« 2014年3月6日 | トップページ | 2014年3月8日 »

2014年3月7日

2014年3月 7日 (金)

久しぶりにアクセス解析を。2万超ってとこ。公正取引委員会からも一応アクセスありました。

今日はようやく2万超ってとこかなあ。

Access2014030702

やっぱ,AKSに対する訴訟を提起したと言ってから,2,3万はあるけれども,どうもインパクトに欠けるようです。
ここらへんで新しい起爆剤がほしいところです。

Access2014030703

ちなみに,今日は久しぶりに,日テレやキングレコードからのアクセスもありました。
一応マスコミはチェックしているのでしょう。
もちろん個人でチェックしているのかもしれません。

あと,公正取引委員会からもチェックされていますが,ワタシが資料を提出したからでしょうか?

Access2014030701

今日はみんなまずまず

前回チームBダメ!って言ったのですが、今日はまずまずと思いました。

最初元気なポニーテール、アレ誰?と思ったられなっちでした。
ウワサ通り、以前よりもさらにパフォーマンス良くなったように思いました。
ただ、後半はそうとも思いませんでしたが。

らんらん、動きはいいのですが、似たような背の田野ならばもっと目立つところ、それほど目立ってません。
田野は全範囲に動けますが、らんらんは動きにクセがあるのかなあ、などと仮定してみるのですが、それが結論ではありません。

【追伸】

はーちゃんがなんとなく若づくり(w)しているように思いました。
喋り声も若干高めな感じです。どうも前回のMCの通り、イメチェンを狙って有言実行しているのではと思いました。

年相応と思うよワタシは。

AKS案件に関して,弁護士会に対して人権救済の申立書を書きました。

てか吉田豪も入れとくか。帰ったら修正する。

--------------

人権救済申立ての文書
                   平成26年3月10日
日本弁護士連合会 御中
                大西 秀宜

申立ての概要

申立人は,侵害者1,2,3らによる,申立人に対する一切の説明のない措置が,申立人に対するいわれなき差別であり,それを元としてさまざまな人権侵害を誘発していると考えるので,侵害者1,2,3は共同で,申立人に対して適切な説明をするように求める。
詳細は次紙以降に記載する。

当 事 者 目 録
〒 (伏字)
住所 (伏字)
        申 立 人 大西 秀宜
電  話 (070-6969-9177)

〒101-0021
住所 東京都千代田区外神田六丁目1番地8号 思い出ビル
        侵害者1   株式会社 AKS
    代表者 代表取締役  窪田 康志
        電 話 (03-5298-8648)

〒112-0013
住所 東京都文京区音羽1丁目2番3号
        侵害者2   キングレコード株式会社
    代表者 代表取締役  重村 博文
        電 話 (03-3945-2131)

〒106-6126
住所 東京都港区六本木6丁目10番1号  六本木ヒルズ森タワー
        侵害者3   グーグル株式会社
    代表者 代表取締役  有馬 誠
        電 話 (03-6834-9000)
        FAX (03-6834-9001)

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア6F
        侵害者4  株式会社サイゾー
    代表者 代表取締役  揖斐 憲
        電  話 (03-5784-0791)

〒171-0021
住所 東京都豊島区西池袋4-8-17 西池袋杉田ビル
       侵害者5  システム管理工業株式会社
   代表者 代表取締役 杉田 侑司
       電  話 (03-3980-1461)
       FAX  (03-3980-1463)


申立人に対して株式会社AKSらから適切な説明が為されず,株式会社AKSから申立人に対する一方的な処置を元に,申立人が一方的に多方面から名誉毀損や侮辱を受けている件

申立人は,侵害者1及び侵害者2は,2013年11月24日に,申立人に対し,正当な理由を示すことなく,原告の所有する握手券(資料1)にて握手する権利のある岩田華怜との握手を認めず,返金にて対応すると一方的に告げ,債務の履行を拒否した。同日だけでなく,12月1日及び2014年2月22日の握手に関しても拒否した。また原告に対し今後の岩田華怜に対する握手券の購入はできなくするとも通告した。

本件は,侵害者1及び侵害者2が事前に掲示していない方法により,申立人を差別したものであり,人権侵害である。具体的には,個人情報の保護に関する法律第15条及び16条違反であり,さらに債務不履行である。

このため,申立人は,2014年1月21日に,平成26年(ワ)1282号として,東京地方裁判所民事第31部に対して訴訟を提起した。
しかし,個人情報の保護に関する法律を人権侵害案件として扱った判例は過去になく,また”握手券”が契約に当たるかどうかも裁判官によって判断が異なるようで,申立人は補正命令(資料2)を受け,その修正案を提出したのであるが,2014年3月10日現在も,訴訟救助自体が決定していない状態である。
訴状及び補正資料を資料3に示す。

補正資料を提出した後,申立人は,本案件は侵害者1及び侵害者2による,握手券つきCDの販売を委託する株式会社キャラアニに対する,優越的地位を利用した独占禁止法違反であるとして,2014年3月5日付けにて,公正取引委員会に対して,独占禁止法違反を訴えた。(資料4)
公正取引委員会の担当者からは,回答は最低でも2,3ヶ月かかり,その間の進捗報告は特にできない旨を聞いている。

これ以前,原告は2012年4月頃より,侵害者1が侵害者3と共同で運営するGoogle+サービスにおいて,申立人が投稿した内容が原告のアカウントからしか見られず,他人からは削除したように見えるという事象を経験しつづけている(資料5)。このためインターネット“2ちゃんねる”において,原告の記載のみが消されるとして揶揄されることとなった。このため,申立人が,2013年11月24日に判明した握手拒否による名誉毀損及び侮辱を受けるまでに,原告がAKB48ファンの間で厄介者であるという評判が拡大する原因となった。

侵害者3上にあるGoogle+サービスにおいて,当該仕様はどこにも記載されていないものであり,当該行為に関して申立人は侵害者3に対して内容証明郵便を送付の上質問した(資料6)が,侵害者1や侵害者3からは一切の回答がない。Googleには明確な仕様の規定が掲載されておらず,現在原告がGoogle+上に記入した文章が,誰から見えて誰から見えないのかが分からない状態である。すなわち,侵害者1及び侵害者3からの説明がない現状,Google+上において原告の言論の自由は現在も侵害され続けている。

このような状態で,侵害者4及び侵害者5,その他の一般人らから,インターネット上において,侵害者1の主張を正と勝手に断定した上での,申立人に対する名誉毀損記事が執拗に記載されることとなった。(資料7~9)

これらの名誉毀損記事の元凶は,侵害者1による不可解な対応である。
特に資料3を読んでいただければ,申立人が一方的にストーカー的な行為を行っているわけではなく,侵害者1の対応が極めて不可解であることが理解できる。

さらに資料10(資料3に示す甲第2号証)により,侵害者1はインターネット上にて申立人に対して個人情報漏洩し名誉毀損・侮辱を行うことにより人権を侵害してきた可能性が高い。

なお本件は,別件で調査依頼をしている,日立製作所関係の人権侵害案件と根本では繋がっていると,申立人は考えている。

すなわち,日立製作所関係の人権侵害案件は,申立人が,日立製作所社内において,侵害者1を応援することにより得たノウハウを,ナレッジとして展開しようと試みたことに端を発する。
然るに,日立製作所の関係者は,侵害者1がアイドルというだけで,遊びに関する記載であると断定し,申立人に対して人権侵害,具体的には個人情報保護法違反を働いたのである。

そうであれば,侵害者1が申立人に対して救済をすればよかったのである。

しかし,日立製作所も侵害者1も日本を代表する大企業・組織である。
このために,日立製作所を追われた申立人を侵害者1が援助することはできず,さらに侵害者1も日立製作所との関係を考えて,申立人に対する人権侵害に加担した可能性があると,申立人は考えている。

申立事件の処理等についての要望

日本弁護士会殿には,侵害者1の行為を調査し,事実確認をしていただき,侵害者4や侵害者5をはじめとした,申立人に対する不特定多数による名誉毀損は事実無根であることを確認いただきたい。
またできれば,侵害者2や侵害者3に対しても,理由なき人権侵害は具体的には個人情報保護法違反に当たる旨を指摘し,現状の改善をお願いしたい。

資 料 一 覧
資料1 申立人が購入した握手券ならびに納品書
資料2 東京地方裁判所民事第31部から申立人への補正命令
資料3 申立人による平成26年(ワ)1282号 訴状及び補正資料
資料4 申立人が公正取引委員会に対し,侵害者1及び侵害者2による独占禁止法違反を訴えた資料
資料5 申立人が侵害者3に対し,問題の状況を説明した上で質問した内容
資料6 申立人より,侵害者3に対する回答請求書及び配達証明書
資料7 濱野智史および侵害者4による,申立人に対する名誉毀損記事
資料8 森雅裕及び侵害者5による,申立人をモデルにすると思われる名誉毀損小説
資料9 申立人に対するインターネット上での申立人の実名を上げた名誉毀損書き込み
資料10 1年前のインターネット上への50回に渡る侵害者1に依ると思しき匿名書き込み

- 以 上 - 

pdf版
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRQm1XSkV3akYtNHM/edit?usp=sharing

添付資料等下記にあります
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRMDVTb0pvVWRGX00&usp=sharing

日立製作所案件に関して,弁護士会に対して人権救済の申立書を書きました。ver2

人権救済申立ての文書
                   平成26年3月10日
日本弁護士連合会 御中
                大西 秀宜

申立ての概要

申立人は,株式会社日立製作所に勤務していたが,2012年1月27日に社内SNS「こもれび」において,申立人がこもれび運営事務局に対してクレームした内容を,こもれび運営事務局が個人情報保護法に違反し,不当に収集・編集し,申立人の当時の上司に送信し,処分を指示した。
申立人は,そのことを発端とし,現在も継続している一連の人権侵害案件に関して,人権救済を申し立てる。
詳細は次紙以降に記載する。

当 事 者 目 録
〒 (伏字)
住所 (伏字)
        申 立 人 大西 秀宜
電  話 (070-6969-9177)

〒100-8280
住所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
        侵害者1  株式会社 日立製作所
    代表者 代表執行役  中西 宏明
        電  話 (03-3258-1111)

〒106-0032
住所 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
       侵害者2  一般財団法人 日本情報経済社会推進協会
   代表者 代表理事  牧野 力
       電  話 (03-5860-7551)
       FAX  (03-5573-0560)

〒101-8901
住所 東京都千代田区霞が関1-3-1
       侵害者3  経済産業省
   代表者 経済産業大臣 茂木 敏充
       電  話 (03-3501-1511)

〒106-0047
住所 東京都港区南麻布4-5-10
       侵害者4  ドイツ連邦共和国 (在日本大使館)
   代表者 大使代理  シュテファン・ヘルツベルク公使
       電  話 (03-5791-7700)

〒107-0062
住所 東京都港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター
       侵害者5  国連難民高等弁務官事務所(駐日事務所)
   代表者 駐日代表 マイケル・リンデンバウアー
       電  話 (03-3499-2011)
       FAX  (03-3499-2272)

〒 (伏字)
住所 (伏字)
       侵害者6  (伏字)
       弁護士   K 
       電  話 (伏字)

〒100-8920
住所 東京都千代田区霞が関1-1-4
       侵害者7  東京地方裁判所 民事第49部
       裁判官   飯淵 健司
       電  話 (03-3581-5849)

公益通報が適正に処理されず,隠蔽され続けている件

申立人は,株式会社日立製作所に勤務していたが,2012年6月22日付にて懲戒解雇された。(資料1)

ことの発端は,同年1月27日に社内SNS「こもれび」において,申立人がこもれび運営事務局に対してクレームした内容を,こもれび運営事務局が不当に収集・編集し,申立人の当時の上司に向け送付し,処分を指示したのである。(資料2)

個人情報保護法的には,メールをそのまま転送するだけでもグレーであるのに,そのメールを編集し,申立人のtwitterの書き込みと思しきものや自分たちの意見までをも加えた資料を作成するの,最初に個人情報の収集範囲を定めた個人情報保護法(第15条,16条)に明らかに違反している。

申立人は当該内容を上司らに訴えたが,逆に日立製作所は,問題のメール資料をベースとして,上司,勤労部門が産業医と結託し,私を軽そう状態として休職させようとした。(資料3)なお,主治医森は,日立製作所他部署の産業医であり,産業医荒井と同窓とのことである。

荒井からの,「自宅療養あるいは,休務が必要と思います。」いう意見と,それに対する森の「すぐに治療に入れずに誠に申しわけありません。」という記述は,患者の治療に主眼を置いているのではなく,会社の論理で私を休職させようと思っていたことが取れる。でないと,申立人の意思を尊重すべき森が,荒井に対して謝る理由などない。

この後,睡眠障害で利用していたスリープクリニック遠藤拓郎医師,この方に相談したところ,この方も精神鑑定医であるが,この方の診察では,私にはなにも問題がなく,産業医の意図的な誤診であると断定した。

以上により,申立人は,日立製作所が個人情報保護法違反をしていると予想していながらも,事実を掴むことはできなかった。
ところが,2月末,上司と申立人2人での打ち合わせ時に,個人情報保護法に違反する,あってはならない資料を上司が読みながら喋っていることに,申立人は気づいた。

このため申立人は,上司に対して当該資料の提示を要求した。しかし上司は開示を拒否した。
このためやむなく,休日に上司の机を捜索し,当該資料を発見し,資料のコピーを取った。 (資料2)

これらを元に,申立人は日立製作所内部にコンプライアンス通報したが,まったく調査したかも怪しい回答を得た。(資料4)
また,申立人はプライバシーマーク事務局に対してプライバシーマーク違反としてプライバシーマーク事務局に出向いて通報(これも公益通報に準じるものと申立人は認識する)し,プライバシーマーク事務局の発行する欠格判定基準書(資料5)に従い,欠格判定10に当たる旨も説明したが,日立製作所と同様にまったく調査したかも怪しい回答を得た。(資料6)

そして,2012年4月19日,経済産業省に対して当該内容にて公益通報した。(資料7)
情報経済課は数日の後に連絡をくれ,産業機械課が担当になり,産業機械課から連絡をする旨を伝えてくれた。
然るに,産業機械課は消費者庁の定める手順(資料8)を全く守ることなく,申立人が毎日のように電話しても,「ただいま調査中です」の一点張りで,調査内容の回答は一切なかった。
これは,省庁内において,申立人の公益通報に対してのみ一方的に不平等な対応をしていると,申立人は捉える。

申立人は,どこも相手にしてくれないので,公益通報者保護法で保護されないのを承知で,むしろ日立製作所が隠蔽していることを世間に対して提起するのが重要と考え,Yahoo!ファイナンス等でも言い分を書きまくった。
しかし,マスコミなどには相手にされなかった。

そのうち,会社に対する名誉毀損として,申立人は6/22付けにて懲戒解雇された。
労働基準法で規定される,意見聴取なども全くなく,申立人の抗弁は一切聞き入れられず,「意見があれば法廷で」と言い渡されただけであった。懲戒解雇通知書を(資料1)に示す。
今回は添付しないが,そのときの音声ファイルも存在する。

そして,民事訴訟の手も考えられたが,日立製作所自身が民事訴訟にしたがっていることから,民事訴訟にしたらテクニック的に負けるのは目に見えていると申立人は思い,さらに日立製作所やマスコミに加え,経済産業省までもが隠蔽に加担しているということは,これは日本政府による申立人に対する政治的迫害であると考え,申立人は翌日6/23にドイツへ飛び,ドイツへ亡命申請した。(資料9)

ドイツにいる間に,日立製作所の者と思われる者から執拗に,申立人の日立製作所時代の個人情報をインターネット上に書き込まれた。申立人のブログに纏めたものを記載する。(資料10)
その内容も,日本からの迫害事由としてドイツ政府に対して訴えたが,ドイツ政府は申立人の訴えを一切聞かなかった。

そして,1年後の2013年6月6日に,"明らかに理由なし"として,ドイツ政府は申立人の亡命申請を却下してきた。(資料11)

当該資料14ページ目に英訳として,
“ The application for recognition as a person entitled to asylum has been rejected as clearly unfounded. ”
とあるので,ドイツ語を知らない人間にも,却下であることが分かる。

この資料の内容を精査すると,ドイツ政府は申立人の言い分を一切聞かずに,"日本は安全なのであり得ない"というような思い込みだけで書かれており,申立人の提出した資料(資料1~8を提出し説明したと記憶している)がきちんと反映されておらず,それどころか,事情聴取時に私が提出した資料一式が紛失していた。懲戒解雇通知書も紛失されたため,(資料1)は亡命申請前に日本からインターネットにアップしたものを,誰かが申立人の名前を消して掲載していたもののコピーである。
これらはドイツの法律にも違反する措置であるが,それを申立人がドイツ政府に訴えても一切聞いてもらえなかった。(資料12)
また,本件については国連難民高等弁務官事務所にも何度も連絡したが,同様に全く考慮してもらえなかった。(資料12)
これは,ドイツ政府や国連難民高等弁務官事務所が,自分たちの定めた法律や手順から逸脱しており,申立人に対する不平等な対応である。

その後,申立人は2013年7月3日に成田に強制送還され,施設に入りながら再就職などして,なんとか日本で改めて生計を取るようになった。

そして2013年10月14日に,申立人は日立製作所に対して,(資料10) のような書き込みは問題であるとして,個人情報の開示請求書を提出した。(資料13)
然るに,2013年10月28日に,本来あるべき資料の開示さえも,個人情報保護法第25条を拡大解釈して開示しないと通達してきた。(資料14)
このため申立人は,2014年1月22日付にて,日立製作所に対して個人情報開示を争い,平成26年(ワ)1415号 東京地方裁判所民事第16部担当として,訴訟を提起した。(資料15)

また,プライバシーマーク事務局に対しても,(資料6)に示すとおりきちんとした調査をしなかったことを債務不履行として,2014年1月23日付にて,一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(プライバシーマーク事務局)に対して,平成26年(ワ)1466号 東京地方裁判所民事第49部担当として,訴訟を提起した。(資料16)
然るに,2014年2月13日付にて,民事第49部より,一般財団法人 日本情報経済社会推進協会は,個人と契約をするはずがないとして,申立てを却下するとの文書が届いた。(資料17)

これは,公益通報を受け取って,「調べる」と約束した者に関して,履行責任を真っ向から否定するものである,すなわち公益通報の存在意義自体を否定するものと申立人は考え,2014年2月19日付にて即時抗告をした。(資料18)

また申立人は,経済産業省に対して,公益通報の履行を求める期間は過ぎているが,情報開示法により,自己の公益通報がどのように処理されたかを見る権利はあるとして,2014年1月8日付にて情報開示請求を行った。(資料19)
然るに,2014年2月6日に,一切の文書の不開示を決定した旨の通知が来た。(資料20)

これは公益通報や情報開示法の主旨に明らかに反し,経済産業省が公益通報を一切履行しなくともかまわない内容になっていることから,2014年2月25日付にて異議申立書を送付した。(資料21)
この回答は未だ来ていない。

なお,本件に関して,2013年12月13日に,法テラスの援助を受け,弁護士K晃一に相談をした。(資料22)
Kに対して,申立人は,日立製作所は個人情報保護法第15条,16条などに違反すると主張したが,Kは六法全書も一切見ることなく,「第三者だから全く問題ない。だから日立製作所の行為は正当であり,訴えられるところはなにもない」として申立人を追い返した。

そのことは,申立人が後にブログで,K弁護士に対して懲戒請求したい旨を記載したところ,K弁護士は申立人を紹介したAに連絡し,Aより申立人を非難する文面が届いたことからも容易に確認できる。(資料23)

そして,それに対する説明を,申立人がK弁護士に対して直接要求したが,K弁護士は現在に至るまで一切の返答をしていない。(資料24)
弁護士が相談を受け,それを受諾するかどうかは弁護士の最良に委ねられるのは申立人も理解するが,六法全書さえ開くことなく,争いの相手方の言い分のみ聞くとは,業として弁護士を営む者として極めて問題であると考える。
また,弁護士が自分に関する誹謗と捉えた内容を,直接その書き込み者に伝えることなく,自分の懇意にしている人間だけに伝えるというのは非常に不誠実な対応であり,裏を返せば,申立人に対して虚偽を働いた事実があるから,直接伝えることができないと申立人は考える。

いずれにしても,弁護士が,業として自分のした回答に対して質問を受けているにもかかわらず,一切返答しないのは,業としておかしな対応と言わざるを得ない。

特に申立人の場合は,日立製作所の言い分がどうであろうが,公益通報が遵守されず,申立人の抗弁を聞く機会もなく懲戒解雇されたと申立人は訴えているのであるから,弁護士には犯罪者に対する取調べと同等以上の責務及び慎重さが求められるはずと考える。

それが,このような態度で否定され,申立人に対する弁護士の信頼は著しく失墜した。
このため,上記に挙げる訴訟は全て本人訴訟としている。

K弁護士に対しては別途,東京弁護士会に対して,申立人は懲戒請求を行う予定である。

また,本件はさまざまな大組織が絡むために,日立製作所を懲戒解雇され,裁判費用を出すこともままならない申立人にとっては,仮に弁護士に対する信頼が失墜していなくとも,弁護士を依頼するのが非常に困難であるという問題が現実として存在する。

申立事件の処理等についての要望

本件の一番の問題は法律に従わない隠蔽行為が積み重なったものである。侵害者1~7が,それぞれ自ら為すべき範囲の業務を適切に為せば,申立人も法律に従った公平な処理を受けられるのである。
そのために,できれば日本弁護士連合会も協力いただき,法の適切な処理に対して申立人及び関係各所に対して助言をいただきたいと考える。
またその上で,本事件の内容をマスコミなどを通じて公のものとすることも重要であると考える。
そうすれば,申立人の訴えは人々の公知のものとなり,申立人に対する隠蔽行為によるさまざまな不平等な取り扱いは,解消に向かうと考えている。

資 料 一 覧
資料1 日立製作所による申立人の懲戒解雇通知書
資料2 日立製作所による申立人に関する個人情報の違法収集資料
資料3 日立製作所産業医-主治医間の情報提供書
資料4 申立人による日立製作所に対するコンプライアンス通報及びその回答
資料5 プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準_PMK510 P8-9
資料6 申立人によるプライバシーマーク事務局に対する通報及びその回答
資料7 申立人による経済産業省への公益通報及び回答メモ
資料8 国の行政機関の通報処理ガイドライン
資料9 ドイツでの申立人の調書及び身分証明書
資料10 インターネット上に書き込まれた,申立人の日立製作所時代の個人情報
資料11 ドイツ政府からの亡命申請却下資料
資料12 ドイツ政府や国連難民高等弁務官事務所に送付した要望や抗弁のメール
資料13 申立人による日立製作所に対する個人情報の開示請求書
資料14 日立製作所からの個人情報の開示書類(主要部分不開示)
資料15 平成26年(ワ)1415号 訴訟資料(後に提出した追加資料含む)
資料16 平成26年(ワ)1466号 訴訟資料(後に提出した追加資料含む)
資料17 民事第49部からの,申立て却下の旨の文書
資料18 民事第49部に対する,公益通報の存在意義を問うた即時抗告
資料19 経済産業省に対する情報開示請求
資料20 経済産業省からの,文書不開示決定通知
資料21 経済産業省の文書不開示決定に対する異議申し立て書
資料22 K弁護士らと打ち合わせ日時を決めたメール
資料23 Aから申立人に対する苦情メール
資料24 K弁護士に対する質問メール
- 以 上 - 

pdf版
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRcndSWWdoQUJ6SmM/edit?usp=sharing

添付資料等下記にあります
https://drive.google.com/?tab=mo&authuser=0#folders/0B1zRzD_3tvlRZGViZEo4ZlczaXM

【リンクが貼れてなかったので修正しました】 とりあえず,日立製作所案件に関して,弁護士会に対して人権救済の申立書を書きました。

弁護士会への申立書(日立製作所公益通報案件)1伏字.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRR0NIdml0NDUzLU0/edit?usp=sharing

コレを何回か揉んでだなあ・・・

あとAKSのは,先日公正取引委員会に対して書いたのをちょこっと直すか。

でも,Googleについても説明せななあ。

法曹関係者についての私見を述べた面白いページを見つけました。

http://www.entertainmentlawyer-ono.net/menu09/cat140/

(3)裁判官の威厳は、誰に対して向けられるかと言えば、弁護士に対して向けられます。まず、弁護士に成り立てで、バッチがピカピカしているころに、だいたいの弁護士が、裁判の時に裁判官から「要件事実に従って、書面を書き直しなさい!」と叱られます。「え?ボスからOKもらってるのに?」なんて思いますが、新人弁護士は、この一言でビビってしまいます(笑)。だいたい、研修所での教官の経験のある裁判官が、このように言ってくることが多いですね。
また、「主張が多すぎる。もっと争点を絞りなさい。」などと怒られることもあります。依頼者のことを考えると、「主張が多くなるのは当たり前だろう。」と経験が多くなると開き直ることができますが、やはり新人のうちは依頼者と裁判官との間に挟まれて、悩みおおき時間を過ごすことになります。
--------------

ワタシがAKSの裁判について裁判官から修正されたのは,こういうイメージなのかなあ・・・

まあ,もう一回却下されても,少なくとも裁判官の求めたとおりに修正してきたんやから,完全却下にはならんと思うけどさあ。

こういうのも意識しながら戦おう。

AKB48チームA岩田華怜様20140306

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

1個前のファンレターで,まりんとかゆかるんとかとの妄想を書いたけど,AKBINGO! 観て,伊達娘は伊達娘でなぁちゃんをガチで可愛いとか恋愛感情持ったとか言うとったから,まあこれで,ワタシもあんま罪の意識持たんで済むなあ。

けど,法律上伊達娘はなぁちゃんとは結婚できんし子供もつくれんけど,ワタシはまりんとかゆかるんと,合意があればやけど,結婚もできるし,生物的に子供もつくれるからなあ。
そう考えると,やっぱちょっとちゃうかもなあ。

まあ,伊達娘はだいたい,AKBの番組で,ワタシを意図しようがそうでなかろうが,オトコが好きなんて言うことできんもんなあ。

いや,一般のメンバーは,リップサービスで「ファンの中から将来ご縁があれば・・・」なんて言ってもええとは思うよ。
けど,伊達娘に関しては,ワタシの存在がおおやけになっとるから,やっぱマズいよなあ。

だからか,昨日の公演だって,咲子さんなんか30歳になったら子供を連れて公園デビューしたいとか言うとったし,りょーちゃんなんかも主婦になってダイコンをトントントンと切るとか言うとった。
けど,コレが伊達娘やと,違うイメージで取るヲタいっぱいおるやろから,なかなか言えんよなあ。

ウラをかえせば,特定のオトコの想像がつかんメンバーは,素直にオトコとの妄想ができとったけど,特定の人間の想像がつくメンバーは,そのヒトのことを本当にどう思っているかは別としても,慎重になったんちゃうかなあ。

たとえば,ゆかるんの海外で一人でランチ発言もそういうとこから来とると思う。
ゆかるんスレでは,Sasaki Heiwaというのがゆかるんのお気に入りちゃうかと言われとるけど,コメント見る限り,ワタシがゆかるんならば,Sasaki Heiwaにはキュンとは来んよなあ。
やっぱ貢献度合い等々考えると,たかすなんちゃうかと思うねん。
ワタシがゆかるんならば,たかすにはキュンとくる。
けど,たかすも弱いと思う。

まあ,さっきのファンレターではぼかしたけど,ゆかるんヲタ,まりんヲタは,たかすとかガロな。両方ニックネームやから書いてもええやろ。
それほど有名なニックネームとも言えんし。

もう“おーにっちゃん”は全国区になってけっこう有名やけど,それでも裁判になったら,個人情報として認定されるのかなあ。どうかなあ。
AKBの言う公式ニックネーム,くらいにならな,ニックネームは個人情報として認定されんかも知れんなあ。

たかすもガロも,どっちもAKBの一般ヲタとしては,推し変もせずに一途にやっとるところは評価できる。
けれども,ヲタとメンバーとして,どうしても超えられん壁がある。

ワタシはもうその壁越えてもうとるけどなあ。
AKSが明らかに注目しとるんやから。

それは,前も書いたかもやけど,会社の組織の中にいれば,会社の組織の中でしか動けんということやねん。
そうすると,その組織の中にいて,自分が60歳くらいまで働いたときに,最大行っても部長止まりとかってみえてくるやろ。
その部長として,給料はいくらかってと,案外600万止まりやったりする。
しかも,いまの職場から希望通りに移れんかったりしてな。

そうすると,アイドルに対して結婚してなんて,どうしても言えんようになる。
アイドルは仕事忙しい。生活も派手や。女優もな。
その割に,ほんの一握りに漏れたビンボー女優になってもたとして,仮に給料600万がそれをやしなってくだけの十分な費用かというと,それはちゃうと思う。
逆に,売れっ子女優になってもたら,なんであんな一般サラリーマンと・・・ってなって,別れることにもなるかも知れん。

いや,アイドル辞めたら素直に家庭に入る,と決めてもええんやけどな。
けど,まりんにしたってゆかるんにしたって,家庭に入って欲しくない。
まりんはこれだけアナウンサーと言うとるんやからアナウンサーの道しかない。

遂にグラビア解禁らしいし,新規が獲得できたらなあ。
さすがにカネのないワタシもお祝いに買うか。
まああとは総合力で,アナウンサーして欲しいという需要を掴んでかななあ。

まりんについて言えば,昨日のチームA公演なんかそれほど目立ってなかったから,ゆかるんとか,尊敬するゆきりんあたりのいいトコをもっと盗んで欲しいと思う。

ヲタバナシに戻すと,そうやってメンバーはどんどん自分より遠いトコに行ってまうから,だからこそ,いまのままではダメと思って,転職を考えるんや。
ワタシだって,別に日立製作所をこんなに早く追い出されると思うてなかったから,転職を考えとったよ。
AKSに入れてくれんかなあと思うとったけどさあ。
まあその頃から,あのアホのブサイク娘のおるアキブータンは拒絶しとったワケやな。
(自分の悪口書かれても文句は言わんやろけど,娘の悪口書かれたらさすがにハラタツと思って敢えて書いとる。娘の顔知らんし。ただ,アキブータンの遺伝子を受けついどるならばブサイクやろという想像。)

ワタシけっこう妄想が激しいよなあ。
フツーのカップルなんて,将来どうなるかワカランけど,とりあえずフィーリングで付き合ってみようか!ってことになって,そのうちに価値観が合うかどうか考える。

ワタシの場合は,妄想がめちゃくちゃ先走って,もしこの子と結婚するとしたら,いまの自分がどうならなアカンのか,そっから考える。なんべんも書いてきたけど。
だから,気になる女の子に対してアプローチできんかった。

それに比べたら,こんな最底辺の生活をしとって中学生の伊達娘にプロポーズなんて,もうめちゃくちゃもええとこなんやけど(いや厳密には当時は一応日立製作所におったけど),ワタシのアタマの中では,将来なんとかカネモチになって,伊達娘に釣り合えるストーリーがあるねん。

日立製作所で評価が低かったときよりも,いまのほうがめちゃくちゃ進歩しとる。
それが分かってないヤツが多い,・・・いやそうワタシに思わせたいヤツ,工作員が多いから,日立製作所時代のほうが良かったとか,日立製作所に戻りたくて仕方ないとか主張しとるヤツがおるんやと思う。
けど,ワタシホンマに日立製作所に未練なんかない。

未練はないけど,日立製作所は悪の組織とは理解しとるから,悪の内容について知らん振りするのではなくて,ぶっ潰さなアカンとは思うとる。

アキブータンの歌に,“正義の味方じゃないヒーロー”ってのがあるけど,ワタシは自分のことを,“正義の味方のヒーロー”やと思うとる。
伊達娘からキスのご褒美を約束してもらわんかったって,やらなアカンことはやるねん。

・・・そう,ワタシから見たら,これはどんなに辛い目に遭っても,やらなアカンことやからやるだけやねん。

それが周りからはそうは見えん。
周りのヤツらは,ヒトの言うことに耳を傾けることなんてないからなあ。

そういう意味では,なぁちゃんが,「同期に電話しても生返事やのに,伊達娘に電話したら真剣に聞いてくれる」と言うてくれて,ワタシも鼻が高かったぞ。

やっぱワタシが相当真剣に考えたことが,伊達娘がヒトの悩みを真剣に聞くベースにあると思うねん。

そんなワタシは,じゃあ誰かから真剣に聞いてもらえたことがあるかというと,大西弘子をはじめとして,誰も真剣に聞いてくれんかった。

子供が良かったら,親の育て方がいい,なんてよく言われるけど,ワタシの場合はゼンゼンそんなのなかった。
てか,大西弘子が真剣に聞かず,どうやって自分の自慢の種にするか,まるで泥棒のようにワタシを見とったのがものすごくイヤやった。

前も書いたけど,反面教師というのは,どんな教師よりもすごいと思う。

まあワタシほど,ヒトに対してアレコレ喜怒哀楽の感情を持ち,怒の感情を忘れずに,自分はゼッタイにこうはならない!ってココロに誓う人間なんておらんねやろなあ。

で,改めてたかすとかガロとかのハナシになると,いまのままでは,いつかはゆかるんやまりんを諦めなアカンときがくる。
それに,たかすとかガロとかがそこまで本気になっとるとAKSが判断したら,ワタシが受けたように,AKSはたかすとかガロを排除する方向に動いてくる。

そして普通は,そこで推し変してまうねん。
2人とももう年齢的に推し変ないかもやけどよ。

そこまでたかすとかガロがついてくるか?・・・ついて来んと思うなあ。ゆかるんやまりんには悪いけど。

まあけどそれがひとつの踏み絵やねん。先日アキブータンが出して来た言葉を使えば。

踏み絵踏まされとるのは誰や?・・・伊達娘やろなあ。
伊達娘がワタシのカオを踏む代わりに,AKSとしてのペナルティを回避するか,ワタシのカオを踏まん代わりに,AKSとしてのペナルティを受けるか。

そして,伊達娘はワタシのカオを踏んだわけや。

けれども,ワタシいろんな状況証拠から総合的に判断するタイプやから,コレはAKSが用意した踏み絵や!って見破って,AKSについていろいろ文句言うてきた。

けど,ゆかるんやまりんがAKSから同じようなことをさせられて,たかすとかガロがどう思うかといえば,
「自分らのカオを踏みやがって!許せん!」
ってなってまうやろなあ。残念ながら。

そういう商売をAKSはやってきたんや。

人間は,自分のアタマの中でヒトの幸せを望むのはほんの少しやねん。たとえば10%くらいや。
そして,アタマの中の90%は,自分の幸せを願うとるねん。
そんなヤツらばっかや。

ワタシは,自分の幸せなんか関係ない,単にヒトが不幸になっとるのを見たら助けな,って思う。

もっと言えば,このヒトはこうなるしかない。
そのストーリーが自分に予想できれば,その通りに動く。
それだけなんやけどなあ。

ある意味それが,ワタシのアタマの中の予定調和。
予定調和というか,世界をいちばん定常な状態に持って行こうとしとるだけやねん。
しかし,ワタシ以外の人間から見たら,それはチャレンジングなことやねん。

日本に,いや世界にそんな人間がどこにもおらんことは,ワタシの感覚ではフシギやわなあ。なんでみんなにはワカランのかなあ。

まあ,まだ弁護士会になんも書いてないから,寝ようか。

ほなね
2014/03/07 2:33:13 おーにっちゃんより

------------

« 2014年3月6日 | トップページ | 2014年3月8日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック