« 岩田華怜さんへのファンレター 20130627 | トップページ | L2379 憲法13条の意味を語れない人に首相の資格なし その通りと思うのですが・・・ »

2013年6月29日 (土)

セカンドオピニオンの笠陽一郎さんの掲示板にも意見を書きました

とに板 なう
http://tokinokoe.bbs.fc2.com/

笠先生はじめまして。

私は,日立製作所に勤めていましたが,私のデータをIT戦略本部が個人情報保護法違反をして纏めて上司に送付して私の処分を依頼し,上司はそれを勤労,産業医と結託して,私を休職に持ち込もうとしました。

問題の個人情報保護法違反の内容は下記です。

日立製作所の個人情報保護法違反メール(2012/8/2の内容の再掲)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/201282-5bdf.html

日立製作所の個人情報保護法違反メール添付資料
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-9618.html

なお,上記資料の紙資料は下記の後ろ5枚です。

経済産業省公益通報書
https://plus.google.com/u/0/103299321834603136878/posts/3kdQSrfuE9L

産業医らは,このような情報提供書を書き,私を休職させようとしました。

日立製作所産業医らの書いた情報提供書及び確認書
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-347a.html

産業医の,"自宅療養あるいは,休務が必要と思います。"というのが言いすぎであれば,主治医森大輔(彼は荒井稔と大学同窓で,日立製作所の別部門の産業医でもあります)の,

誠に申しわけありません。 "すみません。"
というのは,休務にできなかったことを詫びているとしか思えません。

私は,このようなやりとりを知らず,何故か正常な私を捕まえて産業医も主治医も休務しか選択肢がないと言っていると,スリープクリニックの遠藤拓郎先生に言いましたところ,この方も精神鑑定医で,大西はなにも問題ないと伺いました。
その上で,どうも産業医がおかしなことをやっているようだから,情報提供書を取得するように伺い,そのようにしたところ,上のようなものが得られました。

そして,その後も,下記のように,私の個人情報,しかも医療情報,薬歴情報がインターネット上に書かれるという,医療の現場ではあってはならないことが起こっています。

------------
【onishi】日立製作所の裏事情70.7【ビザ期限切れ】
http://www.logsoku.com/r/company/1348658012/l50

958 :M[]投稿日:2012/10/07(日) 14:53:26.01 ID:XKmVrW9e0[1/1回(PC)]
>>952
大西さんについて補足しておきます。
彼は休職中の2011年7月から少なくとも2012年2月まで
リタリンを服用していました。
そのため9月の復職後は副作用による様々な
悪影響があり、社内SNSへのAKBに関する投稿を
他人の迷惑も顧みずに行い、やがて歌詞を転載する
という行動に出て現在に至ります。
ナルコレプシー以外にリタリンの処方は通常行われません。
確かにリタリンを服用すれば朝の目覚めが良く、
昼間も集中力が続きますが、これはあくまで錯覚であり
副作用を考えると危険な行為です。
事実、服用して約半年が経過した2011年12月頃から
異常行動が目立つようになり、
それはどんどんエスカレートしていきました。
リタリンについては適量に個人差がある上、服用を止めても
長期にわたり副作用は残ります。
彼は現在も尚、リタリンの副作用による異常な精神状態
にあると断言できます。

【懲戒】日立製作所元社員大西の事情70.12【解雇】
http://www.logsoku.com/r/company/1353478945/l50

632 :A[]投稿日:2012/11/25(日) 23:46:33.34 ID:NeoaUjpC0[1/1回(PC)]
>リタリンの副作用か

大西さんは休職中の昨年7月から復帰後の今年2月まではリタリンの
服用を少なくとも行っています。大学院時代にもリタリンを服用していた
はずです。
ただ、彼の一連の異常行動の根幹は2006年11月からの休職にまで
遡る必要があります。
彼は欝になって休職に至りましたが休職中に処方された薬の副作用で
復帰した2007年5月の時点では軽そうの症状が出ており完治したとは
言えませんでしたが、、
本人は気分が高揚して明るくなった。
今まで話しかけてこなかった人が話しかけてくるようになった等の
プラスの材料を挙げておりました。
復帰時点で彼が服用していた薬は
ソラナックス、デパケン、アタラックス、リーマス、レンドルミン、
ベンザリン、デパス・・思いつくままに挙げると・・
誰が見ても異常な薬漬けの状況でした。

病気が
------------

私は,笠先生が認識される,政官業情学の癒着をまざまざと見る思いです。

そのほかにも,思うところをいろいろ書いています。

おーにっちゃんのブログ
http://onicchan.cocolog-nifty.com/

で,どうして笠先生のページにたどり着いたかといいますと,私は日本政府が助けてくれないからとドイツに亡命申請していましたが,ドイツ政府も助けてくれず(私が提出した証拠を隠滅していますし,日本政府とやりとりがあったと想定されます),私は7/3に日本に強制送還されそうな状態です。

そして,どうも母親大西弘子と思しき人間が,私のことを病気であると断定した書き込みをしてきていましたので,このままですと実家に連れて行かれ,日立製作所の意図を汲んだ精神鑑定医に意図的に誤診を受け,成年後見制度の指定を受け,私のものごとを全て母親大西弘子が決めるようになってしまうのではないかと危惧しています。

誰も荒唐無稽な話として信じないのですが,日立製作所という超大企業が組織的に個人情報保護法違反をし,それをなんとしても隠蔽しようとすると,このようなこともあり得るのではないかと思っていただけると思います。

もちろん,最後の数行は想像ですが,それが突拍子もないかといえば,それまで私が受けた信じられないしうちを実際にクリックして確認していただければ,あながちあり得ない話ではないと思っていただけると思います。

私の受けた仕打ちを,ひとりでも多くの方に理解していただきたいと願っています。
そのついでに,私がいくら突拍子もないことを言うと思われても,それは事実に即したことであり,決して私が躁病であるとか,統合失調症ではないと思っていただきたいのです。

« 岩田華怜さんへのファンレター 20130627 | トップページ | L2379 憲法13条の意味を語れない人に首相の資格なし その通りと思うのですが・・・ »

日立製作所個人情報保護法違反」カテゴリの記事

コメント

>そして,その後も,下記のように,私の個人情報,しかも医療情報,薬歴情報がインターネット上に書かれるという,
>医療の現場ではあってはならないことが起こっています。

こんなことを言いながら、大西君は、

>私の受けた仕打ちを,ひとりでも多くの方に理解していただきたいと願っています。
>そのついでに,私がいくら突拍子もないことを言うと思われても,
>それは事実に即したことであり,決して私が躁病であるとか,
>統合失調症ではないと思っていただきたいのです。

と言い出している。

では、君は、

>大西さんは休職中の昨年7月から復帰後の今年2月まではリタリンの
服用を少なくとも行っています。
>大学院時代にもリタリンを服用していた
はずです。

とか、

>復帰時点で彼が服用していた薬は
>ソラナックス、デパケン、アタラックス、リーマス、レンドルミン、
>ベンザリン、デパス・・思いつくままに挙げると・・
>誰が見ても異常な薬漬けの状況でした。

と言う書き込みは嘘で、これらの向精神薬は一錠・一包も服用していないというのだな ?

どっちが正しいんだよ。大西君。

それとも、大西君は精神疾患でも無いのに、
処方箋を偽造して、これらの向精神薬を入手し、乱用していたとでも言うのか ?

 笠陽一郎氏にセクハラ、ストーカーされました。しかも1年以上の長きにわたりされ恐怖で松山から岡山に逃げました。
 松山東署の刑事が動き、笠氏にもうしないとの約束を取り付けてくれました。警察が動いたのです。私は引っ越しに百万円使いました。私は笠氏にお願いしています。松山→岡山片道の引っ越し費用40万円払ってくださいと。まだ払ってくれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/52222770

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドオピニオンの笠陽一郎さんの掲示板にも意見を書きました :

« 岩田華怜さんへのファンレター 20130627 | トップページ | L2379 憲法13条の意味を語れない人に首相の資格なし その通りと思うのですが・・・ »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック