« 2014年7月30日 | トップページ | 2014年8月1日 »

2014年7月31日

2014年7月31日 (木)

ワタシに対して、携帯の電源がどうのと言うとるヤツへ

今日22時以降に5件、非通知の着信あったのオマエやな?


ワタシは単に、非通知着信拒否設定にしとるだけや。


非通知着信を許可したら、ものすごい数のイタズラ電話があったり、朝5時にいきなり電話で叩き起こされたりするねん。

ちなみに先日ニコ生中に電話くれた女性は、番号通知して来たから出れたの。


その後めちゃくちゃ他の電話がかかってきたから、女性の番号はもう保存されてない。

めっちゃかかった。あん禿1時頃ちゃう?

オマエら言うところのエアバイト、切りがいいトコまでやったらめっちゃかかった。

・・・と書いたら、新しい設定がどうのと書いて来るんやろなあw

明日は休みやけど、ナニするかなあ。

印刷しながら児玉晃一に関して書くのがええかなあ。


しかし、ワタシの敵は既にワタシのバイト情報仕入れとる可能性が高い。

なんせ警察なんて、いくらでも恣意で情報タレ流せるしなあ。

但し、その情報を横長ししたら、児玉晃一と同じで守秘義務違反に問われるねん。


だから既にバイト先分かっとるのに、表立って攻撃できん状態なんちゃうか?


だからワタシが少しでもそれらしいコト言うたら、それを真実として特定したことにするんやろ。

とにかく、バイト先はゼッタイにバラしません。

そうそう、オマエの母ちゃんて〜べ〜そ〜!って言うやろ。

子供らが相手を罵るために言う言葉な。

アレなんで友達はハラタツのか、サッパリワカランかった。

大西弘子の悪口言われてもワタシ腹立たんかったもん。


同様に、゛母に誓って゛という言葉もワタシは概念できん。


伊達娘のことをデベソだとか言われたらハラタツし、伊達娘に誓うことは概念できるんやけど。

バイトについては一切言えません

そうやって釣って、バイト先特定して、ワタシの収入源を断つ目的やろ。

だから、何と言われようが一切言えません。


それで去りたいヤツは勝手に去れ。

ワタシは別に誰にも頼ってないし。

今日は早めの休憩

月末やからか、なんかヒトが多い気がする。

明日休みなんやけど、カネのコト考えたら出勤したいよなあ。

しかし早めに訴訟資料印刷したいとも思ってみたり。


てか明日は映画の日。

思い出のマーニーもっぺん観てもええかなあと思うたり。

追伸。エホバの証人やった

おばちゃん、一生懸命赤線入れとるけど、なんの役に立つんかなあ?


ワタシいつも言うとるように、目の前に現れた困難にひとつひとつ立ち向かうことでしか、真の思考力も知識もつかんと考える。


本って、困難を解決しようとして読まな、なかなか身に付かん。

隣のおばちゃん、゛サタンの行動がハルマゲドンにつながる゛なんて冊子読んどる

もしかしてアレフ?

フツーのキリスト教でも゛ハルマゲドン゛って使うのかなあ?


いやしかし、こういう宗教の冊子に書いてある物語って、引いた目で見たら厨二病そのものやないかなあ。

ヒトリで考えとるだけか、大勢で考えるかの違いだけで。

東京弁護士会、意地でも児玉晃一の守秘義務違反認めてないなあ。

芹沢昇雄が、児玉晃一から連絡があったとメールしとるんやから、誰がどう見ても児玉晃一、守秘義務違反やっとるやないか。

そして、児玉晃一がワタシのブログに対して主体的に判断を加えたからこそ、ワタシに対して回答できんかったんやろ?

仮に芹沢昇雄が児玉晃一の名を借りてワタシにメール寄越したならば、児玉晃一は謝りのメールくれるハズやないか。


そして、芹沢昇雄のメールがあるんやから、仮に児玉晃一が守秘義務違反ではないと主張するとしても、立証責任は児玉晃一側にあるはずやねん。


なのに東京弁護士会は、児玉晃一が立証もしていないにもかかわらず、一方的に児玉晃一の主張を鵜呑みしとる。


めちゃくちゃやないか。

カノに反論

国に頼っとるのとちゃうわい。

法律に頼っとるんじゃ。

AKB48チームA岩田華怜様20140729

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

なんか,はるきゃんとわさみんとでオモロイこと始めたな。

てか3人の動画を見ると,伊達娘を見るとなんかドキドキしてもて,敢えて,はるきゃんとかわさみんとか見てまう気がする。
でも伊達娘も見たけど,やっぱガニ股はだいぶ意識してくれとると思う。

色白やし,体格があるだけセクシーさも出てきたように思う。
セクシーと思うからドキドキするのもあるよなあ。

ところで,ダンスだけではなくて,公演曲全員で作ってみろ,とワタシは以前より書いてきたんやけど,ソレはアキブータンが許可せんのかなあ?
ダンス動画だけならば許可して。
てかアキブータンの楽曲使うのも,収入減るからという理由でNGなんかなあ・・・

とにかくアイツ,言うとるコトとやっとることがちぐはぐやからワタシハラタツねん。

ワタシは言うとるコトとやっとることが外れることはないやん。
確信犯的に,ごくごく稀にやることはあるけどさあ。

しかも,前回言うとるコトとやっとることを外したのは,気弱になったフリして,口座番号として“07214519”を記載した事件まで遡るんちゃうか?
アンチも実のところワタシは正直者と理解しとるから,アレには大勢ひっかかったからなあwww

ソレはソレとして,さっきあーやの投稿を見たけど,あーや,ガンプラにハマっとるやん。

ガンプラにハマるって,同じアニヲタでも伊達娘とはまたちゃう方向やわなあ。

てかワタシヨウワカランねんけど,なんでオトコはガンプラにハマるんやろ?
てかなんでオトコはプラモデルにハマるんやろ?
オトコのくせにソコがサッパリワカラン。

プラモデルなんてしょせん模造品というか・・・・
ワタシはやっぱ現物をどうにかしたいと思うねん。

そういえば,ワタシが大学生のときに,後輩らが「ときめきメモリアル」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%8D%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB

という恋愛シミュレーションゲームにめちゃくちゃハマっとったけど,ソレにはいっこも興味がなかった。

アイドルをプロデュースするゲームもあるよな。ソレにもいっこも興味示さんかった。だから名前も覚えてない。
てかAKBの恋愛総選挙も買ってないし。

ワタシは,なんでもリアルに想像できるものしか相手にして来んかった。
だからいくら鉄道が好きだからといって,模型を好きにはゼッタイになれん。
模型ってけっきょく模造品やん。

そういうと,フィギュアを集めとる伊達娘も立つ瀬がないかもやけど。

もう高校,大学時代から,ジブリが好きだからといって,グッズを買うというよりも,実際に会いに行くコトを考えたもんなあ。

ジブリ作品のグッズを買ったことがあるのは中高生の頃までやなあ。
初めてジブリを知って,田舎のちょいアニメ系の本屋で下敷きを買って喜ぶとかはした記憶があるなあ。
レーザーディスクまで考えると大学生の頃まで行くけど。
まあアレもいまとなってはグッズのひとつなんやけど,そういう意味でいうとレーザーディスクは描き下ろしの絵が魅力的で買った記憶がある。

近藤喜文さんの絵はそれくらい魅力的な気がした。
然るに,米林さんの絵はそこまで行ってないねん。
ナニが違うんやろなあ・・・

グッズを買ったからといって,それをコンプリートするという満足感はあっても,そこからなにかを得るというカンジは一切ない。

だから,LDを買うのも,この絵を見るためにはこのLDを買わねば,と言い聞かせて買った気がする。
いま,違法かもやけど,画像なんてインターネットにいっぱい落ちとるし,LDの中のパンフレットの文章だってやっぱインターネットに落ちとったりするし,さらにそれでも欲しければオークションで欲しいものだけ買うこともできたりする。

だからいつからか,カネを使うには,“そこからなにかを得る”かどうかで判断するようになったなあ。
やっぱ,ワタシの価値観が変わったのは,インターネットの発達も大きいと思う。

そういえば,コレ書いたことあったっけ,「耳をすませば」の頃からなんとなく,そして「がんばっていきまっしょい」の頃から明確に,
自分がカネを出さずとも,一生懸命,誰も考えんような応援の仕方を考えたら,日本トップと言われる人々からでさえも直々に感謝される。
そのほうが,与えられたものをコンプリートする消費者よりも何倍も価値がある。
と,ワタシは考えた。

映画サークルのヤツらが映画を評価しようとしとるのは,そういう意図やと善意に受け取ったから,ワタシもその真似をしたんやな。
しかし,映画サークルのヤツらも,たとえば「がんばっていきまっしょい」を評価できんかったコトなんかから考えて,“自分たちで映画を評価しよう”というのはタテマエであって,そのじつ,「こんなヒトと交流があるんです!」って自慢がしたいヤツらばっかやった。

本音とタテマエが合致しとるヤツはおらん。
その上さらに,いくら日本で評価されとるヒトに対してさえも,ホンマに真剣に考えるヤツっておらんねん。

結局誰かが言ったことを鵜呑みにしてしまう。
そしてそれを知らんヤツのことを“情弱”なんて非難してみたりするしさあ。

“情弱”かどうかなんて関係なくて,少ない情報の中からであっても自分で考えたことにこそ意義があるのに,それを理解しとるヤツはまあおらん。
学校自体が,“結局誰かが言ったことを鵜呑みにしてしまう”教育を推奨しとるもんなあ。
誰かが言ったことってウソちゃうんか?と自分で思うところから始まるのに。

それを言えば,マスコミが言ったことってウソや!として“マスゴミ”なんて言葉があるけど,“マスゴミ”と言うとるヤツらだって,やっぱ“マスゴミ”と最初に言うたヤツの言ったことを鵜呑みにしとるだけであって,では今回“マスゴミ”のどこが変更報道したのか考えるヤツなんかおらんしなあ。

ジブリのハナシのついでに,なんか今日“本名陽子”がキーワードとして上がっとったから,何かなあと思うて検索したんやけど,本名陽子,一般男性と結婚したらしいなあ。

ワタシが言うのもアレやけど,34歳とかで結婚ってもう晩婚やと思う。
運命的な出会いって,運命やからこそ早いと思うねん。

いやそれは伊達娘基準で言うとるのであって,ワタシ基準であれば凄まじく遅い。

しみじみと思うけど,伊達娘といろいろ関わって,あ,ワタシってこんな人生を送る運命やったんや,って,初めて理解したよなあ。

それまではホンマに,定年まで会社を休みがちで,給料も上がらない,しがないイチ会社員で人生終わってまうのかと思うとったからなあ。

やっぱ人生って,十人十色というか,全員が全員ちゃうから,もう自分が幸せと思うかどうかなんやろなあ。

いやしかしワタシは,伊達娘をまじまじと見たら,伊達娘とは不釣合いなんちゃうかと思うてまうなあ。

わさみんに,もっと自分に自信を持てとは書いたけど,ワタシ自分の容姿には自信がないなあ・・・

ほなね

2014/07/31 11:20:59 おーにっちゃんより

--------

明日休みやから,異議申立書書いて掲載するわ。けど出すのは9/25頃

東京弁護士会の判断が如何に矛盾を孕んだものか,独断と偏見に基づくものかを主張しまくったる。

東京弁護士会からのめちゃくちゃな却下資料

ワタシが児玉晃一に関して,児玉晃一の答弁が逐一事実と異なる旨の記載をしたにもかかわらず,その点を問題には一切していません。

このような恣意的な懲戒請求却下があっていいはずはありません。

60日経過前後で,日本弁護士連合会に対して異議を申し立てます。

但し,弁護士組織は腐敗し切っているとワタシは認識し,恐らく却下の回答が来ると思いますので,却下の回答が来次第,児玉晃一らに対する名誉毀損訴訟として提訴します。

勝つ負けるのハナシではないのです。

相手をリング上に立たせることに意義があるのです。

------------

平成26年東綱第116号
議 決 書
〒(伏字)
懲戒請求者 大 西 秀 宜
〒151-0064 東京都渋谷区上原3-6-6オークハウス202号
マイルストーン総合法律事務所
(登録番号23537)
被調査人 児 玉 晃 一
被調査人代理人弁護士 岡 田 浩 志
同 前 田 領
同 駒 井 知 会
当委員会は,頭書事案について調査を終了したので,審議のうえ以下のとおり議
決する。
主 文
被調査人につき懲戒委員会に事案の審査を求めないことを相当とする。

事実及び理由
第1 事案の概要
1 当事者
懲戒請求者は,平成25年12月13日に被調査人に法律相談(以下,「本
件法律相談」という。)を行つた者である。

2 前提事実
(1)懲戒請求者は株式会社日立製作所に勤務していた。
(2)平成24年4月19日,懲戒請求者は日立製作所コンプライアンス本部宛
て,社内で懲戒請求者の個人情報の無断収集及び開示が行われていること,
そう病により休職を指示する診断書が作成されそうになり,危うく休職に追
い込まれそうになったことを内容とするコンプライアンス通報を行った(甲
9)。
また,懲戒請求者は,同年4月19日,経済産業省大臣官房広報室公益通
報窓口宛て, 日立製作所が個人情報保護法違反を行っている等を内容とする
公益通報書を提出した(甲10)。
(3)懲戒処分(甲6, 7)
ア 同年5月8日,懲戒請求者は,「上長のキャビネを無断で捜索し書類を
収集,ならびに取締役他に大量のメールを送信し(1人100通,計15
00通)業務を妨害した」との理由で,出勤停止1日の懲戒処分を受けた。
イ 同月30日,懲戒請求者は,アの懲戒処分の後,「社外サイトヘ会社や
従業員の実名をあげ,誹謗,中傷,脅迫,おとしめるような行為を行っ
た」との理由で,出勤停止15日の懲戒処分を受けた。
ウ 同年6月22日,懲戒請求者は,「(イの)出勤停止中においても,会
社を誹謗,中傷,おとしめるような行為を継続して行っており,三度の懲
戒処分を行うも,改悛の情がなくその責任は重く,所員就業規則第53条
第1項第12号『しばしば懲戒,訓戒を受けたにも拘わらずなお悔悟の見
込みがないとき』に該当する」との理由で,懲戒解雇処分を受けた。
(4)本件法律相談
ア 懲戒請求者はインターネットを通じて芹沢昇雄と知り合い,同人の紹介
で被調査人に法律相談を行うこととなつた(甲18,甲19,甲2)。
イ 懲戒請求者は被調査人との間で,平成25年12月13日午後4時から
約55分間,本件法律相談を行った。相談費用は法テラスの援助が利用さ
れた。
懲戒請求者は,本件法律相談に際し,甲1(① 日立製作所等を提訴する
旨のチラシ2枚,② メール資料5枚,③産業医作成の依頼書及び風メンタ
ルクリニックの書面)を持参し, これを資料として法律相談を行った。
(5)本件法律相談後の事情
ア 懲戒請求者は自身のブログにおいて被調査人を懲戒請求したい旨を掲載
したところ,芹沢より懲戒請求者に対しこのブログの内容につき抗議する
旨のメールを受信した(甲3)。
イ これに対し,懲戒請求者は被調査人及び芹沢に対し,本件法律相談での
被調査人の回答内容を文書にするよう要求する等のメールを送信したが
(甲4),被調査人はこのメールに対して回答をしなかった。

第2 懲戒請求者が懲戒を求める事由の要旨
1 本件法律相談そのものに関して
(1)本件法律相談において,懲戒請求者は, 日立製作所は個人情報保護法に違
反しており,公益通報が正当に調査されず,懲戒請求者の抗弁を聞く機会も
なく懲戒解雇されたことを問題として法律相談を行ったところ,被調査人は,
六法全書を一切見ることなく,懲戒請求者を追い返した。このような不誠実
な対応は,弁護士法第2条に違反する。
(2)また,被調査人は, 日立製作所に有利な回答を行ったことから,弁護士法
第26条に違反している可能性がある。
(3)上記のような被調査人の行為は,懲戒請求者に対する弁護士の信頼を著し
く失墜させるものであり,弁護士法第56条第1項に規定する非行に当たる。
2 本件法律相談後の事情に関して
(1)被調査人は,法テラスの報告資料には,虚偽の記載をした可能性がきわめ
て高いと想定する。
(2)本件法律相談後の懲戒請求者のブログに対し,被調査人自身ではなく他人
(芹沢)をして非難させていることは,不誠実な対応である。
(3)その後の懲戒請求者のメールに対し回答していないことは,不誠実な対応
である。
(4)上記のような被調査人の行為は,懲戒請求者に対する弁護士の信頼を著し
く失墜させるものであり,弁護士法第56条第1項に規定する非行に当たる。

第3 被調査人の答弁及び反論の要旨
1 本件法律相談そのものに関して
(1)につき,被調査人は「六法全書」を開くことはしなかったが,パソコ
ンで関係諸法令を調査しながら懲戒請求者の質問に対して回答を行つた。
(2)(3)は争う。
2 本件法律相談後の事情に関して
(1)は否認する。法テラスに対しては,懲戒請求者に対してしたのと同趣
旨の記載をして法律相談票を送った。
(2)は否認する。
(3)につき,被調査人が回答しなかったことは認める。これは,懲戒請求
者は日立製作所等に対する訴訟等に関するやり取りを自身のブログで公開して
いるところ,被調査人が回答をすることにより,その対応がこのブログで取り
上げられることは望ましくないと考えたためである。
(4)は争う。

第4 証拠の標目
別紙証拠目録記載のとおり

第5 当委員会の認定した事実及び判断
1 本件法律相談そのものに関して
本件法律相談において,被調査人が,弁護士法第2条ないし同第26条に違
反した行為,同第56条第1項に規定する非行を行ったと認めるに足りる証拠
はない。
2 本件法律相談後の事情に関して
本件法律相談後,被調査人が,法テラスに対して虚偽の報告を行ったと認め
るに足りる証拠はない。
また,被調査人が,芹沢をして懲戒請求者に対して非難する旨のメールを送
信させたと認めるに足りる証拠はない。
本件法律相談での被調査人の回答内容を文書にするよう要求する等のメール
(甲4)に対し,被調査人は回答をしなかったことは認められるが,この事実
をもって弁護士法第56条第1項に規定する非行とはいえない。
よって,主文のとおり議決する。
平成26年7月18日
東京弁護士会綱紀委員会
委員長 海野浩之

1 書証
(1)懲戒請求者提出
甲第1号証 法律相談時の資料(① 日立製作所等を提訴する旨のチラシ2枚,
②メール資料5枚,③産業医作成の依頼書及び風メンタルクリニ
ックの書面)
甲第2号証 メール(日程調整の件)
甲第3号証 メール(芹沢昇雄)
甲第4号証 メール(懲戒請求者)
甲第5号証 事務連絡,訴訟救助決定
甲第6号証 懲戒解雇通知書
甲第7号証 個人情報の開示等の請求について
甲第8号証 ブログ
甲第9号証 コンプライアンス通報,その回答
甲第10号証 公益通報,その回答についての書き込み
甲第11号証 インターネット記事(JASRACの件)
甲第12号証 メール(懲戒請求者)
甲第13号証 ブログ
甲第14号証 ブログ
甲第15号証 ドイツ語による文書(証拠説明書によれば「ドイツでの懲戒
請求者の取調調書」及び「ドイツでの懲戒請求者の身分証明
書」)
甲第16号証 ドイツ語による文書(証拠説明書によれば「ドイツ政府から
懲戒請求者の亡命申請却下資料」)
甲第17号証 ブログ
甲第18号証 メール(芹沢昇雄とのやり取り)
甲第19号証 メール(同上)
甲第20号証 ブログ
(2)被調査人提出
なし

2 人証
なし

左は謄本である。
平成26年7月25日
東京弁護士会事務局長 鈴木和弘


上記資料はこちらから原本を閲覧できます。

https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRVjV2MXN6dWd1RzA&usp=sharing

ワタシの出した資料一式はコチラ

https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlReFZuZTlkdkVFeGM&usp=sharing

児玉晃一からのハチャメチャな答弁書はコチラ

https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlROXRfd2EyWFh5MG8&usp=sharing

« 2014年7月30日 | トップページ | 2014年8月1日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック