« 岩田華怜さんへのファンレター 20130603 | トップページ | 慰安婦問題はミクロ的な視点だけでなくマクロ的な視点も持って欲しい »

2013年6月 5日 (水)

岩田華怜さんへのファンレター 20130604

クルーズトレインが大盛況

今年10月からJR九州の豪華列車ななつ星
http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/

が運行を開始する。

その後今年5/4になり,JR西日本も,沿線の世界遺産を巡るクルージングトレインを
2017年度までの運行開始として運行することを発表した。

http://business-matome.ldblog.jp/archives/27571929.html

(ニュースサイトはリンク切れのため,まとめブログを掲載)

そして今日,JR東日本もクルーズトレインを16年春以降運行開始とのことでニュースが出た。

JR東日本も豪華列車の旅 クルーズトレイン16年春以降運行開始へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=32&from=diary&id=2454391
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/04/news122.html

もちろん,鉄道旅行が見直されつつあるのは鉄道ファンとして喜ばしいことなのであるが,
JR各社が自社の路線内でのクルーズトレインの運行を計画しているので運行距離が短く,そこはちょっと寂しいと思う。

たとえばななつ星などを見ても乗車距離はほんのわずかである。

http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/course.html

トコトコと走る列車もいいのはいいのであるが,せっかく豪華列車なのであるから豪快に走ってもらいたい気もする。

鉄道は,在来線であっても,クルマの運転のわずらわしさがないなかでそこそこ高速で移動できるという利点があるため,
より長距離のクルーズトレインを作っていただけると需要はあると思う。

たとえば,現在寝台列車のある東京~札幌,かつて寝台列車のあった東京~博多などを夜間に移動するとか,
300km程度の距離を昼間,早朝,深夜に移動できる列車があればいいと思うのであるが。

または,JR九州のななつ星の出発地を東京とし,東京から九州まで1晩でダイレクトで結び,
九州内を2泊3日の行程をこなし,さらにまた1晩で東京まで帰る設定とすれば,
都心の人々に対して九州をさらに売り込めるのではないか。

同様に,北海道もクルーズレインをつくり,東京発着にしても面白いと思う。
北海道など札幌からそれぞれの地方都市が300km強で存在するため,沿線の観光バスプランなどと組み合わせれば
効率よく観光できるとも思う。
広大な大地を颯爽と走る豪華列車の旅はひときわ楽しいものと思う。

それぞれの旅客鉄道会社が企画を出すとすれば,当然自社管内を重点的に回ることになるので,それはいいと思う反面,
たとえば"外国人に見てもらいたい日本"というようなコンセプトで,もう少し日本全体を1週間程度でスピーディに見て回れる
列車があってもいいのではないかと思う。

いまクルーズトレインブームであるので,その波に乗ってアレコレアイデアを考られればと思う。

« 岩田華怜さんへのファンレター 20130603 | トップページ | 慰安婦問題はミクロ的な視点だけでなくマクロ的な視点も持って欲しい »

ファンレター岩田華怜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/51914911

この記事へのトラックバック一覧です: 岩田華怜さんへのファンレター 20130604:

« 岩田華怜さんへのファンレター 20130603 | トップページ | 慰安婦問題はミクロ的な視点だけでなくマクロ的な視点も持って欲しい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック