« 2013年12月10日 | トップページ | 2013年12月12日 »

2013年12月11日

2013年12月11日 (水)

鈴懸なんちゃらの連想で,ウィンブルドンへ連れて行って の歌詞についてあれこれ考えてみました。

鈴懸なんちゃらの歌詞をボコボコに言いましたが,公演を観ていて,ウィンブルドンへ連れて行って の歌詞もたいがい妄想やなあ・・・と思って,一回しっかり調べてみました。

ウィンブルドンへ連れて行って
http://j-lyric.net/artist/a05197d/l01f1ff.html

まあ,詳細は上のリンクを見てもらうとして・・・

コレ,すさまじい妄想やなあw

> 通学の電車のドア近く
> 同じ時間よく会うあなた

> いつもテニスラケット
> 脇に抱えてる

> ねぇ頑張って初めての恋

だから,通学電車で,女の子がラケット抱えた男の子に初恋の片思いをして,
そこから妄想を繰り広げて,

> フレ!フレ!フレ!
> 夢叶えてね憧れの人

> テレビのテニスの中継で
> 想像したの 未来のあなた

> 名前さえも知らないあなただけど
> いつかは私を連れて行ってウィンブルドン

ということで,このオトコが女の子の尻を追いかけてテニスしているだけとかいう想像はせずに,一心にテニスに打ち込んで,世界大会に出るほどの壮大な夢を持っていると勝手に思い込み,いつの間にかそのウィンブルドンにちゃっかり連れてってもらおうとの魂胆まで見えます。

てか,ウィンブルドンってAKBやSKEの子らはどこにあるか知らん子もいると思うけれども,イギリスのロンドンにあるので,ちょっとやそっとでは行けるところではないです。

ハワイとかグアムでさえ1生に一度新婚旅行で行くのがやっとっていうヤツがいる,それどころか新婚旅行が国内ってヒトも多い中で,飛行機で十数時間もかかるロンドンまで連れてってもらおうとは,当然のように結婚まで妄想しているとしか取れません。

いや,初恋だからこそ逆にそこまで妄想できる,と言えるのかも知れません。
いやそうでしょうね。


この女の子はかなりの妄想癖で,まあコレが実現する可能性はほぼ0%ですが,だからといってこの歌詞に嫌らしさは感じられません。

それはやはり,どこか,女の子はオトコについて行くもの,という感覚が人間にはあって,それは決して日本だけじゃなく,アメリカでさえも認められるものと思います。
人間の本能です。(もちろん,だからといって,自立したい女性を否定するわけではありません)

コレが逆に,オトコが女の子に恋をした歌詞であり,女の子に対して,ウィンブルドンへ連れて行って!ってオトコが妄想する歌であれば,全員から
「仕事しろ!」
って突っ込まれると思います。

受け身なのがありありと受け取れて,「オトコらしくない」と感じるヒトが多いと思うのです。

鈴懸ってけっきょく,ウィンブルドンへ連れて行ってをオトコが主張したような歌になっています。

それを,声を大にして言えないから,”やや気恥ずかしい結論のようなもの”などと言って,クチに出すのを避けている歌です。

・・・いや,ひとつ違うか。

”ウィンブルドンへ連れて行って”は,妄想の中とはいえ,女の子は,オトコの子を応援する気マンマンです。

ところが,”鈴懸なんちゃら”は,気恥ずかしがっているようで,実は女の子がどう考えているかも対して考えておらず,だから女の子の具体的描写が一切ありません。
そうではなく,自分が如何に思うかを滔々と主張しているだけです。

もっとハッキリと言えば,”ウィンブルドンへ連れて行って”は,いくら妄想とはいえ,確かにそのオトコに対して恋をしていると言えますが,”鈴懸なんちゃら”は,実のところ恋をしている自分に酔っているだけの歌詞なのです。

もちろん,自分に酔っているだけの歌詞は,Only today などにもありましたし,アキブータンの数ある作詞の経歴の中で,そういう歌詞があってダメとは言わないのですが,シングルのタイトル曲にするのはちょっと違うかなあ,という印象は拭えません。

逆に,ワタシが伊達娘を応援するような,”ブロードウェイへ連れて行ったる”みたいな歌詞があってもいいのかも知れませんが,女の子に対してそういう応援の仕方をしているのは日本でもワタシだけのようですので,歌詞になってもあまり現実味を持って受け入れられないかもとは思います。

今日の公演

うめたのダンスが日に日に良くなる。

萌は昨日より良くなった感じ。

みきちゃんはいつもいいなあ。ヒトに伝えたい意思が強い。

あやなんも、観客へのアピールがすごい。

他のメンバーも良かったよ。

12/10峯岸チーム4手をつなぎながら公演を観た感想

今日は面接があり,途中からの鑑賞になった。
うめたが特に良かった。美月やひかりなど,人気では三銃士の影に隠れたメンバーが,決して隠れていないパフォーマンスを見せてくれたのがよかった。

[MC]の途中から観たが,
  /  /みぃちゃん/ゆいり/まなみ
さっほー/あやなん/こじまこ/さっきー/もぎ
だけが確認できた。

あやなんは,髪型から最初せいちゃんかと思った。
けど後で調べたら,15期のアンダーはきぃちゃんなのね。

[M5].Glory daysは,みき,萌,うめただった。

みき,今日も元気がいい。

うめたはなんかまた動きが良くなった。脚の動きにメリハリがさらについてすごい。

萌,“どうやって過ごせば輝くの?”のところなど,いつも低いと思う。
自分では正しい音程と思っているのだろうが,なんか低いとワタシが言っていることを一回考えて欲しい。

バックダンサーで,美月がなんかすごいダイナミックなダンスをしている。
やはり脚がよく使えている。

3人とも,タイミングもいいと思う。
ただ,欲を言えば,萌がそれほど目立ってない。それも,3人が頑張っている証拠なのではあるが,やはりダンスをやってきた,ダンス番長の自負もあると思うので,ダンスができるところをもっとちゃんとアピールして欲しい。

[M6].この胸のバーコード は,みぃちゃん,さっほー,茂木であった。

茂木,最初のほうは低くないぞ!
けど,ソロの“コンビニなら 不自然じゃないわ”あたりからおかしくなって,あとは低かった。
サビの“むーねーのーおーくにー きーろーくーさーれたー”も低かった。

ダンスは,茂木だいぶタイミング早めるよう直してくれて,3人ともだいたい合っているように見えた。
茂木が直してくれたのが大きい。

ダンスのタイミングを聞いてくれたので,次は歌もちゃんと聞いて直して欲しいところである。

[M7].ウィンブルドンへ連れて行って は,こじまこ,さっきー,あやなんだった。

前回から言っているが,やっぱこじまこダンス良くなった。

あやなんは,ズッと指摘しているが,もう少し高めの声にして欲しい。
直してないということは,自分では正しい音程と思っているのだろうが,カラオケの機械にかければ若干低く出るハズと思う。
そのぶん元気よさがなさそうに聴こえて惜しいと思うのだ。

こじまこ,脚の後ろへの蹴り下げとか,キチンとできていた。
見栄えがするようになった。
脚の踏み込みもいい。大きく脚を広げられている。
またこじまこ,声は,自分の声が大きくなったというよりも,マイクの音量を上げたカンジではあるが,聴いているぶんにはよくなった。

あやなん,何回か前に指摘して,1回直ったと言ったが,また自分のパートの歌い出しのところ,声が1音ずつ抜けるのが3回くらいあった。
やっぱ同じ音源使うとるんか?そういうクセなんか?

さっきー,脚をクネクネさせるようになったと思う。
そうやってまた他メンよりもアピールするのはいい心がけと思う。

[M8].雨のピアニスト は,あやか,なぁちゃん,まなみであった。
おっと,メモにはおもいきり“あやか,ゆいり,まなみ”と書いている。
あり得ない書き間違いである。

なぁちゃんは,深い声を追求してはいるのであるが,同時に低くもなっている。
深い声で,しかし正しい音程になるのが最終目標であり,音程の低さは直さねばならないと思う。

あやか,ダンスも歌の音程も合っているから,もう少し歌声が棒なのをどうにかしたい。
MCで,舞台に出たらなかなか発言できない,という旨を言っていたが,それが歌声にも影響しているのではないか。
MCでもっと素直にいろいろ言えるようになれば,MCで抑揚が出せることに繋がり,その結果歌声にも抑揚がついて上手くなるのではと思う。

まなみ,歌もダンスもなかなかいいぞ。けれども,あやか以上に棒に聴こえた。
あやかへのアドバイスで気づいたが,MC苦手なメンバーは歌声も棒なことが多いので,歌声のためにももっともっとヒト前で喋る訓練もして欲しい。

ダンスは,3人ともよく合っている。
呼吸レベルで合っていると言ってもいいと思う。

[M9].チョコの行方は,前回と同じで,みつき,ゆいり,ひかり,せいちゃんであった。

美月,前回まで音程低いと言ってきたが,今日はいい声している。
また動きの範囲も広くていい。
あと,笑顔もいいなあ。てか改めて思うと,なんかリスみたいな顔しとるなあ。

・・・と思っていたら,“女の子のそんな勇気を” というところはチト低かった。

ひかり,なんか客席に訴えかける感じがだいぶ出てきた。いいぞ。
ゆいり,せいちゃんも可愛くできている。

スキップとかは,ゆいりがいっちゃん元気にできていると思った。

[MC] は,眠いときの対処法,というお題だった。

せいちゃんが,カフェインを飲む,というしごく真っ当な答えを言っていたが,ワタシは,ひかりの言うように,眠いときは寝るに限ると思う。
起きていても次の日に差し支えたりして,トータルでマイナスと思うから。

[M10].Innocence は,歌い出し1人目,誰かわからなかったがいい。
2人目はみぃちゃん,いいと思った。
その次,2人くらいで歌っている1人が低いと思った。茂木ちゃうか?
その後のソロの茂木はいい声していたが。

まなみのダンス,隣にいる萌よりもいい感じがした。
入ってきたときはそこまでパッとはしない気がしたが,どこでこれだけ上達したのだろう。
パジャドラ公演の最後あたりから,まなみはダンスがものすごく上手いという印象である。

みきちゃんは今日も元気な印象であった。
前回飛躍的に良くなったと評したこじまこがみつからない。どこ?

[M11].ロマンスロケット は,ひきつづきこじまこを目で捜索。
なぁちゃんとか確認できるが,ワタシの目にはこじまこが見つからない。

萌の脚の上げ方,またパワーアップしてないか?
なんかロビーからは,脚がもげそうに見える。

歌声は,みんなチト低い気がする。
歌うのではなく,フツーの声をそのまま出している感じなので,そのぶん低く聴こえるのだろうと思う。
サビはみんなキチンと歌っているので,低くは思わないのだが。

こじまこやっとみっけ・・・いや,あれはみきちゃんや。ツインやもん。

[M12].恋の傾向と対策 は,あやなん→なぁちゃん→萌→こじまこ→みき,の順のソロであるはずだが,今回も,こじまこパートは他メンも歌っているように聴こえた。
どうもこじまこ,声量がないからテクニックでカバーしてもらっているカンジやなあ。
いまはいいけど,将来を考えると,本格的にボイトレして欲しい。
こじまこはセンターの器だと思うので,こじまこだけでなくAKBのためにもボイトレして欲しい。

“友達に相談したら ねえ 嘘でしょ?って笑われた”ココ,美月低い。
“きっとデートをする時も 微分積分解いているわ” ココ,茂木低い。

うめた,ジャンプするようなイメージではなかったのに,ジャンプしていて,またダンスできるようになったのを確信した。
ゆいりのはっちゃけ具合が,相変わらずすごいと思った。

こじまこ,やっと発見。
せいちゃんみたいな髪型しているから,なかなか分からなかった。
ちなみにあやなんもせいちゃんっぽく見える。
とはいえ,パフォーマンス的に目立っていればもっと早く分かったはずで,前回感じたほどのパフォーマンスはしてないのではないかと思った。
あやなんも同様に,ヒト一倍のパフォーマンスまではできてなかったのだろう。

[MC] は,前半は,AKBができた8年前は,自分はなにをしていたか?であった。
チームA公演でも同じお題があったなあ。

こじまこは,男の子に追いかけられて,女子トイレに逃げ込んでいたらしい。

そういえば,ワタシの通った小学校は,26年以上前だが,まだトイレが男女別ではなかった。
だから,三角コーナーに生理用ナプキンを入れる女の子もちらほら出始めていた。

そんなときに,同級生の女の子が,なにがどうなったか経緯はわからないが,生理がバレて,多くの男の子にバカにされて問題になったことがあった。
トイレが男女別でなかったなんて,いくら小学校とはいえ,いま考えるとウソみたいなハナシである。

まなみ,幼稚園のときにカブトムシの幼虫を平気で触っていたそうである。
だから,楽屋にゴキ○”リが現れたときも,メンバーが怖がる中で,自分で処理したと言っていた。
・・・てか,“楽屋にゴキ○”リが現れた”って話題,さすがにアイドルはNGちゃうんか?w

せいちゃんは,8年前5歳だったと言ってみんなを驚かせた。
まあ中3の伊達娘が7歳なんだから,中1のせいちゃんは5歳なんだけど,7歳と5歳はまたすごい開きがあると思ってしまう。
コレが37歳と35歳ならば誤差の範囲なのだが。

後半MCは,日々のうっぷん晴らし,というお題でだった。

あやか,楽屋裏ではよく喋り,ksgkなのに,舞台に上がると喋らなくなってしまう,と暴露されていた。
あやかの言い分に依ると,見られてる感があって喋れなくなってしまうそうだ。

しかし,アイドルなんて見られてるのが仕事,見てもらえなくなったら終わりという世界なので,いち早く苦手を克服して,もっと喋れるようになって欲しい。
まだまだおとなしくて目立ってない感があるし,上でも挙げたとおり,それが歌に感情がこもらない原因にもなっていると思うので,極端なハナシ歌やダンスは後回しでもいいから,とにかく思ったことを楽屋裏と同じ調子でヒト前でも出せるようになって欲しい。

それができるようになれば,その成果は歌やダンスにも還元でき,さらにパフォーマンスの向上に役立つと思う。

せいちゃんは,ゆいりやあやかと仲良くしているが,さっきーや茂木とはまだまだ壁があるらしい。
・・・いやそれ,さっきーや茂木が苦情を言うのではなく,さっきーや茂木のほうからぜひ緊張感を解いて欲しい。

さっきーや茂木だって,12期や11期の先輩から話しかけられた経験なんてそんなにないだろう?
11期なんて特にチームで一緒だったこともないし。
しかし,もっと12期や11期,その他の先輩が自分に話しかけてくれたら,辛い思いをせずにラクだったのに,と思うこともしばしばあると思う。

そう実感しているのであれば,なおさら,自分から話しかけるべきなのである。
自分が,こうしてもらえばと思ったことを,逆の立場になったときにヒトにしてあげられる人間はなかなかいない。
なかなかいないからこそ,そういうことができる人間は,人生でも成功しやすいと思うのだ。

[M13].大好き は,頭にひまわりをかざしたメンバー,どうもあやなんかな?なかなかアピールができていると思った。

“生きることの意味が 本当にわかったわ” ココちと低い。

みきちゃん,めっちゃアピールしている。
パフォーマンスに対して,観客に対して,貪欲だと思う。いいぞ。

みきちゃん,大好きなの,のタイミングで,ホンマに大好きっぽい感じが出せている。

[EN1].ロープの友情 では,みきちゃんとかゆいりが,めっちゃいいと思った。

こじまこはなかなか判別できない。
みきちゃんと手をつないだアレっぽいなあ・・・
けど,パフォーマンスに対して指摘まではできなかった。

[EN2].火曜日の夜、水曜日の朝 は,みんな,声いいと思った。

髪を上げた,ちかりなみたいなカンジのメンバー,なんかすごいダンスをしている。あれ誰・・・?
としばらく考えて,うめたか!と思った。
すごく成長している。めちゃくちゃ見栄えがする。
動きだけでなく,動きから動きの間で止まったときのポーズもいい。

みんなよく踊れている。

[VTR] は,美月だった。

いま身長が170で,175は欲しいとのことだった。
そして,みんなからの質問も,身長に関してばかりだった。

ワタシなんか,パフォーマンスで心がけていることとか聴いてみたいけどなあ。
ワタシもう身長伸びんし,身長の伸ばし方聞いたって無駄ってのもあるけどw

VTRの最後に,モデルの仕事待ってまーす!!って,ずうずうしくも言っていた。
ココで言ってもすぐ仕事に繋がることは少ないとは思うけれども,こういうずうずうしさが,いずれ業界のヒトに伝わって,何年か後にでも仕事に繋がると思う。
いいアピールだったと思う。今後もどんどん貪欲にアピールして欲しい。

[EN3].遠くにいてもは,なぁちゃんの斜め後ろのメンバーが,観客に訴えかける感じが良く出ていた。あやなんかな?背は小さい。
最後前に出てきて,こじまこの上手側,なぁちゃんとの間にいた。

あと,みきちゃんも観客に訴えかける感じが良く出ていた。

なぁちゃんはじめ他メンは,そこまで客席へアピールできてないと思った。

なぁちゃんは,こういうのを書くと必ず発奮すると思っているので,期待して敢えて名前出してみている。

2013/12/11 16:55:08 おーにっちゃん

------

AKB48チームA岩田華怜様20131210

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんにちわ。おーにっちゃんです。

なんか今日も眠りが浅かったみたいで,さっき昼寝した。
けど明日は,

エコプロダクツ2013
http://eco-pro.com/eco2013/

にでも行ってみようと思う。

一応こういうところからでも採用の可能性あるかもやし,日立製作所をちょこっと偵察するのもいいしw
こう書くと,日立製作所警戒するかもやけど,担当者レベルにいちいち周知徹底したら逆に悪の組織みたいになってまうから,まあトップの数人が気にしとるレベルやと思うなあ。
それに,就職エージェントにも引き続き登録せななあ。

伊達娘も一回,鈴懸なんちゃらの歌詞ちゃんと読んでみろよ。
ワタシはひどいできと思うなあ。

それ以前に,鈴懸の木,って言われてもピンとこんから,検索したら,

http://www.hana300.com/suzuka.html

”プラタナス”らしいなあ。プラタナスであれば,名前は聞いたことある。
けど,写真見てもイメージわかんけどw

やっぱ日本人ならば,もみじとかかえでとかになるんかなあ?
いやかえでも日本というよりもカナダのイメージやけどw

まあ,ひどいできったって,好きな女の子にそういう感情を抱いて,日々妄想しとるオトコが日本中に大勢おるというのも理解する。

しかしや,やっぱコレ女の子の側から見たら,こういうオトコめんどくさいと思うねん。

アキブータンはこれまで,女の子の言い分を代弁しとるってAKBメンバーからも言われて,さらにそれは,UZAとかで,女の子の言い分だけでなくオトコの内なる願い(ホンマに行動できるかは別としても・・・)を言えるとして,恐らくAKBメンバーからも評価高かったと思う。

けど,このオトコはちょっと願い下げやろなあ。

もちろん,女の子ったっていろんなパターンがあるから,自分が主導権を握りたい,お姉さんみたいに振る舞いたいタイプにとっては,こういう内気で言い出せずに悶々としとるタイプのほうが心地いいかも知れんなあ。

で,いま改めて歌詞を読んで思った。

> 僕は理由を知りたい
> 目が覚めた時に胸のどこかが
> 切ないのはなぜだ?

答えはひとつしかないよなあ。
けっきょく,いくら言い訳を考えても,本心を隠して生きとるから切ないねん。

その女の子だって,こんな内気であれば,自分に気づいてくれずにどっか他の,もっと情熱的なオトコに取られてまう可能性高いわなあ?

“自分が主導権を握りたい,お姉さんみたいに振る舞いたいタイプ”って書いたけど,そういうタイプと自分で思っていてさえも,情熱的にアプローチされたら,ストーカーでもない限り,断る女の子もいないと思う。

そんななかで,言い訳ばっかの歌詞やんなあ。

言い訳Maybeが,女の子の・・・って書こうとして,いまはじめてちゃんと歌詞読んだら,コレオトコの視点の歌詞なんやなあw
2回“僕”って出てきとる。これまでゼンゼン気づかんかった。

とにかく,言い訳Maybeが,言う勇気がないけれどもやっぱ言いたい!という,あと一歩のところにいるオトコを描いとるのに対して,鈴懸なんちゃらは,ゼッタイ言えん!とココロを閉ざしてもとる陰気な感じを受けるなあ。

そのくせに,“運命”とか“永遠”とかいう言葉が出てくるからキモチワルイねん。

コイツ,それで好きな女の子に好きとは言えず,20代になって,女の子との恋はもうたくさん!なんて勝手にひがんで,ゲイに走るカンジがするなあw
そういえば,アキブータンってゲイを歌詞に取り入れたりしとるしなあ。

> 落ち葉踏みしめると
> 君が恋しくなる

・・・ってのも弱いなあw

たとえばワタシが伊達娘のことを思い出すのに,落ち葉とかそんなツール要らんぞ。
24時間ずっと思っているといえばウソになる,ちゃうことに集中しとるときもあるけど,とはいえ何かの拍子に思い出すことなんか毎日アタリマエのようにあるし,だからこそこうして毎日ファンレターも書けば,2chに書き込んだりもしとるし,公演の感想にもついつい引き合いに出してもたりする。

どっか行ったら必ずお土産買って来たしなあ。
まあ,しばらく出せそうにないけど。

また鈴懸に戻って。

> ある日角にあった
> コンビニがなくなって
> 曲がらないまま過ぎてしまった
> 僕の無意識地図

コレ,どういう意味なんかなあ?
本筋とまったく関係ない気がするよなあ。

コンビニがあって,たとえばその角を曲がったところに君の家があって,コンビニに寄るという行為をダシにして君の家を見に行った,とかいうのがあると仮定したら,コンビニがなくなるってのは一大事で,”曲がらないまま過ぎてしまった ”で”無意識地図”は繋がらんしなあ・・・

どういう意図があるんかなあ?

> 落ち葉踏みしめると
> 君が恋しくなる
> 風に吹かれ どこか飛んでく
> 自由 奪ったのか

この最後の2行もヨウワカランなあ。
落ち葉を君にみたてて,自由が奪われとるから,自分は君の自由を奪ったらアカンとか言うとるんかなあ?

けど,落ち葉自体が君かどうかなんてヨウワカランし,ちょっとこじつけすぎな気がするなあ。

なんか,このオトコはものすごくアタマデッカチなヤツってカンジがする。

ワタシもそれほど読んだワケちゃうけど,なんか太宰治が恋についてグダグダ持論を展開したら,こんなカンジになるんちゃう?って気はする。

太宰治って愛人と入水自殺したんやから,ちょうどこんなカンジにうってつけやろ。

君のことは好きだけれども,僕には君のことを幸せにする自信はない。
・・・だから死のう。
みたいな。

そういう目で見ると,この歌詞には,自分は将来就職できずにニートになってまうかも知れん,それでは結婚もできん,という考えがウラにはあるんかもなあ?

けどさあ,ワタシの今回の一件を見とったら,そういう隠蔽工作を働いて,既得権益にしか利益が回らん社会の仕組みを作っとるのは,アキブータン自身やないかなあ。

ワタシやっぱり,この鈴懸の歌詞は駄作やと思う。

どっからどう考えても,モヤモヤが取れんもん。

まあ今日はそんなカンジで終えようか。

ほなね

2013/12/11 15:01:02 おーにっちゃん

------

このブログ,実は女性の読者がめちゃくちゃ多かった!? 男性8.8% 女性91.2%

とりあえず,証拠から見てください。
20131211_1

20131211_2

まあ,なんかのミスとは思いますが。
そこまで女性に人気あるとも思えませんし。

しかも,40代が67.5%ですから,掛け合わせると閲覧者の半数以上が40代女性ということになってしまいます。

ワタシの感覚からは,

・女性が多いのはダウト。恐らく初期設定で女性になってしまう。
・年代も同様に,恐らく初期設定で40代になってしまう。

と思います。

さらに,地域もめちゃくちゃです。

赤色は茨城,福井,福島あたりになり,その次に宮城になっていますが,
これまでのデータからも人口比からも過半数が東京からのアクセスであることが分かっています。

まあワタシは,AKBのヤツらが大勢見ている(そりゃ自分らのことが書いてあるのですから)
とは思ってはいますが,さすがにSKE,NMB,HKTまでは広まっていないとも感じています。

ワタシがAKBメンバーだったら,やっぱチェックするもん。
自分のことが書かれているか気になる,しかし公演の感想を書いているヒトは少なく,
仮に書いていてもほとんどがMCで(よく知られている”メモリスト”でさえも),
パフォーマンスに言及しているのはワタシくらいしかいないので。

昨日のAKBチーム4公演でうめたが良かったこと,あと伊達娘について

昨日のAKBチーム4公演でうめたが良かったことについて語った後に,
伊達娘について,お小言,というよりもアドバイスを送っています。

https://www.youtube.com/watch?v=J-5s5o3xxDM

エサまいたらアキブータン一匹釣れましたw

ホンマに書いて来よる。分かりやすいやっちゃなあw

-------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/ww-4d8f.html#comment-103156210

IPアドレス:     124.146.174.225

内容:
--------
おーにっちゃんはこの曲の歌詞の主人公って誰だかわかる?
歌詞の中の一人称僕じゃないよね?
僕が見ている女の子が主人公だよね?
だからその主人公を見てあれこれ思う男の子に突っ込むのは枝葉末節だと思うなあ。
じゃんけんの曲でいうと去年の永遠プレッシャーは
歌詞の中の私=歌い手で今回とは違うよね。
そういう使い分けが出来たらいいんだけど、
おーにっちゃんが前に書いてた歌詞は全部
歌詞の中の私が主人公になってなかった?
やっぱりその辺りだと思うなあ。
-------

一個一個見てこか。

> おーにっちゃんはこの曲の歌詞の主人公って誰だかわかる?
> 歌詞の中の一人称僕じゃないよね?
> 僕が見ている女の子が主人公だよね?

「僕」にとっては主人公は女の子かも知れんけど,
第三者がこの歌詞を読んだら「僕」にしかならんぞ?

ようはこの歌詞を誰が読んでどう考えるかを理解しとかなアカン。

”視点を変えたらこうとも取れる”というのは真やけど,
だからといって第三者的視点での主人公は厳然としてあって,それは変わらんの。

しかもさあ,歌詞に戻るけど,

> 君の微笑みを (微笑みを)
> 夢に見る (夢に見る)

などと言ってしまっているように,ココでの女の子はリアルではなく,
むしろ僕のココロの中でイメージした女の子やねん。

だから,女の子に関する具体的描写なんかないぞ。

> あの頃のように 大声で笑う

強いて言うならばコレくらいちゃうんか?
”大声で笑う”という特徴しか挙げられん。

鈴懸の道をかつて一緒に通った,などという描写は一切ないから,
そういうところに一緒に行ってみたいなあというオトコの妄想でしかない。

> だからその主人公を見てあれこれ思う男の子に突っ込むのは枝葉末節だと思うなあ。

以上から,むしろ本質と思うけど?

悔しかったらもっと女の子の具体的特徴入れとけよ。

> じゃんけんの曲でいうと去年の永遠プレッシャーは
> 歌詞の中の私=歌い手で今回とは違うよね。

ハナシ逸らしてきたぞw

> そういう使い分けが出来たらいいんだけど、
> おーにっちゃんが前に書いてた歌詞は全部
> 歌詞の中の私が主人公になってなかった?
> やっぱりその辺りだと思うなあ。

この場合の”歌詞の中の私が主人公”は,”歌詞の中の私=歌い手”ってことか?

そら,アキブータン自身が,3/14のホワイトデーに,メンバーにアテ書きしろと言ったりしたし,
もちろんワタシもそのほうが書きやすかったというのはあるぞ。

しかし,もう30年くらい作詞しとるヤツが,ワタシが即興で作った歌詞を
同列に上げて非難するというのはちょっと大人気なさ過ぎるんちゃう?

まあ,それだけ精神的に追い詰められとるんやろ,というのはありありと受け取れるよ。

しかし,ヒトにいっぱい詞を書かせといて,その講評もおろそかにし,アトで文句言うために使うってなあ。
やっとることがガキ過ぎて笑える。
これぞアキブータンクォリティやなあ。

« 2013年12月10日 | トップページ | 2013年12月12日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック