« 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月10日 »

2014年2月9日

2014年2月 9日 (日)

眠いから寝る

ワタシ言うても、フツーの人間ならば自殺してまうくらいのプレッシャーと毎日毎時間対峙しとるんやで。

だから、早く寝てもバチは当たらん!w


ちなみに、バレンタインプレゼント、やっぱ伊達娘が自分にリボンつけて、
「プレゼントはわ・た・し(はぁと)」
ってのに憧れるけど、中学生アイドルに願うのはいろんな意味でマズイよなあw

まあ、初めてならば、フツーにチョコレートが欲しいよなあ。


ちなみに、チョコレートって媚薬なんやって。

相変わらずウソ八百な投稿が多いことw

なんで少額訴訟を、裁判所の職権で通常訴訟にできんねん?
そんなパスはないぞ?

アホの大西弘子はワカランやろけど、ワタシがもし箸にも棒にもならんコトを言うとったら、正論で攻めたら自滅するだけやねん。
果報は寝て待て、ってヤツや。

しかし、ワタシが正しい方向から、攻められたらマズイとこを攻めてきとったら、なんとかウソ八百ついてでも食い止めななあ。

だからウソ八百投稿が多いんやぞ?

まあ、大西弘子は、ナニがウソでナニがホンマか考えるアタマがない。

エライヒトが言うとってやからホンマに違いない!

大西弘子にはこれしかない。

今日みたいなパフォーマンスしてくれるとうれしいなあ。

しほりが、久しぶりにいっちゃん目立ってました。

前回それほど元気良くないと書いた奈和が元気でした。

そして、ちぃちゃんが全体的に良く踊れていました。
個々に見たら、まだ、と思うところもあるけれそも、確実に目を引くパフォーマンスができています。

歌が良くなったメンバーも多かったです。

まゆち、今日は誘惑のガーターでした。
だいぶ高い声になり、なによりハラから声が出ていました。
もうちょっとなんやけど。

奈和も、黒ヒグラシ、音程かなり良くなりました。
まだビミョーに低いけど。

ちかりな、白ヒグラシの高音がさらに上手くなった。

どうしてもワタシの言い分が違うと言い張りたいヤツがおるなあ。日立製作所の工作員やろ。

ちっちゃい案件であっても、大西の言い分が正しければ、より大きな案件も正しいんちゃうか?

って思うヤツ多いからなあ!

だから、日立製作所の件と某社長の件とが否定されるのは、因果関係あると見るなあ。

ついでに、三振バッターアウト、なんて論理は日立製作所の中だけで通用するのであって、日本の司法では通用しません。

某社への答弁書書いてみたぞ。その2

事件番号 平成26年(少コ)第41号
     解雇予告手当等請求事件
原告   大西秀宜
被告   xxxxxxxxxxxxxxx株式会社

準 備 書 面

平成26年2月10日
東京簡易裁判所民事第9室1B係 御中
原告 大西 秀宜 印

第1 請求に対する答弁 および 私の言い分 の趣旨に対する答弁

3. 請求に対する答弁
「当初,解雇を申し出たのは大西氏である(10/30)
 この申し込は,解雇の名を借りた退職願いと認識しています。」 (原文ママ)

4. 私の言い分
「解雇ではなく,通常の退職願いである。」

上記内容は,被告のこれまでの主張と明らかに異なっているので,反論する。

ア. 原告は,甲第4号証-乙第1号証に示されるとおり,10/30 9:22のメールにおいて,被告が様々な事柄を実行できていないことを指摘した後,

”本メール内容に対してご立腹され,解雇を受けるのであれば,甘んじて受ける覚悟はあります。”

と記載しているのは事実である。

しかし原告のそのメールの意図は,その記載の直前において,

”もっと,○○さん自身が,自分が使っていて使いやすいから,その手法を皆様にも提案するのですよ,みたいなスタンスになれないでしょうか?”

と書いている。
これは,被告の言うように解雇を申し出たのではなく,被告に対し自己を省みることを提案したに過ぎない。
原告は,被告に対して,自己を省みることを提案したからこそ,それが受け入れられない場合には解雇もあり得ると思い,解雇まで踏み込んで思いを記載したまでである。

イ. そのメールに対して,被告は,甲第4号証-乙第1号証に示す,10/30 12:14のメールにて,

”無理であれば,ご自身で幕を引いてください。男の責任です。”

と記載している。
この時点では,被告は原告に対して退職を打診しただけであり,原告の退職は成立していない。

そもそも,甲第2号証に示す雇用契約書の通りに,原告-被告間には,平成25年9月17日から,平成25年12月16日までの有期契約が存在した。
このため,当該契約を書面に拠らない方法によって,原告-被告間にて破棄されたとは考えづらい。

ウ. 原告も,ア.にて解雇を覚悟したとはいえ,イ.のように高圧的な返答を受けるのはパワーハラスメントであると判断した為,原告は翌日労働基準監督署に行っている。
(乙第1号証に示す通り。原告は甲第4号証には不要と思ったため引用せず)

エ. 同じメールのやりとりにて,原告が10/30 17:43 に,

””◇◇◇◇◇◇”は構想としては良いが,○○さんにそれを纏めるチカラがないと判断しましたので,身を引かせていただく所存です。

しかし,私も次の職が定まらないうちは身を引けませんので,転職活動との併用になりますことをご承知願います。
労働基準法の規定だかにありますとおり,残り1ヶ月で契約解除とされてもかまいません。”

と記載している。

このことから,原告が通常の退職願いを望んだわけではないこと,望んだとしてもそれは試雇期間満了による円満退職か,または1ヶ月分の解雇予告手当てを望んだことは明らかである。

なお,原告はこの記載を甲第4号証に引用しているが,被告は乙第1号証ではやりとりを意図的に引用していない。

オ. 被告が乙第1号証に引用した,原告の10/31 7:46 のメールの通り,原告は同日午前中に労働基準監督署に相談した後,被告会社に出勤した。
被告は同日11:30頃に事務所に出社し,原告の存在を認めた後,原告の,甲第4号証に示す10/30 17:43 のメールに示した意図を知った上で,「そのような気持ちで働かれては迷惑だ」と言い,「解雇する,1ヶ月分の給与は支払うから帰れ」と言った。

このため原告は被告に対して,パソコンや携帯を返却し,パソコンのパスワードを教え,事務所の鍵を返して,荷物を纏め,退社した。

この時点で原告が被告に対してパソコンのパスワードを教えたことは,甲第6号証に示す,被告からの11/2 12:08のメールの記載

“尚,大西さんが業務使用されていた会社支給の携帯・PC及び固定電話に関して,個人使用も見受けられますが,一切不問に致します。”

にて証明される。

カ. このように,10/31昼時点では原告-被告間にて,原告の退職は決定的になっていた。証拠上も,甲第5号証に示すとおり,原告の発信した10/31 21:02のメールにて,“大西です。退社となり申し訳ありませんでした。”と記載しているから,この時点で退職が確定的であったのは間違いない。

またそれに対する11/1 1:35の返信において,被告は,

“大西さん,
いろいろと大変そうですね。頑張ってください。”

と書いており,この時点では原告-被告間には争いごとはなかった。

キ. そして被告は,甲第6号証に示す通り,11/2 1:49 にて原告からのメールに対する返信で,

”1.退職勧告は10/31であり,退職日は休み明け11/5となる。給与は11/30まで,
  月額20万円の給与が支払われる。>了解しております。”

と記載しているのであるから,被告は原告を解雇したことを了解し,その上で解雇予告手当に相当するものを支払う認識が,被告と原告間にあったことは明らかである。

ク. 原告-被告間に争いごとが勃発したのは,甲第6号証に示す,被告からの11/2 12:08のメールにおいて,

“1.退職後は,自身のブログなどに弊社名および個人名などの記載は一切やめてください。(△△さんも相当ショックを受けています。)”

とあるのが最初である。

当該内容は,カ.に挙げた甲第5号証に示す10/31 21:02のメールにて,原告が,原告が被告会社に在職している旨が2ちゃんねるに漏れている旨を,指摘したことを受けたものである。

然るに原告は,自身のブログに仕事内容は記載したが,被告会社名や個人名は一切記載していないとして,記載をやめることに関しては突っぱねたため,これ以後原告-被告間に争いが生じたのである。

ケ. 甲第5号証に示すとおり,10/31時点で原告の退職は決定的となっていたが,被告からの解雇通知書がなかったために,原告は,11/24 16:21に,労働基準監督署の指導の下,甲第7号証に示すとおり,解雇予告手当等の請求書を記載し,被告宛に事前送付した。

このとき原告は,退職理由は解雇と考えていたが,別紙の交付を望まなかったために,解雇通知書のサンプルに添付する別紙ついては送付しなかった。

すると被告は,11/25 13:41に,

“大西さん,
刑法223条適用にて,訴訟に着手することを検討中です。”

として,原告に対して脅迫と取れるメールを送付してきた。

コ. その後原告は,労働基準監督署 担当 □□氏から,被告は解雇予告手当の支払いについてはしぶしぶ了解したものの,

「解雇日は11/5で,それまでは原告は出社しても良かったにもかかわらず出てこなかった。だから給与は支払う必要はない」

と言い,給与分の支払いは認めさせられなかったとの報告を受けた。

サ. 原告は,甲第8号証に示す,12/13付で被告の作成した退職証明書を,平成26年明けに労働基準監督署経由にて受領した。
被告は退職理由を“自己都合退職”ではなく,“解雇”と記載し,さらに原告が望まないにもかかわらず別紙をわざわざ付加し,

“ウ 職務命令に対する重大な違反行為
 無断で会社の資産を正当の権利として,個人使用したこと。”

“カ その他(具体的には,ブログ等に端を発した2ちゃんねるなどのSNS上に,弊社名及びスタッフ名が記載され,業務上に支障をきたしたこと。及び,根拠がないにも関わらづ,ブラック企業と発信し始めたこと)。による解雇”(原文ママ)

と記載していた。

このことから被告は,原告を懲戒解雇したものと認識し,労働基準監督署に対しても説明したことは明らかである。

シ. 以上の理由により,被告が原告を一方的に解雇したことは明らかであり,被告にはその認識が十分にある証拠が揃っている。

さらに,被告の主張には首尾一貫性が全くない。

被告の主張に首尾一貫性がないのはこれが初めてではなく,原告は被告の主張に首尾一貫性がないことを在職時に理解していた。

このため,原告は被告のビジネスに対する姿勢には問題があり,被告のビジネスは早晩行き詰まると考えた。
そして,被告のビジネスが行き詰る前に,被告はビジネスが上手く行かない責任を原告のせいにし,給与を最低限に据え置くのが目に見えたため,退職直前には,甲第4号証-乙第1号証に一例を示すように,被告に対して意思改善を何度となく切実に訴えた。

にもかかわらず,被告は,甲第4号証-乙第1号証 10/30 12:14のメールに示すとおり,自分の業務姿勢を改善する考えはさらさらなく,あくまで原告らに問題があるとの主張を曲げなかった。

それどころか,被告は,原告の業務姿勢に対して評価し,それに見合う報酬を支払う意図さえも全くなかった。被告は原告に対して“営業として雇ったのだから”と言い,原告が営業外の雑用としていくら頑張っても,一切評価し,賃金に反映しようという意図がなかった。

その例として,被告は原告に対して,本来解雇日に交付すべき解雇通知書の交付を1ヶ月以上遅延させ,さらにその理由を現在に至っても自分に都合よく覆している。
また本来解雇日の11/5付けにて支払うべき解雇予告手当てに関して不当に遅延させ,その理由を二転三転させ,現在も支払っていない。

以上から,被告は原告に対し,解雇予告手当を全額支給する旨の判決を望む。

― 以 上 ―

------------

AKB48チームA岩田華怜様20140208

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはよう。おーにっちゃんです。

雪めちゃくちゃ降ったなあw ちょっとは仙台を思い出したか?

ワタシは,以前も書いたけど,新潟から米坂線に乗って,途中で列車が立ち往生して,米沢までタクシーで出て,米沢から山形までは動いたけど,今度は仙山線が動かず,仙台空港までバスに乗ったときのことを思い出したよ。

てか,2年前のいまごろって,ヨーロッパのどっかにおったよなあ。どこにおったかなあ?
北に行くほど雪がなくなっとるのがフシギな感覚がした。
いや,1年前もヨーロッパのドイツ,Viölにおったけどよw

で,昨日は宮城産の牡蠣のパック398円が半額で売ってあったから,2パック買ってきて,それを皿に移して,なんも付けずに食った。

牡蠣はオイスターバーで食うのは美味しいと思うとったけど,牡蠣のパックではなんかズルズルして,イマイチ美味いと思わんかった。ここ38年間。

けど,オイスターバーなんて行ったら1回1万円くらい行ってまうし,しかしもうカネないし,背に腹は代えられんと思うて,しぶしぶ牡蠣のパックを買ってきた。

それを,酢牡蠣のタレすら付けずに食ったんやけど・・・美味かったw

オトナの階段をひとつ登ったぞ,ワタシwwwww
てかもうオトナの階段というよりも人生中盤やないかなあ。w

けっこうイケたから,また半額とかあったら,2パックくらい買い占めたろ。3パックでもええかも。

なんせワタシは,オイスターバーの牡蠣食べ放題で,夏のシーズンではない時期に,けっこうまるまる太った大きなヤツを100個弱,九十何個か食うて,オイスターバーのヒトにもびっくりされたことがあるから,ちっちゃい牡蠣のパックなんか,10パックくらいたいらげることだってできる。

てか,10パック買ってきても3,980円とかか・・・
先日働いた収入が16,000円入ってきたから,それくらいの豪遊はしてもええかもなあ。

・・・まあ,ほかの状況と比較しての検討やな。

あと,牡蠣の加熱用のほうは,生で食うたらアカンらしいけど,加熱用のほうがプランクトンの多いところで育っとるっぽいから,加熱用を生で食いたい衝動に駆られる。
加熱用のほうが安いし。

しかし,加熱用はそのぶんナントカ菌(大腸菌?)がおる可能性があるから,ちょっと気になるんやけど。
牡蠣に当たった人間ってたまにおるしなあ。

おしえて№353 投稿者 mamuさん 生食用の「カキ」と加熱用の「カキ」の違いを教えて。
http://homepage2.nifty.com/osiete/s353.htm

牡蠣の「生食用」と「加熱用」の違いは? テーマ:Kakipedia|カキペディア|百科
http://ameblo.jp/oysters/entry-10067142634.html


ところでさあ,結婚もしてないのに,既に妄想力で溢れた書き込みで悪いけどさあ。やっぱ思うことがあるからいまのうちに書いとくわな。

いまの段階ではワタシは単なる,日本一ビンボーなアホ人間やけど,そらあと1年もせんうちに超有名人になる。
ワタシ冗談抜きで,ノーベル平和賞確実やと思うとるねん。

ノーベル賞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E

だって,工作活動しかしてないスノーデンだって,いまノーベル平和賞候補なんやで?
ワタシスノーデンよりもめちゃくちゃ頑張っとるやろ?いろんな国を相手にして。

それに,そこに至る過程についてこれだけ文章書いてきたから,それを纏めたら,ノーベル文学賞もイケると思う。
そこまでは容易に想像がつく。

あと,経済学賞もイケそうや。世界の経済構造変えてまうんやから。

残りは物理学賞,化学賞,生理学・医学賞の3つやけど,この3つは難しい。

まあ,物理学賞は,アインシュタインの考えをつらつらと考えて,いまの最先端まで行けたら,頑張ったら届くんちゃうか。

というわけで,これまでノーベル賞を二度受賞した人・団体が5つあるらしいけど,ワタシは個人史上初の3冠,或いはさらにその上で4冠を狙うとる。
マジもマジも大真面目なハナシや。

またこう書いたら叩くヤツがおって,それで騒いでくれるヤツもおるんちゃうか,というのまで見越して書いとる。

・・・・と書いたら,AKSとか日立製作所の工作員は,騒ぎたくても金縛りに遭ったように,動けんようになってまいよるよなあw

いやそれでも誰かが話題にしてくれる。きっと。

で,問題はさらにその先や。もう妄想爆発で悪いんやけど。

やっぱ,ワタシを抜きにしてやで,女の子の立場として,ノーベル賞3冠とかイケてまうヒトがどっかにおるとしたら,そしてそれが自分のすぐ近くにおるとしたら,どうしたって自分の結婚相手よりも魅力的と思うてまうのがおると思うねん。

ワタシは,どんな状態であっても伊達娘が結婚相手と思うて,それしかないと思うとるけど,「結婚せんでもええから,おーにっちゃんの子供が産みたい!」って子が中には出てくると思うねん。たとえ私生児でも。
それは,ワタシがオンナならば,そのへんのイケてないヤツらと結婚するならば,結婚できずとも優秀な子供が作りたい,と思う可能性あると思うから。

コレは,ワタシが伊達娘以外とエッチしたい,とかいう思いとは全く関係なくや。

で,そうした場合に,ワタシもイヤと拒否するかなあ・・・
やっぱ,人間,とりわけ重婚禁止の日本人としてはやらんほうがええとわかっとっても,自分の子孫をなるたけ残したいというのは,ワタシも生物的な本能としてはあるぞ。本能やもん。

で,もしそういうのが出てきたら,ワタシだって,無碍に拒否するのもアレやし,やっぱ子孫が多いほうが,生物的な本能としてうれしいのは間違いないし,じゃあ子供つくってもええかなあ,ってコトになると思う。

まあ,どうするのか相談やろけどなあ。
体外受精って方法もあるし。

当然子供ができてしまったら,ワタシはそれなりに,普通の子以上にケアしたらなアカンし,したりたいと思うしなあ。

・・・いやな,将来的にそういう問題があるんちゃうか,なんて,妄想してまうねん。
まだまだ取らぬ狸のナントカやけど。

ただ,当然問題もある。
カエサルのクレオパトラとの子供カエサリオンは,カエサルが殺害された後に殺害された。

カエサルはそこまで見越して,カエサリオンを自分の子供と認めんかったらしい。
けれども,クレオパトラからしたら,自分と英雄カエサルの子供やから,大々的に宣伝したいわなあ。
大西弘子でイヤというほど経験したけど,人間って自分に自慢するトコがなかったら,周りを使ってなんとかして自慢して,そこまでしても自分の優位性を主張したいもんやねん。

そして,クレオパトラが大々的に宣伝してもたから,カエサリオンは,カエサルが殺害された後に,カエサルの子供という理由だけで殺害された。

子供って,親が有名やとけっこうタイヘンやねん。

それと,子供は自分の能力以上に自慢しまくられると,子供にとっていいことがない。

そこまで考えると,名もない一般人が,本能にまかせて“できちゃった結婚”できてまうのって,ある意味めちゃくちゃ幸せやろ。
名前が知れ渡るというのはいろいろ不都合があるねん。

けど,その不都合を跳ね除けてこそ,単なる有名人レベルから,歴史に名を残すヒトになれるんやけどな。

いまテレビでめちゃくちゃ有名なヒト,たとえばアキブータンでも,いくら有名であろうが,いくら年間50億円稼ごうが,100年経ったら誰も知らんただのオッサンや。てか土に還って終わりやな。

ワタシは,いまこれだけ貧乏生活しても,貧乏生活に耐えとるからこそ,100年経っても名前を残したい,残せる!と思うとる。

なんか,まだ子供の伊達娘に対して,やたら将来の子供のハナシ,てか場合によっちゃ浮気っぽいハナシまでをして,ビミョーかもやなあ。

けど,ワタシは何年か後にはそういう問題も出てくるよなあ,なんて,うすうすは思うとるんやで。

ワタシ自分の悩みはなんでもかんでも伊達娘にとりあえず打ち明ける主義やから。
まあそれでハラ立ったら,ハラ立ったって言うてくれたらええねん。
いまは無理やからどっかのタイミングでな。

それが相談ってやつやもんな。

ほなね。

2014/02/09 11:56:38 おーにっちゃんより

---------

オマエら”日立制作所”にひっかかるなよw

田中とやらの投稿が,”日立製作所”ではなく,”日立作所”となっとるトコに気づけよw


ネタにマジレスしてまうなよ。

だからワタシは,”作所”とさらに進めた上で,”太酉”って書いたんやぞ?

タネ明かしせんでも,それくらい察しろよ。

日立制作所の田中さんへ☆

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-e19f.html#comment-104986993

IPアドレス:     119.72.194.11
名前:           日立制作所
メールアドレス:
URL:

内容:
--------
日立制作所の田中です。

大西秀宣様

もし大西秀宣さんが望むのであれば、会社として再雇用を検討しますが如何いたしましょう。
あなたのブログを見ていると会社に戻りたくて仕方ない、そんな思いが溢れています。

大西秀宣さんが望むのであれば、検討しなくはありません。

そこで、会社に戻る条件として提示したいのは、アイドルとの相思相愛を示す確固たる客観的証拠を提示する事。
そちらを提示頂ければ履歴書を受け取ります。

ご検討くださいませ

投稿: 日立制作所 | 2014年2月 8日 (土) 23時26分

------------

目立制作所の田中さんへ☆

太酉秀宣です。

会社に戻りたくて仕方ありません。



10兆円くれたら戻ります。

おーにっちゃん

嵐ファンの投稿を読んで,逆にカチン☆ときて,鉄道会社にメールしときました

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-e19f.html#comment-104987592

IPアドレス:     123.108.237.121
名前:           嵐ファン

内容:
--------
なんでもかんでもクレーム入れればいいってもんではありません。

某鉄道会社社員の義妹より

投稿: 嵐ファン | 2014年2月 8日 (土) 23時41分

------------

コレ読んでカチンときて,下記の内容を書きました。(ここに記載するように一部変更しています)

しかし,IPアドレスを見たら,コイツいっぱい投稿してきとるんやけどなあ・・・

------------

ドア開閉時の放送徹底について

本日は雪の中を運転いただきありがとうございました。

さて,今回メール申し上げたのは,○○行き電車が××駅で長時間停車したときの内容についてです。

車掌さんは,寒い方のために,電車のドアを閉め,降りられる方のためにたまに開けられていました。

気になったのは,ドアをたまに開けられるときに,何度も,放送がなくいきなり開けられていたことでした。
ドアチャイムもないので突然いきなりドアが開いてました。

私も前職でIEC規格のホームドアの安全関係を担当しましたから,どうしても気になるのですが,たとえば夜遅いので,ウトウトとしてドアにもたれかかっている人がいないとも限りません。
そんな状態で突然ドアが開いて,その結果お客様が怪我をされては問題と思います。
そういう可能性はほとんどないとは思うのですが,そこまで考えるのが安全の本質と思います。

今後社員教育を徹底されるなり,車掌さんのヒューマンエラーをなくすべくどの車輌もチャイムが鳴るようにするなり,検討していただければと思います。

« 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月10日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック