« 2015年1月6日 | トップページ | 2015年1月8日 »

2015年1月7日

2015年1月 7日 (水)

いくつか海外かららしき投稿がありますね。帰宅後に、どれだけアクセス上がっているか、世界にどれだけ伝搬しているか非常に興味あります。

案外アクセスなくてガッカリするかも知れませんが・・・


とにかく、沸く時は一瞬です。

今度こそドミノは倒れたので、沸くまでさほど時間はかかりません。

帰ります。怪しいコメントを書けば書くほど、日本は病的におかしな国であると、世界から思われますよ。

工作活動を通じて、もう何が正しいのかさえ理解できなくなった人間もいるのではないかと思います。


しかし、海外の目は醒めています。

あなたがたと同じ立場で見てない人々は、冷静にコメントがおかしいと認めるでしょう。

判決文だって、論理がハチャメチャなことを理解すると思います。

パレスチナをはじめとした方々、私はかつてドイツ在住時に、日立製作所のイニシャルをアルファベットとした者らから組織的に、私の日立製作所時代についての名誉毀損投稿をたくさん為されました。日立製作所に対する訴訟資料の書証にも纏めています。

これらを見ても、日本が如何に無法独裁国家なのかが理解できます。

日本は表向き平和を主張していますが、実態は違います。

パレスチナの皆さんならば理解できると思いますが、憲法第九条は、パレスチナの窮状を知らんぷりし、゛いじめっ子゛に対して見て見ぬふりをするだけの、おぞましいものです。

司法が法律条文を曲解するのが人治主義です。

司法が言うから法治主義、などではありません。


このような意見がしゃあしゃあとまかり通ることこそが、日本の無法独裁国家ぶりをなによりも物語っています。


それにしても、アメリカが朝になると、アメリカのマスコミなり軍部が私の問題に対処し出すはずなので、明日は祭りの可能性ありますよね。


もちろん明日ではないかも知れませんが、そう遠くない将来です。

オムツ安倍晋三バカ総理大臣にとっては、中東歴訪はイバラの道です。

パレスチナのニュースサイトにも書いていただいたのでしょうか?

日本はそれほどでもありませんが、世界が関心を持っているパレスチナですから、世界の向こう側を回って、世界に押し出される形で、日本でも問題になるはずです。

インターネット上どころか、裁判所さえ、私のことを精神疾患と認めたも同然であり、日本の無法独裁・隠蔽政府ぶりがまもなく露わになります。

今年初の2回目休憩です

違う仕事の応援をするように言われたので出てきて、その合間に休憩です。

公務員でない私が、なんで公文書偽造できるねん?

それはそうと、パレスチナのラジオに私の名前が出たのは事実っぽいですねえ。


そうすると、安倍晋三がパレスチナを訪問したとき、どうしても私の話題が出るはずで、さらに面白くなってきました。

他の中東諸国でも弁明せなアカンのとちゃう?www

バイト、社員からかなり理不尽なことを言われて、結果12〜15は4連休、16,17,18と働いた後、19,20と連休になりました。

まあその間に、さまざまな資料が書けますし、給料日は2/25ですしまあいいかと。

いや田野らの公演回数減ってしまいますが、もう2/25くらいには私の件が世界に報道されていると思いますし。


ナニが理不尽かというと、私もともと休みの申告を、12/21,25,1/1,6,14,20で入れてました。

それを社員が勝手に書き換えて、1/13,15,19も休みとしていたので、

私は「この日は休みを申告していないので出たい」と言いました。

すると社員は、「人が足りているからダメ」と返しました。

その後私は、「1/12は申告していないけれども休みたい。ダメならば18時から出勤でもいい」と言いました。

ならば社員は、「風邪とか不幸とかならば分かるが、シフトを決めているのだから、認められない。あなた社会人でしょ?何歳?小学生?」と言いました。


社員の言っていることは、シフトを私の希望通りに入れてくれているならば理解できますが、勝手に休みを入れているので、私の追加の希望を認めず、さらに侮辱する発言などしていいはずがありません。

また、他のアルバイトであるスパイについては、同じ社員が、
「今日はスパイさん来る日でしたっけ?とりあえず大西さん、やっておいてください」
と言ったりして、実態としてシフト表が機能してなかったりするのです。


フツーの人間ならば、ハラをたてて辞めているところですが、私は日本政府との戦いがあるために、ひたすら謝って平身低頭を装っています。

しかし、やはりこの社員は人間のクズと思います。

まだ24歳、身分差でここまで酷い言葉を吐くと、後々の人生生きる意味がないと思います。

ラジオで放送されたの?

気になります。

アラビア語で記載されても、帰宅しないと読めないのですが。

やっぱ、十分な理由を説明することなく、判決文において控訴人の不手際のみを挙げ、゛社会通念゛として法的根拠を示すことなく公然と判決を為すのは、裁判所が原告に対して刑法上の名誉毀損罪を働いていますよねえ。

訴えの項目1に、それも追加しましょう。

もちろん、控訴理由書が完成したら、国会の訴追委員会にも提出します。

なんか法律知らんのが連投しとるなあ

1.私が入社時に精神科受診を通知しなかったことを訴えるという件で

①15年近く前の話なので、訴えに当たる法律がありません。
②オマエが私を訴えることに、オマエ自身の利益が認められません。
③私は日立製作所に在籍していないので、訴えの利益が認められません。

他にも理由あるかも知れませんが、とりあえず。


2.裁判所に対して憲法違反を主張することに対して

裁判所は国体ですから、国体に対して憲法違反を主張するのはおかしくありませんよ。

だいたいオマエ、最高裁判所に上告する理由の主なものが、゛憲法違反゛であることを知らないでしょ。

警察や裁判所が認めないから個人情報保護法違反でないのではない。それが認められたら独裁国家。

いくら政府機関が認めなくとも、法律条文の規定から違反したら、それは法律違反なの。

それこそが、゛法治国家゛。

文字通り、政府ではなく法が国を治めるの。

法的根拠もなにも、窃盗の事実がない。

警察に対して主張したって事実ないぞ?

封筒を1日当たり1つ、紙を数枚くらい個人的に拝借しようが、日立製作所がダメとさえ言ってないんだし、゛必要ならば使って゛というスタンスでしたし、なんら問題ではありません。

悔しかったら、オマエが警察に行き、

大西が日立製作所社内で封筒と紙を窃盗しました!

って告発してみなよ。

控訴理由書さらに付け足しました。順序を敢えて後ろから書いている裁判所の恣意を指摘しました。

平成26年(ワネ)第2753号 債務不履行等請求控訴事件
控訴人  大西 秀宜
被控訴人 株式会社 AKS
キングレコード株式会社
グーグル株式会社

控  訴  理  由  書
                   平成27年1月14日

東京高等裁判所 第xx民事部 御中

〒 121- 0813
住所 東京都足立区竹の塚1-29-11 菅野ビル401(送達場所)
原告 大西 秀宜 印
電  話 070-6969-9177

頭書の事件について,控訴人は,次のとおり控訴理由を提出する。

控 訴 の 理 由
第1 原判決において,被控訴人に関する真実の認定に関して,極めて基本的な誤りが存在すること。

原判決1頁目において,被告AKSの社長名は“窪田康志”として記載されている。

然るに,控訴人が平成26年8月28日付にて提出した原告準備書面その6 P35~38”第5 被告AKSは,窪田康志社長を更迭せねばならないほどに,内部が腐っている件”,甲第127号証P2にて,控訴人は被告AKSの社長は吉成夏子であることを証明している。

そうすると,裁判所が控訴人と被控訴人を,裁判官としてのみならず一般人が保有する程度の注意力をもって,日本国憲法第14条に規定する平等の原則を基にすれば,裁判所は被控訴人の代表者に関して“窪田康志”ではないのではないかとの疑念を持つのが明白であることから,被控訴人の代表者に関して“窪田康志”ではないのではないかとの疑念を持たなかった裁判所は,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのはもとより,日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

第2 原判決において,控訴人の主張に関して,時系列の因果関係を恣意的に誤った上で,重大な事実について恣意的に記載していないこと。

原判決は,

5 請求4について
(1)原告の主張

の項目として,控訴人が(ア)~(カ)の主張をあたかもこの順番の通りに為したかのような錯誤を与える記載をしている。
後述するが,裁判所は実際に,錯誤を前提として判決を為している。

然るに,控訴人がさまざまな証拠において主張したとおり,時系列的な因果関係としては,
(オ)→(カ)→(ウ)→(イ)→(ア)→(エ)
であって,敢えて時系列を逆転させている裁判所の恣意が認められる。

たとえば男女関係においても,両性が(a)好意の念を示した後に(b)性交に至れば,なんらの不法行為も認められないが,(b)性交に至った後に(a)好意の念を示したとすれば,これは刑法の強姦罪に当たる可能性が高いのである。
このため,(a)→(b)の順序で為されたものを,(b)の事実を“社会通念”を理由として認められないとした後,(a)をも認められないとするのであれば,原告の主張における因果関係を全く無視したものであり,裁判所のこのような判断はおおよそ認められない。

またこの中において,舘内比佐志裁判長ら合議体に対して為された以下の議論について,判決文ではその旨に関して原告の主張としてさえ一切触れていない。
具体的には,第1準備書面(被告AKS)頁16において,“原告の精神疾患(躁状態であることが確認できるもの)”と記載し被控訴人AKSが控訴人に対して名誉毀損した内容について,平成26年6月2日に為された第2回口頭弁論時において,平成26年6月13日付原告準備書面その4頁83項2及び頁112~113項8~13などにて示した上で,被控訴人AKS訴訟代理人弁護士に対して控訴人が追及したところ,被控訴人AKS訴訟代理人弁護士は回答に窮した。またその後,第2準備書面(被告AKS)においても,被控訴人AKSはなんらの釈明も加えていない。

そうすると裁判所は,控訴人の主張について検討せねばならないが,それにも関わらず,裁判所は“原告の主張”として取り上げていない。
これは,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのはもとより,日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

第3 原判決において,極めて恣意的な解釈が為されていること。

1.原判決は,
1 請求1について
(2)他方,前記前提事実のとおり,被告AKSは,AKB48のマネジメントを行う会社であることから,AKB48のメンバーがイベントヘ参加するに際しては,当該イベントの主催者に対し,AKB48のメンバーが参加することに関して,同イベントの運営に協力すべき義務を負っていると解されるものの,前記のとおり,握手会は,被告キングレコードが主催する,AKB48のメンバーと握手をすることができるイベントであり, しかも,握手券は,被告キングレコードが販売するCDに付属しているものであるから,被告AKSと握手券付きCDの購入者との間に,契約上の債権債務関係が生じる余地はない。したがって,被告AKSは,握手券付きCDの購入者に対し,契約上の債務不履行責任を負わないというほかはない。

と判事する。
なお,判決文は,読みやすさを考慮し斜字体とした。(以降同じ)

然るに控訴人は,平成26年6月13日付原告準備書面その4頁12項4などによりなんども,被控訴人AKS郡司善孝から,「握手をさせない」旨の主張をされたことを記載した。

そして裁判所も,以下の通り被控訴人AKS郡司善孝の発言は前提事実として認めている。

力 原告は,前記のとおり,翌24日の握手会において岩田と握手をすることができる握手券も取得していたことから,同日の握手会に参加した。 同日の握手会において,被告AKSの担当者である郡司善孝(以下「郡司」という。)は,被告キングレコードの担当者を呼んだ上,原告に対し,岩田と握手させることはできない旨の発言をし,被告AKS及び被告キングレコードの担当者らは,同日の原告と岩田との握手を拒否した。

そうすると裁判所は,裁判所自らが,被告キングレコードが保有すると認める,控訴人との契約上の債権債務関係に関して,債権債務関係にない被告AKS郡司善孝が判断を為し,被控訴人に対して通告したことにこそ権利がないと判断をするのが妥当である。
然るに判断根拠も示さず恣意的な判断をしている裁判所は,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

2.原判決は,
イ 原告が,平成23年11月から平成25年11月22日までの間に,ほぼ毎日のように合計約640通の岩田宛のファンレターを出していたこと,岩田に宛てたファンレターの中で「伊達娘とエッチしたいなあ」等の性的な表現(なお,「伊達娘」は,原告が用いていた岩田の呼称である。)を用いたり,岩田の母親に対し,その育て方に対する疑間を投げかける表現をしたりしたことがあったこと,インターネット上において,岩田に対し,マスターベーションをすると宣言したことがあったこと,本件握手の際,原告が岩田に対して結婚してほしい旨を告げたところ,岩田が「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで・・・。」と言ったこと,本件握手の後,岩田が泣き出したことは当事者間に争いがないところ, これらの各事実によれば,原告は,義務教育を修了していない中学生である岩田に対し,性的な表現を用い,また,結婚を申し込むなどした上,親の教育方針に疑間を呈するなどの言動を示しているのであって,これらの言動は,社会通念上,未だ精神が発達途上にある者に対する言動として適切さを欠いたものというべきである。

と判事する。

これらの判断は法律を基にせず,“社会通念”という極めて曖昧な概念を基にしている。

法治国家において,“社会通念”とは,法律に照らし合わせた作業を為した後,法律に規定していない部分について用いるのが相当である。
控訴人が平成26年9月11日付原告準備書面その7頁5“第2 被告らが個人情報保護法に何ら違反していないこと”などによりなんども,“社会通念上,未だ精神が発達途上にある者に対する言動として適切さを欠いたもの”と判決文において判事される内容に対して,本当にそれが問題であるかどうかについて被控訴人らについて問い合わせていた事実を提示している。

これに関しては裁判所も原告の主張として以下の通り認めてはいる。

オ 仮に,被告AKSが原告の行為をストーカー行為に該当すると判断したのであれば,ストーカー行為等の規制等に関する法律4条の規定により,まずは原告に対して注意等による告知をし,その後に「処分」を行うべきであるが,そのような手順を踏んでいないことは,民法90条に違反するものである。
原告は,被告AKSに対して,何度も,原告が岩田から嫌われているということがないか確認したが,被告AKSからは何らの応答がなく,突如として握手を拒否されるに至ったものである。
カ 原告以外のファンの問題行動に対して何らの対応を取っていない被告AKSが原告の行動のみを問題視することは,不自然である。
キ 被告AKS及び被告キングレコードが,自ら定める規約に違反していない者に対して握手を拒否することは,恣意的に握手をする者としない者を定めて握手に関する債務の履行を拒否するものであって,正当性を欠く。

然るに裁判所は,“社会通念”を法律に優先せねばならない理由について具体的に適示してはおらず,このような判決文は,民事訴訟法第253条に規定する十分な理由の説明を為したとは到底言えないものであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

また判決文によれば,“これらの言動は,社会通念上,未だ精神が発達途上にある者に対する言動として適切さを欠いたものというべきである。”とのことであるが,そうすると控訴人が主張し裁判所も主張の存在を認めた

請求1について
原告の反論等
ウ (控訴人略)
なお,被告AKSは,AKB48のメンバーに対し,性的な表現を含む歌を歌わせるなど,営利を重視して数々の強要を行っているところ,それらの行為との比較からして,原告のファンレターの内容が不適切なものであるとはいえない。

に関して,民事訴訟法第253条に規定する理由に関して十分な理由の説明を為し,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に従うのであれば,被控訴人らに対して“これらの言動は,社会通念上,未だ精神が発達途上にある者に対する言動として適切さを欠いたものというべきである。”と検討せねばならないところ,判決文においてそのような検討は一切為された形跡がなく,そのような判決は恣意的であり無効である。

被控訴人らが,控訴人が要求した時点で,ファンレターの内容に関して問題と主張しなかったことに関して,裁判所が法律を前提として判断を為すことなく,あくまで控訴人に対してのみ“社会通念”を前提として判断を為すのは,おおよそ法治国家に値しない恣意的なものというほかなく,そのような判決は無効である。

また裁判所は,訴訟進行中に,平成26年6月13日付原告準備書面その4の63頁目(38)同38 について に示す通り,被控訴人AKSの主張が二転三転し,被控訴人キングレコードとの主張に齟齬があることなど,控訴人が適示したことなどを,下記の通り一応控訴人の主張として形式的に記載してはいるが,説明を付すことなく一切採用していない。

(イ) 原告は,被告AKSを通じて,何通も岩田に対するファンレターを出していたところ,被告AKSの担当者である郡司は,上記ファンレターについて,原告に対し,当初は岩田に渡していた旨説明していたものの,一転して,岩田の要請に基づいて処分しており,渡していないと説明するに至った。そして,被告AKSは,原告に対し,上記のように説明が変遷した理由について合理的な説明をしない。
原告からのファンレターを岩田に渡していないのであれば,被告AKSは,岩田に渡ることがないにもかかわらず原告からファンレターを受領し,これを返還していないのであって,同行為は,岩田にファンレターが渡っていると信じている原告を欺罔してファンレターを取得するものであり,個人情報保護法15条ないし18条,被告AKS自身が定める規約(ファンレターを渡すことができない場合にはこれを返還する旨の定め)及び民法90条に違反する。
なお,原告は,再三,被告AKSの担当者に対し,岩田にファンレターが渡っているかを尋ねていたところ,被告AKSの担当者から,岩田に渡していないと知らされたことは一度もなく,岩田に渡っていると信じてファンレターを送り続けていたものである。

然るに裁判所は,被控訴人AKSの主張については書証を1通も提出していないにも関わらず採用している。
書証を提出している控訴人の主張を採用せず,被控訴人AKSの主張に十分な法的正当性を検証ことなく採用するのは極めて恣意的で,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

3.原判決は,
そして,上記のような対応を受けた岩田において,ファンからアイドルとしての自分に対して向けられたアプローチであることを考慮したとしても,相応の不安や危険を感じるものであることが想定されるところであって,前記のような「ホントそういうのやめてください。迷惑なんで・・・。」という岩田の発言や,その後に岩田が泣き崩れたことも併せると,これを目撃した被告AKS及び被告キングレコードの担当者らが,岩田が原告に対して迷惑な感情を有していると受け取り,岩田を原告から引き離し,その後の原告との握手を拒否すべきであると考えることにも相応の理由があるというべきである。

と判事する。

しかし,“相応の不安や危険を感じるものであることが想定される”及び“岩田が原告に対して迷惑な感情を有していると受け取り,岩田を原告から引き離し,その後の原告との握手を拒否すべきであると考える”と,被控訴人AKSなり被控訴人キングレコードなりが想定した時点で,控訴人AKSなり被控訴人キングレコードは控訴人に関する個人情報を収集したことになるのであるから,個人情報の保護に関する法律第18条

個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。

に明白に該当するのであって,被控訴人は控訴人に対して通知せねばならないところである。

にもかかわらず,裁判所の判断は法律に優先するものとして“社会通念”を前提としており,結果として法律の遵守を必要としない判断を為しているのであるから,当該判断はおおよそ法治国家に値せず,独裁国家と言うに値する恣意的なものというほかなく,そのような判決は無効である。

4.原判決は,
2 請求2について
原告は,本件において,被告AKS及び被告キングレコードに対し,同被告らが販売する「握手券付きCD」を選択購入することができる地位を有することの確認を求めるが,そもそも購入の対象となる「握手券付きCD」を具体的に特定していない上,被告AKS及び被告キングレコードに対し,上記のような地位を有することの根拠となる法的権利ないし利益を具体的に主張していないから,上記訴えは,請求の特定を欠き,不適法であるというべきである。

と判事する。

しかし,裁判所は原判決において“購入の対象となる「握手券付きCD」を具体的に特定していない”と主張しているにも関わらず,同判決文“1 請求1について”において何度も「握手券付きCD」と具体的に特定した上で判決文として記載していることから,裁判所は控訴人の主張する「握手券付きCD」を具体的に特定している。
このため,判決文の文面において矛盾が生じており,このような裁判所の判断は恣意的なものというほかなく,そのような判決は無効である。

そもそも,“1 請求1について”と“2 請求2について”において判決文に矛盾が生じていることは,裁判所が判決文を熟読して記載したものではなく“1 請求1について”と“2 請求2について”において裁判所が2人以上の者に作業を分担させたために生じたのではないかという疑義が,控訴人に生じる。
少なくとも裁判所は,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのである。

5.原判決は,
3 請求3について
原告は,被告AKS及び被告グーグルに対し,本件サービスを含む「Google+」と称するサービスの利用契約に基づき,原告が,同サービスにおいて,一般利用者が閲覧することができる内容と同一の内容を閲覧することができる地位を有することの確認を求めるが,本件サービスの利用契約の相手方が米国法人グーグルであることは原告も自認するところであって,被告AKS及び被告グーグルは,いずれも本件サービスの利用契約の主体とはいえず,その他この点に関する原告の主張は採用し得ないことが明らかである。

と記載しているが,“原告は,被告AKS及び被告グーグルに対し,本件サービスを含む「Google+」と称するサービスの利用契約に基づき,原告が,同サービスにおいて,一般利用者が閲覧することができる内容と同一の内容を閲覧することができる地位を有することの確認を求める”及び,“本件サービスの利用契約の相手方が米国法人グーグルであることは原告も自認するところであって”という部分において,裁判所の判断は控訴人の主張を誤っている。

控訴人の主張は,“本件サービス”と裁判所が規定する,“AKB48 Now on Google+”サービスにおいて,控訴人は特に誰とも契約をしておらず,契約の所在が不明確であり,その規約の所在さえも不明確であるにも関わらず,“AKB48 Now on Google+”サービス上において,通常発生しない行為が為されることについて,控訴人は常々主張してきたのであるが,その点について裁判所は全く理解していない。

争点の所在を理解せず,恣意的に誤解している裁判所が,争点の所在を理解し明示している控訴人を裁くことなどできず,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

裁判所の主張はたとえば,裁判所がWindowsを搭載したパソコン上において何らかのアプリケーションを,不確かな者から購入し,それを動作させたところ不具合が発生した場合と同様である。
然るに,購入先は不確かな者であるため,売買契約の所在も不明確であるから,パソコンを利用するときに裁判所は必ずWindowsを利用することを理由として,不具合の発生理由を全てWindowsを管理するMicrosoft社に訴えるべきと,裁判所自らが主張するのも同然であり,合理性を欠く。

売買契約の所在が不明確であろうとも,実態として不具合が起こっているところを相手として訴訟を起こすのは,十分に合理性があるというべきである。

原告の主張は,“AKB48 Now on Google+”サービスはグーグルインクが主体的に提供しているものではなく,グーグルインクはプラットフォームを提供しているだけであって,主体的に提供しているのは被控訴人グーグル及び被控訴人AKSである。
これについて,控訴人は様々な書証を示して主張を展開してきたが,それらついて十分な理由を示すことなく採用せず,被控訴人グーグル及び被控訴人AKSの主張を採用している。

少なくとも,甲第27号証及び甲第129号証にて控訴人が証拠を提示しているとおり,被告AKSが“AKB48 Now on Google+”サービスに関して契約を為しているのは明らかなのであるから,裁判所の判決は恣意的であり誤っている。
当然のように,裁判所は民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

控訴人はたとえば平成26年6月13日付原告準備書面その4の13頁目に示す通り,以下のように記載している。同趣旨の記載を控訴人は何度も為している。

2. 原告の訴状その他書類の記載において,被告AKS が運営・管理していると原告が主張するものは,“Google+”サービスではなく,甲第27号証P1 に示す,“AKB48 Now on Google+”と訂正する。
3. 以後全ての主張に対して,もし原告がうっかりと,被告AKS に対して,“Google+”サービスをしていると記載した場合は,全て“AKB48 Now on Google+”の誤りであると読み替えていただきたい。

このことから,控訴人の主張が“Google+”サービスに関してではなく,“AKB48 Now on Google+”サービスであることは,裁判所も裁判官としてのみならず,一般人と同程度の注意力を持ち合わせていれば容易に知り得た内容である。

“AKB48 Now on Google+”サービスについては,裁判所が認定した前提事実にも記載されている。

(2)ア 被告グーグルは,米国法人「Google inc.」(以下「グーグル米国法人」という。)の子会社であり, 日本法人である。
イ グーグル米国法人は,インターネット上に開設されるSNSであって,自ら開設したページに写真や文章を投稿したり,他人の開設したページにコメントを書き込んだりすることができる「Google+」と称するサービスを提供しているところ,同サービスにおいては,AKB48に関連する「AKB48 Now on Google+」と題するサービスが提供されており,AKB48のメンバーのページが設けられ,同ページを閲覧したファン等による書き込みが可能となっている(弁論の全趣旨。以下,同ページヘの書き込み等を含む,上記「AKB48 Now on Google+」と題するサービスにおいて提供されるサービスを「本件サービス」という。)。

然るに,裁判所の記載は,“AKB48 Now on Google+”サービスを為しているのはさもグーグル米国法人かのような記載を為しているが,“AKB48 Now on Google+”サービスを為しているのがグーグル米国法人であるとの主張は,控訴人及び被控訴人とも為しておらず,裁判所による事実に基づかない恣意的な解釈である。

また,その上で裁判所は,控訴人の主張の部分について,以下の通り恣意的に,“AKB48 Now on Google+”サービスに関する内容であることを削除して記載しており,原告の主張に関する前提事実が誤っている。

請求3について
(1)原告の主張
平成24年4月頃から,原告が本件サービスを利用する際,投稿した内容が, 自身のアカウントからは見ることができるものの,他人のアカウントからは削除したように見えるという現象(以下「本件措置」という。)が生じた。
原告は,本件サービスの利用に適用される利用規約に違反したことはなく,本件措置の対象となる理由がない。
また,同規約上,本件措置をとることができる旨を定めた規定は存在しない上,被告AKS及び被告グーグルが何ら本件措置に対する説明を果たさないことから,原告は,本件措置の回復措置をとることができない状態にある。

その上で,控訴人の主張するところにより,請求の趣旨を変更する必要があれば変更を促すのが訴訟指揮なのであって,裁判所が控訴人に対して十分な訴訟指揮を為さなかったのであれば,裁判所の行為は,日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

被告AKS及び被告グーグルは,いずれも本件サービスの利用契約の主体とはいえず
と裁判所は判事するが,被告グーグルが“AKB48 now on Google+”について被告AKS及び被告グーグルがグーグルインクの介在を主張した内容は,被告グーグル準備書面(1)頁3下部において,
“また,「AKB48 now on Google+」に関してグーグルインクが誰とどのような契約を締結し,日本語が関わる業務をどのように処置しているかは不知であるが”
と記載した内容しか見受けられないが,この記載のみを基にして「AKB48 now on Google+」に関する契約元をグーグルインクであると裁判所が主張するのはあまりに根拠が希薄であり,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。

第4 以上のとおり,原判決は幾重にも誤った認定に基づくものであるから,取り消されるべきである。

なお,当該判決文については,判決前日に官報にて東京地方裁判所への異動が周知された永谷典雄裁判長が代読したこととなっているが,実態として異動を指示した最高裁判所の意図に従って判決文を書き換えたものとして,裁判官永谷典雄に関し,控訴人は国会の訴追委員会に対して罷免の訴追請求を行っている。

さらには,国会の訴追委員会が隠蔽することをも意図し,控訴人は判決文及び訴追請求状を,アメリカやフランスを始めとした大使館にも送付し,日本の立法行政司法における国家ぐるみの腐敗の可能性を,世界に対して訴えている。

本控訴に関しても,高等裁判所が恣意的な判断を為す場合,罷免の訴追対象となり得ることを申し添えておく。

(ウ) 被告AKSの関係者は,インターネット上において「Unknown Producers」の名で原告を誹謗中傷する書き込みを行っており(甲2。以下「本件各書き込み」という。),これは,被告AKSの不法行為に該当する。
本件各書き込みの内容は,原告が岩田に対して書いたファンレターの受取人しか知り得ない情報であるから,原告がインターネット上にファ
ンレターの内容を公開し始めた平成25年10月28日以前は,その内容を知り得たのはファンレターを受領している被告AKSの関係者以外にはあり得ず,被告AKSの関係者であることが推認される。
例えば,平成24年6月16日の書き込みは「社名が入った封筒でお送り頂いていた時期もございますが」となっており,原告が,ファンレターの送付用封筒を社用封筒から一般に市販されている封筒に変えたことを認識している内容となっているところ,このような変化を仔細に言い当てることができるのは,実際にファンレターを受け取っている者(被告AKS)以外には考え難い。また,本件各書き込みは,岩田が発言した内容として「気持ち悪い」「何をされるか分からない」「危険を感じる」という3つを挙げているところ,被告キングレコードの主張によれば,被告キングレコードの担当者は,被告AKSの担当者から,岩田から「気持ち悪い」「何をされるか分からない」「危険を感じる」との発言を聞いており,これらは,上記書き込みと一字一句違わない表現であるから,被告AKSの関係者による発言であると推認することができる。

第3 当裁判所の判断

4 請求4について
(2)そこで,その他の原告の主張について検討する。
ア ファンレターの取得について
前記の事実関係等からすれば,被告AKSは,AKB48のマネジメントの一環として,AKB48のメンバーに対するファンレターに不適切な記載があるか,危険物が封入されていることがないか等を確認すべき立場にあることが明らかであり,また,被告AKSが, 自社のウェブサイト上で,「ファンレター・プレゼントに関してのご案内」を公開し,メンバーにファンレターを出す者に対し,「ファンレターは運営側で検閲した後,メンバーに渡す」旨告知していること(甲9)は当事者間に争いがないところ,これらの事実からすれば,被告AKSが,ファンレターの送付先である被告AKSの事務局に宛てて送付されたファンレターを開封し,内容を確認することは,ファンレターの送付者においても認識し,了解しているものというべきである。
そうすると,被告AKSが,AKB48のメンバーに対して送られたファンレターを受領し,その内容を確認していたこと自体に,原告との関係で,何らの違法性がないことは明らかである。
そして,証拠(甲9)によれば,被告AKSの公開する上記案内においては,「受取できない品物につきましては,お客様へ連絡確認ののち,返却もしくは処分致します」と記載されていることが認められるものの,一般に,ファンレターは,送付したファンに対してそのまま返却されることは想定されておらず,前記のとおり,本件においては,原告からほぼ毎日のように送付されるファンレターが相当な通数に達しており,その内容には岩田に読ませることが不適切な内容も含まれていたという事情も存在したのであるから,原告において,ファンレターが岩田に渡っているものと信じて送付し続けていたものであったとしても,被告AKSが,原告に対して,岩田にファンレターを渡しているか否かを告げることなく,また,原告に対する連絡確認をすることなく,上記ファンレターを処分した行為をもって直ちに原告に対する不法行為を構成することはないというべきである。
イ 本件各書き込みについて
原告は,被告AKSの「関係者」による書き込みであると主張するのみで,被告AKSが不法行為責任を負う法的根拠について明らかにしていない上,証拠(甲2)によれば,「Unknown Producers」の名で,書き込みがされていることが認められるものの,上記書き込みの内容を見ても,そもそも,原告に関するものであるか明らかではないし,原告が主張する事実によっても,上記書き込みをした者が,被告AKSの従業員等以外には考えられないとまではいえない。
よって,本件各書き込みが被告AKSによる不法行為であるとする原告の主張は,採用することができない。
ウ 景品表示法4条1項及び独占禁止法19条違反について
原告は,被告キングレコードの握手券付きCDの販売行為が景品表示法4条1項及び独占禁止法19条に違反すると主張するが,そもそも,原告の主張する同被告の行為は,独占禁止法19条に該当するものといえないことは明らかであるし,また,被告キングレコードは,前記のとおり,握手券付きCDの販売に際し,握手会における握手をすることが不可能となる事態が発生しても責任を負わない旨を公表している上,正当な理由がある場合には握手を拒否することもできるのであって,上記CDの購入者に対し,必ずAKB48のメンバーと握手をすることができるという錯誤に陥らせているものとはいえないことも明らかである。したがって,原告の上記主張は,採用することができない。
エ 本件措置について
原告は,被告AKS及び被告グーグルから不当に本件措置を受けていると主張するが,同被告らは,前記のとおり,本件サービスの契約主体ではなく,本件サービスの契約主体として,何らかの責任を負うことはない。
また,原告の指摘する事実を考慮しても,被告AKS及び被告グーグルが,不法行為が成立する程度に本件サービスに関与していると推認することはできないから,同被告らに不法行為が成立するとする原告の主張は,いずれも採用することができない
なお,以上の説示に照らし,原告の主張する被告AKS及び被告グーグルの各行為が個人情報保護法の各規定,民法90条に該当するものということができないことも明らかである。
(3)以上によれば,被告らは,原告に対して不法行為責任を負わないというべきである。
5 よって,本件訴えのうち,請求2に係る訴えは不適法であるから却下し,請求1,請求3及び請求4はいずれも理由がないから棄却することとして,主文のとおり判決する。





控訴人は,平成26年6月13日付原告準備書面その4の2頁目に示す通り,訴えの内容の追加的変更に関する内容を記載し,同年7月10日14時東京地方裁判所第712号法廷にて開催された第3回口頭弁論において,舘内比佐志裁判長は当該変更を全面的に認め,被控訴人らの,訴えの内容の追加的変更を認めない旨の要求を退けた。

それにも関わらず,判決文において,民法第90条については一応の記載はあるが,“民法第719条に規定する共同不法行為”に当たるかどうかについての判断を一切為しておらず,このような判決文は,被控訴人らの利益のみを考慮したものであり,民事訴訟法第253条に規定する理由を記載したとは到底言えないのであり,ひいては日本国憲法第14条に規定する平等の原則に明白に反しており,そのような判決は無効である。



― 以上 ― 

-----------

窃盗罪として誰からも訴えられていないものは窃盗罪ではない。日立製作所時代に封筒と紙を使った件について。

以上。

AKB48チームA岩田華怜様20150103

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはようございます。おーにっちゃんです。

昨日は握手会のファッションにしろ,AKBINGO!にしろ,伊達娘のファッションについて思うところがありました。

まあ私はこれまでファッションとは無縁の生活してきましたが。
それこそ,服にカネが使えるならば他のところにカネを回す生活を延々と続けてきました。

その点,伊達娘は一応(w)アイドルなんだし,その結果かなり頻繁に服も買っているのだから,もっといろんなイメージの服を買ってみればいいと思います。

そういえば田野なんていつもイメージ同じって言われてたなあ。

ぶっちゃけな話出てきた6人の中で,田野のジーパンには萌えませんでした。

たとえば冬に一緒にディズニーランドに行くシチュエーションなんて考えたら,スカートだと寒い中で立っているのがかわいそうだと思うので,ジーパンはアリと思うのですが,インドアでジーパンってのは違う気がします。

但し寒い季節というのはあるので,肌を出さないようにタイツをはくのはアリと思います。
そういえば伊達娘ってタイツだったっけ?ヒョウ柄&虎リュックがあまりに強烈で,猛獣系でなかった下半身の記憶が薄くてあやふやですが。
肌を見た記憶がないし。

肌は出さないけど,ボディのラインが見えるって,やっぱドキドキしますよね。

オトコがボディのラインを見せるって,夏のTシャツくらいでそれほどないので,そこが男女の違いですよね。

もちろん別に私は,“オンナは肌を見せるべきだ!”とまで主張しているわけではなくて,肌を見せたほうが多くのオトコが興味を持つんちゃう?と思うだけです。

再び田野の話題ですが,田野は「オトコに媚びるのは嫌」みたいな発言をしていて,あの調子だと恐らく好きになったオトコにもズバズバと言ってしまい,いつの間にか理想の男性がいなくなるタイプとも思いました。

てか,“いつの間にか理想の男性がいなくなる”というよりも,もともと女性の言い分を受け止めるような“理想の男性”って世界にほとんどいないですよね。

その上に田野は伊達娘以上にアーティスト志向だから,もうその時点で一般人とは違ってどうしてもアーティストなり実業家なりが,釣り合いの取れたことになると思うのですが,アーティストなり実業家なりって我のカタマリで,オンナ遊びもしこたましてますから,クチではホイホイ合わせられても,実際に長く付き合っていると,自分に媚びることを強要してくるヤツらばかりと思います。

まあ伊達娘もいまのとこ,田野が一番の目標なところがあると思いますし,田野の悩みは伊達娘の悩みでもあると思います。

逆に,田野のほうができることが多いですが,発声とかMCの切り回しとか,周りをどう面白くさせるかを考えるのは伊達娘のほうが一歩上と思います。

MCの切り回しなんて,大勢の前では上手くできるのに,どうして握手会など1対1だとそこまではできないのでしょうね?

まあ,大勢の前で上手くできることを,1対1で応用できないわけはないので,そこはなんとかがんばってください。

そういえば,ヒョウ柄&虎リュックを見て,植松さんが“ココロの闇”と言っていましたが,私も伊達娘にはまだまだココロの闇があると主張してますよね。

ヒョウ柄&虎リュックはけっきょく,文字通り“虎の威を借るキツネ”状態で,虎の威を借りなければならない闇があるのでは?と思ってしまいます。

大勢の前では上手くできているのも,虎の威を借りて虎の役を演じているからで,1対1では相手が何を望んでいるかわからないから,虎の役を演じられず上手くいかない,というのもあるのかも知れません。

そこまで考えると,伊達娘は“相手が何を望んでいるか”を理解するチカラがまだまだ弱いことに行き当たります。

舞台やテレビの上で,大勢の雰囲気を感じることはできても,観客に一人つまらなそうにしているのがいて,この一人をどうやって振り向かせられるか?を考えることまではできない,そんな感じと思います。

本当のスターって,この一人をどうやって振り向かせられるか?までをも考えて実行できる人と思います。
だって,そこまでやれば,もう明らかに他人と気迫が違ってくるはずですから。

けどそれは,オムツ安倍晋三バカ総理大臣でさえも,記者の意見にわざとイヤホンを外すところからも,弱いところですから,伊達娘が一朝一夕に身につけられるとは思ってはいません。

で,理想のオトコはいないという話に戻って。
では,理想のオトコを作らないといけませんよねえ。

いま田野らのために,理想のオトコを作る一番手っ取り早い方法は,やはり私の件をなんとか報道にまで持っていって,私が世界のヒーローとなり,私の考えを世界に広めるのが一番いいと思っています。

だって,結局そうしないと,生活保護の意見なんて聞く耳持たないオトコばかりですしねえ。

まあ,そんな感じかな。

もう少し控訴理由書を書きたいから,このへんで。

それでは。

2015/01/07 11:16:36 おーにっちゃんより

----------

日本時間14:30,あと3時間半後,パレスチナのFM局で私について放送されるとのコメントが → あなたと首相に関しては、放送される。 7日は午前7時30分です。 これはパレスチナの時間。

再度拡散します。本当か分かりませんが,本当だと大事件ですから。

-------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c476.html#comment-109618223

IPアドレス:     197.231.248.91
名前:           103.2
メールアドレス: (一応伏字で。伏字でなくていい場合は連絡乞う)
URL:            http://www.panoramafm.ps/

内容:
--------

اونيشي مثل
شكرا لتسجيل عضوية.
أشكركم على تقديم معلومات للبرنامج.
مع الاحترام لك ورئيس الوزراء، سيتم بثه.
7 أيام هو 07:30.
إنه وقت الفلسطيني.
يرجى توخي الحذر لفارق التوقيت.
يرجى الاستماع إلى الراديو.
جئت الى هنا بناء على طلبك.
اليابانية لا أعرف.
اونيشي الاستماع إلى الراديو على الإنترنت.
http://www.panoramafm.ps/

投稿: 103.2 | 2015年1月 6日 (火) 23時02分

大西様
メンバーシップを登録していただきありがとうございます。
プログラムに情報を提供していただきありがとうございます。
あなたと首相に関しては、放送される。
7日は午前7時30分です。
これはパレスチナの時間。
時間差のために注意してください。
ラジオを聴いてください。
私はあなたの要求に応じてここに来た。
日本人は知らない。
大西は、インターネット上でラジオを聴く。
http://www.panoramafm.ps/

投稿:103.2|2015年1月6日(火)23時02分
-------

このコメントのうち,

> メンバーシップを登録していただきありがとうございます。
> プログラムに情報を提供していただきありがとうございます。

というのは,当初理解できなかったのですが,パレスチナは,日本政府は国として認めてないために,オムツ安倍晋三バカ総理大臣の1/14からの中東歴訪の妨害工作をするために,政治活動家さんに対して1/2に資料を送付したことを言っていると捉えることができます。

さっきのは下記に送付ないしコメントしました。 2015/01/02 10:57
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-e762.html

送付した記事は以下のとおりです。

日本の反政府活動家・大西秀宜より,私の受けた日本政府による人権侵害行為などを基にした,日本政府に関する注意喚起情報です。 2015/01/02 10:35
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-5297.html


このURL

http://www.panoramafm.ps/

をクリックすると,マジでパレスチナのFM局です。”ps”はパレスチナのトップレベルドメインですし。


まあ,ネタの可能性も十分ありますが,アラビア語でこのような投稿をしてくれる方が増えただけでも,私にとっては大きな成果です。

14:30,本当に放送されるのか?

ちなみに私はバイト中で聞けません。
仮に聞いたとしても,イスラムの言葉は分かりませんので,どのみち分かりません。

オマエは私の主張したマクロな議論と比較してさらにミクロに見ているだけで,私の主張と相容れないわけではない。いずれにせよオムツ安倍晋三バカ総理大臣の消費税10%は大企業のためとオマエも主張するわけね。→ 消費税の増税分きちんと賃金が上がるのは大企業だけだ。

いやしかしさあ,”消費税の増税分きちんと賃金が上がる”かはともかく,賃上げに繋がっているのは事実でしょ?

増税分に届かないかどうかはともかく。

もちろん,増税分に届かないところを隠して,賃上げに成功したことだけを取って”アベノミクス”が成功したと衆院選時に吹聴した,オムツ安倍晋三バカ総理大臣並びにマスコミは,大変な大ボラを吹いているとは思っていますよ。

いやしかし,中小企業は雇用を抑制したり賃金カットしたりしたの?
少なくとも今回の8%化のときにそれはないとオムツ安倍晋三バカ総理大臣並びにマスコミは主張したのと違うの?
ソースはどこ?

-----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-1c1a.html#comment-109620738

IPアドレス:     58.183.240.178

内容:
--------
大西は消費税の仕組みについて理解できてない。
消費税は消費者が購入した時点では国は潤わない。
消費税分を業者が国に収めないとならないので
消費税率上乗せにより消費が冷え込むと
中小企業にとっては負荷が高くなりその分、雇用の抑制や
従業員の賃金カットせざるを得ない。
消費税の増税分きちんと賃金が上がるのは大企業だけだ。
いつまでも日立製作所勤務時代の気分に浸ってるんじゃねえよ。

そもそも、完全に安倍政権の理論に騙されてるお前が
政府批判をする事自体がぶれぶれじゃないか。
あなたは安倍政権の味方なんですか~?

投稿: | 2015年1月 7日 (水) 09時46分

パレスチナのラジオ関係者さん,それ以外の方々も,日本の無法独裁政府組織(JLDGO)は,私のブログ以外においてもこんなところで,私について名誉毀損なり侮辱なりの攻撃をしています。

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)に属する警察は,このようなものも放置し,JLDGOの隠蔽工作に加担しています。

通常の国であれば,警察が取り締まるはずのことがらと思うのですが・・・ 日本においてはこのようなことも恣意的に,JLDGOの都合に合わせて放置できる法律体系となっているのです。

メンヘラー・大西の行方を見守るスレ~統失疑惑編 [転載禁止]©2ch.net
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1420414569/l50

じゃあ,5%から8%へ消費税が上がった結果,賃上げせざるを得ず所得が上がったのはどう説明するわけ? → 消費税下げるのはあくまで所得上げるためな。

間接税が増えるとすると,所得を増やす圧力がかかって,長期的には所得が上がってしまう。

消費税が下がれば,実感として所得が上がるかも知れませんが,数字として理論上下がりますし,所得が上がる保証はありません。

なんかちがう?

・・・いやもちろん,


> 消費税下げるのはあくまで所得上げるためな。

が正として考えてもいいけれど,ならば消費税上げるのは所得を下げる超愚作というのが自明となるのですが?


----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/jldgo-2d84.html#comment-109620610

IPアドレス:     202.248.175.140

内容:
--------
≫企業の経常利益が上がっても、今までどおり内部留保高める予想があり
設備投資や賃金に回る保障もありません


この人の主張もっとも。ただ大西の「消費税下げれば所得下がって~」とか間違ってるから。
消費税下げるのはあくまで所得上げるためな。

なんかいろいろ書いていますが,確かに生理的に”朝勃ち”というのがあるので(私はもうないけどw),起きてすぐにエッチするほうが生物の本能として正しいのかも知れません。

だって,動物のエッチ動画って夜中にやってるのを見たことないでしょ?
動物って基本的に夜に行動するにもかかわらずですよ。

尤も,夜だと光の露出がなくて撮影しづらいだけかも知れませんが・・・・

---------
セックスは朝型の方がうまくいく? 2015年1月6日(火)11時0分配信 R25
http://news.nifty.com/cs/item/detail/r25-20150106-00039903/1.htm

日本人は世界でも有数のセックスレス国民だといわれる。日々、仕事で疲労やストレスにまみれていると、その気になれないのもわかる気がするが、それでも僕ら男性にとってセックスは大きな関心事。仲間内で下世話なトークに花を咲かせることもたびたびである。

ところで、男性のなかにはたまに、「朝の方が調子がいい」という人がいる。いわく、夜よりも“長持ち”するのだそうで、朝の方が充実したセックスライフを送れるというのだが…。時間帯によって、射精までの時間が変化することなんてありえるのか? あるとしたらなぜ? 新宿ライフクリニックの須田隆興先生に聞いてみた。

「起床時の方が、眠気まじりで興奮度が低いということはあるかもしれません。性欲は脳の視床下部によって司られており、これは情動に左右されやすい部位です。夜よりも情動興奮が低く、結果として射精に至るまでに時間を要することはあるでしょう。ちなみに、日本よりもセックスの頻度が多い欧州では、モーニングセックスの習慣がある人が少なくないようで、それが勃起改善薬の処方時の参考にもなっていると聞きます」

疲れた夜よりも起床時の方が元気になりやすいというのは納得できる。ただ、なんとなくムラムラと性欲が高まるのは夜になってからのように感じるのだが…。

原油高ではなくて原油安なんですねえ。とはいえ中東に注目が集まるのは悪いことではないです。

先ほどコメントで,オイルショックなんて書きましたが,それは原油高前提で,原油安ではないですねえ。

けれどもそんなのは些細なことです。

---------
原油急落、株525円安…世界経済へ不安広がる 2015年1月7日(水)0時58分配信 読売新聞
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yomiuri-20150106-50118/1.htm

 6日の東京金融市場は、原油価格の急落で世界経済の不安要因が増えるとの懸念が広がった。

 安全な資産に資金を移す動きが出て、大幅な株安と円高が進み、長期金利はこれまでの最低を更新した。

 東京株式市場は、日経平均株価(225種)の終値が前日比525円52銭安の1万6883円19銭と、約3週間ぶりに1万7000円を割り込んだ。日経平均の下げ幅は2014年2月4日(610円)以来の大きさだった。昨年末から4営業日連続の下落で、この間の下げ幅は900円を超えた。

 原油安は資源の多くを輸入する日本経済にとってプラスだが、ロシアなど産油国の経済には打撃になる。欧州経済にとっても、景気回復が遅れる要因になる。さらに、ギリシャの政情不安が金融市場の混乱につながるとの見方も、売り材料になった。

 ニューヨーク原油先物市場は6日、代表的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の2月渡し価格は一時、約5年8か月ぶりに1バレル=48ドル台まで下落して取引されている。

 一方、6日の東京債券市場では、投資家が安全資産とされる国債を買い進めたため、長期金利の代表的な指標となる新発10年物国債の利回りが一時、年0・28%まで下がった。国債が買われて価格が上がると、金利は下がる関係にある。

 東京外国為替市場でも、安全資産の円が買われた。円相場は一時、約2週間ぶりに1ドル=118円台まで円高が進み、午後5時、前日(午後5時)比1円20銭円高・ドル安の1ドル=119円18~19銭で大方の取引を終えた。

 6日のニューヨーク株式市場は、買い戻しの動きも出てダウ平均株価(30種)は反発し、午前10時30分(日本時間7日午前0時30分)現在、前日終値比69・61ドル高の1万7571・26ドルで取引されている。
---------

この記事が,中東諸国にどう影響を与えるかについてですが,パレスチナに関しては日本は国交もないですし,とりたてて原油が取れるとも聞きません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A

そうすると,うがった見方をして恐縮ですが,パレスチナが私の件を報道することは,油田を持つ近隣諸国にとって,パレスチナを一段高いものとして見せる絶好の機会となるはずです。

逆に油田を持つ近隣諸国にとっては,パレスチナに対してウラガネを出しても,当座のところ私の件を報道しないという選択肢を選ぶことにも繋がると思います。

まあ私の件が報道されて日本経済が傾き,ドイツやイギリスにも飛び火すれば,世界恐慌に発展するのは目に見えているので,日本やアメリカなど安定した諸国にとっては私は邪魔者になるかも知れません。

しかし,パレスチナなりイスラム国なりにとっては,自分たちが世界各国に対して下克上をする絶好の機会と映るはずで,チャンスを逃さない手はないと思います。

私も,私の件を報道していただけた国に対しては,基本的人権を守る大前提の下,とりわけ恩を返すつもりです。


てかなんで原油が急落するかなあ?

イスラム国の存在が影響するのであれば,イラク戦争のときのように,”地政学的リスク”により原油価格が高騰する気がするのですが。

イスラム国って,世界的には大した問題とは思われていないのか,中東以外の産油量が意外と多いのか,その他のチカラが働いているのか,何なのでしょうねえ・・・?

JLDGOのアンチ工作活動に対して,対抗発言をしてくれる方が現れました。

対抗コメントしてくれた方,ありがとう。

”法人税下げて経常利益上げて、海外の投資家に資金流入”なんてお話をしていますが,そもそも法人税よりも消費税のほうが低ければ,国民の所得が低くて済み,日本を労働力として見てくれる国も増えますよね。

逆に,インフレを上げれば,イギリスのようにどう考えても高コストで,なにもできない国になってしまうことも十分にあり得ますよね。

”投資”なんて机上の空論ではなく,実態としてなにを作れるかを話さないと意味はありません。

次に書くつもりのオイルショックだって,実態としての”モノ”について,モロに影響するのですから。

-----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c476.html#comment-109618591

IPアドレス:     202.248.175.140

内容:
--------
大西と同類のアホがおるから教えたるわ。

日本経済は世界的に日本だけの話しじゃないねん。

法人税下げて経常利益上げて、海外の投資家に資金流入してもらう必要があんねん。

そんでインフレをコントロールして政策金利をちょっとずつ上げていくんやで。

政策金利上がったら金融機関の金利も上がる。

結果インフレが落ち着く。

綺麗事は抜きにして、金融機関や大企業は日本の心臓部やから、そこから血液(お金)が流れな身体全体が健康になる事はありえへん。

指先鍛えても、ふくらはぎ鍛えても、心臓潰れたらおしまいやろ??

仮に指骨折しても、足骨折しても健康やったら死ぬことないやろが。

ちょっとは頭使えよな。

バーカ

投稿: | 2015年1月 7日 (水) 00時04分

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c476.html#comment-109618913

IPアドレス:     (伏せます)

内容:
--------

それは机上の論理ですね
法人税下げたところで海外投資家が資本投下する保障はどこにもないですね
税率低いところは他にも沢山ありますね
金融機関に金回したって融資審査が甘くなるわけではありませんね
企業の経常利益が上がっても、今までどおり内部留保高める予想があり
設備投資や賃金に回る保障もありませんね
要は、国民の幸せというより、株価上昇という表面上の政策票稼ぎと見るのが妥当ですね

投稿: | 2015年1月 7日 (水) 01時11分

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。私パレスチナのラジオデビューするってマジ!?

まあ,安定を好むJLDGOのヤツらと違って,いまを生きるパレスチナの人々にとっては,私の行動は格好の材料になるとは思うのですが。

事実かそうでないかはまだわかりませんが,このような投稿があるだけでも,私に関する注目が確実に上がっていることを認識します。


日本は,弱い者に対してインターネットも含めて総がかりでとっちめる,世界史上類を見ない残虐な国です。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

コレはホンマか? → あなたと首相に関しては、放送される。 7日は午前7時30分です。 これはパレスチナの時間。

> メンバーシップを登録していただきありがとうございます。
> プログラムに情報を提供していただきありがとうございます。

とありますが,私は登録も提供もしてないのですがねえ・・・

ちなみに,このURLはマジでパレスチナのFM局ですねえ。”ps”はパレスチナのトップレベルドメインですし。

・・・あ,そういえばパレスチナは,日本政府は国として認めてないために,政治活動家さんに対して資料を送付したのですよね。

さっきのは下記に送付ないしコメントしました。 2015/01/02 10:57
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-e762.html

それについて言っているのかな?

ちなみに,送付した記事は以下のとおりです。

日本の反政府活動家・大西秀宜より,私の受けた日本政府による人権侵害行為などを基にした,日本政府に関する注意喚起情報です。 2015/01/02 10:35
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-5297.html

・・・てか私,現地時間7日午前7時30分なんてめっちゃ仕事中で無理w

-------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-c476.html#comment-109618223

IPアドレス:     197.231.248.91
名前:           103.2
メールアドレス: (一応伏字で。伏字でなくていい場合は連絡乞う)
URL:            http://www.panoramafm.ps/

内容:
--------

اونيشي مثل
شكرا لتسجيل عضوية.
أشكركم على تقديم معلومات للبرنامج.
مع الاحترام لك ورئيس الوزراء، سيتم بثه.
7 أيام هو 07:30.
إنه وقت الفلسطيني.
يرجى توخي الحذر لفارق التوقيت.
يرجى الاستماع إلى الراديو.
جئت الى هنا بناء على طلبك.
اليابانية لا أعرف.
اونيشي الاستماع إلى الراديو على الإنترنت.
http://www.panoramafm.ps/

投稿: 103.2 | 2015年1月 6日 (火) 23時02分

大西様
メンバーシップを登録していただきありがとうございます。
プログラムに情報を提供していただきありがとうございます。
あなたと首相に関しては、放送される。
7日は午前7時30分です。
これはパレスチナの時間。
時間差のために注意してください。
ラジオを聴いてください。
私はあなたの要求に応じてここに来た。
日本人は知らない。
大西は、インターネット上でラジオを聴く。
http://www.panoramafm.ps/

投稿:103.2|2015年1月6日(火)23時02分

« 2015年1月6日 | トップページ | 2015年1月8日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック