« 2013年8月14日 | トップページ | 2013年8月16日 »

2013年8月15日

2013年8月15日 (木)

ナツイチ メンバー一人ずつ講評 その60 「平成大家族を読んで」 兒玉遥

はるっぴは、HKTからAKBに移籍となり、私も動画で公演を数回観た程度で、まだそれほど印象があるわけではない。
とりあえず、"かちゅぜちゅ"が悪いことは理解した。

感想文としては、やはり多くのメンバーに指摘していることであるが、
"自分や自分の家族と照らし合わせて読むことができ、とても面白いなと思った。"
ではどう照らし合わせたのかを説明して欲しいところを、説明していないのが残念である。

また、
"私が一番一印象に残っているシーンは、長女や、次女の大事件が起きている中、恋愛なんて無縁だと思っていた長男の克郎が初恋をするシーンだ。相手は姑の介護に週に二回家に来るヘルパー。思わず克郎を応援している自分がいた。"
などと、第三者的に書いてはいるが、克郎に対してはるっぴはどうして応援する気になったのか?の考察が欲しかった。

ぶっちゃけて言えば、はるっぴが克郎に惹かれてしまい、克郎からこのようなアプローチを受けたいなあと、ヘルパーさん目線で思ってしまったのではないかと思うのである。

たとえば宮崎駿だって、高校生時代に観た"白蛇伝"のヒロインに恋をしてしまったことが、アニメの世界に入るきっかけになったという。
物語の異性に恋をするというのは、そうおかしなことではない。
私だって、本やアニメの異性に恋したのは一度や二度ではない。(いまは、伊達娘以上の異性は現れないが)

だいたい人間たるもの、同じ学校の異性とか同じ通学電車の異性に、かたっぱしから恋をするなんてできない。
付き合った人数が何十人という猛者もいるのではあるが、その猛者からしても、恋をした相手が何百人もいるかというとそういうわけではないと思う。恐らく、恋をしておらずともとりあえず付き合ってみた、という相手が大半ではないだろうか。
それだけ、恋をするというのは滅多にない経験と思うのである。

恋とは、尊敬した相手に抱く感情であり、異性でセックスアピールを感じたからといって即、恋をするかといえば、違うと思う。

だからこそ、力説したいのであるが、本の中で恋のシミュレーションをすることは、恥ずかしいことではない。
だいたい、本の中では、こんなヤツ現実世界にいるわけない!という人物がどんどん出てくるのである。
本の異性に恋をしながら、現実にはなかなかこんな白馬の王子様いないわねえ、と思ってみるのが、中高生の特権と言ってもいいだろう。

そういう意味では、アイドル、とりわけAKBは、多くの男性にとって疑似恋愛の相手なのだから、メンバーは疑似恋愛の相手にふさわしくなれるよう、本やアニメの白馬の王子様と疑似恋愛して、白馬の王子様にふさわしい理想的な女性を演じることもまた、必要と言えるだろう。

そう思いながら、はるっぴの文章を読むと、ちょっと気になるニュアンスがある。
"少しずつ発展していく恋が、なんだかピュアに感じ、こんな初恋もあるのだなと関心させられた。"
これは言い換えたら、はるっぴはピュアではない、どろどろとした恋を既に経験しているということのようにも取れてしまう。
・・・そういえば、HKTはちょうど1年前に不祥事があったな・・・と思い出してしまった。

初恋が少しずつ発展していくなんてうまく行きすぎており、だいたい初恋なんて何も言えず自然消滅してしまうものなのである。そういう意味ではひきこもりの三十代であろうが高校生であろうが全く同じはずである。
自分がどういう視点から書いているか、どうしても文章から推測できてしまうので、気をつけてもらいたい。

題名の"平成大家族"、考えてみると、AKBだって平成大家族と言える。その連想でいくと、昭和大家族はおニャン子クラブか。

"平成大家族"を読んだ観点から、AKBを捉え直すとどうなるだろう?
AKBに加わって数ヶ月のはるっぴも、いい機会なので一度考えて欲しい。


ーーーーーー

「平成大家族を読んで」 兒玉遥
http://kansoubun.shueisha.co.jp/kodama_haruka/

 私は普段、空想を楽しむために、ファンタジー系の本を読むことが多い。だが今回は初めてのジャンルの本を読んだ。
 題名は「平成大家族」。私はこの題名から、家族が沢山いて兄弟が多く楽しく賑やかに暮らしている生活を思い浮かべていたが、実際に読んでみて、不思をつかれてしまった。ファンタジーの欠片もない現実的な世界だった。題名から内容とのギャップに面白さを感じ、どんどん引きこまれていった。
 初めは、三十を迎えたひきこもりの息子と九十歳過ぎの姑で静かに暮らしていた緋田夫婦。ある日、突然破産した長女一家と離婚した次女が戻ってきて四世代八人の大所帯になる。大家族とは、こういう意味だった。
 私が一番一印象に残っているシーンは、長女や、次女の大事件が起きている中、恋愛なんて無縁だと思っていた長男の克郎が初恋をするシーンだ。相手は姑の介護に週に二回家に来るヘルパー。思わず克郎を応援している自分がいた。少しずつ発展していく恋が、なんだかピュアに感じ、こんな初恋もあるのだなと関心させられた。
 この本は、「平成」という今の時代を背景に、おこりうる問題を現実的に、そして冷笑的に書いているため、自分や自分の家族と照らし合わせて読むことができ、とても面白いなと思った。この本のおかげで家族小説が大好きになった。この夏はいろんな本に挑戦したい。

"あまちゃん" "地元に帰ろう" へのアンチテーゼ

私は、"あまちゃん" の "地元に帰ろう" という甘ったれた歌詞が大キライである。

だいたい、宮藤官九郎がキライである。
宮藤官九郎は、なんかの脚本でクダランことを書いていて、なんでこんなんがウケるんかワカランかった。

 "地元に帰ろう" なんてのは、"甘ちゃん" の考えそうなことと思う。

(故郷に錦を飾ることは否定してはいない。
成功を定義せず、親や人々の言いなりになあなあで地元帰ることを否定しているのである。)


"あまちゃん" "地元に帰ろう" はどうも、AKBを真似たようであるから、AKBが"あまちゃん" "地元に帰ろう" を否定するような歌を歌っても面白いと思って、アンチテーゼの詞を書きはじめた。

しかし、何回か修正してみたものの、文字数を整えたり韻を踏んだりするまでは整理できなかったので、歌詞ではなく、あくまで"詩"として記載する。


ーーーーーーー

地元になんか固執するな

限られた人生やりたいことをやろう
人からどう見えるか悩むよりも
心ゆくまで挑戦してみよう

親の願いに応えたいけれど
自分は親のものではない
意見が食い違ったって最後は自分だ

地元に帰れとかお見合いしろとか
自分勝手な親のエゴに負けるな

懐かしい顔に後ろ髪を引かれるだろう
けれど新しい地だって頑張れば
懐かしい顔は作れるんだ

君も年老いれば保守的になる
いつまでも若くいたいのであれば
地元になんか固執するな

築いたものを懐かしむよりも
これから築くものの夢を見よう

女性はひとり地元を離れてきた
オトコだって地元を捨てる勇気を持て

世界の国の多くでは移民が後を絶たない
日本は豊かだから移民せずに済むのか?
その驕りを捨て去れ

新しいものを求めること
それが生命の定めだから移住するんだ
我々は定めを忘れているんだ

一生祖国の地を踏まない
そんなパイオニアたちのおかげで
人類は世界に広まったんだ


生命らしさを取り戻したい君は
パイオニアになりたい君は
地元になんか固執するな

ーーーーーーー


ちなみに、"地元に帰ろう" の詞には

> お寿司を「おすす」と言ってた私

というのがあるらしい。

私はGoogle+で秋元康を"や寿司"と呼び、Google+内で秋元康は一般的に"やすす"と呼ばれているので、

"や寿司を「やすす」と言ってた私達"
"やすすを「や寿司」と言ってた私"

とかにしてやろうと思ったが、この内容ではどうにも入らなかった。

久しぶりに2chにレス 日立を公益通報→懲戒解雇された大西秀宜スレ4 156~201

お台場合衆国、入場料1,700円もする上に、錦糸町からの直通バスは土日だけやった。
土日に改めて行ってみるわ。

さて、


日立を公益通報→懲戒解雇された大西秀宜スレ4
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1375183558/l50


156 :最低人類0号:2013/08/12(月) 20:35:24.09 ID:eHvVyOGrO
医者の言い分は 
「本来の就労判定は△だが、本人の恫喝による要望で○にした」 
という真っ当な言い分が出来上がったな 


就労支援センターにあのブログのアドレスと動画のアドレス教えてやったらどうなるやらね? 


→で、医者が書類に自分でハンコついたことを否定して、
カルテにも記載してないことを証言し、それを日本の司法が認めるとしたら、
今後日本の司法においては、書類もハンコもカルテも、
全く証拠能力がないものになってまうわなあ?

ついでにウラを返せば、医者も自分の意見を持たず、誰かの意見でスグ診断を
変えてまうことがたびたび起こりがちであると、言うとるに等しいんやぞ?


184 :最低人類0号:2013/08/14(水) 13:54:04.81 ID:vn//oRt8O
地方在住者で秋葉原には常にいないのだがな 
居たらなにかしらは動いてるよ、サイードみたいにヲタのせいで引退したら後の祭だよ 

AKBヲタなんて推し変するだけか 


→サイードは、かきごおりのせいで引退したワケちゃう。
かきごおりが、なんか運営に許せんとこがあるっぽいようなコト言うとった。
特にイイカゲンやったのが寺門な。


191 :最低人類0号:2013/08/14(水) 22:02:35.29 ID:pEHSDmeEP
メンバーを泣かせてマネージャーを怒鳴った時は、 
有名オタが間をとりもったけど、聞く耳持たなかった。 
その後、岩田生誕委員長が喫茶店に隔離して注意したら、 
いきなり警察呼ぶぞ!と電話を始めたらしい。 
それ以来、誰も近づかないよ。 


→電話なんかしてない。
窃盗罪でいますぐ電話するぞとしのたんを脅したら、しのたんがアレコレ言い訳して、
ワタシもそこまでしたらんとこかと思ってしのたんの言い訳を聞いたったんや。

電話しとったら、いまごろしのたんは窃盗罪と脅迫罪で捕まって、
すぐ釈放されたやろけど、AKBは出入禁止やろなあ。


193 :最低人類0号:2013/08/14(水) 22:07:03.61 ID:vah8n3CF0
あまり知られてないけど、法律上は第三者でも措置入院の手続きは出来る 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%AA%E7%BD%AE%E5%85%A5%E9%99%A2

あの人異常です、放置しておくと危険ですと管轄の保健所に申請 
↓ 
保健所の職員と2名の指定されている精神科医が面接・診断 
↓ 
実際に危険と思われたら措置入院決定 

散々自分の母親を殺す殺す言ってるんだから 
「ただちに入院させなければ、精神障害のために自身を傷つけ、または他人を害するおそれがある」に 
充分当てはまってるからな 
まあ普通は余程のことがない限り(近隣住民が身寄りのない糖質患者に迷惑を受けているとか) 
この制度を利用する人もいないから殆ど行われていないんだが 
AKBくらい社会的に影響力のある場に出入りしているんだから 
そっちから連絡すればかなりの高確率でいけると思うわ 


→ > 保健所の職員と2名の指定されている精神科医が面接・診断 

精神科医が、△か○かで揉めたところですが、この前は見落としました!って言うんかよ?


195 :最低人類0号:2013/08/14(水) 22:12:55.66 ID:Ig4UTfCI0
>>191 
K察呼ばせりゃよかったんじゃね? 
生誕委員側わやましいことしてないだろ。 

>>193 
はいはい紹介するだけなのな。 
俺は福祉保健局生活福祉部生活支援課に問い合わせをした。 
特別区人事・厚生事務組合厚生部自立支援担当課にも問い合わせようと思う。 


→濱田正晴の大好きな、匿名通報をじゃんじゃんやってよ。

匿名通報したところで、通報された相手だって個人情報は保護されなアカンから、
ブログにひどいことを書いとったトコで、全体的に危険思想は持ってないと思われれば、
それ以上は進めんやろなあ。

てかオマエら、執拗に資料作って訴えるか?
ワタシだって、職員さんにコトの次第をぜんぶ話しとるし、ワタシだけでなくオマエらもマークされる可能性あるぞ?

植草の本だって、あれだけ恣意的な内容にもかかわらず、Amazonにはマンセーコメントしかないんや。
人間、書かれてないウラを想像するなんてのはまずできん。

なのに、2chとかブログのヤツらはウラばっか想像して、ワタシの言い分を聞かんねん。
なんでか?

日立製作所の工作員が大量投入され、アンチ投稿やっとるからや。


201 :最低人類0号:2013/08/15(木) 11:41:22.52 ID:7n+1LqjJ0
大西の場合は自分の行動や考え方を母親に投影して叩いたり 
懸念したりしてるのが怖いんだよな。 
そこで気になるのが母親が自分が思い通りにならなかったら 
自分を殺すのではないかという心配をしているところ。 
これは別の視点で見ると大西が思い通りにならなかったら 
岩田嬢を殺めると言っているに等しい。 

大西に必要なのはAKB断ちネット断ちなんだけど、 
それが確実にできるのは措置入院意外ないんだよな。 
自爆して逮捕されるにしても事を起こしてからあとの話で、 
岩田嬢が危険な目にあったあとだからなあ。 


→措置入院もなにも、就労してええんやろが。
措置入院が必要なヤツになぜ精神科医が就労判定すんねん?
その矛盾に気づけよ。

まあ、大西弘子は自分に都合いい解釈を採用するしか能がないから、気づかんやろけどなあ。


ふつう親って、子供の相談に乗って考えられると思うねん。

大西弘子はそうちゃう。
ワタシがいくら相談したところで、その中の材料を使ってどうやって自慢するかしか考えてない。

だからワタシは大西弘子との対話を完全に諦めた。


代わりと言っちゃアレやけど、伊達娘に毎日手紙書いとるねん。
私の中では、伊達娘こそ私の母親や。

昨日からのこと、アップが遅れたいいわけ、今日の予定、等

昨晩もまだ飲み過ぎた睡眠薬が体の中に残っていたのか、夜9時過ぎに本を読んでたら寝落ちしかけたので、そのまま寝てました。

そういうわけで、はるっぴの感想は明日アップするのでご了承願いたい。

ちなみに読んでいた本は、赤川次郎の「三毛猫ホームズの歌劇場」
前田美月の課題本の「吸血鬼はお年ごろ」がなかったので、赤川次郎といえば三毛猫ホームズシリーズだと思って、借りてみた。
ウィーンが舞台で、なんか一個赤川次郎が(恐らく思い違いから)変なこと書いているのに気がついた。

あったあった、P24
ドイツの古城ホテルでの殺人事件を解決した片山たちは、その足で、ここウィーンへとやって来た。もちろん飛行機で来たのである。


古城ホテルということは、ミュンヘンとかシュツットガルト、フランクフルトあたりと思うが、ミュンヘンからザルツブルクはあまり離れてなく、恐らくミュンヘンからウィーンだって3時間くらいで行けたと思う。
いや、もう少しかかったかもだが、鉄道のほうが、古城から連なる景色を堪能できたりする。
"もちろん飛行機で" と言うほどではない。

しかも、片山たちは三毛猫ホームズを連れている。
三毛猫の煩わしい搭乗手続きや、三毛猫の運送費用などを考えると、鉄道のほうがよほど合理的で、"もちろん" にふさわしいと思うのだが。

話は変わって、おとといのあん誰の後、伊達娘は麻里子様のクッキーが当たったそうであるが、私もあん誰のお土産で、同じく麻里子様のポストカードが当たった。
見たとき、もう卒業したメンバーのを出すんか!w と思ったけど。

些細なコトではあるけど、あん誰のいずりななんて、みこるんのおみくじで凶が出たからってブツブツ言っていたのである。
だから、伊達娘もワタシとも運命を感じてくれるかも知れないので、一応書いた。
(ちなみにあん誰3回入って、それぞれ、らんらん、もっちぃ、麻里子様だった)

ワタシからしたらあんなん単なる確率論である。
それ以前に、あの大きな穴から、ゆかるんからは結果が見えているとしか思えない。その上ゆかるんはその穴を確実に見ていたので、私はヤラセだと思ったが。
まあ、そんなものであっても、大吉が出るか真剣に祈るのが女の子である。
伊達娘も私も共に麻里子様が当たったのは、2人とも大吉を引く確率よりもかなり難しい。

そういえば、運といえば、あん誰の観覧席も、幸か不幸か伊達娘のまん前であった。
2年前もいずりな生誕で、狙ってないのにゼロズレのまん前だったので、伊達娘のまん前を当てる運命なのかもと思う。(去年の田野生誕はまん前ではなかったが。)

但し今回は、椅子が直列に並べられていたので、案外見にくかった。(だから、"幸か不幸か")
椅子の並べ方は、一般の劇場とか映画館を参考にして少しずらして欲しい。

伊達娘が私を見ていた、と私が主張しても、伊達娘は単に前を向いていただけと言い張るヒトもいるだろうと思う。
しかし、1分間のアピールタイムのときに、こここそカメラを直視すべきところであるが、カメラを見ずに斜めにいる私のほうを見ていたので、明らかに私を見ていたと思う。
2chでも心ここにあらず、と見えたとレポートがあるのは、アピールタイムで他所を見ていたからと思う。

こういうところに詳しく書いたら、伊達娘に不利と思われるだろうが、経験上信じたくないヤツらばかりだから全く問題ない。


さて、今日はこれから、お台場合衆国とやらに行ってみたいと思っている。
錦糸町からお台場への都バスが出ているので、往復400円で行ける。
時間があれば歩いて帰ってもいいと思っている。

« 2013年8月14日 | トップページ | 2013年8月16日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック