« 年越しそばを食べました。それと,大島優子卒業について思うこと。 | トップページ | 伊達娘の書き込みと思わせたいんやろけど・・・ »

2013年12月31日 (火)

AKB48チームA岩田華怜様20131231

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

なんか,今年も最後やから,総括でもするか。

丁度前半半分はドイツにいて,後半半分は日本におったんやな。
後半6ヶ月でも,韓国行ったり帰ってきて一旦就職したりといろいろあった。
やっぱワタシもいろいろやっとるやんなあ。ジッとなんてしてない。

そして,ここ最近が特に動きあったけど,やっぱAKSどんどんマズい手を打ってきたと思うねん。

2chではアレコレと,ワタシが意味ないコトをやっとると書いてきとるヤツ多いけど,それは工作員が言うとるだけであって,ワタシはめちゃくちゃ意味のあることを一歩一歩やってきた。
伊達娘は実感しとるやろ。その実感は正しい。

いくら法律に決まっとるといっても,最後は人々のココロにどれだけ訴えとるかというコトやと思うねん。
ワタシはそれを,裁判になるまでになんとか世間に出す。
いやもちろん,法律的にもワタシのほうが正しいことの裏づけは取るけどよ。

しかし,ワタシ,もうドイツに行く前から言うとったけど,裁判信用してない。
裁判よりもむしろ如何にマスコミに騒がれるかのほうが大事やねん。

裁判で判決が出たからって,それが発端で大事件になったことなんてまあない。
伊達娘は知らんやろけど,雪印だって,船場吉兆だって,リーマンブラザースだって,全部会社がおかしなコトやっとって,裁判になるまでもなくマスコミにスッパ抜かれたから大問題になって,会社が潰れてもてん。

・・・そう考えるとな,雪印にしろ船場吉兆にしろ,マスコミに漏れんように隠蔽工作したハズやねん。
どうやって,隠蔽し切れんようになったのか,雪印や船場吉兆が潰れた背景を調べてみるのもええんかもなあ。

てか調べたら,雪印の場合は,バレた原因が集団食中毒なんやなあ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E5%8D%B0%E9%9B%86%E5%9B%A3%E9%A3%9F%E4%B8%AD%E6%AF%92%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ちょっと長いけど引用するとな,

――――――――――
経緯
2000年6月25日、雪印乳業大阪工場(大阪府大阪市都島区)で製造された「雪印低脂肪乳」を飲んだ子供が嘔吐や下痢などの症状を呈した。6月27日に大阪市内の病院から大阪市保健所に食中毒の疑いが通報された。6月30日に保健所から大阪工場に製品の回収を指導した[1]。
この頃には各地から食中毒の情報が入ってきていたが、大阪工場は言を左右にして応じようとしなかった。6月29日に事件のプレス発表と約30万個の製品の回収が行われたが、既に対応が遅れ、プレス発表後は被害の申告者が爆発的に増え、大阪府・兵庫県・和歌山県など広範囲に渡って14,780人の被害者が発生するという前代未聞の集団食中毒に発展し、世間を震撼させた。
被害者の訴えた症状は嘔吐・下痢・腹痛であり、総じて比較的軽いものであったが、入院に至った重症者もいた。

原因
事件直後の7月1日に行われた会社側の記者会見では、大阪工場の逆流防止弁の洗浄不足による汚染が明らかにされた[3]。大阪保健所も、それ以上の原因追及は行わなかった。
しかし、大阪府警のその後の捜査により、大阪工場での製品の原料となる脱脂粉乳を生産していた北海道広尾郡大樹町にある大樹工場での汚染が原因であることが判明した。
2000年3月31日、大樹工場の生産設備で氷柱の落下で3時間の停電が発生し、同工場内のタンクにあった脱脂乳が20度以上にまで温められたまま約4時間も滞留した。この間に病原性黄色ブドウ球菌が増殖して毒素(エンテロトキシンA)が発生していたことが原因であった[1]。本来なら滞留した原料は廃棄すべきものであったが、殺菌装置で黄色ブドウ球菌を死滅させれば安全と判断し、脱脂粉乳を製造した。ところが、殺菌で黄色ブドウ球菌が死滅しても、菌類から発生した毒素の毒性は失われないため、この毒素に汚染された脱脂乳を飲んだ子供が食中毒を起こすこととなった。
同社は、1955年(昭和30年)にも八雲工場(北海道山越郡八雲町(当時))で同様な原因による雪印八雲工場脱脂粉乳食中毒事件を起こしており、事故後の再発防止対策にも不備があったと推測される。
このため、雪印グループ各社の全生産工場の操業が全面的に停止する事態にもなり、スーパーなど小売店から雪印グループの商品が全品撤去され、ブランドイメージも急激に低下した。
――――――――――

コレを読めば,要は約50年近く,いやそれ以上かも知れん,雪印という会社は食品のずさんな管理をやっとったのに,誰一人としてそれを指摘せんかった。

その上でたまたま,2000年3月31日に事故が起こったのに,それに対してさえも,誰も適切な対応を取らんかったから,食中毒に発展した。
そう読める。

その上で,
“事件直後の7月1日に行われた会社側の記者会見では、大阪工場の逆流防止弁の洗浄不足による汚染が明らかにされた[3]。大阪保健所も、それ以上の原因追及は行わなかった。”

って書いてある。
ということは,それでさえ大阪保健所というのは雪印の隠蔽に加担したんや。

・・・すなわち,14,780人の被害者が出てさえも日本の役人は隠蔽に加担するんやから,そらヒトリが騒いだところで,日本の役人は隠蔽してまうわなあw

・・・けどや,そのヒトリが,せいぜい街中でプラカード持って歩くくらいしかできんような,モノ言わぬイチ消費者ではおさまらず,いろんなトコで発言する有名人やったらどや?

たとえば,アキブータンがその食中毒に巻き込まれとったら?
そら大問題やろなあ。

もちろん,そういうコトがあれば,雪印は口封じのためにアキブータンに対して何億円も積んで,お詫びしたやろ。

しかしそれが,雪印ではなく,日立製作所あるいはAKSが,被害者がアキブータンではなくイチ市民の大西相手やと思うたから,なんとか社会から抹殺できると踏んだ。

ワタシの件はそれだけのことやねん。

そんなゴタゴタに,伊達娘を巻き込んで悪いとは思うんやけど,それもまあ運命と思ってよ。
来年じゅうにはなんとかなるよ。

伊達娘は,アキブータンの思うたストーリーではなくとも,有名になることはできる。
アキブータンだけがすべてではない。

だいたい,伊達娘は必ずしもAKBに入るつもりちゃうかったんやろ?
もちろんAKBから吸収できることは吸収したらええと思うし,AKBに貢献できることがあれば貢献してもええと思うけど,だからといってAKBの悪いところにまで目をつぶる必要はないと思う。
それとこれとは別やと思う。

・・・と,書いたところで優子卒業か。

優子も当然,何年もアキブータンの庇護の下におるワケにもいかんからなあ。

しかし優子と伊達娘は10歳ちゃうから,伊達娘と優子とを同列に扱うのもまた酷なのもワカルけどな。

しかししかし,優子でさえ卒業遅すぎる。
やっぱアイドルはハタチくらいで卒業するもんやと思う。
それくらいやないと,次の目標に向かって進めん。

そういう意味では,なかやんとか,不祥事の延長やけどなっちゃんくらいが丁度ええんやろけどな。

来年はしんどい1年になるぞ。ほなね。

2013/12/31 23:57:10 おーにっちゃん

----------

« 年越しそばを食べました。それと,大島優子卒業について思うこと。 | トップページ | 伊達娘の書き込みと思わせたいんやろけど・・・ »

ファンレター岩田華怜」カテゴリの記事

コメント

日立製作所は大西豚が盆暗だったから懲戒解雇されたんじゃないの?
AKS は大西豚がメンバーを恫喝して泣かして出入り禁止になったんじゃないの?
此処には工作員は居ないよ。
全てメンバーを基地外から守る有志が居るだけ。
大西豚いい加減目を覚ませ。
お前は基地外で、お前の基地外行動が全て悪いんだよ。
因みにお前の人生閉店ガラガラw

おーにっちゃんさん頑張って応援してます。

>伊達娘は知らんやろけど,雪印だって,船場吉兆だって,
>リーマンブラザースだって,全部会社がおかしなコトやっとって,
>裁判になるまでもなくマスコミにスッパ抜かれたから大問題になって,会社が潰れてもてん。


大西秀宜は知らんやろけど、リーマンブラザース社に止めを刺したのは、
「韓国産業銀行(KDB)」の行為だったんだよ。

韓国関連の現実を直視しまいとする君に学んでもらう為に、事情の説明はしない。

>その上でたまたま,2000年3月31日に事故が起こったのに,
>それに対してさえも,誰も適切な対応を取らんかったから,食中毒に発展した。

大西秀宜は、日立時代に自身がやらかしまくっていた問題行動に対して、
真摯に向き合わなかったから、懲戒解雇に発展した。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/54449257

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48チームA岩田華怜様20131231:

« 年越しそばを食べました。それと,大島優子卒業について思うこと。 | トップページ | 伊達娘の書き込みと思わせたいんやろけど・・・ »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック