« 2013年6月4日 | トップページ | 2013年6月6日 »

2013年6月5日

2013年6月 5日 (水)

慰安婦問題はミクロ的な視点だけでなくマクロ的な視点も持って欲しい

慰安婦問題について,私は慰安婦であった人々の意見は聞くべきと思います。

たとえば刑事だって,犯罪者や目撃者の供述を逐次否定していくのではなく,供述をひととおり聞き,矛盾点があればそこを突いて修正しますよね?
いや,そうするしかないと思うのですが。

慰安婦だって,犯罪者や目撃者の供述と同等に,一度一通り聞いてみるべきだと思うのです。
当時の日本が組織ではそんなことをやってなかった,って反論をいくらしようが,ローカルでそのような仕打ちをしていた可能性は組織というものの本質を考えれば大いにあり,そのローカルな仕打ちに明確に対処できなかったこと自体が日本軍の失態であると言われたとしても,なにも文句は言い返せないと思います。

その点はマクドゥーガル報告書にも明確に書いてあるのですから。

-----
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AB%E5%A0%B1%E5%91%8A%E6%9B%B8

附属文書 [編集]
内容要点は、日本の慰安婦については以下である。
(1) 慰安婦の制度は「奴隷制」であり、慰安所は「強姦収容所」、慰安婦は強姦、性暴力を受けた「性奴隷」である
(2) 日本政府には以下の国家責任がある
1.日本軍の要請で慰安所を経営したもの、および利益を得た民間人のした行為に責任がある
2.慰安婦への被害を防止できず加害者を処罰できなかったこと自体に責任がある
3.被害者個々人が国際法の主体であることを認め、日本政府への賠償請求権を認めた(従来の国家間の国家賠償に関する平和条約は国家間の経済的協定に限定されているので、それらに関係なく被害者の賠償請求権は消滅していない)
4.日本のアジア女性基金は法的責任に基づくものではないので、新たに賠償を行うべきである
5.強姦所の設置監督に責任のある政府、軍関係者を訴追し、違法行為を行った(強姦した)兵士個々人も証拠に基づき裁くべきである
-----

特に (2)1~3 は,しっかりと認識していただきたいと思います。

それとは別個に,マクロな視点から考えてみましょう。

慰安婦問題って十年以上くすぶっている問題で,いつ解決の糸口があるともつかめません。
そのために学者さんはじめ,大勢の人々が関わり,さまざまな論戦が繰り広げられています。

しかし,慰安婦問題が仮に解決したとして,私は「ごめんなさい」と言うか言わないかだけの問題であると思うのです。
解決したからといって日本や世界が新境地に達することができる問題とは到底思えません。
それは南京大虐殺論争も同じです。

日本国民やその他の人々の能力を,「ごめんなさい」と言うか言わないかだけの,アウトプットのない議論に使うのはもったいないと思うのです。

日本や世界という大きな視点で見ると,私たちが働いて人々のためになるというのは,第一次産業で農業を行い食物を生産すること,および,第二次産業で石油はじめ工業製品を製造し,その生産された食物を円滑に流通させることと思います。
すなわち,農業製品,工業製品を生み出して人々に貢献する,というのが,人類をマクロに見たときの,労働におけるインプット,アウトプットと思います。

しかしそれだけだと娯楽やイノベーションはありませんから,芸能人やスポーツ選手がいて人々の心をほぐし,学者がいてより良いイノベーションの方法を模索していると思います。
娯楽のために第二次産業でシステムを考えるというのもあるでしょう。

・・・で,慰安婦問題について学者や人々が喧々諤々議論し,それを新聞雑誌書籍に纏めて出版すること,それはアウトプットという意味において,いったい人々のためになるのでしょうか?

私はならないのではないかと思うのです。
その労力を,第一次産業や第二次産業に回すほうがいいと思いませんか?
学者だって,その持てる知能を,慰安婦問題に使用するのではなく,イノベーションに使用したほうがよほど人類の未来のためになると思いませんか?

いくら争っても仕方がないものの場合,リソースがそれに取られるのを嫌って,金銭で解決することもままあります。
裁判でいうところの”和解”です。

慰安婦問題にも,”和解”の論理を適用できないでしょうか?

慰安婦問題を論じる人々は,ひとつ認めればなし崩し的に認めなければならない,などと仰いますが,慰安婦の対象人数がたかだか知れている現状,賠償金だって数十億程度で済みます。
その数十億をケチって何年もリソースをそれに取られ,日本の進展が阻まれるとすれば,それこそ数十億では換算できない労働力がアウトプットのない議論に費やされ,日本の国益に反すると思います。

そしてその上ではもちろん,韓国で争われている慰安婦の方々の思いも忘れられません。

彼女らはいわば70年前の痴漢被害者なのです。いや痴漢よりもさらに重い問題ですね。
現在の痴漢被害者に対しては,痴漢冤罪が取りざたされるように,訴えた者勝ちといってもいいほどに世論が非常に被害申請者寄りとなっていますが,それがどうして過去のこととなれば,被害申請者の言い分が全く聞き入れられないのでしょうか?

彼女らの何人かはもしかしたら虚偽の報告をしているかもしれませんが,そういうヒトが数人混ざっているからといって,大多数の救われねばならない人々が救われずに天寿を全うされつつあるとすれば,そういう状況は早急に改善されねばならないと思います。

元慰安婦の心が晴れ,さらに日本国民のリソースも新たな問題に注げるとなれば,日本が慰安婦問題を認めて謝罪することには一石二鳥以上のメリットがあると思います。

もちろん,既に慰安婦問題をビジネスのようにしている,小林よしのりや共産党のような既得権益者にとっては問題でしょうが,日本は既得権益者など省みることなく,一歩を踏み出すべきとワタシは思います。

■国連勧告に明確回答を=橋下氏 (時事通信社 - 06月05日 19:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=2455778
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013060500813

岩田華怜さんへのファンレター 20130604

クルーズトレインが大盛況

今年10月からJR九州の豪華列車ななつ星
http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

が運行を開始する。

その後今年5/4になり,JR西日本も,沿線の世界遺産を巡るクルージングトレインを
2017年度までの運行開始として運行することを発表した。

http://business-matome.ldblog.jp/archives/27571929.html

(ニュースサイトはリンク切れのため,まとめブログを掲載)

そして今日,JR東日本もクルーズトレインを16年春以降運行開始とのことでニュースが出た。

JR東日本も豪華列車の旅 クルーズトレイン16年春以降運行開始へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=32&from=diary&id=2454391
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/04/news122.html

もちろん,鉄道旅行が見直されつつあるのは鉄道ファンとして喜ばしいことなのであるが,
JR各社が自社の路線内でのクルーズトレインの運行を計画しているので運行距離が短く,そこはちょっと寂しいと思う。

たとえばななつ星などを見ても乗車距離はほんのわずかである。

http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/course.html

トコトコと走る列車もいいのはいいのであるが,せっかく豪華列車なのであるから豪快に走ってもらいたい気もする。

鉄道は,在来線であっても,クルマの運転のわずらわしさがないなかでそこそこ高速で移動できるという利点があるため,
より長距離のクルーズトレインを作っていただけると需要はあると思う。

たとえば,現在寝台列車のある東京~札幌,かつて寝台列車のあった東京~博多などを夜間に移動するとか,
300km程度の距離を昼間,早朝,深夜に移動できる列車があればいいと思うのであるが。

または,JR九州のななつ星の出発地を東京とし,東京から九州まで1晩でダイレクトで結び,
九州内を2泊3日の行程をこなし,さらにまた1晩で東京まで帰る設定とすれば,
都心の人々に対して九州をさらに売り込めるのではないか。

同様に,北海道もクルーズレインをつくり,東京発着にしても面白いと思う。
北海道など札幌からそれぞれの地方都市が300km強で存在するため,沿線の観光バスプランなどと組み合わせれば
効率よく観光できるとも思う。
広大な大地を颯爽と走る豪華列車の旅はひときわ楽しいものと思う。

それぞれの旅客鉄道会社が企画を出すとすれば,当然自社管内を重点的に回ることになるので,それはいいと思う反面,
たとえば"外国人に見てもらいたい日本"というようなコンセプトで,もう少し日本全体を1週間程度でスピーディに見て回れる
列車があってもいいのではないかと思う。

いまクルーズトレインブームであるので,その波に乗ってアレコレアイデアを考られればと思う。

岩田華怜さんへのファンレター 20130603

AKB48 チームA 岩田華怜さま

こんばんわ。おーにっちゃんです。

6/3のを6/4に書くw
アカンナア。昨日今日と政治的なコトばっか見とってけっこうそっちばっかになってもてん。

まあ,政治のハナシをmixiとか2chでしたからってそれほどトクにもならんとも思うけれども,ワタシが以前から言うとる,”道場破り”の精神やなあ。
道場破りをいっぱいしたほうが,破られたヒトのココロに刻み込まれると思うねん。

まあそれで,mixiでイロイロやりとりしたりしとって,べつにワタシも慰安婦問題でそれほど知っとるワケちゃうんやけど。

ヒトと戦うときには,

1.とりあえず主張しとるヒトの言い分を聞いてみて,
2.ワカラン単語とか自分で調べて,
3.自分で組み立てたストーリーをそいつにぶつけてみる。

この3つをやれば,だいたいどんなヒトとでもハナシができる。ワタシも理解した。
べつに戦うと書いたけど,勝つ必要は全くない。理解しあえればええんやから。
けど,インターネットではどうしても,理解しあえたらうれしいなんて思うとるヤツはおらんから,けっきょく戦いになってまうんやけどな。

でな,どんなヤツでも,議論しとるものごとについて大して知っとるワケちゃう。
偉そうなコト言うとっても,だいたいのヤツはなんかの受け売りやったりする。

ワタシなんか,大学1年生のころ,書いたっけ,金日成が死んだときに,
「金日成って誰?」
って発言して,アホや!ってみんなに言われたんや。
いまだにそのネタ言われるぞ。いやもう恐れをなして言われんかもやけど。

金日成って北朝鮮の総書記な。いまはその息子の金正日も死んで,さらに息子の金正恩がいっちゃん偉い総書記やなあ。
まあ,そんなん知らんでええわ。

てかさっきたまたまなかまったーが夜の遅くに投稿しとって,そういえばなかまったーなんか大学受験の参考書とか,大学受験の指南書みたいなんを真剣に作ったらオモロイもんができるんちゃうかと思って,
”AKB 参考書”
でググってみたら,こんなんがあった。

AKB48が学習参考書になっちゃった!
http://www.gakken.jp/akb48_gakusan/

コレ,中学参考書がいっぱい揃うとるけど,伊達娘もこんなん買って覚えるか?
ワタシ中身見て笑ったぞ。

たとえば社会のページなんか,基本中の基本で,こんなんわざわざ語呂合わせにして暗記なんかせんでも覚えられるやろと思うようなコトばっかや。

てか,中学生でこのレベルならば,ワタシの書いとることはチンプンカンプンなんちゃう?
なんかそんな気がめっちゃしてきたぞ。
この前南アフリカでダイヤモンドが何位で,ボツワナが多くて,なんて書いたってディープ過ぎたかもなあ。

参考書,どのページ見ても,こんなん中学で習うとったんか?小学生ちゃうんか?と思う内容ばっかやなあ。
てかこの程度ならば,いちいち教科ごとに別の先生なんか要らんかって,ぜんぶ一人で教えられるわ。ワタシならできる。

ちなみに,中学の勉強で,ワタシがけっこう大事やと思うのは,数学の相似やなあ。
アレけっこう,宝探しみたいな面白さがあるねん。

ワタシ,この考えはコッチにも使える!ってよく言うとるけど,アレもけっきょく,相似の図形を見つけ出したときみたいな気分になる。
けっこう相似の概念って応用が利くと思うねん。数学以外にも使えるねん。
・・・・まあ,まだ中学3年ではイメージ湧かんかもやけど。

てか,コレとコレは一緒や!ってワタシが声高に叫んでも,誰一人として理解せんことが多かったりするしなあ。その感覚が分かるのはワタシだけかも知れん。
ヒト見とって,人間けっこう相似を見つけるのが苦手やったりすると思うねん。

ところで,理科に優子が出とるけど,例はプレートテクトニクスでオモロないなあ。
やっぱ,おしべとめしべがどうやって種子を作るかってのを,優子先生がディープに教えてほしいよなあwww

・・・まあ,それでワタシは喜んだりせんけどw
優子名指しでエッチがしたいと言い放った,小林よしのりは喜ぶかもやけどwww

しかし,なんかわざわざこんなん見ても覚えづらいよなあ。
やっぱ,人間がマンツーマンで教えてくれたほうが覚えやすいと思う。
たとえばワタシが横にいて,分かりやすいたとえとかいろいろひねり出しながら,コレはこういうこと,ってひとつひとつ説明したほうが分かりやすいよなあ。
そう思わんか?

何年後になるかワカランけど,帰国したら握手券100枚くらい用意して,それで勉強教えたろか?
・・・まあ,高校数学の微積分とか握手のときに教えられても,
ハァ・・・?
になってまうと思うけど。
てかさすがに伊達娘は理系には進まんよなあ。

微積分とか,まあ勉強全般やけど,なんでそうなるかなんて分からずに,ただそうするもん,って思いながら丸暗記で覚えとるもんがあるもんなあ。
ワタシも,なんでかは全く理解してなかったりする。

伊達娘も,微積分ってナニ?ってお父さんお母さんに聞いても,まあちゃんと答えてもらえんやろ。

でな,そういうのを,なんかヨウワカランけど,呪文のようにコレはこうするもん,って覚えとるヤツが,覚えてないヤツを捕まえてアホだのボケだの言うたりする。
だからアカンねん。AKBのヲタもそういうトコある。

さっきの金日成だって,ワタシ詳しくは知らんかったけど,そら名前とか,北朝鮮のヒトってコトくらいおぼろげに知っとったと思う。
けど,それがいったい自分にとってどういう関わりがあるかいっこもワカランかったから,知らんと言うてん。

ならば,ほかのヤツらはどんくらい知っとるかといっても,”北朝鮮の総書記”ってコトくらいか,もう少し知っとるヤツは,その北朝鮮は社会主義/共産主義で,金日成による独裁に苦しんどるとか,その独裁の度合いとかそういうのを知っとったくらいやと思う。

けれども,その程度でコテンパンに,何年も何年も言われたんや。

けどな,金日成の名前とかちょっとしたこととかくらい知ろうが知るまいが,べつに大した違いちゃうねん。
そういうのを本で読んで知る程度のレベルと,何年何十年と金日成をニュースで見ながら生活してきて,金日成がどれほど世界に影響を与えてきているかを身をもって知るレベルとでは,雲泥の差があると思うねん。

大学生とかは,その,本で読んで知るレベルの段階で知ったかして,自分は知っとるから偉い,オマエら知らんからアホ,みたいな言い方をついついしたがる。
けれども,大人になってちゃんと議論するときには,身をもって知ったレベルでないとどんなヒトがおるかワカラン。だから黙ってまう。

それが,厨二病というか大二病というか,大学生が陥るワナやねん。
新入社員クラスもそういう過ち犯すよなあ。

大学,新入社員の頃はそうやって自分は全部知っている,みたいなカンジでイキがるんやけど,そのうちなんも知らんかったと思ってシュンとして,元気がなくなってまう。
そのうち結婚とかして,全く冴えないサラリーマンになったりしてまう。

ワタシの母の姉が結婚した旦那の弟の息子が,ワタシと同じ学年で,中学のときに学年のマドンナの女の子を題材に小説書いて全国誌に載ったって以前書いたやろ。

その子は,太宰治をいっぱい読んで,チャップリンの映画もいっぱい観て,自分で勉強するからって家を飛び出してどっかの建物に籠もって勉強しとったっぽい。
中学の文集だったかにも,「○○に革命を!」なんてやたら難しいコト書いとったのをいまだに覚えとる。

けど,いまFacebookで見つけたら,文学者ではなくしがないサラリーマンになってもとる。

ワタシなんか,中学時代に”革命”なんか,とてもやないけど想像できるアタマなかったけど,自分の身の丈に合った,いや,身の丈に合わんかったかもやけど,自分に想像できることをやりながら成長してきた。

ならばいま,ワタシゼッタイそいつより勝っとると思うねん。
いずれ文学者にもなれるやろ。なるつもりや。

そんなカンジのワタシから見て,伊達娘も上を目指して欲しいとは思うけれども,自分に理解できんもんをわざわざ取り上げて,自分を大きく見せることまではせんでもええと思う。

しかし,自分が理解できとったら,理解できる範囲でめいっぱい大きく活動してみることはやってみて欲しい。

ワタシもけっこう血気盛んやから,大学のときなんかもジブリとか,自分の分かる範囲で,いろんなトコに論戦挑んできた。
それで,なんで大西はそんなにヒトと仲良くできんのか,って言われたりもした。
大学時代なんかはまだまだ考えが纏まってなかったりして,言い負かされたりもしたけれども,そういうのも全部いまのワタシのベースになっとると思う。

大学時代は,いや最近まで,論戦しとったら返事を見るのが怖かったけど,いまはワタシ世界でも無敵やというのを理解しとるから,どこに出て行っても怖くないねん。
たぶんオバマ大統領とか出会っても緊張せんのとちゃうか。
・・・いや,さすがにやっぱ緊張するかな?最初の5分くらいは。

てか2年くらい前までは,社内の仕事でもヒト前で発表するのにプルプル震えとったのに,えらい違いや。
やっぱ経験積んで自信をつける,そして,世の中にはどういうヤツがおるか全部把握する,それができとったら肝が据わると思うねん。だからこそ伊達娘も経験いっぱい積んで欲しい。

そうそう,伊達娘も,ワタシと話す練習とかしたらもっと肝が据わるかもやなあ。
ワタシ以上に怖いヤツおらんやろからなあ。
やっぱそういう意味では早く帰りたいなあ。。。。

とりあえずほなね。今日はもうひとつ書くつもりやけど。

2013/6/3 Viölにて おーにっちゃん

https://docs.google.com/document/d/1RW-MAOqULU71SWZl32SyyHc2SOfou-4CR0oXYOhov3A/edit?usp=sharing

« 2013年6月4日 | トップページ | 2013年6月6日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック