« 2013年8月8日 | トップページ | 2013年8月10日 »

2013年8月9日

2013年8月 9日 (金)

検索ワード/フレーズを調べてみました

"飽きたらポイ 男" ってwww  
いったいどういうヒトがどういうサイトを読もうと予想したのでしょう?

"大西 ブログ 伊達娘 じまん" なんてのも、なんか悪意に満ちている気がします。

"2013浜名湖水死体お" なんて、浜名湖で事件でもあったのでしょうか?
まあ、ワタシの実家近くのダムも自殺の名所だったので、その何倍も大きな浜名湖で
ないにこしたことないとはいえ、統計学的には、
入水自殺がいくつかあってもおかしくないのですが。

てか、浜名湖なんてブログに書いたかワタシ?


ーーーーー

解析対象期間: 2013年8月9日(金)

レポートメニュー: 

検索ワード/フレーズ

訪問者がどのような言葉を組み合わせて検索して訪れたかがわかります。
検索時に入力された語句をそのまま集計しています。
ここに表示されている情報を、あなたのブログのサイドバーに表示しましょう。設定はこちら。

集計対象検索サイト:
 集計対象アクセス数:66

検索ワード/フレーズ
割合
1 大西秀宜  G Y M 9 13.6%
2 おーにっちゃん  G Y M 7 10.6%
3 日立 大西  G Y M 4 6.1%
3 おーにっちゃん ブログ  G Y M 4 6.1%
5 ブログ ハンブルク  G Y M 3 4.5%
6 大西 ひでのぶ ブログ  G Y M 2 3.0%
6 おーにっちゃんのブログ  G Y M 2 3.0%
6 大西秀信  G Y M 2 3.0%
6 ココログ おーにっちゃん  G Y M 2 3.0%
10 飽きたらポイ 男  G Y M 1 1.5%
10 NMB48 公演  G Y M 1 1.5%
10 濱田正晴  G Y M 1 1.5%
10 日立製作所 大西  G Y M 1 1.5%
10 AKB練習生公演を観るには?  G Y M 1 1.5%
10 moment 読書感想文 柏木  G Y M 1 1.5%
10 hkt 研究生 公演  G Y M 1 1.5%
10 ロードオブザダンスアイドル 曲  G Y M 1 1.5%
10 赤毛のアンの感想文  G Y M 1 1.5%
10 オリンパス 濱田  G Y M 1 1.5%
10 ナツイチ 北原 感想  G Y M 1 1.5%
10 秋元康 依頼  G Y M 1 1.5%
10 風立ちぬ 考察  G Y M 1 1.5%
10 2013浜名湖水死体お  G Y M 1 1.5%
10 マイクロソフト 独占禁止法 2013  G Y M 1 1.5%
10 タペストリー ナウシカ  G Y M 1 1.5%
10 akb 研究生 ブログ  G Y M 1 1.5%
10 セキュリティ事故 入館証 例  G Y M 1 1.5%
10 風立ちぬ 感想 読売新聞  G Y M 1 1.5%
10 大西秀宣  G Y M 1 1.5%
10 あの国の法則  G Y M 1 1.5%
10 AKB チームB  G Y M 1 1.5%
10 こと おーにっちゃん  G Y M 1 1.5%
10 日立製作所 個人情報保護法違反  G Y M 1 1.5%
10 日立製作所 2ch  G Y M 1 1.5%
10 大西秀宣 ホームレス 江東寮  G Y M 1 1.5%
10 大西 秀宜 日立  G Y M 1 1.5%
10 禁じられた二人nmb  G Y M 1 1.5%
10 akb紅白対抗歌合戦 2013 大声ダイヤモンド  G Y M 1 1.5%
10 征服欲  G Y M 1 1.5%
10 大西 ブログ 伊達娘 じまん   G Y M 1 1.5%

あん誰ついに外れてしまいました

さすがにセンターは難しかったかw

9番に並びました。120~130人はいたと思います。
倍率1/3くらいか。

その中で、最初に呼ばれたのが1番でした。
1~6,8,10,11,13も呼ばれてました。
14,15もたぶん呼ばれてました。

どうも、ヒトケタは呼ばれる確率が高いようです。
別のヒトもそう言っていました。

あん誰の抽選は、最初にあん誰視聴者優先で10名選び、その後に一般40名選ぶのですが、
仮に一般の確率を均して30%、さらに視聴者優先抽選が50名並んで1/5の確率(20%)とすると、
足しても20%+30%=50%ですから、ヒトケタの確率が本当に80%ならば、
視聴者優先抽選を振ってでも、一般のヒトケタに並んだほうが確率が高いことになります。

今度から試してみよう。

これからあん誰並びます

今日も当たったら、じゃんけん大会センター以上の幸運!

そんなに上手くいくかどうか?

ダメなら1時間以内に更新します。
更新がなければ当たったと思ってください。

たとえ話の例題を解いてみました

どれほどのものか分からないのに、いきなり例えろったってなあw


・【例題1】白さをたとえてみよう。 

私は中学生です。夏の暑い日、校庭に出されて校長先生のつまらない話を聞いています。
隣にいる女子の制服から、かすかにブラジャーが透けて見えています。

そのときの透きとおるような白。(+煩悩。)


・【例題2】広さをたとえてみよう。 

銭湯に行き、湯船に浸かっています。
どこからか若い女性の声が・・・
天井を見ると、半分より向こう側が女湯というのが分かります。
なんとしてもあっちを見てみたい・・・

そのときに感じる銭湯の広さ。(+煩悩。)


・【例題3】頭のよさをたとえるなら? 

目の前にインターネットに繋がったパソコンがあります。
いろんな検索ワードを駆使して、さらに何枚も連なった広告サイトをかき分けて、自分の性癖にドンピシャの無料エロ画像やエロ動画にたどり着いた瞬間、
自分に感じること。(+煩悩。)

注:現在は、伊達娘の写真以上にドキドキするものはありません。


ーーーーー

話の中に数字を入れると“それらしく”聞こえる
誠Biz.ID - 2013年08月09日 12:00 

あなたの話の9割は相手に伝わっていません
http://www.itmedia.co.jp/keywords/most_of_the_story_is_not_transmitted.html

 ビジネスのなかで相手の心に残る話し方をするのに便利なのが、話の中に数字を入れることである。数字が入ると、仮にフィクションであっても本当らしく聞こえてくるから面白い。 

 私は、スピーチの指導の中で、ミニ朝礼をやってあいさつの練習をしてもらうことがある。といっても、現実には今は朝礼をしない会社も多いので、朝礼に役立てるわけではなく、あくまでも話の流れや構成をつかんでもらうためである。 

 例えば「明日から交通安全週間に入ります。社用車を運転するときには、シートベルトを着用しましょう」と言うだけでは弱い。朝など眠いときには、右から左の耳に抜けてしまうだろう。そこで、理由を付ける。 

 「シートベルトを着用しますと、生存率が76%高まります」と数字が入るとそれらしくなる。「生存率が高まる」とただ理由を言うだけよりも説得力が増すだろう。 

 ビジネスでは数字が命だから、入れられるときにはくどいくらいに必ず入れて話そう。 

 「我が社の業界でのシェアは37%を占めていて、ダントツの1位です」 「この設備投資によって、年に25%の費用削減効果があがります」 

 というように、チラッと数字が入っていると、“それらしく”聞こえてくる。 

 しかし、伝わる話ができる人はそこで終わらせない。彼らは、どうすれば相手にとって分かりやすいのかまで考えた、ものの言い方をすることも大切にする。例えば「我が社のシェアは本年度37%、2位のB社が12%、3位のC社が10%となっていて、ダントツということがお分かりでしょう」という言い方をする。先のように単独でデータを示すより、ずっと分かりやすくはないだろうか。 

 比較して数字で示すと、さらに相手の記憶に残る効果的な話し方になるわけだ。 

●たとえ話も効果的に使いたい 

 また、数字だけでなく、たとえ話もぜひ使いたい。とはいっても「決まり文句」というのはなるべく避けたい。 

 ビジネス用語ではないが「バケツをひっくりかえしたような雨」などというのは、言い古されているから印象に残らない。まあギャグとして「今日はバケツをひっくりかえしたような雨だね」と言うのなら、まだ許されるだろうが……。「東京ドーム3つ分」などの言い方も「決まり文句」に近い。確かに広さは分かるが、多くの人が使うようになると、聞き飽きている表現だから心に響かない。 

 5、6年前だが、軽井沢で研修をしたことがある。大きな商社の研修施設があったが、建物の高さ制限があった。そのために敷地が広く、休憩時間にトイレや部屋へ移動するのにやたらに時間がかかった。 

 担当者は「先生、申し訳ありません。この地域は高さの制限があるので、そのぶん横に広がってしまっているんです。14階建ての建物を横にしたと思ってください。そこを歩くのは大変なんです」と話してくれた。 

 「なるほど、14階建てを横にした感じか、やはり移動に時間がかかるはずだ」と妙に納得した記憶がある。へたに「何平米」などと数字で説明されるよりは、場合によってはたとえのほうが分かりやすいものだと思った。 

 ここで答えは出さないが、いくつか例題を出してみよう。普段からこのようなたとえは練習しておこう。聞いた相手がなるほどと思い、うなるようなら上出来である。 

・【例題1】白さをたとえてみよう。 

 「~のような白」である。雪のようなというのは言い古されているから、雪以外で考えてみよう。 

・【例題2】広さをたとえてみよう。 

 「~くらい、広い」である。東京ドーム何杯、という以外で考えてほしい。 

・【例題3】頭のよさをたとえるなら? 

 聖徳太子は古いだろう。レオナルド・ダ・ヴィンチのような、というくらいのものを考えてみてほしい。 

 「例えば」と言ってすぐに実例が出るようにするには、日ごろから“ネタ”を書きとめておくことがよい。「これは何かに使えそう」と思ったらすぐメモしよう。 

●「知的でいい人」と「イヤな奴」の差 

 自分を知的に見せることができれば「あの人が話すことだから間違いない」と思われて、さらに聞く耳をもってもらえる。ただし、この見せ方には工夫がいる。あからさまに「俺は知っている」「私は偉いんだ」というのを強調すると、「イヤな奴」という印象を強くしてしまう。 

 私が推奨する「知的な人」というのは、相手のことも考えて“好かれる”人。つまり、人柄も含めての「いい人」である。だから、先述のように「ご存知のとおり」とか「ご承知と思いますが」という言い方が望まれることになる。 

 ここではもう1つ、専門用語について触れておこう。問題なく使っていいのは、話の聴き手もよく知っているような、いわば“共通語”なら、どんどん使っていい。 

 が、あなたが詳しくて、相手はそうでないときが「頭のいい人」に見せるのに注意したいときである。あくまでも、私の研修のなかでの体験である。多くの場合は「ご存知のように」と言ってから、相手の知らなそうな中身を話すようにしている。これをすると、本当は知らないはずなのに、うなずいてくれる人が多くなるのは、前回紹介した。 

 まれにではあるが「ちょっと頭のよさを見せておこうかな」などというときは、あえて何も言わずに、いきなり専門用語を口にする。そのすぐあとに、やさしい言葉で言い直すようにしている。 

 これも私のケースだが、1日の研修のなかであれば2、3回やれば十分である。あとは聴衆は「さすが」と思って聞いてくれるのである。 

 ポイントは、さり気なく話のなかに盛り込むようにすることだ。例えば、 

「大切なのはセルフ・ディスクロージャー……。えー、情報開示のディスクロージャーと同じで、自分自身を開示する、さらけ出すことです」 

 これは話法にもなっていて、説明したあとに「自分自身をさらけ出すのを、セルフ・ディスクロージャーといいます」の逆の順になっている。つまり、強調したいことをあえて前にもってきてしまう言い方だ。 

 これは昔、私のヨガの先生も使っていた、いきなりポンと知らない言葉を出してその後で説明するというやり方である。専門用語や特殊な言葉も、後で説明すると分かりやすいし、「頭がいい」という印象にもなる。 

 「体の使い方は“上虚下実”が原則です。つまり上半身、首や肩、腕の力は抜けている“虚”がいいのです。また、下腹や脚といった下半身は“実”で、力が入っているのが全身のバランスがとれた状態なのです」 

 という言い方をしていた。説明のあとに用語ではなくいきなり言葉を出して、その後に説明するという言い方だ。 

 専門用語は、特に“専門家”“プロ”であることを見せたいなら使うべきである。しかし、さり気なく盛り込むようにしよう。 

●得意分野をひとつもっておく 

 あなたは“高尚な趣味”というと、どんなことを思い浮かべるだろうか? 私は、クラシック音楽の話をする人、演劇やミュージカル、文学にワイン……。ややマニアックに、歴史や芸術、哲学、人生についてうんちくのある人は“高尚”なイメージを持つのだが、いかがだろうか? 

 まあ、これは俗物的な分類であるが、一理はあると思う。その分野で“高尚さ”を見せる人が「頭のいい人」と思われると感じてから、私も極力自分の体験した範囲で話に盛り込むようにした。 

 ただ、クラシックが高尚で演歌はそうではないのかとか、文学作品は高尚でホラー映画はそうではないのかということになると、“高尚さ”についても再考する必要はあるだろう。実は、ここで言うのは本質的な高尚さではなく、あくまでも「見かけ」「見せかけ」である。本当は、山登りでもゴハンの食べ方でも、歩き方でも、焼き物に車、写真……など、対象はなんでもいいのである。そのことに関して「一家言ある」ことが、本当の高尚さにつながると私は思っている。知識があってこだわりがある。そこに高尚さはある。 

 さて、ここでは「頭のいい人に見せる」ことがポイントであって、あくまでも「高尚な人」と思われたらいい。そのためには、先に私が“俗物的”としたようなジャンルの趣味の話をすること。それも、専門用語のときと同じく“さり気なく”言えたら完璧である。 

 以前私は、研修のはじまりで自分のことを簡単に紹介するときには、自分の趣味のことを話していた。 

 「ところで、私はプロレスやボクシングといった格闘技の試合を観るのが好きなんです。ただ、野球やサッカーに比べるとマイナーで、20人にひとりくらいのファンしかいません。今日は20人ちょっといますからひとりくらいは、ファンがいるでしょうか。後で休憩中に話にでも来てください」と言って少し笑わせることをしていた。 

 が、あるとき、研修の受講者から「松本先生、格闘技のご趣味というのは殺伐としていますね。なにかミュージカルのような高尚な趣味でもいかがですか?」と言われた。 

 それから、“頭のいい人”“知性のある人”と思われるためには、やはり高尚な趣味も必要かなと、ミュージカルなどを観に行くようになった。 

 「石原さとみの出ていた舞台『奇跡の人』を観たんですが……」とか、「キャッツを回転席(開演直後に半回転する席)で観ていまして……」などと話すと、やはり格闘技の話よりもはるかにうなずく人も増えたし、心なしか「見る目」も違ってくるようだ。それはそうだろう。「亀田和毅の左ボディが……」などと言うよりも、やはり青山劇場とか劇団四季のほうがイメージとしては高尚なのだから。 

 ということで、深い知識でなくても、話題として出していくことだ。 

 また、仮に話が深くなってきたときに、まったく知らないのでは格好がつかないから、ひとつの分野でいいから知識を深めて専門的なことも話せるようにしておこう。もちろん、くり返すがどのような分野であっても構わない。深い洞察力、知識のもとに「一家言」あったらそれでいい。 

 だから、私も格闘技や武道は、実は“通”であって、武道誌に連載記事を書いていたほどだ。いずれにしても、高尚と多くの人に思われているイメージの趣味を口にしていけばいい。 

 「さすがあの人、違うね」と思われたらそれでいい。 

●ポイント 

・数字を入れると話が分かりやすくなる 
・たとえ話を入れると説得力が増す 
・専門用語はいきなり言って、後でやさしく説明し直す 
・高尚さは、そう思われているものをちょっと口にするだけで伝わる 

(次回は、「人の心を動かす話し方」について) 

[松本幸夫,Business Media 誠] 

とに板 なう の閉鎖について思う

精神科のセカンドオピニオンで有名な、松山在住の笠先生が運営される掲示板

とに板 なう
http://tokinokoe.bbs.fc2.com/

が、一般人の閲覧ができなくなった。

直接的には、ファンデーションや、懐疑主義者の意味不明な投稿が原因とは思うが、
間接的にせよ、私にも原因がある。

しかし、企業による意図的な誤診は、セカンドオピニオンの根源とも言える。
意図的な誤診を看過していながら、ケース・バイ・ケースで応対するなんてのはあり得ない。

笠先生が本を出して日本じゅうに訴えられたのは誤診の根絶であり、
日立製作所は大企業だからだとか、経済産業省は大きすぎるからとか、
そういう理由で無視していいはずはない。

いやもちろん、忙しいから、自分はいま病気を患っているからそこまで見られなかった、
という言い訳もあるだろう。

しかし、その言い訳が認められるならば、少々のいざこざがあったからといって、
掲示板を閉鎖していいというものではない。

今回の一件で、笠先生の底の浅さが見えた気がする。
笠先生も、誤診の根絶は必ずしも望んではおられずに、その手前のなにかで止まっているのである。
本当に純粋ではないのである。

逆に言えば、本当に純粋でなかったから、その志はセカンドオピニオンの重要性を日本じゅうに訴える前に、
途中で挫折してしまったのである。


活動家を探しながら、本当に純粋なヒトはいないものだと、落胆する毎日である。

いやしかし、本当に純粋なヒトはいないからこそ、私がここで声を上げ続けるのは
社会のために真に必要であると、心を新たにするのである。

ゆかるんとこに書いたコメント

きわどい内容だから、きっと速攻で消されると思います。

ーーーーーー

ゆかるん、ドラフトったっていきなりズブの素人をオーディションしたってなんも盛り上がらんから、
ドラフトを盛り上げるために地方予選なり、そのための番組なり作って盛り上げるんちゃうかと
ワタシは見るなあ。

そうすると、昔モーニング娘。メンバーをオーディションしたりしたASAYANという番組があったらしいけど、

http://ja.wikipedia.org/wiki/ASAYAN

それにどこまで似るかワカランけど、参考になるのは間違いないと思うなあ。

そのうち、新人だけでなく、メンバーからも新ユニットを、コンセプトを決めた上でオーディションする
カンジになってくんかなあ。

てか、AKBカネ持っとるんやから、自前で1年に3本くらいそこそこシリアスな映画とかドラマ作って、
その都度オーディションしたってええと思うよなあ。

伊達娘スレで好き勝手書かれています

文句を書きたいけれども、あいにく書けません。

2chのヤツらを論破する前に、糀屋ババア大西弘子死刑囚をぶっ殺すのが先です。

夜中に実家に侵入し、大西弘子のカオがなくなるまで金属バットでボコボコにして、
そのあとに火をつけて実家を全焼させたろうかと夢見てしまいます。


不出来な親に生まれると子供は辛いです。
この悔しさを、自分は子供や後輩に味合わせないように、バネとして精進します。

ーーーーー

【AKB48】岩田華怜応援スレ★46【伊達娘】

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1373801351/l50

608 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/08(木) 16:12:12.84 ID:65somGWl0
おーにっちゃんより 

仙台七夕に合わせて、伊達娘の願いが飾ってあるそうです。 
"いつか 必ず 華は咲く" 
読んで、ワタシは感動するよりも、イマイチと思いました。 
先日の読書感想文も、伊達娘は気の利いたフレーズを書いたと思いながら滑っている気がしました。 


614 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/08(木) 18:45:06.43 ID:/uWM5IvQ0
大西と岩田華怜は当然のことながら大西の一方的な片思いだと思ってたんだが相思相愛なのか? 
ブログを見るとワタシが常に手紙を出さなかったり 
他のメンバーを褒めたりしたら岩田が気になって活動に集中できなくなる 
と書いてあるが、これが根拠のない妄想だとしたら 
完全なストーカーになるけど野放しにしていいのか? 


615 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/08(木) 20:01:22.89 ID:HoLyM+7C0
いじっちゃ駄目なレベル 


616 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/08(木) 20:06:01.82 ID:5bmPYG1v0
世の中には統合失調症という病気があるのです 


628 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/09(金) 08:06:23.14 ID:BLF34uRG0
>>614 
おいおい、ホームレスの収容所、路上生活者緊急一時保護センター「江東寮」で生活している 
妄想・基地外のブログなんて無視してくれよ 

劇場で見かけたら追い出してくれ、ホームレスの行く処ではないからね 


637 :名無しさん@実況は禁止です:2013/08/09(金) 12:48:38.61 ID:UPTYVnReO
あのブログを見ると…………恩着せがましいのがスゴいぜ 

>>ワタシのファンレターを読んでるのにこんな文章書きやがって 
なんてこと言ってるし 

>>ワタシほど伊達娘を思っている奴はいないのだから 
と堂々というキチガイだぞ 
ロビ観してるらしいし、いつ犯行を起こすか…… 

西脇工業高校甲子園出場おめでとう

高校野球も始まったし、一応書いておこう。

兵庫県の今年の代表は、西脇工業高校といい、あまり聞き慣れないが、私の地元からほど近い高校である。
私の友達も大勢行った。
(もういまとなっては友達ではないが・・・)

駅伝は有名で、後に箱根駅伝に出る学生を輩出したり、さらにはオリンピック選手まで輩出している。

公立だからそれほどカリキュラムに差を付けられず、学区の制約もあるのに、
どうやってそのような強豪校になれるのか、一度そのノウハウを聞いてみたいものである。


もちろん、文武両道とはいくまい。
同じ学区だったから知っているが、学力的には決して難しくはなかった。

しかし、人間一芸に秀でるだけでもたいへんな成果である。

駅伝に続き夏の甲子園でも、チームワークで日本じゅうにその名を示せるノウハウは、
AKBにも、一般企業にも、応用できるに違いないと思う。


甲子園に出場できただけでもすごいが、せっかくだから一勝して欲しい。
一勝できれば二勝して欲しくなるのであるが。


ーーーーー

【夏の高校野球】初出場 西脇工、快挙に湧く地元 兵庫 産経新聞 7月30日(火)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130730-00000054-san-l28

 ■横断幕や応援団準備急ぐ

 第95回全国高校野球選手権記念兵庫大会で優勝し、春夏通じて初の甲子園出場を決めた県立西脇工業高校(西脇市野村町)。西脇市役所などでは29日、手作りの看板や横断幕を急きょ作成し、快挙をたたえた。一方、西脇工では夏の甲子園に向け、応援団の編成など急ピッチで準備を始めた。

 西脇市役所ではこの日、職員らが「祝甲子園出場 西脇工業高校野球部」と印刷した紙を張りつけて、市役所1階ロビーに掲示。快挙を報じる新聞の号外も張り出し、初出場を祝った。

 31日には庁舎に懸垂幕を掲げる予定で、お祝いムードを盛り上げる。また野球部に資金的なサポートも前向きに検討するという。

 地元の住民らもムードを盛り上げる。西脇工と同じ同市野村町にある農産物直売所「北はりま旬菜館」では館内に横断幕を掲示。29日から3日間、タマネギや水ナスなど、地元野菜の割引セールなどを行う予定だ。

 一方、西脇工は吹奏楽部や生徒有志らによる応援団の編成の検討を始めた。県大会では、ベンチ入りできなかった部員が応援団の中心だった。野球部の顧問は「初めてのことなので、まだ何も決まっていない。これから吹奏楽部に応援をお願いしようと思う」と話していた。

 同校は全国高校駅伝の強豪校。陸上部の主将、山本翔馬さん(18)は「地元の学生だけの公立校が(強豪の)私立校に勝てたのがすごい。冬に走り込んでいる姿を見ていたので、僕たちも刺激を受けた」と称えていた。

大西弘子という病

> 「私が机に向かっていると機嫌がいいし、テストで良い点をとると母はものすごく喜んでくれました。勉強は嫌いではなかったですが、自分のためではなく、母を喜ばせる手段でした」

> 裕子さんの32歳の誕生日の朝。「おめでとう」より先に、母から「一日も早く結婚してほしい」との言葉が。裕子さんが結婚しないと近所も歩けない。結婚しない娘は親の恥だと言われたことで、裕子さんはキレた。


まさに大西弘子そのものである。


> 裕子さんのように母親の意志を自分の意志のようにいつも感じ、支配されてきた人は、自分の気持ちと人の気持ちをうまく区別することができない。混同するから、押し付けや支配や依存が起きやすい。


私は、自分の気持ちと大西弘子の気持ちの違いを理解しているから、大西弘子には反発する。

問題は、大西弘子自身が、自分の気持ちと私の気持ちをうまく区別できず、区別できないから押し付けるのである。

まあ、50年間1冊の本も読まず、自分を律する機会を持たなかった人間のクズが、
こんなところに書いても理解できるとは思っていない。

大西弘子の極悪非道さを、他人に知らしめるために書いている。


ーーーーーー

仕事・恋愛・人間関係がうまくいかない原因は「母という病」なのか? 独女通信 2013年08月08日15時00分
http://news.livedoor.com/article/detail/7937194/

恋愛が長続きしない。自分に自信が持てない。気分にムラがあり、落ち込みやすい。心の悩みの原因が実は母との関係にある場合が多いという。みなさんは「母という病」をご存じだろうか?
「母には可愛がられて育ちました。勉強をしなさいと言われたことはないし、叱られた記憶もありません。成績もよかったから母にとって私は自慢の娘だったと思います。20代までは…」と話す裕子さん(34歳)

裕子さんの母親は専業主婦。家はいつもきれいに整頓され、帰宅すれば手作りのおやつが用意されていた。コンビニ弁当を買うような子どもは母親が怠慢の証。裕子さんはコンビニのおにぎりも食べたことがなかったという。

「私が机に向かっていると機嫌がいいし、テストで良い点をとると母はものすごく喜んでくれました。勉強は嫌いではなかったですが、自分のためではなく、母を喜ばせる手段でした」

一度も叱られたことがないのは、裕子さんが叱られるようなことをあえてしなかったからだ。

「母にとって女の人生の王道は結婚して子どもを産むことなんです」

大学生になった裕子さんに初めて好きな人ができた。相手は大手自動車メーカー勤務の会社員。母も気に入ってくれると思い紹介したのだが、彼が専門学校卒だと聞いた途端、『まあお気の毒ね。あの会社は東大卒でも出世は難しいのよね』と本人に向かって言った。

母の言葉で憤慨する彼とは気まずくなり別れることに。それからも恋はしたが、母の気に入るような人でないと分かると、自ら恋心をフェードアウトさせた。どの恋愛も長続きしなかった。

母という病を抱えた人にもっとも多く見られるのが「良い子」を演じてしまうことだという。子どもの頃だけに留まらず、大人になっても人の顔色を見て気に入られるように振る舞ってしまう。他人に気を使いすぎるだけでなく親にまで気を回しすぎてしまう。子どもの頃からの行動パターンが刷り込まれているのだそうだ。

裕子さんの32歳の誕生日の朝。「おめでとう」より先に、母から「一日も早く結婚してほしい」との言葉が。裕子さんが結婚しないと近所も歩けない。結婚しない娘は親の恥だと言われたことで、裕子さんはキレた。母の気に入る人でなければと思っていたから結婚が遠のいたのに。

「母の良い娘でいることはやめようと決めました」

裕子さんの生活が変わった。飲み会にも積極的に参加して門限は破った。母が反対していた登山サークルにも入った。

「サークルで知り合った年上の女性から、『あなたはいつも自分が正しいと思っているから、すぐに自分の考えを押し付けてくるのね』と言われびっくりしました。自分ではいつも相手の気持ちだけを考えて接しているつもりでしたから」

指摘を受けたことで、今まで気を使っているのに人間関係がうまくいかなかった理由もぼんやり見えてきた。

「相手が喜ぶと思ってしたことがそうでもなかったり、私が怒っているのに相手が全く怒っていなかったりしたことがよくあったんです」

自分の思いと他人の思いは違う。裕子さんは当たり前のことが初めて分かったという。

裕子さんのように母親の意志を自分の意志のようにいつも感じ、支配されてきた人は、自分の気持ちと人の気持ちをうまく区別することができない。混同するから、押し付けや支配や依存が起きやすい。

周囲に嫌われたくなくて、つい愛想をよくしてしまう。仕事などでつい頑張りすぎて完璧を目指してしまう人も、母という病を抱えていることが多いようだ。

母親に認められたいと頑張る子ども時代は長くは続かない。母親の期待を裏切る勇気も大人には必要なことのようだ。

今、裕子さんは母にとっての悪い子になったことで、自分が楽しいと感じる時間が増えているそうだ。 (オフィスエムツー/三田村ゆりあ)

参考・引用  岡田尊司著「母という病」 ポプラ社

恋愛について考える その2

恋、というのが不安定な状態の裏返し、寂しさの裏返しというのは、たとえば母親の愛を感じる子供は普通にいるが、母親に恋する子供はまずいないことからも理解してもらえると思う。
母親と結婚する!と言う子供もいるが、恋心から来るものではない。

宮澤佐江がカレシとペアリングをしていたそうであるが、母親と子供はふつうペアリングもしない。
ペアを主張せずとも、親子の絆は強固だからである。

宮澤佐江も、恋が不安定だからこそペアリングをしたのだ。


また例に出して恐縮だが、大西弘子のように、子供の自慢ばかりをしたり、子供を自分の奴隷と勘違いしているかのように、子供を自分の思い通りにさせないと気が済まない親が存在する。

これは、親が子離れできてないからであり、その裏には、子供と無償の愛で結ばれているという確信のない、不安が隠れているとも言える。
そのような親は、子供に対して不安を感じているから、子供に対して恋のような感情を抱いていると言えるかもしれない。


また別の例だが、最初に、"母親に恋する子供はまずいない" などと書いた。
しかし、親からの愛の未熟さの裏返しとして、マザーコンプレックスになってしまう子供は多い。

そう考えると、マザーコンプレックスの子供の母親は、夫婦仲があまり良くなく、本来夫に向けるべき愛情や執念を、子供に向けてしまっていると言えるだろう。

そのような親に育てられた子供は、母親から与えられた愛のようなモノは、自分に対して無償に降り注いでいるものではなくて、本来父親に対して降り注ぐべきものが代わりに自分に降り注いでいるだけで、不安定な愛であるとうすうす認識している。

不安定と認識しているからこそ、その愛は、親子でさえも恋のようになってしまう。

不安定な恋であるからこそ、マザコンの子供は、母親の味とか好みとかを母親がいないときも追求してしまったり、あげくは母親がいないときも連絡を取り合って確認してしまうのである。

このように、マザコンもけっきょくは不安定な状態の裏返しであり、仲が良くない夫婦に生じる問題であると思う。

そのような状態になってしまってまでも、結婚することに意義などあるのであろうか?


それでも、大西弘子のように、人間は子供を産む機械であり、子供を産ませることにより自分たちの人生の最後に利用しよう、子供の人生さえも自分たちのためにある、と考える人間、自分たちが周りから搾取することしか考えない人間にとっては、結婚し子供を産むことに意義はあるだろう。

しかしそれは、牛やブタと同じレベルまで堕してしまった意義であり、人間らしい感情を一切否定している。
ホモ・サピエンスとして、子供の好み、子供の愛の存在を完全否定しているのだ。

発想を変えると、大西弘子は、老人ホームではなく養豚場に送ったら幸せなのではないか?
三食昼寝付きやぞ?
人間サマの食事とはちょっと違うけど・・・


大西弘子も、大西博昭から愛を受け取れなかったのが可哀想、という感情だって湧く。
しかし、オトコからの愛が薄いだなんて悩んでいる女性はごまんといる。
そのような悩みに対しては、離婚という選択肢だってあり得たはずである。

博昭はどこかおかしいと文句を言っても離婚もせず、富士弥の借金に苦しんでいるからと言って博昭にハッキリ意見もせず、弘子は50年間夫婦喧嘩は好んで行っただけで、それ以外の行動はなにも起こさなかった。

なんのことはない、大西弘子は、主人や大多数の意見に文句は言えど、それに従うしかない、自分からはなにもできないアマエタレなのである。
夫婦喧嘩だって、弘子なりに博昭の愛情を確かめる手段に過ぎなかったのである。

博昭を自民党、弘子を共産党と考えればスッキリするだろう。
文句は言うが、いざとなれば自民党のコバンザメとなるしかないのである。
私は大西弘子を見てきたがために、共産党の欺瞞が手に取るように理解できる。
大西弘子がいつまでも共産党に惹かれるのも、権力に文句を言うだけで溜飲を下げている、似た者同士だからである。

博昭の代わりに、私が憎き弘子との縁を切る。


愛というものは、見返りが見込めるから行動する、などというものではない。
見返りはなくとも、それどころか、相手がそっちに進めば自分の生活が辛くなるかも知れない場合にこそ、相手のためにその苦難を一緒に頑張ろう、と言えるものと思うのである。

日立製作所のほうが給料もヒト前での聞こえも良いから、個人情報保護法違反をされても訴えるな、などというのは愛ではなくてエゴである。
また、日立製作所の悪事を水に流して実家に帰れ、というのもこれまた、大西弘子が何十年も前から思い描いてきた、田舎者の都会不適応ケツ割りUターンお見合い結婚親同居パターンに無理やり当てはめた、私の言い分を一切聞かない、大西弘子のエゴである。

大西弘子の話題になりすぎた。


とにかく、愛というものは本来無償にまで昇華できたもので、死ぬことでもなければ愛がなくなるなどとは思えないものであり、恋とは一線を画するほどに深いものであると思う。

近年離婚が多くなっているが、愛ではないものを愛とカンチガイして、恋の状態のまま結婚している人々の多さを表すとも言えるだろう。

いや、近年がマズいのではなく、昔から"お見合い"という風習により、愛どころか恋さえ芽生えていない男女が引っ付けられることが行われてきたのも問題だっただろう。

だいたい、江戸時代などは、村の中で乱交が当たり前だったそうで、そうなると愛など夢のまた夢だっただろう。
"おっとい嫁じょ" をはじめとした、レイプ結婚もあったと聞く。

最近では、"できちゃった結婚"が多いが、これも愛が成熟していない結婚であろう。

愛が成熟していないからこそ、昔から"子はかすがい"などと言って、子供を愛と思い込んだりもする。

これらが、愛のない結婚を生み、マザコンを生む一因だったと思う。


長らく、結婚において、揺るぎない愛の存在は、なおざりにされてきた。

私は、岩田華怜に対して、揺るぎない愛を示せる自信はある。
文字通り四六時中、岩田華怜のことを考えていたりする。
私は中学生くらいのときから、恋とはそういうモノだと思ってきた。

一時間と開けることなく、相手のことをどうしても考えてしまうくらいの狂おしさ、それが恋だと思ってきたのであるが、世界を見渡すと、私ほど狂おしく考えている人間など皆無のようである。

皆無だからこそ、たとえば1日1回のメール、というのが、女性が彼氏に求める最低条件となり、それさえオトコは守れない。
逆にオンナが尤も要求してはならないこととして、インターネットのマニュアルに書いてあったりする。
1日1回のメールを守れないのはオトコの脳のつくりに関係がある、などと、それがさも当たり前のように書いてあったりする。

もし仮に私ならば1日1回どころか、1日24回だってメールできる。
朝起きた、飯食った、通勤中、会社ついた、トイレ休憩xn回、移動中、等々といくらであもあるし、その間にふと伊達娘に思いついたときだってできる。

私から言えば、そういう些細なことさえも伝えたくない、その程度の感情しか持ってない人間を、恋愛対象とする必要などないのではないか?
世の雑誌やインターネットサイトは、恋人を生産し、恋人の行動をアドバイスすることで、利益を得ようとしているのである。
恋人中心ではなく、"おひとりさま" で利益を稼げるようなビジネスモデルが、もっともっと必要であろう。


かと思えばまた一方では、私ほど狂おしいほどの恋をしている人間は皆無であるにもかかわらず、何かが外れて、ストーカーになってしまう人間がいたりする。

ストーカーは、自分を向いてくれないからと言って、彼女を困らせたり、彼女に危害を加えたりするのであるから、愛である以前に恋でさえない。
単なるワガママである。
こんなに可愛い自分の思いを受け取ってくれないなんておかしい!苦しめてやる!なんて、ワガママでありエゴでしかない。
そういえば、何らかの方法で私に対して2chにまで書いてきた大西弘子もまた、ストーカーの一種とも言える。

ストーカーになる以前に、自分が相手のために何ができるだろうか?と、どうして考えられないのだろうか。
尤も、電車で見かけるだけの美女に対して、何かできるも何もないのであるが。

だからこそ、女性のために自分からなにかできる場所を探して、そこまで行ってみる必要があろう。

たとえば社内恋愛というのが未だに少なくないのも、社内が"相手のために自分からなにかできる場所"であるから、というのもひとつの理由であろう。


AKBはよく、モテないオトコの"疑似恋愛"の場として嘲笑されたりするが、じつは"相手のために自分からなにかできる場所"であるとも言える。
そう考えているのは私くらいのようであるが。

いや、ヲタの大勢は行動してはいる。しかし彼らは、
"相手のために自分から投票できる場所"

と、"なにか"を勝手に"投票"と読み替えてしまっているのである。
なぜ投票にしてしまうか?
投票だと、投票枚数を比較することにより、他人よりも自分の優位性を主張できるからである。
そこでは、相手を考える気持ちよりも、自分可愛さのほうが勝ってしまっている。


他の人々は、揺るぎない愛の確信が持てないのはどうしてなのか、まだまだ探ってみたい。


つづく

盛田昭夫とワタシの共通点

決断力 日本工業新聞社・編 という本を読んでいる。
http://www.amazon.co.jp/決断力―そのとき、昭和の経営者たちは%E3%80%88上〉-日本工業新聞社/dp/4594031161/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1376012289&sr=1-3

日本の経営者のトップとして、盛田昭夫が挙げられている。

たとえば、日本の企業は銀行から資金を調達していたが、新興中小企業であるSONYは、中小企業に出し渋る銀行ではなく、直接証券市場に資金を求める必要を感じた。
そこで、ADRという方法を用いて、日本で初めて海外市場から調達したとのことである。(ちなみに、日立製作所は尻込みしたらしい)

ワタシが、日立製作所による個人情報保護法違反の件は、司法に訴えるよりも、先に世間、できれば海外に訴えようとしているのと、通じるところがある。

濱田正晴などは、司法を"リング"と言い、司法に訴えることに固執しているが、司法に訴えるとは、銀行から資金を調達するのと同様に旧態依然の方法なのである。
ココで言う銀行とは、司法でありマスコミであり、その後ろに控えるオリンパスであり、さらにその後ろにいる同業者や官僚である。
正攻法で戦うだけでは勝ち目がないのである。

その正攻法自体が民主主義お届かないところで決められるものなのである。
世界の人々にナマの情報を出してしまうほうが、ストーリーとして良い。
SONYの取ったADRを、私は自分の戦略に取り入れようとしているのである。


盛田昭夫には、これ以外にも親近感を感じた。

トランジスタの特許を、官僚に相談せずアメリカの会社と締結してしまい、あとから官僚から順序が違うと怒られたそうである。

いくら順序が前後しようが、ビジネスは本当に必要とするヒトと結むべきものである。そのためには、鉄は熱いうちに打て、とも言うが、スピードも必要であろう。
自分よりも上にいる者をものともせずにズバズバ決めてきたあたりも、ワタシに通じるところがある。

もちろん、現在はそのSONYも巨大組織として硬直化してしまっているだろう。
私が助けを求め、盛田昭夫ばりの突拍子もないアイデアを出したところで、日立製作所を懲戒解雇になった人間など、門前払いされる可能性が極めて高い。


しかし、ものは試し、SONYにも機会はないかチェックしてみようと思う。
また、当時のSONYのようなイケイケドンドンな中小企業がないとも限らない。そのような会社があれば、ワタシを採用してくれるとも思う。

ワタシは、日立製作所に鉄槌を喰らわすことを、まだまだ諦めてはいない。
それどころか、虎子眈々と狙っている。

AKBのドラフト制を聞いて

予想はしてなかったので、面白い試み、やってみたら?と思うのであるが、やはり釈然としないものがある。

いちばん釈然としなかったのは、キャプテン会議で、どのような新人が欲しいと、キャプテンが発言したとの記事を読んだからである。

私は、キャプテンたるもの、メンバーにスキルが足らずとも、練習やさまざまな研修で補うものであり、ドラフトで助っ人を連れてくるというのは違うと思う。

キャプテンのクチから、足りないメンバーを取ってきたいと言ったというのは、私は喝だと思う。
私ならばいまのメンバーでのさらなる戦力アップを目指して、あの手この手を考える。


プロ野球だって、私はドラフト制前は知らないが、フリーエージェントが始まってから途端につまらなくなったと思っている。

いじってみたいのは分かるが、メンバーのモチベーションが下がらない程度をしっかり見極めて欲しい。


また、ドラフトはドラフトとして、通常のオーディションとは二本立てで行くそうであるが、高校野球や社会人野球があり、ドラフトまでに事前情報がある。

AKBは野球と異なり、事前情報がない。
そこをどうするのか?

考えられるのは、事前情報を仕入れるために、新人発掘番組を始めるのであるが、イマイチ魅力的に思えない。

その新人発掘番組のために、AKBの下部組織みたいなモノが各都道府県にできたりするのであろうか?
メジャーリーグに対する3A,2A...みたいに。

Yukihisa Ito がケツ割った、次世代ガールズ、シャイニーガールズみたいなのがポコポコ出てくるのであろうか?

N0のようなアイドルからも、その新人発掘番組に出られるのであろうか?


俄かに成功するとも思えないが、だからと言って失敗するとも言い切れない。

やってみたら?・・・やりながら考えたら?
と言っておこう。

« 2013年8月8日 | トップページ | 2013年8月10日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック