« AKB48チームA岩田華怜様20131120 | トップページ | 一社面接終わりました »

2013年11月21日 (木)

かぐや姫のおじいさんに関する疑問点

かぐや姫のおじいさんに関して,疑問に思ってきました。

おじいさん,かぐや姫を見つけて,この子は田舎でとどまっている子ではない!と決心して,都へ出て行きます。

普通の親ならば,いくら子供が賢こかろうがなんだろうが,自分らに合わせ,自分らの近くに置いておこうとするにもかかわらず,おじいさんはかぐや姫の運命,宿命を信じているようです。(月に帰るべきことまでは気づかなかったとしても)

・・・では,その宿命とは,誰でもいいから高貴なヒトと結婚すること,というのは,おかしくないですか?

もうコレは国母となるべき女性だから,最初から帝にお仕えさせるべき,くらいの気持ちがあって然るべき,と思うのです。

それくらいの覚悟がなければ,子供のために親は都になんか出て行きませんよね?

たとえば,芸能人だってそれは同じだと思います。

そのあたりの解釈がイマイチだったと思います。

さあ,これから,13時と16時の面接に行ってきます。

« AKB48チームA岩田華怜様20131120 | トップページ | 一社面接終わりました »

ジブリ」カテゴリの記事

コメント


しょうもない記事。

消せ、ハゲ!

>・・・では,その宿命とは,誰でもいいから高貴なヒトと結婚すること,
>というのは,おかしくないですか?

>もうコレは国母となるべき女性だから,
>最初から帝にお仕えさせるべき,くらいの気持ちがあって然るべき,と思うのです。


大西秀宜・・・・。順序が逆だ。時系列を考えろ。

かぐや姫の時代背景は、平安時代頃であるが、上流階級の貴族の一員となる為には、
まずは良い家柄の公達(きんだち。男性貴族の事。)と、
このかぐや姫を結婚させるところから始めなくてはならないんだよ。政略結婚と言うやつだ。

それでも国母云々には遠いかもしれない。当時の貴族社会と言うのはそういうものだからな。

なあ。大西秀宜。
[なんて素敵にジャパネスク]と言うライトノベルシリーズが有るから、
せめて、それを読むところから始めような。著者は氷室冴子氏だ。

この舞台背景が平安時代の貴族社会なんだよ。だから勧めた。
本格的な歴史の本は大西君には無理そうだから、こうした歴史ネタの本を読むところから始めるのだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/54006525

この記事へのトラックバック一覧です: かぐや姫のおじいさんに関する疑問点:

« AKB48チームA岩田華怜様20131120 | トップページ | 一社面接終わりました »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック