« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »

2014年12月30日

2014年12月30日 (火)

なんか司法関係者が、いい機会と思ってコメントしとるのかな?論文へのリンクらしいのがあります

せっかくだから、帰って纏めます。

しかしあなたも、できれば自分の意見も交えて欲しいな。


自分の意見を書けば、誰の投稿かバレる可能性が高いのかも知れませんが。

30分休憩はありませんでしたが、早く帰れました。

作業量少ない代わりに人数も少なくて、トントンのような感じですが、なんとか早く終わりました。

明日は大晦日。

私の1年を振り返るのもいいですが、伊達娘の1年を振り返るのもまたいいと思います。


大西弘子の呪縛に取り憑かれていた時分は、1年1年前へ進めている実感がなく、もがき苦しんでいました。


大西弘子は、もがき苦しむ私を尻目に、ヒトに対してどうやって自慢のネタにしようかと思案する、鬼婆あでした。

なんかコメント沸いてきたなあw2 政府批判と保護を受けるのは矛盾してませんよ。ex.共産党

共産党が助成金を返上している件、気づきませんでしたがそうかなあとも。

しかし、共産党員が生活保護の斡旋をしているのは公然の事実ですし、共産党員が、政府が間違っているから、政府が実施する選挙をボイコットすることなく、選挙に出ていますよね。

病気にかかれば国民健康保険などのサービスも利用しますし、事故に遭えば警察の助けも借ります。


いくら政府と争っていても、政府からサービスを受ける権利があるのです。


当たり前です。税金を払っているのだから。

なんかコメント沸いてきたなあw 政府批判と保護を受けるのは矛盾してませんよ。ex.共産党

なんか私違うこと言ってます?

そうそう、年末年始にドアボンドされたときのために、手持ち金増やしてます。ATMが閉まってたりしますからね。

いちおう記載しておきます。

ATMが閉まっている期間を見計らって、ボンドされる可能性があるためです。

私が救済対象外という主張がありますが、どの法律のどの条文を当てはめているのか主張しなさい。

私は生活保護法に従って、給付してもらっていますよ。

むしろ、都営住宅に入る条件である゛都内に3年在住゛の資格がないから、都営住宅に申し込めないのですが?


私のアパートの費用は、都の基準額から千数百円高いので、本来引っ越さなければならないところなのですが、引っ越し費用や敷金・礼金を区(国か)が負担するのと勘案して、引っ越し費用や敷金・礼金、違約金を払う方が明らかに税金の無駄遣いとなるため、いまのままでいいことになってます。

もちろん、家賃10万円とかですと、速攻で引っ越しとは思いますよ。

AKB48チームA岩田華怜様20141225

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはようございます。おーにっちゃんです。

なんか伊達娘に関するたいした情報が全然出て来んから,私も書きようがない・・・というかそれ以外にブログの対応で遅くなりました。

ブログ,遂に私を反政府活動の一員と認定して,私に対して情報を提供してくれる人が出てきましたね。
“流れ”が出てきた気がします。
私のブログはもう爆発する寸前と思います。

そういえば,もうニュース記事が消されていますが,“イスラム国”の標的に日本も含まれると,“イスラム国”の関係者が主張したそうですね。

イスラム国って私もそれほど詳しく知らないためにさらっと見ると

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%9B%BD

もうイラクのあたりではかなりひどい戦争状態にあることが分かります。

そうすると,「“イスラム国”の標的に日本も含まれる」というのは,9・11のようにテロ活動が為されるということなのかなあと思います。

けどそんなことをしなくても,私のブログの内容をそのまま“イスラム国”のWebサイトに載っけてくれるだけで,テロ以上の成果があるのですがね。

どうしても戦争を始めたところは,武力でしか解決できないと考えてしまうからやっかいです。

そもそも戦争が始まるのは,私が最初から主張しているように,相手の意見を聞かない姿勢の成れの果てであって,相手の意見を聞くことを第一に考えたら,戦争なんて一切起こらないと思っています。

相手の意見も自分の意見もそれなりに言い分がある。
その両方を上手に汲み取った解決策はあるはずだ。
私はいつもそう考えます。そうですよね。

たとえば時間軸を考えると,相手の意見はスグできるものであって,自分の意見は1年後にできるものであれば,両方両立しますよね。

けれども人々はついつい,意見の衝突が起きれば,Aを取るかBを取るかどちらか,あるいはAとBの折衷案なんてのを考え付いてしまったりします。

アルバイト先でもそうなのですが,社員さんが思う方法と違う方法を私がやっていたら,社員さんが怒ることがままあります。

別にどちらにしても大して時間が変わらなかったりするのだし,私がいつも主張するとおり,各々が自主的に考えるためには,違う方法を見つけていても特に問題がなければ否定してはならないと思います。

もちろん,その方法が安全でないとか,極端に無駄が多いとかがあるのであれば,「こちらの方法のほうが早いし安全」とか説明して直させるというのはアリと思いますよ。
人を否定するのは,そういう場合に限定すべきと思うのです。

そういえば,たかみなが卒業して芸能界引退とか言われてますよね。

母親の淫行事件、後輩の複雑な感情…高橋みなみ、AKB卒業後の芸能界引退観測広がる理由 2014.12.28
http://biz-journal.jp/2014/12/post_8424.html

もうブログに意見を書いてきましたが,卒業生全員が苦労していて,卒業することを怖がる風潮がどうしても拭い切れてないのだから,自分が卒業してさらに夢を叶え,メンバーの希望の星になることこそが,“総監督”の為すべき仕事でしょう!と私などは思うわけです。

耳にタコが・・・いや目にできものがというべきか,なくらい私は何度も指摘していますが,たかみなを全否定するのは,総監督として影響力があまりに大きく,にもかかわらずたかみなのパフォーマンスレベルは芸能界を引退せねばならないほどに低いからです。

そろそろ時間もなくなってきたし,また明日にします。

それでは

2014/12/30 12:03:09 おーにっちゃんより

-----------

私の生活保護を不正受給と騒いでいるヤツがいますが,むしろJLDGOは手厚く保護する方針になってますよ?

このとおり。

-----------
生活困窮者支援に820億円=相談窓口費など来年度予算計上へ-政府 2014年12月29日(月)16時27分配信 時事通信
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jiji-2014122900410/1.htm

 政府は29日、生活保護に至っていない生活困窮者を対象に2015年4月から始める支援事業について、15年度予算案に総額約820億円を計上する方向で最終調整に入った。相談窓口を設け、困窮者ごとの支援計画づくりに当たる自治体に対する助成経費などを盛り込む。
 支援事業は、15年4月に施行予定の生活困窮者自立支援法に基づく。生活保護受給の前の段階で困窮者の自立を後押しし、増え続ける生活保護費の抑制につなげる狙いがある。15年度は、支援法が自治体に義務付けた事業について経費の4分の3を、任意に取り組む事業で2分の1~3分の2をそれぞれ国が補助する予定だ。
 厚生労働省によると、生活保護受給のための相談で市役所などを訪れる人は年間約80万人で、うち半数が実際に生活保護受給者となる。ただ、「残り40万人についても本格的な生活困窮に陥るなどの可能性が高く、こうした層を受け止めることを想定している」(担当者)という。
 支援法は自治体に対し、相談窓口を設け、就職など自立に向けたアドバイスを行って支援計画を作成したり、住宅を失った人に家賃相当の給付金を支給したりすることを義務付けた。さらに自治体は任意事業として、職業訓練や困窮家庭の子どもへの学習支援、当面の衣料品や食事の提供などに取り組む。 
-----------

”住宅を失った人に家賃相当の給付金”
などとの記載がありますが,私が受けている保護は,家賃のうちのいくらかの補助と医療費の補助などであって,生活費自体については補助を受けていません。

ココで書いてある
”「残り40万人についても本格的な生活困窮に陥るなどの可能性が高く、こうした層を受け止めることを想定している」(担当者)”
にモロに該当するものです。

それについて不正受給だ不正受給だと騒ぐのはどういうことでしょうか。

裁判官の腐敗に関する本のコメントを延々と投稿している人は,コレはどうも実際に腐敗があると認識している人っぽいですねえ。

私を支援してくれていると考えられます。

そうすると,このIPからの2回目で,私の名古屋からの帰宅時間が放火事件と一致することから,放火魔を疑っていますが,アンチ工作というよりも私の望む炎上工作の可能性もあります。

私のアンチだが,裁判所に関しては疑念を抱いており,そこは拡散したいと思っているのかも知れませんが。

いずれにしても拡散します。

こうやって,私のブログが,自分の持つ情報を拡散できる情報集積所になればいいと思います。

ちなみに,私の訴追請求状は,”最高裁判所事務総局”の不法行為を突いているわけでもありますね。

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570368

内容:
--------
瀬木 比呂志『絶望の裁判所』 (講談社現代新書)

裁判所、裁判官という言葉から、あなたは、どんなイメージを思い浮かべられるのだろうか? ごく普通の一般市民であれば、おそらく、少し冷たいけれども公正、中立、廉直、優秀な裁判官、杓子定規で融通はきかないとしても、誠実で、筋は通すし、出世などにはこだわらない人々を考え、また、そのような裁判官によって行われる裁判についても、同様に、やや市民感覚とずれるところはあるにしても、おおむね正しく、信頼できるものであると考えているのではないだろうか?
しかし、残念ながら、おそらく、日本の裁判所と裁判官の実態は、そのようなものではない。前記のような国民、市民の期待に大筋応えられる裁判官は、今日ではむしろ少数派、マイノリティーとなっており、また、その割合も、少しずつ減少しつつあるからだ。そして、そのような少数派、良識派の裁判官が裁判所組織の上層部に昇ってイニシアティヴを発揮する可能性も、ほとんど全くない。近年、最高裁幹部による、裁判官の思想統制「支配、統制」が徹底し、リベラルな良識派まで排除されつつある。
33年間裁判官を務め、学者としても著名な著者が、知られざる裁判所腐敗の実態を告発する。情実人事に権力闘争、思想統制、セクハラ……、もはや裁判所に正義を求めても、得られるものは「絶望」だけだ。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時50分

http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E6%9C%9B%E3%81%AE%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%80%AC%E6%9C%A8-%E6%AF%94%E5%91%82%E5%BF%97/dp/4062882507

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570375

内容:
--------
秋山 賢三『裁判官はなぜ誤るのか』 (岩波新書)

もし,裁判官の判断に誤りがあったら―.人の一生を左右する誤判,冤罪の背景には何があるのか.判事として再審請求事件に向き合った経験をもつ著者が,裁判官の日常生活やキャリアシステムの問題点を指摘し,さらに法曹一元化,陪審・参審制度などの司法改革が議論されている今日,裁判が市民のものとなるには何が必要かを提言する.

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時52分

http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%AA%A4%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%A7%8B%E5%B1%B1-%E8%B3%A2%E4%B8%89/dp/4004308097/ref=asap_B004LRSPE6?ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570388

内容:
--------
森 炎『司法権力の内幕』 (ちくま新書)

いわゆる法曹三者において、裁判官はとりわけ“奇異”な存在である。「司法囚人」とたとえられるような処遇と、強大な権限。裁判所や判事への批判は、その両極端な面を反映するものが多い。では、実際の裁判所はどのような組織か。裁判官たちは、何を考えて裁いているか。「法と証拠」ではなく、組織としての圧力で判決が決まることはあるのか。死刑判決のプレッシャーはいかばかりか―。本書は、著者の裁判官時代のエピソードを交えながら、日本の司法制度の瑕疵と司法組織の歪みや問題を整理。さらに、有名な裁判の舞台裏や、驚きの判決理由を解説する。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時55分

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E3%81%AE%E5%86%85%E5%B9%95-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%A3%AE-%E7%82%8E/dp/4480067507/ref=asap_B004LVJ3C0?ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570395

内容:
--------
新藤 宗幸『司法官僚―裁判所の権力者たち』 (岩波新書)

全国の裁判官の人事や予算などの司法行政を担う最高裁判所事務総局。その幹部を構成する「司法官僚」とは、裁判官の衣をまとった行政官である。彼らはどんな経歴の持ち主なのか。判事たちをどのように「統制」しているのか。司法の消極性をもたらしているその実態を検証し、市民のための裁判所のあり方を提言する。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時56分

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E5%AE%98%E5%83%9A%E2%80%95%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%96%B0%E8%97%A4-%E5%AE%97%E5%B9%B8/dp/4004312000/ref=asap_B001I7DA06?ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570401

内容:
--------
読売新聞社会部 『ドキュメント 裁判官―人が人をどう裁くのか』 (中公新書)

「判決と国民感情に隔たりがある」「裁判に信頼が置けない」という声が聞かれ、裁判官による不祥事もしばしば取り沙汰される。司法制度改革をめぐる論議でも、「国民が裁判に積極参加できるシステムを」との意見が大勢を占め、裁判員制の導入が決まった。司法の担い手である職業裁判官たちに今、何が起きているのか。法服をまとった「聖職者」たちの重責と苦悩とは。人が人を裁く現場を追い、あるべき司法の姿を探る。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時58分

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E2%80%95%E4%BA%BA%E3%81%8C%E4%BA%BA%E3%82%92%E3%81%A9%E3%81%86%E8%A3%81%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8B-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E9%83%A8/dp/4121016777/ref=pd_sim_b_5?ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570405

内容:
--------
井上 薫『狂った裁判官』 (幻冬舎新書)

法廷が開かれる前に、有罪の判決文をあらかじめ作成している裁判官。内心「無罪」ではないかと思える被告人に対して、自らの保身のために「有罪」を言い渡す裁判官。判決起案という煩雑な仕事を避けるために、脅してでも当事者に和解を強要する裁判官―。日本の司法システムがこうした「狂った」裁判官を生み続けてきたのはなぜか?司法改革を主張し、退官を余儀なくされた元裁判官が、「99%有罪」のからくりを解き明かす衝撃の一冊。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 09時59分

http://www.amazon.co.jp/%E7%8B%82%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E8%96%AB/dp/4344980247/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570414

内容:
--------
長嶺 超輝『裁判官の爆笑お言葉集』 (幻冬舎新書)

「死刑はやむを得ないが、私としては、君には出来るだけ長く生きてもらいたい」(死刑判決言い渡しの後で)。裁判官は無味乾燥な判決文を読み上げるだけ、と思っていたら大間違い。ダジャレあり、ツッコミあり、説教あり。スピーディーに一件でも多く判決を出すことが評価される世界で、六法全書を脇におき、出世も顧みず語り始める裁判官がいる。本書は法廷での個性あふれる肉声を集めた本邦初の語録集。これを読めば裁判員になるのも待ち遠しい。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 10時01分

http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E3%81%AE%E7%88%86%E7%AC%91%E3%81%8A%E8%A8%80%E8%91%89%E9%9B%86-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%95%B7%E5%B6%BA-%E8%B6%85%E8%BC%9D/dp/4344980301/ref=pd_sim_b_1?ie=UTF8

-------------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/lonely-wont-lea.html#comment-109570420

内容:
--------
山口 進,宮地 ゆう『最高裁の暗闘 少数意見が時代を切り開く』(朝日新書)

いまなぜ最高裁の「暗闘」なのか。15人の最高裁判事は思想も個性も異なる。ヴェールに包まれた最高裁の真相や内実に少しでも迫る一冊。

投稿: | 2014年12月30日 (火) 10時03分

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81%E3%81%AE%E6%9A%97%E9%97%98%E3%80%80%E5%B0%91%E6%95%B0%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%8C%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%82%92%E5%88%87%E3%82%8A%E9%96%8B%E3%81%8F-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B1%B1%E5%8F%A3-%E9%80%B2/dp/4022733780/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8

ひとりじゃないさ~Lonely won't leave me alone~ アーティスト:アイリーン・フォーリーン のサビだけ歌ってみました

私の記憶力に挑戦です。

https://www.youtube.com/watch?v=H98hXtSCJSw

----------
わくわく動物ランド
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8F%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8F%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.83.87.E3.82.A3.E3.83.B3.E3.82.B0.E3.83.86.E3.83.BC.E3.83.9E

『わくわく動物ランド』(わくわくどうぶつランド)は、1983年4月13日から1992年3月25日までTBS系列局で毎週水曜20時台に放送されていたクイズ番組である。司会は関口宏。
----------

のエンディングで強烈に印象に残っているものを歌います。

あ,ついでに,”宇宙船サジタリウス”のエンディング・ ”夢光年”も歌います。

どちらも30年くらい前の小学生時代に聴いたもので,カラオケでさえ歌ったことのないぶっつけ本番です。

脳内再生は何回もしているのですが。

いまから考えると,私小学生時代から,こういう歌詞好きですよねえ。

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。この1年を振り返って その2

い~つの~こと~だか~ おもいだしてご~らん~

あんな~こ~と~ こんな~こ~と~ あ~った~でしょう~ ♪


幼稚園のときにこんな歌を歌ったなあ。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

auスマホからの,日立製作所は超ブラック企業ではないとする,しょうもない質問に回答します。これもどうも,私ではなくギャラリーを意識したコメントですよねえ。

・・・ったく,ココログはいつになったらシステム改修するのかなあ?

----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/necibm-ee9b.html#comment-109568787

IPアドレス:     202.248.175.140
名前:           岩田秀宜

内容:
--------
大西さんに基本的な質問。もっと疑問点がありますが、まずは二点だけ。
1、日立は会社四季報では3万人の従業員に830万の賃金を払っているそう。超ブラック企業とは程遠く、多くの家族を養っている立派な会社だと感じます。単なる個人的な恨みではないのですか?
2、日本の若者は80%以上がまた日本で生まれたいと言っている調査結果がありました。治安も良いし、衰えたとはいえ世界第19位の一人当り国民所得を有する国がJLDGOと言うのは理解出来ません。無論、欠点もあるでしょうが、世界の中にはもっとひどい国がたくさんあります。やはり個人的な恨みでしょうか?

投稿: 岩田秀宜 | 2014年12月30日 (火) 01時10分
----------

A1.
たとえば,山口組の組員はいくら給与もらっているのですか?
仮に平均給与が1,000万円超えしていたとすれば,暴力団とは程遠いんでしたっけ?

・・・暴力団かどうかは,違法行為をしているかどうかで判断しますよね?
給与の過少ではないですよね?

A2.
たとえば,中国共産党の子息は中国に生まれたいかというと,生まれたいと言うでしょう。
南アフリカのアパルトヘイト下における白人だって言うでしょう。

何パーセントが言うかではなくて,キチンと対処すべき問題に対処されているかどうかこそが,本題の本質なのです。

今年ほぼ1年分のアクセスデータです。月間でいえば50万PV,10万Visitをコンスタントにこなしています。

このとおり。

Access2014123002

Access2014123003

1月は訴訟の件がちょっとした騒ぎになって瞬間最大風速を観測しただけですが,その後も減ったとはいえコンスタントに数字を積み重ねました。

11月に判決でだいぶ増えましたが1月には届かず。

しかし,平均を見ると,最近ようやく1月の瞬間最大風速も含めて平均に近づきつつあると感じています。

Access2014123004


月曜日のアクセスが多い傾向は,やはり会社から見ているのが多いのでしょうね。

または休み時間にスマホからとか。

昨日はまたNECからのアクセスが日立製作所を上回りました。それと,海野光治の出身である日本IBMからもアクセスがありました。

NECの人がだいぶたくさんココ見てますねえ。

あと,海野光治の出身である日本IBMからもアクセスがありました。

海野光治は,意味不明な発言などから,日本IBMを退職勧奨され,仕方なく作ったのが「スマートインターナショナル」だと思っています。


日本IBMの社員らからは,

「あのバカこんなことしていたのか」

って見られているのではないでしょうか。

Access2014123001

« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック