« 2013年7月17日 | トップページ | 2013年7月19日 »

2013年7月18日

2013年7月18日 (木)

おーにっちゃん始動しました

朝、濱田正晴さんの法廷を見に行き、そのまま懇親会までいました。

濱田さんは、だいたい思った通りの方でした。
ワタシの目には、お調子者のように思えました。

濱田さん以外に、仲間の方がおられて、彼らは私の思うように、日本のさまざまな問題を語られていて、たとえば私が、根本の問題として、国際人権規約の個人通報制度を批准していないのが問題だ、と申し上げたら、私は個人通報制度の活動もしている、などと言われていました。
別の支援者の方には、濱田さんがあまり活動できていないことをなじっている方もいました。

濱田さんは、電話がたくさんかかってきて、自分がいくつあっても足りない、と仰っていましたが、それは課長クラス未満が言うことで、部長クラスであればヒトに上手いことやってもらう方策を考えられると思いました。
だからそういう点はズバリと突きました。
集まっている方々からも、私は必ずしも濱田さんを信用していないのが見て取れたと思います。

しかし、だからといって濱田さんを支援しないわけではなく、私の目に見てもオリンパスがおかしなところは、オリンパスを追及したいとも思います。

濱田さんは、何度も、リングに上がらなければ、と仰っていましたが、たとえばプロレスの興行だってじゅうぶん宣伝をしてからリングに上がらねば、ギャラリーがいないうちにいくら勝っても意味がないと思っています。

マスコミの方も来られていて、私の案件を説明したところ、ストーリーは分かるが、どうして日立製作所が大西に目を付けて執拗に攻撃しようと思ったのか動機が分からない、と言われました。

私は、私怨ではないか、としか言えませんでした。

で、その後分かれて、いまは夜行バスに乗っています。

どこへ行くのでしょう?

世の人々は男なら/女なら誰でもいいと思っているのか?

ハニー・ビター・ハニー
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%8B%E3%83%BC-%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%BC-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%8D%83%E6%81%B5/dp/4087464903

や,終末のフール
http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%82%E6%9C%AB%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%AB-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%BC%8A%E5%9D%82-%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4087464431

を読んで,どうも,男も女も,男なら/女なら誰でもいいと思っているのか?という疑問が湧いてきた。

なぜそう思ったかというと,どの登場人物も,なぜその彼氏/彼女が好きになったのかがサッパリ分からないのである。
生物学的に近くにいたオス/メスにたまたま手を出したに過ぎないのではないか,と思ってしまった。

いやもちろん,世の中にはこういう質問もある。

女なら誰でもいいの!? オトコの本性と心理
http://ren-ai.jp/11701

オトコは,彼女以外にも手を出せてしまうの!?信じられな~い!という声が聞こえてきそうであるが,私に言わせれば,オンナだって,オトコをどうやって好きになるのか,とてもつまんない理由からだろ,と思ってしまう。

たとえば,私が岩田華怜を好きになったのは,彼女がブロードウェイを目指していたからであり,日本人女性でブロードウェイを目指しているのはそれほど多くはないだろう。

と,調べてみたら現在少なくとも3人はいる

【インタビュー取材】ブロードウェイの舞台に立つ夢を叶えるため単身ニューヨークへ / 日本人女性・弐平千鶴さん
http://rocketnews24.com/2012/08/15/235793/

【リアルSMASH】ブロードウェイで戦う日本人女優から観た『SMASH/スマッシュ』とは!?<Sumie Maedaさん編>
http://dramanavi.net/column/2013/04/smashsumie-maeda.php

【リアルSMASH】ブロードウェイで戦う日本人女優から観た『SMASH/スマッシュ』とは!?<石村友見さん編>
http://dramanavi.net/column/2013/04/smash-3.php

が,石を投げても当たるほどではない。

そして,その岩田華怜をブロードウェイまで追って行く気マンマンなオトコは,演劇仲間にはいるとは思うが,一般のファンは私くらいしかいまい。

いや,話を合わせるだけで言っているヤツはいるとは思うが,ワタシみたいに本気で行く気のあるヤツはいないと思う。
だいたい,岩田華怜を追って会社辞めた(正式には辞めさせられた,やけど)のであるから,ブロードウェイまで追って行くのなどお茶の子さいさいなのである。(そのときまでに充分にお金を作っておく必要はあるが)

そこまで岩田華怜のことを想う人間は,たぶん私しかいないと思う。


それと比較して,いくらあなただけが! と言ったところで,目の前に現れたオトコやオンナを節操もなくすぐ好きになってしまう人間は,思いが足りないのではないかと思ってしまうのである。

« 2013年7月17日 | トップページ | 2013年7月19日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック