« 2014年8月25日 | トップページ | 2014年8月27日 »

2014年8月26日

2014年8月26日 (火)

心のプラカード、売り上げどんくらいやろ?

今日がフラゲ日やろ。

どんくらい落ちるんかな?

やっぱデータは明日が終わらなワカランか。


ワタシは悪いけど買う気ない。

カネないし、全国握手券は金券屋で1,000円とかで手に入るから。

゛精神的勃起゛ってなんやねん?

゛(肉体的)勃起゛であれば、耐えきれなくなれば射精するしかないんやけどなあ。←言ってみたかっただけ

あーねむい

さすがに3時間しかも寝落ちで床の上はツラいw

少し寝ようか。

めっちゃ眠い。修正書類民事19部に出してきた。

めっちゃチェックに時間かかって、30分以上待ったと思う。

修正2箇所、確認1箇所、あとはなんでか書面で1冊多くコピーしたものがあったので返された。

訴訟救助、いくらくらい認められるかなあ?

補正資料印刷し終えたので,シャワー浴びて行って来ます

印刷資料全体のアップは,もう少し待ってね。

一応消さないといけないモノとかいくつかあるはずやから・・・

AKB48チームA岩田華怜様20140821

投稿直前に寝落ちしとったw

-----------

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

日立製作所への準備書面印刷なう。
分厚いのはほぼ印刷し終えたんやけど,まだ準備書面30以上x2あるから,いつ寝れるかなあ・・・
目標は5時なんやけど,果たしてそう上手くいくか。
5時とすると4時間くらい寝れる計算や。

・・・てか最近,ワタシのパソコンに不正アクセスしとるヤツがおるっぽくて,めちゃくちゃ遅くなるうえに,フィッシングサイトがどうのって出てくるようになった。
って前に書いたっけ?
日立製作所の技術力をもってすれば,不可能ではないわな。

今日は4時ごろにパソコン完全に固まった。仕方ないから強制シャットダウンして再起動したよ。

というワケで,6時までかかって3時間睡眠コースかなあ・・・w

伊達娘今日,ミュージカルの練習始めて劇ヤセを告白した=これまで公演でちゃんと練習してないコトを自白した,な。

伊達娘はやっぱ,なんかまだホンキになってないよなあ。

いやべつに責めるつもりではなくて,せっかく新しいトコでヤル気を見せとるんやから,そのヤル気が続くようにと思って,ワタシなりに考えて主張しとるねん。(それを責めると言うんかもやけどさあ)

たとえば,ワタシがダンスが軽いとして褒めた,ゆかるんとか田野とかこみはるとか,最近ではさややがお気に入りやけど,みんなけっこうカラダが細いやろ。
・・・胸まで細いとは言わんけどさあw
特に田野なんて腹筋割れとるよなあ。

やっぱ,ダンスが軽いヤツってそれなりに踊り慣れとると思うねん。
踊り慣れとるから運動量が多くなって,健康的に痩せる。

伊達娘は踊り慣れてないから,公演でいくら全力を見せても,なんか無理のある全力になっとってん。

・・・・そういう意味では,最近ワタシ辛く当たっとるのがひらりーな。
ひらりーもなんか無理のある全力やねん。
やっぱ,動画とかがんばるひらりーでも,怠けるトコあるねんで。

それでも,公演で全力でないよりはええんやけどさあ・・・・
わかにゃんとか,パフォーマンスがおとなしくなってもて,ホンマにどないしたんやろ?と思うてまう。

前から書いとることを改めて書くけど,AKBにおったら,なにが夢か目標か分からずに,毎日過ごせたらそれでいいと思うてまう。
どうせ選抜になんか勝てんから,自分は自分なりのダンスでええと思うてまう。

けどな,ワタシ何回も言うとるように,“自分なりのダンス”をしたところで,ファンは,もっと可愛い子とか,もっとダンスが上手な子とか,もっと歌が上手な子とかに目が行ってまうねん。

とにかくまずひとつは秀でるものがないと,ヒトから圧倒的な支持を得ることはできん。

もちろん,その秀でるものを身につけたところで,ヒトから支持は得られんかも知れん。
そうするとそこで,「自分はもうダメだ」と思うてまう人間が多いねん。
メンバーの9割はそうやろ。
そうやって,どんどんフツーの人間になっていく。

“フツーの人間”って,一歩引いた目で見たら,ロボットと一緒や。

たとえばまゆちのお店で牛肉を食うけど,この牛は生きとるときにナニ考えとったんやろ?って想像せんやろ?
牛って与えられた飼料を食って寝て,の繰り返しだけで,どの牛も同じなんちゃうん?って思うやろ?(いやそれさえも思わんかもやけど)
けどその牛にさえココロがあって,脱走を試みるような牛もおるんやぞ。
そういう聞き分けの悪い牛(動物)がおると農家は苦労する。

ところで人間を見ると,フツーの牛と同じように食って寝て,あとはテレビとかマンガとかゲームとかで暇つぶしして,ってだけのが大多数や。
オトナになるとそこにエッチが加わるのかもやけど,ワタシは“39歳児”と言われるようにまだまだお子ちゃまやから,エッチはしてないなあ。

とにかく,そんなフツーの人間になりたくなければ,いくらヒトから認められずとも,認められるまで挑戦することを諦めたらアカンねん。

ワタシどんだけ挑戦してきたと思うよ?

てか,鉄道に始まって,ジブリとか映画とかいろいろ挑戦し続けて,そのどれも,大して認めてもらえんかったワケや。
誰からも褒められたことなんかない。

けど,自分のイメージならばココまで行けるハズなんやけどなあ・・・というのを想像して,自分のイメージするレベルに達するまで考え抜いた。
そう考えると,褒められるかどうかなんてどうでもええねん。

鉄道にしろジブリにしろ,模型とか,どのキャラクターがどう言ったとか,もうめちゃくちゃ細かい,そんな知識とかモノとかあってもしゃあないやん,というモノを,ヲタは追求する。
そしてその中で1番になったヤツが羨望のまなざしで見られるねん。

そこから考えると,オトナになると誰からも褒められることがないから,羨望のまなざしで見られる世界を見つけようと思って,趣味に走るヤツらも多いんかもなあ。とりわけオトコには。

ワタシ,ハタチくらいのときに宮崎駿は,賞をもらったらめちゃくちゃ喜ぶ,って映画サークルのヒトから聞いて,宮崎駿もガキやなあと思った。
あと宮崎駿はけっこう気分屋で言うことがコロコロ変わるらしいしなあ。

その程度の,言動に一貫性がないジジイでさえも,世界的に有名とか言われるんやから,言動に一貫性持たせたらそら世界的に有名になれるわなあワタシ。

そう思うとな,伊達娘だってほかのメンバーだって,もっと言動に一貫性を持たせることができれば,もっと確実に成功できるねん。

伊達娘はミュージカルがやりたくてたまらない,なんて言うて,さらにAKBにはミュージカルの練習ができるから入った,みたいなコト言うとったんやけど,ならばダンスでAKBで1位になってもおかしくないところ,3年経ってさえ,タイミングすら怪しいんやからなあ。
ミュージカルの修行がしたいというのは,まだまだ伊達娘の本心からのコトバではないとワタシは見る。

そんな中,田野はAKBで1位と言われてもおかしくない位置に付けとる。
田野は本心を,コトバではなくて行動で示した。

いやワタシがそう書くから,コトバで本心を言いづらいと思うかも知れんけど,ワタシがどう思うかではなく,人生をどう生きたいかだけやから,ソコはホンマに間違えんとって欲しい。

伊達娘はヒトのことを恐れて生きる人生なんかツマランやろし,ワタシだって恐れられるような存在になってまで伊達娘とひっつきたいとは思わん。

田野のハナシに戻って,ソレで,いまミュージカルの関係者が田野と伊達娘を見比べて,どっちを採りたいか?と聞いたら,きっと田野という答えのほうが多いと思うねん。いきいきとダンスしとるから。

伊達娘は,チャンスに恵まれてないから気づいてないけど,見えないチャンスをいっぱい落としてきとる。
だって後輩だって,こじまことかなーにゃみたいに人気獲得しとるヤツおるんやからさあ。

チャンスなんてどこに落ちとるんかワカランねんぞ。
自分から拾いに行かな。

そういう意味では,フットルースは自分からチャレンジしたんかも知れんけど,ホンマの俳優ってチャレンジせんかっても声をかけてもらえると思うねん。

ちょっと毛色ちゃうけど,ワタシだって,訴状訂正書類について,全部読み直しておかしなトコある!って指摘してきたヤツがおった。

けど,全部読み直しておかしなトコある!って指摘してきたヤツがおった,ってコトは,ウラを返せば大きなミスがあまりないから,ちっちゃいミスを指摘するしかワタシに攻撃する術がなかったんちゃうかと思うねん。
だいたい,ワタシの“訴状訂正書類”をサラッと読んで,イロイロいちゃもんつけられるって,弁護士くらいしかおらんやろ。

チャンスなんてどこに落ちとるんかワカランことまでハナシを戻して。
それでいうと,周防正行が“舞妓はレディ”で十夢使うけど,どこで白羽の矢を立てたんかなあ?

顔が好みってのならば分かるけど,十夢もそれほどチャンスに恵まれとるワケちゃうし,演技はどう見ても苦手っぽいし,どういう縁なんか興味ある。

それにしたって,何かで十夢は目立っとったハズや。
それだけは間違いない。

少なくとも公演では目立てるジャンプを披露しとるよな。
チームAには合ってないとかいうヤツもおるけど,ワタシなんかチームのカラーはメンバーの個性によって決まると思うから,メンバーがチームに合わせる必要なんかないと思うねん。

伊達娘には,チームのカラーを変えるくらいのパフォーマンスを望みたいねん。

少なくとも,フットルースで改めて学んだこと,ミュージカルで思い直したコトを,チームのパフォーマンスに反映することは可能やわなあ。

そうそう,フットルースはあくまで脇役やけど,主役以上に目立つ演技したってええんやからな。(まあ演出家がどう言うかにも依るけど・・・)
ワタシは,なんべんもいうけど,“おもひでぽろぽろ”のタエ子のような工夫が欲しいと思うなあ。

お,なんとかラストスパートが早くて,5時過ぎに印刷終わった!
これから3時間半ほど寝るわ。

ほなね

2014/08/26 5:15:06 おーにっちゃんより

-----------

「akb48a20140821.pdf」をダウンロード

オムツ・アベシンゾーがまた馬脚を現した。- 安倍首相 邦人拘束事件で表に出ないのは何もできないためか 2014年8月25日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン

安倍晋三,ホンマになんもできんでくのぼうやなあ。

----------
安倍首相 邦人拘束事件で表に出ないのは何もできないためか 2014年8月25日(月)7時0分配信 NEWSポストセブン
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/postseven-20140825-272903/1.htm

(略)

 言うまでもなく、自然災害の被害者の命は積極的に守るが、テロ組織に拘束された者はほったらかし、などという「命の軽重」を決めることは、権力者には許されない。

(略)

「現在の中東情勢は言葉で説明できないほど深刻な状況で、アメリカやイスラエルの情報機関でさえ情報収集がままならない。外務省は打つ手がなく、誰に接触していいかもわからない有り様です。つまり、安倍首相はこの問題で『自分が陣頭指揮を執っても何もできないからアピールにならない』と判断して表に出てこないのでしょう」
----------

自分がやりたいことだけをやって,やりたくないことはやらん,そんなヤツがなんで総理大臣やっとるねん?

言っちゃ悪いけど,災害対応なんて既にマニュアルがあるから,総理大臣じゃなくても指揮はできるねん。

然るに,テロ組織に拘束された者に対する対応ってのは総理大臣でないと考えられん。
国としてどのように動くか,やもん。

但しや,

「国として”行くな”という国に行ったのだから,もうあとは自己責任です。
 人間の命に軽重はありませんが,危険を冒してまで行ったのだから,起こり得るリスクに当たったのだと諦めてください。」

と突き放すことも可能と思う。

そういう判断からさえ,アベシンゾーは逃げとるねん。

だいたい,日立製作所というテロ組織から被害を受けた者について長年ほったらかしとるんやから,オムツ・アベシンゾーは手を出せるワケがない。

テロ組織が怖くて余計にウンコおもらししてまうかもやしなあ。w

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく開始します。何時に寝れるかなあ・・・

一応修正したから。

しかし,AKSと比べて,伊達娘が関わってないから,我ながらキレ味が落ちる書面書いとるなあw

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

日立製作所に対する訴状訂正申立書,だいぶ書き直したぞ。書証の番号ミスも見つけた。

名誉毀損の算定根拠も,ワタシに対する殺害を目的としたものであって,1億5千万円分の損害を企図したものであると主張することにした。

--------------

平成26年(ワ)第19526号 懲戒撤回及び名誉毀損請求事件
原 告 大西 秀宜
被 告 株式会社 日立製作所

訴状訂正申立書
                   平成26年8月26日
東京地方裁判所 民事第19部は係 御中
                原告 大西 秀宜 印

別紙の通り訴状を訂正します。

当事者の表示 別紙当事者目録記載のとおり
請求の趣旨  別紙記載のとおり
請求の原因  別紙記載のとおり
事件名    懲戒撤回及び名誉毀損請求事件
訴訟物の価格        1億円
ちょう用印紙額         円
予納郵便切手     6,000円

付 属 書 類
■ 代表者事項証明書 1通    □ 不動産登記簿謄本   通
□ 固定資産評価証明書 通    ■ 書証写し     各2通

当 事 者 目 録
〒 (伏字)
住所 (伏字)(送達場所)
        原  告  大西 秀宜
電  話 (070-6969-9177)

〒100-8280
住所 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
        被  告  株式会社 日立製作所
    代表者 代表執行役  東原 敏昭
        電  話 (03-3258-1111)

請 求 の 趣 旨
1.被告は,原告に対し,平成24年6月23日から本判決確定の日まで,毎月25日限り,月額50万円の割合による金員を支払え。
2.被告は,原告に対し,退職金として300万円を支払え。
3.被告は,平成24年5月8日,同月30日,並びに6月22日付けにて原告に対して為した懲戒処分を撤回せよ。
4.被告は,原告に対し,8,500万円を支払え。
5.訴訟費用は被告の負担とする。
との判決を求める。

請 求 の 原 因
第1 当事者
1.原告は,現在足立区に住んでいる。平成12年4月より被告企業にて勤務していた。被告企業による原告の個人情報の不正収集資料作成などに関して,原告は公益通報を為したにも関わらず,平成24年5月8日,同月30日に,被告企業は原告の行為のみを問題として懲戒処分とし,さらに平成24年6月22日に同様の内容にて被告は原告を懲戒解雇した(甲第50号証)。このことを原告は不当と考え,被告に対して平成26年(ワ)1415号事件(民事第16部B係担当,茂木典子裁判官)にて個人情報の開示請求を為した者である。(以降,平成26年(ワ)1415号事件を“前訴”と記載する。
2.被告は,東京都千代田区に本社を置く総合電機メーカーであり,原告を平成12年4月より雇用し,平成24年6月22日に,原告に抗弁する機会を一切与えず懲戒解雇した企業である。

第2 違法事実
1.被告は原告に関し,平成24年1月27日,個人情報の保護に関する法律に反した資料を作成し,社内にて共有した。(甲第3号証)
2.原告はそれを平成24年2月に発見し,社内コンプライアンス通報や,プライバシーマーク事務局,経済産業省等に公益通報を為したが,これら組織はすべて,内閣府消費者庁の定める公益通報の処理ガイドラインに則ることなく,正当な調査を為さなかった。(甲第4,5,8,10号証)
3.このため原告は仕方なくインターネット上に被告内部の不正を記載した(甲第11号証)。
4.すると被告は,それを被告企業に対する誹謗中傷として,原告を懲戒解雇した。(甲第50号証)
5.その後,原告が被告企業に在籍した時に,被告企業内部において為した行動などの情報が,侮蔑的な言葉と合わせて100回以上の極めて執拗な回数にわたりインターネット上に掲載されるに至った。(甲第12号証,12号証の2)

第3 経緯
1.原告は被告企業在職時に,甲第3号証に示す資料を得,それを理由に甲第51号証に示す理不尽な休職要請を被告産業医らから受けた。
2.これらを理由として,被告企業内において個人情報保護法違反が為されているとして,同年4月11日に甲第4号証に示すコンプライアンス通報など,コンプライアンス通報を複数回行ったが,被告は同年4月23日に甲第5号証に示す資料を回答したのみであり,理由説明が一切なく,原告は被告が本来為されるべき事実調査をしたとは信じられなかった。
3.原告は,甲第3号証に示す資料にて,被告企業内にて“原告に対して収集する情報の項目に挙げていない,思想情報を含む個人情報の不当な収集及び資料化”が行われていると確信したため,甲第4号証に示すコンプライアンス通報に加え,同年4月12日に,甲第6号証に依り雇用管理情報の開示請求を行い,同時に苦情申し立てを行った。
4.しかし被告は,甲第7号証に示す通り,「IT戦略本部が管掌するこもれび運営事務局において保管する大西氏の個人情報」と,甲第6号証のうち苦情申し立て書の内容を恣意的に雇用管理情報の開示請求に引用し,開示請求した範囲よりも狭い範囲の情報のみを送付した。
5.原告は,被告企業が意図的に隠蔽を為していると確信を持ったため,プライバシーマーク事務局,経済産業省等にも相次いで公益通報を為したが,これら組織はすべて,内閣府消費者庁の定める公益通報の処理ガイドラインに則ることなく,正当な調査を為さなかった。(甲第8,10号証)
6.その間にも,被告企業内部において,原告のみに対する監視活動は厳しくなり,原告は被告企業が,公益通報者保護法を悪用して,甲第3号証の事実を隠蔽した上で,原告を勤務成績不良として数ヵ月後に解雇する予定であることを感じ取った。このため原告は仕方なくインターネット上に被告内部の不正を記載した(甲第11号証)。
7.原告は平成24年6月22日に,甲第50号証に示す通り,被告企業の不法行為等をインターネット上に記載していることを,被告企業より,被告企業に対する誹謗中傷と一方的に見做されて,当該行為にて原告が主張する,個人情報保護法違反に関する内容を被告が釈明することなく,原告が一方的に悪いとして通告されたのみで懲戒解雇された。平成24年5月8日,同月30日に,原告の受けた懲戒処分に関して,原告は被告企業に対して,書面を要求したにもかかわらず,甲第50号証に示すような書面の交付さえも行われなかった。
8.また,平成24年6月22日の原告の懲戒解雇時には,被告企業の者は「意見があれば法廷で聞く」と言い,原告には一切の弁明の機会が与えられなかった。原告はそれぞれの話し合い時の録音証拠を所持しているため,証拠調べ時に提出したい。
9.以上により,被告企業は,法律違反を為した上で,それを隠蔽するために原告に対して意図的に,懲戒処分ないし懲戒解雇処分を為した。
10.すなわち,懲戒処分ないし懲戒解雇処分のもととなった事実の認定手続きに瑕疵があるのであるから,当該処分は無効である。

11.原告は,経済産業省に対して公益通報をしているにも関わらず被告企業が原告に対して懲戒解雇処分を為してきたことから,経済産業省という日本政府の一組織さえもが当該隠蔽行為に加担していると断定し,日本にいては危険であると考えたため,平成24年6月23日にドイツに向かい,ドイツにて亡命申請を行った。
12.そしてドイツ政府は理不尽にも,ドイツ法の運用にも則らず,原告のパスポート以外の申請資料一式を意図的に紛失した上で,平成25年7月4日成田に強制送還した。
13.その間,平成24年9月から平成25年5月頃にかけ,原告の被告企業在籍時の言動,行動,評価情報等々が極めて詳細に,100回以上の非常に執拗な回数に渡って,インターネット「2ちゃんねる」に掲載された。(甲第12号証,12号証の2)
14.なお原告は,当該内容について前訴原告準備書面3(甲第41号証)及び前訴原告求釈明申立書1(甲第42号証)にて,当該書き込みが被告企業の者であることを詳細に説明している。

15.原告はこれらの事実にかんがみ,懲戒解雇後の平成25年10月14日,懲戒解雇撤回訴訟に備えるべく,個人情報保護法第29条に加え,被告が付与認定を受けているJISQ15001プライバシーマークにも準拠するように加えて,個人情報の開示等の請求書(甲第1号証)を作成し,被告に送付した。
16.被告は同年10月28日付けにて甲第2号証の通り返答したが,本来開示されるべきと原告が想定する情報が開示されていなかった。
17.以上により,原告は被告への個人情報開示を求めて前訴を提起したのであるが,被告は個人情報保護法第25条1項を頑なに主張し,追加しての資料開示を一切行っていない。
18.また原告は,前訴求釈明申立書その1(甲第42号証)の通り,被告が原告の個人情報を漏洩させている明らかな理由を挙げ,被告企業に対して釈明を求めたが,被告は一切の返答をしないまま,民事第16部茂木典子裁判官は結審させてしまった。

19.なお原告は,被告企業が極めて大きな企業であり,誤った判断を下すはずがないと一般人が想像するような状態であるために,“原告が懲戒解雇となった”という事実のみが信用される現在,生活に非常に困窮しており,100社程度受けたが正社員としての採用をされることができず,アルバイトをしている状態である。
20.原告は,両親からも,被告企業のようなが悪事を働くはずはないとして,原告のほうがおかしいと主張されるに至り,両親と絶縁する結果となった。
21.さらに,不当に解雇されたことから資金繰りも悪化し,平成26年(フ)第4896号にて破産が認定されたが,その過程においても原告の住所氏名などをインターネット掲示板“2ちゃんねる”などに頻繁に記載され,さらに原告の名誉が毀損された。
22.それも一因として,原告の住所に対し原告が申し込んでいない郵便物の送付を受けるまでになっている。

23.原告は,日立製作所という大企業だけでなく,プライバシーマーク事務局,経済産業省,果てはドイツ政府までからも,被告企業の為した不法行為を幾重にも隠蔽され続けた。その上で原告は,インターネット上にて被告企業構成員による組織的な名誉毀損行為に遭い,亡命申請,一家離散,などの一般人が想像し得ないほどに多大な精神的苦痛を被った。
24.東京地判平成18.11.29 においても,“一般に,解雇された従業員が被る精神的苦痛は,解雇期間中の賃金が支払われることにより慰謝されるのが通常であり,これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるときにはじめて慰謝料請求が認められると解するのが相当である。”とあるが,原告の感じた苦痛は“これによってもなお償えない特段の精神的苦痛を生じた事実が認められるとき”に完全に当てはまると考え,給与及び退職金だけでなく慰謝料をも請求するものである。
25.さらに,原告が前訴を提起してさえも,被告企業が組織的犯罪行為を隠蔽し続けていることは,被告企業は現在も同様に原告に対して極めて多大な精神的苦痛を与え続けているのであり,慰謝料請求の根拠とするものである。

26.改めて纏めると,原告が甲第3号証に示す,原告の個人情報の不正収集資料作成などを端緒として,プライバシーマーク事務局(甲第8号証),経済産業省(甲第10号証)などの各団体から問い合わせがあったはずであるにもかかわらず,各種通報を幾重にも隠蔽し,さらには前訴においてさえも隠蔽し続けた行為は,これまでの判例には存在しない前代未聞の悪質な行為である。また,それに加え,甲第12号証及び甲第12号証の2に示す通り,被告がインターネット上にて組織的に為した名誉毀損行為も,これまた前代未聞の悪質な行為である。

27.被告は本来,原告に対して為した甲第3号証をはじめとした行為について,プライバシーマークに従い,欠格判定10として,プライバシーマークが1年以上剥奪され,年間売上高およそ10兆円の大部分が失われるはずのところ,原告に対する隠蔽行為によって逃れているのであるから,原告の受けた精神的苦痛もそれに見合うものとして,慰謝料について数千億円規模の申請をしてもいいはずであると考える。
28.たとえば,被告企業は原告に対して甲第51号証ならびに甲第18号証にて軽そう状態であると主張し,また甲第2号証P2から,原告は実際にかつて双極性障害(躁うつ病)として休職したこともあることから,甲第12号証及び甲第12号証の2に示すように,原告がドイツに在住する当時,被告企業がインターネット上にて組織的に為した名誉毀損行為は,原告を双極性障害たらしめて殺害する旨を明白に企図したものと考えられる。このことから,原告が65歳までの30年弱の間に年平均600万円得られるとして計算し,当該名誉毀損行為は原告及びその家族に対して,1億5千万円程度の損失を企図したものであると主張する。
29.然るに,判例から,名誉毀損における慰謝料は数百万円規模が一般的であることも勘案し,1億円以上の主張は難しいと原告は判断したことから,給与・退職金を含めて1億円と考え,そこから給与・退職金として主張する1,500万円を差し引いて,8,500万円とした。

30.また,給与算定の根拠は,原告は被告企業勤務時に,年間およそ600万円(ボーナス込み)を得ていたために,それを12等分することにより,月収を50万円と算定した。
31.退職金については,原告も現在では知る由がないので,とりあえず300万円としたが,被告企業の算定基準に従うつもりである。

32.原告はあくまで,原告の本判決確定の日における円満退社とし,その間の給与及び退職金,ならびに懲戒処分時における幾重にもわたる不当な判断に関する慰謝料や,懲戒解雇後のインターネット上における原告に対する名誉毀損行為に関する慰謝料を請求するものである。
33.このように,原告は被告企業の隠蔽体質には心底呆れ,被告企業は本案件にて倒産の危機に陥ると考えているために,復職に関しては一切主張しない。
34.またあくまで他の失業者と同様に,“懲戒解雇”という肩書きのない状態における再就職を願い,懲戒処分の撤回を訴え,本訴を提起するものである。

第4 まとめ
1.よって原告は,被告に対し,平成24年6月23日から本判決確定の日まで,毎月25日限り,月額50万円の割合による金員を支払うことを要求する。
2.被告に対し,退職金として300万円を支払うことを要求する。
3.被告に対し,平成24年5月8日,同月30日,並びに6月22日付けの原告に対する懲戒処分を撤回することを要求する。
4.被告に対し,原告に対し,8,500万円を支払うことを要求する。

証拠方法
本書面に添付した。
なお,追加にて必要となったものについては,追って提出する。

【資料目録】
甲第1号証 個人情報の開示請求書及びその付属書類
甲第2号証 被告からの原告の個人情報開示書類(冒頭2ページ)
甲第3号証 被告において原告の個人情報保護法違反により不当に作成された書類
甲第4号証 原告が被告に対して行ったコンプライアンス通報
甲第5号証 被告からのコンプライアンス通報回答
甲第6号証 原告から被告への,雇用管理情報の開示請求書及び苦情申し立て書
甲第7号証 IT戦略本部が管掌するこもれび運営事務局において保管する大西氏の個人情報表紙及びそれに対する原告の抗弁
甲第8号証 原告によるプライバシーマーク事務局への通報及びその回答
甲第9号証 個人情報保護法に関するよくある疑問と回答 _ 消費者庁(抜粋)
甲第10号証 原告の経済産業省への通報内容&回答メモ
甲第11号証 原告の被告懲戒解雇直前のYahooファイナンスへの原告による書き込み
甲第12号証 被告の者による原告に対する2ちゃんねるへの名誉毀損書き込み
甲第12号証の2 被告の者による原告に対する2ちゃんねるへの名誉毀損書き込み
甲第13号証 JISQ15001資料の抜粋
甲第14号証 被告社員が国会図書館の入札情報などを不正取得した記事
甲第15号証 甲第15号証 平成26年東綱第116号に対する,児玉晃一からの答弁書及び,児玉晃一の略歴
甲第16号証 原告の経済産業省に対する公益通報不開示決定不服審査請求に関し,内閣府から原告への意見書又は資料の提出依頼
甲第17号証 「個人情報の開示請求書」及び「雇用管理情報の取り扱いに関する苦情申出書」受領メール
甲第18号証 2012年4月18日に為された,被告産業医や勤労,上司を含めた議事録
甲第19号証 甲第3号証に添付して,横須賀靖が原告に関して作成していた資料
甲第20号証 原告が日立製作所取締役らに100通ずつ送付したメール(抜粋)
甲第21号証 原告の被告企業時代の作業週報
甲第22号証 原告が2012年5月8日付にて経済産業省に対して追加提出した公益通報書
甲第23号証 日立製作所社内SNSこもれび規約
甲第24号証 被告社内SNSこもれび内コミュニティ”imo”に関して,原告が運営事務局にメールした内容
甲第25号証 五十嵐和香による”なん友SNS”への書き込み内容
甲第26号証 被告社内SNS”こもれび”における原告と被告社員の応答
甲第27号証 JASRACの「引用」の定義の変遷
甲第28号証 アーティストとして有名な小室哲哉氏が原告に対してコメントした内容
甲第29号証 原告が被告企業在籍時に,上司横須賀靖の命令を解釈して作成した資料
甲第30号証 ”2ちゃんねる”上で原告について思い出したと主張する者がいた事実
甲第31号証 新潮社サイトにある,”赤毛のアン”の感想文コンテストに関する記載
甲第32号証 原告が「赤毛のアン誕生100周年」感想文コンテストに応募した事実
甲第33号証 甲第26号証に示す原告の記載内容は2013年5月まで公知ではなかった事実
甲第34号証 被告取締役であったスティーブン・ゴマソール略歴
甲第35号証 総務省 平成25年版 情報通信白書 パーソナルデータの利用・流通に関する制度とこれまでの取組
甲第36号証 三島由紀夫「宴のあと」訴訟に関して,Wikipediaより
甲第37号証 平成26年(ワ)1415号事件訴状完成版
甲第38号証 平成26年(ワ)1415号事件 訴訟物の特定に関する補足説明資料
甲第39号証 平成26年(ワ)1415号事件原告準備書面1
甲第40号証 平成26年(ワ)1415号事件原告準備書面2
甲第41号証 平成26年(ワ)1415号事件原告準備書面3
甲第42号証 平成26年(ワ)1415号事件原告求釈明申立書1
甲第43号証 平成26年(ワ)1415号事件原告準備書面4
甲第44号証 平成26年(ワ)1415号事件被告答弁書
甲第45号証 平成26年(ワ)1415号事件被告準備書面1
甲第46号証 平成26年(ワ)1415号事件被告求釈明申立書
甲第47号証 平成26年(ワ)1415号事件被告上申書
甲第48号証 平成26年(ワ)1415号事件被告証拠説明書
甲第49号証 平成26年(ワ)1415号事件 乙第1号証
甲第50号証 平成26年(ワ)1415号事件 乙第2号証
甲第51号証 被告産業医-主治医間の情報提供書

- 以 上 - 


--------------

「2619526_02fuseji.pdf」をダウンロード

« 2014年8月25日 | トップページ | 2014年8月27日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック