« 2014年7月29日 | トップページ | 2014年7月31日 »

2014年7月30日

2014年7月30日 (水)

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく開始します。日立製作所への訴状提出と,児玉晃一の懲戒請求却下の件

あとゴキブリが出たこととか・・・w

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

それとな、独裁国家の99.999%のヤツはそれを受け入れとる

日本は、かつての南アフリカ、現在のミャンマー、北朝鮮などと決して劣らん独裁国家やねん。


マンデラもスーチーも、民衆の支持を得たのは強い意思があったからであって、民衆の支持だけが彼らを作り上げとるのであれば、世界中に何百何千ものマンデラやスーチーが出てくる。


マンデラやスーチーに憧れるヤツらは、周りの大勢から、「無駄やからやめとけ」と言われてやめてまうねん。


ワタシはやめんだけや。

越えたらアカン一線もなにも

児玉晃一、初めて会ったときからボーッとして、パッとせんヤツや、こんなんで大丈夫か!?と思うた。

そんなんが上役やっとる弁護士会なんか、ワタシの真の敵ではない。

なんかアホな投稿多いなあw

そういえば、ケーサツワタシの訴えはガン無視やぞ。

どんだけ恣意的やねん。

まあでも、ネルソン・マンデラもアウンサン・スー・チーも、四面楚歌の中で戦ったんやから、ワタシもゼッタイ勝てる。

どうも伊達娘の件はガセやなあ

AKBメンバーがなんか発言したら、必ず2ちゃんねるに書かれる。

昼間見たときに全く書かれてなかったにもかかわらず、ココだけこんだけ書いて来るヤツおるってコトは、何人かが申し合わせた工作活動である可能性が高い。

いろいろ書いとるヤツおるけど

ワタシもう弁護士会信用してなかったやん。

弁護士会とも戦争するの。


いやしかし、この調子ならば、内閣府も
「調査したが問題は見られなかった。調査した内容は開示できない。」

って回答なんやろなあ。


ちゃんと、コレおかしい!と言えるギャラリーを見つけて来んとアカンねんけどなあ。

伊達娘が卒業検討しとるって?

検索しても、2chなんかでもそんなコト言われてない。

ただ、AKSに嫌気がさしとる可能性はあるわなあ。

公演観ても、楽しさいっぱい、には見えんし。

どのみち間もなくAKBは終わるし。

アキブータンも、AKB崩壊が現実になって、コメントできんようになったんちゃう?


こう書いたらアイツ意地でも書いて来るんやけどw

さあこれからバイト

ワタシの文章がどのように矛盾しとるって?

ちゃんと文章を明示して指摘してみなさい。

どうせ、日立製作所の工作員が、ワタシのブログにたどり着いたヤツを騙すための書き込みやろ。

出してきました。平成26年(ワ)19526号事件、民事19部です

出してきました。平成26年(ワ)19526号事件、民事19部です
訴訟救助の決定があるから、日立製作所に訴状が届くのはお盆休み以降でしょうか。


書証などは、事件が別なので別途送付するように伺いました。

いっぱいあるけど、紙もインクもいっぱい買い溜めているので、今週中には提出できると思います。

労働案件として、労働専門の民事第19部の担当となりましたが、それがどうなるか。

労働専門部の裁判だからと、聴きに来るのもいるでしょうか。

追伸

東京弁護士会、児玉晃一の答弁書のウソについては、ウソの存在の認定どころか、その部分は一切記載してない。


児玉晃一がウソを書いたコトこそが、問題の存在を明示しとるのになあ。


ホンマに弁護士会腐っとる。


裁判所も、こんな恣意的な文章書いて来るねやろなあ。

まあ、日本弁護士連合会も即刻で却下してくるやろから

一応60日間の猶予があるらしいから、その間にいろんな裁判も進展するやろし、スグには出さずに焦らそう。


いやそれにしても、結論を先に考えて、全く論理が通ってないんやけどなあ。


とりあえず、東京弁護士会のナニがおかしいかは、早めに出して、いろんなトコで訴えるぞ。

やっぱ東京弁護士会腐っとるなあw

ポストのウラに、東京弁護士会からの配達証明があったから、郵便局に取りに行った。

ならば、7/25付で懲戒しない旨を決定したと書いてある。

ふつう、申請者の尋問もあるし、その上で平均7ヶ月かかるものが、なんで尋問なしに5ヶ月弱で決まってまうねん?


メチャクチャやないか。


まあ、日本弁護士連合会にとりあえず訴えて、ソレでもダメやろから、弁護士会相手に訴訟しよう。


当然、この書面も全部アップする。 

日立製作所への懲戒解雇撤回請求及び名誉毀損訴訟の訴状最終版

コレで,あと3時間以内に出します。
もう印刷しました。

---------

訴    状
                   平成26年7月30日
東京地方裁判所 民事部 御中
                原告 大西 秀宜 印

当事者の表示 別紙当事者目録記載のとおり
請求の趣旨  別紙記載のとおり
請求の原因  別紙記載のとおり
事件名    懲戒解雇撤回請求及び名誉毀損事件
訴訟物の価格        1億円
ちょう用印紙額         円
予納郵便切手          円

付 属 書 類
■ 代表者事項証明書 1通    □ 不動産登記簿謄本   通
□ 固定資産評価証明書 通    ■ 書証写し     各2通

当 事 者 目 録
〒 (伏字)
住所 (伏字)(送達場所)
        原  告  大西 秀宜
電  話 (070-6969-9177)

〒100-8280
住所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
        被  告  株式会社 日立製作所
    代表者 代表取締役  東原 敏昭
        電  話 (03-3258-1111)

請 求 の 趣 旨
1. 被告は,原告に対して為した平成24年6月22日付けの懲戒解雇を撤回し,判決日付における円満退社とし,その間の給与及び退職金1,500万円を支払え。
2. 被告は,原告が原告の個人情報の不正収集資料作成などを端緒として為した各種通報を幾重にも隠蔽した行為,及び被告がインターネット上にて組織的に為した名誉毀損行為に対して,慰謝料8,500万円を支払え。
3. 訴訟費用は被告らの負担とする。
との判決を求める。

請 求 の 原 因
第1 当事者
1. 原告は,現在(伏字)に住んでいる。平成12年4月より被告企業にて勤務していたが,被告企業の原告の個人情報の不正収集資料作成などを端緒として公益通報を為したにも関わらず,平成24年6月22日に懲戒解雇された。このことを原告は不当と考え,被告に対して平成26年(ワ)1415号事件(民事第16部B係担当,茂木典子裁判官)にて個人情報の開示請求を為した者である。(以降,平成26年(ワ)1415号事件を“前訴”と記載する。
2. 被告は,東京都千代田区に本社を置く総合電機メーカーであり,原告を平成12年4月より雇用し,平成24年6月22日に,原告に抗弁する機会を一切与えず懲戒解雇した企業である。

第2 違法事実
1. 被告らは原告に関し,平成24年1月27日,個人情報の保護に関する法律に反した資料を作成し,社内にて共有した。(前訴甲第3号証)
2. 原告はそれを平成24年2月に発見し,社内コンプライアンス通報や,プライバシーマーク事務局,経済産業省等に公益通報を為したが,これら組織はすべて,内閣府消費者庁の定める公益通報の処理ガイドラインに則ることなく,正当な調査を為さなかった。(前訴甲第4,5,8,10号証)
3. このため原告は仕方なくインターネット上に被告内部の不正を記載した(前訴甲第11号証)。
4. すると被告は,それを被告企業に対する誹謗中傷として,原告を懲戒解雇した。(前訴乙第1号証)
5. その後,原告が被告企業に在籍した時に,被告企業内部において為した行動などの情報が,侮蔑的な言葉と合わせて100回以上の極めて執拗な回数にわたりインターネット上に掲載されるに至った。(前訴甲第12号証,12号証の2)

第3 経緯
1. 原告は被告企業在職時に,前訴甲第3号証に示す資料を得たことを理由として,被告企業内において個人情報保護法違反が為されているとして,同年4月11日に前訴甲第4号証に示すコンプライアンス通報など,コンプライアンス通報を複数回行ったが,被告は同年4月23日に前訴甲第5号証に示す資料を回答したのみであり,理由説明が一切なく,原告は被告が本来為されるべき事実調査をしたとは信じられなかった。
2. 原告は,前訴甲第3号証に示す資料にて,被告企業内にて“原告に対して収集する情報の項目に挙げていない,思想情報を含む個人情報の不当な収集及び資料化”が行われていると確信したため,前訴甲第4号証に示すコンプライアンス通報に加え,同年4月12日に,前訴甲第6号証に依り雇用管理情報の開示請求を行い,同時に苦情申し立てを行った。
3. しかし被告は,前訴甲第7号証に示す通り,「IT戦略本部が管掌するこもれび運営事務局において保管する大西氏の個人情報」と,前訴甲第6号証のうち苦情申し立て書の内容を恣意的に雇用管理情報の開示請求に引用し,開示請求した範囲よりも狭い範囲の情報のみを送付した。
4. 原告は,被告企業が意図的に隠蔽を為していると確信を持ったため,プライバシーマーク事務局,経済産業省等にも相次いで公益通報を為したが,これら組織はすべて,内閣府消費者庁の定める公益通報の処理ガイドラインに則ることなく,正当な調査を為さなかった。(前訴甲第8,10号証)
5. その間にも,被告企業内部において,原告のみに対する監視活動は厳しくなり,原告は被告企業が,公益通報者保護法を悪用して,前訴甲第3号証の事実を隠蔽した上で,原告を勤務成績不良として数ヵ月後に解雇する予定であることを感じ取った。このため原告は仕方なくインターネット上に被告内部の不正を記載した(前訴甲第11号証)。
6. 原告は平成24年6月22日に,前訴乙第1号証に示す通り,被告企業の不法行為等をインターネット上に記載していることを,被告企業より被告企業に対する誹謗中傷と見做されて懲戒解雇された。
7. 原告は,日本にいては危険であると考えたため,平成24年6月23日にドイツに向かい,ドイツにて亡命申請を行った。そしてドイツ政府は理不尽にも,ドイツ法の運用にも則らず,原告のパスポート以外の申請資料一式を意図的に紛失した上で,平成25年7月4日成田に強制送還した。
8. その間,平成24年9月から平成25年5月頃にかけ,原告の被告企業在籍時の言動,行動,評価情報等々が極めて詳細に,100回以上の非常に執拗な回数に渡って,インターネット「2ちゃんねる」に掲載された。(前訴甲第12号証,12号証の2)
9. 原告はこれらの事実にかんがみ,懲戒解雇後の平成25年10月14日,懲戒解雇撤回訴訟に備えるべく,個人情報保護法第29条に加え,被告が付与認定を受けているJISQ15001プライバシーマークにも準拠するように加えて,個人情報の開示等の請求書(前訴甲第1号証)を作成し,被告に送付した。
10. 被告は同年10月28日付けにて前訴甲第2号証の通り返答したが,本来開示されるべきと原告が想定する情報が開示されていなかった。
11. 以上により,原告は被告への個人情報開示を求めて前訴を提起したのであるが,被告は個人情報保護法第25条1項を頑なに主張し,追加しての資料開示を一切行っていない。
12. また原告は,前訴求釈明申立書その1の通り,被告が原告の個人情報を漏洩させている明らかな理由を挙げ被告企業に対して釈明を求めたが,被告は一切の返答をしないまま結審となった。
13. なお原告は,被告企業が極めて大企業であり,誤った判断を下すはずがないと一般人が想像するような状態であるために,“原告が懲戒解雇となった”という事実のみが信用される現在,生活に非常に困窮しており,100社程度受けたが正社員としての採用をされることができず,アルバイトをしている状態である。
14. 原告は,日立製作所という大企業だけでなく,プライバシーマーク事務局,経済産業省,果てはドイツ政府までからも,日立製作所における不法行為を幾重にも隠蔽され続け,その上でインターネット上での被告企業による組織的な名誉毀損行為に遭い,一般人が想像し得ないほどに多大な精神的苦痛を被った。
15. 東京地判平成18.11.29 においても,“一般に,解雇された従業員が被る精神的苦痛は,解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められると解するのが相当である。”とあるが,原告の感じた苦痛は“解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められる”に完全に当てはまると考え,給与及び退職金だけでなく慰謝料をも請求するものである。
16. さらに,原告が前訴を提起してさえも,被告企業が組織的犯罪行為を隠蔽し続けることは,同様に原告に対して。極めて多大な精神的苦痛を与えており,慰謝料請求の根拠とするものである。

第4 まとめ
よって原告は,被告に対し,原告に対して為した平成24年6月22日付けの懲戒解雇を撤回し,判決日付における円満退社とし,その間の給与及び退職金1,500万円を支払うことを要求する。
また,被告に対し,原告が原告の個人情報の不正収集資料作成などを端緒として為した各種通報を幾重にも隠蔽した行為,及び被告がインターネット上にて組織的に為した名誉毀損行為に対して,慰謝料8,500万円を支払うことを要求する。

証拠方法
追って提出する。
なお,前訴資料一式を別途印刷し提出したほうがよい場合は,裁判所殿からその旨を指示願いたい。

- 以 上 - 

---------

AKB48チームA岩田華怜様20140728

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

今日は2通書いたろと思うたけど,無理やったw

いきなりやけどさあ,さややって北海道の中でも別海町出身と知ってたまげた。

伊達娘も仙台出身で,東京23区民から考えたら田舎と思われるかもやけど,マンション暮らししとったんやから,ワタシからしたら十分都会や。

けれども,さややの別海町ってなあ・・・日本では考えられんくらいめちゃくちゃ田舎やぞ。

ワタシも以前伊達娘と妄想道東旅行を書いた記憶がある

妄想北海道旅行計画その1
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-3688.html
妄想北海道旅行計画その2
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-ea80.html
妄想北海道旅行計画その3
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-0c36.html

けど,妄想しただけで,実際に別海町には行ったことないねん。

ワタシも頑張って妄想したから,もう別海町には行った気になっとって,まさかまだ行ってないとは,地図を仔細にチェックするまでワカランかった。

いやしかしこの妄想旅行計画,なかなかいい計画練っとるから,ヒトリでもやってみたいと思う。
せっかくさややが別海町出身って言うとるんやから,別海町まで行ってみたい気が増したよ。

それに,別海町って,東京23区の2倍以上の面積があるんやって。
http://betsukai-kanko.jp/about/

そんな広いトコやから,ワタシが別海町に行って,さややのウワサをしたところで,さややの実家が突き止められるとは思わんよなあ。
いや逆に,自分の町から出たアイドルとして,案外ウワサ広まっとって教えてもらえるかもやけどなあ。

やっぱ,東京やとナントカ詐欺があるからヒトのプライバシーについて言うのは慎重になるけど,別海町ならば,そんな詐欺が成立せんから,プライバシーに甘い可能性がある。
そうするとそのぶん住民の個人情報管理は甘くなるねん。
(大西弘子がワタシのプライバシーを侵害し続けたのもその延長な。)

で,別海町,Wikipediaでもこんなコトが記載されとる。

―――――――――
別海町
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E6%B5%B7%E7%94%BA

各学校の通学区域が広いため21台のスクールバスが運行されている。

別海町では概ね地域ごとに小学校と中学校が1校ずつ置かれるため、たとえば上春別小の児童は全員上春別中に入学することになる。 過去に中春別中のみ、中春別小・美原小・豊原小の3校からの入学であった。

平成23年度現在、人口1.6万人の町に18の小中学校が設置され、多学年学級を持つ小学校は9校中4校である。 一方1学年あたり2学級の学校は、別海中央小、別海中央中のみである。 また、特別支援学級は18校中15校、障害種別で40学級設置されている。
―――――――――

コレ読むと,別海町は一般的な日本よりも。プリンスエドワード島に近い気がする。
気候的にも景色的にもそうやねん。

学校だって,校区が広すぎてスクールバスの送迎というのが一緒やろ。

いくら田舎とはいえ,歩いて登下校できたワタシには,小中学校にスクールバスは考えられん。
プリンスエドワード島では至るところで,登下校用の送迎バスを見たから,あんだけ広かったら校区もものすごい広いんやろなあ,ただその場合,部活動とかないんかなあ,なんて思ったよ。

別海町とプリンスエドワード島と違うのは,土の色が赤土ではないとこだけかなあ。
あとはプリンスエドワード島はじゃがいももあるけど,ロブスターもある。
別海町はロブスターは獲れんハズやねん。
てか調べたら日本ではロブスターは獲れんねんて。

そのへんの違いはあるけど,さややが別海町出身と聞いて,どうしても赤毛のアンと重ね合わせてまうよなあ。

てかもしさややの実家が酪農家とかなら,べつにさやや関係なしに,志願して1ヶ月酪農体験とかさせてもらいたいと思うなあ。
それはワタシでなくても思うんちゃう?
1ヶ月酪農体験ってゼッタイにオモロイと思う。

とくにワタシは1年間ドイツで亡命申請生活したし,もう普通の39歳がやらんことであっても,やれるコトは全部経験したいと思うとる。

いやしかし,妙な妄想やけど,もしさややの実家が酪農家で,その上でのあくまでたとえバナシの妄想やけど,ワタシがさややと結婚したら,酪農家を経営せなアカンとなる。

そうすると酪農をイチから学んで,酪農にめちゃくちゃ詳しくなる。
さらに勝手な妄想を加えると,その上で仮にさややが東京で成功するのを望まずに,田舎で酪農する生活がいいと思うのであれば,さややとワタシと2人でのどかな酪農生活・・・ってのも悪くないかなあw

・・・・・・ってかワタシけっこう浮気性ちゃう?wwwwwww
妄想したら止まらんねんけど。

とにかく自分の嫁さんの実家が別海ってすごいと思うねん。
いや別に女性を実家で判断するつもりないけど。
たとえやたとえ。

てかさややの実家は実際のところ,酪農やっとるかワカラン。
けど,じゃがいもだけでなくて酪農をPRして欲しい気持ちはある。
やっぱ地元からちゃんと評価されるべきやしなあ。

けど,酪農をPRするということも,東京にいてこそできることであって,いまとなっては芸能人として大成することを考えて欲しいよなあ。

まあもうワタシAKBはアカンと思うとるけど,メンバーは自力で芸能人になれる素質はあると思うねん。
芸能人になりたければどんなワザ使ってでもしぶとく残るやろ。

ところで,もういろんなトコに書いたけど,別海町の隣町(郡は別)に厚岸町ってのがあって,ココが「思い出のマーニー」でロケハンしたとこらしいから,AKBのヤツらも,ドラえもん繋がりだけでなくてさやや繋がりで,「思い出のマーニー」を観て欲しいなあ。
めっちゃオススメというワケではないけれども,メンバーがどう思うかには興味ある。

ところで今日(既に昨日)は土用の丑の日で,うなぎを食う日やった。

ただ,伊達娘はどこまで知っとるかワカランけど,うなぎの養殖って技術が100%確立したワケではなくて,まだウナギの生態ってイマイチ分かってない。

ウナギは川で獲れたりするけど,サケと逆で産卵は海でする。
それも太平洋のけっこう南のほうで。
そのメカニズムがイマイチ分かってないから,ウナギはまだ完全な養殖ができてない。

日本では浜名湖での養殖が有名で,海外ではたとえばワタシは台湾の南部,高雄よりもさらに南に行ったところで,列車の中からウナギ養殖池をいっぱい見た記憶がある。もう7,8年前のハナシやわなあ。
けれども,いずれも稚魚を太平洋の南のほうで獲って,その養殖やねん。

だから,稚魚が獲れんようになったら養殖も成り立たんワケで,ウナギってけっこう絶滅危惧種に指定されとるんやって。
だから,ウナギを絶滅させんためには,土用の丑の日であろうと,日本の食文化であろうと,ウナギ食うたらアカンと書いてあった。

昨日の昼間にわかりやすいデータを見たのに,いま調べても分かりやすいデータ出せんけど。

いやしかし,ウナギの蒲焼が並んどったら,どうしてもそれを食べてみたいと思うときもあるし,そういう衝動は日本人としてしゃあないと思うねん。

・・・土用の丑の日にひっかけて,まゆちの肉牛のハナシにまでもってこうと思うたけど,もう寝る。
訴状印刷は明日かな。

ほなね

2014/07/30 7:51:21 おーにっちゃんより

--------

訴状に判例東京地判平成18.11.29を追加しよう。アンチスレに助けられるワタシ。

大西秀宜の行く末を生暖かく見守るスレ~事情聴取編

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1406190408/l50

801 :最低人類0号:2014/07/29(火) 23:25:25.58 ID:R2mDPNlz0
解雇無効による地位確認に付け加えた、賃金請求の時効は?
http://www.bengo4.com/roudou/1099/1225/b_253807/

やるべき請求や主張を時期を逃さず行わないと、裁判で勝つことはできません。
労働事件は対立が激しいので、シビアに対処されます。弁護士でもある程度経験がないと間違うことがあります。
都合の良い規定をつまみ食いみたいに請求することはできません。

809 :hidenobu onishi ◆CsvquZNDeKXO :2014/07/30(水) 00:20:07.25 ID:nys2tpl10
>>801

ありがとう。ワタシに武器を与えてくれたやないか。

まずもって,訴訟の権利については解雇から2年という期限は切られているが,それはたとえば会社に対して内容証明を送付すれば半年延長されるのであり,ワタシが個人情報の開示請求訴訟
 平成26年(ワ)1415号 を提訴してから被告日立製作所も認知しているのであるから,解雇から2年という期限以内にワタシが提訴したと解されるはずである。

その上でや,

----------
荒川 和美弁護士

東京地判平成18.11.29
一般に,解雇された従業員が被る精神的苦痛は,解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められると解するのが相当である。
①本件整理解雇は,被告(筆者注:Y)において,退職金規程の改定,健康相談室廃止などの施策を実施しようとしたところ,これに反対する原告(筆者注:X)が外部機関に相談すること等を快く思わず,整理解雇の要件がないにもかかわらず,本件整理解雇を強行したとこと,
②原告は本件整理解雇時妊娠しており,被告は当該事実を知っていたこと,
③原告は被告に対し本件整理解雇を撤回し,原職に復帰させるよう要求したが拒否されたことが認められる。
以上によれば,原告は,本件整理解雇により,解雇期間中の賃金が支払われることでは償えない精神的苦痛が生じたと認めるのが相当であり,本件整理解雇の態様,原告の状況等本件証拠等から認められる本件整理解雇の諸事情に照らすと,
その慰謝料額は100万円が相当であり,当該判断を覆すに足りる証拠は存在しない。よって,原告の慰謝料請求は100万円の支払を求める限度で理由があるのでこれを認容し,その余は理由がないのでこれを棄却することにする。」とした。

810 :hidenobu onishi ◆CsvquZNDeKXO :2014/07/30(水) 00:20:55.04 ID:nys2tpl10
>>809 つづき

会社側が整理解雇の要件を立証していなくとも、解雇により精神的苦痛を与えたという特段の事情がなければ、慰謝料請求は認容されません。

この場合、地位確認つまり、解雇無効は判断されていませんので、地位確認は請求ができます。しかし、賃金請求は時効です。また、地位確認が認められるかという点は、
解雇無効の主張がなく、賠償請求していることから、違法であっても解雇を黙示的に認容したものとして、認められないと思われます。
しかし、本件整理解雇は不法行為に該当するとして損害賠償請求を認められます
平成19年11月29日東京地判
裁判所は、本件整理解雇は不法行為に該当するとして損害賠償請求を認めましたが、具体的な損害額については退職時の給与の6か月分」を認めました。
慰謝料もあわせて請求していましたが、「退職時の給与の6か月分」の損害賠償が受けられる以上はさらに慰謝料を認めることはできないとして、否定されています。
2014年05月22日 00時47分
----------

ワタシの場合,

> 一般に,解雇された従業員が被る精神的苦痛は,解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められると解するのが相当である。

”解雇された従業員が被る精神的苦痛は,解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められる”に思い切り該当するやないか。

てかコレも訴状に書くわ。

ありがとう!

« 2014年7月29日 | トップページ | 2014年7月31日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック