« 「思い出のマーニー」観てきました | トップページ | 休憩1回目。思い出のナントカについて ←作品名忘れた   »

2014年7月12日 (土)

【ネタばれ】「思い出のマーニー」感想

冒頭から、ヒロインのひとり・佐々木杏奈に黒い影が見られて、どうもそれは家庭関係であることが容易に想像がつき、重苦しい出だしでした。

それが晴れぬままに、どう見ても実在の人物ではない、幽霊かなにかであるマーニーが出たり消えたりして、そのあたりの繋がりはあまり気持ちのいい映画ではありません。


杏奈は母親のことを「おばさん」と呼び、自分がみなし子であり、いまの母親が本当に自分のことを愛してくれていないと思っています。
そして父親はゼンゼン出て来ないので、確かに家庭環境的にも何らかの問題はあるようです。

そんな杏奈は、自分の置かれた環境を息苦しく思ったのも原因なのでしょう、中学1年生になったいまでも、けっこう激しい喘息を患っています。
そして、母親の親戚かなにかの、道東の家にしばらくいて療養することになります。
大自然の中にいれば、治癒するのではないか?との母親の思いからです。


母親は、杏奈は実の子供ではないとはいえ、杏奈の喘息の治癒を願って手を計らい、さらに毎日報告するようにと、50円切手を貼ったハガキをたくさん杏奈に渡しました。(ジブリは消費増税を知らなかったのか、敢えて増税反対の意思を込めたのでしょうか?それともこの物語は2013年以前の設定?)

杏奈は道東の家から母親への最初のハガキには、ほんの数行の、通りいっぺんのハガキしか書けませんでした。


しかし、杏奈はマーニーに会ってから変わりました。

マーニーは、両親が健在だったのですが、両親から顧みられることなく、大きな屋敷の中で、女中らにも冷たくあしらわれ、ひとり孤独に過ごしていたのです。


杏奈はマーニーの置かれた境遇を聞き、自分は実の両親に育てられてはいないが、愛情を受けていることに気づいてきたのでした。(記憶の限り、父親の愛情描写がなかったようなのは気がかりですが)

だから、杏奈が後のほうで送った絵はがきでは、自分の部屋から見る景色のスケッチを描いています。
それだけ杏奈は、自分から母親に対して、伝えたいものが出てきたのです。


しかし、ワタシは両親の愛情を描くのであれば、このような屈折した物語よりも、"赤毛のアン"のような天真爛漫な物語のほうが好きです。

そのあたりが、どうもこの物語の進行をイマイチと思った理由です。


ココからは、ネタばれ中のネタばれになるので、これから観る予定のヒトは読まないでください。


マーニーは辛い生活を送り、そこから助け出してくれた男性(カズヒコさんと言ってたっけ?)と結婚したのですが、愛する夫は病気ですぐ亡くなりました。

そのために仕方なく、子供を施設に入れたのですが、子供はマーニーのことを恨み、できちゃった結婚して、家出同然でマーニーのもとを出て行きました。

そして子供夫婦は、不慮の事故で亡くなってしまいます。
マーニーはなんとも不運な人生を歩んだのです。

マーニーはひとり遺された孫を、この子だけは、自分や娘のような思いはさせない。と思って育てました。
しかしまだ孫が小さいうちに、マーニーは無念にも亡くなってしまったのです。


・・・その孫とは、偶然にも、杏奈でした。


マーニーと杏奈、過去と現在のハナシなので、マーニーと杏奈は実は血が繋がっているのでは?と途中から思いましたが、ビンゴでした。


マーニーと杏奈の、感動の物語で、ラストではすすり泣きが聞こえました。

しかしワタシがマーニーならば、どんなに貧乏な生活を送っても、自分の子供は自分で、全身全霊をかけて育てます。

自分の人生で得たことを伝えることは、お金とか家とか財産を残すことにも増して、親にとって必要なことと思います。


自分の見栄しか価値観のない大西弘子は、死んで、地獄の中でもがきながらでさえも、そのコトを理解できないと思います。

いや、ワタシは大西弘子からイイカゲンに育てられたからこそ、身をもって主張できるのですから、逆説的になりますが、大西弘子には感謝すべきなのかも知れません。


ワタシが、岩田華怜をはじめとして、AKB48に秋元康以上に全身全霊をかけているのも、どんなに貧乏な生活を送っていても、自分には伝えられるものがあると思っているからです。

« 「思い出のマーニー」観てきました | トップページ | 休憩1回目。思い出のナントカについて ←作品名忘れた   »

ジブリ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ジブリは消費増税を知らなかったのか、敢えて増税反対の意思を込めたのでしょうか?それともこの物語は2013年以前の設定?

クソワロタ

腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道腐れ外道

大西さんが伝えられるものがある、と考えるのは自由ですが、勘違いです。
他人に何かを伝える前に自分の顔と生き方を振り返って下さい。どう考えても誰が見ても恥ずかしい人生ですよ。

せい かつ保護は暇で良いね。
禁止ワード解けやくず税金大西w

ナマポ受給者が無駄遣いかい?

日本てすごいなー。

うんこ人間でも、エラソーに生活出来るんだから。

まーた「赤毛のアン」と自分の母親か


>どんなに貧乏な生活を送っていても、自分には伝えられるものがあると思って

お前のようなデタラメやって会社クビになって、自己破産して責任放棄するような
無責任人間に伝えられるものなど何もない

>自分には伝えられるものがあると思っているから

思うだけは勝手ですが、それが誰の心にも響いていない(=現実は何も伝えることなど出来ない)ことは早めに理解することです。

なんで大西弘子さんが出てくるんですか?

弘子を思い出して、すすり泣いたのが本当のところであろう

生活保護?

母子相姦野郎にふさわしい感想だな

はじめまして。
大西さんのブログ記事をいくつか読みましたが、斬新な切り口や独創的な世界観に魅せられました。
過去には日立製作所で働いていたとの事ですが、現在はクリエイティブ系のお仕事をされているのでしょうか?
もし、そういうお仕事をされているのでしたらお会いした上で依頼を検討したいのですが如何でしょう?

大西秀宜君・・・・

>ココからは、ネタばれ中のネタばれになるので、これから観る予定のヒトは読まないでください。

だったら書くんじゃねーっ!! なんで書くの?"ネタばれ中のネタばれ"なんぞ。

>しかしワタシがマーニーならば、どんなに貧乏な生活を送っても、自分の子供は自分で、全身全霊をかけて育てます。

何を言うか( ´,_ゝ`)プッ
大西秀宜君の実母も彼女なりにそうしていたんだ。君を真人間にしようとしてな。

君には、虚言を吐き散らす癖がある。嫌な事や都合の悪いことにぶつかると、
この悪癖が出て来る。逃避の為だ。2回の自称亡命と同様に。
それを繰り返していたため、君の言うことを実母は信じなくなったんだろ。

>ワタシが、岩田華怜をはじめとして、AKB48に秋元康以上に全身全霊をかけているのも、
>どんなに貧乏な生活を送っていても、自分には伝えられるものがあると思っているからです。

笑わせるな。好みのメンバーに対して(;゚∀゚)=3ハァハァ(;゚∀゚)=3ムッハーしているだけなのに(一笑一笑)
「邪悪な欲望を内蔵したなりがわるい人生全敗王大西秀宜君」でしかないだろWWWW

この人生全敗という現実から逃れる為、自身の脳内に"なりがわるい陰のプロデューサー幻影"を構築している。
今や、当該幻影は大西秀宜君を完全支配し、「ロビ観」に日参する日々を送っている。

だが、それが大西秀宜君の悲惨な現状を変えただろうか?
違う。かえってダメージを深くしているのである。

また、君が通い詰めるのは無料の「ロビ観」だから、AKB48には何も寄与していない。金を出さないから。
何を伝えたと言うんだ?AKBヲタ界における可動式「危険な力を内蔵した工作物及び施設」である事実か?(嘲笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/56769802

この記事へのトラックバック一覧です: 【ネタばれ】「思い出のマーニー」感想:

« 「思い出のマーニー」観てきました | トップページ | 休憩1回目。思い出のナントカについて ←作品名忘れた   »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック