« あたりまえやん → 貴方と貴方の母君は非常に似ている | トップページ | 雪が降っとる »

2014年2月 4日 (火)

AKB48チームA岩田華怜様20140203

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんにちわ。おーにっちゃんです。

なんとか公演の感想を短時間で上手に伝えるために,曲ごとではなくてメンバーごとに書いてみた。
それでも1時間かかったぞ。

その中で伊達娘の例をよく出して,伊達娘ができてない,なんて書いとるけど,まあそれはオノロケバナシと思って聞いてよwwwwwwwww

もうちょっとどうにかしたいなあ,と思うとるのはマジやけど,ホンマにできてないなんて思ってないからさあ。

まあ,とはいえ,みきちゃんのガツガツしとるのはめちゃくちゃ人気出るのに,伊達娘だと人気に繋がらんのはなんでなんかは,気になるよ。やっぱ。

みきちゃんが言うと子供っぽく聞こえるけど,伊達娘だと子供っぽくないからかなあ?

やっぱ,トシ相応の発言って重要なんちゃう?

・・・なんて言うと,ワタシはなんやねん?ってコトになるよなあ?
38歳でここまで発言が軽いのって見たことないし。

脱法ハーブ&フーゾクセックス戸賀崎だって,2年前は38歳やったんやからなあ。
その時点でもっと威張っとったやろ。

いやしかし,ルパン三世は38歳くらいなんかなあ?どう思う?
38歳にしたら軽過ぎる気もするけど,けど不二子とかといろいろ経験しとるから,不惑の40歳を前にした38歳くらいが妥当なんちゃうかと思うてまうねん。

だから,ちっちゃいクラリスの思い出もあるし,そのクラリスが16歳で抱きしめられんかったりするんやからなあ。

38歳と16歳としたら,ルパンがその前“青二才”の頃にカリオストロの城に忍び込んだのは,たとえば28歳と6歳か・・・

そこから逆算したら,もうちょっとルパン若いんかなあ?
けど,たとえば33歳として,あんないろいろ考え付くとも思えんよなあ。
やっぱ,38歳くらいなんちゃうかなあ。

ハナシを戻して。だから,ワタシはもっと,軽い38歳として有名になってもいい。

いやしかし,チキショー,日立製作所だかAKSだかの工作員が上手いこと丸め込んで,芸能・音楽・スポーツ ニュース速報板に新スレ立てんかった。

小林よしのり巻き込んだろと思うたけど失敗したし。

まあそれも,裁判所からまたなんか言うて資料出してきて,ワタシがそれをアップしたら湧くんやろけどなあ。

・・・いやしかし,小林よしのりは読んどる。あいつそういうウス汚いヤツやねん。
昔からそうや。ヒトの後ろから出てきて,ヒトが言うような文句だけ言う。
2chをかき集めたような議論しかできんかった。
伊達娘が生まれる前から。

そういう意味では,小林よしのりと,敏腕記者=スゴ腕記者=三上英次ってソックリやわなあ。
応援しとるほうが反対なだけで。

自民党を応援しとるヤツ,共産党を応援しとるヤツ,それらを右翼とか左翼とか言うて,ワケワカランと思うやろけど,まあ言うたら野球で巨人と阪神のどっちを応援するかというのと一緒や。

なんで巨人が好きなんかなんて思うたこともないけど,なんか好きやから巨人を応援しとる,そういうヤツばっかやねん。
自民党にしても共産党にしても,右翼にしても左翼にしても。

ところで,小林よしのりは,60歳で25歳の優子にセックスしたいと言うて大して問題にされてないんやぞ?
そこは理不尽やなあ。

なんでワタシが38歳で15歳の伊達娘と結婚したいと言って,一般人はココまで大騒ぎすんねんなあ?

だってワタシ60歳になったら伊達娘37歳やし,そうなったらなんらおかしくない。
オッサンとオバハンの恋愛にしかならん。

日本人は中学生って言葉に反応し過ぎや。
深層心理に,中学生と恋愛した言ってのがあって,だからこそホンマに中学生との恋愛を言うとるのが出てきたら同属嫌悪でコテンパンに言うとるとしか思えんよなあ。

しかも,なんべんも書いとるように,ワタシはべつに結婚が目的ではないっちゅうねん。
べつに伊達娘にフラれたところで,AKBの何十人何百人の中には,トシの差20歳くらいをはねのけて,ワタシを拾ってもいいってのがヒトリくらいおるやろと思うとる。

やっぱ,人間生まれてきたからには,子孫を残したいよなあ?

しかしだからといって,大西弘子みたいに,その子孫からなんやかやして欲しいかといえば,そして子孫をネタに自慢したいかといえば,ワタシはそれは思ってもないし,言いたくもない。

大西弘子からは散々悩まされたから,余計に思う。

以前も書いたと思うけど,親は子供のために頑張るかも知れんけど,子供は親のために頑張る必要なんてなんもないと思うとる。
まあいうと,親と子って,人間ってリレー競技やねん。

リレーの選手は,あとのメンバーのためにいい順位を残そうと思って全力で走る。
けれども,前のメンバーがどういう順位でバトンを渡してこようが,前のメンバーに対してなにかしようなんて思わんと思うねん。

・・・いやもちろん,リレー競技が終わった後の打ち上げで,いい順位で渡していただいてありがとうございます!とか言う程度はあるとは思うよ。
けど,そういうのだって1回のお礼だけや。

自分が本当に全力でやらなアカンのは,どうやって自分が後につなげていくか,コレだけやねん。

だから,たとえば,ワタシが死ぬ前に,ワタシが応援したみんなが集まって,「ありがとう」と言ってくれたらうれしいけれども・・・けれども,そういうのがなんもなくて,ワタシがどっかでヒトリで野垂れ死ぬようなコトがあっても,それでもワタシは幸せやと思うねん。
ある日突然誰かの銃弾に倒れたとしてもな。

というのも,2chとかブログのヤツらがいくら信用せんかっても,ワタシは,AKBの大勢がワタシの言うことを真剣に考えて,その通りにやったかどうかはともかく,一旦自分で考えて,自分なりの答えを出してくれたと実感しとるねん。

それに協力できたこと,もうそれ自体がワタシの誇りやねん。

べつに,ビッグネームに会えたとか,ビッグネームの考えを変えられたとかが重要なんちゃう。

ワタシ,アキブータン=ウスノロフスキーをコテンパンにけなしとるやろ?
ビッグネームに会えて喜ぶ程度ならば,アホのYukihisa Ito みたいに,アキブータン=ウスノロフスキーから褒められた!って,そこらじゅうに自慢して回ったらええねん。

どんなヒトでもいい,ただそのヒトが,一生を生きてくのに必要なことの,なにかひとつでも伝えることができた,そう感じられることが,ワタシはリレーの選手としてちゃんとバトンを渡せたと思って,誇りに思うねん。

アキブータン=ウスノロフスキーだろうが,伊達娘だろうが,命の重さは一緒やもん。

けどな,38年間生きてきて,ワタシの思うように感じるヤツは,アキブータン=ウスノロフスキーも含めて世界中どこにもおらんというのを知った。

全員が全員,カネのことしか考えてない。

そう思うと,ワタシは,アフリカとかイースター島とかいろんなトコを漂流して,日本人以上に,カネの価値なんてあるようでない,カネはあくまで道具,ツールやと思って生きてきたから,醒めとるんかもなあ,としみじみ思う。

カネはあくまで道具と思うからこそ,その道具が一時的になくなる破産をしたって,ワタシはなんも恥ずかしくないねん。
だって,カネこそが人生と思うとるヤツが破産になると,死を選ぶくらい真剣な話題になってまうやろ。

まあそういう思いがあるから,今日は今日でまた公演に行き,全員についてなんかコメントしたろかと思うねん。

特に,前回,てかここ数回,田野についてけっこうシビアなこと書いたけど,ワタシはワタシなりに,ならばどうすればいいかまで書きたいと思うとるんやで。

てか,阿部マリアがあんだけ劇的に変われたんやから,それになぁちゃんだってだいぶ変わったんやから,田野も,誰かが考えたダンスから一歩踏み出て欲しい,踏み出せるはずやと思うねん。

とにかくメンバーは,自分のパフォーマンスは自分で考えて,自分のありのままをファンのヒトに魅せるしかないねん。
そこはどの曲だって変わらん。

伊達娘もそうやけど,特に田野にはそこを考えて欲しいよなあ。

あと,前回指摘し忘れとったんやけど,朱里はだいぶ細かいパフォーマンスできるようになったなあ。

以前は,堂々としとるところを褒めとったんやけど,ウラを返せば大雑把とも言えた。
それが細かいところまで気をかけられるようになったんやから,だいぶ成長したと思った。

そういう,新しいことに挑戦するメンバーがどんどん増えたら,と思う。
ワタシも気づいたことをなんとか文章で伝えられたらと思う。

今日は気合い入れて観るからな。

ほなね。

2014/02/04 13:51:34 おーにっちゃんより

----------

« あたりまえやん → 貴方と貴方の母君は非常に似ている | トップページ | 雪が降っとる »

ファンレター岩田華怜」カテゴリの記事

コメント

ファンレターの文面からも、おーにっちゃんは別に伊達娘に執着しているわけではなく、もしも伊達娘が断ることがあれば、おーにっちゃんに好意を持つ別のメンバーと付き合ってもよいとのお考えが明らかです。
おーにっちゃんを異常者やストーカー呼ばわりするのがいかにお門違いかわかりますね。

自演いいから

はよ証拠

裁判で証拠として提出する、裁判官を説得できる、客観的な、岩田かれんさんとの相思相愛を示す、身元が明らかな第三者の証言、もしくは物的証拠を、一部やモザイク有りで良いので、このブログで公開願います。
現在、あなた本人による荒唐無稽な証言以外に証拠はありません。裁判で証拠として採用されるものではありません。

あなたは、そもそも、岩田かれんさんと相思相愛で、それを邪魔する存在を訴えるというのが要件です。あなたは、相思相愛の関係を当然の条件といいます。

さあ、当然の条件というわけですから、第三者の証言や物的証拠がさぞ豊富にある事でしょう。

しかしまあ、日立製作所っていったいどんだけレベルが低いのでしょうか。社会人として何を教えていたのでしょうか。日立製作所の躾の悪さが、こうして社会に迷惑を掛ける原因になっています。

伊達娘との相思相愛は関係各位状況証拠より明らかな事実なのですが
これを疑義とする意見が絶えませんので、これは伊達娘に直接言質を取るしかありません
大至急聴取するアクションを起こしてください。

裁判傍聴したいです!!!

銭形のとっつぁんは29歳だょ、確か。

つうかアニメキャラの年齢とかどうでもいいわw

>というのも,2chとかブログのヤツらがいくら信用せんかっても,
>ワタシは,AKBの大勢がワタシの言うことを真剣に考えて,
>その通りにやったかどうかはともかく,
>一旦自分で考えて,自分なりの答えを出してくれたと実感しとるねん。

>それに協力できたこと,もうそれ自体がワタシの誇りやねん。


大西。おまえはAKBに協力などしていない。
おまえは厄介ヲタとして出現し、
AKB本体のみならず、メンバーそのものにも被害を与えている。


おまえの主張が通っているかのように見えるのはたまたまだ。

これは大西が何か主張した時、
『偶然にAKB内部で類似プランが同時進行していた』と言う事。


それが情報量の少ない大西から見て、
恰もおまえ自身の主張が通ったかのように見えているだけなんだぞ。


なお、これは事実を書いただけだからおまえは突っ込めないwwww

自分以外は全員そう。

俺だけが人と違う!

と、思ってる限り君は世の中を知らなすぎる。

全員が金のために生きている訳ではない。
金は生きるためのツールであり、目的ではない。と思って人生を謳歌している人なんて沢山いるんだよ。

井の中の蛙大海を知らずって言葉を君に贈る。

なーんだ。大西は千年に一人の基地外だと思っていたけど、
極普通の、ありがちな統合失調症系ヲタだったんだな。

革命は失敗したな。もう、完璧に飽きられたぞ。俺も実際に飽きてきた。

だって、お前より面白い基地外はもっといるもん。

強いて言うなら、外見のキモさは、なかなかのインパクトだったな。

心配なのは日立製作所には、こんなキモ童貞モンスターがまだまだ控えているんかな。
いや、だって、こんなんが採用されているくらいだから、大西なんて霞むキチがいるんかね。

日立製作所内のキチ四天王の中で、最弱なのが大西?

怖いなおい。

□恋愛経験のない大西くんの相思相愛妄想記事を
容赦なく、フルボッコで、俺の恋愛&結婚経験から論破(鬼畜)

http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-f7fc.html

文句あったら遠慮なくどうぞw

あたしがまだ2年だっと時の話です。
その日、ちょっと体がだるくって、あまり授業受ける気にならなかったんです。
どうしよっかなーって思って、休み時間中ふらふらしてたらサッカー部の部室が鍵開いてたの。
用具室とは別になってたから意外と片付いてて、中もそんな暑くも寒くもないし、ここで携帯で遊びながらさぼろーって思ってしまって。
それで中に入って、床に座り込みました。
最初は友達にメール送ったりしてたんだけど、なかなか返してくれないからヒマになって、だからあたしは部室にあるものでヒマつぶす事にした。
でもジャージとかボールしかないし…。
しばらくごそごそやって、そしたら漫画とか雑誌を発見!
これで1時間くらいいける!って思ったのに。
全部エッチ系のもので、おもしろそうなのはなかった。
…それでもヒマだったから、ちょっとだけその漫画を読む事にしました。
そしたら。
思った以上に興奮してきてしまって…。


誰も来ないからちょっとならいいよね…って思って、一人エッチ始めてしまいました。
ブラウスの中に手を入れて胸を揉みながら、下着の上からくるくるいじる。
部屋でするのよりずっと感じちゃって、少しずつ下着にシミができていくのが分かった。
「はぁ、あっ…気持ちいいよぅ…。」
足が自然と開いちゃう。
我慢できなくなって、下着を太ももまで下ろしてあそこに触れた。
そこは熱くなってて、もうびっしょり。
あたし、濡れやすいほうなんだけど、この時はいつもよりすごかった。
お汁を指ですくうようにして、クリにこすりつける。
指をにゅるにゅる動かして刺激すると、さらにどんどん溢れてきて…。
「あ、やっ、感じちゃう…はぁぁん。」
なんて、快感に身をまかせてた時。
ガタン!
「?!」
大きな音がして、思わず手を止めて目を開ける。
信じられなかった。
扉が開けられて、誰かが立ってたの。
驚いたのと恥ずかしさでいても立ってもいられなくて、そこから走って逃げようとしたんだけど。
その人はそのまま中に入ると、また扉を閉めた。
で、中から鍵をかける。
あたしが訳分からなくしてると、こっちを向いて「何年?」って聞いた。
あたしもう泣きそうで、消え入りそうな声で「2年です…」って言ったら、その人が自分は3年で荷物を取りに来って事を言ってた。
そして、しばらく沈黙の後に聞かれる。
「…一人でしてたの?」
「や…ちが…」
思わずごまかそうとしたんだけど。
そしたらいきなり、スカートの中に手を入れられた。
「きゃあっ!」
「嘘だろ?こんなに湿ってる…。」
「そんな事ないっ…やめてください!」
「俺、隙間からしばらく見てたんだぜ?」
「…!」
あたし、何も言えなくって、でもとにかく先輩の手をどかそうとした。
「お願い、やめてっ。」
「こんなに濡らしといてさ、もういいじゃん。」
そう言いながら、ぐりぐりいじってくる。
「あ、だめ、だめだってばっ…」
「腕の力抜けてるよ。気持ちいいくせに…」
そのまま下着の脇から指を入れて、今度は直に触る。
「あぁん!いやぁ…」
「うわ、びちょびちょじゃん。」
「だめ…やめてよぉ…」
なんて言いながら、もう力がはいんない。
「座っちゃいなよ。立ってらんないだろ?」
言われた通り、立ってられなくて座りこんでしまいました。
あたしが座り込んでしまうと、先輩もあたしの前に座り込む。
そしてあそこのに入れた指を、ゆっくり出したり入れたりし続けた。
「あっ、だめ…やだ、やだぁっ…」
「洪水だよ?すごいね…上はどうかな」
そう言ってブラウスをまくりあげて、素早くブラのホックを外す。
「…ほら、乳首もビンビンじゃん」
先輩はそのまま乳首を舐め上げた。
「あん!」
ふふって笑いながら、先輩は
「やだやだって言いながら感じてるなぁ」
なんて言う。
その言葉の通りで、口では嫌だって言いながらも気持ちよく仕方なかった。
H、ご無沙汰だったし。こんなシチュエーションに余計興奮してしまってて。
段々意識がとろんとしてきて、抵抗もせずに先輩の愛撫を受け入れてた。
そして、脚も徐々に大きく開いてしまっていたんです。
「お、体が素直になってきたね…今、どんな気分?」
「あ、んっ…いい気分…あぁん」
もう、気持ちいい事を認めてしまってました。
そしたら先輩はますますあたしをいじめるんです。
先輩の指の動きは激しくなって、あたしの中をぐちゃぐちゃにかき回します。
指を一本から二本に増やして、さらもめちゃくちゃにする。
「あっ、あん!や…いっちゃう…」
そしたら急に快感が止んだんです。
先輩はいきなり指を抜きました。
「あっ…え?」
きょとんとして顔をあげると、先輩はにやにやしながら
「ここで終わりにしよっか」って。
あたしがもうしないでいられないのを分かって言ったんだと思います。
あたしは思わず
「や、やだ、そんなぁ…」
とか言っちゃって、そしたらもう先輩の思うつぼ。
「もっといじってほしい?」
「…ん」
あたしは軽く頷きました。
そしたら名前を聞かれて、綾菜ですって言ったら、
「じゃあ、おねだりしなよ」
「綾菜のおまんこいじめて下さい、とか言ってみ?」って。
…そんな事言えなくて。うつむいて黙ってしまいました。
そしたら今度は
「それとも自分でいじる?俺、見ててやるぜ」
そんな事言いながら、軽くあそこに触れます。
「はんっ」
思わず声を出すと、
「ほらぁ、どっちがいいの?」
って、入口で指をちらちらさせさせながらじらします。
あたし、もうたまらなくって普段なら絶対に言えないような事なのに言ってしまいました。
「綾菜の…お、オマンコ…いじって、ください…」
先輩はまたにやっとして
「よくできました」
そう言い、ずぶずぶと一気に指を入れてきました。
「ひゃぁっ!あぁん!あっ、す…すごいよぉっ」
「ほらほら、こっちもいじってやるよ」
そのままクリをいじられて…。
「ああ、だめえ…また…あはぁんっ」
って、いきそうになる時にまた先輩はいじるのをやめる。
「やだぁ、もっとぉ…我慢できないよぉ」
「もうそろそろこっちが欲しいんじゃない?」
そう言って先輩はズボンを脱ぎ、自分のモノをあたしの目の前に突き出してきました。
先輩のは今まで見た事のある誰のモノより大きくて、それを見た瞬間にまたあたしの中からお汁が溢れたのが分かった。
「ねえ、入れて欲しいんじゃないの?」
先輩は覗き込むようにして聞いてくる。
「…そんな事、ない…」
強がってそう言うと、ほんの少しだけあそこや乳首をいじられて、
「あ、あっ…」
なんて感じた途端にやめられちゃう。
だからもうあたしたまんなくって、ついに言ってしまいました。
「先輩の、欲しいよぉ…」
なのにそう言ったら言ったで
「ん?何が欲しいの?」
って、先輩はとことんいじめてくる。
「そんな、これ以上いじめないで…綾菜、もう我慢できないよ、欲しいよぉ…」
涙目になってお願いすると、
「もしかしてこれかな?」
って、先輩は自分のをあたしのあそこに押し付けた。
でも、中には入れてくれない。
「ん、それ…先輩、早くぅ…」
やっと入れてもらえると思ってそう言ったのに、
「ちゃんとどこに何を入れて欲しいのかねだれよ」
最後の最後まで先輩は意地悪だった。
あたしが言えずにいると、先っぽを入口に押し付けて軽くぐりぐり動かしてくる。
「あ、あっ…」
「ほらぁ、気持ちいいんだろ?」
もう、あの時あたしは限界で、おかしくなってました。だからあんな事言えたんだ。
「あ、綾菜の、おまんこに…先輩の、お…おちんちん…入れて下さい…あぁん!」
言い終わるか終わらないかくらいに、先輩はいきなりずぶずぶと奥まで押し込んできた。
そのまますごい勢いでピストンしてくる。
「あっ!あっ、すごいっ、気持ちいいのぉ…!すぐ、いっちゃうっ…あっあぁんっ!」
…そんな感じで、じらされたせいかあっけなくあたしはいかされてしまいました。
でも、先輩の動きはあたしがいった後も止まらない。
敏感になり過ぎてるあそこを更にめちゃめちゃにするの。
「あぁん!だめ、やっ…変に、なっちゃうよぉっ…あん!はぁんっ!」
ぐちゅぐちゅ、びちゃびちゃって音が聞こえてくる。
そんな音にまた興奮して、体が敏感に反応しちゃう。
「あ、また…あぁっ!いくっ…いっちゃう!」
2度目の絶頂を迎えようとした時、
「…休憩~」
って、先輩は動きを止めてモノを抜く。
「バックでしよ、四つん這いになってお尻こっち向けて」
あたしは言われた通りにする。
先輩にお尻を向けて、肩で息をしながら続きを待った。
「そう…そのまま頭を低くして、お尻そを上げて、脚は開いて…」
「ん…はい…」
もうあたしは操り人形のようでした。
言われた通りに脚を大きく開いて、お尻を持ち上げる。
「いい子だね…綾菜の大事なところが丸見えだよ?びっしょり濡れて、お汁が太ももまで垂れてる…」
「はぁ、恥ずかしいよぅ…」
「でも感じてるんでしょ?中がひくひく動いてるよ」
「あ…はい…すごく、感じるの…」
先輩はそのまま軽くまた指であそこをいじって、そしてじらす。
だからあたしからおねだり。
「あ、んっ…先輩、続きして…おちんちん、ちょうだい…」
「じゃあ、自分でおまんこ広げて?」
「ぅん…早く、早くぅ…」
ぼんやりとそう言いながら、あたしは自分の指であそこを広げました。
「先輩、あ、綾菜のここに…入れて…先輩のおちんちん入れてぇ…」
そうして先輩を見ると
「…すっげーやらしいよ…すげー興奮する」
「早く、は…はぁあん!」
先輩はまた一気に入れてきた。
さっきよりも奥まで突かれているようで、お腹のほうにまで響いてくる。
「あぁ!いいっ…気持ち、いいよぉっ…やぁあん!」
「すげ、締まる…いっちまいそ…」
「あっあっ!ああん!あ…すごいよぉっ」
先輩は腰を動かしながら、後ろから胸をわしずかみにしてきました。
そのまま、かき回すように激しくピストンする。
「せんぱ…あ、綾菜、またいっちゃうっ…あっ、あんっ」
「俺も…くっ」
「んっ、あ…あぁ!だめっ!いくっ…あぁぁっ!」
「ん…くっ!」
…そしてそのまま、あたしの中に先輩の精液が流し込まれました。

先輩は卒業して、それ以来会う事もありません。
でもあたしはサッカー部の部室の近くを通るたびにこの事を思い出し、そしていつもあそこを濡らしてしまいます。

雪降ってるで寒いから体壊さんようにな
金に執着せずに良寛のような暮らしをするのもいいかもしれないな
山里に引っ越してテレビもネットも無い暮らしをしたら
清々しい生活が出来るかもしれないな

>なんでワタシが38歳で15歳の伊達娘と結婚したいと言って,一般人はココまで大騒ぎすんねんなあ?

違うよ?
君がメンバーと相思相愛だ、それは絶対条件や!って言い張るから、皆さんから突っ込まれてるんだよ?
お母さんに関するコメントには反応してるのに、なぜ相思相愛が絶対条件だとする根拠には触れない?

誰でもない、君自身が言い出したことだよ?

「正義は我にあり」とも君は自分のことを言っている。
それなら、有名人とかにむやみに絡むとかの話題性なんか要らないのではないか?

君がきちんと物証を挙げつつ主張したら、皆さんは理解するのではないですか?
そうはいかない現状を全て陰謀のせいにするのは簡単だけど、じゃあどうするの?
また何かを試してまた壁に当たり、またそれを陰謀のせいにする、そんなことを繰り返しても何も進まないよ?
もしかしてまだ、誰かが救ってくれるとか思ってるのかい?

君が君自身の主張をきちんと証拠でもって説明するようにしないと、誰も理解しないし前に進まない。

だから、「相思相愛が絶対条件だとする証拠と説明を求めます。」

逃げたらあかんで?わかったか?
宜しく。ほなね。

大西さん、訴状を拝見しました。私が見たところ、事実を述べる「経緯」の章に原告の主観的な推測が数多く含まれているように感じます。

第3 経緯
5 感触があった
6 想像された 想像された
9 推測した
11 推測した
15 推測された
17 推測する
18 確信する
22 原告は考える 推測された 推測された
25 原告は考える 原告は断定する
31 確信していた
34 確信する
36 可能性も十分考えられる
42 可能性が高い
44 推測する
45 以上の推測から
50 原告は考えている 推測する 推測する

第4 原告の主張および想定されること
5 原告は考える 推測する
8 推測する

もう少し、「推測」ではなく客観的な事実で提起することはできませんか。

>べつに伊達娘にフラれたところで,AKBの何十人何百人の中には,トシの差20歳くらいをはねのけて,ワタシを拾ってもいいってのがヒトリくらいおるやろと思うとる。

思うのは自由なんだけどさあ、君ってそのために「応援」してるの?
「応援」したから、それが為になってる(と考えてる)から、だから「ワタシを拾って」くれる、ということ?
それって、明確に見返りを求めてるように聞こえるなあ。
期待した見返りが得られないから、だから訴訟起こしたのか?って思われちゃうよ?
それでもいいのかい?

また、AKBグループの誰でもいいからワタシを拾ってくれるやろ、って感じに書いてるけどさあ、そんなレベルで引き合い来るとでも思ってるのかい?
そんなに君はメンバーにとってスゴイ存在だと?
相思相愛の証拠を出せないから強く主張できなくなった結果だと思うけど、そりゃあ君、君だけに都合良すぎるよ。

>やっぱ,人間生まれてきたからには,子孫を残したいよなあ?

38のオッサンにこんなこと書かれて、それでもオッサンに行く女性なんか、全年齢でも殆ど居ないはずだよ?
君は女性に対して、アドバイスして言うこと聞いてもらうか、セックスして子孫を残すことだけを望んでるのか?

相手がアイドルでなくても、それだと難しいね。
だから今があるんだろうけど。
アイドルは人気商売だから面と向かってNGしないだけで、中身は女性だよ?
君が今までNGされてきた女性と同じ。

それなのにアイドルと相思相愛や!とか主張して証拠にならない証拠を並べて自説を曲げないから、話がややこしくなる。

相思相愛を他人が納得する証拠で立証するか、諦めるか、早くはっきりして下さい。

事実から目を逸らして自分の世界に生きてる限りは、周りから理解されたり支援してもらえることは絶対ないからね。
わかったか?

ルパンとクラリスだなんてロマンチックですね。
アニメで世間を騒がすルパンと、ネットを騒がすおーにっちゃんは通じるものがあるね。
心の優しさとかね。
ルパンとは違い38歳にしては童顔で、軽快な感じの関西弁はいい兄ちゃんて感じだけどw

テメェのお袋の弘子のケツに誓って、テメェには生きる価値はもはや一片もねぇな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/54859427

この記事へのトラックバック一覧です: AKB48チームA岩田華怜様20140203:

« あたりまえやん → 貴方と貴方の母君は非常に似ている | トップページ | 雪が降っとる »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック