« 2014年6月4日 | トップページ | 2014年6月6日 »

2014年6月5日

2014年6月 5日 (木)

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」これから開始します。

毎日準備書面で疲れるよなあwww ということで息抜き。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

AKSの訴状書き加えた。最初に,本訴で強要罪が疑われる場合,裁判官殿より公務員の告発義務により告発いただきたいと書いた。

強要の部分に関しては,サイード横田絵玲奈が寺門から強要されていると,かきごおりから聞いていたので,そのあたりを補強したぞ。

思いついたので法律関係を整理した。そのぶんあんま進んでない。

まだまだ終わらんなあ。ふぅ。

「128210_20140605_fuseji.pdf」をダウンロード

AKSの訴状,60ページ分くらい書いた。

ヤマは越したとはいえ,まだまだやなあ。

いちおう60ページ超えたよ。

「12829_20140605_fuseji.pdf」をダウンロード

AKB48チームA岩田華怜様20140529

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

1週間分くらい開いたなあ・・・まあワタシも,AKSとの裁判の資料を延々と作って,それが終わったら日立製作所との裁判資料と,内閣府に出す裁判資料作らななあ。

まあ,日立製作所と内閣府のは,それほど枚数要らんと思うねんけど,AKSらにどうしてこのように戦うのか?を主張する必要性がめちゃくちゃあるから,その資料は作らなアカン。

やっぱ日立製作所は,最初勤めとった会社やし,ソコに対して公益通報したにもかかわらず,懲戒解雇された!って言うと,調べざるを得んと思うねん。
けどAKSらは,ワタシ別にそこに勤めてないから,なんで訴えるのか?というのを相当詳細に記載せなアカンねん。

森泉ファンを名乗るヒトがブログに書いて,裁判2回で結審して,自分が勝ったと主張しとるけど,どう考えても棄却判決しかないと思うねん。
調査なんか一切なしで,単に「原告の請求を棄却する」だけやと思うねん。

「信義則違反」がどうのとか書いてきとったけど,いくらヒトの言い分を十分に聞くワタシから見ても,ゼンゼン言い分が通ってなかったから。

マンガ家としての将来がどうのとか,いくら書いたところで,そのファンに実績がなければ,その点についてそれこそ妄想と言われてまいかねんしなあ。

森泉ファンが主張する“証拠”も,確かに森泉の言い分は一般的な答えとはちゃうかも知れん。
けど,たとえばな,簡単な例でいくと,森泉が“山岳”を“やまがたけ”と読んだとして,「それ違う!」っていくら森泉ファンが訴えたところで,そりゃ間違いかも知れんけど,それを森泉ファンが訴える意味がない,って言われてまう。そういう主張が多いとワタシは踏んどる。

なんかそういうことをやっとるようにしか見えん。

あんまオモロないかも知れんけど,伊達娘も将来訴えてくるヤツがおったらアカンからもうちょっと言うと(まあ親がプロダクションやっとったらわかるやろけど),

> この裁判は根本的に、
> 著名人と、その著名人がプロレベルの作家として認めた人間が、販売を目的とした動物本作りにおいて、
> 「信義誠実の原則に従わないといけない関係にまでなっていたかどうか」を問う裁判で、
> これが認められない限り賠償金はゼロです。

なんて森泉ファンは書いとるけど,“著名人と、その著名人がプロレベルの作家として認めた人間が”って,ココがダウトやねん。

“プロレベルの作家”ってのが具体的にダウト。
「著名人がプロレベルの作家として認められたから自動的にお金が入ってくる」ではない。だいたい“プロレベル”だってピンキリやし。

作家とか個人で頑張るタイプの職業はあまねく,一人に褒められたからどうというのではなくて,大勢から褒められて大勢からお金を出したい!と思わせるまで自力で頑張るのが通常であって,1回森泉に褒められたからといって,それを“信義誠実の原則”なんて主張するのは,てんでおかしい。

そこまで,自分の言った言葉に縛られるのであれば,ワタシもなんも言えんようになる。

たとえば有名な予備校の先生から,「君は東大に入る能力がある」として励まされた生徒が,丁寧に指導を受ける関係にあったにもかかわらず,最終的に東大に入れんかったとしよう。
だからといってその先生を“信義誠実の原則”に従って訴えるなんて,どう考えてもナンセンスやん。東大に入るのは,当日の入学試験でいい成績を出す本人なんやから。

同じように,それを訴えるのであれば,“プロレベル”というのは,森泉に言われたかどうかが焦点ではなく,自分がいま年収何千万とかで,既に作品も描き上げとるんやけど,森泉がその出版許可を与えてくれん!というのではじめて,“信義誠実の原則”が出てくるんちゃうかなあ。

けどそうすると,“プロレベル”のマンガ家であれば,別に森泉やそのペットでなくても,既に描き上げたマンガを,名前を変えて単なるオリジナルとして出版したらええだけやからなあ。
それで森泉側が,それをもって「自分たちの肖像権を侵害している」,なんて言い出したら,コレに関しては森泉ファンとしても勝ち目あると思う。

そこまでやってないから負けやろなあ。
少なくとも,“信義誠実の原則”と言うのであれば,それに従って作り上げた作品を証拠として出さななあ。
森泉が動物を全部教えてくれんかったから,それさえ滞った,なんて言うとるけど,そんなん理由にならん。
けっきょく第三者的に見ると,自分が仕事できんかったことの言い訳を,森泉にあてつけとるとしか思えんねん。
ブログ見てもゼンゼンマンガ描いてないしなあ。

そのマンガも,全く面白くない。到底売れる要素がない。
森泉はお礼として,ファンサービスとして,“面白い!”と言っただけと思う。

> 何にせよ、私の被害の回復自体は最初から絶望的です。
> 日本最大の芸能事務所と敵対させられたことによる漫画家としての未来の喪失はどうしようもありません。
> 漫画誌の表紙を飾り、漫画原作のドラマ・映画に主演するオスカー女優達を見れば分かるでしょう。
>
> 私は森泉に殺されたのと同じです。

こんなんも言い分がおかしいよなあ。
森泉ファンの描くマンガは,せいぜいコミケの同人誌-αレベルであって,妄想としか思えん。ブログに掲載されとるマンガを見たら。
ストーリーに面白いと思える要素がないもん。画力もそんなないし。

たとえば“美味しんぼ”が出版停止になったけど,あのレベルのマンガが突然いろんな圧力で休載になって,このまま出版停止になるとすれば,“美味しんぼ”の作者は,「私は日本国に殺されたのと同じです。」と言ってもええやろなあ。

とにかく,ヒトとケンカするには,それだけの実績をこちらも積んどかなアカン。あとはもっと明確な組織ぐるみの法律違反を指摘するとかも大事やな。

ワタシの場合は,法律違反の指摘はもとより,伊達娘らに対して書いたファンレター,それ以外にもGoogle+への書き込み,ブログなどへの公演の感想,もうこれそれ自体が出版できるレベルと自分でも思うとるから,そういう意味においても主張できるはずや。

あ,それも主張せななあ。

まあ,ワタシのハナシばっかなったなあ。
伊達娘の話題が少ないからそうなってまうねん。もっとなんか出せ。

遂に総選挙まであと2日か。
まあ,いろいろ文句言うヤツおるから,何票入れたか言えんけど,まあほんのわずかとはいえ,けど持てる票はすべて伊達娘に入れた。
ワタシはいまでも,伊達娘を疑うことなど絶対にない。

とはいえ,今年も80位に入るのは難しいと思うよ。

思うけど,この1年,特に後半はよく頑張ったと思う。AKBINGO! 干されたのは,ジェットコースターを拒否したのがアカンかったのかと思うし(ワタシの件もあるんかなあ・・・日本テレビいっぱい見にきとったからなあ),次のステップとして,やっぱなんとかして,そういう怖いのも克服したいよなあ。

ワタシが隣におったら,絶対に大丈夫だから!って,最後まで手を握って安心させたるんやけどなあ。

まあワタシにはできんから,今度すーめろに会ったときにやってもらうとかさあ。
外から見るからに危険なヤツならば怖いやろけど,手始めにビッグサンダーマウンテンくらいからどないやろ。
あれ,山のハリボテがまぢかに迫るから,目視的には怖いかもやけど,あんま速度出てないぞ。

スペースマウンテンだって全部屋内やし,アレもビッグサンダーマウンテンも,ジェットコースターの中でもとりわけ怖い,急降下がなかったと思うねん。
縦横の加速度ばかりやから,加速度に慣れたらまったく怖くない。

まあとにかく,大人になればなるほど,できんことがひとつひとつ克服できるようになるから。
ひとつひとつ克服できるうちに,どこかでジェットコースターにも乗れるようになるよ。

ちなみにそこは,69歳くらいのときに,65歳未満と主張してジェットコースターに乗ったウチのおばあちゃんとはちゃうよなあw

まあ,あの好奇心旺盛なウチのおばあちゃんでさえ,15歳のときにジェットコースターを見たらビビったと思う。
54年経つうちに神経がずぶとくなったんやろなあ。

おばあちゃん自慢になってまうけど,普通人間って69歳にもなったら,自分の知らんことはなにひとつやりたくない,って思うもんやと思う。
大西弘子なんかいい例やん。だからワタシを縛りつけようとした。

やっぱワタシの,いつまで経っても保守的にならんのは,おばあちゃん譲りなんやろなあ。
だいたい常識的に考えて,孫の下宿のトラブルで大家さんとこに,親を飛び越えて,おばあちゃんが乗り込んで行くかよなあ。
伊達娘がいま住む不動産のトラブル解決に,伊達娘のおばあちゃんが出てくるようなもんやからなあ。
てかどんなトラブルやったんかなあ。

まあけど,そういうヒトやったからこそ,自分の5人いる子供やその孫からはやたら慕われとった。
あ,一人は夜逃げしたから,表立って連絡してこんかったけど,ウラではどうやったんかなあ。両方とも亡くなってもたし,もうどのみちワタシ自身親戚づきあいしてないから,ワタシにはワカラン。

ワタシもどこかで,ああなりたいと思うてきたんやろなあ。

リハーサルがんばって。

ほなね

2014/06/05 9:47:43 おーにっちゃんより

-------------

« 2014年6月4日 | トップページ | 2014年6月6日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック