« 2014年2月21日 | トップページ | 2014年2月23日 »

2014年2月22日

2014年2月22日 (土)

AKSに対する訴訟の追加資料作りました。

これまでの経緯を纏めますと,まず下記の資料を2014/1/21から五月雨式に出していました。

平成26年(ワ)1282号 AKS,キングレコード,Googleを相手取った訴訟
受付票     http://onicchan.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2014/01/22/__1_2.jpg
訴状提出版   http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/files/AKSsojyo16.pdf
書証     https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRN2Mxc0ZJZ0luX1E&usp=sharing
補足説明資料 https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRb2E1VFliMkFqLVE&usp=sharing

すると,2/13にこんな補正命令が来ました。

https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRcGlUQlJpTGZHekE/edit?usp=sharing

そこで本日,握手会に行き,スタッフに確認した後,2時間半ほどでこんな資料を作成しました。

https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRNHRPQ2d3Q0c2N2s&usp=sharing

それにしても,こんな文章2時間半くらいで書いちゃうって,我ながら文書書くの早いよなあ。・・・そう思わん?

資料下記します。なんかコメントあったらちょうだい。

-------------

平成26年(ワ)第1282号 補正命令に関する補正資料
                   平成26年2月24日
東京地方裁判所 民事部 第31部 御中
                原告 大西 秀宜 印

本 資 料 の 趣 旨
原告が平成26年2月13日に受け取った,東京地方裁判所民事部第31部杉本宏之裁判官の補正命令に従い,下記の通り補正します。

請 求 の 趣 旨
1. 被告1及び被告2は,原告が購入した金3万円に及ぶCD付属の握手券にて保障された握手に関する債務について,一方的に拒絶した代償として,金3万円を弁償せよ。
2. 被告1及び被告2は,原告に対し,被告1及び被告2が共同で運営するサイト“キャラアニ”からの握手券を付属させたCDの購入ができない状態にしたとのことであるが,被告1及び被告2の販売する握手券付きCDを選択購入できる契約上の地位を有することを確認せよ。
3. 被告1及び被告3は,個人情報の保護に関する法律第15条,16条に従い,Google+サービスにおいて原告が見られる表示内容について,一般利用者が見られる表示内容とできる地位を有することを確認せよ。
4. 被告1及び被告2,被告3は,原告に対し共同で,慰謝料300万円及びこれに対する平成25年11月24日より支払い済みに至るまでに民法所定の年5分の割合により遅延損害金を支払え。
5. 訴訟費用は被告1および被告2,被告3共同での負担とする。
との判決ならびに仮執行の宣言を求める。

請 求 の 原 因
第1 違法事実
1. 原告は,甲第3号証に示す握手券付きCDを,被告1及び被告2らが運営を委託するサイト「キャラアニ」(甲第17号証)を通じて,平成平成25年10月3日に購入する契約を行った。
2. 然るに,平成25年11月24日,被告1及び被告2担当者らは,原告に対し,正当な理由を示すことなく,甲第3号証にて握手する権利のある岩田華怜との握手を認めず,返金にて対応すると一方的に告げ,債務の履行を拒否した。同日だけでなく,12月1日及び平成26年2月22日の握手に関しても拒否した。また被告1及び被告2担当者らは共同して,原告に対し今後の岩田華怜に対する握手券の購入はできなくするとも通告した。
3. 当該サイトには,握手が不可能になる事態に関する記載もあるが,甲第18号証に示すとおり,実態としては,被告1及び被告2らの責に帰すべき事由において握手が不可能であった場合,振替握手会や返金での対応を行っている。また,甲第19号証に示すとおり,握手券は金券であるとの判決が,既に東京地裁より出た前例もあるため,握手券は“おまけ”ではなく契約であると認められる。
4. このため原告は,甲第3号証に示す契約に関し,民法第415条に規定する債務不履行として,被告1及び被告2を訴え,損害の賠償を請求し,同時に慰謝料を請求するものである。また,民法第414条においては,”債務者が任意に債務の履行をしないときは、債権者は、その強制履行を裁判所に請求することができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。”との記載があり,被告1及び被告2らの運用の実態として,甲第18号証に示すとおり,被告1及び被告2らの責に帰すべき事由において握手が不可能であった場合,振替握手会が一般的に行われていることから,損害の賠償ではなく,被告に対して,振替握手会の強制履行を要求することも可能であると原告は考える。
5. また,原告は同時に,以上の不法行為に基づき,民法第709条,715条に規定される,損害賠償を請求するものである。
6. 被告1及び被告2は,平成25年11月24日,原告に対し,被告1及び被告2が共同で運営するサイト「キャラアニ」(甲第17号証)からの握手券を付属させたCDの購入ができない状態にした言ったことに加え,原告が平成26年2月22日被告1担当者郡司氏に確認したところ,原告は被告1,被告2と係争中であるから,「キャラアニ」(甲第17号証)からの一切のCDの購入を禁止したと告げた。
7. 当該CDが各種店舗から可能であれば,契約自由の原則に従い,被告1,被告2は原告に対してCDを売らないという選択もあると考えるが,当該CDは「キャラアニ」(甲第17号証)からしか購入できない状況においては,被告1,被告2が原告に対してCDを売らないという判断を下すことは,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律第19条「事業者は、不公正な取引方法を用いてはならない。」に抵触し,さらに原告に対する個人情報の取得方法から,個人情報の保護に関する法律第15条,16条に抵触する可能性が高いと原告は考える。このため,原告はこのような制約の撤回を要求するものである。
8. 原告は,平成23年12月8日に,被告1が被告3と共同で運営するGoogle+サービスを提供しはじめたことから,Google+サービスを利用することとなった。当該サービスの利用規約を甲第20号証に,プライバシー ポリシー – ポリシーを甲第21号証に示す。また原告のGoogle+トップ画面を甲第22号証に示す。
9. 原告は,これまでに甲第20号証や甲第21号証に規定された内容に反した認識はなく,被告3から注意も受けていない。特に甲第21号証には,“このプライバシー ポリシーに記載した以外の用途で、情報を利用する場合は、必ずお客様の同意を求めます。”との記載があるが,そのような同意を求められた事実はない。
10. このような前提の上で,原告は平成24年4月頃より,Google+サービスにおいて,原告が投稿した内容が原告のアカウントからしか見られず,他人からは削除したように見えるという事象が発生した(甲第1号証)。この措置は現在も継続している。
11. Google+サービスにおいて,当該仕様はどこにも記載されていないものであり,当該行為に関して被告1や被告3に対してクレームを上げた(甲第1号証)が,被告1や被告3からは一切の回答がない。Googleには明確な仕様の規定が掲載されておらず,現在原告がGoogle+上に記入した文章が,誰から見えて誰から見えないのかが分からない状態である。すなわち,被告1及び被告3からの説明がない現状,Google+上において原告の言論の自由は現在も侵害され続けている。これらは,個人情報の保護に関する法律第15条,16条に抵触する可能性が高いと原告は考える。
12. なお被告3は現在,甲第23号証に示す通り,被告3の提供するサジェスト機能に関して,日本のみならず各国で裁判として取り上げられている状況である。本案件はユーザーとGoogleの間に契約関係はないと想定されるが,その場合であっても,名誉毀損が争点となり裁判になり得るのである。
13. 然るに本案件は,原告がたとえGoogleに対して金銭を支払っていなくとも,甲第20~22号証に示す通り,被告3と原告との間の契約の結果により原告にアカウントが存在するのである。そのアカウントに関して,不法と思われる内容について原告が訴えることを,裁判官自らが“国家の強制力を用いる性質ではない”と指摘するのであれば,心外であると原告は考える。
14. 原告はこのような被告3におる制約の撤回を要求し,同時に,以上の不法行為に基づき,民法第709条,715条に規定される,損害賠償を請求するものである。

証拠方法
1. 甲第17号証 AKB48劇場盤 申込みフォーム
2. 甲第18号証 【大握手会】返品対応のお知らせ|AKB48 Official Blog 〜1830mから~ powered by アメブロ
3. 甲第19号証 AKB握手券偽造で有罪判決 東京地裁「財産価値ある」 :日本経済新聞
4. 甲第20号証 Google 利用規約 – ポリシーと原則 – Google
5. 甲第21号証 プライバシー ポリシー – ポリシーと原則 – Google
6. 甲第22号証 hidenobu onishi - Google+ 原告のGoogle+上のアカウント
7. 甲第23号証 Googleのサジェスト機能に関する裁判

- 以 上 - 

訴状を書くに当たって大西メモ

だいたい,販売店がいっぱいあればともかく,キャラアニという1ヶ所でしか当該商品を買えない状態にしておきながら, その販売を一方的に禁止するって,

昭和二十二年法律第五十四号(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)
(昭和二十二年四月十四日法律第五十四号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO054.html

第五章 不公正な取引方法
第十九条  事業者は、不公正な取引方法を用いてはならない。

このあたりに違反するんちゃうかなあ??

まあ,あんまいっぱい言うても,裁判所理解しよらんかもやけどさあ。

Googleはオートコンプリート機能自体が世界中で名誉毀損に関する訴訟ネタになっとる。
それはGoogleとは契約関係がないにもかかわらず訴訟になっとるから,いくら無償であれ,契約を行い, 個人を特定して不利益をこうむっとると主張するワタシの言い分が一瞬で棄却されるとも思えんけどなあ。

まあ,棄却されたって高裁に即時抗告したるけどよ。

裁判官も,ワタシが即時抗告しまくっとると思うたら,無碍に却下はできんと思うけど。

Google の利用規約などについて改めて調べました

いくら無料で利用していようが,利用規約があり,それに従って利用していることを証明すれば,それは当然Googleと大西とで契約をしていると主張できるはずと考えます。

まあ,最新の利用規約などを提出すればいいでしょう。

Google 利用規約 最終更新日: 2013年11月11日 (旧版を表示する)
http://www.google.co.jp/policies/terms/regional.html

プライバシー ポリシー 最終更新日: 2013年12月20日 (旧版を表示する)
http://www.google.co.jp/policies/privacy/

特に,Google自身,宣言したこの1行に反すると主張することは可能と考えます。

”このプライバシー ポリシーに記載した以外の用途で、情報を利用する場合は、必ずお客様の同意を求めます。”

あと,CDをどうやって購入したかは,その当時のサイトはすでにありませんが,

AKB48 35thシングル「前しか向かねえ」劇場盤 申し込みフォーム
http://akb48.chara-ani.com/

を記載し,同様のページから購入した,と言えば,無碍に却下はできないと思います。

また,返金等の対応に関しても,行わない旨の記載をしてはいますが,実際は行っているために,このあたりも含めて書き直したいと思います。

返品・返金・振替対応のお知らせ 【AKB48劇場盤申込みフォーム】【キャラアニ・チャンス】【キャラアニ】
http://blog.livedoor.jp/chara48/

アドバイスなどありましたら,お知らせください。

とりあえず昼寝します・・・zzz

成果なしという成果

郡司がいて、

「訴えたいのにキングレコードの担当者名さえわからないのはマズいから、担当者名だけでも教えてくれませんか?」

と聞いたら、どこかにかなり長いこと電話したあげく、

「もう大西さんは訴訟を提起されているので、こちらとしては一切答えられません」
と言われました。

また、現在どのメンパーの握手券を購入できるのかを聞いても、
「大西さんは訴訟を提起されているので、売れません」
とのことでした。

しかし、それは出禁ですか?と聞いたら、違うと言われました。

いくら訴訟していようが、それを理由に売らないというのもおかしいと思うのですが、それも新たな争点と思いますし、
「ワタシは違うと思う」

とだけ言って帰って来ました。


前回の握手会時は、
「AKSには後ろめたいことは全くないので、訴訟なさってもかまいません」

みたいなことを言われた記憶があるのですが、だいぶ態度が硬化しています。

さすがにホンマに訴えられるとは思ってなかったのでしょう。


まあ、キチンと理由をつけて訂正版を出し、それも却下されれば即時抗告し、それでもダメならば、もっかいストーリー練り直して出し直せばいいのです。

諦めなければいいのです。

海浜幕張行きに乗りました

あんま混んでないなあ・・・以前はもっとヲタで混んどる気がしたけどなあ。

和香さあ、女子高生の隣に座ってラッキーと思うのを否定するということは、AKBの握手会その他のビジネス全部否定しとるって理解できとる?

そういうビジネスの好き嫌いはあるし、させてええことと悪いことがあるやろけど、確実に重要はあるねん。

とりあえず幕張向かってます。吉野家について思ったこと

とりあえず幕張向かってます。吉野家について思ったこと
握手期待薄ですが、行ってます。

駅で席が空いて、両側女子高生。
なんかトクした気分w

右隣の女の子お菓子食ってるけど、朝飯替わり?

まあ橋本ひかりみたいなんもおるやろしなあw


写真は、吉野家のもの。

結局並盛280円を頼みました。

で、ふと思ったのですが、特盛は540円でお肉1.8倍。

ご飯が仮に2倍としても、あと20円支払えば、並盛2人前買えて、お肉もご飯も2倍になってしまいます。

2回に分けたほうが、アツアツのを食べられますし、片方つゆだくにするとか、卵かけにするとか変化をつけられます。

今度からそうしよう。

まあ、並2人前は心理的に多いけどなあ・・・


女子高生降りたけど、また新たな女子高生が!w

AKB48チームA岩田華怜様20140220

言い訳やけど,なんか,アップし忘れ取ったっぽい。いま気づいた。



AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

なんか,ワタシのコトをカネを落とさんからどうのって言うとるヤツがおる。
だから一応書いとくけどさあ。

カネを落とすかどうかって,もろAKSの商売の観点のハナシやねん。
AKBのメンバーからしたら,正直言って,カネを落とすかどうかってのも評価点に繋がるという意味ではうれしいかもやけど,それほどうれしくないやろ?

ワタシいつも言うとるように,仮にたくさん握手に来ても,そのために生活が逼迫されて,あとで自分の生活がめちゃくちゃにされた!なんて言うくらいならば,その手前で止めとけって思う。

フツー考えたら,握手券5枚とかがせいぜいやろなあ。
それ以上はもう尋常なファンちゃう。
ワタシがメンバーならば,5枚以上買ってくれるファンは全員神と思って対応するとかな。
ヒトにもよると思うけど。

いくら自分に来てくれるからといって,自分となんとかして繋がりたいヲタはちょっと遠慮したいよなあ。
繋がるのとはまた別に,自分を純粋に評価してくれるヒトって貴重やと思うねん。

何度も書いとるように,家族だとか,スタッフ(の中で親切なヒト)だとか,メンバーはそういうヒトが,仮に1枚も握手券を買わんかったって,そういうヒトが自分を見て必要なコトを言うてくれたら,それはありがたいと思うはずや。
そういう応援の仕方が本来はあるはず。

そして,そういう応援の仕方も認めとるのが,市民劇団やったりすると思うねん。

それにもかかわらずAKBは,利益を得る手段を握手券とかグッズに特化し過ぎたから,市民劇団が本来歓迎すべきようなファン活動については,どうしても遠慮してもらう方向になったから,おかしくなっとるねん。

【悲報】乃木坂46の人気が急下降【個別】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/akb/1392886755/l50

ってスレ立っとるけど,そらアタリマエやねん。

10秒の握手に1,000円とかの商売やろ?

てことは,ストレートに言えば,もっと売れんグループが,1,000円で20秒握手できるようにしたら,ヲタはそっちに流れる。
30秒握手できるようにしたらもっと流れる。

アタリマエやん。AKBであろうが乃木坂であろうが,そいつらはなんとかして女の子と話がしたいんやから。

そして,戸賀崎が目指したように,その先にはキャバクラのシステムがある。

ワタシはゼッタイに,キャバクラでは破綻すると思うねん。
いやよく知らんけど,キャバクラってたぶん全国展開のチェーン店なんてないやろ?

けっきょく,女の子がオトコをその気にさせて騙してカネを巻き上げるシステムやねん。

小さい企業で短期的に儲けるのであればそれでもええかもやけど,大きな企業になって長期的に儲けるにはそれは向いてない。
そのへんを,戸賀崎だけでなくアキブータン自身が分かってない,てか分かろうとしてないねん。

やっぱ,乃木坂の低調なんを見たら,乃木坂をなんとか救うために,AKBグループと乃木坂のシャッフルもあるんちゃうかと思うねん。

それでふと思ったけど,まゆゆ乃木坂移籍!とかってあるかもなあ。

けど,仮にそれを実行するにしたって,けっきょく握手券を買って自分の身上潰すヤツらのパイを奪い合うだけや。
先は見えとる。

もっと,“応援”を大前提にして薄利多売を考えるべきなんやけどなあ。

だって,元AKSの岩崎夏海が書いた“もしドラ”だって,まあいわば誰が自分たちにカネを払ってくれるかを考えて,払ってくれるヒトたちのためになろうと思ったことがひとつの転機やねん。

AKBはその,払ってくれるヒトたちのためになろう!という思いを,握手券のうまみに目がくらんで,どうもイイカゲンにしてもとると思うよなあ。

だからこそ伊達娘も,AKBはハタチまでおれるとは思ってない。
あと数年で木っ端微塵に潰れる。

ワタシがそう思うことがなくとも,少しずつ潰れる方向に向かうとるんや。
潰れる方向に向かうとると思うから,卒業生がわんさと出てきとるというのもあるかもやな。
まだ伊達娘にはわからずとも,やっぱそれなりの年齢になったら,このままではマズいと思うこともあると思うねん。

とはいえ,ワタシも伊達娘に対して必要以上に怖がらせるつもりはない。
たとえアキブータンが伊達娘を守らずとも,ワタシが守るつもりでいる。それはずっと言い続けとることや。

そして,伊達娘だけでなく,できるだけ多くのメンバーを守りたいと思うとるで。
最近は,たとえば今日のチームK公演なんかでいえば,ちぃちゃん,ちかりな,まゆちあたりなんかもワタシの目にはちゃんと入っとる。

> 七女のちかちゃんはスタイル抜群 人魚姫になりたいとほざいてる

なんて,ウラを返せばアキブータンはちかりなについてあんまイメージないって言うとるのと同然やねん。

ワタシならば。

七女のちかちゃんは天然系 人魚姫になりたいのに,事務所の都合でマザー牧場の宣伝やってる

とかのほうが面白くないか?

と思っていまマザー牧場調べたら,

http://www.jreast.co.jp/chiba/view/73448_0303.html

こんなツアー募集しとるなあ。
よくよく見たら,3/7(土)秋葉原出発で7,200円で行ける。

それで,マザー牧場をちかりなとれいにゃんに報告できて,いちご狩りもできるとなると,けっこうオトクちゃう?

まあ,他のカネの計算とかとの勘案やけどよ。
ワタシもいま家計苦しいねん。

日立製作所時代は,いくらうだつがあがらんかっても,一人暮らしくらいは何とかできる程度のカネもろうとったから,イケイケやったんやけどなあ。
いまそうともいけんのが悔しいよなあ。

いまあーやのとこにコメント書いとるけど,あーやにはあんまよく思われてないんか?どやろ?
ワタシはあーやはもっとできると言い続けとるんやけどなあ。

けど,あーやはかたくなにいまのパフォーマンスを変えんねん。
そうすると当然,ワタシの存在はウザくなってくるわなあ。

けど,たとえばいくらあーやが声優を目指すからって,パフォーマンスを無視していいかというと,そういうワケちゃうとワタシは思うとる。

あーやもさあ,コレが先生の言葉やとそれなりに聞くと思うねん。
ワタシは単なるイチヲタと思うとるから,キツい言い方するねん。

てか,あーやにそう書かれるということは,メンバーにとってのワタシの認知度って,やっぱ必ずしも全員から賞賛されとるワケちゃう。
アイツウザい,と思うとるのもおるはずやと思うねん。

AKBのヤツらの認識を変えるのも,ワタシのすべきひとつの仕事やろなあ。

そんなん最初から分かっとるやろ,と思うとったんやけど,あーやは最初から声優志望やから,ダンスのパフォーマンスを言われても,自分のこととして受け入れられんのかもやな。

ワタシが前々から言うとる,声優ったって俳優の一種や,というのも,いまの子にはピンと来んのかもなあ。
その上で,あーやはとりあえず自分の思うことをやっとるから。ワタシの意見なんか雑音なんかもやな。

ワタシはそれでも。声優の夢の前には,アイドルとして売れる前提があり,そはがんばって欲しい,それにはもっと可愛いダンスもできると思うとるねん。

てかそれしかないと思うんやけどなあ。
とはいえ,まゆちの小説でさえ,マネージャーと衝突するという描写もあるし,マネージャーと衝突することがたびたびあるのであれば,ワタシと衝突してもええと思うで。

まあ,その結果としてアクセスブロックだけはして欲しくないと思うけどよ。
けどそれも,AKSのマネージャーがどう言うかワカラン。

正直,あーやにはイラッとしたけど,まあハタチ以上ちゃう高3やしなあ,ワタシが踏ん張って教えたらなアカンこともあると思うで。

いやホンマに,もうそれなりに有名なワタシに口ごたえするって,アキブータンやとがちゃんに比べたらマシかもやけど,それでも勇気がいることと思うねん。

それでも,自分の思いをぶつけてくるのは悪くない。
いやワタシは,

明日があるからここで終了するわ。
ほなね。

2014/02/22 2:31:47 おーにっちゃんより

--------

「akb48a20140220.pdf」をダウンロード

AKB48チームA岩田華怜様20140221

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

明日とりあえず行くだけ行く。
握手できるとは思ってないけど,不十分な理由から握手させてもらえんという証拠は,ちゃんと掴んどかなアカン。

それはそうと,今日チーム4公演行ったけど,なかなかいいパフォーマンスしとったぞ。

けどな,既に書いたけど,みぃちゃんだけが他メンと違うイメージのパフォーマンスしとって,どうしても目立つねん。
アレこそ,なにか落としどころを見つけて,合わせなアカンと思う。
みぃちゃんだけを責めるつもりではない。
1人のみぃちゃんの案のほうが15人のメンバーに勝っとるかもワカラン。

いや,みぃちゃんのほうが仮に負けとっても,15人のメンバーはそれに勝つだけの言い分を説明しきらな,キャプテンのみぃちゃんを説得できんねん。

いずれにせよ,それはちゃんと話してみなワカランことや。

まだチーム4はそこまでハナシができてない,いくら仲良しで完成度も高いと言われても,まだまだ発展途上とワタシは見る。
それができてこそ,チーム4はまた一歩成長できる。

逆に言えば,田野が不満漏らしとったのを思い返して,田野ら10期以降か?は,大場チーム4では言いたいことも言えんかったっぽいよなあ。
それが峯岸チーム4ではできるかどうかやと思う。

しかし田野だって,言いたいことも言えんかった,っていつまでも言うとるようでは,ワタシの主張する,東京ドームを満杯にするどころか,芸能人として独り立ちするのも覚束んよなあ。

田野ももっと,ksgkとして騒ぐときだけでなくて,パフォーマンスを主張するときにもっともっとガンガン言うて欲しい。
それだけのポテンシャルあると思うとるねん。

ワタシが思うだけでなく,スタッフもそう思うたから,ダンス企画させてもろうとるんやしなあ。

・・・当然それは伊達娘にだって言えるぞ。
ワタシは,昨日だかの動画コテンパンに評価した。
けど,まあ練習やから,ホンマはそこまで言わんでもええはずやねん。

それをなぜ敢えて言ったか?
そりゃ,やっぱ伊達娘はブロードウェイはじめ舞台を目指しとるんやから,いや声優も含めて広い意味での女優を目指しとるんやから,そういう意味も含めて,伊達娘は田野がやっとるようなダンスと同じダンスではなくて,演技力が類推できるようなダンスを魅せて欲しいと思うてん。

ストレートに言えば,アレ田野の二番煎じになってもとるやん。
そう思わんか?

もちろん,演技力が類推できるようなダンス,という点で,ゆかるんにめちゃくちゃ離されてもとるという危機感もあるんやで。
たぶんその点は,伊達娘以上にワタシのほうが危機感あると思う。

もちろん,ワタシはゆかるんに推し変する気ならば,危機感なんか持たんでええねん。
けどワタシはやっぱ伊達娘を一生推してく気やから,危機感持ってまう。

けどそう書くと,ゆかるんが悪役レスラーみたいになってまうよなあ。
前から書いとるように,ゆかるんの頑張りにはなんとかして応えたい,アキブータンはそこまで手を回す前にAKBが潰れるとワタシは思うとるから,なんとかゆかるんも救わなアカンと思うとる。

てか,危機感といえば,あーやにけっこうキツいことも書いたんやけどな。
やっぱワタシから見たら,メンバーが自分がこうなりたい!と言うとる方向に行けるストーリーから,どうも外れとるように思えたから,厳しく言うてもうたんや。

まあ,本人の人生やし,ワタシに見えてないとこがある,見えてないとこで頑張っとる可能性があるのも理解するんやけど。

・・・理解するけど,だからといって,その本人の人生に対して,私が全責任を持って夢を叶えさせるまで見届けます!なんて人間がおるかというと,おらんワケや。

ちなみにもちろん,頑張っとるならば,こういうとこで頑張っとる!って主張してくれたら,ワタシも理解するしな。
そういう意味では,あーやがイラスト載せてくれたのは,そういう意味があるのかも知れんな。・・・ワタシの自意識過剰すぎか?w

・・・で,アキブータンだって,あくまで後ろのほうから,芽が出てきたメンバーの美味しいとこだけを取るスタンスやろ?
夢を叶えたい本人が頑張るしかない。

ワタシは夢をいっぱい叶えてきたけれども,周りの人間見てきたら夢なんてあってないような人間ばっかやねん。
ワタシはここ数年でそれを痛いほど理解した。

以前も書いたやろ。親戚で,鉄道が好きと言うとったヤツがおったから,どうやったら現状から鉄道関係の仕事に就職できるかをいろいろ調べて,相当親切に教えたった。
ワタシの従姉の息子で,10歳以上年下や。

にもかかわらず,そいつはワタシががんばって調べたアドバイスを一切無視して,おじいちゃんのトコから高校に通って,その後ゼンゼン鉄道と違う仕事に就職しやがった。

それだけならばまだしも,ワタシが日立製作所と争うとることに対して,鉄道に拘るから大西はアホ!なんて捨てゼリフまで言うてきやがった。
いくら10歳以上年下といっても,ホンマにサイテーなヤツやと思う。

・・・けど,人間そんなヤツばっかやねん。
自分のこだわりなんてないヤツらばっかや。

ワタシは,こだわりのない人間を見てきたからこそ,こだわりを持つようにと思って,たとえウザがられても,夢を持ったり好きなことを追い続ける大切さを言い続けるねん。

それで言うとな,今日のこじまこオモロかった。

チーム4に期待すること,とかいうお題で,「チーム4で流しそうめんがやりたい」って,どう考えてもトンチンカンな答えを言いやがった。
そこに便乗して,なんで流しそうめんなんかみぃちゃんが聞いたら,ニコニコして,「流しそうめんが好きだから」って言うたぞ。
そして,こじまこは笑顔が可愛いからそれでも許されてまう,これが萌とかならめちゃくちゃ突っ込むのに,ってハナシになった。

けど,可愛い可愛くない以前に,好きなものをどれだけ追い求められるかって大事やと思う。
こじまこは可愛いかも知れんけど,だからといって萌が,自分はヒトからなんと言われようとも,これを追い続けます!なんて言うてないやろ?
ダンスが好きってのはみんなに知れわたっとると思うて,敢えて言うてないとこもあるやろ?

それに比べたらワタシなんか,伊達娘が好きってめちゃくちゃ知れわたっとるけど,それでも言い続けとる。
AKSはそれを辞めさせようと躍起になっとる。

けどワタシな,そりゃ可愛い女の子に推し変し続けたってええわけやん。
べつに伊達娘と約束したワケちゃうし。

なんで伊達娘が好きって言うか。
ワタシが伊達娘の立場やったら,そう言ってもらったほうがうれしいからや。
それしかない。

・・・・で,それを考えるとさあ,ワタシなんて,日立製作所に入ったのも,
「鉄道が好きで,JRに入りたかったけど落ちたから,次にいっちゃん鉄道に近いと思ったから」
という理由やし,田中麗奈を応援したのも「可愛いと思ったから」「こういう作品がいいと思ったから」やし,
Lunaを応援したのだって「可愛いと思ったから」やし,
ジブリを好きになったのも,「そういうのの話題を知っとったら,好きな女の子と話しがしやすいんちゃうかと思ったから」やし,
AKBをここまで根つめて応援しだしたのだって,「伊達娘が好きになったから」やねん。

フツーの人間の考える,「誰について行ったら確実に出世できる」とか,「誰の言うとおりにしとったら確実に儲かる,収入が増える」とかいう判断は一切ないねん。
ワタシの判断基準は,好きかどうかだけやねん。

しかもや,まだ女の子を意識する前の小さいときに好きになった鉄道以外は,全部,女の子のことを好きになったからやねん。
ワタシの行動基準って世界一分かりやすいよなあ。

・・・いや鉄道でさえ,そこで頑張って名声を得てから,職場の女の子にアプローチしようと思うとったんやからなあ。

すなわち,ワタシのアタマの中の9割くらいは女の子のことばっかや。
それでいて,38歳になるまで彼女ゼロっていうのもなあwwwwwwwwww

だから,ワタシ重すぎたんちゃうかといま思うとるねん。

だってさあ,いまから考えると,名声を得てから職場の女の子にアプローチするって,やっぱそれは結婚を前提に考えとるから,名声を得るのが先に来るのであって,女の子の側からしたら重すぎるよなあ。
興味があれば,名声関係なしにもっと話しかけてくれ!と思うよなあ。

中学生の伊達娘の側からしたら,重いとかまだあんまワカランかもやけど。

いまにして思えば,名声とか関係なく,あなたに興味あります!だからお茶でもしませんか?って,興味のある女性には頑張って言うたら良かったと思うねん。

・・・・まあ,けどなあ,お茶したとしてもその後が続かんよなあ。

なんで続かんかといえば,伊達娘とかAKBのヤツらに対しては,言うてもワタシ,AKBを発見するまでに,自分で演技とかなんとかでいろいろ悩んだ経験あるし,絶対音感あるし,ブロードウェイ観たこともあるし,AKBのヤツらが有益と思える経験を語れると思うねん。

けどな,その辺の女の子が有益と思う情報を持っとるかといえば,持ってない。
そのへんのオシャレなカフェとかゼンゼン知らんし,ディズニーリゾートもほとんど行ったことないし,ましてや原宿なんて行かんし,知らんことばっかやねん。

だから,鉄道趣味の女の子ならば,ワタシでも教えられることあるかなあ,とも思うて頑張ったんやけどなあ。
・・・けど,いまとなっては後の祭りや。しゃあない。

まあ,ハナシを戻すと,こじまこを見て,ヒトになんと言われようが,
「流しそうめんが好きだから」
って言えるその度胸は大物やと思うたぞ。

そういえばワタシ,JR東海の仕事で,JR東海の在来線に乗ってどっかの駅まで移動しとったんやけど,そこで隣にちょうど貨物列車が走ってきた。
DD51ってディーゼル機関車やったんやけど,それにhshsしてもたのを,周りのヒトらにも見せてもてん。そら,興奮するよなあ。DD51ってワタシいっちゃん好きな機関車やし。(って言うてもワカランと思うけど)
すると,JR東海の太刀川ってヤツがいて,「コイツアホ」とか,「さすが考えとることが違う」とか,もうボコボコに言われたなあ。

いま調べたけど,コイツや。ワタシ大嫌いなヤツや。

太刀川 丈士
http://sc.chat-shuffle.net/human/id:4583488

まあどうせ,その程度のことで文句言わなアカン程度なんやから,要するにアホなんやろ。
JR東海小牧研究所の研究職のくせに,インターネットに名前が残るような成果大して残せてない。

・・・まあそんなんどうでもええわ。

太刀川とか,日立製作所のアホ連中には,“好き”という,抑え切れん感情は理解できんかってん。

けどな,伊達娘は理解して欲しいよなあ。
“好き”という感情こそが,世界を変えてきたと思うとるねん。

たとえばベートーベンだって,音楽が好きすぎたからこそ,耳が聴こえんようになっても創作活動続けたと思うねん。

・・・いや,伊達娘がワタシを理解できんかったらワタシこじまこに推し変するだけやし。(と,とりあえず言うてみる)

てか,自分で言うのもアレやけど,こじまこの笑顔とワタシの笑顔って,なんか似てない?満面の笑みなところが。
目がつぶれるところとか,顔が真っ赤になってまうとことか。
そう言う意味では,伊達娘はちょっと似てないよなあ。

なんか今日見て改めてめっちゃ思った。

とはいえ,こじまこがAKBを纏められるかというと,そういうワケでもないと思うし,共通点で言えば,やっぱ一人っ子とか,持って生まれた性格とか,トータルでは伊達娘にいっちゃん親近感湧くんやけどな。

だってもう,2年半の仲やで?
そろそろ歴史と言ってもいいくらいに積み上げて来たんやで。
ちょっとやそっとで推し変なんてするわけないぞ。


さあ,今日も,明日があるからここで終了するわ。
明日は6時ちょい前起きくらいにするかな。それで近所の吉野家で朝飯かな。

ちょっと元気つけるために,“アタマの大盛り”とかしてみようかな。
・・・って言うてもワカランやろ。

http://www.yoshinoya.com/menu/don/gyudon.html

牛丼でもいろいろ大きさが選べるねん。

伊達娘もオッサン相手すること多いと思うから,吉野家に入らんでもええから,吉野家のメニューくらいちょこっと覚えてもええと思う。
吉野家を覚えたら,すき家も松屋も似たようなもんやし,応用が利くぞ。

ちなみに,個人的には吉野家の牛丼がいっちゃん好きやなあ。
やっぱ老舗やからノウハウ多いんかなあ。
組閣の日も,吉野家の牛丼にお世話になるかなあ。

ほなね。

2014/02/22 2:25:59 おーにっちゃんより

-----------

« 2014年2月21日 | トップページ | 2014年2月23日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック