« 2014年1月10日 | トップページ | 2014年1月12日 »

2014年1月11日

2014年1月11日 (土)

これらのコメントもニセモノの仕業です。その2

いっぱいニセモノ出てくるからなあ。

3

AKB48チームA岩田華怜様20140110

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

ワタシ,ファンレター完全に1日遅れてもたなあ。
なんか,昨日からビミョーに体調おかしかったし。今日は公演も行かんかったし。
それでも,チーム4の公演感想も書けてないよなあ。

チーム4,三銃士が戻ってきたからか,ワタシがカツを入れたからか,昨日は良かってん。
けど,いずれにせよ誰かにカツを入れられなアカンのでは駄目やと思う。
自分で自分に対してカツを入れられるようでないと。

なんかみんな,自分で自分にカツを入れるって得意ちゃう気がするねん。
いやもちろん,イヤイヤやらされとる感満載の学校の宿題なんか,自分で自分にカツを入れられんかったってええと思うで。

けど,自分の将来は自分しかないからなあ。
ダンスにしろ演技にしろ,教えてもらえる学校も先生もほとんどないし,その先生だって自分がトップに立った経験がない人間が多いから,結局最後は自分で掴み取るしかない。
それが分かってないヤツが多いと思う。
それが,壁やと思う。

またこれから田野の子兎観るけど,田野もそこらへんで壁にぶち当たっとるんやろなあ。
ワタシが伊達娘にコテンパンにカツを入れた前と同じ感じで。

ワタシゆかるんばっか褒めるけど,ゆかるんだけは壁がない気がするねん。
悔しい悔しいといいながら着実に階段を登っとる感がある。
ゆかるんはなにを目指しとるねん?

ただもちろん,壁がないということは,大きな落とし穴がある可能性だってある。

やっぱ,大失敗した!と思って,自分をガツンと見直す機会も必要と思う。

いまはゆかるんを褒めるけど,大失敗を経験せんということは,どっかではもう伸び代がなくなることだってあるかも知れん。それはワカラン。

田野なんか,もうワタシ最初から言うとったやん。
カリスマカンタローの目指すダンスと田野のやりたいダンスは違うやろ,って。
違うのを上手に自分でコントロールして,アタマの中で整理してないと,どこかで方向性の違いに気づいてヤル気なくすぞ,って。

それを田野はあんま考えずに,ホイホイとやって,やっぱ壁にぶち当たった。
・・・まあ,それくらい軽い気持ちでもなければ,人間新しいコトなんか始められんというのはあるよなあ。
だから,田野を責める気は一切ない。

田野は,黒木メイサみたいになりたい,と言うとるんやから,その黒木メイサを調べてみよか。
ワタシなんかなんも知らん,だいたいカオも思い浮かばんけど。
で,調べたら,

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B5

“10歳のとき、黒木はジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、沖縄アクターズスクールに通った。”って書いてある。

てことは田野も,AKBで習いたいことは,沖縄アクターズスクールみたいなコトってのが想像できるねん。

沖縄アクターズスクールって調べたら,安室奈美恵やSPEEDをはじめ,アーティストめっちゃ輩出しとるやん。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB

AKBは卒業後はあんま成功しとるヤツおらんけど,沖縄アクターズスクールは,安室奈美恵やSPEED,黒木メイサと,成功しとるヤツらは多い。

・・・てことは,まず田野は,AKBと沖縄アクターズスクールの違いをちゃんと認識せなアカンと思うねん。
認識して,違うところを埋めてかな,自分も思うとおりにはなれん。

けど恐らく,高1や高2あたりではそこまではできずに,カリスマカンタローならば沖縄アクターズスクールみたいなことを教えてくれるんやろと思って,とりあえずホイホイとOKしてみた。
にもかかわらず,大して教えてくれんかってほとんど自主練任せで,こんなハズじゃなかった!と思うとるんちゃうか?

やっぱそこは,自分なりに考えを直して,どうにかせなアカンと思うなあ。

アキブータンはしょせん,AKBで自分が儲かればええんやから,田野を若いうちにこき使って自分への利益誘導さえできれば,田野が夢を掴もうが掴むまいが,そんなん知ったこっちゃないハズやぞ。

もちろん,メンバーの前では,「そんなことはない,自分はメンバーの幸せを考えている」などといって親切なメールらしいのをくれたりもするやろけど,人間,本音を隠すための隠蔽工作をいっぱいやったりする。
その最たるものは,オンナとエッチしたいだけやのに,愛してるとかなんとか言って近寄ってくるオトコな。

アキブータンもそれと似たようなもんやぞ。
アキブータンなんか,隠蔽工作のプロやからこそ,ヒトを騙すことにより巨額の富を得ることができたとも言えるんやし。
握手会だってハッキリ言って,大規模な詐欺やろが。そう思うやろ?

で,もっといえば,梅ちゃんも,「田野は恵まれている」なんて突き放して欲しくはないねん。
自分も沖縄アクターズスクールみたいなのに入りたいと思うとったと思うし,AKBがそうなればいいとも思うとったと思うねん。
であれば,もうほとんど最年長でありチームBキャプテンのいま,AKBを沖縄アクターズスクールみたいなのに変えるストーリーを考えて,その通りの努力をして,自分の思ったとおりにAKBを変えてみて,その後に卒業するようなストーリーを考えて欲しいと思うねん。

梅ちゃんだってもう25歳なんやし,田野に対して教えられることいっぱいあるはずなんやし。
25歳ってと世間では学校とか○○教室で先生をやっとるのもおるんやし。

たとえば,レッスン場の空いとる日を利用して,AKBアクターズスクールみたいな活動を始めてもええやん。いま活動してない部活動の復活という名目でもいい。
そして,ダンスが好きなメンバー募って,カリキュラムを自分なりに考えたっていい。

ワタシの案どないや?悪くないやろ?

部活動をもっとちゃんとやれって前々から言うとるのに,アキブータンも自分の利益誘導ばっかでなんもしやがらんからなあ。
戸賀崎は脱法ハーブとフーゾクセックスに忙しいし。


ところで,ハナシはまったく変わって,今日森雅裕に会ってきたけど,ウソばっかつくツマランヤツやったわ。
音声ファイル聴いてもらったらわかるやろ。

で,こんなんでも江戸川乱歩賞ってのは取れるんか,と思って,江戸川乱歩賞

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B7%9D%E4%B9%B1%E6%AD%A9%E8%B3%9E

を見とったら,アメリカにはエドガー・アラン・ポー賞ってのがあるらしいねん。

アメリカでも日本のパロディするんかよ!?
って思ってさらに調べたら,エドガー・アラン・ポーというのが推理小説の元祖で,それを日本の推理小説家がもじって,ペンネームを“江戸川乱歩”にしたらしいなあ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%8E%A2%E5%81%B5%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96#.E3.82.A8.E3.83.89.E3.82.AC.E3.83.BC.E8.B3.9E

“江戸川”なんて言われたら,やっぱ日本の古い苗字と思うよなあ。
それとも,騙されたのはワタシだけかよ?w

で,その江戸川乱歩賞を見とったら,松本清張賞ってのもあるらしい。
松本清張ってのも有名な小説家やな。

で,ワタシ,松本清張の超有名な“砂の器”,コレが映画になって,日本の名画として,リュミエールが映画をはじめて作ってから100周年かなんかで観たんや。
けど,ドコがいいのかサッパリ分からず,“砂の器”って駄作と思ってコテンパンにけなしたことがあるのを思い出した。
これも前に書いたかもやけど。
いま調べたら,映画生誕100年って1995年のことや。

「もののけ姫」でも描かれとったけど,ハンセン病というのは,それに罹っただけで隔離されたりして,差別を受けた。
そういう悲しい事実があるねん。

けどな,悲しい事実があるからといって,ハンセン病に罹った患者がその過去を隠蔽するために誰かを殺すってのは,いくら悲しい事実があっても許されるべきことではなく,こんなんが認められるとしたら世の中がおかしい!って,とにかくコテンパンに書いた。

“砂の器”について,伊達娘が知らんかったらネタバレになるけど,ワタシも忘れとったあらすじを書いとるヒトがおるから引用する。
ネタバレが嫌ならばこれ以後は飛ばして。

――――――――――
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q113215546

有名なピアニストの幼少期の話です
父親がらい病で各地を2人でさまよいますが
差別され どこでも追い出され 瀕死の所をある駐在員に助けられ 父親は病院に入れてもらえて 自分も面倒みてもらって
大人になり 音楽家 わが(偽名) を名乗り成功します。
自分の過去を知るその駐在員を殺してしまうのです。
――――――――――

いくら悲しい過去があっても,自分の過去を知るその駐在員を殺してしまう,なんてのは,ゼッタイに許されんやろ?

それが許されるならば,ワタシが自分の過去を知る日立製作所の人間,AKSの人間,田舎の人間などをそれぞれ見つけ出してひとりひとり,事故にでも見せかけて殺し,復讐を遂げて,新たな人生を歩もうとしたとして,それは世間から許されるか?

もちろん中にはある程度同情してくれるヒトはおるやろ。
けど,許されることはない。

それをこの作品は許してもうとるところがハラ立ってん。

最後のシーンにボロボロ涙を流して絶賛する映画ファンが後を絶たんかった。
自分が被害者の立場ならば感情移入できるかもやけど,駐在員の立場ならばなんて理不尽な,なんて思えんのか,と,映画ファン連中の自分勝手さに呆れた。

ハムレットにしても忠臣蔵にしても同じや。
作品は味方の立場からしか描いてないけど,仮に敵の立場のほうが正しかった場合に,それは許されることなのか,そういうことまで考えなアカンのに,そこまでの観方は提示してないし,映画評論家も,敵や第三者の立場で考えることはタブー視して書かん。
ワタシはそれはおかしいとずっと思うてきた。

ハムレット,忠臣蔵,砂の器。

敵や第三者の立場で考えられず,一方の主張だけに頼って殺人を犯し,それが賞賛されてまう,こんな程度の低俗な作品が評価されてしまう世界を変えたい。

そう思って,ワタシは殺人に依らん方法で,地道に,世論を喚起するという方法での復讐をやり遂げようと思うてきた。

ワタシけっこう,三つ子の魂百までを地でいっとるよなあ。
少なくとも伊達娘が生まれる前から,自分の意思はまったくブレてないと思う。

ほなね

2014/01/11 23:45:40 おーにっちゃんより

-----------

これらのコメントもニセモノの仕業です。

信用しないでください。

まあ,ワタシは,コメントは基本的にヒトのレスやし,なにか新たな項目は新しく立ち上げるから,賢明な皆様にはなんとなく分かってもらえると思いますが。

2

いちおう主張があるらしいから,削除はしませんが。

証拠保全のためにも。

目撃者がコメントを意図的に消したとか騒いどるから,メールから拾ってきた上で反論を書く。

意図的に消したのではなくて,300件削除しとったらウッカリ消してもたというのを理解せんかなあ・・・
どうせ,オマエのブログそのまんまやないか。

インラインで回答する。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1ff9.html#comment-104091287

IPアドレス:     182.249.241.19
名前:           目撃者
メールアドレス: marudai5291@yahoo.co.jp
URL:            http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/blog/

内容:
--------
そんじゃ、そんな森雅裕さん相手の裁判に負けるエビデンスを置いて行ったるよw

文句あったらこっちにщ(゜Д゜щ)カモォォォン

→ あくまでワタシのブログに対する文句やから,ワタシのブログに回答する。

■モデル小説の件で、今回は大西の方が救われたエビデンス

一連の流れで、一昨夜公表された大西秀宜をモデルとしていると噂された小説
刀剣杉田・森雅裕氏の「刃傷・刀剣市その1」
内容を語ると長くなるので省略させていただきますが、簡単に言えば
この中の登場人物「美々成」が大西をモデルとしているとして
大西が「名誉毀損だブー!」と怒り出し、警察に泣きついた次第ですw
ただ、当該の記事は刀剣杉田の支配人の配慮で事前に削除されていたようですが
それでも体裁を保つために警察に行った(フリかもしれない)ようです。

でもって結果は自分の意に沿うようなものではなかったようで
憮然とした文章を書いていることがよくわかります。
その為か、これで一件落着のところを刀剣杉田へ連絡して追い討ちをかける鬼畜ぶり。
これが逆の立場なら超極論で逃げまくる事も明白なんですけどねw
それはさて置き、本日は2つの記事と一つの引用から
「今回の一連の一件、実は大西の方が救われていること」→A
「大西自身が自分で自分の首を絞めているエビデンス」→B
以上2点を記載したいと思います( ・∀・)つ旦~~
だいぶ長くなりますので御容赦。(A;´・ω・)

A・今回の一連の一件で大西の方が救われている

まず、大西は今回、小説「石に泳ぐ魚」を引き合いに出して
侮辱罪を立証して検討しようとしていますが、これがまた
大西の思想を大きく覆す論点が満載でした。

小説「石に泳ぐ魚」
http://ja.wikipedia.org/wiki/石に泳ぐ魚
~~以下、訴訟と社会反響より引用~~
この引用に大西の今回の一件を照らし合わせます。

モデルとなった当時大学院生の女性は作品を読み、自分の国籍、出身大学、専攻
家族の経歴や職業などがそのまま描写され、自身の顔の腫瘍を陰惨な表現で描写されたことを知り
著者の柳美里に出版を止めるよう懇願した。
→この小説の場合は「そのまま描写」されています。
つまりは連想・想定の域を超えて「特定」出来る訳です。
しかし、大西の場合は……
「その名は美々成」→連想にも至らないプロントネーミング
「某大手企業の不正のネタ」→日本にどれほどの大手企業があるのか
「劇場や握手会は出禁(出入り禁止)になっている」→劇場は出禁ではない
「紫の髪に黄色いメッシュを入れた背の低い小太りの男だ。四十そこそこのはずだが」↓
カッパ禿の頭髪でメッシュを入れる余剰なしw でもって大西は38歳
以上のパロディ要素からもわかるとおり、一目瞭然「そのまま」ではなく
知っている人間からすれば連想こそすれど、特定には至りません。
故に、今回行ったかもしれない警察で言われてきた言い分は十分に納得できます。
それゆえに、これと照らし合わせて侮辱罪をどうこうという時点で、考え方が支離滅裂です。

→ それはオマエが自分に都合のよい部分で切り取っているからであって,
  「某大手企業の不正のネタ」→日本にどれほどの大手企業があるのか
     → 自分の国籍、出身大学、専攻,家族の経歴や職業など,そのひとつひとつをとれば,どれほどの国籍,卒業者,などはいる。
       ワタシの場合も,ひとつだけを取り上げるのではなく,組み合わせで議論せな,対等な議論ではない。
  「劇場や握手会は出禁(出入り禁止)になっている」→劇場は出禁ではない
     → 2chで出禁と噂されているのは事実であり,仮にワタシの主張するとおり出禁が虚偽であろうとも,
       それが大西を指図することは明らか。
  「紫の髪に黄色いメッシュを入れた背の低い小太りの男だ。四十そこそこのはずだが」↓
  カッパ禿の頭髪でメッシュを入れる余剰なしw でもって大西は38歳
     → ”背の低い小太りの男”というのは間違いとは言えず,38歳を四十そこそこ,というのも誤差の範囲である。

柳は女性に対し単行本化の取りやめを約束したにもかかわらず、それを破り
出版に踏み切ったことから女性は出版差止めの仮処分を申請した。
その後、東京地方裁判所に出版社(新潮社)と柳に対する訴訟を提起して、出版差し止めと慰謝料を請求した。
訴訟は最高裁判所まで争われ、柳側敗訴の判決が言い渡され(最高裁判所第三小法廷平成14年9月24日判決)、確定した。
柳美里によるプライバシー及び名誉侵害行為によって
被害者が重大な損害を受けるおそれがあり、かつその回復を事後に図ることが困難になる。
この部分は中略

被害者は大学院生にすぎず公共的立場にあるものではなく、雑誌掲載小説が単行本として出版されれば
被害者の精神的苦痛が倍増され、平穏な日常生活を送ることが困難になる。
文学的表現においても他者に害悪をもたらすような表現は慎むべきである旨を、最高裁は判決理由で指摘した。
→大西はまかりなりにも社会人。広く見れば「公共的立場」の人間です。
それも人格などが形成、完成される年齢に充分達しています。
そして「そのまま描写」されていないことから、実害が及ぶとも考えられません。

→ 社会人ではあるが,現に実害が及び,それを指摘している。

以上から照らし合わせるに
1、削除されたのは刀剣杉田の主人の御配慮に依るものであり
2、これがもし裁判沙汰になろうものならば、上記の論点から大西の勝訴は限りなく皆無。

→ たとえば,殺人事件や傷害事件を起こして,いやそれはナイフを刺したのは1時間前のことであり,
  そのナイフはすぐ抜いたから,私は無罪である!なんていう理論は通るか?
  制限速度30kmオーバーを警察に見つかって,いやそれ1分前のハナシやから!で通ると思うか?

  発表すること自体が既に問題であることを認識しなさい。

敗訴にこそならないものの、喧嘩両成敗レベルでしょう。
まぁ、裁判の場では白黒つけるのが前提であるならば「敗訴」の色が濃いですね。

→ オマエがそう思うのであれば勝手に思え。

B・大西自身が自分で自分の首を絞めているエビデンス

では、もしこれで大西が勝訴した場合どうなるかというと…
大西は刀剣杉田、森雅裕氏には勝訴した代わりに
AKSに対しての名誉毀損で逆訴訟を受けます。

エビデンス1
秋元康氏を「秋豚」「アキブータン」と呼称している。
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/cat57456403/index.html

秋元康氏はご存知の通り巨漢の男性です。
お世辞にもスレンダーとは言い難い体格の人物ですので
氏名の一文字である「秋」を連想させ、なおかつAKB48を関連づければ
この呼称が秋元康氏のものであるという事は明白です。
また48G総支配人の戸賀崎氏や岩田華怜ちゃんのマネージャ寺門氏も
本人達を罵倒、愚弄するような呼称でブログに記載しています。

→ まんいち敗訴しようが,そこで訴えられることにより,世論を喚起できる。

エビデンス2
個人を尊重しない基本的人権の侵害

これは驚いた話なのですが、関西に住む弁護士の知人曰く
「個人の発言を、『第三者の強制によるもの』として認めない行為や記述は
基本的人権(言論の自由)の侵害に当たる」んだそうです。
つまりは、平成25年11月23日のAKB48グループの大握手会における
岩田華怜ちゃんの発言を、明確な物証がない現時点で「AKSの強要である」と記述している現時点で
岩田華怜ちゃんに対する人権蹂躙にあたるそうです。
もちろん、彼女のことなのでそうしないと思いますが、その意思があれば
週明けにでも『人権蹂躙(侵害)』で大西を告訴することができるそうです。
そのエビデンス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%B9%82%E8%BA%99#.E3.83.A1.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2.E3.81.A8.E4.BA.BA.E6.A8.A9.E4.BE.B5.E5.AE.B3

~~~以下引用~~~
1990年代頃からの情報化社会の急速な発展に伴い、パソコン通信やインターネットなど、
個人でも容易に表現活動を行うことができる場(双方向性の新たな「マスメディア」)を用いた
「マスコミュニケーション」が急速に拡大した。
これに伴い、個人が望めば、大衆(マス)に対して自己の思想や意見の表明などを簡易かつ安価に行えるようになった。
このような表現活動は、表現の自由(言論の自由、日本国憲法第21条1項)の範疇に属するものである。
他方で、このような表現活動を通じて、他者のプライバシーを暴露したり、名誉を侵害するなど
他者の「人権」(それぞれ「プライバシー権」、人格権)の範疇に属する事項を抵触する事態が生じるようになった。
~~~以上引用~~~
つまりは、岩田華怜ちゃんの人格権を侵害していることになるそうです。

→ それは,岩田華怜がそう告訴すればはじめてそうなるのであり,ワタシはそうでない確信がある。

  岩田華怜を裁判所に呼んで尋問してもいい。
  もちろんワタシは当事者なので,ワタシ自身が尋問には参加しなくてもいい。


以上の要件が成り立つことが考えられます。
つまり奴は、自分で自分のあるかどうかわからない首を絞めていることになりますw

コメがモノクロで読みづらい方はこちらへ\(^o^)/
カラーリングして書いてます☆

自己愛性人格障害者→大西秀宜の超自己中極論を論破して遊ぶブログ
http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/blog/

→ そうそう,このブログ自体名誉毀損やからな。
  ワタシが勝訴して有名になったあとで訴えられてから吠え面かくなよ。

「gmail_akb.pdf」をダウンロード

昨日から画像認証をかいくぐって何百件とSpam書き込みする輩が出て,今日はワタシを騙るヤツが出てきました

昨日今日と経過を総合すると,やっぱ森雅裕の仕業と思えるよなあ。

それ以外に,やりそうなヤツおらんやん。

Photo

昼寝から起きました。本当に森雅裕に会ったのか?という質問に対して

そこまで聞いたところでどっちでもいいと思って聞きませんでした。

というのも,本人はワタシのブログを見ているのは明白なのですし,仮にウソの人間が出てきても,森雅裕の代理人でしょう。
または,森雅裕の代理人でなければ,そこで文句が出てくるはずです。

画像を検索してもほとんどありませんでした。

唯一,下記のブログに,中日新聞のインタビューに答えた写真が載っています。

中日5月15日号「コンビニで働く江戸川乱歩賞作家森雅裕さん」 2010/5/15(土) 午前 9:12
http://blogs.yahoo.co.jp/hitoon66/24746571.html

うーん,見たイメージがちょっと違う気もするのですがねえ。
メガネかけてなかったし,この写真からはなんとも・・・

ワタシがモンタージュ作れば,この写真とは違うものになるのは明らかです。

ちなみに,この新聞の内容を読めば,生き方が不器用で,真摯な人間とも読み取れるのですが,であればこそなおさら,ワタシに対して罵倒するような小説を書くのはおかしいと思います。

同属嫌悪というヤツでしょうか?

たとえば,ワタシの境遇を見て,こういうヒトをこそ助けねばならないとして取り上げるならば分かるのですが,小説がそのような意図で描かれていないのは明白です。

・・・たとえば,実はワタシをモチーフとしたとしか思えない”美々成”が,確かに大西をモチーフにしたが,次回以降では大逆転の運命を記載するつもりだった,としてプロットを教えてくれるのであれば,それは確かにワタシも,文学作品として譲歩すべきところはあったと思います。

しかし既に,”美々成”は大西ではないし,大西のことは知らないと言い切り,それが録音にも残っているのですから,状況としては極めて不利でしょうね。

いまからストーリーを大幅に変えて,”美々成”をヒーローに仕立て上げれば,日立製作所や経済産業省から睨まれるのは明らかですし・・・

あと,森雅裕はワタシと同程度かもしかしたらそれ以上の借金があることも,この記事から分かりました。

森雅裕をいくら訴えても,カネは出てこないのは明らかです。

しかし,名誉毀損を回復するのは必要ですし,刀剣杉田は若干のカネは持っているでしょう。

森雅裕も,刀剣杉田からの仕事がなくなるのは困るはずですから,森雅裕-刀剣杉田側で何らかの手を考えてくると思います。

今日は公演行けません

なんか,昨日けっこう遅かったので眠いし。
たぶん行っても寝てしまいそうに思います。

梅ちゃん生誕で,チームB今年初公演ですが・・・

昼寝してから,伊達娘へのファンレターを書いて,今日の会話を踏まえた上で森雅裕への質問状をさらに追加して,あと昨日の公演感想くらい書けたら・・・

森雅裕との会話内容の音声ファイルをアップします。

会話の最後のほうで言っているように,ご本人の了承済みです。

森雅裕との会話内容20140111.MP3
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRMzlmWGZpNUpEQXc/edit?usp=sharing

概要は,先ほどの投稿に書いたように,下記の通りです。

---------
2chなどからAKBのヲタ一般から情報を得ている、だから大西のことは知らなかった。

と言ったにもかかわらず、大西は2chで評判が悪いと言ってみて、ワタシが問い詰めようとすると、

いやそれは、この小説に書いたAKBヲタのようであなたがあれば問題であり、むしろ一般論としてそうなって欲しくない意図で書いた。

などと、めちゃくちゃなことを言っていたので、20分くらいでハナシを切り上げて帰ってきました。

録音の公開はかまわないとのことなので、帰宅後に公開します。

これだけ矛盾点があれば、意図的に大西を題材にしたことを裁判官に対しても立証可能と思います。

一般的なAKBヲタに言えること/大西のみに該当することに分け、刀剣杉田に対して質問しようと思います。
---------

AKBヲタについて,一般的なAKBヲタに言えることがその大部分で,大西のみに該当することがほんの少しであれば,森雅裕の言い分も成り立つでしょうが,森雅裕の小説はAKBの中でも特殊なヲタということを強調していますので,

「広範な範囲から一般的なヲタの属性を収集した」

のではなく,

「広範な範囲から大西の属性を収集した」

ことが証明されると思います。

その大西の行動とやらが,真実か虚偽かは重要ではありません。

大西をモチーフとして,大西を想起する内容を進んで収集し,その上で登場人物について名誉毀損を行っていることを証明します。

森と会いましたが、お話になりませんでした

2chなどからAKBのヲタ一般から情報を得ている、だから大西のことは知らなかった。

と言ったにもかかわらず、大西は2chで評判が悪いと言ってみて、ワタシが問い詰めようとすると、

いやそれは、この小説に書いたAKBヲタのようであなたがあれば問題であり、むしろ一般論としてそうなって欲しくない意図で書いた。

などと、めちゃくちゃなことを言っていたので、20分くらいでハナシを切り上げて帰ってきました。

録音の公開はかまわないとのことなので、帰宅後に公開します。

これだけ矛盾点があれば、意図的に大西を題材にしたことを裁判官に対しても立証可能と思います。

一般的なAKBヲタに言えること/大西のみに該当することに分け、刀剣杉田に対して質問しようと思います。

ワタシなりの森の言い分予想

電話で、会う場所・時間を決めた際、

「大西の顔はご存知ですよね?」

と聞いたところ、知らないと言われたので、

・小説はあくまで創作であり、特定の人物を想定したわけではなかった。当然大西のことは知らない。
・その上で、小説にも、特定の人物を想定していない旨を記載している。

と、反論してくると予想します。


ワタシは、

・作品内にてブログやインターネット、AKBなどの事柄について言及しているにもかかわらず、
小説家が事前調査、裏付け調査をしないとは極めて不自然である。
その上で、AKB劇場に関する事項などは、極めて実態通りのことが書かれていることからも、
大西についてのみ知らないのは明らかにおかしい。

・小説はすべてフィクションであると前置きしているが、フィクションではないことが往々にしてあり
問題となるのである。柳美里の裁判など。
たとえば労働条件を契約書類において締結し、押印していても、違法部分の契約条件は
有効とはされないのが通例であり、いくら自分で主張しようが、大西に対する名誉毀損に対する
有効な弁明とは解されない。


と、言い返すつもりです。

さて、どうなりますやら。

11:11に森を名乗る男から電話がありました

睡眠薬をもらいに行く途中で、バスに乗っていたため、5分くらいで降りるのですが…

と書こうとして、これから13時に会うことになりました。

11月末に初めてワタシに接触を試みてきたオルタナって,森雅裕かもなあ?

11月末に突然,ギャラリーの中で初めて接触を試みてきた,オルタナというのがおった。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRTVlpd0treG53aDg/edit?usp=sharing

オルタナ,後にライラックやなにかと名を変えては,サッパリワカランことを主張しとった。
やたら頓珍漢なコトを言うとるけど,議論が好きには見えた。
作家とすれば議論好きとも符合する。

やっぱ,作家ならば1回は接触したいと思うやん?それが作家のサガや。

けど,ワタシがメールを開示して,身分がバレそうになったから,一方的に接触をやめた。
森雅裕もその程度の探究心しか持ち合わせてない。だからあんなへんてこりんな小説が書けた。

そして,オルタナ=ライラックとして,「匿名で」大西に対して書き込み,大西の情報を収集,大西に対するイメージを膨らませた。
それを「実名で」小説として,あたかも実名で大西に対して取材したかのように記載した。

この推理どや?

当然裁判で言うてみるぞ。

このメールアドレスが森雅裕ではないかも裁判で言い,必要により開示依頼をするぞ。

300件くらいスパムコメント削除しました

先日までとの差分を考えると,森雅裕による仕業の可能性も否定できません。

森雅裕-刀剣杉田が勝つというストーリーを記載していた記事を,1件誤って消してしまいました。
再度書き込んでいただきたいのですが・・・・

どうもワタシのブログがどっかのメーリングリストとかにでも取り上げられたっぽいなあ。

伊達娘に書いた1/8付けの日記

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/akb48a20140108-.html

に,ご新規さんが大挙として現れとる。
こんな時間に。

Higashihara20130108

Higashihara201301082

日立製作所次期社長東原敏昭が,この日立製作所を懲戒解雇になった問題児のワタシをなんとしても採れ!って言って入れたって,どっかで騒ぎになっとるんやろなあ。

けどさあ,森雅裕ってゼンゼン話題に上がってないって,なんか寂しいよなあ・・・www

こんな投稿がありました ~ 「偽装請負」を訴えたらクビに 日立の内部告発窓口は機能しているのか

-------------
大西さんと同様な事件、日立で起きてるみたいね
知ってるかな

「偽装請負」を訴えたらクビに 日立の内部告発窓口は機能しているのか

http://careerconnection.jp/biz/insidereport/content_1062.html

投稿: 日立yahoo掲示板見てた者 | 2014年1月11日 (土) 00時05分
-------------

投稿したぞ。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUy1NYlhFSkVIRGM/edit?usp=sharing

コレで採用されるかどうか,キャリコネの本気度がわかる。

また,この記事の投稿者がキャリコネの関係者やったら,ワタシのハナシ聞いてくれるかもやけどなあ・・・


しかしこの元女子社員,刑事告訴なんかしたって,検察も所詮霞ヶ関で,経済産業省と同じ穴のムジナで日立製作所側やから,うまいこと丸め込まれるの目に見えとるぞ。


それにしても,いくらワタシの件を隠せても,日立製作所は組織的にアカンから,どっかでは暴かれてまうよなあ。

てかこの元女子社員,ワタシに連絡くれたら共闘できるのになあ。
それとも,ココ読んどるヤツで,キャリコネ以外でも,この元女子社員知っとるヤツおったら,ワタシのページ言うてよ。

ワタシ, 070-6969-9177 kotochan0725@gmail.com やし。


無知蒙昧なことを書く無名小説家・森雅裕氏に対する質問状

システム管理工業株式会社 刀剣杉田 御中
                                     2014年1月10日 大西秀宜

添付に記しました内容につきまして,森雅裕氏から回答をいただけますように催促のほどお願いいたします。
これが名誉毀損のすべてではありませんが,これにさえ回答いただけないようでは,誠意ある対応とは思えません。

エクセルファイルに書き込んでいただければと思います。
エクセルが読めない場合を想定し,pdfファイルも作成しました。

柳美里氏が敗訴した「石に泳ぐ魚」においても,原告はこれほどまでに詳細に事実を指摘していません。
然るに,森雅裕氏や貴社と面識のない私は,インターネットサイトからの通知により,貴社小説により大西個人を同定できる旨の教示を受けた事実から,大西個人を同定することは非常に容易であり,森雅裕氏が大西をモチーフとしたことは疑いの余地がないと考えます。
また,AKBにおける”ロビ観”など,極めて狭い場所での鑑賞を例に挙げていることなども,大西個人を容易に同定できると解されると考えます。

その上で,森雅裕氏の小説は,”自己破産”、”禁治産者”,”人間のクズ”,”地球のゴミ”など,極めて劣悪な表現であり,文学表現であるからといって到底容認できるものではなく,名誉毀損は認められざるを得ないと考えます。

【参考】

石に泳ぐ魚
http://ja.wikipedia.org/wiki/石に泳ぐ魚

文学とプライバシー ──柳美里 著『石に泳ぐ魚』最高裁判決── 青柳武彦(GLOCOM主幹研究員)
http://www.glocom.ac.jp/project/chijo/2002_11/2002_11_24.html

やはり本件,名誉毀損があまりにも酷いために,民事訴訟だけでなく刑事訴訟に関しても検討したいと考えます。

最後に,森雅裕氏に拠る小説文面から質問致します。

”早く帰りたかったが、美々成と話してみたい気持ちもあった。その理由を自問してみた。無神経なマスコミ、無知蒙昧な有名小説家が踏み込めない刀剣界の真実を書きたいという文筆家の本能、使命感、いや意地みたいなものだ。”

と,森雅裕氏は記載されているのですから,「無神経なマスコミ、無知蒙昧な有名小説家が踏み込めない刀剣界の真実を書きたいという文筆家の本能、使命感、いや意地みたいなもの」とは,この小説において森雅裕氏が訴えたい核心であると思えます。

然るに,その森雅裕氏自身が,文筆家の本能,使命感,いや意地みたいなものを発揮することなく,早く帰りたい,早く原稿を書き上げたい思いを優先し,大西の訴える真実に踏み込もうとせず,大西と話すこともなく,大西を”的はずれな芸能論”,”さっぱり要領を得ないネタ”などと断罪し,無知蒙昧なことを書く無名小説家に堕していることについては,どのように弁明されるのでしょうか?

ここが核心でないのならば,この小説ではなにが訴えたかったのでしょうか?

真摯な回答を望みます。

Gmail - 無知蒙昧なことを書く無名小説家・森雅裕氏に対する質問状.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRREJQSzIxLWkxZWs/edit?usp=sharing

森雅裕への指摘事項.xls
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUWVMRDE2NktnRUE/edit?usp=sharing

森雅裕への指摘事項_分類別森からの弁明欄つき.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRZ2hSTTdRWnlrT0E/edit?usp=sharing

森雅裕への指摘事項_文章ベタ打ち.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRR0hsN2ZNeHl5ME0/edit?usp=sharing

« 2014年1月10日 | トップページ | 2014年1月12日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック