« 2014年2月23日 | トップページ | 2014年2月25日 »

2014年2月24日

2014年2月24日 (月)

他メンについてとか

AKBから移籍させられたのは、伊達娘以外記憶にある限り、あやりん、すーめろ、れいにゃん、梅ちゃん、みなるん、みおりん、ゆーりん。

ゆーりんもまだ高1だかやからかわいそう。
但し愛知出身やったよなあ。ただ泣いとった

あやりん、すーめろ、れいにゃんなんかめっちゃ泣いとった。

チームAは制裁人事なんかとさえ思った。

あとちかりなやけど、コレはさすがに本人の意思かな。


しかし、伊達娘も、全くチャンスがないワケではない。

ワタシ、チームSがパフォーマンス的にも歌唱力的にもいっちゃんの困ったチャンと言い続けてきたけど、誰にも直せんかった。

伊達娘が直せたら、すごい実力つく。
その代わりに、並みいる先輩を説得しきれず、孤立してしまい、失敗に終わる可能性も高いけどな。

ワタシのやっとることは裏目に出てなどない

裏目に出たように見せかけて、ワタシがどっかで諦めるのを期待しとるんや。

それに、ワタシは行くとこまで行かな、伊達娘は埋もれさせられてまう。
企業の論理ってそういうもんやねん。

ワタシは行くとこまで行った後で、ちゃんと伊達娘の面倒見る覚悟まである。

そこまでの覚悟があるからこそ、誰もやらんことをやっとる。


そこまでの覚悟がなかったら、伊達娘に悪いと思って引っ込んどるわ。

とりあえず帰ったら、伊達娘を左遷と言うとるヤツらに燃料投下したろ。

ヒトリくらい、興味持ってくれたらええんやけどなあ・・・


あと、伊達娘が自分から辞めると言い出すように仕向けとる、というのはそうかも知れん。

会社が、要らんと考えた社員に対して、自分から辞めたいと言い出すように、左遷人事を発令するのはよくあることや。


ただそれは、妥当な理由がなければ認められん。
たとえアイドルであってもや。

やっぱ伊達娘がAKS訴えたらオモロイんやけど。

ただ当然、マスコミは、文春でさえAKSの生き血をすするしか能がない狂惨党やからなあ・・・

AKSの横暴が許せんメンパーへ

戸賀崎ほかにキチンと言い分をメールやケータイ、スマホなどで伝え、その電子ファイルや音声ファイルをキチンと残しておくこと。

向こうから拒否してきた内容も。

そうやって、AKSによる強要罪を少しずつ立証していくんや。

伊達娘の名古屋チームS移籍は明らかな報復人事やなあ

もちろんヲタは、ワタシから遠ざかりたいから、って言うやろけど、ならばあんな切ないカオして泣かんやん。

12期だけでなく、あーやまで泣き崩れて退場しとった。

まあワタシは、ロビ観とSKEのオンデマの両刀使いになるやろ。


しかし、なんで高校決まったばかりの伊達娘が完全移籍やねん!?
って騒ぐヲタ多いぞ。

完全移籍は全部なにかのペナルティと思うとるヲタも多いし。


あと、全体的に、AKBに人気メンパーを集めたけど、だからナニ?ってカンジやわなあ。

今度からAKBのCDはAKBの所属メンパーだけに歌わせるんか?


チームKとかあんまいじってないし、それ以外でも兼任は人気メンパーやから、完全移籍は懲罰的なもんを感じるヲタ多いし、しばらく湧くよなあ。

A列はええんやけど・・・

16番ってまさかのいっちゃん端っこやった!

いまになっても全部埋まってないけど、さすがに追加販売でもっと近場の映画館のチケットを手に入れたということかな?

伊勢崎市の無料コミュニティバス乗車中

こういうのに乗ったら、観光できそうなスポットの目星つくんやけど、ないなあ・・・

関東平野が広がっとるだけで、お城とかもないし、これというものはなさそうやなあ。

桶川の紅花みたいに、珍しい作物なんかあるかもやけど、冬は関係ないしなあ・・・。

伊勢崎雪多いぞ

伊勢崎雪多いぞ
いまでこうならば、先々週末はどんなんやったのか、想像もつきません。

・・・いや、想像したくありませんw

経済産業省産業機械課に電話しました

経済産業省産業機械課に郵送で1部だけ送ればいい、と伺ったのですが、信じられません。

また音声ファイルもアップします。
経済産業省はゼッタイに自分の名前を名乗りません。

産業機械課だけでなく、大臣官房広報と、あと審査機関に対しても、しれっと配達証明で送っとこう。


とにかく、ワタシのアタマの中では、

゛ウソつきは経済産業省のはじまり゛

になってますから。

コラ、なにが最後の旅行じゃ!

そら、将来的には伊達娘と新婚旅行もせなあかんし、いっぱい旅行するぞ!


ところで、長楽のアホが、伊達娘がNMBになったら・・・なんて書いとるけど、そんなんで罪から逃れられるならば、日本の会社人事異動しまくりになってまうわなあ。

もっとも、小さな案件はそうやって当事者の居住地を変えて、裁判しづらくするとかあるやろけど。

ワタシとにかく伊達娘ではなくAKSを会社として訴えとるから、難しいと思う。

それにもし、伊達娘が不可解な飛ばされ方したら、ヲタがどう騒ぐかも知れず、裁判の行方もワカランいま、伊達娘にヘンなコトは起こらんと思うなあ。

いやもちろん、仙台に新グループ作ってそこに移籍、とかならば、充分な理由あるけど。

ただそれでさえも、ヲタは左遷として騒ぐ可能性あるけどな。

りょうもう号なう

りょうもう号なう

りょうもう号なう
伊勢崎まで行かないアカンのは災難やけど、

「私、この旅行を楽しむことに決めたの!」

ってカンジ。

せっかく行くならば、東武のもうひとつの特急、りょうもう号も楽しんで、伊勢崎についても少しは勉強してやる。

お弁当は、田野の好きな唐揚げにした。

AKB48チームA岩田華怜様20140223

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんにちわ。おーにっちゃんです。

組閣直前やし,ワタシもあと30分くらいで出なアカンから,パパッと2ページくらい書いたら出る。
もう,経済産業省への修正文までは手が回らんなあ。
いや,経済産業省への修正文については,3月中にできたらええんやけどさあ。

2年ほど前から書いてきたけど,昨日2月23日は,伊達娘と誕生日が同じのおばあちゃんの命日やった。
もう21年前や。そら伊達娘が15歳なんやから,そんなもんやわなあ。

だからといって感慨深い思いもなかったけれども,月日が経つのは早いと思ったよ。それに比べたら伊達娘の人生なんかまだまだ短い。

けどな,もちろん,自分は自分の人生しか生きた記憶がないから,それを短いとか長いとか,ヒトから言われたってワカランわなあ。
自分の人生がいっちゃん長いって思うてまうんちゃう?

ワタシも38年生きてきたけど,長いのか短いのかヨウワカランねん。
ただ,案外,中学のときと心意気は変わってないぞ。
これもいつも言うとるけど。

他の人間を見たら,30代後半ともなれば,ものすごい威厳があったりするけど,ワタシは別に威厳なんか要らんもん。
威厳なんか欲しいとも思ってない。

ただ,人のためにはなりたいと思ってきたし,その思いはいまも変わらん。

あと,好きなもののために生きたいと思うてきた。

コレは誰にも負けてない。
以前も書いたけど,たとえば鉄道研究会で,それも一応大阪大学ってそれなりの大学なんやから,鉄道のために人生捧げようと思ったら,いくらでも就職口があるハズやねん。

けど,趣味と仕事は別にしたい,なんて言って,鉄道を仕事に選ぶヤツって半分もおらんかった。

その,趣味と仕事を別にするという考え方,ワタシにはいまもって分かってない。
しかしワタシは,一生分からんかったってええと思うねん。

いやこれがな,たとえば,ワタシは伊達娘が大好きやけど,生きる世界が違うから諦める,なんて言うて諦めてしまう程度の人間ならば,なんとなく理解できるんかもや。
・・・けど,ワタシなんか,生きる世界を伊達娘のほうに移してきたからなあw
さすがにそういうオトコはおらん。
コレがワタシの自慢でもある。
それくらいオンナを好きになってみろよ,って,世の中のオトコに言うてみたい。

・・・まあ,生きる世界を伊達娘のほうに移した,なんて大見得切っとる割には,移しきれてないわけやけれども。
けれども,経済産業省からめちゃくちゃ目をつけられとる現状を見ても,隠蔽されたワタシの存在はどっかで爆発せざるを得んと思うとるねん。

ああ,前置きが長くなった。
でな,ワタシは,今回の組閣は,何べんも言うように,大失敗に終わると思うとる。
そして,たとえば,昨日挙げたアリスプロジェクトのアイドルの時代が来るのかも知れん。

いやまあ,あの売り方では無理とは思うけど,しかし,地下アイドルというのは,フツーのCDが売れるのとは売れる論理が違うとも思うしなあ。
そう思うと,アリスプロジェクトも,売り方を変えながら変化し,成長していくことは可能やと思う。

で,その大失敗の中で,AKBのメンバーはてんでばらばらになってまうねん。

けどワタシは,その大失敗をちゃんと横で見とって,なんとか助けたいと思うとる。
ワタシAKSのおかしなところを,2年前から指摘して,囚われのお姫様を助け出すんや!ってずっと言うてきたやろ。

けど,その囚われのお姫様も,AKSが世界でいっちゃん立派なお城に見えるし,ワタシはまだ裸一貫やから,それ以上のお城を作れるような人間には到底見えんし,メンバーは自分は囚われとると思いながらも,外に逃げ出す勇気もなかったんや。

お姫様ってそういうもんやんかなあ。
警察って,そう思うならば自分から言い出すやろ,ってスグ言うんやけど,いろんな関係があるから難しい。

しかし,囚われの城,カリオストロの城の関係がどっかで崩れて,新しい関係ができたら,ワタシみたいなんがポッと出れるかも知れんねん。

・・・おお,もう時間がない。

とにかく,どんな結果が出ても一時的なもんや。
だいたい前回の組閣から1年半しか持たんかったんやから,今回の組閣がそれ以上持つわけがないぞ。

尻切れトンボやけど,時間がない。

ほなね。

2014/02/24 

13:35:01

 おーにっちゃんより

------

経済産業省に出向きましたが,担当者がいないとして資料を受け取ってもらえませんでした。 その電話内容です。

経済産業省に出向き,まずは受付に言ったところ,受付は大臣官房広報に電話したようでした。
しかし,大臣官房広報も,担当部署に直接連絡するように伝えたようでした。

そして,受付から産業機械課に電話したところ,受付で受け取ってもらえないかと言ったようで,受付では受け取れませんと返事していました。

その後,受付から,産業機械課に直接電話するように言われて電話した内容が下記です。

経済産業省産業機械課への電話_20140224
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRdEFoVzZfcWd6OFU/edit?usp=sharing

正直言って,まったく受け取る気がないとしか思えない対応です。

担当者の名前さえ教えてくれないのですし。

まあ,今日以降毎日のように電話すれば,どこかが問題として取り上げてくれると思う(思いたい)のですが・・・

AKSは出せたけど、経済産業省はゴタゴタ言って出せんかった。

経済産業省がどんだけすげない対応か、これから帰って電話アップするわ。

毎日電話して、すげない対応を聴かれたら、困るの経済産業省やぞ。


それと、そのおかげで、異議申し立て書持ち帰って書き直すわ。

指摘も概ねもっともと思うし。

個人情報開示については、確かにそれ用の情報までは提出してなかったけれども、ワタシ自身が開示を要求すると書いとるんやから、開示のために必要な方法を教示すべきやと思うし、そういう点から、個人情報開示に踏み込んで書きたいと思う。


あと、長楽の長谷川、ぶっ潰したいのは世間でもなんでもなく、ワタシを潰したい、弱そうに見えるもんを一緒になって潰したいという、本性現しやがったな。

7年前といっこも変わってないやないか。

伊達娘には軽めのファンレター書いて、経済産業省のアホな電話対応アップして、異議申し立て書ちょい書き直すか。

伊勢崎に1時間くらい早めに着いて、街のカタチくらいアタマに入れたい。

MOVIXまで歩いてもええし。

資料作成しました

またインクを買って,それが使えなかったらマズいので,近所のセブンイレブンで印刷してきます。


1枚10円とかもったいないけど,100枚と印刷するワケちゃうしなあ。
幸い今回全部白黒やし。

なお,添付資料の追加はありません。


裁判所に提出するAKSの補正資料

コレ,またけっこう追加しました。


経済産業省に提出する資料

チキショー,黒のインクが出んやないか!w

印刷して,午前中に裁判所と経済産業省行く予定やったけど,朝イチでアキバに出て黒インク買って,帰ってきて11時頃に印刷して,13時に裁判所,13時半に経済産業省,みたいなカンジで行ったら,なんとか15:02北千住発のりょうもうに乗れるかなあ。

このインク正規品ちゃうんやけど,だからか,せっかく2つ買っとったうち2つとも調子悪い。
前回も調子悪くて交換したからなあ。

一個正規品買うかなあ。
正規品ならばちょい高いけど,近くの電器屋にもあるかもやしなあ。
・・・いやまあそれでも,印刷とか考えたら,行くのは午後イチになりそうな予感・・・

まあ,経済産業省は明日でなくてもええんやけどなあ。

そうそう,公演の感想までアタマ回らんだけでなく,明日は伊達娘へのファンレターもおぼつかんなあ。
このままでは2日遅れになりそう。

いまのうちに書いとく。

行政文書不開示決定についての異議申し立て書の素案書いたぞ。

行政文書不開示決定についての異議申し立て書

平成26年2月24日
経済産業大臣  茂木 敏充 殿

1. 異議申立人
住所 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
氏名 大西 秀宜 印  年齢 38歳
電話 070-6969-9177

2. 異議申立てに係る処分
経済産業省が,異議申立人に対して,20140109公開経第4号に関して,平成26年2月6日付けにて行った処分

3. 異議申立てに係る処分があったことを異議申立人が知った日
平成26年2月12日

4. 処分庁の教示の有無及び内容
教示の有無 有
教示の内容
行政不服審査法により,本決定があったことを知った日の翌日から60日以内に,経済産業大臣に対して異議申立てすることが可能である。
また,行政事件訴訟法により,本決定があったことを知った日の翌日から6ヶ月以内に,国を被告として,東京地方裁判所に対して訴訟を提起することが可能である。

5. 異議申立ての趣旨及び理由
(1)異議申立ての趣旨
異議申立人が当初より主張している通り,異議申立人が日立製作所に在籍していた当時に提出し,経済産業省が調査したはずである公益通報について,開示を行え。

(2)異議申立ての理由
不開示とした理由については,

――――――――――――――
2.不開示とした理由
 上記1.の行政文書については,その存否を答えるだけで,特定の個人が経済産業省に対して公益通報を行ったという事実の有無という法第5条1号の不開示情報を開示することとなる。
 また,当該情報は,公にすることにより,公益通報が行われた際の調査の手法等が推測されるおそれがある等,公益通報に係る事務に関し,正確な事実の把握を困難にするおそれ又は違法若しくは不当な行為を容易にし,若しくはその発見を困難にするおそれがあり,法第5条第6号イにも該当する。
 そのため,法第8条に基づき,当該行政文書の存否を明らかにせず,不開示とした。
――――――――――――――

とあるが,その特定の個人自らがその存在の開示を要求したものであるから,なるたけ開示するのが原則である。

特に,公益通報の場合は,消費者庁が定める,国の行政機関の通報処理ガイドライン (外部の労働者からの通報)(資料1)にも示すとおり,

――――――――――――――
(2)調査の実施
① 通報を受理した後は、必要な調査を行う。
② 調査の実施に当たっては、通報者の秘密を守るため、通報者が特定されないよう十分に配慮しつつ、遅滞なく、必要かつ相当と認められる方法で行う。
③ 適切な法執行の確保、利害関係人の営業秘密、信用、名誉及びプライバシー等に配慮しつつ、調査中は、調査の進捗状況について、通報者に対し、適宜通知するとともに、調査結果は可及的速やかに取りまとめ、その結果を、遅滞なく通知するよう努める。  ――――――――――――――

との旨が,あくまで努力目標としてではあるが定められているため,異議申立人が,日立製作所に勤務していた当時に公益通報をした時点で,経済産業省に対して事実報告を求めるには正当な理由があった。

然るに,異議申立人の要望欄にも記載したとおり,経済産業省は一切の報告をしなかった。(下記に再掲)

――――――――――――――
貴省産業機械課は大西に対し,本通報が受理済であることを,同年6月20日に電話にて口頭報告した。しかし,貴省”経済産業省における外部の労働者からの公益通報の処理手続に関する訓令” 第8条2項において受理日を通知せねばならないことが規定されているが,受理日は一切告げな かった。また同訓令第13条に掲げる経過や措置の通知も一切なく,大西が同年9月3日にドイツより電話確認した際,貴省産業機械課は調査を終了した旨を告げたにも拘らず,資料の送付などに応じなかった。
この為,法律に基づき,調査資料の送付を要望するものである。
注:大西の個人情報が入っていてもかまわない。それを理由として不開示とはしないでいただきたい。
――――――――――――――

経済産業省は公益通報を,国の行政機関の通報処理ガイドライン (外部の労働者からの通報)(資料1)に示された方法に従った処理をせず,異議申立人が要望したにもかかわらず,異議申立人に対して結果の通知もしなかった。

このために,今回の情報開示請求においては,異議申立人が行った公益通報に関する情報の開示を求めたものであるが,経済産業省がその情報さえもなにひとつ開示できないと主張するのであれば,経済産業省は異議申立人の行った公益通報を処理していないのではないかと,異議申立人をはじめとした一般人に受け取られる可能性がある。

またさらに,この経済産業省からの返答内容を考えれば,経済産業省は,仮に公益通報を一切処理せずとも,公益通報を処理したかどうかの情報すら開示しなくてもいいと主張しているのであるから,端的に言えば,経済産業省は公益通報を受け取っても処理しないと主張しているに等しい。

そして,異議申立人をはじめとする国民が,経済産業省をはじめとした行政に対して,行政が国民の要求した業務を行っていないのではないかという疑問を持たず,適正に業務を行っている証拠を示すために定められた法律が,行政機関の保有する情報の公開に関する法律である。

そして,当該法律の成立過程において,(資料2)のような意見が提起されている。以下に引用する。

――――――――――――――
情報公開法制の確立に関する意見
平成八年十二月十六日 行政改革委員会

Ⅰ  はじめに
情報公開法制は、ここ十数年来国民から要請され続けてきた我が国の民主主義の発展に欠かせない課題である。加えて、今日、21世紀の到来を間近に控え、我が国の行政制度とその運営の在り方が問われ、行政改革の推進が最重要の政策課題となっている。このような状況において、情報公開法制は、国民から信頼される公正で民主的な行政の実現のための基盤的な制度であるとともに、行政改革を推進する大きな原動力となるものである。すなわち、情報公開法制は、行政文書に対し国民一人一人がその開示を請求することのできる制度(開示請求権制度)を中核とする制度であり、政府の諸活動の状況を国民の前にあるがままに明らかにし、国民一人一人がこれを吟味、評価できるようにするものである。これによって、公正な行政運営が一層図られるとともに、国民の責任ある意思決定が可能となり、民主主義の下、望ましい国民と政府の関係の確立が期待される。そして、政府においては、情勢の変化に対応した効率的な行政制度・運営が図られることとなる。
このように、情報公開法制の確立は、行政改革の推進の観点からも喫緊の課題である。
――――――――――――――

下線を引いたが,
政府の諸活動の状況を国民の前にあるがままに明らかにし、国民一人一人がこれを吟味、評価できるようにする
というのが,行政機関の保有する情報の公開に関する法律の趣旨なのであるから,経済産業省が公益通報に係る事務などの処理の一部が知られることを理由として,不開示を決定するのであれば,法の趣旨に反した極めて粗末な棄却理由であると考える。

公益通報の趣旨,及び行政機関の保有する情報の公開に関する法律の趣旨に則り,異議申立てを検討していただくようお願いする。

6. 添付書類
資料1 国の行政機関の通報処理ガイドライン (外部の労働者からの通報)消費者庁
http://www.caa.go.jp/seikatsu/koueki/gyosei/files/gaibu.pdf
資料2 情報公開法制の確立に関する意見 平成八年十二月十六日 行政改革委員会
http://www.soumu.go.jp/main_content/000121081.pdf

- 以 上 - 

---------

« 2014年2月23日 | トップページ | 2014年2月25日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック