« 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月3日 »

2014年3月2日

2014年3月 2日 (日)

なんかチームBは元気ないなあ・・・

他チームに比べて、どうしても元気なく思えてしまいます。

はーちゃん、以前ワタシけっこう文句言いましたが、今日は全部音程良かったです。
てか、歌ってないという裏ワザ使ってないよなあ?
急に全部修正できるメンバーがなかなかいないので、逆に疑ってしまいます。
ちゃんと直してくれたならゴメンね。

逆に、みなるんは元の木阿弥に戻ってしまいました。どの曲も低かったです。
なんで覚えた音程を保てないのか、じくじたる思いです。

あと、なっつん、なんかボイトレでもした?
薄い声が突然厚くなったぞ。

2014/2/27 チームK 最終ベルが鳴る公演(しほりん生誕)を観てのざっくりとした感想(途中まで)

時間がないから,当日書いたのに気になったことを付け足します。

こみはるもみーおんも初公演やのによく頑張った!

こみはるもみーおんも初公演なのに,気負うことなくよく頑張った!
特にこみはるは,チームKメンバーの中でも工夫して,よく目立っていました。

優子,歌上手くなった!って言ってましたが,どうも2,3曲目の歌い出しなどでズレていて,最後の前しか向かねえも音程ズレていました。
前しか向かねえは,チームAの田野,チーム4のみーおんも聴きましたが,田野がバッチリの音程,みーおんはちょっと低い,で,優子がいちばんズレています。
自分がセンターで,最後の曲なんだから,音程くらいしっかり合わせて欲しいです。

あと,もっちぃが,次期チームBキャプテンになったからか,よろけるくらい頑張っていました。
だからか,4曲目偉い人になりたくないでは,なんか動きが早め早めに出ている印象がありました。

2曲目,最終ベルが鳴る,か,”生まれた街の灯りが・・・”のところ,誰か音程ズレていました。

3曲目,ボーイフレンドの作り方,上にも挙げましたが音程優子が低く,あと十夢も低いです。
十夢は練習して音程を修正していくタイプなのですが,それを一回一回やるのは時間的に無駄も多いので,カラダが正しい音程を覚えこむようなトレーニングを積んで欲しいです。

歌よりもクラシックみたいなんを聴いた方がええんちゃう?
歌ってどうしても,CDでさえも正しい音程で歌っていない人間がいるけれども,楽器はそうそう音程ズレられないから。

そういえばワタシは,一時期ベートーベンの田園を,何百回とリピートしてました。
いまでもアタマの中にメロディが浮かびます。

その音源でないベートーベンの田園を聴くと,あ,ココはこう違う,ああ違う,と思ったりもしました。
まあ,それでも音程ズレとる音源はないです。ただ指揮者のクセなのか,めっちゃ速いのとかあって,そんなテンポなん!?って思った記憶があります。

あべまりも,ココは音程イマイチかな。

ひらりー,伊達娘へのファンレターにも書いたけど,ダイナミックな動きはいいけれどもなんか遅れているのが気になる。
なんとか遅れを修正するように練習して欲しいなあ。

MCでは,並んだら最後列であーみんがめちゃくちゃ背が高く見えました。しほりんと見分けがつかなかったくらい。
あーみんいまどんくらい背あるのかな?

願い,というお題だったのですが,奈和が,「願いはありません!全部自分でかなえます!」って言って,喝采を浴びていました。
そう仕込まれたと言っていましたが,自分でかなえるくらいの意気込みはいいと思います。

5曲目,狼とプライド,上手側の子がこみはるタイプで,ピョンピョンして,振りもいろいろ工夫を入れていて,特に可愛いと思いました。
まだビミョーに揃ってはいませんが,全力感があって2人ともいいと思いました。

6曲目,リターンマッチ,コレはどうもカッコ良さを狙っているのでしょうが,みゃお,まゆち,なぁな,はるぅ全員低かったです。
オトコ役は多少低くてもいいかなと思いますが,まゆちとなぁなはその中に可愛らしさを出したいので,もっと高く,要求された音程で歌って欲しいと思いました。

7曲目,初恋泥棒,こみはる,ひらりー,奈和,とくにこみはるがいちばん可愛く見えていいと思いました。
ひらりー,地声がなんかまだ小さいなあと改めて思いました。
あと,3人の動きがあまり揃ってないので,タイミングを取っていたら,アンダーのこみはるが正しくて,ひらりーと奈和が少しずつズレている感じを持ちました。

8曲目,ごめんね ジュエル,十夢,あーみん,あべまり,しほり,4人とも非常に高い正しい音程で良かったです。
オンデマで観れるヒトは確認していただきたいのですが,全員の声がほぼ揃っているから,ほとんどハモってないのが分かると思います。
ダンスもよく揃っていました。
前回も言っていましたが,優子が見ているからか相当練習しているのでしょう。

そんな中,バックダンサーのきぃちゃんは,またなんか動けてない気がしました。
きぃちゃんはまだ日によってパフォーマンスにムラがあるのでしょうか。なにが原因なのでしょうか。

9曲目,おしべとめしべと夜の蝶々,ちぃちゃんとまりやぎ,2人のかけあいにロビーも大爆笑でした。
さらに,2人がガチでキスしているところがアップで映り,ロビーがすごく湧きました。
ちぃちゃんはオトナっぽいセクシー路線に方向転換しましたが,早速目立つポジをやらせてもらって,小ブレイクしつつあると思います。

先日ポスターにも選んでもらっているし。他の曲のパフォーマンスも全体的に良くなった気がします。

10曲目,19人姉妹の歌,優子,もっちぃ,みーおんでした。
歌みんな低いと思いました。もっとテンション上げていこう!

歌詞は,ワタシが指摘したとおり冷静になるとあんま面白くないので,ロビーで笑っているヒトはあまりいませんでした。
しかしアドリブが多いのが面白いです。みーおんもいっぱい喋れましたし。」

(つづく・・・かな?時間があれば)

AKB48チームA岩田華怜様20140301

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはよう。おーにっちゃんです。

1日遅れで書くけど,3月になったなあ。
もう1年のうち2ヶ月過ぎた。早いもんや。

で,昨日「魔女の宅急便」観てきて,コレはコレでオモロイと思うたよ。
評判では結構原作どおりってあったけど,原作を映画に移すとフツーは違和感あるもんやけど,それほど違和感も感じんかったしなあ。

多少ネタバレになるけど書くと,キキが魔女の呪いがどうのって言われて,街のヒトから避けられる場面なんかもあった。
そこまで描かんでも,とも思ったけど,けれども似たようなことって社会にはいっぱいあるしなあ。
やっぱ魔女を,現代社会の隠喩として捉えようとすれば,その描写は必要なんやろなあ,とも思うた。

そういう意味でいうと,宮崎駿の映画のほうは,社会の隠喩という意味での魔女,という視点はだいぶ影を潜めとるんやろなあ。
おばあちゃんからのニシンのパイを嫌った女の子も,別にキキが魔女やから嫌ったワケちゃうもんなあ。

でな,やっぱワタシは,どうしても,この約を伊達娘がしたらどうなるやろ,とか,13歳で一人立ちって伊達娘と考えたらどうやろ,とかいろいろ考えた。

13歳なるかならんかで東京出てきた伊達娘と重なると思うた。だからこそ,13歳で一人立ちって,物語としてはオモロイけど,実際はなかなか難しいと思った。
物語の意図としては,小学生くらいの子に,中学生くらいになったらもっとオトナになってやる,という希望を抱かせるために書いたんやろなあ,とは思うで。

ちなみに,伊達娘は,13歳では無理やったのは分かるけど,16歳でSKEハウスに行っても良かったと思うんやで。
いやワタシとしては,そらSKE拒否してほしい気持ちのほうが強かったけど。
けど,それまでは東京とドイツで離れとったんやから,名古屋と東京になったってガマンできんことないしなあ。個人的には。

ただ,AKBの最初の頃に,高校生メンバー,地方組が苦労して共同生活しとったというハナシと比較すると,一般人から伊達娘は過保護に思われてまうのも事実やからなあ。

過保護と思われるイメージをなんとか払拭できんかなあ?

たとえばな,もう高校生になるんやから,お母さんには無理をさせられんということで,地方組に入れてもらうとか,現在の地方組は年齢離れ過ぎとるから,似たような年齢で新・地方組を結成して,共同生活を始めるとかはあるかもな。
ひらりーとかさあ。ゆーりんもさっきーもそうやもんなあ。

まあこういうのは,AKSのマネージャーが音頭を取って,“AKBハウス”も作るか,というハナシにせな難しいかもやけどな。
それがこれまでできんかったのは,AKSのマネージャーが無能なんか,ホンマに難しい理由があるのか,どうなんやろ。
まあ,住所がバレたときに,何倍もいるヲタからなにされるかワカランという,SKEとは比較できんほどのリスクを負うんやけどな。

で,そういう理由はあるかも知れんけど, SKEに行かんことに対して,お母さんに無理させられんというのを条件のひとつに挙げたんやから,
「SKEには行かんかったけど,メンバーと共同生活始めます!」
って,伊達娘が音頭とって纏めて言ったら,伊達娘の言ったことはホンマやったんや!って,好感度は上がるやろ。

・・・あ,いや,ならば最初からSKEハウスに入ればよかったやん,やっぱSKEがイヤやったんや,って思うヤツも出てくるか。

そう考えると,やっぱ,伊達娘はもう一つの理由として挙げた,震災復興支援活動に,もう一歩突っ込んで参加せななあ。
NHKに冠番組あるといっても,アレはNHKからの企画やから,自分の企画としてはなんもやってない。なんか作らな。

だって,冠番組がなければ,伊達娘はAKBの震災復興支援活動に,他メンの後ろからついていっとるだけやろ?
キツい言い方したら。

その状態では,SKEに行かんかったことについて,震災復興支援活動を理由にするにはどうしても根拠が薄いと思うねん。

マブリットキバとやらも,自分で考えたんやろ?
まあ個人であんな戦隊モノみたいなんかぶって活動するって,フツーの人間なんか恥ずかしくてやらんわなあ。このワタシでも恥ずかしくてやらん。

けど,マブリットキバは,子供らのためになると思って,きっと自分であんな格好を作って出てったんやろ。
いくら,子供らのためになるという新年があったとしてさえも,そら,最初は恥ずかしかったやろなあ。

けどいつの間にか人気になった。
そしてまた,ジオラマなんかも考えた。

それが,AKBの中でも復興支援のひとつの象徴みたいに取り上げられるようになったやん。

そういうのを考えると,やっぱ,SKE行かんかった代わりといっちゃアレやけど,高校生になったら自分のプロデュースで,震災復興支援活動をすべきやと思うなあ。

それを書いたら,伊達娘は2chなんかの流言では,震災で目立とうとしとる,なんて言うヤツもおるやろけど,それに負けずにやっぱ震災についてもっともっとアグレッシブにいかなアカンと思うねん。

それを売名行為と言われたってええやん。
震災の記憶を忘れさせて,なんて苦情言うてくるのもおるやろ。
しかしや,震災の記憶を忘れるからこそ,人々はいつまでたっても,震災で大きな被害を受けてまうねん。

将来の震災の被害を防ぐと思えば,やっぱなんかできると思う。
逆に言えば,2ch流言なんかで,やっぱやーめた!って挫けてまうくらいならば,最初からSKE行かんかった理由に挙げたらアカンよなあ。

そういうのも含めて,高校生になったらまずは,いやもう中学卒業もしとるか,ならばいまからでもできると思うけど,SKEに行かんかった理由として挙げたことについて,新しい自分はこれまでと違ってこういう対処をします!みたいに,有限実行したほうがええんちゃうかな。

やっぱそういう風にして,少しでも新しい自分を見せて行かな,新しいファンを獲得できんやん。

ついでに言うと,伊達娘はやっぱワタシのマネしたんか知らんけど,相当ガサツキャラが浸透して,ヲタからオンナとして見られてない。
けど,オンナとして見られてないからといって,今度は伊達娘自体が,需要がないとかアイドルには向いてないとか言って,オンナっぽいものを拒否するのではなくて,オンナとして見てもらえるように,需要を発掘してかなアカン。
そういう意味でも,新しい自分を見せてって欲しいと思う。

まあ,高校生になったら水着なんかも解禁になるんやけどなあ,SKE拒否したこともあって,載せてもらえるかどうかのほうが心配やねん。握手1部まで減ってもたし。
まりんだってヲタにあんだけ期待されながら,高校生では水着のチャンスなかったもんなあ。

いろいろ書いたけど,いまは高校に通い出すということがあり,また移籍断ったということもあり,イメチェンの絶好の機会なんやから,自分の中の何かを変えることを考えてほしい。

いやもちろん,パフォーマンスとか,演劇に関する興味とかは,なんか12月頃から変わってきた気はするんやで。
前も書いたけど,やっぱワタシがコテンパンに書いたのが効いたんちゃうかとは思うんやけど。。。。
けど,そういうのってヲタにはワカランやん。
だから,ヲタに分かるところで変えてかな。

身近な例では,たとえばカレンシネマを復活させるとかでもええ。
伊達娘はいい企画を考え付くのに,まだまだ一発屋なとこがあって,続けられんかったのが多い。
だから,もう1度研究生時代からやってきて,挫折したことを思い返して,高校生から再始動するのもええかもなあ。

しかし,カレンシネマ,ワタシがアカンと思うたのはまあ何回か書いたけど,その続かなさもそうやけど,掘り下げが足りてないと思うてん。改めて書くと。

自分も演劇に出る者という意識があったら,もっと違う視点から作品を観れるはずや。
なのに,ほとんど作品紹介になってもとった。コレは惜しい,というか意味がないと思った。
だって,自分がもしこの作品に出るとしたら,こういうところが自分はやってない演技だったので勉強になったとか,こういうところはこう演技したらいいと自分は思ったとか書いたら,もうそれだけですごいモチベーションの子やなあと思われるやろ。

・・・でな,自分も演劇に出る者という意識がだいぶ出てきたんやから,いまカレンシネマを始めたら,もっと違う観点から書けんか?
これまで見落としてきたことでも,そういう効果もあるんやで。

あと,公演目標だって,なぁちゃんなんかはじめとしてチーム4メンは,こういうところに注意した,とかGoogle+でアピールしとったりするけど,そういうのがちゃんとファンからのコメントに繋がり,ひいては人気に繋がっとるやろ?
ワタシはそれを伊達娘に期待したのに,伊達娘はマンガ読むのが先決やったのか,めっちゃおざなりにしてもたやん。
ノートを真剣に取るのを佐江に褒められたのはええんやけどさあ,まだまだ,1回1回改善すべきとこがある,という意識までは持ててないように見えた。
けど,いまならば,1回1回改善すべきとこがある,って思えとるんちゃう?

だから,いまから伊達娘が改めて,公演目標始めたってええんやぞ。
なんら恥ずかしいことではない。

そういうのをつらつらと書いたら,ワタシが,こうやったら売れる!ってのを伊達娘はあんま実践してこんかったのが,売れてない一因とも言えると改めて思った。
パフォーマンスにも歌にもあんま取り入れてなかったし。最近ようやく再び取り入れるようになったけど。
歌なんてなんであれだけ強情に低い声にこだわったん?
いまもちょい低いんやけど,前は低すぎたの,いまならば分かるやろ?
(たかみなはあの年齢でさえ分かってないけどさあ)

というわけで,

・SKEに行かんかった理由,すなわちAKBに残った理由をベースに,私はこう言ったのだからこうします!みたいに,新しいことを始める。
・新しいことを始めるにあたり,過去にたくさん取りこぼしてきたことをもう一度見返して,公演目標とかカレンシネマとか,新たな視点から復活させることも考える。
・ヲタからオンナとして見てもらうという観点も取り入れる。

というようなことを考えてみてよ。

ところで,「魔女の宅急便」を観て,映画としては新人の小芝風花はやっぱ可愛いと思った。まゆげがやたらキリッとしとるやん。キキのイメージに合うとると思うた。

で,やっぱコレを伊達娘にしたらどうやろ・・・って思うてみたんやけど,伊達娘のキキはやっぱなんかイメージ違うなあ。
キキには向いてないんかなあ。

コレがや,田野やひらりーならば,キキに似合っとるかはともかく,小芝風花以上に魔女っぽいよなあ。
なんか主役の魔女というよりも,敵役の悪の魔女で,主役を魔法でキリキリ舞いさせるってカンジのほうが合うとるかも知れんけどさあw

それとか,真っ暗な館の中を歩いとるときに,真っ黒な魔女の衣装を着た田野やひらりーが,ローソクを下から照らして「ワッ!」と出てきたら,アキブータンでさえションベンチビって逃げ出すぞ。
いまふと思った。

・・・なんならそういう企画,ネ申でやってもええんちゃう?

いやべつに田野やひらりーが可愛くないとか主役に向いてないとか言うとるワケではなくて,ミステリアスな顔しとると思うねん。
誘惑されたらドキドキするというかな。
だって,たとえばタイムボカンのドロンジョ様だって,悪役やけどセクシーキャラなんやぞ。

・・・ドロンジョ様って知っとる?知らん?

・・・それは置いといて,伊達娘に小芝風花ほど可愛い魔女役ができるかというと,やっぱそこは冷静に考えて無理な気がする。
けどなあ,伊達娘のその気の強そうな顔は,魔女宅は無理でも,なんかの作品にゼッタイに使えると思うねん。

小芝風花には,尾野真千子や田中麗奈に感じたモノ,すなわち,“あ,この子なんか持っとる”というオーラを感じん,という旨を書いたけど,伊達娘には感じるねん。
やっぱ,伊達娘は役者になるために生まれてきた,というのは,いまもって感じる。いくらいま握手券1部で低迷しとると言うてもや。

ついでにいうと,ゆかるんはダンス上手いし女優として大成するとして,ワタシずっと言い続け,褒め続けとるけど,ゆかるんにはオーラは感じんねん。

いや,ワタシがオーラを感じんかったって,綾瀬はるかみたいにめちゃくちゃ有名になっとるのがおる。
だからワタシは大成するとは言うとるんや。
ワタシがゾクゾクとくる感性とは違うけど,ダンスも上手いし,美人は間違いないから,ゼッタイ売れると確信するんや。
だって,ワタシも別に原節子とか吉永小百合にオーラを感じたかというと感じたことない。それでも大女優なんや。

いずれにせよ,伊達娘にはオーラを感じる。
声もいい声しとる。高い声を出したらな。低い声はイマイチや。

で,オーラを感じるんやけど,いまワタシが一生懸命考えてみたら,そのショートの髪型が,あるはずのオーラを消し去っとる気がするねん。
オーラが発散して,単にボーイッシュに見えてもとるというか。

だから,まずはセミロングくらいまで伸ばしてみて欲しいなあ。
そしたら,一般人にも訴えかけるものが出てくる気がする。

なんかそんなことをつらつらと考えた。
コレで8ページか。我ながらいっぱい書くよなあ。

ほなね。

2014/03/02 14:23:34 おーにっちゃんより

---------

境界性人格障害 診断チェックやってみたぞ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-bd8b.html#comment-105707625

IPアドレス:     221.184.40.40
名前:           もう一度お願い

内容:
--------
http://kyokai.uijin.com/check1/

大西さん これをチェックしてみてください
お願いします

投稿: もう一度お願い | 2014年3月 2日 (日) 13時03分
---------

1.現実または想像の中で、見捨てられることを避けようとして、なりふりかまわない努力をしている(自殺・自傷行為は含まない)

→ いいえ 見捨てられることはなんら恐れていません。

2.「理想化」や「こき下ろし」などといった両極端で、不安定な激しい対人関係を持っている

→ いいえ 不安定な激しい対人関係に見えるとは思いますが,もしそうであればいまごろいま付き合っている弁護士や医者とも破綻しています。

3.明らかに自己像または自己感が不安定で、それが持続している

→ いいえ 自己像,自己感が安定しているのは,見たとおり。

4.浪費、性行為、物質乱用、無謀な運転、むちゃ食いなどといった、自己を傷つける可能性のある衝動的な行動をとる(自殺・自傷行為は含まない)

→ いいえ 確かに借金は作りましたが,懲戒解雇にならなければ払いきれない金額ではなかったですし,いまの困窮生活に耐えているのを見れば,衝動的な行動をしていないのは明らかです。

5.自殺の行動、そぶり、脅し、または自傷行為をくり返ししている

→ いいえ 自殺については言及していません。

6.強い不快感、いらだち、不安などといった感情の不安定さがある

→ いいえ 感情はほとんど安定しています。YouTube上でも,大西弘子に対して荒れ狂ったくらいで,その程度は”感情の不安定”とはいえません。

7.慢性的な空虚感を感じている

→ いいえ 毎日やるべきことをやっています。

8.不適切で激しい怒り方をする、または怒りの制御が困難になる

→ いいえ 怒るのではなくて,冷静に処理をするだけです。この文章は,たとえば部屋の中でモノを投げつけて壊す,というようなものを想定していると思います。

9.一過性のストレスによって、妄想のような観念または重篤な解離性症状を引き起こしている

→ いいえ 一過性のストレスに苛まれるのであれば,この2年間のどこかで,そのストレスにつけこまれ,ワタシは鬱になって立ち直れなくなっていたでしょう。
      なお,日立製作所の工作員には,それを狙っていた節を感じています。


> 5つ以上の項目に当てはまると、境界性人格障害であることが疑われます。

とあるので,まったく当てはまらんのとちゃう?

なんかの診断テストをやらされたから,インラインで回答する。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-a1dc.html#comment-105698298

IPアドレス:     60.40.9.3
名前:
メールアドレス:
URL:

内容:
--------
おーにし これやってみて

http://asperger.health-ask.net/inspection/selfcheck/

「asperger_syndrome_test.pdf」をダウンロード

http://www.medical-heart.com/psycho%20check%20illness03.html

Photo

投稿: | 2014年3月 2日 (日) 02時20分

------------

やったぞ。

それで?

第一印象であなたは某をおかしいとは思わなかったんでしょう? → ダウト

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-6edf.html#comment-105683068

IPアドレス:     212.126.96.229

内容:
--------
あなたは小額裁判をわかってない。
そこで丁々発止のやり取りなど出来ません。
うそだと思うなら小額訴訟制度の欠陥について書かれた文章を
探してください。
100%あなたは負けます。
第一印象であなたは某をおかしいとは思わなかったんでしょう?
それが総てです。
裁判官は両者の顔を見比べて判決を出します。

------------

妙なコメント見つけたから書くわ。

第一印象で,ワタシは某をおかしいと思うてん。

けどな,ワタシつねづね言うとるやん。失敗したと思ったらすぐ戻ってきたらいい。そこでまたやり直せばいい。
某は決断とかレスポンスがやたら早かったから,面接でワタシのコト理解してくれんかっても,最善の方法を見つけてすぐ修正してくれると思うたんや。

だから入社を決断した。

けど,入ってから分かったのは,ソコは応募者がなくて,ワタシに対して猫の手も借りたいカンジで素早く返答してきとっただけやってん。

ようはワタシの判断ミスや。

ただ,3月3日に裁判官と出会って,資料は全部揃えとる,説明も論理立てとるワタシ(当然のように黒のスーツ)と,資料はイイカゲン,説明も論理破綻しとる・・・ とすると,裁判官はどっちを信用するかな?

ちなみに,勤務態度とかメール内容とかブログへの通帳裏写りとかは,たとえばそれが会社の懲戒規定に当たるとみなされるかもやけど,懲戒解雇にするには,会社側に立証責任があるし,そこまではないと思う。

さらに,ワタシが既に新しい準備書面に書いた通り,たとえ懲戒解雇であってさえも,労働基準法第20条但し書きにより,解雇予告手当てを支払わない場合は労働基準監督署長から先に認定してもろとかなアカンねん。

それが難しかったから,ワタシに有無を言わさず懲戒解雇してきた日立製作所でさえ,解雇予告手当てはキチンと払ってきた。

・・・で,某社はどこに勝ち目あるねん?

魔女の宅急便の感想 【ネタバレあり】 実写映画の可能性を感じさせる作品です

「魔女の宅急便」観てきました。

ジブリ的なイメージはあまりしませんでした。

原作のイメージをだいぶ残している,という評価を見かけますが,ワタシは原作を読んだのは20年以上前に1回きりだから,さっぱり分かりません。

小豆島はまあいいとしても,最初の山岳の街の設定が個人的には若干ビミョーかと思いました。
イタリアとかスイスあたりの街のような印象を受けましたが,山の峰の間にあんなに蜘蛛の巣のようにつり橋を渡すには,費用対効果として意味がないなあなんて思いました。
まあ,おとぎ話っぽい街を描いたのだからいいのでしょうが,そういう設定が若干は気になりました。

それは,グーチョキパン店でも同じです。
やはりパン屋であれば,街中の商店街に開くのが当たり前なので,それを丘だか山だかの上の風車のところにしたのが,現実的にはちょっとどうかなと思いました。
その風車で小麦を挽くという設定なのでしょうか?
けど小麦を挽くならば風車ではなく水車だと思いますし・・・そうするとやはり低地に店を構えないといけません。

そういえば,天空都市マチュピチュなんて山頂なんですが,水が枯れないんです。
なんかそんなことをふと思い出しました。だから物語に生きるわけでもないですが。

まあ,そういう細かい設定はともかく,ストーリー的にめちゃくちゃ奇妙な設定があるわけではなく,魔女であるとそういう苦労があるのか,など,概ね理解できるもので,好感が持てました。
魔女の苦労もけっきょく一般人の苦労とあまり変わりませんしね。

現代に魔女はいないとはいえ,女だから,田舎者だから,学歴が低いから・・・などと,なにがしかの理由で差別されるタネはそこらじゅうにあります。
魔女というのは,原作からしてそうなのでしょうが,差別を受けながら生きる人々のメタファーとして描かれていると捉えていいでしょう。

また,技術的にも,CGをふんだんに使うよりも,特撮的を多用したような感じで,体を張った演技に好感が持てました。

ただ,やはり特撮ですから,”吊り下げられてる”感はどうしても残っていると感じました。
やはり人間の演技が面白いのですから,基本的には特撮としながら,飛んでいるときの服のバタつきみたいな,ちょっとしたところを,上手いことCGにできないかなあ?などとも思いました。

あと,これまた細かい点ですが,特撮が主なので,どうしても光源が近くにある感じが否めないのは,残念といえば残念でした。
いまプロジェクションマッピングとかあるのですから,それを俳優の顔や体の上に対してやるイメージで, 無限遠からの太陽光とかを,演技する俳優の上に上手にマッピングできないものかと思います。
確か,上下するピンポン玉の上なんかに,正確にプロジェクションマッピングする技術は既にあるんですよね?

であれば,あと10年以内くらいには,特撮でありながら無限遠からの光をマッピングできる技術は出てくると確信します。
上で書いた,特撮の上で,服のバタつきみたいなちょっとしたところだけをCGにする技術もやはり,あと10年以内くらいには出てくるでしょう。
出てきて欲しいという願望でもありますが。

とにかく,これまで観てきたようなハリウッド映画のように,CGに頼り切ってないのはいいと思いました。

今後も,街を破壊したり,あり得ないホラーにしたりして,CGに頼り切ってしまうのではなく, 映画界はほんのちょっとだけ世界を変えるようなイメージの作品に,どんどん挑戦してみて欲しいと思いました。

そういう想像力をかきたてる映画でした。

そういう意味では,先に「魔女の宅急便」を映画化したジブリの作品は,よく,”実写でもできるんじゃないか”と言われながらも,”いやこういうトコが実写ではできないから”という理由から,ジブリがアニメとして相応しいと判断して,アニメ化してきたことが思い起こされます。

これからは,いろんな技術を融合することで,ジブリがアニメ化したものやそれに類するものを,別の切り口から,自然な映画として実写化することが可能と思わせてくれました。
そんな映画でした。

俳優にもちょこっと触れましょう。

小芝風花さん,可愛かったです。まずまず演技もできていたのではないでしょうか。
しかし,「萌の朱雀」で初めて尾野真千子を見たときや,「がんばっていきまっしょい」で田中麗奈を見たときの,えもいわれぬ輝きみたいなものまでは感じませんでした。

やはり,先に顔優先のオーディションで選ばれたらしきところを,どうしても感じてしまいました。

まあワタシは辛口批評なので,小芝風花さんには,その批評をバネにして頑張って欲しいと思います。

尾野真千子は,「萌の朱雀」のときに中学生の割にすごくなまめかしいイメージがあって期待していたのですが,それから長らく見かけずどうしたのかと思っていたら,近年見かけるようになって,今回もおソノ役で見られて個人的にはうれしかったです。

・・・まあ,さすがに「萌の朱雀」の輝きはいまでは感じなくて,だいぶおばちゃんになったなあ,なんて思っちゃうんですけど。

あと,トンボには空へのこだわりが宮崎アニメ版よりも強く感じられ,活躍シーンがいっぱいあって,ワタシが女性ならば,宮崎アニメ版よりもトンボに惚れてしまうなあ,と思いました。
ただ,ワタシは男性俳優には興味ないので,トンボ役の広田亮平さんにはピンとこなかったのですが・・・申し訳ない。

とにかく,全体的になかなか面白かったと思います。

清水崇監督は,作られる映像作品のほとんどがホラーのようですね。
ワタシはAKBが好きなのですが,AKBメンバーを見ていても,ホラー映画の主演が決まりました!というメンバーばかりです。
その感覚から,どうも邦画の需要としてホラー映画の割合が圧倒的に多いような感じがするのですが(個人的には怖いのでホラーは観ませんが・・・),清水崇監督はホラー以外もできるし,やる意欲がある感じにお見受けしましたので,できれば今後は,もっとフツーの人々のちょっとしたできごとに焦点を当てた作品を撮っていっていただけたらと思いました。

« 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月3日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック