« 2014年7月27日 | トップページ | 2014年7月29日 »

2014年7月28日

2014年7月28日 (月)

明日は延び延びにしとった、日立製作所への訴状を書くぞ

やっぱ7月中には訴えたいしなあ。

今日はコメント少ないやないか

寝足りてないから寝るなう


2ちゃんで、゛AKBの楽曲の題名をAV風にしたら゛という趣旨のスレがあって、ワタシ以前とっておきの考えとったなあと思った。それを今日思いだした。

原題:So long!

AV風に:早漏・・・んぐっ!

オンナがめんどくさいのではなくて、オトコが単純すぎるだけと思う

以前からのワタシの持論やけど。

女の子がいろいろ本心と違うコトを言ってしまうのは(いやワタシも少女マンガからの知識やけど)、やっぱアレコレと妄想してまうから、妄想と現実のギャップにハラたててしまうというのがあると思う。

だから女の子はその延長て結婚まで考えてまうのに対して、オトコは目先のエッチしか考えてないねん。

小林のニコ生ちょこっと聞いたけど

ワタシのニコ生画面に、小林のニコ生が表示されたからクリックして観た。

彼もワタシのコト認識しとるということなんかな?


小林の言い分めちゃくちゃやねん。

精神障がい者であるから、昨年だかにこじはるらを恫喝したのは責任がない、とか言うとる。

まあ責任能力がないかもやけど、恫喝したのは謝らななあ。

そして、いくら精神障がいであろうが、メンバーへの恫喝は禁止行為に挙げられとるから、脱法ハーブ&フーゾクセックス&0.1tブタ戸賀崎智信らから注意されてもおかしくない。

しかし、永久出入禁止を宣言されたり、警察などを呼ばれたりするのは、恫喝した時点にて為されるべきや。

で、以前そのようなコトがあったなんていくらAKSらが主張したとこで証拠ゼロなんやし、広島県警も相当おかしな対応しとると思う。


小林が、こじはるとの会話の音声をインターネット上にアップしとるのを、AKSが判断材料にしたとすれば、個人情報保護的に問題ではあるけれども、AKSは録音自体禁止にしとって、小林が契約違反しとるんやから、さすがに小林弱いよなあ。

ただ、あの内容は、恫喝とまでは言えんよなあ。

AKB48チームA岩田華怜様20140726

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

昨日は12ページも書いて,新記録と思うんやけど,やっぱワタシは伝えたいコトがいっぱいあるからそうなってまうと思うねん。

その反動か,とにかく寝落ちして,布団でもないところでものすごい格好で寝るのが最近のクセになりつつあるなあ。

てかワタシは,伊達娘に向けて書く体を装いながら,どのメンバーに向けてもなにかを伝えられるように考えて書いとるよなあ。
伊達娘から伝えてもらってもいいと思うとるし,メンバーが直に読みにきてもええとは思うとる。
何回か書いてきたコトやけど。

アキブータンがあの体たらくやろ。
アキブータンも,まさかワタシがここまで台頭してくるとは想定外やったやろなあ。

アキブータンの初期の書き込みなんかから見て,適当にワタシを持ち上げても,どこかでワタシは諦めるとタカをくくっとったと思うねん。
けど,ワタシの想いはそんな浅いもんちゃう。
アキブータン,日立製作所もやけど,そいつらの計算が狂ったのはソコや。

だって,芸能界も,引き裂かれたカップルめちゃくちゃ大勢おるというやないか。
そして引き裂かれてさえもひっついたカップルなんてまあおらん。
オトコもオンナも,愛より,目先の名声を取るヤツらのほうが圧倒的に多いから。
その愛を引き裂かれてさえも乗り越えたら,それ自身が感動のストーリーとなって,小説化したら,めちゃくちゃ名声を得られるハズなんやけど,そんな何年越しになるかワカランコトを信じるヤツはおらん。

けっきょくその根底には,オトコもオンナも,エッチができて子供が産めたら誰でもええと思うとるんやろなあ。

なんでそういう思考になるのかワタシはワカラン。

ワタシは誰かから引き裂かれてさえも,そんなん関係ない,本人同士がどう思うかだけや,としゃあしゃあと言えるねん。
だってワタシは失うもんなんもない。

いや,伊達娘がワタシを見捨てる可能性もなくはないけど,その確率はゼロと確信しとるねん。

めっちゃ傲慢な意見を言うとな,立場が逆転して,ワタシが伊達娘で,大西というファンにいろいろつきまとわれとって,けど自分もそれなりに好意があるわけやんなあ。
それで自分の将来だけを考えて,法廷にまで行って大西のことを「嫌い」と言い切れるかというと言い切れんと思うねん。

いまでは確信しとるけど,日直のコラムで,はじめてもらったファンレターについて,
“涙涙で読めないお手紙もあります(;_q)*+゜”
って書いてくれたのって,ワタシの手紙しかないよな?

当時はそこまで泣かせるつもりはなかったけど,いまとなっては,ワタシの説得力もけっこうなもんやろ。いっちゃん最初の数回分でなあ。
36歳で中1の考えを理解しとるのもなかなかおらんと思うし。

確か,その手紙の内容は,ブロードウェイに行っても必ず観に行く,って書いた内容と思うけど,オムツ・アベシンゾー率いる日本政府がスットコドッコイな対応をして(その可能性は高いよな),ワタシはアメリカに亡命するしかなくなってさえも,伊達娘を現場で応援し続けるからな。

ワタシはもう自分の中で誓ったんやから,どんなことがあってもひっくり返すことはない。

そういえばワタシ,善意でヒトにウソつくことはあっても,ヒトを裏切ったことはホンマにないぞ。ゼロではないけど。

たとえば,Lunaの件でソウルに置いてきた店長を助け切れんかったこととか,伊達娘に会う前に通ったコスプレ焼肉屋の女の子に,このままではカネふんだくられるだけやと思って,突然スパッと連絡を断ったこととか,そんくらいしかない。

いくら他メンが可愛く見えようが,伊達娘をどうにか成功させたいという気持ちには変わらんねん。

ワタシ以上に伊達娘にヤル気起こさせる演出家とかなんとか,出て来んやろ。
ワタシ自身がそう思うから,伊達娘から手を引くなんてあり得んねん。

まあそれは他メンにとっても同じとは思うけど。
だからこそAKSがワタシをマークしてまうんやし。

もう時間がないし改めて明日にするか。

それにしてもワタシ,睡眠薬のせいもあって一瞬で寝落ちするんやなあ。
布団に入るヒマさえなく寝てまうって。

けど,ならば睡眠薬飲まずにファンレター書き上げろよ,って思うやろけど,そうするとファンレターだけで4時とかなるのも目に見えとるしなあ。

ほなね

2014/07/28 11:28:15 おーにっちゃんより

-------

小林某を通報したとされる者のブログ記事について

こんな投稿を見かけました。

-----------
http://ameblo.jp/kaomoj/page-2.html

西洋の歴史
9/3/2011 18:23:27
テーマ:ブログ
よく日本は美しい歴史とも言われますが確かに西欧諸国の方々は自分達の
血塗られた歴史から目を背けたくなるのもわかります。

過去の歴史を見てみると何処でどの意思が受け継がれているのかわかったもんじゃありません。
近代にも関わらずナチスのような事も起きてしまう訳です。

一人の錯乱した老婆から燃え広がりヨーロッパ全土を駆け巡り
500年にも渡る魔女狩りという名の無実の罪で罰せられた者がいた訳です
人々は疑心暗鬼になり密告におびえる日々を過ごす事となりました。
教会も密告された者を裁く際に財産を没収する訳ですからこれが美味しいという事に気づいたのでしょう
ズバズバと異端審問官も裁きます、皆が満たされるのです、そういった教会の腐った利権や
宗教による被害を受けた無実の方々(魔女とかいるわけないやんけ)
諸説には800万人が死んだとあります、ドイツ・スコットランド・フランスの
順で左から犠牲者の方々が多い様です

中世の時代はやはり人のたがと言いますか現代ではまかり通らない事もまかり通る
陰惨な時代でもあった訳です、これに合わせて黒死病でヨーロッパの全人口の1/2が
死に絶える訳ですからそのようそうたるや言葉では言い表せないものがあった事でしょう。

よく人は過去や歴史から学べと言いますが確かに歴史を紐解けば
そこから学べる事もたくさんあります

さてまだロシアが未開の国であった時代、それを列強諸国の列強に肩を張るまで
押し上げた一人の独裁者がいます、人は彼を畏怖の念を込めて雷帝と呼びます。
さてロシア史上最大の暴君と名高いイワン雷帝(イヴァン4世)ではありますが
初めから暴君だった訳でありません。

その性格の残虐性は子供時代に貴族達による権力闘争に振り回されていった事によ
り形成されていったわけです。大貴族達はロシアで初めて正式にツァーリを名乗ったイヴァン3世の遺産に
目がくらみその息子のイヴァン4世には目もくれず財産争いや権力闘争に明け暮れる訳です
さてそんなイヴァン少年と言えば相当ひもじい暮らしをした模様です
そんな幼少時代の彼は塔の上から犬を投げてその泣き声に喜びを感じていたりしました。

それはオスマン帝国とフランス?(フランスかイギリスか忘れた)に振り回された
ワラキア公しかりやはり国家という大きな存在にその運命を翻弄され抗いようもない未来を
押し付けられた少年達にはどうしようもない事だったのではないでしょうか?
周りがドス黒いとそれに影響され魂まで濁っていくのでしょう。

そんなイヴァン4世ではありますが愛する妻がいる間は子供の頃に
芽生えた残虐性もなりを潜め名君主として崇められておりました。
やはり女性は強いといいますかその穏やかな心は全てを包み込んでくれるのでしょう
理解者がいると居ないでは世界の見え方も大きく違います、そんな心開ける愛妻であった妻も亡くなり
イヴァンはその頃より豹変します、子供の頃になりを潜めていたその残虐性が解放され力は解き放たれ
狂気の魔眼が開眼される訳です、これがシュタインズ・ゲートの選択なのか・・・。

さて自分はネット上に蔓延する情報や歴史というのは話半分程度にしか信じていません。
読んでいて思ったのですがまるでイワン雷帝を見てきたかの如く、彼の心情がわかるかの如く
事細かに心情を描写しているものが多いわけですがなぜ当人でもないのにそれがわかるのかと思う訳です。
政治等や芸能ニュースもそうですが週刊誌やマスコミはある事ない事を並べ立て書きたてます
しかし自身が自ら命をかけて危険を犯して得た情報以外には絶対等というものも無い訳です
だから話半分程度にあーそうなんだ、そうなのかもね。くらいに聞いているのが丁度良いのです

政治などもそうですがしかるべき団体に所属ししかるべき役職の元に訴えられるのも覚悟で
あの方々は戦っている訳です、ですので発言の権を得たければ正式にその団体に加入し堂々
とその活動を公にしてやればいい、そうすれば誰も文句は言いません、さて脱線しました。

イワン雷帝にも言える事なのですが彼は暴虐武人で残虐な一面が一人歩きしありもしない事や
迷信が彼ならやりかねない、というイメージに被せてより派手におどろおどろしく書かれる訳です。
自分はイワンの処刑方法に関してはそんな馬鹿なというイメージを持ちました。
ですが概ねは合っていると考えます、実際に粛清や街が丸ごと滅んだのは事実なのですから
歴史に大きく刻まれる事になる出来事やその転機になる事象というのは信憑性を増します

ですがそういう大きな事実の影にこんな事もしたあんな事もしたとこぶとり爺さんの如く
悪事やそれを見たかの如く小さな脚色がなされていくのでしょう
イワンならばという肯定でどんどん小さな事までもそのイワンという
人間に取り込まれていき作り上げていかれる訳ですね。

あくまでイメージです、かつて黒死病が流行った時に人々は助かりたいあまりありもしない伝承や
治療法を信じたわけです、それくらいペストの猛威は凄まじく当時の人々は藁にもすがる思いで信じる訳ですね
そんな迷信や人の伝言、どこから出たかわからない様な情報に我々は踊らされてはなりません。

あくまで仮定や自分の考えとして疑りながらおっかなびっくり書き連ねるのが丁度いいのです。
文字や文章を書くという行為は自分の考えや気持ちを整理する上で大変便利な行為であると思います
あくまでチラ裏や俺の日記な感じで低能らしく書いていこうと思います。

イワン雷帝は大変、猜疑心が強く部下であろうと臣下であろうと粛清していきました
専門の親衛隊も作り密告し合い容赦なく粛清していきまいした(まるでスターリンやドイツのSSだね!)
自分の命は絶えず狙われているのだという妄想に取りつかれガクブルしながら病的なまでに
怯え過ごす事になります、遂には(-_-)引き篭もってしまいいました。
そして引き篭もった先でファミコンもやらず長男と共に拷問を楽しむという悪趣味ぶりまで発揮していました。

さてイワン雷帝については諸説ありますが一番、有名なのはノヴゴロドの大虐殺があるのではないでしょうか?
彼は自宅の拷問部屋だけでの行為に飽きてよりスケールが大きくそして人々が驚く様な事をしたいと思ったのでしょう、そんなイヴァンの歪んだ精神の槍玉にあげられたのがノブゴロドな訳です
その猟奇的な拷問や処刑はまさにこの世のものとは思えない凄惨さを極めました
その拷問の仕方こそがイワン雷帝をイワン雷帝言わしめんものにしたのではないでしょうか?
自分は読んでて人間のやる事じゃねぇと思いました、その時の詳しくは自分で調べて下さい。

さて5週間かけ5万8000人の市民が略奪や暴行、処刑されていったわけです。
ノブゴロドは歴史ある大都市で貿易も盛んではありましたがなんせ市民の3/4も虐殺されたわけです
この事件により今、現在もその傷跡から立ち直れずかてつの大都市は無く小都市としてあり続ける。

事実は小説より奇なりとは言いますがこんなものを想像出来るでしょうか?
西洋の魔女狩りといいよくもまぁこれだけ悲惨で凄惨な拷問を考え出したり人を人とも思わない
家畜以下の扱いが出来るものです、西洋の植民地支配による奴隷的支配と蹂躙
現代の我々、民主主義に生きる日本人には想像も出来ない民主主義が浸透してないそんな時代

密告された者は魔女裁判にかけられた人達のその火刑にかかるまでの過程もそうですが
魔女かどうか試す仮定で水に浮いたら魔女で沈んだままなら無実だの
水を飲ませてお腹が水で大きくなったら人が上に乗り水を吐き出させ複数回繰り返せば
それは血が混じりそれを魔女だと自白するまで死ぬまで繰り返された訳です
ですから魔女だと密告されればそれは逃れようのない死と苦痛を伴う死亡宣告だった訳でもあります。
こんな事をされては余りの痛みと苦痛で精神が飛んでしまい恐怖で言葉も出ないでしょう。

人を疑心暗鬼にさせお互いに監視し合い少しの言動や勘違いも命とり、そんな恐怖と誰も信用出来ない国
そしてそれがまかり通った時代、人の頭からこんな恐ろしい事が考え出されそしてそれが実行されるとは驚きとともに恐怖を感じざるを得ません、自分がそんな時代に生きていれば真っ先に処刑されているでしょう。

まあそんな暴れん坊ガキ大将のジャイアンもひれ伏すイワン雷帝ではありますが
彼の息子の長男である嫁のお腹を叩いて赤ちゃんを殺してしまいます。
勿論、赤ちゃんを殺された長男はイワン雷帝にブチ切れまくる訳でですがその口論の最中に
イワンは長男を謝って殺してしまうわけです。それからの彼はもう憑き物が落ちたかの如く
怯え泣きもう拷問しません、殺しません、神に祈りますなど完全にかつてのガキ大将ジャイアンではなく
のび太になってしまう訳です、実際にお金を寄付などもしています(本当にイワン雷帝か?)
まぁ人は罪を犯したくなくても罪をおかしてしまう生き物です。

どんなに自分を厳しく律しようとしても感情がある限り人は罪や人を傷つけてしまうのでしょう
ネットで煽られたらイライラしたり怒るわけですから感情のコントロールというのは処世術として
学んでおくべきなのでしょう、自分も社会に出ればコントロールする術を学べるのでしょうか?
少しの挑発ですぐブチ切れる明神とかいうアホを見ていると社会に出てもそれが身についていない様に思います。
さてこのイワン雷帝、憔悴していたのですが遠征していた軍がシベリアを占領する訳です
ここで我々がよく知るあの無駄にドデカいロシアの地図の基礎が出来上がるわけです。

この事によりロシアは列強諸国の列強に仲間入りを果たしイワン雷帝の評価を二分する要因となり
そして現在のおそロシアに繋がっていくわけなんですな(評価は勝手に歴史の専門家達でやっててくれ)
それで自分は思うのですが西欧の恐怖やキチガイな精神や陰惨な歴史、悪い所がこの近代においても
何処かで影響を与え脈々と受け手がれているのではないか?と思うわけです
多分、イワン雷帝はスターリンに何かしら影響を与えているのかもしれません。
ナチス・ドイツの様な独裁政党により近代にも関わらずユダヤ迫害というアホな事をしてましたよね?
でも西洋の過去の陰惨な歴史を見ればそれも頷ける部分があるのです
あれを現代でやるからこの世、全ての悪みたいに目を当てられた訳で。

まぁ歴史なんて勝者の都合のいいように書き換えられる訳ですから
日本も遂66年前はアメリカに正義の爆弾だとか言われて広島と長崎に原爆を落とされて実験にされたり
財閥解体等であの隆盛を誇った三菱財閥も解体されたわけですから、松下幸之助も財閥指定されて
解体されかかりましたし(パナソニックは何とか生き延びた)アメリカに法律も何もかも書き換えられ
天皇を奪われありえないA級戦犯の汚名を大量にきせられて我々、日本国民の誇りと尊厳を
西欧の汚い歴史を積み上げてきた植民地支配の方々に無茶苦茶に蹂躙されたじゃないですか

こんなに過去にキチガイをしたのですよ、実際今の日本とかも平和そうではあるけど
その実、マスコミに扇動されているわけです。マスメディアに国民の総意を扇動されている時点で
民主主義は崩壊しアホの考えに我々、国民は踊らされておりそれをファシズムと言わずしてなんと言えましょう
一件平和そうに見えてその実、何処かおかしい世界の住民にじわじわと浸食されているのかもしれません
過去の諸外国の狂気はやんでいる様に見えてその実、まだ狂気の波は終わっていないのか?

まあそれでも過去に比べれば現代の日本は平和であり美しい歴史があるわけであります。
西洋の怖い歴史や殺戮や植民地支配をあげればきりがありません、青髭やジャンヌを陥れたシャルル7世
正義の名の元に編成されたクルセイダーズ(十字軍)や子供十字軍

人は何故これほど残忍・非道になれるのか?私にはわかりません。
それを知るには人の深層心理とたくさんの書物を読み自らも
成長していかなければいけないのではなでしょうか?

今の世界の平和というのは果てしない血塗られた歴史の上に積みあがっている訳です。
こうしてインターネット等で自由に発言出来るというのは実に素晴らしい時代だとは思いませんか?

そしてこれを最後に言葉を締めくくりたいと思います・・・。

『仕事くれ』
-----------

ワタシからすると,文章長すぎw

いやワタシのほうが文章長いと感じるヒトも多いかもやけど,ワタシはミヤブータン(宮崎駿)の映画のように,結論を定めずにあるがままに書いとる。

然るにコイツは,結論を定めてそこに落とし込むために延々と書いとる。

ワタシならば,イワン雷帝なんか,Wikipediaの引用で全部済ましてまう。

それをわざわざ,イワン雷帝について自分があたかも調べたかのように述べてまうのが,コイツの弱いトコやねん。

小林某が生活保護受けとろうがどうとか全く関係がない。
障がい者2級を持つとか主張しとるならば,やっぱソコは差し引いて考えななあ。それは被告AKSだって同じ。

ただし,だからといってこじはる一人がその言葉に耐えるかどうかってのは別問題やけどなあ。

とはいえワタシが仮に握手会するとすれば,握手会で何時間対応しようが,自分の思うことは言えるぞ。

« 2014年7月27日 | トップページ | 2014年7月29日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック