« 2014年12月28日 | トップページ | 2014年12月30日 »

2014年12月29日

2014年12月29日 (月)

あと少しで帰宅です。ボンド大丈夫?

一応毎日ギャラリーあおっておきます。

ボンドされるのイヤなので。

契約自由の原則は、理由の説明とセットです。でなければ、日本国においては人権を侵害する差別がまかり通ることになりますから。

実際に売り手が差別心から契約を為さない場合も、なぜ売らないのか理由を告げなければ、法律上いいのですか?

差別を受ける立場の身に立って考えましょう。


差別を受ける立場の人間が、理由を説明されることなく社会から隔離されるとすると、大変なことです。


アメリカの白人警官による黒人射殺事件だって、肌の色で人種差別を連想しているのであって、オマエらの言い分によれば差別に当たらなくなってしまいます。

たかみな、卒業と同時に裏方へ?アイツどこまでも安直な方向へ流れ落ちるなあ。 

本当に歌手になりたくて、歌が上手ならば、歌手になりますよね。

引退するって、やはり実際は歌がヘタクソなことに気づいていたのでしょう。


私が訴訟なりして、AKBぶっ潰す!と言っているのは脇に置いても、いまのAKBに本当に必要なのは、裏方になることではなく、卒業して独り立ちすることです。

「卒業したら、あの先輩みたいになりたい」

と大勢のメンバーから思われることが必要です。

そもそも、裏方にならなければ実現できないことってないです。

しかし裏方として、メンバーが働いたお金を搾取して、暗躍することならば可能です。


たかみなは暗躍することを希望している。

そう考えると、卒業発表時にメンバーみんなが複雑な表情を浮かべていたことも、腑に落ちますよね。

お!私を放火魔として通報祭りか!やってみな!

おもろいやん。

それで警察から冤罪逮捕なんかされたらと思うと、めっちゃわくわくする!

刑事の執拗な訊問ってどんなのか知りたいし。

もちろん録音して公開しますよ。

韓国の話題もウソですねえ

確かに私は何度も韓国おひとりさましていますが、

゛2人前を注文する゛

というルールに従って利用したもので、なんら問題ありません。

「1人なんだから1人前を出せ」というのなら問題です。

この場合は、商慣習と契約自由の原則に従って、契約が成立しないでしょう。

あくまで、お互いの主張が合致しないから契約が成立しないのであって、キャラアニのように理由も告げずに一方的に契約できなくするのは、契約自由の原則には当てはまらず、不当な差別となります。

私が2ちゃんで岩田華怜認定をしたのは、裁判所に提出した内容と、1回゛大西さんがいないとつまらない゛と書いてきたときだけです

1ヶ月ほど前に私が2ちゃんで岩田華怜認定したとのコメントがありますが、そのような事実はありません。


もう私に対してではなく、ギャラリーに対して、大西は信用に値しない人間と思い込ませるために、ウソ情報をたくさん書いているみたいですねえ。


・・・大西弘子(≒サル)レベルの人間ならば、信用するかも知れませんが。

゛恣意的゛と゛意図的゛の解釈が違う?ウソツケ。

憲法や法律のルールに従わず、勝手な判決を下しているのは裁判所ですよ。

AKSの現在の社長に関する、真実の誤認があったのですから、社長交代に至ったAKSの体質に関して、裁判所が一切検討していないことは明らかです。

゛恣意的゛としか言いようがないですよね。


逆に私の解釈が゛恣意的゛と主張するのであれば、どの主張がどのように゛恣意的゛なのか適示せねば、主張したことにはなりませんよ?


゛全部恣意的なので指摘する必要なし゛なんて小学生みたいな回答は、なしの方向でお願いします。

恣意的と意図的の違いについて

よく指摘があるので説明します。

出したその場で私から矛盾点を指摘されて、返答に窮するものについては゛恣意的゛が妥当です。

゛意図的゛というには、キチンと返答できなくちゃ。

コメント返信

・山田町の牡蠣小屋に1人で入れてもらった件

確か大雨で駐車場が冠水しているのを指摘したと思います。
騒いだわけではありません

・ゆかるんのGoogle+と同様に、伊達娘と相思相愛なところを見せろという件

ゆかるんのGoogle+では、゛好意の゛感情は認められますが、相思相愛の恋愛感情までは認められません。

また、ゆかるんと違う方法を、伊達娘と私が取っていてもいいのです。

伊達娘は私に2ちゃんねるでコンタクトを取ってきました。
動機及び私に関して知り得る情報を総合して考えれば明らかです。

裁判所は恣意的に認めていないだけです。

今日もいっぱい書いたなあ

コメントで、JLDGOの工作員が、過去の経緯にまで踏み込んで誤った事実を書き込んで来るので、どうしても反論してしまいます。


これは、私に対して


① 新たな訴訟や、告訴状の提出を遅らせる意図

② 私が反論しない場合、誤った解釈を、ギャラリーに対して事実と思わせてしまう意図


の、最低限2つの意図があると思います。


私は、コメントを丁寧に拾って反論することが、ギャラリーから私がますます信頼を得ることに繋がると思います。

AKB48チームA岩田華怜様20141224

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはようございます。おーにっちゃんです。

ダメだ,ブログに反論していたらまた遅くなって最後数十分でチョコっと書くだけに・・・
年内にキャラアニとヤフーの訴状提出しようと考えてましたが諦めます。

てか伊達娘も昨日とりたてて話題を出してないから,書くネタがないよなあ。

私から出すとすると,昨日ブログに書いた,大船渡の Porco Rosso をやっている山﨑さん,この方なんかカレンの復興カレンダーなんかで取り上げてもよかったと思います。

まあ私もカレンの復興カレンダーをちゃんと見たことがないのですが,1分間番組だから,有名な方よりも普通の人々を取り上げたと思いますし,それは間違いではないと思います。

なかなかテレビなどのマスメディアは,一人ひとりのことを取り上げることさえないのですが,もっとないのは,一人ひとりのことを取り上げて,それを集め,政策に反映する人ですね。

ひとつの声があるとしても,それは“塵も積もれば山となる”の“塵”なのであって,塵は集めなければいつまで経っても塵のままです。

そこで必要になるのが,“持続する意思”です。

人間,1回ふといいことを思い立つことはよくあるのですが,人からガツンと言われたり,言われなくても恥ずかしくなったりして,それを外に出さないことがままあります。出してもすぐ引っ込めてしまうとか。

しかし,“塵も積もれば山となる”を実行しようとすれば,山になるまでせっせと塵を集めないといけないのです。

山﨑さんが本当にいいことを書いていたので,その内容を伝えたブログのURLをココにも貼っておきましょうか。

岩手県大船渡市にある”ポルコ・ロッソ”,調べたら名店でした。オーナー兼シェフは復興活動でも有名なようです。 2014/12/29 02:00
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-ca73.html

さらに引用した文句をそのまま掲載しておきます。

----------
インタビュー:山﨑 純(やまざき じゅん)/イタリアンレストラン「ポルコロッソ」
http://wawa.or.jp/project/000265.html

「阪神・淡路大震災が起こったとき、私はローマにいて日本にいなかったんです。そのとき何もできなかった悔しさで"何かあったら、必ず自分にできる最大限のことをする"と決めていました。僕はコックなので、考える前に体が動いて食事を届けようとしていました」
しかし、山﨑さんひとりでは60個のおにぎりを握るのが限界。避難している多くの人たちに食事を届けようと思うと、どうしても人手が必要になる。頭を抱えていた山﨑さんのもとに、コックを夢見る高校生や友人たちが集まり、徐々に仲間が増えていった。さらには、全国から休日のたびに訪れる人、大船渡へ引越してきた人など、"ボランティア・リピーター"も増えていく。気がつけば、60個のおにぎりからスタートした活動の輪は広がり、1日で約2000食をつくれるようになっていた。すべての避難所がなくなり、すべての被災者の自活が可能になるまで食事をつくり続けること。これが山﨑さんの強い意志だ。
----------

一人でできることは小さくても,それに共感してくれる人を増やせば,その力は大きなものとなります。

芸能活動だって同じで,“アイドル”のままで通せば,代わりはいくらでもいるので推し変されてしまいますが,私のように伊達娘に共感してくれる人を増やせばいいのです。

まあ私が強烈すぎてなかなか共感してくれる人を増やせていない気はしますが。

やっぱ田野なんかようやく,共感してくれる人を増やせてきた気がするので,伊達娘も地道にやってみましょう。

ちなみに私だって,言っていることがあまりに壮大なので静観している人がまだまだ多い状態ですが,遠くない将来に沸きます。

AKBとしていろんなメディアに出られる田野でさえ,理解されるのに3年くらいかかっているのですから,メディアその他から言論統制を受けている私が理解されるには,3年以上かかってさえもなんら不思議なことではありません。

そういう感じで,地道な努力を続けて欲しいです。

それでは

2014/12/29 12:02:30 おーにっちゃんより

-----------

スマートインターナショナルに関する書き込みに,インラインで回答します。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-da94.html#comment-109564491

IPアドレス:     111.93.30.66

内容:
--------
大西さんがブログに会社の情報を書きこんだせいでジュエリー部門を担当していた
女子社員の藤井さんの名前が2ちゃんに晒された件に関する謝罪はないの?

名前は忘れましたが,”藤井さん”ではありませんでした。

明確な実害はなかったかもしてないけど、現実問題、ジュエリー部門は閉鎖したんだから
その原因の一端は貴方にある。

ジュエリー部門は私が会社にいる時点から不採算で,閉鎖の予定でした。

なんでバレたのか本当に分かりませんと言うのは真っ赤な嘘で、
自分がブログに書き込みしたからばれたという自覚はあるんでしょ?
次のエントリで謝罪文を掲載してください。

通帳の裏写りが判明したのは後のことですが,どうして”なんでバレたのか本当に分かりません”と私が主張したことを知っているのですか?
あなた経緯を全部知った上で書いてきてますよね。

そして既に,裏写りを指摘された後に,謝っていますが。

いまとなっては裁判をし,実社名を公表しているのでどうでもいいことですが。

それから、今のITソリューションは1から作り上げるような非効率的な事はせずに、
出来合いのものを組み合わせることによってお客様の業務の効率化を図り
新たなものを生み出すのが主流ですね。
門外漢が口をはさまないほうがいいですよ。

主流もなにも,できあいのものを組み合わせることしか考えが及ばない者が多いのです。
もちろん私だって,1から作り上げることなどしていません。

たとえば新しい国を作る!と言っても,ちゃんと憲法や法律を文面通りに守ることを主張しているだけであって,憲法や法律を文面通りに守らず,恣意的に1から解釈するようなことをやめようと言っているだけです。

システムも,できあいのもののなかで,あるべき方向性をまっすぐ向いたものは採用するに値しますが,そこから外れてきたものに対して,敢えて適用するような愚策はおかしいです。

それ以前に,目的のためにシステムを使うにもかかわらず,システムができたから目的を探すようなところが多々あって,そういうのはバッサリと止めようと言っているだけですが。

それから、システムエンジニアという触れ込みでありながら、
基本情報処理技術者を取得しているだけのただの人というのは
経歴詐称ですよ。

たとえば”交通システム設計部”にいて設計に従事していた人間が,どうして”システムエンジニア”を名乗ったらいけないのですか?

投稿: | 2014年12月29日 (月) 10時00分

その後改めて見ると,東京地方裁判所のページは4/1付,高等裁判所は12/9付の情報とわかりました。

人事異動は頻繁に行われているので,単純に掲載が遅れているだけと見るほうがいいのですが・・・

それでも,同じ裁判所のページであるにもかかわらず,地方裁判所は4/1付の情報,高等裁判所は12/9付の情報というのも怪しいと思えませんか?

だから”永谷典雄”の名前はどこにもありません。

東京地方裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tanto/minji_tanto/

Access2014122908

東京高等裁判所
http://www.courts.go.jp/tokyo-h/saiban/tanto/tanto/

Access2014122907

かえすがえすも,民事訴訟規則にて裁判を受けるものの義務について規定している

----------
民事訴訟規則 平成八年十二月十七日最高裁判所規則第五号
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?re=&vm=01&id=1846

(法定代理権等の証明・法第三十四条)
第十五条 法定代理権又は訴訟行為をするのに必要な授権は、書面で証明しなければならない。選定当事者の選定及び変更についても、同様とする。
----------

のですから,担当する裁判官はそれ以上に拘束されるのは当たり前で,いくらWeb上とはいえ,最高裁判所が担当する裁判官名を8ヶ月以上放置しているのは,日本国憲法第14条に規定する平等権に明確に反すると考えます。

訴訟開始時に,担当部署や担当係は伝えられても,担当裁判官名については現状,会うか資料を送付されるかしてみないとわからないのですから。

永谷典雄が民事31部の統括判事に10/27に就任したにもかかわらず,東京地裁のWebページが2ヵ月後の現在も変更されていない件

このとおり

http://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/tanto/minji_tanto/

Access2014122901

永谷典雄
http://www.e-hoki.com/judge/2105.html?hb=1

Access2014122903

舘内比佐志
http://www.e-hoki.com/judge/905.html?hb=1

Access2014122902

AKSとの訴訟の第一回口頭弁論が4/24に開かれ,そのとき女性裁判官が2人いたので,誰かと検索したら三上乃理子裁判官だったので,異動から24日後にはWebに反映していたのとはえらい違いです。

AKSらとの口頭弁論第1回、20分くらいで終わりました。次回は、6/2(月) 13:30~ 610号法廷です。 2014/04/24 14:07
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/aks20-045c.html

三上乃理子
http://www.e-hoki.com/judge/2686.html?hb=1

Access2014122904

そもそも,いくら1人とはいえ,”誰が裁判を行うか”というめちゃくちゃ重要な情報ですから,それも部の統括判事交代ですから,2ヶ月以上ウソの情報を掲示していいはずがありません。

一般人のブログじゃないんだから・・・。


しかも,裁判所の他の情報は粛々と更新されているのですから,この裁判官の異動だけが取り上げられないのはおかしいです。

Access2014122905

Access2014122906

私が永谷典雄に関する訴追請求状にて最も問題としている下記

----------
民事訴訟規則 平成八年十二月十七日最高裁判所規則第五号
http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?re=&vm=01&id=1846

(法定代理権等の証明・法第三十四条)
第十五条 法定代理権又は訴訟行為をするのに必要な授権は、書面で証明しなければならない。選定当事者の選定及び変更についても、同様とする。
----------

について,一般的に資料の有効期限は3ヶ月とされているので,変更があった場合3ヶ月以内に届け出るのは当然でしょう。

憲法の平等の原則を適用すれば,裁判所が担当裁判官を変更した場合,3ヶ月以内に掲示せねばならないのは自明です。

いや本来,”人を裁く”という,不平等な特権を授与されているのですから,2ヶ月以上の放置プレイは既に許される限度を超えています。

考えるに,最高裁判所はとりあえず永谷典雄だけ異動させておいて,国民に対する変更の通知は後日にしようと思っていたのですが,私の行動が早すぎて,最高裁判所が手を打つ前に私が訴追請求状を提出してしまいました。

だから,最高裁判所も王手を詰まれて,説明に窮しているのではないでしょうか?

どのような異動結果として裁判所が通知してくるのか,非常に興味があります。

スマートインターナショナル株式会社に対して強制執行したけれども,口座を移されていたから執行できなかったの。

アンチのこの注文に対して。

Comment_20141229_03

執拗に私を追っていますので,私が強制執行して取れなかったことも知った上での書き込みと思います。

強制執行の内容については下記のとおり。

------------

スマートインターナショナル株式会社に対する債権執行の全容を,資料を交えて説明します。債権執行の実例と問題点です。 追記版 2014/04/04 22:34
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-0a59.html

------------

強制執行をさまざまな銀行に対してしたら,その回毎にお金が要るし・・・

判決(和解)が出たのだから,支払いの確実性についても裁判所が担保すべきはずと思うのですが,日本はこういう点が遅れています。

スマートインターナショナルの海野光治,1年経っても代わり映えしない,同じことを主張するだけですなあ。

このページ

http://www.smtint.jp/

を新しく作りましたが,コレ「大連へ丸投げします」と言っているだけでしょう。

私働いている当時から思っていましたが,

大連へ丸投げしてプライバシーとかどうなるのよ?

中国政府からチェックされているかも知れないのですよ?

こんなの怖くて利用できないですよ。

大連ありき,日本との経済格差ありきではなくて,ビジネスは”自分がどれだけ未来を予測し,先行投資できるか”これだけだと思うのですが。

いやさらに突っ込めば,人間としては,未来とは予測するものではなくて,自分の意思で切り開いていくものなんですけどね。

”未来を予測する”なんてのは,それを言い出した時点で,観点が消費者になってしまっています。

クリエイターならば,未来は自分で切り開かねば。

私から敗訴して,支払うべき金額からも逃避し続けている海野光治アホシャチョーのスマートインターナショナル,URLを変えたっぽいです。

新しいURLはこちら
http://www.smt-intl.com/

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。この1年を振り返って

とりあえず思うところを述べます。

それで,なにか聞きたいことがあればコメントください。

放送のコメントは荒れているので,このブログにコメントくださればと思います。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

岩手県大船渡市にある”ポルコ・ロッソ”,調べたら名店でした。オーナー兼シェフは復興活動でも有名なようです。

”ポルコ・ロッソ”の食べログの評価

http://tabelog.com/iwate/A0304/A030403/3000175/

さほど高い点数ではありませんが,好意的・高評価ばかりで,アンチの低評価1つ(しかもそのIDは”ポルコ・ロッソ”しか採点していない)にかなり引きずられた点数であることがわかります。

----------


そして,記事を読むとなかなか興味深い内容が。

----------
トラットリア ポルコ・ロッソ  東北に行こう! 大船渡
http://tohoku.itot.jp/ofunato/240

山崎シェフは大船渡に生まれ、若き時代をこの地で過ごした。そんな折、いつも考えていたのが、「大船渡にも彼女をエスコートできるような店があったらいいな・・・」ということ。

東京での修行の後、ローマにも渡り、本場の技とセンスに磨きをかけた。かくして帰郷した山崎氏は、1998年、ふるさとである大船渡に「ポルコ・ロッソ」を開いた。
----------

「大船渡にも彼女をエスコートできるような店があったらいいな・・・」なんて思いで料理を作る料理人はそうそういません。

「ポルコ・ロッソ」の開業が伊達娘が生まれた1998年なのもいいですね。

個人的にも1998年は激動の年でしたし。

そして,この記事を読むとさらに興味深いことが。

----------
インタビュー:山﨑 純(やまざき じゅん)/イタリアンレストラン「ポルコロッソ」
http://wawa.or.jp/project/000265.html

「阪神・淡路大震災が起こったとき、私はローマにいて日本にいなかったんです。そのとき何もできなかった悔しさで"何かあったら、必ず自分にできる最大限のことをする"と決めていました。僕はコックなので、考える前に体が動いて食事を届けようとしていました」
しかし、山﨑さんひとりでは60個のおにぎりを握るのが限界。避難している多くの人たちに食事を届けようと思うと、どうしても人手が必要になる。頭を抱えていた山﨑さんのもとに、コックを夢見る高校生や友人たちが集まり、徐々に仲間が増えていった。さらには、全国から休日のたびに訪れる人、大船渡へ引越してきた人など、"ボランティア・リピーター"も増えていく。気がつけば、60個のおにぎりからスタートした活動の輪は広がり、1日で約2000食をつくれるようになっていた。すべての避難所がなくなり、すべての被災者の自活が可能になるまで食事をつくり続けること。これが山﨑さんの強い意志だ。

(略)

「もと通りに組み立てただけではダメなんですよ。農業も漁業も製造業も全部含めて前よりも絶対にいい町にしないといけない。これだけ世界から注目を浴びているのでしっかり立ち上がって、三陸気仙のすばらしさをアピールできるように伝えていきたい。失ったものはあまりにも大きかったですが、逆にいえばそれができるチャンスです。これから5年、10年、20年、30年と継続して発展していけたらと思います。ちょっと時間はかかりますが、必ずいい町にしますので、みなさんにはいずれ遊びにきていただきたいですね。三陸の海のもの、山のもの、おいしいものをたくさんご用意できると思います。そしたらぜひ、この町を見にきてください」

(略)

「少し前に、両親の墓参りに行ったんです。そしたら、お寺の境内に、昭和9年に建てられた津波の慰霊碑があったんですよ。小さい頃からそのお寺には何回も行っていますが、ちゃんと読んだことがなかったんです。読んでみると『震災は40年に1度は来る、津波が来たら高台に逃げろ』とちゃんと刻んであった。先人たちが残してくれているものを、教訓にできていなかったんです。たとえば、僕たちは避難所1ヵ所ずつ聞き取りをして、情報を集めた中で"どこで何をするべきか"と考えて動きました。震災の体験をしたこと、そこで得た教訓やノウハウを日本中・世界中の人と共有できるように情報発信ができる場所をつくらないといけないと思います」
----------

過去を知り,未来を見据えることで,現在なにをすべきかを考え実行する。

山﨑さんの発言には,自ら考える者が発する”チカラ”を感じます。

私が訪問した2012年5月には,これらの内容は全く知らなく,たぶん食べログで比較的高得点だったし”ポルコ・ロッソ”って名前が面白いという程度で行ったと思います。

これらの内容を知っていれば,もっといろいろ聞いたと思います。

今度はディナーで行ってみたいですし,山﨑さんの考えを知りたいと思います。

このIPの投稿者は概ね私のことを評価しているみたいですねえ。完全に,というわけではありませんが。

少なくともアンチ工作ではないと思います。

アンチではなくてちゃんと読んでいるひとはいます。

Comment_20141229__1

Comment_20141229__2

そうそう、森泉ファンのブログを読んで思ったこと

森泉ファンは、

゛高裁は森泉の側にも落ち度があったことを認めた゛

と書いていますが、裁判所が、公平な判決を為したと思わせるために、森泉の側にも落ち度があったように記載しているだけで、判決に関して落ち度らしい落ち度はないと思います。


私の裁判の場合はどれも、ひとつでも認めたら問題だから、裁判所は鉄壁の守りに入っています。

ただ、鉄壁の守りに入ったからこそ、通常為されるべき検討をすっとばすこととなり、結果的に脇が甘くなって、私からの鉄槌をモロに食らうことになったのです。


まあ、日本の無法独裁政府組織は、それでさえも隠蔽を働こうとするんでしょうね。


そういえば、6月に内閣府に対して出した内閣府諮問第263号と、9月に日弁連に対して出した、児玉晃一に対する懲戒請求の異議申し立て(番号なんて覚えてない)、ともになんらの回答もありませんねえ。

« 2014年12月28日 | トップページ | 2014年12月30日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック