« 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月2日 »

2013年12月1日

2013年12月 1日 (日)

AKB48チームA岩田華怜様20131201

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

いちおう握手会場に行ったけど,伊達娘のトコには行かせてもらえんかった。
伊達娘のとこだけ警備員もおったりしたけど,あんなコトされたら他のヲタもみんな気にするやんかなあ。
AKSももう少し考えろっちゅうねん。

まあ,アホなアタマでいくら考えたトコで,ええ考え浮かばんのは目に見えとる。
秋豚程度の低脳がトップなんやから,できることなんかタカが知れとるなあ。

てか,秋豚連合の言い分はわからなくもないぞ。
秋豚はいわば社長やから,その社長に対してアレコレと文句を書いてくるワタシを排除しようとしたヤツがいてもおかしくはない。

秋豚自身が腐っとるのはもう十分に分かったけど,その秋豚をひどく言うヤツを仕留めて手柄を立てたいと思うたヤツが,AKSにはいっぱいおったんやろなあとも思う。

だからって,ファンレターに書いてあることを勝手に使っていいワケがない。

ふつうは,“秋豚”なんて書かれたところで,アホなヲタが言うとる,くらいで受け流せるハズなんや。
けど,AKSがワタシを受け流せんかったということは,ワタシがそれだけ核心を突いとったということの証明でもあると思う。

まあ,AKSがなんだかんだ言おうが,メンバーは自分のスマホとかでワタシの書き込み見れるし,そこでAKSのアホな舞台監督とかが気付かんような細かいことをワタシがチェックしとったら,どうしてもワタシの言うことに従わざるを得なくなるよなあ。

そう考えると,ワタシ,やっぱけっこうAKBのメンバーからの支持は厚いと見るなあ。
支持が厚いからこそ,AKSはチカラづくでワタシを追い落としにかかったんや。

けど,そういうのは日立製作所の失敗見とったら分かるんちゃうんか,と思うけどなあ。
日立製作所もチカラづくでワタシを懲戒解雇したら,もう騒げんと思うて懲戒解雇してみたんやけど,ドイツ行ってもて,ギャラリー増やして,いまも困っとるやろ。

その日立製作所の失敗を,自分らもやってまうかもと考えんとこが,秋豚はじめみんな,ヒトの失敗を自分に引き寄せて考えられんとこやと思うねん。

そういうのを,“他山の石”と言うんやで。
http://kotowaza-allguide.com/ta/tazannoishi.html
【用例】「彼の言動を批難するばかりでなく、他山の石とすべきだ。あなたにも似たようなところがあるだろう」

まあ,秋豚も,ワタシを低く見とって,ワタシのチカラがまさか自分のトコにまで降りかかってこんと思うとったんや。
または,ワタシのチカラが自分のトコにまで降りかかってきつつあるのを感じて,追い落としにかかったか。
その両方かも知れんなあ。

いずれにせよ,AKSはだいぶヤバいと感じとるのは確かや。

てか,今日も運営は郡司さんやったけど,ワタシの対応を郡司さんにさせて,伊達娘にファンレターを渡したとか最初言うとったのとか,全部郡司さんがひとりでやったこと,AKSはあずかり知らん,とAKSはシラ切る可能性さえある。トカゲのシッポ切りで郡司さんを,規定違反とかにして懲戒解雇になんかしてまう可能性もあるぞ。
会社ってそういうもんやねん。

ワタシも郡司さんについては,ウソついてハラタツことはあるけれども,AKSが郡司さんのシッポ切りしやがったら,ワタシは郡司さんを助ける。

郡司さんは,けっきょくはAKSの方針に従っただけや。
ホンマにアカンのはAKSやねん。もっといえば秋豚やねん。

・・・なんか,ホンマに,カリオストロの城の,
「いよいよ大詰めだなぁ,伯爵!」ってカンジやなあ。
まあ,秋豚は嫌って出てこんやろけど。

てかアイツ,ヒト前に出たら案外喋れんやろ。
ワタシ見たトコ,秋豚って内弁慶やねん。内弁慶やからワタシをアクセスブロックしてきたりする。
ワタシと言い合いしたら,言葉に詰まって黙りよるぞ。

あ,内弁慶ってワカランかもやから載せると,

うち‐べんけい  【内弁慶】
http://kotobank.jp/word/%E5%86%85%E5%BC%81%E6%85%B6

[名・形動]家の中ではいばりちらすが、外では意気地のないこと。また、そのさまや、そういう人。陰弁慶。「―な子供」

・・・な?秋豚って内弁慶やろ?

テレビのハナシもイマイチおもろなかったし,ドキュメンタリーだって,ワタシ褒めたけど,やっぱそれでもプロデューサーとしては納期を守るのはアタリマエで,それができてなかったと思う。
アーティストとしてはそれでも正解なんやろけど。

納期から遅れることが,秋豚にとっての予定調和になってもとるねん。
「予定調和」って,難しい言葉のようでいて,「アタリマエ」を言い換えただけやねん。
すなわち,遅れることがアタリマエになってもとる。それをどうにかすることこそが,出来上がった予定調和を壊すことになるんやけど,それを秋豚はわかってない。わかろうとしてない。

公演曲なんか,そのやり方でいつになったらできあがるかサッパリワカランねん。
けどそれは,ワタシが日立製作所ぶっ潰すとか言うとるのとは,ハッキリ言って次元の違うハナシや。

スタッフ集めて,エイヤ!でやったら,そこそこのものは計算できる。
100点を作ろうとしたら遅れるかもやけど,60点でいいと思えば期限内に作れる。

日立製作所も一緒やねん。そうやって,60点でいいから安いものを作ろう!という案はあったけど,100点やないと日立製作所ちゃう!とかって,なかなか安いものはできんかった。
それで,どんどんシェアを落としとった製品がある。
秋豚も同じ道を歩んどるとしか思えんねん。

そしてな,もう後は誰かに・・・なんて,秋豚も言うんやけど,カネとか名声とかが惜しいから,言うてみてもけっきょく,作詞作業はどうしても手放せんねん。

けどな,ワタシから見たら,メンバーがどんどん成長していきよる,その速度は秋豚にとっての1年とは比べ物にならんほど速いハズやのに,秋豚は自分のペースにメンバーを合わせていっとるように思える。

その根底にはどこか,メンバーはあくまで消費財,替えはいくらでもあるという,どこか人権を無視した考えがあると思う。

メンバーを,このメンバーしかいない!このメンバーのために!と思うのであれば,最高のモノを提供するよりも,最新のモノを早く提供したいという欲求が出てこなおかしいと思うねん。

言い換えたら,秋豚はメンバーのことを考えるよりも,自分の名誉欲が強いんやろなあ。
そういうトコが,ワタシどうしても受け入れられんとこや。

じゃんけん選抜をけっきょく予定調和で終わらせたのも,いつまで経ってもヲタからの搾取である握手会を変えようとしないのも,秋豚の性格を知ったら全部説明がつく。

チームKの曲で,スクラップ&ビルドってあるけど,ワタシから見たら,いま一番壊さなアカンのは秋豚自身やねん。→ 秋豚を焼豚にしろってコトやな。
そしてそれを拒んどるのもまた,秋豚自身やねん。

そういえば,秋豚とおぼしきのが,ワタシがドイツにおる頃に,ワタシが日本に帰ってくるのは「夕陽を見ているか?」の歌詞が分かったとき,なんて言いよったけど,ワタシあんま「夕陽を見ているか?」の歌詞好きちゃうねん。

・・・なんか,小さく纏まるのが正解みたいな,消極的な歌やねん。
ワタシそこが嫌いや。
けど秋豚は,自分が小さく纏まろうとしとるから,心地良く思うてまうんやろなあ。

・・・今日は,“秋豚”っていっぱい使って,AKSを挑発したったw

ほなね。

2013/12/01 23:26:12 おーにっちゃん

----------

勝間和代の「高学歴でも失敗する人,学歴なしでも成功する人」を読んで その2

頭がいい人の7つのスキルについて,自分がどう当てはまっているか説明しています。

キネマ旬報の,「かぐや姫の物語」特集を読んで思ったこと

ワタシにはどうしても,「かぐや姫の物語」は制作費50億円なんかでは作る必要はなかったと思えるので,述べています。
想定観客規模からいって,1億とかで作る方法を,高畑さんや鈴木さんは模索すべきだったと思います。

勝間和代の「高学歴でも失敗する人,学歴なしでも成功する人」を読んで その1

頭がいい人の7つの習慣について,自分がどう当てはまっているか説明しています。

続・AKS法務関係者と思しき陰湿な書き込みと,それに対する回答

先ほど挙げたIPアドレスから,再度法解釈に関する投稿がありました。

---------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/aks-ea9c.html#comment-102810151

IPアドレス:     223.223.106.188
名前:
メールアドレス:
URL:

内容:
--------
>何をやっても納得しないというのは、あなたが動画で語っていたクレーマー
そのものです。

これに対してはスルーですか?
自分に都合のいいものにしか回答しませんね。

>AKSに対してはファンレターを出しただけで,契約関係ないし

書面で契約を交わしていないとはいえ、ファンレターを出す際のマナー
という暗黙の了解は存在します。
検閲されることについてあなたは契約書を交わしましたか?
すべてのファンは同意の上でファンレターを出しています。
従ってあなたが違法に収集したという主張は全く通用しません。

もう一度言いますがあなたは【検閲したうえで黒塗りする】点については同意をしています。
---------

ワタシはクレーマーちゃうやろ。

だって,AKSからただのいちども,ファンレターの内容に関して苦情を言われたことも,
いやそれ以前に相談さえされたことがないから。

クレーマーって,動画でも述べたとおり,いくら売り手が説明しても納得しない顧客のこと。
売り手が一度も説明してないにも関わらず,クレーマー扱いするのはおかしい。

そして,ファンレターを出すマナーというのは,劇場側からすれば,

1.問題ないファンレター → そのままメンバーへ
2.若干問題あるが概ねメンバーが読んでもいいファンレター → 【検閲したうえで黒塗り】してメンバーへ
3.明らかに問題があるファンレター → 電話して,メンバーへは渡せない旨を報告する

この3パターンしかないんちゃうん?
ワタシに対して,問題と判断して勝手に収集するのは,この中にないやろ。

それ以外にやったら個人情報保護法違反やろが?って言うとるんやぞ。

なんかオマエ理屈が通ってないなあ。それでは訴訟で勝てんぞ。

やりなおし!再提出!w

AKS法務関係者と思しき陰湿な書き込みと,そこから推察されること

以下の書き込みは,他の人々の揶揄とは異なり,ワタシのファンレターの
内容自体が問題であるから,その収集は個人情報保護法違反に当たらないとの主張をしている。

しかも,この内容をよく読めば,ファンレターの内容について岩田華怜が怯えていることよりも,
ファンレターの内容についてAKSが怒っていることに論点を置いている。

この書き込みにより,今回の一軒が,岩田華怜の意思ではなくAKSが仕組んだものという構造が見えてきた。

そしてそれは,昨年Yahoo!ファイナンスに継続して書き込みされた内容とも符合するが,
そのときはマネージャー一個人の犯行かも知れないとも推察された。

今回,Yahoo!ファイナンスの書き込みから続く一連の内容,しうちが,
AKSの総意であることがほぼ判明した。

すなわち,岩田華怜にファンレターが渡っているかどうかは,岩田華怜の意思に反して実際のところわからないが,
仮に渡っていても黒塗りする前のファンレターがAKSによって収集され,
大西の問題発言として抽出されている可能性が非常に高い。

AKSが裁判に仮に最終的に勝つとしても,法廷にAKSが出してくるワタシのファンレターとその指摘内容が,
どれほど社会一般に対して説得力のあるものなのか。

ワタシは,AKSはファンにひどい仕打ちをする組織だと,世間一般に思われるのは間違いないと信じる。

AKSとやり合うのが本当に楽しみになってきた。


-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/aks-ea9c.html#comment-102804022

IPアドレス:     223.223.75.39

内容:
--------
切符は笑止千万だけど、メッセの前で写真撮ってもそれだけでは
あなたが会場内であったと主張する事の裏付けにはなりませんね?
38歳阪大大学院卒がこのレベルですか?
録音は?
尾行したと主張する警備員の写真は?
それがない限り戯言・妄言としか思えませんね。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/aks-ea9c.html#comment-102804561

IPアドレス:     223.223.75.39

内容:
--------
ファンレターの内容を検閲する事が個人情報保護法違反?
あなたは黒塗りにされる事を確認して同意している。
それは検閲を行い、不適切な表現を手紙に書くファンを選別する事を容認したと
いうことになる。
争点はあなたの手紙の内容が適切か不適切かでしかない。
で、不適切だからAKS側は対応を取った。
何の問題もない。

あなたは電子版で毎日書いているファンレターが適切な内容だと思っているようですが
世間は逆です。

10人中10人が迷惑な手紙だといいます。

アンケートで勝負しますか?
もし不適切が多ければあなたは諦める。
それでいいですか?


http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/aks-ea9c.html#comment-102805034

IPアドレス:     223.223.106.188

内容:
--------
>”それは検閲を行い、不適切な表現を手紙に書くファンを選別する事を容認した”
とまでは言いづらい。

その論理だとあなたは顧客情報によって携帯各社や銀行のBL入りしていますが、
これも個人情報の不正取得だと騒がなかればならない。
それをしないのはあなたの側に全面的に非があるのを理解してるからでしょう?

今回の件もあなたの書く内容に問題がある。
その証明は岩田華怜本人の気持ちですが、面と向かって「迷惑です」と
言われても納得しない。仮に直筆の手紙が来ても納得するつもりはない。
何をやっても納得しないというのは、あなたが動画で語っていたクレーマー
そのものです。
本人からの直接の言葉以上の対話など有り得ません。
そこで引かない時点であなたは【悪質なクレーマー】だということになる。
動画で語っていたクレーマー像と今のあなたはどこが違うと言うのですか?

ところで,オルタナどこ行った?

ワタシが約束を破った,なんて言うとったけど,そうやって逃げる口実作っとっただけなんやろ?
って言われてまうぞ?
てか,ワタシの訴訟はヤルヤル詐欺って言うくせに,オルタナが逃げてもみんな素知らぬフリを決め込んどるなあ。
こういうあたりも,オマエらの多くが工作員ちゃうかと思う原因なの。
フツー,オルタナのほうにも言うやろ。
それに,訴訟準備なんてそうそうすぐにはできん。
たとえばココに,秋田書店の,コンプライアンス通報した社員を逆に懲戒解雇した内容を
纏めとるヒトがおるけれども,懲戒解雇されたのが昨年3月で,訴えたのが今年の8月やからなあ。
それくらい,訴訟になるまでには時間があく。

AKSと話した内容や,今後について考えることなどの動画をアップしました

AKSと話した内容や,今後について考えることなどを,ざっくばらんに話しています。

AKSの次の手を予想する

岩田華怜直筆で、ワタシに対して、ファンレターが苦痛で読んでない旨を返してくるんちゃう?それをもって、ワタシの言い分は意味がないと主張する。この案は考えとるやろ。但し、それではファンレターという個人情報を収集し続けてきた理由の説明になってないから、ワタシはやはり訴訟に持っていくけど。てか岩田華怜直筆の
手紙があれば、それこそ文春に送ったら興味示すやろしなあ。こう書いて、AKSの動きを牽制しとるつもり。

これから山谷に行ってきます

ここ最近の状況とか、いろいろ話せそうです。

今日は炊き出し作業だけでなく、15時の配布作業まで手伝ってもいいかな。
公演もないし。

AKSと話した内容、尾行者、岩田華怜レーン脇に警備員がいたことなど

下記内容を、AKSの郡司さんと話しました。
2013/12/1 9:00~9:05 頃

順は前後するものもあると思いますが、概ね以下の内容でした。

大西:岩田華怜と握手できないのか?
郡司:だめです。費用は返金します。
大西:私は岩田華怜との握手の権利を放棄していないし、劇場で定めた手順を破って岩田華怜にファンレターを渡していないことに対して、キチンとした回答がないので、納得していません。だから返金という問題ではないです。
郡司:岩田華怜にファンレターを渡していないことに対しては、対応を検討中です。今後もブログに書かれちゃうので、交通費も含めて返金します。
大西:返金は拒否します。訴訟も検討します。
郡司:それでは、これ以上なにも言うことがないです。

郡司さんは、ワタシが現れたことを聞くと、どこかにトランシーバーで、30秒くらい連絡を取ってから、ワタシに会いに来られました。
戸賀崎とかが出て来るのかと思いましたが、違いました。
岩田華怜レーンに連絡していたのでしょうか。

9:18頃、会場左側、HKTのブース近くで、この書き込みを書き終えて動こうとすると、緑色の服を着た、30歳くらいの、そのまんま東を若く白くしたような感じの係員が、明らかにワタシをつけていたので、わざと寄って行って、
「ワタシをつけてませんか!?」
と言ったのですが、いきなりモノを書き出してシラを切りました。

AKS、尾行要員を複数用意しなかったようで、会場の反対側、いちばん右手前まで移動してコレを書いている現在も、20mほど向こうのホワイトボードのあたりに同じ尾行者が・・・
9:24 、いなくなったので、他の尾行に交代したのかな?

と、思ったら、ちゃんと付いてきてました。
但し、岩田華怜レーンあたりを通るときは、いなくなってました。

レーンを見渡して来ましたが、岩田華怜レーンにだけ右側に警備員が一人いて、ワタシが通り過ぎたときに胸に手を当てていました。
どこかに連絡をしていたのか、ワタシが来た合図だったのでしょうか?

9:34 離脱しました。

9:47 これから帰ります。

西船橋なう

とりあえず、握手会場に向かってます。

いきなり伊達娘レーンに行けば、出禁とか言われる可能性がありますが、
運営に寄って確認するくらいならば出禁とまでは言えないでしょう。

それを出禁と言うならば、逆に個人情報の不正取得の証拠が揃うことになりますし。


あと、伊達娘のレーンの警備が強化されているならば、それもチェックします。
ヲタがヘタに突っかかって暴力行為を働いて来たりしたら、逆にそいつを出禁にできるかも知れませんし。

11/30横山チームA Waiting公演(18:00 すーめろ生誕)を観た感想

通しで観るのは2回目だったので,ある程度は分かった。
前回観たのは11/5か。けっこう前やなあ。

[M1] ただいま恋愛中では,伊達娘がよく頑張っているように見えた。
前回伊達娘には,“なんか動きが遅れているところがある気がした。”とネガティブな感想を持ったので,ちゃんと改善できたのだろう。

すー,いずりな,まゆゆ,あんにん,あーや,あやりん,咲子さん,はるっぴがいる。
卒業したクリスに見えてしまうのは由依か?
朱里も発見。
なんか,りょーちゃんだけひときわ子供みたいに見える。

あんにんのパート,音程低いなあ。

伊達娘は,ワタシが相当カツを入れたからか,表情がゼンゼン違うように見える。
毎回これくらい明るく,楽しそうに踊ってくれれば,もっとファンが広がると思う。
これまでどうしても,そのモチベーションを維持できずに,ファンを減らしてきたこともあると思う。

あと,田野はおらんなあ?で,あのポニーのりょーちゃんではないがksgkっぽいの誰や?と思ったら田野だった。

[M2] くまのぬいぐるみは,今日の朱里はいいと思った。ダンスに勢いがある。

全体としては,ダンスが揃っているのはいいけれども,もっとみきちゃんみたいにハチャメチャに踊るヤツがいてもいいと思った。

[M3] Only Today では,田野のステップの取り方が由依と同じで,軽くていいと思った。
ちなみに伊達娘は,横のステップは苦手みたいで,足取りが重く見える。

何回も何回も,軽く見えるまで繰り返しステップの練習をしてもいいと思う。
田野だってダンス企画でそういう練習しとったし。

ひとりワカランのがいる。ふうちゃん?ゆかるん?どっちか分からなかった。
ってワカランのはふたりだった。

[MC] 
伊達娘/いずりな/まゆゆ/ゆかるん/咲子さん
あーや/りょーちゃん/朱里/りっちゃん/はるっぴ/ふぅちゃん
田野/あやりん/由依/あんにん/すーめろ

だった。
朱里はハイテンションだった。前回もハイテンションと書いていたので,最近の公演で朱里は爆発できているのだろうか。

はるっぴが「もつなべ」と言い,それを由依が「まつたけ?」と聞きなおしているのがおかしかった。
どんだけ滑舌悪いねん。

あやりん,アサイーボウルのせいで奥歯が欠けたと言っていたが,ワタシも先日ガムを噛んで歯が欠けた!と歯医者に行ったら,歯ぎしりなどでほぼ欠けていたものが,ガムで取れただけと言われた。
あやりんも本当の原因は歯ぎしりと思うから,あやりんのGoogle+にコメントしたった。

由依,はるっぴのキャッチフレーズ“スキスキスキスキスキーップー”の音程が不安定と言っているが,ワタシはそこまで気になってはいない。

すーめろ,公演いまのセットリストで,まだ振りを間違える,今度は間違えないように,と言っていたが,間違えることよりも,全力でダンスできることのほうを気にして欲しい。
小さくなってほしくない。

[M4] 記憶のジレンマは,伊達娘,咲子さん,いずりな,ゆかるんだった。

いずりな,歌いちばん上手い。表情もいいぞ。
ゆかるん,なんか声の質が変わった。音程それほどおかしくない,合っていると思うけれども,ハラから出てないので細く聴こえてしまう。
伊達娘はまだチト低いけれども,ワタシが低い低いと言ったら分かってくれたのか,音程のズレがだいぶ減った。
けれども,もっと合わせて欲しい。声の太さはあると思うので,自分の声を信じて,音程を合わせて欲しい。
咲子さんは,いまいち音程合ってない。

ワタシ今日,咲子さんに対して褒めたことがないことに気づいた。
しかし,咲子さんが嫌いなわけではない。

むしろ,咲子さんは音楽家として,自分のハラの中に正確な音程やリズムを持たねばならないと思うので,特に歌はそのために必要な能力と思う。
正確な歌声が出せるようになったら,ピアノの弾き方もまた変わってくるはずと思うから,それに将来的に弾き語りみたいなのも目指せるようになるし,なんとしても歌声は身につけて欲しいと思う。

伊達娘,元気なんやけど,チカラづくの強引なダンスをしている。
その要らないチカラが入った強引さがスッと抜けたら,またひとつ上手くなると思う。

[M5] キャンディーは,まゆゆ,はるっぴ,ふぅちゃんだった。
“ふぅちゃん,まだまだ歌い方が棒である。真ん中のほうでちょっとマシになったと思ったところもあったが。 ダンスも遅れ気味な気がする。 “
と前回書いたが,今回は棒とは思わなかった。
ただ,声が細いので,もっと太くするように頑張って欲しいと思った。

また前回,“あと,まゆゆ,これまでのメンバーに流されることなく,ちゃんとまゆゆのキャンディーになっている。
自分の歌い方で歌っているのが非常にいい。“ と書いたが,今日も同じ感想を持った。

はるっぴは,由依が先ほどはるっぴの声は不安定,と言っていたが,確かに音程が取れていなくて,由依が言っていたのは本当なんだと思った。
はるっぴ,歌はまだイマイチどころかイマ2くらいだが,表情が可愛らしいと思う。
ふぅちゃんは,音程は合っているけれども,声がまだ細い。

さすが,各グループからの選抜だけあって,まゆゆはもとより,はるっぴもふぅちゃんも,歌はまだまだとはいえ,魅せている感はチームKよりもある。

[M6] 残念少女は,りっちゃん,じゅり,あーやであった。

“残念なところを表現したかったのかも知れないが,りっちゃんのテンションが低くてイマイチと思った。音程も低い。 あーやも朱里も音程低い。“

と前回書いたが,今回りっちゃんはまずまず音程が合い,あーやはなかなか上手かった。
朱里はちょっと低いような感じがしたが。
25日間でだいぶ印象が変わった感じである。

そしてあーや,ダンスもまずまずである。朱里もいいぞ。
みんなまずまずタイミング合っているけれども,その中でりっちゃんがいちばん正しいタイミングに見えた。

そしてあーや,ダンスもまずまずである。朱里もいいぞ。
みんなまずまずタイミング合っているけれども,その中でりっちゃんがいちばん正しいタイミングに見えた。

前回,
“コレでは曲名ではなくパフォーマンス自体が残念少女である。パフォーマンスは残念にならないように,もっとハイテンションでやって欲しい。“
と書いたのとは全くベツモノのようである。

[M7] ツンデレは,由依,りょーちゃん,あやりんであった。

“由依は途中のソロ,明らかに音程が低い。 後で書くが今日の由依はおかしかった。”
と前回書いたが,今回は良かった。

逆にあやりんは,なんか音程が取れてない気がした。

由依は,もう少し脚広げてもいいと思う。太ももがぽっちゃり気味なので,脚を閉じていると目立つ気がするのだ。あやりんくらいの広げ方の方がセクシーに見えると思う。

りょーちゃん,ソロパート音程低かった。
なんかりょーちゃん,由依,あやりんとダンスしていると,大人2人と子供という感じがする。
まあでもソコがまた,大人に混じって頑張っている感じが萌えるポイントではある。

[M8] 抱きしめられたらは,あんにん,田野,すーであった。

あんにん,音程ちょい低いことが多い気がするが,ココの音程はバッチリであった。

チームBで最近ぽんみゆが同じポジをやっているが,音程を伸ばして最後下げるのがどうもイマイチ聞こえが悪くて,そこまで伸ばさなくていい(または伸ばすならば同じ高さで)とワタシは思うのであるが,あんにんは伸ばしてなかった。個人的にはあんにんの歌い方のほうが正解と思うのだが。
ぽんみゆも参考にして欲しい。

そして田野,また歌上手くなった。ビブラートっぽいのも出ている。
ちょっと声に厚みが増した感じである。

・・・と,思っていると,あんにんとすーめろは途中からなんか低くなった。
どうも,正しい音程がカラダに染み込まず,曲調に流されている感じがする。

田野はサビも含めて,最後まで合っていた。2人低くなってしまったところを自分は低くならず正しい音程を保てるということは,田野は音感がいいのだと思った。

逆に,いつも高くていい声をしていると思っているすーめろが低くなってしまうのは意外だった。

[MC] では,別ユニットのはるっぴ,あんにん,朱里が出てきた。
前回はまりん,あんにん,朱里だったので,出てくるポジは決まっているのだろう。

チキンを卒業したい,というお題で,朱里が何度も何度もチキンを連発していた。
しかしワタシは,朱里も胸デカくなったなあ,と思ってしまった。
マイクを持っていると,そこそこ胸があるメンバーはどうしても胸を抱え込む感じになるので,胸が強調されると思う。
しかし12期は胸厚が多いと思う。

[M9] ダルイカンジは,ある程度経つまで伊達娘が見えなかったが,歌声で引っ張っていってる感じがした。
だいぶマシになったとはいえ,まだちょっと低い気がするのだが。

りょーちゃん,細かい動きがいい。前回も指摘しているが。

伊達娘出てきて確認したら,よくガニ股を指摘していたが,ガニ股が気にならなくなった。
練習の成果が出ているのだろう。

[M10] Mr.kissman は,いずりなの笑顔がいいと思った。
あーや,改めて,動きの幅が広がったと思った。ヤル気を出してくれてうれしい。
ふぅちゃん,リズムがいいと思う。

ここの伊達娘パートは音程いいと思った。
伊達娘,脚の使い方だいぶ良くなった,下半身にも気が回るようになったと思う。

りょーちゃん,はっちゃけたダンスをしている。そうそう!その調子!

[M11] 君が教えてくれたでは,振りは田野がいいと思った。
伊達娘は,ちゃんと表情を客席側に向けられている。

伊達娘,ココのオリオン座の指し方,いいと思うけど,大場チーム4時代の向日葵も,こんな感じにして欲しかったのである。
あのときはもっとビシッ!と指していて,ウルトラマンか!って何度も突っ込んだ。

あーや,ココの動きもいい。そうそう。

[M12] BINGO! は,伊達娘,めちゃくちゃ元気で楽しそうに見えた。
客席もよく見ていた。これだけ楽しさを伝えていれば,ファンは増えると思う。
伊達娘白さが特に目立つから,いいパフォーマンスをすれば目立つと思うから。

田野もあれだけ表情良くやっているのは,見たことないんちゃう?というくらい良かった。
田野はこれまでどうしてもダンスに集中していたのか,ブスッとした顔が多かった印象があるので。

みんないい顔していると思った。

[MC] では,ふぅちゃんのリクエストで,チームB推しの「すーメロディ!」をすーめろがリアルに再現した。
みんな拍手喝采だったが,すーめろは恥ずかしがってちょっと低めの声で言うたやろ。それとも,CD音源が特別に高いだけなのか?

メンバー交代して,最後伊達娘が手を挙げて,実は咲子さんがタイプ!と言ったけれども,伊達娘のアップの表情が突然イマイチ冴えてなくて曇っている感じで,言う前から目をしばたたかせていたので,なんか言わされてる感を感じた。

[M13] 軽蔑していた愛情は,ココの最初いずりなはじめみんな,ちょっと音程低い気がした。
ご他聞に漏れず伊達娘も低い。
そんな中,百戦錬磨のまゆゆは正しい音程だった。

ココのダンス,みんな強引に見える。もっと曲に合わせてしなやかにダンスして欲しい。

[EN1] LOVE CHASE は,いずりなセンターでいいと思った。

ゆかるんと伊達娘が並んでいて比べやすいのであるが,脚のステップの速さ,軽やかさが全然違う。
やはり伊達娘は,脚のステップをもっと軽やかにできることをひとつの課題として,ダンスを練習したらいいと思う。

[EN2] 制服が邪魔をする は,1人目いずりな,その音程合うとる。
みんなだいたい音程合うとる。

田野らよりも,りょーちゃんの方が,目を引くダンスをしている。
りょーちゃんの,型から外れたようなダンスを,もっともっとチームA内でできるようになればいいと思った。

あと,合唱で誰かおかしな声が混ざっていた。
しかし,それぞれのソロを聴いても,おかしなのはいない。
誰かまでは分からなかった。

[EN3] ハート・エレキは,由依特徴のある声であるが,歌い出しの音程は合っていた。前回は歌いだしから合ってないと書いていたので進歩である。
しかし,主旋律になるとおかしくなった。由依もまだまだメロディが取れていない。

朱里がちょっと,手を斜めにするところの動きが,他メンに比較して足りてなくて目立っている感じがした。

伊達娘,パフォーマンスは変わらないし,笑顔もある程度あるのだが,咲子さんを好きと言った後あたりから,どうも客席をちゃんと見てないように思えた。

[EN4] なんて素敵な世界に生まれたのだろうは,すーめろがセンターでいい笑顔していると思った。
ただもっと,ダンスの中にいろいろ振りとか入れて,工夫できてもいいのであるが。そこがまだすーめろの課題であろう。

伊達娘,やはり前半は,自分が主役!というくらいに客席を見ていた。ココでも一応客席へのアピールをしているようには見えたが,横のゆかるんほどはやっていなかった。

最後,田野は次のシングルについて「鈴懸・・・結論!」と言って,最後「のようなもの」を忘れてみんなから突っ込まれていた。
田野は自分でも,言ってないことに気づいてないようであった。

そこで,すーめろが「言えたようなもの!」とフォローして,これまた大爆笑であった。
すーめろ,おもろいぞ。こういうところで気が利いたフォローができるのは,先輩として成長している証と思う。

生誕で,すーめろは,1年間の反省として,いままでチャンスを逃してきた,というのに気づいた,と,かなり深刻そうな話をした。逆に言えばそれだけ悩んだ1年だったのだろう。

けれどもそのおかげで,オムニバス映画の主演もGetしたようだし,このまま頑張って欲しい。

2013/12/01 7:01:26 おーにっちゃん

--------

チームA公演を観て思ったこと を動画で言っています

明日の握手会,とりあえず裁判で不利にならないように,顔だけ出しますというコトと,
チームA公演を観て,伊達娘はじめ他メンについても思ったことについてざっくばらんに述べています。

« 2013年11月30日 | トップページ | 2013年12月2日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック