« 2014年3月24日 | トップページ | 2014年3月26日 »

2014年3月25日

2014年3月25日 (火)

さっきのニコ生,50人,206コメでした。 次はあんま要望なかったけどいつも通り23:15~

来てくれるヒトだいぶ減った・・・と思いましたが,来てくれるヒトは減ってなくて,コメントが減ったようです。

なんか空気を読んでコメントしなくなったのかなあ・・・・

ココで頑張って続けるぞ。

(昨日は,35人,321コメ,一昨日は,87人,289コメ,その前は,57人,380コメ,さらにその前は,1回目53人,344コメ)

2014032501

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」22:30から放送します。お題は,ドンキのAKSに対する訴訟について。

毎度おなじみですが,よろしくおねがいします。


今日はドンキのAKSに対する訴訟について話しましょうか。
ワタシの感じたことなど。
ブログに書きましたが,ニュアンスとして伝わってない可能性が高いし。


【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額525円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

平成26年(ワ)2189号ドンキのAKSを訴えた訴状を読んだ内容について,実態と,そこからいろいろ考えたこと,裁判の見通しに関する個人的見解などを。

[速報]高橋みなみらを擁するAKB48の運営会社らをドン・キホーテが提訴 2014年03月21日 14:38 JST
http://www.sakurafinancialnews.com/news/7532/20140321_10

コレについて,早速訴状を読んできました。

まず思ったのが,ドンキ側の弁護士6人もいる!
その中で,唐澤という苗字が見えたので,ウワサの唐澤貴洋弁護士に頼んだのか!?と思ったのですが,早とちりでした。

この件を担当されているのは,岩田合同法律事務所さんでした。
http://www.iwatagodo.com/

ここのアソシエイトに,唐澤新という弁護士がおられます。この方が窓口担当,
そして筆頭の弁護士は本村健弁護士で,以下唐澤弁護士を含む6名で弁護をされています。

なお次回の口頭弁論は,5/12(月) 13:30~ 東京地裁610号法廷です。

被告側は,AKSは,遠和総合法律事務所
http://towa-law.com/index.html

の,遠藤和宏弁護士と,松川邦之弁護士です。
ワタシの訴訟もこの2人が担当するのでしょうか?

京楽のほうは,熊谷綜合法律事務所
http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=6572

の石島正道弁護士です。

熊谷綜合法律事務所って,インターネットサイトも持っておらず,所属弁護士についてもあまり書いてないので,熊谷信太郎さんについて調べてみました。

--------------
熊谷信太郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E5%A4%AA%E9%83%8E

来歴・人物
長野県松本深志高等学校を卒業。早稲田大学法学部を卒業。早稲田大学大学院法学研究科に進み民法を専攻する(指導教授は鎌田薫)。大学院在学中に司法試験に合格した。資格試験予備校「早稲田セミナー」司法試験対策講座の公式テキストである、「デバイス」シリーズの編集に初版から関わった。金融法学会、経営法曹会議会員。

担当事件
武富士が『週刊金曜日』を名誉毀損で訴えた事件 - 武富士の代理人
週刊金曜日の名誉毀損反訴で武富士の敗訴
--------------

著書が多くて著名な方のようですが,武富士側の弁護をされたとのことで,ソッチ方面に強い可能性も想定されますね。

訴額の50億160万円というのは,京楽が売ったパチンコ台の定価x台数のうちの,10%が取り分とし,それに10%の弁護士依頼料を勘案すると,116億8,640万円が損害と主張するが,主張の全額ではなく50億を本来取れるお金として提訴したものです。

ちなみに160万円の端数は,名誉毀損などで訴えるときに,心理的な損害賠償額がいくらかなんて算定できないから,便宜的に160万円とするものをプラスしたものです。

それに対して印紙代も膨大なものとなり,1,103万円もありました。
(ワタシの3万6千円しかも訴訟救助つきとは大違いです。)

ちなみに,この訴額の算出根拠として,ドンキ側はパチンコ台の売れた台数を出しているのですが,その出典証拠とやらが,個人ブログ

団塊おやじのパチンコ日記
http://dankaipachi.cocolog-nifty.com/

であったり,どうも2chのまとめブログらしきものであるのは,相当お粗末だと思います。
証拠説明書の作成者欄にも,堂々と”不明”と書いてあるのです。

ドンキ側の弁護士,6人もおるんやからさあ,1次資料を用意しろよなあ。
てかこの岩田合同法律事務所ってのがテキトーな仕事しかしてないんか?

ワタシがドンキの担当者ならば,弁護士に対して,1次資料を探し出せ!と一喝するところです。

もちろん,後でより精度の高い資料に差し替えてもいいのでしょうが,仮にこのブログが桁をひとつ間違えていたら赤っ恥ですよ。
そんなものを根拠に訴額を決めたのか,ってのは,やはりドンキ側に落ち度があると思います。

さて,ドンキは,AKSとは契約を結んでいるが,京楽とは契約を結んでいない。にもかかわらず京楽を訴えるのはおかしい!
という主張が2chにもたくさんありましたが,そのカラクリは,AKSの株を京楽が買い取り,AKSに京楽関係者が取締役として加わることにより,AKSの運営に多大に影響を与えており,実質的にAKSは京楽の子会社のような存在になっている。
このために,AKSがドンキと取り交わした契約については京楽も守らねばならない,という主張に読めました。

ドンキはさらに,H17年のAKB設立当初から関わり,親身になってAKBを応援してきたこと,その上でH21年12月に至り,AKSから資金提供依頼を受け,同月28日に包括契約を締結したことを主張していました。

この契約が,今回の問題の最大の争点です。

然るに,当該契約は第三者に漏れると問題が多いとして,閲覧制限により不開示になっていました。
このため,どのような包括契約が締結されているのか,ワタシには分かりません。想像するしかありません。

ただ,ドンキが浪花節的な言い回しをするのは,言い分が弱いから言っているように,ワタシには読み取れました。

もちろん,AKBの設立に協力したドンキの姿勢は立派ではあり,それは認めます。

しかし,例えば30年前にFAXの開発にドンキが協力して,AKSが大手になったとしましょう。
商品はFAXだけと思って,両社包括契約しました。

しかし時代は変わり,パソコンやスマホで電子メール,twitter,さらにはLINEなどでやりとりするのが当たり前になりました。
そこで,AKSが京楽によりM&Aされて,FAXよりもパソコンとか,通信回線にチカラを入れ始めたのです。

そのAKSに向かって,

「FAXの開発に関わったのはウチである。包括契約したのだから,パソコンも通信回線も,ウチにもライセンス料を支払え!」

と言っているのが,今回の訴訟のように読み取れてしまいます。
そう考えると,その包括契約って,本当に有効かビミョーと思ってしまいます。

いやもちろん,いくら包括契約ったって,期限があります。
H21年12月28日に締結した!とドンキが主張しているのも,それだけ最近のことであることを主張したいのだと思います。

しかし,最近のことといってももう4年以上前の話ですし,4年以上前の契約が未だに変更もされず生きているというのもおかしい気がします。
たとえばワタシの賃貸住宅だって2年契約なんですから。

だから,ドンキ及びAKSの事業内容が変わるごとに,契約内容を修正しているのが基本と思うのですが・・・・。

事業内容が変わるごとに修正すべきであった包括契約内容を,ドンキ側がAKS側に対して何回も修正依頼をしたにもかかわらず,AKSは無視し続けた。

・・・とかいう証拠があれば,常識的・慣例的には認められずとも,AKS側が契約の変更を明示的に拒否したことが明らかとなり,現行の包括契約が実態に即して変わっていない原因はAKS側にあるのであるから,文面通りに有効,ドンキ側に言い分がある,とは言えると思います。


”浪花節的”とも思えるエピソードをもうひとつ書くと,ドンキは,2010年,平成22年ごろからAKBが有名になったと,CM数などの証拠も出しています。

・・・が,それがドンキ側の助力によるものと,裁判所側から因果関係が認められるかはどうでしょうか。

ワタシはそこまでは難しいと思います。

AKBが有名になったこととドンキの貢献については,もう少し具体的な説明がないと,AKSによる自助努力や,むしろ京楽が関わったことによる可能性が大きい可能性が否定できないと思います。


さて最後に,コレも問題となる部分を引用します。

これだけ自分の見解を記載しているのだから,訴状の内容ををいくらか記載しても,”引用”として認められると思います。

訴状P23~24より
---------------
6 被告京楽の対応と本件第2弾遊技機の市場への販売予定
 平成25年7月ころ,原告の安田氏が被告京楽の代表取締役である榎本氏から会食の誘いを受け,平成25年8月29日,安田氏,大原氏,榎本氏及び被告京楽の社長室付渡邊崇氏(以下「渡邊氏」という。)の4名による会食の席が設けられた。その会食の席において,榎本氏及び渡邊氏に対して,本件第1弾遊技機の販売行為が原告の本件独占処分権を侵害している旨を指摘したところ,榎本氏は侵害の事実を認識したうえで,穏便に解決したい旨を述べた。
 もっとも,その後被告京楽からは一向に回答がなされることがなく,両社間では数度の書面による遣り取りがあったものの,榎本氏の上記発言内容とは大きく異なり,前述のとおり,本件第2弾遊技機も,一般社団法人保安通信協会による型式試験を終了し,今にも販売しようとするという状況に至ったものである。
---------------

コレ,

”榎本氏及び渡邊氏に対して,本件第1弾遊技機の販売行為が原告の本件独占処分権を侵害している旨を指摘したところ,榎本氏は侵害の事実を認識したうえで,穏便に解決したい旨を述べた。”

について,書証などは特にありませんでした。
ドンキ側は,これからの弁論において,実はICレコーダーで隠し録りしていた内容が存在し,それを公開でもしない限り,非常に弱いように思えます。

というのも,AKS,京楽らは,

”両社間では数度の書面による遣り取りがあったものの,榎本氏の上記発言内容とは大きく異なり”

という内容を書証として提出し,

「確かにドンキの言うような”数度の書面による遣り取り”があったのは事実であるが,それが全てであり,会食のときにそのような発言はしていない。」

と言い切れば終わりです。

そうすると,ドンキが,平成25年8月29日の会食の内容を,実はICレコーダーで隠し録りしているなどして証明できるかどうかが,ひとつの大きな争点になりそうですね。

この陽気に春を感じたため,気を入れ替えまして,改めましてのご挨拶

拝啓

階段を上がるとき,女子高生の太ももが眩しい季節になってきました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。



・・・また外を歩いとって,刺激が強い季節がやってきたw

やっぱボクもオトコの子やから・・・w

てかみんな,花粉がどうのとか言わんなあ。てかもうその季節ちゃうか。

ドンキの訴状読んだ

ワタシは、感触的にドンキの分が悪いと思った。

まず、肝心の契約書が、閲覧制限にかかって読めんかった。

コレ、AKSらも、訴訟時に、ワタシに開示して欲しくなければキチンとその旨伝えろな。

AKSなんかなんも言うこと聞いてくれんイメージあるけど、それはそれ、これはこれや。
純粋にAKSの経営上出して欲しくない内容は掲示せんし。

もちろん、ワタシに対して法律違反に当たる内容は、掲示させてもらうけどさあ。

ドンキに関しては、AKBの最初の頃から物心両面で関わってきたとか書いてあったけど、あんなん、言い分が弱いから浪速節言うとるように、ワタシには取れるなあ。

もちろんドンキは立派ではあるんやけど、例えば30年前にFAXの開発にドンキが協力して、大手になったメーカーがあるとしよう。
商品FAXだけやと思って、両社包括契約した。

しかし時代はパソコンで電子メールに変わった。
そこで会社がM&Aされて、FAXよりもパソコンとか、通信回線にチカラ入れ始めた。

その会社に向かって、

「パソコンも通信回線も包括契約やから、ウチにもライセンス料支払え!」

と言うとすれば、その包括契約ってホンマに有効かビミョーやわなあ。

ってか、いくら包括契約ったって、期限があると思うし、事業内容が変わるごとに修正しとるのが基本と思うけどなあ。

事業内容が変わるごとに修正すべきであった包括契約内容を、ドンキ側が修正依頼何回もしたにもかかわらず、AKSは無視し続けたとかいう証拠があれば・・・、

慣例としてどうであれ、AKS側が明示的に拒否したことが、現行の包括契約が実態に即して変わっていない原因なのであるから、文面通りに有効、とは言えると思うけどさあ。

また新たに訴訟をするかも・・・

書記官さんに聞いたのですが、基本的に自分で開示請求しないといけないとのことです。

Yahooに対して、個人情報の開示請求訴訟として、今日作成し、明日か明後日くらいに提示します。

どうせ訴訟にしないと、Yahooも開示しないだろうし。

てか、Yahooが開示に拒否を示してないのに訴訟というのはおかしいから、やはりまずはYahooに相談ですね。

裁判所に向かってますなう

ドンキの訴状を読みに行きます。

あと、゛思う゛ばかりだと非難されるのもハラタツので、甲第2号証の゛名もない芸能関係者゛の書き込みを誰が行ったのかが重要であるとして、個人特定の申請ができないか聞いてみます。

IPが分からずとも、゛名もない芸能関係者゛としてYahooに登録したメールアドレスを辿れば、1年半前なので、情報は残っていると考えますので。

ドンキの裁判記録の閲覧が可能とのことで,これからシャワー浴びて裁判所行ってきます

どんなことが書いてあるかなあ・・・

みんな,邪魔しちゃダメよ。

AKB48チームA岩田華怜様20140322

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはよう。おーにっちゃんです。

つじつま合わせのファンレターw
とりあえず朝コレ書いて,それから裁判所に電話や。

ところで,こんな記事見つけた。

--------------
「恋愛が面倒くさい」のは男女で“求めているもの”が違うから 2014.03.23 恋愛・結婚
http://nikkan-spa.jp/607455

「男女が恋愛をする動機って、実は大きく違うんですよ。男性が恋愛するのは、『オレはデキる男なんだ』と思いたいから。『モテてるオレ』『ちゃんと彼女がいるオレ』を体感していっぱしの男になりたいからこそ、恋愛する。僕はこれを本のなかで“インチキ自己肯定”と呼んでいます。でも、女性の場合、恋愛の先にはいずれ幸せな結婚を考えている。両者が恋愛に求めているものが違うからこそ、男女の恋愛にはすれ違いが生まれてしまうんですよね」
--------------

コレ読んで,そうなんやろなあ。と思うてもた。

だから,AKBの子らとの恋愛が分かったオトコは,全部「それでなんか悪いか!?」って開き直るのではなく,引っ込んでくねん。

AKBの子らと付き合って,『オレはデキる男なんだ』という満足を満たしとる。だからtwitterとかでも自慢しとる。羨ましがってくれる仲間うちにな。
なのに,あるとき日本中からボコボコに言われたら,それ自体がもう「オレはデキない男なんだ・・・」と思ってしまうに足る。だから突然引っ込んでまうんやろと思うねん。

かきごおりだって,えれたとウラで付き合って,あんなにインターネットに情報出すなよ,と思うた。
やっぱえれた自身が好きというよりも,『オレはデキる男なんだ』というのを満たしたかったんやろな。そう思えば説明はつくよ。

ワタシは,『オレはデキる男なんだ』というのを誇示したい欲望ないねん。
誇示したかったら2chでボコボコに書かれとる上からシモネタ書いたりせんやんw

単に,真実を伝えるにはそれが最短の方法やと思うから,いろいろインターネットに書いとるだけで,伊達娘が嫌がるようなことは書かん。

・・・いやもちろん,ワタシと伊達娘は違うし,ワタシが伊達娘が嫌がってないと思っても,現実の伊達娘は嫌がっとる可能性がゼロとは言わんよ。
そういう可能性はあるけど,少なくとも自分としては注意して書いとるねん。

その上で,

> 女性の場合、恋愛の先にはいずれ幸せな結婚を考えている。

なんて書いてある。
ワタシオトコやけど,3歳のときから恋愛の先にはいずれ幸せな結婚しかないと思うとった。

保育所のときに近所で仲良かった女の子に対して,「将来結婚しようね」なんて言うとった。
以前書いた,引越しで別れた相思相愛の藤原さんとはまた別の女の子や。
たぶん藤原さんと別れた後のハナシやと思うけどな。
フタマタかけるほどワタシ優柔不断ちゃうかったし。いま見てもそれは理解するやろ?w ゆかるんに恋したと書いたって,やっぱ伊達娘と扱いゼンゼンちゃうやん。それをおおやけにしとるし。

・・・まあ,そう思うと,もし仮にゆかるんがワタシに対して結婚を妄想するくらいに本気でワタシのことが好きならば,ゆかるんに対しては不義理をしとることになるよなあ。
アクセスブロックもあくまで上からの指図であって,むしろゆかるんがワタシを意識しとるからこそ指図があったと想像する。
ただ,想像するとはいっても,そんなにアイドルにモテると勝手に思うたって,やっぱそれは想像でしかないとこもあるしなあ。

いや,ゆかるんは,ワタシの一言で強烈に変わったという報告もあるし,2年前の田野生誕で,伊達娘以上にワタシの前にきたときに頑張ってくれてん。
それが目に見えて分かった。

それは理解するけど,だからってアイドル何人もからそう思われとると思って悩むこともないからなあ・・・
ホンマにゆかるんがなんか思うてくれとるならば,そこはゆかるんがなんか行動に起こすしかないと思う。さすがに。

保育所の頃の結婚の約束のハナシを戻して。

それを,なんでか小学校か中学校で誰かがウワサにして,馬鹿にされて,その女の子からも,もうその頃はワタシのことを好きとも思ってない,むしろイジメられとるし嫌がっとったからやと思うんやけど,
「そういう約束をしたとか,写真が残っとるのは迷惑」
なんて言われて直接罵られたこともあったよ。

けどそんなんええやんなあ,ちっちゃいときのハナシをなんでそこまで言われなアカンねん。
というわけで,その女の子に対してもだいぶ幻滅したけど。
いくら中学生であろうが,そんな保育所の頃のことを持ち出して,ヒトから言われて迷惑なんて言うてこなアカン人間と,結婚なんかに至らんかって,ホンマに良かったと思う。

とにかく,ワタシのほうが女の子以上に,結婚を意識しとった。
もう生まれてすぐから,好きになる女の子片っ端から,この女の子と結婚したらどうなるんやろ,と思った。

ワタシの性格見とったらわかるやろ。
フツーの人間,目の前のことは見えるし想像するけど,その向こうにある真実なんか大して興味ない。

ワタシは向こうにある真実に興味があり,何十年後かにやっとかなえられるような目標を設定しとったりする。

だから,JRへの就職は叶わんかったけど,日立製作所に就職し,希望通り鉄道関係の仕事にも就いたし,ジブリにも行ったし,こうして興味持った伊達娘やAKBにも影響与えとるやん。

大阪大学の同輩先輩後輩でさえ,趣味と仕事は別,なんて,フツーの会社に就職した。
以前も書いたけど,せっかく趣味を叶えられる立場におるんやから,「趣味のイヤなトコは見たくないから,趣味と仕事は別」なんて言うのはおかしいと思った。
むしろ,「趣味のイヤなトコを自分が変えたら,それこそ趣味の世界でいっちゃん貢献者になれる」と思ってワタシは趣味の道を選んだ。

この言葉,“趣味”を“彼女”に置換しても,一般人の考え方とワタシの考え方をそのまんま現しとるやん。

「彼女のイヤなトコは見たくないから,彼女と仕事は別」なんて言うのではなく,「彼女のイヤなトコを自分が変えたら,それこそ彼女の世界でいっちゃん貢献者になれる」と思ってワタシは彼女の道を選んだ。

“彼女”を“AKB”に置換しても,ワタシをそのまんま現しとるぞ。

「AKBのイヤなトコは見たくないから,AKBと仕事は別」なんて言うのではなく,「AKBのイヤなトコを自分が変えたら,それこそAKBの世界でいっちゃん貢献者になれる」と思ってワタシはAKBの道を選んだ。

・・・な?
ヒトがワタシを追い落とす作戦でなんと言おうが,ワタシは自分の信念を貫いてきた。そこはもう疑う余地がない。

いやしかし,なんでオトコってこう,アレとコレとは別,なんてしゃあしゃあと言えるんかなあ?
それが不思議でしゃあないねん。

以前から書いとるけど,オンナの第六感とされるもの,コレはオトコよりは,以前あった何かと今回のものの相似性,関連性を直感で見抜く能力やと思うんやけど,オンナのほうがそれが強いから,「それはそれ,これはこれ」で決めてまうオトコの矛盾に,オンナがどうしても気づいてまうんやと思うねん。

けど,オトコのほうが稼ぎが多かったり,チカラが強かったりして,第六感が強くてクチでは勝てるはずのオンナも,オトコの発言力に負けてもたりするんやけどな。
ワタシの場合はその第六感でさえ,伊達娘はじめAKBメンバー全員と戦って負ける気がせんけどさあw

まあそんなワケで,ワタシは,恋愛と結婚を分けてなんか考えられん。
恋愛したらもう早速,10年後はどういう生活をしとるかとか,理想の子供は,とか想像して言うてみたいやん。
意識が既に結婚前提やけど。

そういうハナシまでしてまうオトコに魅力がなかったら,オンナも気味悪がって去ってまう。2chでワタシに妙なアドバイスくれるヤツらは,オンナかネカマかワカランけど,そんなんばっかやな。
けど,オンナがワタシに魅力を感じてくれたら,ワタシの発言は,もうこんなうれしいことはないよなあ。

自分の将来なんて不安定で先が見えんし,親は自分より先に死んでまうのが定めやから,自分の面倒を見てくれるヒトがどっかから現れるって,女の子にとってはうれしいと思う。

とはいえワタシは伊達娘にとっては,ほとんど親と変わらん年齢やから,自分より先に死んでまうのが定めなのはどうしようもないけど。
もちろんなるべく長生きするようには思うけどさあ。

ところで,中学の美術の先生が,芸術家みたいなんになっとって,うれしかった。

まあ自分のWebサイトがあるわけでもなく,それほど売れてないっぽいけど,芸術家なんて思想家以上になかなか評価されんのが常っぽいから,それはそれで偉いと思うねん。自分の信念を貫いたんやから。

結局,中学の先生というのはメシ食う費用を得る仮の姿で,芸術を極めたかったんやろなあ。
けどそういう生き方ってええと思うねん。

田舎やから珍しく思われるかもやけど,舞台の世界なんか似たような人生を歩んどるヒトいくらでもおるやろ。下北沢とかなあ。

ワタシもちゃんと有名になって評価されたら,その先生とは話してみたいなあ。
中学の先生あんま気に食わんのが多かったけど,その先生はかなり好きやったし。
いまから思うと,やっぱ自分の好きなものを追い求める姿勢を,ワタシもなんか感じ取ったのかも知れんな。
・・・・別にワタシ美術でいい成績もらったワケちゃうけど。
ちなみにたぶん10段階で4とかやったと思う。むしろ人並み以下や。

ついでに,一応書いとくと,『オレはデキる男なんだ』というオトコの理論,ワタシが大西弘子をずっと非難しとるのも,大西弘子はすごくオトコ的な考えで,『私はデキる親なんだ』というのをそこらじゅうに触れて回っとったからやねん。

だから大西弘子には何度も,
「『あなただけが,私の生き甲斐』なんて言うのではなく,自分の生き甲斐を見つけてよ。生き甲斐にされるの迷惑やから。」
って言うたんやけど,大西弘子はやめんかった。

だから,生き甲斐を自分のそばに置いておきたくて,見合いを強要したりしたんや。

ワタシにとっては大西弘子なんか,“生き甲斐”ではなく,早く死骸になってほしいけどなあ。
ハナシ言うても聞いても通じんねんもん。

まあ最後はイヤなハナシになったけど,とにかく自分の将来を思い描き続けるのは大事やと思う。

結婚なんてゼッタイにその延長にあるから,オトコと付き合ってみて,このオトコと結婚したら自分はどうなるんやろ?って想像してまう,妄想してまうのは,ちっともおかしくないと思う。ワタシ的感覚では。
妄想の上で,やっぱ無理なのであれば,別れたらええんやから。

むしろオトコの考えのほうがおかしいと思うねん。
なんか,いまの段階では彼女がいればいい,いまの段階では結婚していればいい,いまの段階ではココまで昇進していればいい,みたいに細切れに人生を設計しとるようで(それこそ狩りで一個一個獲物を落とすのと同じ感覚やわなあ),なんか一般的なオトコの考えって腑に落ちんねん。
その人生設計では,入社した会社でできるだけ上のほうに行く,という選択肢しかないからなあ。

理不尽なことをされて会社に反逆する,なんてのは,古い言葉で言うと,オトコのアウトオブ眼中やからなあ。

なんか,後追いファンレターやから短くするつもりが,7ページものになってもた。

しかも,夢叶のネタにすると言いながら,ニュースサイトやそこから連想した中学の思い出だけで終始してもた。
それは別途かな。

ほなね

2014/03/25 11:52:48 おーにっちゃんより

今日は見事にコメントないなあ!

けど,コメントなくても書き続けます。

既に4,000くらいアクセスあるし。

AKB48チームA岩田華怜様20140321

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

昨日の面接,感触ええかなあと思ったけど,一瞬で落とされたなあ。
やっぱ,債務を整理しとると言うたのがアカンかったのかなあ。

いまのワタシには,なかなか言うたらアカンことが多いよなあ。
まあ裁判とかひととおりやることやっとるし,資料もほぼ集まったし,しばらくはバイトでもええかなあと思い始めた。

とにかく世間を騒がせるまで,あとちょっとの期間頑張ったらええだけやねん。

というのも,日立製作所の工作員らしきのも消えたやろ?
日立製作所は潰れる気配がない,なんて言うとったヤツらも消えたし,一時期ブログに“和香”とか,それ以外にもIPv6で投稿してきたのが工作員と思うとるんやけど,その工作員が影を潜めた。

その上で,日立製作所の株価が本気でおかしくなってきつつある。

ワタシだって出すものそこらじゅうに出して相談しまくったから,もう日立製作所にしろ経済産業省にしろ,隠蔽し切れんのとちゃう?

―――――――――

・・・・と3/22に書いて,今日はもう3/25。
めっちゃ開いてもたよ。

やっぱ,ニコ生するといろいろ思うことがあるし,その間に裁判のことも考えなアカンし,なんかアタマ回らんようになるなあ。
とりあえず4日遅れでもひとつ書いてみて,遅れを取り戻さな。

AKSとの裁判,ワタシがサボっとる間にドンキがやりやがった。

ドンキもどういう考えなんか知らんけど,よりによって同じ裁判官に当たるとはなあ・・・てか裁判所が,被告が同じと思って割り振ったのか。

それで,ワタシ思い立って,ドンキがどう出てくるかワカランけど,ドンキの社員に応募してみた。AKSに対して訴訟を起こしとることも記載して。

ワタシもドンキにとって爆弾なんは分かるけど,ドンキも50億円をかけて争うたんやから,ワタシを味方につけるのは決して悪い選択肢ではないと思うんやけどなあ。

まあ同じAKS相手でも,ワタシと共闘できるネタないかもやけどよ。
明日それはどういった訴訟なんか,裁判所に確認してくるわ。

けどとにかく,ワタシも2年半ほどしか知らんとはいえ,AKSのヤツらの出方は痛いほど理解しとるし,ドンキのためになると思うんやけどなあ。

ドンキだって,訴え出たはええけど,テレビ報道されんことによりマスコミから隠蔽食らうとるし,そんな状態で裁判したって,AKSに都合のいい裁判になってしまう可能性がある。
やっぱテレビ報道されて,AKSおかしい!ってことになって,世論もドンキのほうに有利になると思うねん。

いや実態はどうか知らんけどさ。
ドンキのほうがおかしいこと言うとる可能性もいまのところは否定できん。

てかドンキとAKSとの裁判をワタシが横からウオッチしとるということで,AKSは相当ピリピリすると思うねん。

AKS,みるきーの後にSKEでもアレコレ出とるけど,ワタシが全部証拠に使うつもりで待っとるから,もう蛇に睨まれたカエル状態になってないか?
ウラではなんか言うとるかもやけどオモテでは全くスルーやん。
ヲタもおかしがっとるやん。

まあでも,ドンキと共闘はやっぱ無理かな。
ドンキの件は恐らく,通常の訴訟と同じく,どちらにも言い分があり,証拠を出したり引いたりするかけひきが必要やと思うねん。

てか裁判の手順として言わなアカンな。
たとえばワタシと伊達娘・・・はまだ子供やから,伊達娘のお父さんが,なにかを約束して破った,ということで争ったとしよう。

片方はそういう約束をした,片方はしてない,と言い張るならば,どちらも証拠を出してどっちの言い分が正しいかを判断してもらわなアカン。

けど,証拠なんてそんなにないから,最後は証言になる。

だから,裁判のカギは,その証言をどれだけ有利に引き出すかやねん。
その上で,言いたくない証言は黙っとったらええんや。

そうすると,言いたくないのに言わされたほうが負けてまうことになる。
将棋とか,オセロとか(最近はリバーシというんか?),そこに打ちたくないんやけど,もうこれまでの手からそこに打つしかない,というのがある。

そして,2人とも個人対個人やろ。
だから,たとえば6割と4割との言い分の差があるから,差分の2割について弁償しましょう,みたいなことになる。

逆にドンキとAKSとであれば,会社対会社やから,やっぱ差分の2割について弁償しましょう,みたいなことになる。

それが,ワタシの場合は個人対大企業やねん。
そのうえ,大企業が法律違反しとる証拠をいくらでも提示しとる。

AKSや日立製作所がワタシに関して,なんか問題あった!として証拠を出してきたら,もうそれ自体が個人情報保護法違反である!ってワタシは言い返す。
逐一言い返す。

そうすると,AKSにしろ日立製作所にしろ,証拠を出せば出すほど不利になるねん。
だからAKSなんかは,証拠を一個も出して来んことにしようと思うとるやろけど,そら裁判官だって,

「どうして1年前にAKSとしか思えない書き込みがインターネット上にあったのに,AKSは自分たちから漏洩が起こっているという疑念を持たずに頭から否定し,内部調査しなかったのですか?」
「その上で,AKSはそれと同じ内容を,1年も後になってどうして大西に言ったのですか?」
「AKSは,ファンレターの返還手順を自分たちで規定しているにもかかわらず,大西のファンレター返還請求に対してはどうして応じられなかったのですか?」

って疑問が次々と湧いてきて,それについてはAKSも証言せざるを得んはずやねん。
そうやって,一個一個追い詰めていく。

日立製作所も同じな。

もういまとなっては,1年以上前に2chに執拗に為された書き込み,コレが日立製作所としか思えん!として裁判所に言えば,そら裁判所も,どうしてそれを日立製作所は内部調査しなかったのか,またはしたのであれば理由を説明せよ,って言うに違いない。
それは極めて自然な疑問やもん。

裁判所が質問せんかったら,ワタシが質問するし。

そして,そこで出てきた資料や証言を,ワタシはインターネットにどんどん掲示していくしな。
そうするとギャラリーも増えるやろ。

そうやって,AKSも日立製作所も,どんどんどつぼにハマっていく算段や。
どっかでゲロするしかない。

ちなみに,森泉裁判をやっとるヒト,森泉ファンさんがおるけど,確かに森泉は会社を経営しとって,森泉ファンさんとは立場が違う富豪に見えるかもやけど,小規模な企業であればそれは個人と変わらん。

個人情報保護法も,守ったほうがいいことにはなっとるけど,守らんかったって法律違反には問われんねん。

だから,森泉さんが収集した,森泉ファンさんに関する情報は自由に提示できるし,自分がいくら小規模企業を経営していようが,出版は行っておらず,出版に関する話はあくまでネタであって契約ではない,と言うしかないねん。

まあ,森泉ファンさんもかわいそうかもやけど,おべっか程度のウソは許容せななあ。
おべっかさえ,一個一個裁判に持ってかれて,ウソつかれたから何千万円払え,なんて言われるようになれば,人間怖くてハナシできんようになるよなあ。

そういう意味でも,森泉ファンさんは失敗しとるよなあ。
世間からは,冗談もワカランのか,って目で見られてまうから。

まあワタシもそう見られ取るんやけどな。
見られとるんやけど,ワタシの場合は企業の幾重にも重なった法律違反が根底にあるから,どうしても問題として提示せざるを得んねん。

まあ,難しいハナシになったけど,ワタシも最近そういうのでアタマいっぱいやったから悪いなあ。

明日朝,夢叶についてもうちょっと掘り下げて書くわ。
ワタシの中学時代の思い出も出てくるかな。

ほなね

 2014/03/25 3:12:15 おーにっちゃんより

------

森泉ラブさんに再度コメントしました

森泉訴訟、完全勝訴に向けて個人的メモ080 2014-03-24 07:35:05
http://ameblo.jp/moriizumilove/entry-11803228566.html

未確認情報ですが、もしかすると泉はマスコミ取材を回避する奥の手を使ったかも。

PS
コメント欄にメールアドレスやお名前らしきものやリンクを
記載されてらっしゃる書き込みがいくつか見られますが、
ご本人の物かどうか分かりませんので、そういった内容は掲載できません。
ご了承ください。

--------------

と,ありましたので,”メールアドレスやお名前らしきものやリンク”を一切削除し,下記のように意見のみ記載して再投稿しました。

さて,掲載されますやら・・・

まあ,コレを掲載できないようでは,同じ内容を森泉さんや裁判官らから指摘されたら,玉砕するということです。


てか,本人のものかわからないならば,確認のためにメールしてこいよなあ・・・

なんかそのあたりからも,森泉ラブさんの自己中っぽいところが垣間見えるように思えてしまいます。

--------------

はじめまして。

森泉ラブさんに関して,ウオッチさせていただいていましたが,どうも森泉ラブさんは分が悪いと思います。

「マジで出版したいから打ち合わせしないと!出版社に企画持っていかないと!」

森泉さんから森泉ラブさんが言われたというこの言葉,これはすなわち,森泉さんと森泉ラブさんが出版の契約を結んでいないことの証言になっていると思います。
というのも,漫画家と出版社が合意して初めて契約は締結されるものだからです。
だから,「出版社に企画持っていかないと!」は,契約をしていない証拠と思います。

たとえば私が,「月の土地をあなたに売りましょう」と森泉ラブさんにしつこく話したとして,それを森泉ラブさんが真に受けたとしましょう。
裁判所から月の土地を売る契約が成立したと認められるでしょうか?認められないですよね?
私に月の土地を売る契約を結ぶ権限がないのは,誰が見ても明らかだからです。
それと同じことだと思います。

森泉さん側は,出版したときに肖像権を許可する旨の提示をしたとは言えるでしょうが,出版自体の契約を締結したとは認められないと思います。

では,森泉さんが森泉ラブさんに対して錯誤を与え,詐欺を働いたとして訴えたらどうでしょう?
確実にいくら儲かるか,自分には出版の権限もある,などの具体的な錯誤を,森泉さんが森泉ラブさんに対して与えたわけではなかったように読み取れるので,難しいのではないでしょうか。

私はそのように考えます。

--------------

元のコメントは以下の通りでした。

森泉さんと訴訟されている,森泉ラブさんに,下記のとおりコメントしました。 2014年3月23日 (日)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-9b99.html

« 2014年3月24日 | トップページ | 2014年3月26日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック