« 2014年8月28日 | トップページ | 2014年8月30日 »

2014年8月29日

2014年8月29日 (金)

そういえば、ワタシが海外の日本人応援に行ったら軒並みダウンするというジンクスもあったなあw

おーにっちゃん古参は知っとるやろけど、2006年GWにウィーン行って、小澤征爾のコンサート観ようとしたら、休んでまうし、2006年夏はヤンキースの松井秀喜観ようとしたら骨折で休んでもうたし。

だから、伊達娘が海外に行ったときに、ワタシが応援に来たから休演になった!と言われんために、2012年3月のワシントン公演は、伊達娘おらんのに、悪いジンクス振り切るために行ったのも、動機のひとつやってん。

なんか大勢出てきとるなあw

日立製作所とか、オムツ・アベシンゾーとか、隠蔽するつもりが隠蔽し切れずに焦っとるやろ。


アメリカ国務省、アレから表立ってはアクセスないけど、コッソリアクセスとかしてないかなあ?

最近たびたび、厚生労働省とか国営放送のNHKとかからアクセスあるし、騒がしくなってきたんかもなあ。

ただ、総アクセス数は2万下回っとるんやけど、もうそろそろ爆発してもええ頃と思うよなあ。


そういえば、富士山がそろそろ噴火しそうってホンマか?


もしかしたら、そのあたりに日本のXデーが来るかもなあ。

ワタシが動けば天変地異がたびたび起こっとるから。

いやしかし伊達娘の初日もほぼ半月かよw

早いよなあ。
予約6月とかやったもんなあ。

裁判所はナニ考えとるかなあ?

8月もあと少しやなあ

次は児玉晃一に対する懲戒請求の、日本弁護士連合会への異議申し立てやなあ。


やっぱ、ワタシが動けば動くほど、炙り出されてくるのもおるし、ウワサ聞き付けてやって来るのもおるねん。

記事の内容はホンマにハラタツけど、これまでよりも踏み込んだ内容になっとるから、ホンマか!?と思って検索して来るヤツだっておると思うねん。

とりあえず地下板にスレ立てるかな。

ワタシなんか昨日からハラの調子悪い。


ゆかるんがあんなかき氷食うから、ワタシハラ壊したんちゃう?

まあそうでなくとも、昨日なんかかき氷食いたくなるほど暑くなかったしなあ。

アイドルハプニング烈読んだ

ワタシは伊達娘から丁重に断られたワケではゼンゼンないし、なのにワタシの訴状を引用して勝手に記事書いとるし、悪質やわなあ。


ただ、いまんとこ、この雑誌を訴えるのは枝葉末節やし、不本意な内容とはいえ、ワタシの主張したい部分を記事にしとるというのはあるし、しばらく泳がせるか。


帰ったらアップするわ。

AKB48チームA岩田華怜様20140824

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんにちわ。おーにっちゃんです。

挽回したいからちょこっとだけ書いて,バイト行ってくるわ。

最近ワタシ,公演の評価厳しめやと自分でも思うとるねん。
あんま厳しくしたくはないんやけど,どうも,褒めるだけではメンバーの限界を感じたから,メンバーそれぞれにまだまだ課題がある,という意味を込めて厳しめの評価をしとるねん。

ワタシなんども言うように,ホンマに公演に本気を入れるならば,観客全員のハートを鷲づかみできるくらいのパフォーマンスを追求して当たり前やと思う。

それでもどうしても,明らかに他推しのヒトは,自分のコト見てくれんから,,,メンバーはさあどうやったら見てくれるか?ってのをアレコレと模索すべきやと思うねん。

それだけ考えても,一生追い求められる課題やと思う。

けど,メンバーのほとんどは,いくらパフォーマンスをよくしたって,見てくれるヒト限られとるし,これ以上頑張っても意味はない,と思うとる。

けどそれはゼッタイに違う。
頑張りに気づいてもらえんということは,その頑張りはまだまだ人並み未満やねん。
ヒト以上に頑張ったら,必ず見てもらえる。

もちろんそのためには,単に腹筋を何回とかやるだけではなくて(それはそれで基礎体力として大事やけども),これまでやらんかったコトを試して,自分の引き出しをどんどん増やしていくことこそが大事やねん。

ワタシなんて新しいことをこのトシになってさえも次から次へとやっとるやん。

なのに,パフォーマンスという基本中の基本である引き出しさえ,まだまだ満足ではないメンバーが多いんやから(伊達娘もその一員な),ワタシからしたらめちゃくちゃ歯がゆい。

そういえば,伊達娘おらんかったけど,昨日のチームA公演の出来は全体としてはかなり良かったと思う。
けど,アレは満点ではない。
アレでようやく60点,くらいの気持ちでいて欲しい。

AKBはパフォーマンスが下手くそやけど,応援したくなるとか,アキブータン書いとった。

それはそれでええんやけど,いつまでも下手くそなままでいいワケではない。
AKBを卒業したら即プロのダンサーとか歌手とかになれるのが何人も出てくる,くらいでないとアカンのであって,AKBがそうなってないところに,結成9年を前にして失速した大きな原因のひとつがあると思う。

所詮“ただのアイドル”と,一般人からナメられてもたんや。

もちろん,メンバーだけの責任ではなくて,AKSのヤツらが,下手くそなままでいいと,甘い考えでおったのがひとつ大きな問題なんやけどな。

とにかく,フットルースはなんとしても成功させて欲しい。
コレで成功したら,やっぱ伊達娘はミュージカルいいね!ってヒトが出てきて,いい循環になるはずやから。

そのためには,千秋楽まで,もうこれで完璧!なんてのはないぞ。
なんとしてもチャンスを掴み取って。

ほなね

2014/08/29 12:33:15 おーにっちゃんより

---------

東京地裁平成26年(ワ)19526号事件に関して,被告日立製作所に対して出した資料一式です

今回出した訴状訂正申立書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUEVkZmF0Q3h0am8/edit?usp=sharing

今回出した証拠説明書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRLUxORUJ6RzBMT3M/edit?usp=sharing

訴状類はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlReGlCcHB2T2pNc3M&usp=sharing

書証類はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRU09wRE5SclpoaTQ&usp=sharing

すべてのやりとりが知りたい方はこちら (まだ,ワタシからの資料しかありませんが・・・)
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRUG5Ib0Ntbk41UDA&usp=sharing

東京地裁平成26年(ワ)1282号事件に関して,被告AKSらに対して出した資料一式です

今回出した準備書面
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRTUV2d20wN1QwWGM/edit?usp=sharing

今回出した証拠説明書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSExTVEh0aG9BdnM/edit?usp=sharing

訴状類はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRZUtjUU13cHoxbkE&usp=sharing

書証類はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRRmVKa25TQW4zYjg&usp=sharing

すべてのやりとりが知りたい方はこちら
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRN2Mxc0ZJZ0luX1E&usp=sharing

AKB48チームA岩田華怜様20140823

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

また1日遅れてもた。
どっかでめっちゃ挽回せななあ。

それはそうと,さっき部屋っ子Ⅱで,メールで投稿報告が来たうち,西山ちゃんの投稿は見れるのに,さややの投稿は見れんようになっとって,AKSが新たに攻撃開始してきたのかと思うた。
それで,証拠を探しとったら,単にさややの投稿が2回為されとって,後の投稿が削除されとるだけと判明した。

けど,コレで改めて,部屋っ子ⅡはAKSのヤツらの手がかかっとるコトが証明されるわなあ。
被告AKSらが,また辻褄の合わん主張を言うてきたら証拠として提出しよう。

しかし,裁判って,いっこ辻褄が合わんところが出てきたら,そこから崩すようなイメージがあったのに,被告AKSも被告キングレコードも,被告グーグルも,辻褄が合わんところばっかやわなあ。

それに対してワタシは辻褄が合わんところはいっこもない。
事実を淡々と書いとるからや。

てか,日立製作所との訴訟において,日立製作所の主張が,あまりにも辻褄が合わんところばっかにもかかわらず,どうも敗訴させられそうなんを見て,・・・・また児玉晃一に関する懲戒請求における答弁書において,あまりにも辻褄が合わんところばっかにもかかわらず,東京弁護士会が勝手に問題なしと判断してきたことを見て,裁判所は,どうやって勝たせたいほうを勝たせるか?を考えとるんちゃうかと思うてまうねん。

だからワタシの書面は,裁判所に対して,
「コレで被告側勝訴にできるならばやってみろ」
というくらい,裁判所に対する挑戦状になっとるねん。

その姿勢は,日立製作所に対してコンプライアンス通報したときから変わってない。
2年半前に既にワタシ,“これは挑戦状です。”って日立製作所に対して書いたしなあ。

・・・まあ,ワタシ語りはええか。

ワタシおととい書いたけど,伊達娘は,台本をよごすのはええけど,台本をよごすのが目的ではないことは思って欲しい。

きっと,演劇の歴史では,台本を汚さずに演じきった役者がおるハズやねん。
自分で脚本書いて自分で主演までしてまう人間なんか明らかにそうやろ。
台本よりも自分のアタマの中にこそイメージがあるんやから。

自分のアタマの中にイメージがない人間は,台本を何度も汚すほど読んで理解するんやと思う。

宮崎駿だって,「ゲド戦記」を何度も読み返した,って言うとったけど,ワタシは何度も読み返す気までにはならんかった。
なんか全部知っとるようなコトばっかやと思うた。

いや,ワタシだってまだまだ理解できてないトコあるかもやけど,ソレくらい傲慢不遜になることだって大事や。

たとえばどっかの小説家は(誰か思い出せんけど),みんなが「すごい!」という名作を読んで,「これくらいならば自分でも書ける」と言って小説家になったんやって。
それくらいの根拠のない自信のないヤツが成功したりするねん。

というのも,「これくらいならば自分でも書ける」と言ったところで,1回目の作品が評価されるかはワカランわなあ。
たぶん,1回目で評価されることはないやろ。

けど,「これくらいならば自分でも書ける」と公衆の面前で言ってもたならば,その手前,後には引けんハズや。

そして,アカンかったら,“自分でも書ける”レベルをどんどん上げるように勉強して,いつの間にかその名作を書いた人間よりもいい小説が書けたりするようになるもんやねん。

だから,台本を見て,その山はスグにでも越えられる,くらいの感情を持つくらいのほうがゼッタイにいい。
それがもう越えられん山のように思うてもたら,もうその時点でその山は一生越えられんかも知れんねん。

だって,AKBに入ってきた頃の伊達娘ってそうやったやん。

伊達娘のその根拠のない傲慢不遜さ(・・・いやワタシは,歌声は明らかに根拠といえるくらい上手いと思うたけど),ワタシは歌声以上に傲慢不遜さに,いっちゃん惹かれたとさえ言ってもいい。

そういう意味では,ワタシアレコレと,伊達娘が理解されるように頑張ったけれども,伊達娘の根拠のない傲慢不遜さを奪った気もするなあ。

だから伊達娘は,もっとワタシを見て,現・内閣総理大臣・安倍晋三に対してぶっ殺すぞ!って平気で書けてまうくらいの傲慢不遜さを参考にして欲しいと思うねん。
(戦前の治安維持法下に等しい警察が,恣意的に受け取る可能性があるから,一応ココにも書いとくと,内閣府平成26年(行情)諮問第263号を正当に処理せんのは,内閣総理大臣・安倍晋三が,国体を代表しての職務をちゃんと履行してないから,それをワタシは主張しとるんやからな。)

ついでに,田野もゆかるんも,もっと傲慢不遜なトコロが欲しいよなあ。
いいモノは持っとるんやから。
アトはドヤ顔でやって見せられるくらいの傲慢不遜さがあってもええと思うねん。
そういう意味では,いずりなの天真爛漫さは好きなんやけど,傲慢不遜さとはちょいちゃうかなあ。
いずりなの天真爛漫さは,将来どうなりたいかというのがないねん。
傲慢不遜さってのは,将来こうなりたいというのがあると思うねん。

初期メンは,単にAKBは最大のグループで,その中やから自分はコレだけ威張って当然というような,方向性は誤っとったとはいえ,結果的に傲慢不遜さがあったのが良かったトコはあると思う。

ところで,傲慢不遜と平身低頭を上手く使い分けられる人間ってワタシくらいしかおらんやろ。

フツーの人間は,自分より低い者に対して傲慢不遜に振る舞って,自分よりも高い者に対して平身低頭になる。
然るにワタシは,内閣総理大臣に対して傲慢不遜に振る舞う代わりに,バイトの同僚に対して平身低頭になったりする。
人間ってホンマはそういうもんやと思う。
誰に教えられたものでもないけど,ワタシはそういう人間になりたいと思って生きてきた。

ルパン三世だって,カリオストロ伯爵と戦い,クラリスに対して優しくしたんやからなあ。

然るに,世界を見たら,カリオストロ伯爵のようにニセ札とか,違法な行為を働いてでも,大金を持つ人間には媚びて,いくら可愛くて正義であろうとも,実権のないクラリスには,カリオストロ伯爵の目を気にして,厳しく当たるヤツばっかやねん。

しかも,
「カリオストロ伯爵とクラリスが結ばれたら,クラリスは幸せやん?
・・・永く一緒にいれば情が移ってやがて好きになります。」
なんて平気で言うてもたりするヤツがおる。大西弘子みたいに。

そういう意味では,強い者に対して傲慢不遜に振る舞うのを押さえつけるところに,AKSにしろ日立製作所にしろ日本政府にしろの終焉が見えるんやけどなあ。

ところでさあ,ゼンゼンハナシ変わるけど,“Let It Go”には, Idina Menzel version と Demi Lovato version があって,2つのメロディはベツモノになっとるわな。日本語詞しか見てなかったらワカランかもやけど。(てか日本語バージョンも2人歌うとるんだっけ?)
そして,英語の歌であっても日本語の歌であっても,そういうのはいっぱいある。
カバー曲なんかそうやわなあ。

それらはけっきょく,台本でいうところの,“作曲”を無視して(といえば言い過ぎやけど)自分なりに“編曲”して,歌い手が自分なりのメロディをそれぞれに作り上げとるねん。

そして,自分なりのメロディとして完璧であるから,Idina Menzel version と Demi Lovato version のどっちがいいか?なんてなくて,どっちもいい,ということになる。(それぞれの聴き手はコッチがいい!と思うやろけど)

ところがな,伊達娘を含めたAKBのヤツらには,そのレベルまでに達することなく,単に低い音が出せれば自分の音程を出せた,自分なりの表現ができた,と勘違いしとるのがめちゃくちゃ多い。
ソレとコレとは完全にベツモノというのをなんで理解できんのかヨウワカラン。

そういう意味では,何度も何度も見返して,ちゃんと1回台本(作曲)通りに通せてこそ,その台本(作曲)を自分なりに変えることが可能になる,と言っていいと思うねん。

ワタシだって傲慢不遜なコトいっぱい言うけど,たとえば「ゲド戦記」だって,ちゃんと読んで,もっといい方法があるんちゃうかと思って,はじめて「ゲド戦記」と違う方法が見つけられる。

それでいうと,高畑勲なんか,「赤毛のアン」のアンの行動が理解できんかった,だから第三者的な描き方をした,なんて言うとる時点でアカンと思うねん。

以前も書いた気がするけど,アンの行動ってワタシから見たら,自分の思ったことをそのまま行動に移しとるだけであって,なんら理解できん性格のものではない。

高畑勲がアンの行動を理解できんことこそが,もう自分の想像力をオトナの常識の範疇に押し込めて,子供の頃に感じたことを記憶した,脳の大部分が死んでもとるのと同じやねん。
宮崎駿なんて,さらに悪いことに,アンを理解できずに逃げ出したんやから,さらに理解力が乏しいのは間違いない。
ワタシが分析するに,宮崎駿なんて,セックスしたら,自分だけ満足してそそくさとやめてまうような性格やと思う。

高畑勲,宮崎駿とも,あんまオンナにモテそうな気がせんよなあ。
そういうのって人間としてアカンと思うなあ。

アキブータンなんかは,オンナの気持ちを思いやることは可能やけど,その上で“自分は分かっているがオマエは分かっていない”臭を出すからハナにつくしなあ。

まあ,長いからもう終わりにするか。

ほなね

2014/08/29 1:56:43 おーにっちゃんより

--------------

« 2014年8月28日 | トップページ | 2014年8月30日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック