« アキブータン(秋元康)からの投稿を再掲 | トップページ | あん禿の最後に毎回ワーッと書いてきとるのは,被告AKSの工作員,とりわけ寺門朝勃の可能性が高いなあ。 »

2014年8月19日 (火)

ふと見たら,兵庫県多可郡多可町の”広報たか”,2013年5月をもってインターネット掲載を休止しとるやないか。

このとおり。

http://takacho.tokyo.r-cms.jp/gyousei/kouho/

・・・・・で,ワタシ自分のブログを見返したら,2013/5/1に多可町をコテンパンに書いとる。
それ以前にも2ちゃんねるでコテンパンに書いてはいるんやけど。

(以下,適宜改行を加えています)

-----------
ジブリ汗まみれ「山口智子さんとの対談その3」の回を聴いて思ったこと 2013/05/01 02:10

スタジオジブリの皆々様,とりわけ鈴木敏夫さんへ
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-db57.html

下記を聴いての感想です。
■2013/04/30 全3回にわたって山口智子さんとの長野県・小布施での対談の模様をお届けします。【その3】
http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol267.mp3

今回はあまり指摘するところもありませんでした。
北斎と広重のハナシが出ていて,私はどちらもあまり詳しくないので調べましたが,
2人は37歳離れていたそうですね。
私がいま37歳ですから,私がちょうどいま生まれた赤ちゃんがライバルになる,
という心境を北斎は味わったということになります。
けど,私などは,37歳も下であれば,すごいものはすごい,と思ってしまいます。
また,いまの会社などであれば,37歳であれば課長か係長にはなれており,
赤ちゃんが成人するまでには部長かさらにそれ以上になれています。
にもかかわらず,北斎は広重をライバルと思ったのでしょうか?
思ったとすれば,江戸時代,というか絵師には階級の概念がなく,
ただ売れるか売れないかそれだけの,非常にシビアな世界であった,
ということが言えると思います。
しかし,シビアな世界であろうがなかろうが,プロデューサー的気質なヒトであれば,
広重が自分よりも優れている!と思えば,これをどうにかしたいと思ったと思うのです。
北斎は自分が職人であったがために,プロデューサー的気質はなかったのかなあ,
と思ってしまいます。
宮崎駿もそうですよね。職人と思います。
となりの山田くんのときの,高畑,田辺,宮崎の関係が出てきましたが,
宮崎さんにプロデューサー的気質があったとすれば,高畑さんの前に行って,
「高畑さんの思うイメージとはどういうものなのですか!?描いてくださいよ!」
と言って,ラフな絵まで描かせてしまうと思います。
そうはせずに,宮崎さんは自分で描いてしまった。
それを,山口さんも鈴木さんも,田辺さんに対する宮崎さんの優しさ,と仰いますが,
私は,なんでもいちばんにイメージしてみたい,宮崎さんの好奇心&闘争心が
沸いただけと思います。
私が宮崎さんに1回ジブリでお会いしたとき,写真を撮っても視線を逸らされた,
と書きましたが,がっかりしたのはそれだけではないのです。
そのとき,加藤登紀子さんオリジナルの地酒を持参したのですが,
それを宮崎さんは,「これもらったことある」と仰い,ありがとうとも仰いませんでした。
初めて会う19歳のファンから,ものをいただいてありがとうとさえ言えないような人間が,
優しいと思えますか?

私は思いません。

加藤登紀子さんと私の故郷多可町中区は,それなりに関係があります。
日本酒でいちばん有名な山田錦という酒米の元になった,"山田穂"という品種を
偶然見つけたのが,中町東安田,いまの多可町中区の山田さんという方であった,
という縁があり,ちょうど紅の豚の年だかに,日本酒を愛好する加藤登紀子さんを
招いて,中町オリジナル酒を造ったのが始まりで,毎年"日本酒の日コンサート"
を開き,加藤登紀子さんを多可町中区のベルディーホールに招いているのです。
(ちなみに私は,多可町中区曽我井出身で,東安田からも数百mの距離です。)

たとえば:
http://www.takacho.jp/verde/2011/yamadanisiki/yamadanisiki23.pdf
しかし,いくら加藤登紀子さんから既にいただいていようが,いただいたものに
感謝する姿勢は,人間として必要と思います。
そういうココロが,宮崎さんにはなかったのです。
私は,そういう点からも,宮崎駿に対する評価は,世間一般のヒトが
思うものよりは低いです。
そのコンサートを行っているベルディーホールも,1990年に,本来は残すべきであった
鍛冶屋線という鉄道を廃止する代わりに作ったハコモノです。
私は,ハコモノを作るくらいであれば,鍛冶屋線をなんとか残し,そこから,
人々の繋がりを形作っていくべきだ,と,中学生ながらに発信していました。
そういう趣旨で,弁論大会にも出ました。
田舎の,ハコモノマンセーのアホ連中には評価されませんでしたが。
しかし,私には,この亡命を成功させ,富を得て,鍛冶屋線を復活させたいという
夢があります。
1990年当時に,中学生が田舎で鉄道の重要性をいくら説いても,誰にも見向きも
されませんでしたが,いま京都議定書をベースに,原発事故などの経験もあり,
鉄道がどんどん見直されています。
三陸でも鉄道での復活を前提に進んでいるようですし,わずかですが,
広島でも廃線になった鉄道が復活している事例もあります。
私は,日本の,いや世界のいまの流れを変えたいと思っています。

Hidenobu Onishi
Op de geest 45
25884 Viöl
Deutschland
+49-151-2558-8795
大西秀宜
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/

-----------

やっぱ多可町も認識したんかなあ。

ワタシの同級生で,2浪して神戸大学に入って,都会で使いモノにならずに役場におさまっとる,ヒョロヒョロのアホ職員・橋本行広あたりが騒いだんかなあ?

ワタシ2010年くらいに,橋本行広から,いろいろ騒がないで欲しいと言われて,コイツなんちゅう保守主義やねん?って見くびってん。

ワタシ,変わりたくないヤツは要らん。

« アキブータン(秋元康)からの投稿を再掲 | トップページ | あん禿の最後に毎回ワーッと書いてきとるのは,被告AKSの工作員,とりわけ寺門朝勃の可能性が高いなあ。 »

ど田舎」カテゴリの記事

コメント

また酒と薬飲んでるから…ほんとアル中薬中

きんたまーyo! (( ´∀`)σ▁▂▃▅▆▇☆☆☆

最近変だよ…取りあえずお酒と薬一緒はやめてください。もう頑張らなくていいよ。自我考えてるならやめてね。

基地外の生活保護受給者には誰も関わりたくないだけだよ馬鹿w

末尾iさん(対新月さん限定)考察 仮説
何故かわかりませんが過去に書かれたコメントに
異常なぐらいこだわっている。
多分、末尾iさんが過去に自らが書いたコメントを
指摘されて屈辱味わったからだと思われる。
基本、他の人が過去のコメント指摘されても
確認程度(これはそう、あれは違う)
ぐらいなので余り意味がないのですが、
彼にとっては屈辱。
新月さん目撃者さんは個人名示すのではなく
末尾iさんに不快なコメントする方に
与える侮蔑的称号。
与えられた人からしたら問題無し。
あの工作員認定と同義。
末尾iさんの自演の定義
過去のコメントは基本全て自演認定。
別に匿名掲示板なので無名で偽名も
使い分けてませんがそういう事らしい。
確認不可の背後霊(端末iの憑いている端末X・仮)の存在
末尾iさんの嫌新月さんコメントに
敵対コメントが書かれると某漫画のスタンドの様に現れる。
逆に背後霊(端末X・仮)が嫌新月さんコメントをして
それに対して敵対コメントを書くと
本体の末尾iさん(端末i)が現れる。仕様かシステムかもしれない。
なお背後霊なので複数存在の可能性あり。
自縛霊タイプ(スレに居座る)浮遊霊タイプ(複数スレに居座る)変異する
基本、本体、攻撃の仕方がほぼ一緒
(過去コメの確認、自演認定及び
新月さん称号を与えることなど。)

キンタマアイドル岩田華怜(´∀`)


低能ビビり糞小便漏らし童貞キチガイ野郎大西秀宜(´ω`)

大西ひでぶのチビデブハゲ疫病神ってほんと使い物にならんなあ
さっさと死ねば

このブログと関係無い記事を上げないで下さい。

おーにっちゃんって、
話をコロコロと変えてますが、
内閣総理大臣の件はどうなったん?
下ネタ好きのキンタマアイドル岩田かれんの件はどうなったん?

「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで・・・」

どれも興味ないんやろな。

「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで・・・」

キンタマアイドルかれん

http://www.town.taka.lg.jp/kouho/kouho_index.html
まだやっていますが、アホなんですか。。。
本当に能力低いなお前

言いたいことあるなら直接コメしろってだけ

新月ブログ
初「愛」貫徹の日々
http://ameblo.jp/mitidule
新月アカウント
https://plus.google.com/u/0/114585597837264200517/posts
目撃者ブログ
自己愛性人格障害者→大西秀宜の超自己中極論を論破して遊ぶブログ
http://kitigai-ronpa.cocolog-nifty.com/
143 :最低人類0号:2014/08/01(金) 12:53:36.22 ID:6/Ou2PQSi
>>136
大西ブログより過疎ってる場所でコメントする公益性は皆無だからな
どうせ新月豚の自演天国だしw

被誹謗中傷者は公務員とはいえ、
誹謗中傷してる内容は公務外の事項だよな…。
いいのか?

大西はキチガイ!!

当時の大西秀宜君は、

>私は,ハコモノを作るくらいであれば,鍛冶屋線をなんとか残し,そこから,
>人々の繋がりを形作っていくべきだ,と,中学生ながらに発信していました。
>そういう趣旨で,弁論大会にも出ました。
>田舎の,ハコモノマンセーのアホ連中には評価されませんでしたが。

>しかし,私には,この亡命を成功させ,富を得て,鍛冶屋線を復活させたいという
>夢があります。
>1990年当時に,中学生が田舎で鉄道の重要性をいくら説いても,誰にも見向きも
>されませんでしたが,

と言っていた訳だが、この「鍛冶屋線廃線」に関し、ウィキペディアにある当該記事を見てみよう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%9B%E5%86%B6%E5%B1%8B%E7%B7%9A

記事タイトル「鍛冶屋線」

ここから廃線に関する記述を引用してみる。
-------------------------------------------------
昭和40年代頃からモータリゼーションの進展と、
地場産業の変化に伴い旅客・貨物輸送量共に落ち込み始めた。
昭和52年度 - 54年度の輸送密度は2039人/日だったのが56年度1600人/日、
59年度1400人/日と落ち込み、営業係数は1026となっていた。

沿線では、存続運動の拠点としてミニ独立国「カナソ・ハイニノ国」の建設が
1984年(昭和59年)11月に宣言された。

国名は、鍛冶屋側から駅名の頭文字を順に並べたものである。
様々な利用促進イベントを実施して注目を集めたが、廃線を止めることはできなかった。

1986年(昭和61年)に特定地方交通線第3次廃止対象線区として申請され翌年承認。
1987年(昭和62年)4月にJR西日本に承継された。

同年6月、専門委員会が設置されて第三セクターへの転換、バス転換、
野村駅 - 西脇駅間のみの存続などが検討されたが、
1988年(昭和63年)12月に全線廃止・バス転換に決定され、
1990年(平成2年)に廃止された。
-------------------------------------------------
(引用者注。この時代は観光誘致目的の「ミニ独立国ブーム」が有った)

この流れを見ると明白な様に、
当時、中学生だった大西秀宜君の弁論程度では鍛冶屋線廃線を止める事は出来なかったのである。
何しろ、『本気で廃線を食い止める為に、"ミニ独立国"まで設定して注目を集めても失敗している』のだから。

しかし、大西秀宜君はこう言っていた(多分、今でも大差ない考え方だと思われる)。

>いま京都議定書をベースに,原発事故などの経験もあり,
>鉄道がどんどん見直されています。
>三陸でも鉄道での復活を前提に進んでいるようですし,わずかですが,
>広島でも廃線になった鉄道が復活している事例もあります。
>私は,日本の,いや世界のいまの流れを変えたいと思っています。

それは「旅客・貨物輸送量」と「輸送密度・営業係数」の向上により、
『採算が見込める』からなんだ。

鍛冶屋線にそれらの要素があるか?無いだろう。
この現実は冷たいかもしれんが、それを直視しないと大西秀宜君の未来は無い!!

大西秀宜君は今回記事を、

>ワタシ,変わりたくないヤツは要らん。

で結んでいるが、君こそ"変わりたくないヤツ"なのではないかね?
なぜ過去に延々としがみつく?どうして駄々をこねて泣き喚きながら暴れ続けるんだ?
「日立がー!」「大 西 弘 子はー!」「アキブータンーっ!」などと駄々をこね続けているじゃないか。

既定事項たる過去から離れろ。そして未来を見据えろ。難しいかもしれんが、しかし、やらねばならないのだぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/57120670

この記事へのトラックバック一覧です: ふと見たら,兵庫県多可郡多可町の”広報たか”,2013年5月をもってインターネット掲載を休止しとるやないか。 :

« アキブータン(秋元康)からの投稿を再掲 | トップページ | あん禿の最後に毎回ワーッと書いてきとるのは,被告AKSの工作員,とりわけ寺門朝勃の可能性が高いなあ。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック