« 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月15日 »

2014年12月14日

2014年12月14日 (日)

今日バイト中に思いました。大西博昭・弘子夫婦は、借金整理で弁護士から騙されたのです。

博昭の兄・富士弥は、暴力団らとの違法な賭博により1億円以上もの借金を作りました。

普通に考えると、そんなお金払う必要はないのです。

しかし、暴力団からすると、なんとか因縁をつけて、借金を払ってもらいたいですよね。

博昭が見つけてきた弁護士は、暴力団が礼をするくらい、暴力団に顔が利く弁護士でした。

そうすると、暴力団が嫌がる解決法よりも、無知な博昭・弘子を騙して、暴力団にとって有利な解決法を取ったと考えるほうが妥当です。

改めて言うと、暴力団はなんとか因縁つけて、富士弥の保証人である博昭からお金を取りたいと思いました。

そこで、弁護士を使って、私の親戚に接触するようにして、とにかく博昭と弁護士がひっつくように画策したのです。

それでも博昭が、いや、違法なのだから払わない!などと言ったらいけませんので、弁護士が暴力団に入れ知恵したのかも知れませんが、暴力団に、当時小学1年生であった私を誘拐すると脅迫させ、博昭らが法律を盾に支払いを拒否しないように仕向けたのです。


博昭も弘子も、法律を知らないまでも、大勢から聞いてみるなどの手を取れば良かったのですが、自らの無知と、人には言えないという世間体ばかりを気にしたことから、最善の回避策を取る努力を怠ったのです。


私は、責任感のない両親に心底呆れます。

個人情報保護法に関して、工作員の勝手な解釈乙。日本の裁判所も恣意的にそう判決するのでしょう。しかしそれはOECD8原則から著しく逸脱しています。

各国において諜報活動に携わる方々は、こうやって日本は恣意的な独裁国家を築き上げていることを、しっかりと認識してください。

日本は各国を相手にしても、玉虫色の表現で、なんら議論が前に進まないのも、このような日本の構造に問題があります。

日本政府を打倒することは、必ずあなたの国の利益になります。

逆に言えば、いまの日本の独裁政府こそが、実は最も戦争の恐怖に近いのです。

日本国民の全員が、自国は最も戦争の恐怖から遠いと信じきっていることこそが、戦争にいちばん近い証左です。

反政府活動と、投票参加は矛盾しません

反政府活動を進めたいのはやまやまですが、反政府活動だからと投票に参加しないのでは、いつまで経っても、一般人の理解は得られません。

このあたり、デジタル的にしか考えられない日本人は、とりわけ弱いと思います。


目指すものは政府打倒ですが、いまいちばん政府に影響を与えられる行動として、自民党政権に対してNOを突きつけることなので、投票に参加したものです。


まあ、自民党が大勝する可能性もあるのですが、その場合、政治が民意と違うことにー人々はこれまで以上に敏感になるとも思えますし、政府打倒のチャンスが増えるのであり、一概に私が不利になるわけではありません。

あ、今日は仕事の区切りがまた変則的で、45分働いただけで2回目の休憩です。

説明してないと、働いてない!って騒ぐのが出てきますから。

相手方選択の自由は、個人情報取扱事業者にはありません。

あくまで、あらかじめ掲示した内容に合致する場合にのみ拒否できます。

契約の自由を盾にして、個人情報保護法を守らない理由にはできません。

契約自由の原則って、例えば1,000円と表示しているものを900円で売ってくれという人がいた場合に、拒否できる権利を規定しているものです。

1,000円だすと言い、1,000円差し出しているにもかかわらず

「お前には売れない」

というのは、規約違反などが認められない場合以外は、契約自由以前に差別であって、認められません。


こういう投稿がいまさら突如としてあるということは、キャラアニ(AKS)が私を落選させた言い訳を書いてきていると判断します。


私の予想、当たっていますでしょうか。

私をフォローした方のfacebookなりtwitterなりを確認しても、エキストラとは書いてなかったと思いますが。

帰宅後にチェックします。

エキストラであれば、私のうっかりミス。

エキストラでなければ、エキストラと思わせたい工作活動をしている者がいるということです。

投票してきました に追加。寝落ち投稿していたので

小選挙区は、既成政党に反対する立場から、次世代の党の候補に。

比例代表は、小沢一郎の生活の党に。

裁判官は、最高裁が人事権まで発動して、私を恣意的に敗訴させたことから、全員×にしました。


私と同じ選択した人は少ないでしょうね。

ところで、国会議員→都知事を経験している石原慎太郎も、官僚その他公務員の体質を理解しているでしょうに、よく新党結成しますよね。

どういう思惑があるのか、官僚その他公務員をどう掌握しようとしているのか、わかりませんが。

あら、NHKに出演するということは、NHKからなにか契約を直接または間接的にされているということで、NHKと関係あると言えますよね?

テレビの仕組み以前に、契約ってわかってます?


私については、どうしても隠蔽せねばならないので、マスコミがいつまで経っても報道しないのです。

けれども、有名になれば報道せざるを得なくなりますって。

投票してきました

小選挙区は、既成政党に反対する立場から、次世代の党の候補に。

比例代表は、小沢一郎の生活の党に

裁判官は、最高裁が人事権まで発動して私を恣意的に敗訴させたことから、全員×にしました。


私と同じ選択したのは少ないでしょうね。

ところで、国会議員→都知事を経験している石原慎太郎も、官僚その他の体質を理解しているでしょうに、よく

今日はこれから総選挙に行ってきますので,一足早く切り上げました。

続きは投票後に・・・

Yahooに対する情報開示請求訴訟の文面を大幅に加筆しました。最後のほうは元ネタそのままですが,またいじって整理します。16日に出せるかなあ・・・いやしかしココまでお膳立てしないと勝訴できないとは,参考になります。

訴  状
                   平成26年12月16日
東京地方裁判所 民事部 御中
                原告 大西 秀宜 印

当事者の表示 別紙当事者目録記載のとおり
請求の趣旨  別紙記載のとおり
請求の原因  別紙記載のとおり
事件名    発信者情報開示等請求事件
訴訟物の価格      160万円
ちょう用印紙額         円
予納郵便切手          円

付 属 書 類
■ 資格証明書    1通  □ 不動産登記簿謄本      通
□ 固定資産評価証明書 通  ■ 書証写し及び証拠説明書 各2通

当 事 者 目 録
〒 121- 0813
住所 東京都足立区竹の塚1-29-11 菅野ビル401(送達場所)
        原 告   大西 秀宜
電  話 (070-6969-9177)

〒 107-6211
住所 東京都港区赤坂九丁目7番1号 ミッドタウン・タワー
        被 告    ヤフー株式会社
    代表者 代表取締役  宮坂 学


請 求 の 趣 旨
1.被告は,“名もない芸能関係者”を名乗る者について,原告に対し,メールアドレス,インターネットプロトコルアドレス,その他の開示可能な情報に関して開示せよ
2.被告は,“名もない芸能関係者”を名乗る者が,掲示板上に記載していた時期に原告らと行われた,掲示板上における掲載内容を開示せよ
3.訴訟費用は,郵券代を含めて,全部被告らの負担とする
との判決並びに仮執行宣言を求める。

請 求 の 原 因
第1 当事者
1.原告は,現在東京都足立区に住んでおり,株式会社AKS及びキングレコード株式会社が,被告に販売を委託する握手券つきCD を購入し,それに付属する”握手券”にて,株式会社AKSに所属する岩田華怜と平成25年11月23日ほかに握手をする権利を有したにも関わらず,握手させられなかったとして,東京地裁平成26年(ワ)第1282号事件において,株式会社AKS及びキングレコード株式会社らを相手取って訴訟を提起した者である。本事件については敗訴し控訴中である。平成25年11月20日に受けた,東京地裁平成26年(ワ)第1282号事件の判決文を,甲第1号証に示す。
2.被告は,様々な電気通信事業を営んでおり,Yahoo!ファイナンス(http://finance.yahoo.co.jp/)として,株式に関する情報サイトを運営しており,その中において不特定の者が書き込める掲示板サービスも行っている者である。また,Yahoo!BBとして,インターネットプロバイダ事業をも運営している。

第2 違法事実
1.Yahoo!ファイナンス(http://finance.yahoo.co.jp/,著名性については,甲第2号証に示す。)上において,自らの氏名・住所等を明らかにせずに,株式に関する自由に自らの意見を書き込むことのできる掲示板が存在している。この「掲示板」は,上場企業数に応じて数多存在するが,その中に,「6501 - (株)日立製作所」(http://textream.yahoo.co.jp/message/1006501/ffcna9c0bdbanbdj)として,株式会社日立製作所に関する株式だけを集約したサイトが存在する(以下,「本件掲示板」という。)。なお,本訴における問題が発生した時点では,本件掲示板のURLは異なるものであった。
2.そして,本件掲示板上に,原告は日立製作所に勤務し,その間に日立製作所の為している不法行為を頻繁に掲載していた(甲第3号証)。同時期に,これらの書き込みを理由として,日立製作所は原告に対して懲戒解雇を為した。(懲戒解雇通知書を甲第4号証,原告の個人情報開示請求に対して日立製作所が回答してきた内容の冒頭2ページを,甲第5号証に示す)。
3.発信者による書き込みと,権利侵害の成立
ところが,平成26年6月より9月にかけ,この本件掲示板において,“名もない芸能関係者 Unknown Producers”を名乗る者(以下,「発信者」という。)から,あからさまに原告を中傷する発言が,計50回において為された(甲第6号証)。甲第1号証にて,裁判所も平成26年6月以前のファンレターについては恣意的に認めていないが,平成26年(ワ)第1282号事件第1準備書面(被告AKS)(甲第7号証)Pxにおいて,少なくとも平成26年7月以降の原告による,株式会社AKに所属する岩田華怜への毎日に渡るファンレターの送付については,裁判所も株式会社AKSも認めているのであるから,甲第6号証に関する内容はそのすべてが,“ファンレター”という,一般人にとっては実際に送付されたかどうか分からないものに関する相手方の感想の記載であるため,原告に対する極めて高い名誉毀損が存在する。
4.また,甲第5号証に比較すると,甲第6号証のPxに示す以下の書き込みは,原告が日立製作所から懲戒処分を受け,日立製作所の社用封筒を利用していないことが暗示されており,このようなことを知れるのも被告AKS内部の者しかあり得ない。
5.さらに,甲第8号証に,平成26年(ワ)第1282号事件被告キングレコード準備書面(1)に,岩田華怜が原告に対してAKS担当者らに対して主張したとする内容が記載されているが,これらは甲第6号証において岩田華怜と思しき人物が原告に対して抱いたとされる感情と一字一句異ならないために,一般の者が想像により書き得る内容とは到底言いがたく,被告AKSの者が為したと言われざるを得ない。
6.いずれにせよ,具体的に氏名や所属組織等を出さずとも,① 原告がファンレターを毎日のように送付していることは事実であり,このようなことを記載するのは当然一般人が知らないのであるから名誉毀損であるし,② それを受け取った“アイドル”が原告に対して嫌悪の念を抱いているなどと主張するのもまた名誉毀損に当たる。
7.発信者の書き込みに違法性阻却事由のないこと
名誉権を毀損する表現が存在するとしても,(i)当該摘示事実や意見が公共の利害に関するものであり,(ii)当該行為が,もっぱら公益目的に出た場合で,(iii)A摘示された事実が真実である場合や,(iii)B真実でないとしても,真実と信じるにつき相当の理由がある場合については,違法性が阻却され((iii)Aの場合),又は,故意・過失が認められない((iii)Bの場合)。
8.この点,甲第6号証に示す書き込みについては,
(i)当該摘示事実や意見は何ら公共の利害にかかわるものではなく,(ii)摘示行為に公益目的がないことは明らかであり,(iii)摘示された事情が真実かどうかは,キングレコードの又聞きによる主張では足りず,発信者が真実であると信じるにつき何ら相当な理由は見あたらない。
以上から,発信者による原告に対する名誉毀損にかかる違法性阻却事由は認められない。
9.匿名性の問題(開示の必要性)と,被告らの対応(不開示)
  (1) 発信者情報取得の必要性
以上より,原告は,当該“名もない芸能関係者 Unknown Producers”名義において書き込みを行った発信者に対し,不法行為に基づく損害賠償の請求と,何らかの謝罪を要求したい。
しかし,原告は,当該匿名の書き込みを行った者が,株式会社AKSに所属する者である可能性が極めて高いと想像するのであるが,氏名・住所を知らない。そのままでは訴訟の提起すら不可能である。
  (2) 被告が経由プロバイダであること
そこで,原告はまず,かかる書き込みが行われた掲示板を管理するインター弁護士に対し,平成18年8月23日,掲示情報の削除と,発信者情報の開示を求めたところ,インター弁護士はこれを任意で承諾し,発信者が経由したインターネットプロバイダと思われるIPアドレスを開示した(甲4)。インター弁護士の掲示板は,何ら氏名や住所等の情報を取得しないため,IPアドレス以外の報は保有していなかった。
かかるIPアドレスは被告が提供するものと一致する。従って,発信者が,被告のインターネット回線を利用して書き込みを行ったことが認められる。
被告は一般消費者に対し,インターネットプロバイダ事業を提供していることから,発信者は,被告とインターネットプロバイダ契約を締結している可能性が高く,被告は,発信者の住所・電話番号・メールアドレスを知っている蓋然性が認められる。
  (3) 被告の非開示
そこで,原告は,平成18年9月1日,プロバイダ責任法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)第4条第1項に基づき,被告らに対し,発信者情報の開示を求める郵便を送付した(甲5)。
しかし,被告は,①削除された掲示板情報であり,権利侵害の内容の確認が取れないこと,②経由プロバイダがプロバイダ責任法第4条に基づき開示義務を負うか否かが明らかではないこと,を理由として,開示をしない旨を通告してきた(甲6)。
その後,何度か交渉したが,かかる態度は変わらない。
 6 原告が開示を求めることができることについて
 原告が被告に対し求める開示情報は,発信者の氏名・住所等であり,これは,プロバイダ責任法第4条に基づき規定された省令(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条第1項の発信者情報を定める省令(平成14年総務省令第57号))の定める情報の第1号,第2号に該当するため,同法に基づき開示可能な情報である(省令につき甲7)。
 また,いわゆる「経由プロバイダ」が開示義務を負うか,について,これを消極と解する判例もあったが,近時の判例は,全て経由プロバイダは法4条1項の定める「開示関係役務提供者」に該当すると認めている(東京地判平成15年9月17日,同平成17年6月24日(甲8)など。なお,消極に解した東京地判平成15年4月24日はいまだ最高裁HPの下級審主要判例情報に掲載されていない)。
7 被告の不法行為と原告の損害について
  既に述べたとおり,原告は,これらの書き込みにより,当該匿名の発信者によって名誉権等人格権を毀損された。
当該書き込みは削除された。しかし,この書き込みがあった事実は残っている。原告の名誉挽回は,匿名の書き込みを行った者が明らかにならなければ,行われない。
ところが,被告は,原告が権利侵害状況を明らかにし,かつ,訴訟に訴えることも辞さない旨を明示して,開示請求を行っても,一向に今日まで,その発信者情報を明らかにしない。
被告が原告より開示請求を受け、権利侵害状況を明確に認識してから8ヶ月を経過してもなお、被告は開示請求を拒絶しているのであるから,かかる不開示は,原告に対する故意または重過失による不法行為が成立する。
そして,その損害額を算定すれば,金50万円を下らない。
8 結語
  よって,
 (1) 被告は,プロバイダ責任法第4条第1項に基づき,原告に対し,別紙アクセスログ目録記載1,2,3の各日時ころにおいて,同目録記載のインターネットプロトコルアドレスを使用してインターネットに接続していた者の氏名及び住所を開示せよ
(2) 被告は,原告に対し,不法行為に基づき,損害金50万円及び本訴状送達の日の翌日から支払済みまで,年5分の割合による遅延損害金を支払え
との判決並びに仮執行宣言を求めて,本訴を提起した次第である。
9 管轄について
  なお,本訴の訴訟物は,①プロバイダ責任法第4条第1項に基づく発信者情報開示請求権,②不法行為に基づく損害賠償請求権,の2種類であるところ,②につき,特別裁判籍により,義務履行地に管轄が認められるところ(民訴法第5条第1項第1号,民法484条),原告の住所地を管轄する大阪地方裁判所にも管轄権が認められるものである。
証拠方法
甲第1号証     原告プロフィール
  甲第2号証     「インター弁護士」のホームページの写し
  甲第3号証の1~3 本件各「書き込み」の写し
  甲第4号証     「インター弁護士」側からの権利侵害情報の存在に関する回答書面(E-mail写し)
  甲第5号証     被告への送付書面
  甲第6号証     被告からの回答書面
  甲第7号証   総務省令(開示情報について)
  甲第8号証最高裁HP(下級審主要判例,東京地判平成17年6月24日)

10.よって,やむなく本訴に及ぶ。

- 以 上 - 

-------------

警察・検察・裁判所らによる冤罪事件の根本のひとつにある考え方と,冤罪事件をなくすための方策を2ちゃんに書きましたので,こちらにも転載します。

【AKB48】岩田華怜応援スレ☆78【TeamA】©2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1418054455/226-229

226 :名無しさん@そうだ選挙に行こう@転載は禁止:2014/12/14(日) 09:28:05.50 ID:VWUGktHo0
見えるより
見えないものに
真実が

229 :hidenobu onishi ◆CsvquZNDeKXO @転載は禁止:2014/12/14(日) 10:37:56.70 ID:ygyM19hF0
>>226

そう思って,見えるものを疎かにするのはマズいです。

まず,見えるものをそのまま受け取ってみる。
いろんな見えるものを受け取ってみる。

そうするとどこかで矛盾が出てきます。
警察・検察・裁判所がよくやってしまうのに,その矛盾する都合悪い事実を認定しないことがあります。

この矛盾を繋ぎ合わせるには,どこかにウソが含まれている,どこかで誰かが横槍を入れていると考えるほうが正解です。

そうしながら,見える”結果”だけでなく,そう見える”原因”までをも推測して,確固たるストーリーができあがったときに,それは高い確率で確からしい,ということになるのです。

日本の裁判においても,このような推測を検証する価値はあるはずなのですが,まだ裁判所が私の編み出した方法に,ついていっていけてないのが現状と思います。

AKB48チームA岩田華怜様20141211

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

ラジオの公開生放送まで1週間を切りましたねえ。
私も,そろそろちゃんとよういしないとと思って,これまでココで書いてきた内容をちゃんとプリントアウトしました。
30枚くらいの冊子ができあがりましたよ。

やっぱ中でも,ヒマラヤってどれくらい美味しいのか気になります。

いやココで不味ければ,伊達娘と結婚するのはちょっと・・・ということになるのですが,私自身が別に“おふくろの味”と違うからどうのというワケではありませんからねえ。

そういえば,ニコ生でも言いましたが,今日,この数ヶ月間,きっとこの人とは仲良くなることないと思っていた女性から,やたら親切にされました。
きっと好感を持たれたと思います。

そりゃ,フツーのオトコだと,「自分のやり方に合わせろ!」というヤツばかりなのに対して,私は,「好きなようにやってくれたら,全部フォローする」って立場で接するで,私と一緒に作業をした女性ならばほとんど100%,私を好きになる自信があります。

てかなんでオトコはみんな,「自分のやり方に合わせろ!」になってしまうのかが不思議です。
オトコってどこかに自己顕示欲を持っているんですね。

それは,握手会とかGoogle+なんかで,伊達娘らも実感していると思います。
そんなの会話ではない!というのをオトコは平気でしてしまうのです。
たぶん,AKSのマネージャーらも高圧的な態度か,或いは逆に平身低頭かのどちらかと思います。

けれども私だって,まだ学生の頃は,そんなの会話ではない!と思うことに対して,それだけ主張できるのはすごいと思って,受身で考えていました。

だから伊達娘をはじめとしてAKBメンバーが,コイツらツマランことを言うなあ,と思ってさえも,ヲタ連中の中では,それに対して“それだけ主張できるのはすごいと思って,受身で考えて”賞賛し合ってしまっていると考えたら納得がいくと思います。

日本ってけっきょく,日立製作所の工作員が,具体的には大藤が何度も書いてきているように,

“何を言うかではなく,誰が言うか”

の世の中になってしまっており,その結果AKBにおいては,TOとされる者が言うことが絶対となっているのです。

だから,新月なり仙台伊達娘会副長なりがハチャメチャなことを言ってさえ,(その以前はしのたんでしたが,)それをたしなめられるヲタがいないのです。

“何を言うかではなく,誰が言うか”

私が長年,どうして学んできたとおりに社会が進まないかと悩んできたモノの正体はコレだったのです。

いやもちろん,あるとき突然出てきた人が言ったことが正しくて,長年付き合っている人が間違えている場合もあるでしょう。
が,そういう場合人間は,今後の付き合いや,これまでの実績を考えて,ついつい長年付き合っている人の意見を信じてしまうこともあります。
それは全部が全部否定されるべきこととも思いません。

けれどもそれは,自分なりに事実を収集して検討してみた結果であるべきであって,事実も収集せずにヒトを見ただけで妄信することとは違うのです。

然るに日本国民は,事実を収集していないにもかかわらず,“地位が高い”というのを,あたかも事実かのように錯覚している,それ自体が問題なのです。

また,めんどくさい議論をしだしたのでこのへんでやめておきますが,伊達娘には,私が初期の頃に主張したとおり,

“誰が言うかではなく,何を言うか”

・・・まあ,その通りには言ってませんでしたが,
「目の前の人が言うことをちゃんと受け取りましょう,そして受け取ったことはキチンと返しましょう。」
そのようには主張したはずで,それは上の例えと同じです。

目の前にいる人に対して真摯に対処する,人間にはコレだけが大事なのであって,コレも以前にGoogle+に書きましたが,ブッダの弟子が伝えたという“四恩”,親や国王に対する恩なんて,もし死後の世界があるとすれば,ブッダ自身が「それは違う!」として化けて出てきそうな内容と思います。

にもかかわらず,ブッダが怒って化けて出てきたという証拠はないのですから,ブッダクラスの人間さえ地球上に化けて出てきておらず,この点からも死後の世界なり輪廻転生なりは,現世の者が考えた虚像のように思えます。
(恐山のイタコに呼び出してもらえば,ブッダでさえ出てくる可能性がありますが・・・)

なんか今日ももう,アイドルへのファンレターの内容とはおおよそ離れたものになっているなあとは思うのですが,加えて最後につらつらと思ったことを書きます。

カエサルに関する抜粋です。

―――――――――――
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB

評価[編集]

イタリアの歴史の教科書には「指導者に求められる資質は、次の五つである。知性。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意志。カエサルだけが、この全てを持っていた。」との記述がある[42]。
―――――――――――

私,この5つの資質のすべてを持っていますよね?

私も,コレをはじめて読んだときにはあまりピンときませんでしたが,“自己制御の能力”とか,“持続する意志”というのは,実はなにかを成し遂げるにはとても大事な能力です。
そして人々のほとんどが身に付けてないのです。

“知性”“説得力”“肉体上の耐久力”くらいまでは,大学で学んだエリート,かつ部活でも頑張れるような,文武両道人間は獲得できている可能性もあります。
しかし,“自己制御の能力”と“持続する意志”は,文武両道人間であっても獲得するのは難しく,もうその人の資質の問題でしかありません。

伊達娘はイメージできないでしょうから,伊達娘に即してグサッとくる言葉で主張すると。

“自己制御の能力”に関しては,りおりんについて騒ぎになったときに,ついつい言い訳で,“正義を貫くのはナントカカントカ・・・”って書いてしまいました。そしてヲタから非難され,謝罪する羽目になりました。
もうこれ自体が,“自己制御の能力”がないわけです。

“自己制御の能力”がある人間は,自分がコレを書けば,自分の主張は伝わるが,りおりんはどう思うか,人々はどう思うか,までをも考えて計算します。
そして,やっぱやめよう,となるわけです。
伊達娘にはまだ,“自己制御の能力”はちゃんと身についていません。

私は,“オムツ安倍晋三バカ総理大臣”と書いたところで,“安倍晋三はどう思うか,人々はどう思うか”,までをも考えて計算します。
尤もこの場合は日本の無法独裁政府組織(JLDGO)に対してケンカを打っているわけですが。

もっとわかりやすい例でいえば,私はいま身分や経歴をひた隠してアルバイトし,明らかに私のやっていることを理解している者からコテンパンに言われることだってあるのですが,それにじっと耐え,自分のほうが悪うございました,みたいな態度をするのです。

普通の人間,私の経歴があればまず自慢して回ると思います。
普通は自慢して回るからこそ,経歴を揶揄する投稿があとを絶たないのです。

逆にいえば,経歴を揶揄する投稿により,私の“自己制御の能力”を破壊させようという工作員の意思も垣間見られますよね。

“持続する意志”については,なんでもかんでも2日坊主になってしまう伊達娘ならば,自分にないことを理解できるでしょう。難しいのです。

私なんて逆に,AKSからコテンパンに言われてさえも,伊達娘に対してファンレターを1,000通以上書けるのですから,“持続する意志”は,とりわけ人類史上最高レベルにあるといっていいと思いますし,皆さん納得するしかないと思います。

私の“持続する意志”を軽く見たからこそ,日本の無法独裁政府組織(JLDGO)らは幾重にも隠蔽活動を続けてきたのです。

“肉体上の耐久力”だって,日立製作所時代はスグ診療所に行って仮眠したり,休職を繰り返したりして見せられませんでしたが,いまアルバイトとかけもちで週休1日ペースで勤務してさえインターネットと上で主張を繰り広げられるのですから,“肉体上の耐久力”も相当あると判断できますよね。

そういうのを考えてみて,伊達娘だけでなく,他メンも含めて,“自己制御の能力”,“持続する意志”があるかどうかを検証して欲しいです。

たとえ,伊達娘がブロードウェイ抜きにして,舞台女優として成功するというのを夢と考えるとしても,“自己制御の能力”そして“持続する意志”は必ず必要です。

たとえば,今泉りえさんだってそうですよね。

劇団四季を離れた後に,さまざまな劇団を渡り歩いて演劇にて自分を表現されているというのは,“持続する意志”そのものと思うのです。

長くなり,途中で寝落ちしたのでいまになりました。
それでは

2014/12/14 10:27:34 おーにっちゃんより

---------------

twitterでNHKと関係のある方よりフォローされました。

このとおり。

Access2014121403


この方のfacebookを見ると,

”今日は誕生日ですが、渋谷のNHKに缶詰めです。濃いメンバーに囲まれています。”

とあるので,NHKに関係のある方ですよねえ。

こういうところから,少しずつ,マスコミの隠蔽も不可能になってくるのです。

この方も,そこまでを意図して,敢えてフォローしてきたと想像します。

あそうそう,キャラアニにアルバム申し込んだから。コレで落選させられたら,その証拠が裁判に使えますわなあ。

自分に正義があるから,いくらでも突っ込めます。

いや,生活保護の関係もあって,普通にアルバムを購入するぶんの1枚だけですが。

Access2014121402

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。アクセス減りましたねえ。けどココからが本番!

私が反政府活動家を名乗ったから,一気に減ったのではと思います。

それでも昨日も18,891PV,3,344Visit,1,531UUありましたよ。

ここがふんばりどころです。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

共闘者が現れたかと思いましたが,私を”電波”に仕立て上げるための愉快犯でしょうねえ。とはいえそれだけ日本政府工作員は困っているということです。

PHSからはコメントしか見れず,共闘者を名乗る人は”電波”ではなく,それなりの主張があるのかと思っていたのですが,その後ページ

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59

を見たところ,コレ完全に”電波”,ですよねえ。

”電波”かそうでないかは,その方がもともと訴えているモノがあるかどうかの違いによります。

私は,日立製作所による個人情報保護法違反→懲戒解雇,名誉毀損,および,AKSらによる名誉毀損,メンバーらに対する強要を主張し,その隠蔽のための工作活動の存在を主張しているのです。

しかしこの方は,自分が政府からの工作活動による被害を受けている,このことのみを主張しています。

それって,”被害妄想”で片付けられてしまうものです。

被害を受けているのであれば,その証拠を挙げねばならないのですが,書類など確たるものがなにもないですよね。

私は,

日立製作所の個人情報保護法違反資料
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRSUx3RjhBTU9pNTA/view?usp=sharing

日立製作所からの懲戒解雇通知書
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRd2lmTHNQM0NDTW8/view?usp=sharing

AKSからの名誉毀損準備書面
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRVlFGbHREdnhleXc/view?usp=sharing

などなど,確たる証拠をいくつも積み上げています。
この違いは大きいです。

また,この方がさらに共闘者と主張するページはさらにおかしなものになっています。

-----------
http://astumioishi.cocolog-nifty.com/

俺 の 体 か ら 思 考 監 視 装 置 を 外 せ !
三笠宮あき子は洗脳をやめろ。思考を無断で盗聴し、ゴツゴツ音声送信し、俺の性欲を刺激し勃起させ、妻の気になって得意になるのをやめろ。とてつもなく醜いお前など誰が結婚するか!
-----------

この文章から判断できるのは,”この人は三笠宮あき子を見て性欲が刺激されて勃起している”ということだけです。

まあとにかく,この”共闘者”は,私を”電波”に仕立て上げるための愉快犯と考えます。

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59

のブログを持っている人間であれば,ブログに当然のように私の記事も書くでしょうが書いていないのも理由です。

一応,最新の投稿は今年11/27のものです

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/33129088.html

が,なんだかよくわからない画像が証拠として掲載されていて,なにがどう証拠なのか私には理解できません。

Access2014121401

« 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月15日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック