« 2014年10月28日 | トップページ | 2014年10月30日 »

2014年10月29日

2014年10月29日 (水)

田野ってなんでAKBに入ったのでしょうねえ?佐江がダンススクールの先輩だからでしょうか?

そんなことを考えていると、また出すネタになるのですが、2年半前のRESET公演の最後の挨拶で、佐江が、後輩がすごく頑張っている、自分は忘れかけていた、と言って、そのあと田野がウルッときたのか、珍しくパフォーマンスがめちゃくちゃだったことを、改めて思い出しました。

あの頃は、ファンレターを出したり、Google+に書いたりしたことが、どんどんメンバーのパフォーマンスなりモチベーションなりに現れるのがリアルに実感でき、いちばん面白い時でした。


いまは、こんな状況なのでなかなか伝わりませんし受け取れませんが、また新たなメンバーに対して、同じ経験がしてみたいです。


ただ私ももう有名になってしまい、最初から先入観で見られてしまうのがなんとも。


2年半前は、まだ単にうるさいヲタの一人だったのですが。

田野がタヌキ顔と言われてうれしくなかった件についての考察

タヌキ顔と言われても仕方ないと思います。


田野優花、声に出して読んでみましょう。


゛タヌ(キ)ゆうか゛


ほらね。w

伊達娘のGoogle+の投稿で、少し気になることを

お母さんと関わりのある劇団だから、賞賛の意味で、゛本物の演劇は違う゛旨を書いたかもとは思うのですが。


どうしても、人間一般の感覚として、

「こんなに知的な作品を観に来ている自分、偉い」

というような思いが伊達娘にある、だから゛本物の演劇は違う゛と書いたのではないかと、心配です。


大切なのは、観た、知っている、という事実ではありません。


1.観て何を考えたか?

2.考えたことを、人前で表現できたか?

3.それを、人にも理解してもらえたか?

4.人の考えを変えることができたか?

ここまで目指してこそ、成功できると思います。

いくら伊達娘に対して言っても、嫌いにはなれませんねえ。

やっぱり、並みの親以上に3年以上伊達娘を中心に考えてきたのですから。


よく一般的に母親は、腹を痛めて産むから、父親と愛情の度合いが違う旨が主張されます。

私は腹こそ痛めてませんが、それこそ心を痛めて守ってきたので、切れよつがないです。


ただ、結婚は前提ではありませんからね。

あくまで伊達娘の手助けを、より強力にせねばならないと、私が感じられるかどうか、です。

そこは、もしかしたら田野になるかも知れませんし、さらに他の人になるかも知れません。

今日も郵便物が届きました。私が敗訴するなら、なんで嫌がらせする?

あと少しで11月。

11月に入れば、新たな工作活動が始まるのでしょうか?

AKB48チームA岩田華怜様20141025

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはようございます。おーにっちゃんです。

昨日けっこういろんなところに厳しいことを書いたら,伊達娘もこたえたようで,Google+の書き込み,とりわけコメントが相当言い訳になってましたよ。

まあそれでも,私が叱ってこたえるくらいであれば,まだまだ叩けば直るところにいると思って,半分くらいは安心しました。全部ではないですが。

芝居が好きというならば,それでいいので,その姿勢を見せて欲しいです。

いまヲタから見たらどうしても,“アニヲタ”“ニコ厨”などのイメージがついてしまっていて,もっと他の清楚で可愛い感じのメンバーと比較して,ファンが付きづらい状態になっているのです。

それでも,“アニヲタ”“ニコ厨”を上回る芝居好きなところを見せられたらいいのです。

が,それはクチで主張するだけではなく,体で表現できてこそ,説得力が出てくるのですよね。
なのに伊達娘はいまのところ,体で表現まではできてないのです。

再三主張しますが,すぐ音程がズレてしまうのは,体で表現できてないことの最たるものです。

伊達娘は伊達娘の考えるペースで成長すればいい,と言ってはいるのですが,私にだってイメージするペースはあるのであって,それはやはり田野のペースなのです。
だからどうしても,私には伊達娘は生ぬるく見えてしまいます。

田野はダンスに集中できたからこそ,新しい表現を求めて,ダンスだけでなく芝居に興味が出てきました。
そして芝居にまで興味が出てきたから,2年半前はネットばかりして,ひきこもりと言われていたにもかかわらず,いまはネットに依存していません。

それに,twitterのQ&Aを見れば,もうksgkは卒業したと書いていました。
確かに,落ち着いたお姉さんになったなあという印象です。

伊達娘だって,芝居好きを主張するのであれば,ダンスのパフォーマンスももっともっと向上させて,芝居に使えるのでは?と思ってみられて当然と思います。
そうすると,覚えるべきことが多すぎて,芝居や歌やダンスとは違う,マンガやゲーム,ニコ生に費やす時間は相対的に減ってくると思うのです。

もちろんゼロにしろとまでは言わないのですが。
マンガやゲーム,ニコ生から得た情報であっても,芝居に使えるところはあると思っています。何度も書いてきましたよね。

マンガやゲーム,ニコ生においては,たとえば私がチームA富山公演を観て1時間でハラを立てて出てきたのと同様に,伊達娘だって,
「これ以上時間を費やしても得るものがない」
と思った瞬間に,次のものに興味が移るくらいの早さで進められるべきものと,私なんか思っています。
マンガやゲーム,ニコ生よりも,ちゃんとした表現をすることのほうが,伊達娘の解決すべき優先度として高いはずだと思いますので。

興味はいろいろに移ろい行きますが,ダンスはリズム感を得るために必要であり,また歌は音感を得るために必要なので,ダンスと歌はもっともっと貪欲に,いくらでもやって欲しいです。

実際は,伊達娘の言動を見ていると,まだまだどうしても,ダンスも歌も学校の授業感覚でイヤイヤやっている感じをひしひしと受け,マンガやゲーム,ニコ生に費やす時間のほうが圧倒的に多いように思えるのです。

とりわけいま,私の目からは,伊達娘はリズム感も音感も不十分,むしろ研究生時代よりも劣化しているので,体が覚え込むまで練習して欲しいです。

何度か言っていますが,AKBで,音感を手に入れたメンバーは,まだそれほど多くはないですが,少しずつ増えています。
日曜はなぁながすごくいい声になったと思いました。

また,ダンスは田野がピカイチですが,ゆかるんとかさややとか,体が感覚を覚えこんだメンバーが何人かいます。

伊達娘は歌もダンスもそのレベルに達していません。
いくら芝居が好きと主張しようが,いまのままでは,女優として残るのは難しいです。
AKBの,伊達娘よりも歌もダンスも上手い他メンが,大挙として女優になれば,伊達娘の出る幕がなくなるのは自明ですよね。

どうしても田野を引き合いに出しますが,田野はリズム感を完璧に身に着けているために,会話のリズムも完璧でした。いちばんナチュラルでした。

長台詞がいくつもありましたが,田野は全部噛まずに言えたばかりか,その台詞の中で表情,声色など,感情の起伏がちゃんと表現できていました。

たとえば“フットルース”で,ダンス世界トップを取った植木さんは,噛むこともあり,感情の起伏までは表現できずに,どっちかというと直情的なレンを演じました。まあレンは直情的なので,敢えてそうされたのかも知れませんが。

しかし,それと比較しても,田野は体の中に刻んだリズム感はものすごく高く,その結果感情の起伏がよく表現でき,完成度も極めて高かったと思います。
田野は歌だって,だいたい合っているので,その技術を声色にも応用できている感じもしました。

伊達娘がいまストレートプレイをしても,音程が違っているのですから,自分の出したい声色を正確に出すことは難しいと思います。

だからといって,仮に伊達娘が声優的な声にわざと合わせるとすると,舞台で腹からの声を覚えてきたにも関わらず,のど声となり,折角自分の持っていたものを全て捨ててしまうことになるのです。

とにかく,自分がいまやっていることが全てに繋がり,その基本のさらに基本として,基礎的なリズムや音程があることをちゃんと理解して,基礎的なリズムや音程をもっと徹底的に覚え直して欲しいです。

本当に女優になりたいのであれば。

それでは

2014/10/29 12:08:52 おーにっちゃんより

--------

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく開始します。伊達娘について。

伊達娘がどうもおかしいと思うこと。AKSからいろいろされて鬱憤でも溜まっているのでしょうか。

判決まで残り22日(10/29(水)現在)。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

« 2014年10月28日 | トップページ | 2014年10月30日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

最近のトラックバック