« 2013年5月28日 | トップページ | 2013年5月30日 »

2013年5月29日

2013年5月29日 (水)

岩田華怜さんへのファンレター 20130528

AKB48 チームA 岩田華怜さま

こんばんわ。おーにっちゃんです。

少しずつ調べたことを。ネタがあるよなあ。

------
「夢の記録が潜在能力を引き出す」ヒット作を量産した元ジャンプ敏腕編集者が語る
http://happism.cyzowoman.com/2013/05/post_2441.html

角南 自分の夢を利用して、夢トレを続ければ、誰でもある程度の近未来予測と透視に近い能力は間違いなくアップする。実際に夢をそのまま描いて成功した作家はきわめて多い。音楽ではバッハ、シューマンやワーグナー、映画なら『マトリックス』や『アバター』など、数えだしたらキリがない。大ヒットを生み出す作家を育てるなら、むしろその能力を開発したほうが近道だよ。鳥山明だって、読者が夢の中で知っていた絵柄だったから『Dr.スランプ』(集英社)はヒットしたのかも。そっちのほうが早いと僕は思うね! 僕は実際に夢トレを続けて秋山眞人ちゃんたちと夢の中で会うことができるようになった。まずは夢日記をつけることから始めてみるのがいいと思うよ!
------

コレを読んで,伊達娘も,夢を見たら夢トレをしてみたら,なんかオモロイ発想が浮かぶかもと思う。

てか,ワタシは,夢というか,けっこう大発明を社会人入りたてくらいの頃からたまに思いついとったんやけど,そんなんやっぱ誰もついてきてくれんやろ,無理かなあ,なんて思うて途中で放り出したりしてまいよってん。
人間,熱くなったらいろんな考えが浮かぶけど,冷静になったらそんなんできんか,って思うことあるやん。ソレや。

けど,熱くなったときに考えてみたら,やっぱりそれは可能やねん。
それで思ったのは,冷静になったと思うときに,じつは人間は,自分に言い訳を考えとるねん。
だから,冷静にならずに熱いまま実行できたら,もっとアレコレ自分の思う以上にできるんちゃうか!?って,あるときふと思った。

それがいわゆる,”鉄は熱いうちに打て”ってのでもある。

アフリカに行ったのだって,安いチケットの行き先がたまたまヨハネスブルグやった,って書いたやろ。
ヨハネスブルグに行こうとアレコレ調べたら,都市で毎日何人か死んどったりして,やっぱやめとこか,ってコトになる。
だからそういう場合は後先考えずに行ったほうがええねん。
後先考えずに行ってみて,向こうでせいいっぱいハプニングに見舞われてみる。

それもやはり,”鉄は熱いうちに打て”やわなあ。
現地を深くも調べずに,エイヤで決めてもてから,後からジックリ考える,そういうのでええと思うねん。
そのときに後悔しても,もう行くしかないもんなあ。
それで行ってみて,やはり結構いろんなコトを経験できてよかった!ってコトになったりするやん。
ならば,熱いうちに考えたそのままを実行に移しても,ちゃんとできる自信もついてくるねん。

尤も,ヨハネスブルグに行く10日前くらいから,ホンマに自分は大丈夫か,黒人に殺されてまわんか,ってめちゃくちゃ思ったよ。

まあそういう,普段の思いや旅の経験が上手に混ざって,あんまり後ろ向きに考えずに次々と行動に移せるワタシが出来上がってきたんやろなあ。

そういえば,伊達娘らも,たとえばネ申の企画なんか,フツーの人間ならば,こんなコトできたらオモロそう!って一度は思いながら,いやいや,ホンマにそんなことをやったらタイヘンや,と思って実行できんようなことをホンマにやってもたりしよる。
ガチチャレもそうやったなあ。
ああいうのを楽しみながらこなしていったら,だいぶ根性はつくやろなあ。

で,夢のハナシに戻って,夢だって,それを観たときは,あーおもしろかった!とか,あー怖かった!って夢が誰にもあると思うねん。
ならばその夢を現実にしたら,なかなかオモロイハナシになるんちゃうかと思う。
夜に見た夢を語る,なんてのもええやろなあ。

そういうのから始めてもええと思うねん。

但し,や。夢日記をつけて,夢と現実がワカランようになってまうヒトもおるんやって。

夢日記は付けていいのでしょうか? 私は最近悪夢をよく見るため夢日記を付けて克服...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1499311549

夢をコントロールできる明晰夢をみる5つの方法と危険性
http://matome.naver.jp/odai/2133933992379558701

【閲覧注意】夢日記を書いて危険性を検証するスレ
http://yeiyei.doorblog.jp/archives/9044342.html

まあ,伊達娘は芸能人やから,使えるネタはなんでも使うたらええと思うけど,毎日の夢をすべてつけて,精神的に不安定になってもしかたがないから,仮に夢日記つけるにしても,思い出したい夢だけにするとかがええんちゃうかな。

とにかく,なんか新しいもんをどんどん取り入れてほしい。まだまだ若いんやから。

ハナシは変わって。

「おっとい嫁じょ」というひどい風習について,コラムを書いた。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-6d61.html

コレ,ひどい風習やと思うんやけど,そこにも書いたとおり,ワタシの母親のように,オトコとオンナは誰でもひっつきゃなんとかなる,なんて考えとるヤツがおること自体,日本はまだまだアカンと思うねん。

てか日本もオモロイよなあ。せっかく自由恋愛になったのに,出会いのチャンスを掴めずに,結局独身で一生を終えるヒトがどんどん増えてきとるってなあ。
人間ってじつは,なんでも自由になると困る生き物なんやで。

と,いうハナシをしたら,次にめちゃくちゃ進みやすくなるんやけど,「おっとい嫁じょ」を検索しとってこんなブログを見つけた。

人は選択肢が多いほど疲れることが判明 ― だからネタ探しは重労働。能動的なネットが受動的なテレビに勝てないのもこのため?
http://rate.livedoor.biz/archives/50620004.html

ワタシは個人的には,選択肢が多くてネタ探しするほうがオモロイと思うとるから,ホンマかなあ?と思って読んだけど,

------
選択(に至るまでの意思決定)は心の中の貴重な資源を消耗させる・・・というのが、この研究チームを率いたキャスリーン・D・ヴォース教授が導き出した結論である。ヴォース教授は次のように述べている。

「何かを選択した後の人たちは何も選択しなかった人たちに比べて、問題を解いたり、不愉快な課題を達成しようとするときに集中力を失う傾向がはるかに高い。このパターンは実験室でも、教室でも、ショッピング・モールでも認められた

「(多くの中から特定の何かを)選択しなければならなかったかどうかがキーとなる。この傾向は、研究者たちが被験者たちに選択を行わせた場合だけでなく、各人が自発的に選択を行った場合にも認められる。さらに選択に結果が伴った場合にも結果が伴わなかった場合にも認められる」
------

とあるように,ふつうのヒトは選択するのがものすごく苦痛なんやって。

ワタシなんか,毎日どの記事を書こうかとかアレコレ選択して,さらに,たとえば今日ならばナポレオンについてとか,調べなアカンことが毎日出てきて,その都度いっぱい選択しとるぞ。
それをそれほど苦痛とは思ってない。
けれども,他人はどうも苦痛と思うとるっぽい。
だからか,ワタシに向かって束になってかかってきても,誰も相手になりよらんねやな。

伊達娘だって,ワタシがなんべんも,カレンシネマでもっと自分の意見を書けよ,と言うんやけど,意見を書く=意見をその都度選択する,やから,伊達娘にとっては苦痛なんかもなあ。
まあけど,芸能人はそのヒトが苦痛と思うコトを難なくやってまえる人間ということとも思うから,ココはぜひ一念発起してほしい。

で,日本人の自由恋愛のハナシになるんやけど,昔はお見合いで,親がひとりひとり紹介して出して来よったから分かりやすかったけど,いまは自由恋愛で自分から探しにいくヒトが多くなったから,そのぶん選択肢も増えて,若いヒトにとっては苦痛なんちゃうかとも言えるんやろな。

だから,相手を星の数ほどにするのではなくて,何人かいて,この中から誰にする?なんてののほうが流行るかもや。
・・・ってソレ,AKBそのものやんなあ?w

AKBグループの中から誰にする?って運営は言うとる。
けれども,それやとファンは大勢の中からチェックせなアカンから,よりライトファンのために運営は選抜を作った。アンダーガールズも作った。
けれども,さらにライトな,"AKBを知っている"層にも訴求するために,超選抜,神7なり神8なりを作った。

それでさえも,AKBでこのヒトリ,ってのがおって,そのためにあっちゃんや優子を好きというヒトが,大挙としておったりすんねん。
そういうヤツはいちいち自分の好みを探ろうなんて思わん。
与えられたトップだけを追い求めとったらええねん。

そう考えると,なんかけっきょく,いまの人間って自分で判断する能力が極端に落ちとるんちゃうか,という疑問さえ湧いてくるよなあ。

小中と地元の学校に行き,高校大学とは行けるところへ進み,就職もなんとか自分が引っかかったトコロ。
趣味のAKBも,運営がセンターといって出してくる優子やまゆゆ,最近だとぱるる,そういうヤツのファン。
旅行だってどっかの旅行会社が出してくれたパックツアー。

だけれども,自分の結婚相手は誰も出してくれんから,そのまま一生独身・・・

そういうヤツらが多いんやろなあ。

しかし,運営が推したメンバーだけを自分も推す,なんて考えとるファンが多かったら,コレはメンバーどころか運営も意外と苦しいんちゃう?
ホンマはもっと,運営は推してないけど自分は推すぞ,みたいなカンジのファンがもっともっとついてくれるコトを考えて,AKB作ったと思うからなあ。
てかそのへん,おニャン子のときと比べてどうなっとるんやろ?変化を秋元康なんかも感じとるかもなあ。

逆に,そういうヤツらに対してはお見合いの需要って高いハズなんやろなあ。
大勢の男女が,誰かに,「もうあなたはこのヒトにしなさい!」って言われるのを待っとるんちゃうか。

そう思うと,なかなか人間って,自由とは相容れん存在なんかもなあと思うてまう。
難しいよなあ。

まあ,今日は眠いからこれにて。

ほなね
2013/5/28 Viölにて おーにっちゃん

https://docs.google.com/document/d/1uebVCA9lJFNn9MBXRgu7BECkNER1X03kB4w3X-u6sPk/edit?usp=sharing

レイプは無くなったかもだが,精神的な苦痛は見合い強要という形でいまもって受け継がれている

「おっとい嫁じょ」という名前で,レイプにより男女をひっつける。
コレにより苦痛を蒙ったであろう母親が,その息子の「おっとい嫁じょ」の加害者になる。

その母親は恐らく,男女はそうやって結びつくモノ,などという誤った考えが,
自分の人生の中でついてしまったのだろうと思う。

私の実母・大西弘子は,レイプにより結び付けられたわけではないが,見合いにより結び付けられた。

毎日毎日続く夫婦喧嘩により,私は物心ついたときから父親の暴力を毎日のように見せ付けられ,
私の心に深いトラウマが残った。
見合いなど死んでもするものか,と心に誓った。

なのに,私がそこそこの歳になると,大西弘子の放った言葉は

http://2ch-archives.net/awabi.2ch.net-company/1-1357576310/971

 971 : 晴2013/01/19(土) 01:36:29.63 ID:o42n21WB0
 永く一緒にいれば情が移ってやがて好きになります。
 お金がなくてもなんとかなります。
 戻ってきてください。

である。

私は現在大西弘子の元を離れドイツに住んでおり,憎い大西弘子とは一切の連絡を取っておらず,
2chへの書き込みではあるが,これが大西弘子のものである可能性は極めて高いと思っている。

この文面から大西弘子は,自分が父親に対していつの間にか情が移っていたにもかかわらず,
それでさえも夫婦喧嘩を止めず,自ら父親にやられに行ったことを白状している。

実は私は20年くらい前よりその性向に気づいており,父親が好きであるならば,
父親の言に腹が立ってももっと大人しくするようにと,大西弘子には何度となく諭したのであるが,
大西弘子は病的なまでに激しく否定し,頑として聞かなかったのである。

それが,いまになって実は好きでしたなどと,どの面下げて言えるのか。
父親だけでなく,大西弘子も夫婦共犯として,私が幼児の頃から私を虐待していたことになるのである。

大西弘子が父親よりも許せないのは,さらにその大西弘子は,上記の文章で私が嫌がる見合いを強要している。
当然私は見合いの要請を受けるわけもなく,大西弘子とはこのまま息絶えるまで絶縁状態を
継続することとなるのである。

しかし,このような考え方の人間が日本に生息しているということだけでも,
日本にはまだまだ江戸時代のような封建主義的な思想が根付いていることが分かるのである。

だいたい,大西弘子自身は当初見合いが嫌だったのではないか?
だから,"永く一緒にいれば情が移ってやがて好きになります。 "などと書いてくるのではないか?

当初嫌いだったのであれば,どうしてその感情を呼び起こし,息子だけはそういう辛い目に
遭わせないでおこう,と大西弘子は考えられないのであろうか?

そこに,大西弘子と,この「おっとい嫁じょ」をさせた母親の,封建主義的な考えの結びつき,
子供の基本的人権を認めない狭量な考え方の共通点を見てしまい,激しい嫌悪感を覚えるのである。

私は,大西弘子のような,まるで畜生が野で交尾をするような,下品な結婚を夢見るのではない。
キチンと最初から愛し合える人との結婚を夢見るのである。
そしてそれは,"永く一緒にいれば情が移ってやがて好きになります。 "ではなく,
最初から大好きな人と結婚したいと思うのである。
一緒に支えあえる人と結婚したいと思うのである。

世の中には,大西弘子のような親の下に生まれ,自分の思い通りの人生が送れない人々も多いようである。

http://mikle.jp/threadres/1649876/

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7770897.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033205830

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2089892.html

私は今後も出てくると思われる,このような人々の助けとなるためにも,
大西弘子には毅然とした態度で望みたいと思う。

いずれ私は実家に帰り,一人っ子の私は大西家を清算することとなるであろうが,
大西弘子の屍を大西家の墓に埋めておくつもりはない。

迷惑である。
死ね。
消えろ。

ヤバすぎて封印された日本の奇習! 鹿児島のレイプ結婚「おっとい嫁じょ」とは?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=61&from=diary&id=2445696
http://happism.cyzowoman.com/2013/05/post_2446.html

« 2013年5月28日 | トップページ | 2013年5月30日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック