« 2013年8月19日 | トップページ | 2013年8月21日 »

2013年8月20日

2013年8月20日 (火)

2chにコメント

日立を公益通報→懲戒解雇された大西秀宜スレ4

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1375183558/l50


309 :曽我井在住者:2013/08/20(火) 17:37:27.84 ID:q4jMtURO0
私のことをガセだと思っているようですが違います。
同級生に送っても切手代が無駄になるので忠告しただけのことです。
和尚もご高齢なのでつまらないことに巻き込まないで下さい。
今週末は村祭りがあり同級生たちは久しぶりに集合するでしょうから、君の話がいい酒の肴になるでしょうね。
ちなみに私は親戚でも何でもないので、君や君の家族がどうなろうが知ったこっちゃないです。
では、いろいろと勘繰って下さいww


→ おー、そうそう!村祭りか!

グッドタイミングやないか!www

明日か明後日には届くから、お楽しみに!

2013/8/20 雑感

今日も図書館へ行ったが、本を三冊借りてすぐ帰ってきた。

秋元康の本を二冊、コレは秋元康をコテンパンに言う用。
それと、瀬戸内寂聴の、女人源氏物語第一巻。

源氏物語は、高校の夏休みの宿題だかで源氏物語を読めとか言われて、確かこの女人源氏物語を買ったのだが、ワタシは本嫌いで中身を一切読まずに、大和和紀のマンガの "あさきゆめみし" でも可、とされたのをいいことに、マンガで済ませていたのである。

まあ、一回くらい読んでないとハナシがワカランもんなあ、と思って、改めて借りてみた。


ハナシは変わって。

先ほど地下鉄のあまり明るくない通路を通っていたら、ラケットかなんかを入れた大きさの黒とピンクのバッグが、10個くらいいっぱい並べられて、女の子たちがなんか企んでいるのが見えた。

近づいてみると、体の小ささと日焼け具合から中学生だな、わざわざ暗い通路で固まって、ひとりのケータイを使って記念撮影をしているのである。
そして、人々が通る中を、シャッターチャンスを狙っていた。

ワタシは言いたかった。


どうして明るい外で撮らんねん!?


順光だし、ヒトもいないし、ゼッタイいい写真が撮れたはずである。

なのに中学生って、どうしてか全員揃いも揃って、そういうアタリマエのことに気がつかないのである。特に女子中学生。

そういうところが、女子中学生を見ていて飽きないところである。


もうひとつ。

先ほどの記事で、こじきの自殺書き込みを敢えて削除依頼せずに、手持ちのカードにする、と書いた。

こういうのこそ、 "水清くして棲む魚なし" にふさわしいたとえと思う。

父親などは、 "水清くして棲む魚なし" の故事成語を用いて、ワイロなども認める発言をしていた。

私はそれでも、ワイロは認めたくないと思う。

自分の利益のために汚くなるのではなく、社会の利益のために敢えて泥をかぶる。
そして耐えながらひたすら大きな獲物を待つ。
そういう心境にこそふさわしいと思う。


さらにもうひとつ。

昨日ふと思ったが、私は毎日毎日多くの文章を書いている。
伊達娘にも毎日A4で平均6枚のファンレターを書いていたし、いまでも平均4枚くらい書いている。

さらにブログに2ch、最近はご無沙汰だがGoogle+など・・・

計算したら、250ページくらいの文庫本を、1年で12冊分くらい出せる量を書いていると思うのである。
改めて計算し直すと、文庫本1日8ページペースだから、書いていると思う。

恐らくこの1年間に、赤川次郎や西村京太郎に伍して、世界中で日本語で文章を最も書いた中の1人なのではないかと思う。

その半分以上を読まされる伊達娘は、災難か。

伊達娘へ

大江戸温泉物語のCM、ちょこっとだけ気づいて見た見た!

まだ2回だけ、途中から気づいたので、たかみなとかこじまこのほうの印象が強いけど、
最後のポーズで4人のいちばん左側にいるのは確認した。

CMで見れるなんてうれしいなあ。

城東警察署生活安全課に行ってきました

こじきの文面をいくつか見せましたが、自殺に関する書き込みはあるものの、「死ね」「殺す」などのニュアンスまでは入っていないため、警察として動くことはないと言われました。
執拗性を訴えましたがダメでした。

逆に言えば、「死ね」「殺す」などがあれば、刑事課が動いてくれるとのことでした。

伊達娘に対してちゃんねらーの書いた、"コロシテヤル" も、1回だけだったと思いますが、「殺す」に当たったために刑事課が動いたから、書類送検まで持って行けたんでしょうね。
もちろん、個人だけでなくAKB運営が動いたのも大きいのでしょうが。


代わりに、
"警察署に相談したところ、ブログ管理者に対して削除要請をするように言われた" 
旨を言えば、ブログ管理者から削除してもらえると伺いました。

まあ、私がいっぱい削除していれば、日立製作所のヤツらもそれに合わせ、自分たちに都合悪いものの削除依頼をじゃんじゃんしてくると思われるので、このまま置いときます。

日立製作所がガマンならずに私に何か削除依頼や訴訟などをしてきたとき、こじきをはじめとして、私に対する侮辱や名誉毀損のオンパレードが存在することを出したいと思います。
そのときに使うカードとして、どこにも言わずに持っておきます。


こじきのIPアドレスなどが入った書き込みのコピー、警察署に資料として渡して来ました。
なにも為されないはずですが、こじきが怖がっているようなので書いておきます。

あと、警察署員さんのお話をそのまま聞けば、 Chisa Yamamoto は自殺強要に持っていけそうです。
私がドイツにいたから、犯罪地が日本にならず難しいかもとも伺ったのですが、Chisa Yamamoto がドイツ在住者かどうかなんて分かりません。

その点も質問したら、そういう場合は裁判所の要請に従ってIPアドレスから調査するかも知れないと伺いました。

何日後になるか分かりませんが、改めて、 Chisa Yamamoto のメール一式を印刷して、警察署に行きたいと思います。


あと、住所などの個人情報も刑事事件になるそうです。
私の居場所が2chに書かれていますが、住所同等と思われます。

こちらも精査し、改めて警察署に持って行けるか検討し、該当するものを持って行きます。


私は、宣言したことは必ずやり遂げます。

アクセス新記録達成 (4,972)!

1週間のアクセスです。

アクセス推移

 アクセス数合計: 22,852 (日平均: 3,265)
 訪問者数合計: 3,064 (日平均: 438)

        訪問者数 アクセス数
2013年8月13日(火) 421 2,879
2013年8月14日(水) 352 2,229
2013年8月15日(木) 533 2,817
2013年8月16日(金) 458 3,371
2013年8月17日(土) 396 3,167
2013年8月18日(日) 410 3,417
2013年8月19日(月) 494 4,972


ちなみに、これまでは強制送還翌日の7/4が最高でした。

2013年7月4日(木) 461 4,134

今回はそれを大きく上回りました。

今日もこれまで2,000アクセス弱ありますので、着実に注目を集めています。

そして、これから警察に行ってきます。

そうそう、いま2chのサーバーがダウンしているのか、接続できません。
このため、2chへの返答もできません。

なお、ブログにコメントくださる方が大勢いらっしゃいますが、
ブログはいちいちそのページなりそのメールなりをひとつひとつ開く必要があるので、
すべては見られませんし回答もできません。

回答が欲しければ、2chに書いていただけますよう、よろしくお願いします。

ナツイチ メンバー一人ずつ講評 その70 恋愛作法 渡辺美優紀

みるきーはハタチになるにもかかわらず、恋愛本は初めてだという。

女性関係では相当ウブで潔白、というか縁がなかった私でさえ、大学1年生でエロ本を買い、長らくそれをおかずにマスターベーションしていた(←こんな恥ずかしいこと書くかよフツウ。けどオトコのマスターベーション率は100%らしいし、成人女性の月経と同じくらい隠したって意味がないもん)のだから、女の子がハタチで恋愛本を読んだことないと言うのはとてもウソくさいと思う。
血液型占いの本だってやはり一種の恋愛本と思うし、きっとみるきーも買ったことがあるだろう。

AKBだからこそ、恋愛の知識をファン対応に活かせたりするのであるし、恋愛本はむしろ積極的に読むべきと思う。

"恋愛についてかかれているこの本なのですが、女性としての生き方をたくさん教えられた気がします。"

なんて、みるきー自身が書いているが、女性にとって恋愛とは、自分に合った男性を捕まえる活動とも言えるわけで、恋愛作法が生き方に直結するのもうなずける。(男性も然りだが)
私だって、いい生き方をしている女性には惚れてしまうし、そういう意味でも、みるきーにもぜひ恋愛本を沢山読んで欲しい。


ところで、私も恋愛論を持っている。
自分の信じる道を歩む女性はカッコ良くて、けどどこか健気で、きっと守ってあげたいという男性が現れると信じる。
あまり一般的な恋愛論ではないかも知れないが、コレがいちばん本質的な恋愛作法だと思う。

アラサー、アラフォーの女性は、"自分磨き" とか言って、ダイエットに精を燃やしたり、好きでもないワインについて血まなこになって薀蓄を仕入れたりする。
いまちょうど中村うさぎさんの本を読んでいるのであるが、彼女は20歳以上年下のオトコとセックスするために、脂肪吸引だの美容整形だの、自分の美のためにありとあらゆることをやり、カネと時間を費やしているらしい。いや、浪費と言っていい。2007年の段階で借金でクビが回らないらしいし。(6年経ったいまはどうなんだろう?)

私が端から見れば、ダイエットに精を燃やしたり、好きでもないワインについて薀蓄を語ったり、脂肪吸引だの美容整形だのしたりという女性には、なにも魅力を感じない。
それでいくら美形になり知的になったところで、彼女らはオトコにとって取り替えられる "女A","女B" でしかないと思うのである。

 "女A","女B" を脱して、たったひとりの愛しい人になるためには、ここに挙げた、"ダイエットに精を燃やしたり、好きでもないワインについて薀蓄を語ったり、脂肪吸引だの美容整形" などの誰もがやっていることではなく、誰もがやっていないことを目指せばよいと思うのである。
それは、資格なり産業なりが発達してしまっているような、大勢がやっている、替えがあるものではなく、もっとニッチなものである。私の思う例を後述しよう。

そう書けば、あなたは言うだろう。
「どこの馬の骨とも分からぬオトコから惚れられたいのではないのです。大好きな◯◯さんの心をなんとしても射止めたいのです。◯◯さんの心を射止めるためには、オトコがオンナに感じやすい魅力を高めるのが最短の方法でしょう?」

それはとりあえずオトコをひっかけるための確率論としては、確かに間違ってはいない。
けれども、せっかく頑張って射止めたはずの◯◯さんだって、あなたに一般的なオンナに感じるのと同じ魅力しか感じていないのであれば、◯◯さんの前によりオンナの魅力を感じさせる女性が現れたとき、◯◯さんは簡単に心が移ってしまう可能性がある。
中村さんも、いくら頑張ってもオトコに逃げられてしまう、と嘆いているし。

あなたは言うだろう。
「浮気しないように約束させるから大丈夫。」

しかし私は言いたい。いくら約束して、 "浮気" という行為を阻止できようとも、オトコの心が他人に移ってしまっていては、その恋が結婚まで結びつく可能性はゼロである。
それに、「浮気しないように約束させるから大丈夫。」なんて発言から、あなたは確実に束縛女になってしまっており、その恋愛が◯◯さんにとって窮屈なものになるのは時間の問題である。

ココで改めて言いたい。最初から結婚まで結びつく安定した関係を築きたいからこそ、誰にも取って代われないような自分だけの道を見つけ、それを信じて歩むべきなのである。

たとえば、"ダイエットが趣味" と言えば、それに関する産業も発達しており、女性に明確な目標もなく、オトコにとってはなにも魅力的ではないが、コレが "オリンピックでメダルを取りたい" となると、スポーツ選手を養成するほどニッチな産業は発達しておらず、女性の目標は明確であり、オトコにとって魅力的になるのである。
メダルが取れるかどうか、それ以前にオリンピックに出られるかどうか、そんなものは大して問題ではない。
"誰にも取って代われないような自分だけの道を見つけ、それを信じて歩む" その姿が魅力的なのである。

懸命に歩んでいる姿を見せれば、何人ものオトコから、ああ僕が助けてあげたい、と思われるものなのである。

自分の好みの男性が反応してくれなくたって、それは縁がなかった、それくらい割り切れる気の強さも必要と思う。

そう書くと、「それって、恋愛を諦めたように見えますが・・・?」と言われそうである。

その通り!これこそが、
「恋愛したい!と思っている時は恋愛できなくて、いまはいいや!って思っている時は恋愛できる」

というジンクスのからくりのひとつだったりする。


"恋愛作法" には、こういう作法は書いてあっただろうか?
みるきーは、自分が取り入れたい作法のひとつでも例示すれば良かったのであるが、なにひとつ例示せずぼかしてしまったがために、イマイチな文章になってしまった。

私の恋愛作法 "自分の信じる道を歩む" には当然、"自分の信じる道を書き記す、伝える" というのもあるが、みるきーが

"恋愛についてかかれているこの本なのですが、女性としての生き方をたくさん教えられた気がします。"
なんて書いていることからすれば、この本には生き方論がたくさん書いてあるはずである。
そして、生きるために "自分の信じる道を書き記す、伝える" というのは基本中の基本であるため、恐らくこの本には私の主張と似たようなことが書いてあると思われる。

私の推理が合っているならば、みるきーの

"この本で学んだことをこれからのアイドル人生に生かしていきたいと思います。"
は、しょっぱなからダウト!である。

早速、自分の信じる道を書き記すことをサボっているのだから。


みるきーは、
"たくさんの人を魅了できる素敵な最強アイドルを目指して頑張ります。"
と結んでいるが、もし、私が例に挙げたとおり、"たくさんの人を魅了できる" というのを誤解して、自分を見失い、多数の意見ばかりを求めるとすれば、誰でも取って代わられる存在に堕してしまうだろう。
そこだけは気をつけて欲しい。

最強アイドルになるためには、誰にも取って代わられない存在になることが先決である。
私は、みるきーもかなり取って代わられない存在になれていると認めつつも、同じNMBチームNのさや姉に比べたらまだまだと思う。
さや姉の原動力は、やはり夢への執念であろうか。

みるきーも、誰にも取って代わられない存在を極めるべく、さや姉を目標として、そして良きライバルとして、自分の夢を追って欲しいと思う。


ーーーーーー

恋愛作法 渡辺美優紀
http://kansoubun.shueisha.co.jp/watanabe_miyuki/

 この本は恋愛についてのたくさんのアドバイスが書かれていました。
 私は恋愛についてかかれた本を手にとることは初めてでした。
 でも、もうすぐ二十歳になる私にとってもすごく興味深いもので、読んでみると、あっという間に読み終えてしまいました。作者の方の考えに共感したり、恋愛をこんな風に考えるなんて、面白すぎる!と、感動もしました。
 恋愛についてかかれているこの本なのですが、女性としての生き方をたくさん教えられた気がします。人として勉強になりました。
 堂々とした凛としている素敵な女性の考え。こんな風に考えて生きていくと、人生ってすっごく楽しくなるんだろうなあと思いました。
 そして、私はアイドルとして、世界中のたくさんの方に笑顔や元気、そして幸せをお届けしたいです。この本を読んでみて、そんなことまで学べました。魅力的なアイドルに一歩でも近づけた気がします。
 最後に、私はこの「恋愛作法」を読んで本当に良かったと思っています。この本で学んだことをこれからのアイドル人生に生かしていきたいと思います。たくさんの人を魅了できる素敵な最強アイドルを目指して頑張ります。

ナツイチ メンバー一人ずつ講評 その69 妻の女友達 野中美郷

みちゃは、折角自分の名前を日本全国47都道府県縦断コンサートツアーに冠してもらったにも関わらず、昨年じゅうにツアーが終わらず、さらに今年もAKBは大忙しでツアーが全く進んでないという、ちょっとした不運に見舞われている。

とはいえ、自分の名前なんてとてもじゃないが出してもらえないメンバーも多いのだし、それにもかかわらずフィーチャーしてもらえること、長期間に亘って自分の名前が全国に向けてアナウンスされ続けていることは、不運ではなく幸運と受け取って欲しい。

正直言ってみちゃは、ツアーにおいてもイマイチ自分を出せていないようだし、ツアー再開までに与えられた猶予期間を、後半戦で自分をタップリと魅せるための方策を練る時間にして欲しい。

やはり、名前が出ているのだから、たとえ3分間でも5分間でも、"野中美郷" をタップリと魅せて欲しいのである。
野中美郷を知らずとも、野中美郷ってどんなヤツだろう?と期待して来ている人だって、各会場1人はいるはずなのだから。
あ、当然みちゃのヲタのヒトは行くよね。各会場10人はいるぞ。

大規模なツアーでひとりタップリと魅せる方法なんて、自分だけでは大それて考えつかないとも思うし、担当マネージャーや事務所の人、秋元康とも相談したっていい。
ツアー名に冠してもらっているのだから、もっとずけずけと要求していいのである。
それは、ツアー名に冠してもらった者の権利と言うよりも、むしろ責任であり、義務である。


さて、みちゃの文章は、いろいろ詰め込んでいて、私の脳には、この家族はいったいどういう家族なのか、すぐには理解できなかった。
しかし、何度も読んでみると、ひとりひとりのおどろおどろしさを必要かつ十分に表現していて、なかなか練られたいい文章だなと思った。

みちゃの、登場人物を自分の言葉で説明しながら自分の観点を入れ込んでしまう方法は、私がメンバー大勢に対してこう書け!と言っている感想文の形態とは違うけれども、感想文として正解と思う。
私がかつて赤毛のアンの感想を、アンが書いた手紙文に見たてて書いたとき、同じ手法を取ったのを思い出した。
みちゃは文筆家に向いているように思う。

とはいえ、みちゃもまだ掘り下げが足りない。

"人間は自己中心的な所はあるけど、愛情はあると私は思います。
けどこの話の登場人物はみんながみんな自己中でこんな悲劇になったと思います。"

みちゃは性善説を信じており、登場人物達は自己中の程度が激しいからたまたまこうなった、と考えているようであるが、私はちょっと違うと思う。
性善説・性悪説は、昔から議論のタネだったようであるが、私は性善か性悪かどうかは人間の本質ではないと思う。

私は、人間はあまねく自己中であり、駆け引きすることなく自分の権限の届く最大のところまで権利を主張し、時に悪事を働くと思っている。(言うなれば、性善説・性悪説ではなく、「自己中説」か。)
逆に、自分の権限が届かないところについては、なんとかヒトと駆け引きをして表面上折り合いをつけようとする。そして、折り合いをつけさせられて悔しい気持ちを整理するため、それをご大層に愛情と言っているだけだと思っている。

ごく稀に、自己中ではなく真の愛情を持った人間がいるが、それは人類における絶滅危惧種と言っていい。
ちなみに、日本の政治家や官僚の中では、自己中ではなく真の愛情を持った人間は、排除され絶滅してしまっている。(いつごろ絶滅したのか、そんなものは最初からいなかったのかは知らないが)


たとえば大西弘子は、私に対して愛情があるから、私の言い分に対して折り合いをつけようと、私と対話をしたか?・・・答えは否である。
私へ援助するかどうかの判断は大西弘子の権限下であったから、大西弘子は援助はしないと勝手に決定し、私の要望をすべて無視したのである。ただそれだけである。
そこに愛情はひとかけらもない。

日立製作所だって、私の言い分を聞くことなく、駆け引きすることなく、私の雇用者として私を懲戒解雇できる権限があったから、私を懲戒解雇したのである。

経済産業省だって、私の言い分を聞くことなく、私の公益通報書を処理しなくていい権限があったから(公益通報書を受理すれば絶対処理せねばならないとは、公益通報者保護法その他の法律には一切規定されていない。ウラを返せば、処理しなくても誰からも咎められないのである)、私の公益通報書は処理しなかったのである。

私は、自分の権限が届かないところについて、なんとかヒトと駆け引きをして表面上折り合いをつけるのが愛情の正体としたが、日立製作所は私に対してではなく、権限の届かない経済産業省に対して駆け引きをして、経済産業省が私の公益通報書を処理しないという愛情を手に入れたのである。
また同様に、日本政府は私に対してではなく、権限の届かないドイツ政府に対して駆け引きをして、ドイツ政府が私の亡命申請を受理しないという愛情を手に入れたのである。

愛情とはこれほどまでに、権力におもねったものなのである。

みちゃに卑近な例を示せば、どこかのスポンサーがAKBの選抜メンバーを使いたい場合、なんとか自分の権限が届かない、秋元康やマネージャー、電通と駆け引きをして、超選抜メンバーを入れる代わりにより多くの対価を支払うとか、逆に値段は低くていいからそれほど売れてないメンバーを多めに入れる、とかいう愛情を手に入れるのである。

世の中で言われる愛情だって、オトコがオンナに優しくアレコレしてくれるのは、未だ結婚してないためにセックスする権限がないから、優しさと引き換えにセックスをすることで折り合いをつけていると言える。コレが一般庶民の愛情の正体である。
オトコは、オンナと結婚してセックスする権限を得たら、セックスを優しさと引き換えにする必要がなくなる。だからオトコは結婚したら豹変して優しくなくなり、愛情がなくなったと嘆く女性が出てくるのである。一般庶民の愛情なんてこの程度である。


あなたは、人間の汚なさに触れるのはイヤかも知れないが、何回も触れてぶつかれば、彼らの思考パターンを理解でき、やがて彼らのホンネはなにか、彼らの権限はどこまでか、権限を超えてどこまで要求しているのかが、だんだん分かってくるようになる。

ちなみに、みちゃはこの物語を悲劇と評している。
悲劇とは、駆け引きが折り合わずに苛立った人々が、暴力的に解決することを指すと思われがちであるが、実のところ、強い立場の者がヒトの言い分を聞かずに強権を振りかざす悲劇の方が多いと思う。
ハラスメントと言われるものがそうであるし、虐殺だって、誰かがなんとか世間を騙してでも掌握した強権を振りかざしたものが多い。


みちゃには、これは登場人物みんながとりわけ自己中だから起こった悲劇であり、自分には関係ない世界のできごとなどとは思わずに、私が現実に遭ったように、権力に歯向かうなどでちょっとでも歯車がズレれば、どこでも誰にでも起こり得ることと認識して欲しい。

実は、ちょっとでも歯車がズレればどこでも誰にでも悲劇が起こり得ると、暗黙のうちに大勢が知っているからこそ、日本人は国民的に、ヒトと違ったことができないのである。

そんな脆い社会の中で、日本人が自分たちは平和だと信じ合っているとしたら、日本では現実を直視して発言できないまでに、人々の思考力が退化してしまっているのである。


ーーーーーー

妻の女友達 野中美郷
http://kansoubun.shueisha.co.jp/nonaka_misato/

 まず、最初に本の題名をみた時に、これは妻の女友達に夫が不倫してしまう話なのかなと予想して読みはじめました。
 でも、本を読み終えた時、その最初の予想とは遥かに違う話しでした。
夫は家庭が大事でした。そこを邪魔するものなど一切必要がないと感じていました。
ある日現れた妻の女友達。その人物のせいで自分の家庭が今まで通りではなくなり気に入らない夫。その気持ちもわからなくもないなと感じつつも、夫は女友達を完全犯罪した。妻もきっと喜んでくれるだろうと思った。それが夫にとっての破減で、妻にとっての幸福でしかなかった。
 読みはじめでは予想できない展開に読み進めていくのがすごく楽しかった。
そして、なによりも、物凄く怖かった。
登場人物には、それぞれの怖さがあった。
夫の自分の感性の押し付け。
妻の、夫婦間の仲をどうよくしていくかではなく、どうやって夫を切るかを考えていた事。
女友達は人を下に見て利用しようと考えているところ。
人間は自己中心的な所はあるけど、愛情はあると私は思います。
けどこの話の登場人物はみんながみんな自己中でこんな悲劇になったと思います。
 私は普段、本を読みません。そんな私がこの本を読んで本に興味がでました。
読めば読むほど展開が気になってどんどん読み進めていきました。
小池真理子さんの他の作品も読んでいこうと思いました。

ナツイチ メンバー一人ずつ講評 その68 注文の多い料理店を読んで 市川美織

※ 前回途中までのものをアップしたので、それを上書きしようかとも思ったが、
推敲の過程を見てもらうのも面白いかもと思い、敢えて上書きせず別にアップする。


フレモンちゃんは自分の思ったことを書いている。
どこか小学生のような文章とも思えるが、他のメンバーが陥ってしまっているように、大人ぶって目的を見失い "紹介文" になってしまうよりも、つたなくてもいいから目的に沿って自分の思ったことを書く方が10倍いい。

その上で、どうしてつたなくなってしまったかを考察すると、掘り下げが足りないのが原因と思うのである。

先日、恋愛コンサルタントの横山とやらのメルマガを読んで感心したのであるが、恋愛が上手く行かない男性の、女性との会話は、

「音楽は好き?」「はい」
「料理とか作ってんの?」「忙しくない日は・・・」
「休日はなにしてるの?」「読書してます」
「プロ野球知ってる?」「よくわかりません」

のように尋問調になってしまい、一問一答のネタがなくなるとそれ以上会話が続かず、女の子からしたら、私のことをなにも聞いてくれない、と思われてしまうそうである。

そりゃ、

「休日はなにしてるの?」「読書してます」
「読書って、どんな本を読んでるの?」「売れ筋の本です。『謎解きはディナーのあとで』は面白かったです」
「それは読んだことないなあ。本屋では見たことがあるから、今度読むね。」「ぜひ。」
「僕が読む本は推理小説ばかりなんだ。」「え?『謎解きはディナーのあとで』も推理小説ですけど?」
「・・・たはっ!言っても年に5冊くらいしか読んでないから」「お仕事忙しいんですか?」

となったほうが面白い。

会話をよく聞いて考え、内容をさらに掘り下げたほうが、相手が自分に興味を持ってくれていると思えて楽しいのである。
相手が安心感を覚える、と言ってもいい。

実のところみおりんだって、握手会の会話などで、このようなことは心がけているはずだ。
であればそれを、感想文に応用すればいいのである。


私は最近発見したのであるが、人間は意外とこの"応用"が苦手である。
算数の応用問題が苦手だったヒトは多いと思うが、応用が苦手なのは、時が解決してくれるものではない。
応用力とは思考力そのものであり、意識的に思考せねば、応用力は身につかないのである。

学校の基本問題は、教科書に書いてあるその通りにやればよい。
私はそんなひねりのない問題はつまらないと思ったものであるが、いま考えると、基本問題だけ解いて平均点が取れてしまう学校の教育は、暗記だけして思考力を育てない、教育の根本問題に通じるのである。

私は、考え方がユニークで自分で考えた跡があれば、答えは間違っていようが点数を与えられる仕組みにできたらいいと思う。
しかしそれでは、世の中に散らばる暗記だけで教師になったアホ共が、どうやって採点すればいいかわからないばかりか、生徒がどれだけ考えたのか自体、能動的に考えたことのない教師には判断がつかないと思うのである。
ダイヤモンドを削りたいと思っても、ダイヤモンドよりも硬い工具が必要になるからなかなか削れない、というジレンマである。

まあ、教育問題はウラを返せば教師の雇用問題であるので、一朝一夕にはいかないだろうが。


みおりんに戻って。
握手会の会話を感想文に応用すればいい、とは言っても、みおりんの文章には立て板に水のようにストーリーがあり、私の例に当てはめても、上の下手な例よりも、下の上手な例に近いと思える人も多いだろう。
それだけ、みおりんのストーリー構成力は高いのである。
ストーリー構成という点では、この感想文は佐江と同じくらいよくできており、AKBトップクラスと言える。

では、どこが足りていないのか?
私が例を示そう。

前に私がこの本を読んだときはとても恐しい物語だと思いました。でも、今思えば二人の紳士は怪物に食べられてしまっても仕方ないと思いました。
それは、二人が引きつれていた二匹の犬が死んでしまったとき「じつにぼくは、二千四百円の損害だ。」などと言って命の重さをお金に例えるなんてヒドイ人たちだなと思ったからです。
私であれば、犬が亡くなれば、まずは犬が天国に行けるようにとにかく祈ります。
少し時間が経てば、どうやって犬を埋めるかなど、もう少し具体的なことを考えるでしょうが、犬のことを素直に祈る気持ちは変わりません。
ところがこの二人は、犬のことを話していながら犬自体のことは考えずに、その犬が自分にどう利益を与えてくれるか、それしか考えませんでした。そこがヒドイと思いました。
しかし人間は、自分はそんな酷いことはしないと思いながらも、案外似たようなことをしてしまっていると思います。
たとえば私のお母さんは、「あなたのために」とか、「あなただけが私の生きがい」などと常日頃から言っていましたが、私がドイツで困難に直面したとき、私の送金の願いを無視して、私を助けてくれずに、「永く一緒にいれば情が移ってやがて好きになります。お金がなくてもなんとかなります。戻ってきてください。」などと言いました。
「あなたのために」はどこへやら、私を強制的に帰国させ、好きでもない相手と無理やり結婚させ、永く一緒にいさせて情を移させて、自分の世話をさせる。
すなわち、私のお母さんは、私が自分にどう利益を与えてくれるか、それしか考えていなかったのです。
私のお母さんも、怪物に食べられてしまっても仕方ないと思います。


私の挙げた例と比べたら、みおりんの文章はまだまだ掘り下げが足りないと思っていただけると思う。

みおりんの文章は、悪い言い方をすれば、著者に対して "おべっか" を言ってしまっているのである。自分の考えを本文になぞらえていて、おばちゃんの他愛もない世間話の"相づち"になっているのである。
おばちゃんの相づちなんて、本心とは違ってもいくらでも打ててしまう。
私は大西弘子の無意味な相づちをたくさん見てきたから、実感としてよくわかるのだ。

本当に著者の考えに共感したのであれば、本文になぞらえる必要などない。
一行の文章をネタにして、そこから著者と異なった方法で、自分の論をどんどん展開すればいいのである。
そして最後に論を収束させ、もう一度、著者と主張が変わらないことを示せばよい。
これはちょうど、算数の検算や証明と同じ手法である。
相づちのような、同じやり方で追ったところで、検算や証明にはならないのである。

もし著者と主張が違うのであれば、違ってもいい。
その場合は、なぜ違うのかを徹底的に検証すればいいのである。


みおりんはストーリー作りが上手いので、次になにかの機会があれば、著者の主張を検算する方法を試して欲しい。
考えが纏まり、説得力がグッと増すはずである。


ーーーーーー

注文の多い料理店を読んで 市川美織
http://kansoubun.shueisha.co.jp/ichikawa_miori/

 私は小いさい頃にこのお話を読んだことがあります。そのときの感想は「二人ともかわいそう」「怪物は怖い」でした。
 こうして少し大人になって読んでみると、また違った世界を見ることが出来ました。
 この本一冊の中には十四編収録されています。その中で特に印象に残ったのは、「注文の多い料理店」でした。
 前に私がこの本を読んだときはとても恐しい物語だと思いました。でも、今思えば二人の紳士は怪物に食べられてしまっても仕方ないと思いました。
 それは、二人が疋つれていた二匹の犬が死んでしまったとき「じつにぼくは、二千四百円の損害だ。」などと言って命の重さをお金に例えるなんてヒドイ人たちだなと思ったからです。
 だからきっと神様は、二人の破滅への罠を怪物に仕組ませたのだと思います。
 しかし、作者は二人を助けました。それは、「二人はあんまり心を痛めたために、顔がまるでくしゃくしゃの紙屑のようになり」という文に表されていると思います。二人は食べられる前に気づき反省できたから助かったんだと思います。ただ作者は二人に一生の十字架を背負わすために、紙くずのようになった二人の顔だけはもうもとのとおりにはなおらないようにしたのかなと思いました。
 私は、普段当たり前のように好きなことをして、好きな物を食べて生活しています。でもそれは贅沢こと。贅沢が出来ているのは、周りに支えて下さる皆さんがいるからです。毎日の「当たり前」に感謝していきたいです。そうしないとこの二人の紳士のようになってしまいますからね。

2chの通報コメはガセの可能性高し

ただいま、田舎の6人に出してきました。

昨夜も考えてみましたが、ガセの可能性が高いと思いました。

日立を公益通報→懲戒解雇された大西秀宜スレ4
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1375183558/l50


279 :最低人類0号:2013/08/19(月) 12:24:38.65 ID:q0NrvvOD0
盆休みが明けたら、また都の管轄部署に見解を尋ねてみるとするか。 
前回から2週間経ったが、その間、具体的にどのようなアクションをしたかを含めて。 

福祉保健局生活福祉部生活支援課 ○3-5320-4098 
特別区人事・厚生事務組合厚生部自立支援担当課 ○3-5210-9031 

280 :最低人類0号:2013/08/19(月) 15:18:03.75 ID:auBXmePS0
一応連絡したぞ。 
例のページ見て担当者が焦ってた。後は待つのみ。これで目が覚めるだろう。 


→都の管轄部署に対して私のことをいくら言おうが、
そいつによる元路上生活者(私)に対する新たな犯罪を引き起こし兼ねず、

「そのような人物を保護しているかどうかについては、
個人情報に当たりますので、一切お答えできません」

となるのがオチと思うけど。

それを押して、私のブログの記載事項を言ったところで、

「なにか法的に問題があるようでしたら警察へご相談ください」

と言われるやろな。


282 :最低人類0号:2013/08/19(月) 16:31:34.03 ID:auBXmePS0
本人の証言が正しいか処置されるようです。専門家でないのでわかりませんが。 
何もなければ72時間で拘束は解かれるとの事です。 
いつ強制的な執行があるかは言ってくれませんでした。 


→"本人の証言が正しいか処置されるようです。"
とは、どの証言を、どういう権限で都や区の職員がチェックするの?

"何もなければ72時間で拘束は解かれるとの事です。 " 
って、拘束ってなに?脅すために設定上の役割が警察とごっちゃになってないか?
都や区の職員が私を拘束できないし、"72時間" などと期限を区切るのもおかしい。

"いつ強制的な執行があるかは言ってくれませんでした。 "
って、都や区の職員が、なんの条例に基づいた権限でどうやって "強制的な執行" をするの?
やはり、脅すために設定上の役割が警察とごっちゃになってないか?

しかも、ガセネタだからこそ、"いつあるか言ってくれない" なんて曖昧な表現になるんちゃうか?

ーーーーーーー

これらは、以前私に対してあった、"Chisa Yamamoto" による、
ハンブルク領事館がさまざまな大西注意喚起情報を出している、とか、
"当局"の取り調べを受けた、というガセと同程度でしょう。


今回のものは、私を脅して、私を怖がらせて警察署に行けなくしたり、
行動を抑制するためのガセと思います。

この書き込み自体も悪質な脅迫罪に当たると思いますので、
こじきの件と共に、本日警察署で相談します。
コピーはないですがiPadで説明はできます。


これ以前の、"田舎の同級生は大西に興味がない" 書き込みも、
同級生達に対してコンタクトを取らせたくない者の書き込みと思います。

というのも、田舎の者は本当に興味がないと思えば、
これまで通り大西に勝手にやらせておけばいいだけなのです。

勝手にやらせたらマズいから、これまで書いてこなかったヤツ(に似せた者)が
慌てて、大西が資料を同級生に送らないように仕向けているのです。

だいたい、このページに親切に状況を教えてくれたヒトがいましたっけ?
内情を教えたふうにしているヤツはすべてガセでした。

(AKBについての書き込みと、新潮社担当者の書き込みはリアルと信じています。
あと、私の日立製作所時代の行動を論っての誹謗中傷も、
日立製作所の人間によるとしか考えられず、ネガティブな意味ですがリアルです。
大西弘子"晴"についても、一致する点が多すぎてリアルですね。)

そういう観点からも、今回の田舎の人物の言い分はガセと認識します。
尤もそいつが、日立製作所側の人間か、大西弘子の側の人間かは分かりません。
田舎を怖がるのですから、大西弘子の側の人間の可能性が高いと思います。

大西弘子自身よりも、むしろ親戚のほうが、アレコレ事実関係を問われたり、
どうして援助したり保護したりしないのか追及されれば
迷惑に感じそうですし。。。
そうすると、親戚の者のシワザか?

ワタシについて、本気になってきたヤツが増えてきたようで、
いよいよ面白くなりそうです。

人間の憎悪の念は、完全にシャットアウトして関係を断ち切らない限り、
増えこそすれなかなか減らないという性質を持っています。

それを、日立製作所が隠蔽により制御できなくすることも、ひとつの目標です。

« 2013年8月19日 | トップページ | 2013年8月21日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック