« 2014年9月11日 | トップページ | 2014年9月13日 »

2014年9月12日

2014年9月12日 (金)

アキブータンがワタシんトコに書き込む理由

AKSが訴訟で負けそうやから、ワタシが参ってまうようにアレコレ言うてきとるんや。

しかも、ワタシは匿名の書き込みは大して意に介さんから、本人じきじきに言うてきとるんやないか。

けどな、アキブータンも結局匿名やねん。

だから言葉にチカラがない。


どのみちアキブータンは、ワタシのGoogle+の書き込みから逃げ出したという、恥ずかしい前科もある。

おーにっちゃん新規のヒトにも分かるように書くと、ワタシ秋元康がGoogle+に書き込みしとった2年半ほど前に、秋元康に対して実名で何度もコテンパンに書き込んだ。

暴言ではなく、論理的に秋元康を論破した。

ならば秋元康は、ワタシのコトをアクセスブロックしてきよったんや。


2年半前に既にワタシに完敗を喫したアキブータンが、なんで今回勝てるねん?


ワタシその間に、さらに議論のウデ上げたからなあ。

アキブータン毎日ご苦労さんやなあ

ココで自らをアキブータンと主張するヤツの出没時刻と、アキブータンの755における投稿時刻を見比べたら、相関あるんちゃう?


ワタシ別に機会を待って止まっとるワケちゃう。
毎日なにかを為しとる。


アキブータンとワタシの違いは、アキブータンは昨日の自分に勝てる自信がないことやねん。

だから自分の意見を言うのをためろうてまう。


ワタシは、昨日の自分に勝てる絶対の自信がある。

だから、いまの自分の意見をいくらインターネットに開示し、ヒトからどんな突っ込み入れられたって、明日勝てる自信があるから、なんら怖くない。

ブロードウェイは市長が作ったとか言うとるヤツへ

そうなんか。

ワタシも、行政が考えるべきコトなんちゃう?と記載したから、ワタシの読みは当たっとるやないか。

ワタシの読み、結果はちゃうかったとはいえ、その結果もあり得るとして、過程まで正しいんやから、概ね100点やろが。


その上で、日本は観劇人口が少ない、なんてしゃあしゃあと述べるなアホ。

日本の映画界は、1990年代まで、演劇と同じく独立して映画館が建っとって、映画鑑賞人口がどんどん減っとった。

それを、レンタルビデオとかレンタルDVDのせいにしとった。

そんななか、アメリカからシネコンが来て、シネコンが広まったら良心的な映画を観るヒトはさらに減ると警戒しとった。

けどシネコンこそ、自由な時間配分で、単館系作品の受け皿になっとるやないか。

いやもちろん、そんな中でさらにニッチを追求して単館で残るというのはアリと思うし、それは演劇にも言えると思う。


演劇にも、シネコンならぬ゛演劇コン゛が、日本の主要都市の一等地にあるくらいにして、行政が劇団に対して格安で提供するくらいにすると、演劇人口だいぶ増えるかもやぞ。


或いは、今後登場するシネコンだって、ビルをあと数階かさ上げしてシネマ以外のコンテンツもできる場所を入れ込むってのもあり得るよなあ。

パブリック・ビューイングなんて、シネコンがシネマだけではない方向に進んどるしなあ。

公正取引委員会からの、不在連絡票入っとった。

キングレコードが、契約自由の原則を盾にしゃあしゃあと書いてきたコトを考えると、公正取引委員会はまた

゛そのような事実は確認できませんでした゛

と、一枚ペラ返してきたな。


公正取引委員会の決定に不服があるときは、いきなり東京高裁に控訴になるねん。


控訴状は1枚ペラ出せばええし、テンプレは日立製作所への控訴と同じやし、控訴したろ。

AKB48チームA岩田華怜様20140907

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

なっちゃんの出た舞台を観て既に感想書いた。
かなり良かったと思う。

最初はなんかイマイチで,どうやって物語を組み立てるのか,どっかからお涙頂戴みたいなカンジになってまうんちゃうか?・・・と思うたけど,結果としてストーリーを上手く組み立てとるように思うた。

ちょっと気になるところはあるとはいえ,脚本も言いたいことが基本的にシンプルでいいし,役者の頑張り具合はさらにいい。

言いたいことがシンプルって実は重要やねん。

しかも,あの演技がBキャストとして数日出るだけの人々の演技とはなあ。
なんか勿体ないよなあ。

ワタシ以前から言うとるけど,もっと東京にも,いろんなジャンルの演劇(歌舞伎とか落語とかも含めて。オペラとかオーケストラとかもアリやろなあ)を観れるブロードウェイのような場所を作るべきやと思うねん。

そうすると,当日なんもチケットを持たずにフラっと来た人間がいたとしても,どっかのチケットを手にして観れる。

いまの東京,てか日本にはソレがないのがアカンと思う。

そしてそういうのは,個人に個別にさせとったらいつまでたっても解決せんと思う。

たとえば,お互いの仲間の公演に関してパンフレットとかいっぱい挟むけど,やっぱお互いに食い潰すコトになり得んから,ある場所に小屋があれば,同じ場所に小屋を2つめ作るのって難しいと思うねん。

それはヤクザの“シマ”にも通じる考えや。
まあそういう考えは誰にもある。
既得権益を守るのは人間の本能やねん。

その本能に逆らって,シマを共有してもいいというのが出て来んとアカンねんけど,それは日本政府の方針ってヤツやろなあ。

残念ながら,日本にはそういうのを考えるヤツおらんねん。

てか,ブロードウェイって最初はどういうきっかけで始まったんかなあ?

ワタシ先日も,パリが何故都会になったのかワカラン。ってブログかどっかに書いたけど,ブロードウェイだって,アメリカ政府が,演劇の場所にこういうのが必要だ!って考えて設置したワケちゃうと思うねん。

そうすると,シマを作りたがる人間の本能に逆らって,ブロードウェイの人々は目的を共有したってコトやと思うねん。

まあ,日本政府が動かずとも,演劇とか,とにかく芸能活動をする人間が,あちこちに散らばらずに一緒にやったほうが,お互いに利益になると考えることも必要やろなあ。

そう思いながら調べたけど,それでいうと下北沢なんかが,ワタシの思うような街になってはいるんか。

http://www.shimokitazawa.info/event/47922

“当日なんもチケットを持たずにフラっと来た人間がいたとしても,どっかのチケットを手にして観れる”街が日本にはないとワタシ言い切ったのは撤回せななあ。

けど,入場料3,000円とかで,1週間6日8公演くらいして,100人収容で平均50人観に来るとしても,3,000円×8公演×50人=120万円にしかならんのはなあ・・・

ワタシが日立製作所に勤めとった頃に,ヒトリで3ヶ月弱で得られた収入や。

その金額に対して,何十人ものスタッフが1ヶ月とかかかりきりになるとしたら,もうゼンゼン見合ってないよなあ。

いやもちろん,そんな薄給であっても,将来スターになろうと志して,なにくそ!と思って頑張る人間がおるのも理解する。

けどやっぱ,薄給をどないかせなアカンのもこれまた事実や。

そういえばジブリだって,最初はアニメーターの薄給をどないかせなアカンという趣旨で作ったハズやったのに,いつの間にか社員解雇とか言うようになった。

けっきょく,“シマ”のハナシに戻ってまうんやけど,有名大学を出て有名企業に勤めて,ヒトをこき使うとか,既得権益にすがりつく人間がどうしても出てきて,そいつらがのさばってまうねん。
いわゆる“勝ち組”と,“負け組”とに分かれる社会構造に,日本全体がなってもとるのがアカンねん。

いやコレは日本だけでなく世界全体の問題なんかもやけどさあ。

そんな理不尽な貧富の差が生じるのを見過ごしとって,憲法第九条があるから日本は反戦で平和やなんて,よくもしゃあしゃあと日本国民は言えるわなあ,なんてワタシどうしても思うてまう。
少なくとも,もっと一発逆転のチャンスが多くないと,“負け組”に生きる希望がなくなってまうわなあ。

・・・まあ,高1には難しいハナシかもな。

伊達娘に,もうひとつ言いたいのは,ワタシは今日の公演は,なっちゃんが脚本に感動したから観に来てください,と書いとるのを目にして,ならば行こうかと思うたコトや。
そして実際にいいお芝居やと思うた。

それでな,伊達娘が観に行ったとかいう映画は,どうもそういう感動がなさそう,というか,“渇き。”に関しては明らかになかった。
伊達娘の紹介する映画はハズレばっかやねん。

やっぱ,伊達娘が観に行ったり,さらにそこでオススメしとる作品は間違いない,と思われてはじめて,伊達娘は信用に足ると思うてくれるのが出てくる。
ココは間違えんといて欲しい。

だからワタシはなっちゃんには,演技力のほかに作品を観る目という意味でも一目置いたよ。
伊達娘も,伊達娘の紹介する作品は確実,というのがあって欲しい。

いやだからといって,バイオレンスとかサスペンスとか観るなとは言わん。
コレはこのようなバイオレンスです,とか,コレはかくかくしかじかのサスペンスです,とか,ありのままを伝えるねん。

ありのままを伝えた上で,ホンマに感動するものだけ,ホンマに感動した理由をキチンと説明したらええだけやねん。
そうすることによって,伊達娘に対してヲタ並びに一般人が,少しずつ信頼を持ってくる。

伊達娘はまだまだそのレベルに達してない。

そういうとこも考慮して欲しいな。

ほなね

2014/09/12 3:07:13 おーにっちゃんより

----------

なんかなっちゃんトコにコメントしたら,AKSの妙な工作員が湧いとるなあ。

http://ameblo.jp/hirajima-official/entry-11922647166.html

31. Re:今日観に行くぞ。
>おーにっちゃんさん

怖い。と思うよ
AKS a 2014-09-11 05:11:41 >>このコメントに返信
--------

まあブログ内でいちいち反論せんけど。

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」開始してます。順序間違えたw

モウロクしたなあワタシも。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

なっちゃんのGoogle+に投稿した,”Kiss Me You ~がんばったシンプー達へ~”の感想のようなもの

なっちゃんのブログ

http://ameblo.jp/hirajima-official/entry-11922647166.html

にコメントしようとしたけど,長すぎで怒られたからコッチにコメントするわな。

30.のコメのワタシは観劇歴ほとんどないけど,やっぱすごい熱気と思った。

33.のコメの,”観劇歴○十年”の方も記載しとるんやから,やっぱええんやろなあと思う。

なっちゃんのコトばっか考えとったら,なんかどっかで見た顔が・・・と思うたら,なっつみいが出とるやん。
以前買うときは知っとったけど,うっかり忘れとって,アレどっかで見たような・・・
で,キャスト確認してようやく分かった。
ワタシもなっつみぃを知らんうちになっつみぃAKB卒業したからなあ。目撃者公演少なかったし。

演技,なかなか全員よくできていると思った。
とりわけ,男性陣の熱気がすごい。アツい。

ワタシB7で,丁度正面に津田さん役の正木さんが来て,めっちゃ睨み合いっこした(つもり)。」

脚本も面白い。なっちゃんええ感性しとるやん。
なっちゃんが脚本を褒めとったから,そんなええんか?と思って観たら良かった。

最初はチグハグな気もしたけど,上手いこと繋がっとる気がした。
戦争を過去のものと決めつけずに,しかしあからさまに過去にタイムスリップとかにもせずに,フツーにいまあるモノや言葉を使うとるのが良かった。
戦争を考えることが,基本的人権の尊重に繋がることに上手く繋がった脚本と思った。

ただ,ワタシはそれを突き詰めると,基本的人権の尊重ができれば,憲法第九条は不要やと思うねん。
毎回毎回この戦争になりそうな状況をどうやって基本的人権に基づいて解決するか?を日本国民全員が考えたら,憲法第九条は不要やと思う。

そこはうつみさんにも,ワタシの意見として主張したいな。

徴兵のシーンで,光をチカチカさせることによって,残像現象を使って,イメージ的なシーンを上手く表現しとるなあと思った。
ああいう表現って一般的なんかなあ?
ワタシはそれほど観劇してないからワカランけど。

なっちゃんには悪いところは感じんかったけど,みんなよくできとる中でも,やっぱ大俳優となると存在感が違う,そこまではなっちゃんは至ってないかなとも思うた。
うつみさんはそれなりに存在感があったけど,なっちゃんにも,その他の出演者さんにも,あわよくば大俳優を目指すにはどのような演技をすべきか?という課題はあるなあと思った。

それと,概ね脚本良かったんやけど,3つ気になる点が。
桑田佳祐の歌はちょっとウザいとこがあったなあ。
メロディではなくて歌にした理由は何なんやろ?

それと,最後の”がんばれ”の連呼はちょっとちゃう気がした。
”自分もがんばろう”ならばワカルんやけど,”がんばれ”はなんか他人任せな気がして,個人的にあんま好きな言葉ちゃう。

さらに,その後の特攻のシーンはなんか長すぎるんちゃう?と個人的には思った。
それまで敵国側と思うとった側が撮ったシーンがあれだけ流されると,フクザツな雰囲気になる。

ところで,最後の挨拶のときに,なっちゃんとなっつみい,下手後方に知っとるヒトを見つけて,ふたりで一生懸命手を振っとったやろ。
誰がおったんかな?

以上,感想でした。

« 2014年9月11日 | トップページ | 2014年9月13日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー