« 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月25日 »

2014年8月24日

2014年8月24日 (日)

ワタシ次の準備書面に、被告AKS及び被告キングレコードの言い分は伝聞だけで証拠がないから、岩田華怜らを呼び出すようにと主張しとるぞ。 

ヒトの準備書面を読みもせんと、そのを書いたヤツに勝てると思うとるコト自体が、オマエらが幼稚である証明になるコトくらい理解しような。

相手と言い合うには、相手の主張をしっかりと把握せなアカン。

と言うてもワカランやろなあ。

AKBにしても日立製作所にしてもや

AKBのヤツらも日立製作所のヤツらも、自分の名前ではなく、あくまで、"AKB"なり"日立製作所"なりという接頭語によって判断してもろとるだけやねん。

そして、AKBのヤツらは、クチでは夢なり卒業なり言うて、いまのままではアカン!と言いながら、AKBという接頭語によって判断してもろとることから抜け出せんようになっとる。

もうそれは、麻薬と同じ。

たかみなとかこじはるをはじめとして、ヤク中から抜け出せんASKAと、精神構造上大してカワランとこがある。


伊達娘にはそうはなって欲しくない。

この歌声間違いなくたかみなや、声だいぶイジっとるなあ、と思うたら、"Jane doe"やって

吉野家にて。

たかみなは、音程低いだけでなく、ビブラートとかの声の振れがないねん。

ハラから声を出したら、正しい音程からごく微妙に振れるのに、たかみなはソレが全くない。

同じ音程のままイジったのがまるわかりやからアカン。

ついでに音域狭く、サビもないし、売れる要素ないやん。


さっき伊達娘にも書いたことと同じやけど、どの歌手を目指したい、それ以上を目指したい、というのがなくて、ファンが褒めてくれるから、アキプータンが曲作ってくれるからって、こんな恥ずかしいCD出して反省もしてなければ、歌手なんてなり得ん。

ワタシがたかみなならば、"Jane doe"はソロ出したうちには入れられんなあ。

普通の歌手のレベルと離れ過ぎとる上に、それを隠すために、自分の声がめちゃくちゃイジられとるんやから。

ヘンテコリンなコメが多いなあ。

たとえば湯川氏は、勝手に軍事ビジネス始めたんやから、いま日本政府としてはいい迷惑やろなあ。

然るに、この事件になる前を考えると、民間人が海外で軍事活動を行い、成果を出せれば、集団的自衛権の行使、さらには海外派兵に向けて国民にアピールできる。

田母神もそういう計算の上で、湯川氏に会った可能性が高い。

だからこそ、印象操作のために、゛湯浅氏゛なんて敢えて間違えとるねん。

田母神って官僚だか政治家だかよう知らんけど、当事者の苗字を間違えるようではソコまで出世できん。

AKB48チームA岩田華怜様20140819

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはよう。おーにっちゃんです。

昨日はなんとか夜に書こう,と思いながら,伊達娘の,

> 稽古無いとか辛いけど、ラブライブ見て生き延びよう………←

という書き込みにどう反応したもんかと思って,“ラブライブ”を検索したりして,まあ一応ダンスを扱ったアニメなり漫画なりなのか・・・と思いながら,どう書こうかと思って,そのままあちこちに書き込みして,寝てもたw

あとほぼ3週間やし,ワタシは別に劇団に所属したこともないから,初演3週間前にどういうコトをすればいいのかとかヨウワカランねんけど。

それでも伊達娘は歌の音程がまだまだ怪しくて,ダンスのタイミングがスレ気味やから,スイセイミュージカルに出て,“デキル!”と思ってもらえるためには,スイセイミュージカルの人々と同程度の練習量では絶対的に不足やと思うねん。

・・・人並みの演技ができたら,当然スイセイミュージカルの人々は,「よくがんばった!」と褒めてくれるやろ。けなす理由もないし。

けど,スイセイミュージカルの人々が次も呼ぼうかと検討するときに,「岩田華怜はヒト並みの演技しかできんかったから,岩田華怜は呼ばずに,もっと上手な若手を探してみようか」ということになってまうと思うねん。

だから,真にスターになる人間は,“褒めてもらえたかとうか”ではなくて,スイセイミュージカルをはじめとして全体で,“トップレベルの,というか自分の想像し得る限りの最高の演技ができたかどうか”で,自分が成功したかどうかを判断する。

そのへんが,単にヒトから褒められたことによって,ついつい天狗になってまう人間と,あとあと残る人間の違いやねん。

そういえばワタシ,永田成志って体罰教師に,体育で“1”つけられたことを相当根に持っとるけど,それをはじめとして,中学校の教師にはそれほど評判よくなかった。
だから通知表もそれほどよくなかった。

中学校の教師からホンマに気に入られたヤツは,ほぼオール10とかみたいやったけど,ワタシは8とか9もいくつかあった記憶がある。
10ってそれほどなかったかも知れん。忘れた。

てか大西弘子がすぐ自慢に使うから,通知表も燃やしたかもなあ。
少なくともテストの成績は,そんな過去を自慢されたくないとして,あまりにハラたてて,高校のときに全部燃やしたんやけど。

けどとにかくテストでは,トップクラスの成績という成果を残したし,トップクラスの成果を残したからこそ,自慢でもないけど,ウチの学校からそれほど行かん高校に推薦で入れた上に,飯台にも入った。

やっぱ先生って所詮そのへんのオッサンオバハンやから,えこひいきしやがるねん。だから成果と異なる成績を平気でつけたりしやがる。
AKSのマネージャーも同じやろ。アキブータンだって露骨にえこひいきと言われたりしとる。

もしワタシが内申点を気にして,先生に取り入るような性格であれば,ほぼオール10とか取れたかも知れんけど,ワタシもう小学生のときから先生には批判的で,自分の納得することしかできんかった。

だからか,AKBでも権力者に媚びるメンバーを見かけたら,ついつい苦情書いてまうよなあ。

伊達娘のハナシに戻ると,伊達娘がイメージすべきことは,スイセイミュージカルでようやく褒められるレベルの演技ではなくて,伊達娘がミュージカルで生きていこうと決心した作品で,そう思わせてくれた女優とおなじ演技やねん。

それで,まあ今回初めて大人としての演技でもあるし,伊達娘のイメージする女優と同じ演技まではできんとは思う。

そして,本番で舞台に立ってみて,伊達娘のイメージする女優と同じ演技までには,自分にはいったい何が足りんのか,アレもできてない,コレもできてないとちゃんと認識して,“悔しい”と思ってほしいねん。

“悔しい”と思うためには,練習はとにかくヒト並みか,ヒトよりもある程度量をこなした程度で満足するのではなくて,もうこの3週間は演技に関するハナシしかしてない,ってくらいになってもええくらい,練習漬けになってもええと思う。
まあそこで鬱になるほど練習漬けになれとは言わんけど,その手前くらいまで行く追い込みはアリやと思う。

それでいえばGoogle+で見かけたけど,りょーちゃんが毎日“稽古”投稿ばっかやっとって微笑ましいなあと思った。
りょーちゃんの舞台は観に行けんし(応募したってイカサマAKSから落とされたやろし)コメントまではしてないけど。


とにかく,最後に喝を入れるためにちょっとキツいことを書くと,
“フットルース”で,伊達娘のイメージする女優と同じ演技を目指す気がなかったら,どんな舞台に出ても,“褒められたからそれでいい”と思ってしまって,一生イメージする女優と同じ演技を目指す気は起こらんぞ。

AKBにおったら,次のチャンスが自動的に来るから,そこまで自分を追い込めるメンバーはまあおらんのとちゃうかと思うねん。

田野とかゆかるん,さややあたりは,公演の仕上げ具合から,自分を追い込めるメンバーなんかも知れんとは思うけど,伊達娘はそこまでは達してないと思う。

いや伊達娘も,RESET初公演の仕上げ方は良かったと思うんやけど,なんかいまそこまでの情熱を公演から感じんから,ワタシも気にして,こうして敢えてキツいことを書いとるねん。

こんだけ言ったら,ヤル気にさらに火がついたかなあ・・・

とにかく,3週間後に迫った初日,楽しみにしとるからな。

ほなね

2014/08/24 11:17:12 おーにっちゃんより

-----------

一応こういう法律もあるなあ。労働契約法。参考まで。

労働契約法(平成十九年十二月五日法律第百二十八号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19HO128.html

第三章 労働契約の継続及び終了
(懲戒)
第十五条  使用者が労働者を懲戒することができる場合において、当該懲戒が、当該懲戒に係る労働者の行為の性質及び態様その他の事情に照らして、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、当該懲戒は、無効とする。
(解雇)
第十六条  解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

------------

しかしこの規定も,罰金等の罰則規定も,違反した場合に労働者に支払わねばならない金額などについてなんもないから,いくらでも違反し放題やわなあ。

まゆちのIWAのtwitterから,紹介された本をチェックしてみようかと思ったら,コレガチな本やんw

焼肉IWA(中の人) ‏@yakiniku_iwa 17:28 - 2014年8月6日
本日も元気に営業してます(*^o^*)今回はお知らせです!旭屋出版様より発売の焼肉店第22集に、焼肉IWAが掲載されています!是非チェックしてみてください♪
https://twitter.com/yakiniku_iwa/status/496935793668026368/photo/1

・・・それで,どれどれ,数百円の本ならば買ってみてもええかなあ,と思って調べたら・・・

--------
焼肉店 第22集
http://www.asahiya-jp.com/yakiniku/index.html#ISBN978-4-7511-1093-5

表紙巻頭大特集の「いま必見の激売れ焼肉店」、評判焼肉店の技術を公開する「旨い焼肉を作る、巧い肉の切り方」の他、焼肉店の“引き継ぐ伝統と、進化への挑戦”をテーマにした「後継者が躍動する焼肉店」、「焼肉店の実力店長」、「焼肉店の新しい価値づくり」など、商品開発や経営強化に役立つ企画が充実。

■A4変形判・192ページ
■定価 本体3,426円+税
--------

・・・・さ,3,426円!w

もうそれだけで軽めに焼肉屋行けてまうぞwwwwww

マジでガチに,焼肉屋を経営したいヒトに向けた本やなあコレ。


けど,この”焼肉”を”アイドル”にしても,さほどおかしくないぞ。

--------
表紙巻頭大特集の「いま必見の激売れアイドル店」、評判アイドル店の技術を公開する「旨いアイドルを作る、巧い肉の切り方」の他、アイドル店の“引き継ぐ伝統と、進化への挑戦”をテーマにした「後継者が躍動するアイドル店」、「アイドル店の実力店長」、「アイドル店の新しい価値づくり」など、商品開発や経営強化に役立つ企画が充実。
--------

・・・”巧い肉の切り方”はとりあえず置いといてもさあ。

アキブータンも,こういうトコから情報収集したら,もっとプロデュース力上がるんちゃう?

すくなくとも,”うんこや”という名前の店をプロデュースした黒歴史もあるんやし,プロデュース力がないのは明らかやねん。

いくら”うんこや”の名前はネタってアタマでは理解できても,毎回食べに行く都度,”うんこ”って言葉を発してしまうコト自体が,それだけで客足を遠ざけてまうコトを理解せな。

そのネーミングでは一見さんは期待できても,常連は期待できんからアカンねん。

一見さんと常連の比率はちゃんと保たなアカン。

鉄道だってそうや。

一見さん=観光客

常連=通勤・通学定期利用客

といえるやろ。

常連のほうが絶対的に多数のカネを払ってくれるのは分かるんやけど,鉄道なんて少子高齢化で,常連自体の総数が減っとる。

そうするとひとつに,どうやって減収分を上回るだけにコストダウンするか,もうひとつには観光客をどうやって仕込むか,この2つが重要になる。

ここ数年の間に,”鉄子さん”なんて言われてきたけど,ファンを男性だけでなくて女性にも広げたい鉄道会社側の思惑が多分に入っとるやろなあ。
男性ファンって意外と模型とか写真撮影とかに興じてしまい,鉄道利用自体に結びつかんかったりするから。
”乗り鉄”なんて,鉄道ファンの中でもどっちかってとマイナーな部類とワタシは思うとる。

鉄道の場合は,観光客が転じて通勤・通学定期利用客になることは無理やけど,数ヶ月に1回でも鉄道で旅行する習慣をつけてくれるようになることを,なんとかして考えるねん。

それをいえば,鉄道とレンタカーの縁は切っても切れんと思うけど,どうもそこで上手いことコストダウンして消費エネルギーを最小化する策が出せてないのが,日本政府のアカンとこなんやろなあ。

たとえば,消費エネルギー的には,東京から大阪に家族4人で旅行するには,新幹線+レンタカーがいっちゃんええんやろけど,新幹線の費用が莫大になるために,それぞれが自家用車で高速を飛ばす選択肢にどうしてもなってまうねん。
そりゃ,自分たちの空間のほうがよほど気軽やからなあ。

だから,家族が新幹線に乗るというのは,カネが高くつくだけではなくて苦痛であるという前提のもとで,さまざまな方策を,JR東海に任せきりにするのではなくて,国策として考えなアカンねん。本来は。


なんか焼肉屋から発想がだいぶ飛んだなあ。

逆に言えば,”家族が新幹線に乗るというのは,カネが高くつくだけではなくて苦痛であるという前提のもとで,さまざまな方策を,JR東海に任せきりにするのではなくて,国策として考えなアカン”ことに対する対処法を,まゆちやまゆちのお母さんらが自分なりに考えてみたら,ソレを焼肉に応用できる可能性もあるやろなあ。

ソレをいえば,”家で焼肉”に対抗する,ってコトになるんやけど,”牛皇”はもともと”家で焼肉”のための卸しから始まっとるしなあ・・・・

それでも,卸しから始まったから,”牛皇”では,”家で焼肉”と比較してプラスアルファになることを考えとるハズやと思うなあ。


てかワタシは,いつも書くように,本当の”家族団欒”を経験したことがないから,”家族”というのはワタシにとっては,経験したことのないイメージでしかない。

大西弘子は,会話して思うような回答が来たことはゼロやし,大西博昭にしてもほとんどないし,大西こはるはあったけどそれは個別のハナシだけやったしなあ。

大西博昭はたまには理解してくれたけど,その変わりに自己の感情を制御できん癇癪がすごくて,どうしてもワタシのトラウマになっとるしなあ。

« 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月25日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック