。
けど,理数コースのほうがもっと階級意識みたいなモノがあって,ワタシなんか見た目でどう見ても偉そうにも見えんし,実際授業は寝てばっかりでトンチンカンなコトしか答えられんかったから,クラスの輪の中には入れんかった。
まあ,クラスの負け組やったわけや。

負け組がどれくらいおったかワカラン,ちゃんと考えたこともないけど,とにかくワタシは負け組やった。
3年同じクラスやったけど,特に仲良くしとった子もいなくて,卒業してから出席番号1番違いの子と2回くらい会っただけで,それ以外クラスの子とは一切連絡とってない。
同窓会も連絡来たことない。外されとるんやろなあ。

大学も似たようなもんやった。
研究室で一緒になった子は,卒業してからも何回か会ったけど,それは研究室の行事だからであって,行事がなくて会ったことはない。
研究室が違う子は,田野くんがたまたま日立製作所に入ったから,2回くらい会っただけや。
ホンマにそんなもんやで。

だから,伊達娘が田野と仲良くしろ,と言う資格はワタシにはなかったのかもや。
けれども,伊達娘からは,そのときのワタシとは違うモノを感じた,もっと基本的なことができてないと思ったからやねん。

ワタシは小さいときから,自分の目の前のモノについてちゃんと考えて欲しい,自分の目の前のモノが,あるべき方向に進んで欲しい。
という思いを持っていたけれども,それを分かってくれるヒトはどうやらいないと思ったんや。

で,伊達娘をじっくり見たら,どう見ても田野は伊達娘のあるべき方向におる気がしたんや。
だから,おせっかいにも無理にでもひっつけた。

AKBの子は,ワタシの小中高大で出会った同級生に比べて,素直やと思う。
いくら夢がないメンバーが多いとはいえども,少なくとも握手人気を増やして,順位を上げるとかいう目標はあり,それに向けて進んどるという意味では同じやと思う。
その先に,チームとして自分達の公演を作り上げるという目標もあるんやけどな。

けっきょく,高校まで上がってみて,自分と合う人間がおらんかったってのは,いまになって分かったけど,ワタシが普通ちゃうかったんや。
自分は凡人やと思うとったから,なかなか気づかんかった。

しかし,自分は凡人と思いながら,宮崎駿に会えたり,田中麗奈のためにアシストしたり,好き放題やって,それなりに評価もされたから,自分はなんて運がいい人間やろ?と何度も何度も思ったりしてん。

いまになって分かるのは,その運というモノも,ワタシが運を掴む手前まで自力で到達しとったんや。
そして,もういまとなっては,運というモノに頼るのではなく,自分で最後まで仕組んで掴み取ることにしか興味がない。

世の中で,自分は運がいい,幸運って思えるヒトに運が向いてくる,って説があるけれども,そういうヒトはそれなりに努力しとるんやろなあとも思う。
けれども,最後は運任せにしてまうということは,100%自力でやり遂げるストーリーを考えついたワケちゃうねん。何パーセントかは運に左右される。
だから自分は運がいい,なんて言ってまう。

ハナシは戻って。
なんで自分にはこう,友達ができんのか?って長いこと思ったよ。
数少ない友達からも,どうして大西はヒトとすぐいさかいを起こす?って言われたし。

ワタシだって,不要ないさかいは起こしたくはないけれども,どう考えても相手が理不尽なコトを言うとって,それはちゃうやろ!って思うから言い争いになった。
そこでワタシは一歩も引かんかってん。

たとえばインターネットなんか見とったら,ふつうのヒトは言い争いを避けて,適当に相槌を打ったりするし,まんいち言い争いになっても,適当なところで折れるねん。
それも,おかしいコトを言うとるヤツはなかなか引かんから,正しいヤツが引いて,いつのまにか,おかしいコト言うとるヤツのほうが勝った,みたいになったりする。

それで,負けたほうは,じつは負けたフリでであって,そのほうが賢い,負けるが勝ち!なんて思うとるんかも知れんと思う。
けどそうであれば,勝ったと思うとるほうは,自分を振り返ることなく,いつまで経っても自分が偉いと思い続けるぞ?
それで,またそいつが妙ちくりんな自論を別のところで吹聴したりして,それに辟易するヤツが出てくるねん。

たとえば,以前ワタシに粘着した宮口みたいなヤツは,いくら言い負かされてもワカランから,そういうヤツにいくら対処したって無駄っちゃ無駄かもやけどなあ。。。
たとえば大西弘子だって,正しいかどうかはそっちのけで,ワタシが実家に帰ってくる方法のみを希望しとるねん。
そいつらに対して,いくら自分の案を主張し,こっちのほうがいい!ったって,最後は自分の裁量で決められたりするからなあ。

だからこそ,ヒトが実名で活動するって大事やと実感する。
匿名やったら,前に言うとったことと違うやろが!って誰かに言われたって,いくらでも言い逃れできる。

実名だって,宮口俊之みたいに,Google検索しても595件しか出てこんようなヤツはアカンな。

やっぱいろんなヒトから監視され,それはおかしい!って突かれるくらいやないと,有名になったりブロードウェイに行った後も,発言に責任が持てんことをクチからでまかせで言うてまうねんで。

伊達娘はそれで,ちゃんねらーみたいなんが激しく攻撃してきて自信をなくしかけたけど,それでも何とか耐えた。

けど,まだまだと思う。
ワタシなんか見てみい。毎日ガスライティング攻撃されとって,自殺しろとまで書かれるんやで。

また,さっき見つけたけど,ワタシのおらんとこでさえ,

---
岩田華怜はAKBのセンターになれますか?
http://www.akb48rompen.com/archives/27495991.html

15: 名無しさん@実況は禁止です 2013/04/30(火) 21:44:48.16 ID:lg3LI78UP
まずはつべの動画で満面の笑みを浮かべて
僕は岩田華怜さんをお嫁さんにすると決めています!
と臆面もなく言う厄介をなんとかせんと・・・・・・
---

なんて書かれるんやで?

そんなんでも,ワタシはめげることなく(めげる気もないけど)がんばっとるんや。
だから,伊達娘はクヨクヨすることなく頑張って欲しいな。

伊達娘にはワタシがついとるやん。
伊達娘は一生手放すつもりないし。マズいと思ってもワタシが徹底的に指摘して直すつもりやし。

まあ,そう思われたら面白くないやろから,自分でも頑張って欲しいし,ワタシについてなんかアカンとこがあったら言って欲しいな。
2chのヤツらに言われてもゼンゼン気にもならんけど,伊達娘に言われたら気にするからなあ。

ほなね

2013/5/21 Viölにて おーにっちゃん

https://docs.google.com/document/d/1l2xd-N2eyKjZwEcDzEGSaWJ-haqqMZ-1MsFBnqPqkPk/edit?usp=sharing

« 2013年5月21日 | トップページ | 2013年5月23日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック