« 2015年1月8日 | トップページ | 2015年1月10日 »

2015年1月9日

2015年1月 9日 (金)

電車なう。東武って面白い。

電車なう。東武って面白い。
電車なう。東武って面白い。
東武に乗ったら、大して新しくない電車なのにLEDに更新してあって、ナニコレ?と思って見たら、昭和59年製造・平成26年改修の、モハ11202でした。

昭和59年といえば、熊本市電だかではじめてVVVFインバータ制御が搭載された年ですが、この車両はバリバリの抵抗制御車のようです。


ドアの鴨居部(山手線などではモニタのあるところ)に、カラーの表示器がついています。

横長サイズのモニタと捉えることもできますね。

バイトで新たな動きが。24歳社員が、私に対するのと同じ「仕事が遅い」発言をして、同僚が辞めると怒り出しました。

その同僚とは、数ヶ月前に胸ぐら掴まれた方ですが。

その方とは、いまはぼちぼちやってます。


で、社員は、「大西達の仕事の進み具合が遅い」と厳しく言う一方、スパイについては、今日も少ない仕事量で気ままな時間で帰ったにもかかわらず、それを指摘しても「契約だから」としてなんら責めません。


スパイに対してだけは甘々で、私達に対してはめちゃくちゃ厳しいので、同僚も怒ってしまっています。


私も面白いから、2人で、責任者に言いつけてやろうという話にしています。

昨日チームAスレで、たかみなのことをコテンパンに書いた記憶がおぼろげながらあります。

たかみな、755をし続けているのを見ても、メンバーのためではなく、運営のイヌとしての行動しか見られません。

ステレオタイプな、社長の横にいるゴマスリと同じイメージです。

日立製作所の長井聡みたいというか。

私は個人的にそういうの、許せません。

休憩1回目。そういえば天皇がオムツ安倍晋三バカ総理大臣の暴走にクギ刺したって?

昼間Webのニュースだけ読んで、コメントしませんでしたが。

まだまだ日本的な表現で、オムツ安倍晋三バカ総理大臣もさほど痛いと思っていないとも思いますが、評価したいです。

天皇は、かつて戦争の命令をした責任から、政治的な発言をしてはならないように思われていますが、天皇だって人間だし、天皇の基本的人権も同様に守られねばならないと思います。

ですから、天皇自らが、言論の自由権・表現の自由権を行使するのは賛成です。


私天皇見直しました。

天皇を侮辱した発言は撤回してもいいと思います。

ああ眠い

なんかカラダが睡眠を欲する周期に入ったのかな?

電車でこれから20分ちょい寝ます。

AKB48チームA岩田華怜様20150105

AKB48 チームA 岩田華怜様

おはようございます。おーにっちゃんです。

なんか私,よほど眠気が溜まっていたのか,昨日ニコ生を途中でやめてスグ寝て,10時に起きたけれどもまだ眠くて,11時15分に起きました。
そこから昨晩買った晩飯食ったり,伊達娘の2ちゃんスレに書き込んだり,田野のtwitterにコメントしたりしてたらいまになりました。
やっぱ,訴状書こうとしてイキがってたからかなあ・・・

昨日は眠いだけではなくて,なんか悪酔いみたいな感じでアタマがクラ~っとしました。
それにしては,起きてもお酒は全く残ってないのですが。

たとえば工作員が,私の家の鍵にボンドする代わりに,家の中に忍び込み,置いてある安物焼酎の中になにかを入れたというセンもゼロではないですが,まあないと思います。
明らかに工作活動が疑われるって・・・ねえ。

そういえば,せっかく13日はめっちゃ久しぶりにロビ観できると思ったのに,なんで伊達娘いないの?

伊達娘がいないってフットルース関連以来と思うのですが,なんか外仕事が入ったのかな?といい方に取っておきます。

私が来ると分かってAKSが引っ込めたというセンもなくはないですが。

反政府活動家とすると超有名になって,それだけでロビーがパニックになり,警備が追いつかないかも知れないから,スミマセンがロビーに入るのを断ります,というのならばあり得なくはないと思います。

けどその場合は,日本中の人間が知るほどに超有名なのであって,AKBのヲタの,しかも2ちゃんを見る程度にディープなヲタの中でそこそこ有名なだけでは,AKSが私の行動をインターネット上で監視する正当な理由にはならないはずです。

このファンレターを書こうとして,Google+を読んでも,伊達娘はまだまだ情報を出してないのです。

昨日私はこじまこにコメントしましたが,あれくらい書いてあれば,私でなくとも何らかで自分に関連するところを見つけられてコメントを返せます。

けれども伊達娘の

―――――――
今日は撮影してましたーーー!

寒かったけど楽しかったな♪

みんなは今日何してたのー?(=´∀`)人(´∀`=)
―――――――

はもう,毎日コピペしたって使える内容です。
それほど内容がないのです。

だいたい本当に撮影してなくても,“撮影してた”コトにすればいいわけですから。

田野のtwitterに私は1日1回くらいコメントしてますが,やはり具体的に書いてあって,いろいろとツッコミたくなる内容です。

そういう点から見ると,伊達娘はGoogle+の内容がまだまだ薄くて,人々が思い思いにツッコめないんですよねえ・・・

それもコメントが伸びない原因と思います。
その結果人気が出ていないといえます。

なんでもっと具体的に書けないのか。

今年のひとつの課題と思います。

時間がなくなった。

それでは。

2015/01/09 12:08:06 おーにっちゃんより

おはよう。昨日はニコ生放送中に寝てしまいました。

なんであんなに眠かったのかよくわかりません。

放送前にウッカリと睡眠薬を飲んでしまったのでしょうか?

10時頃に起きましたがまだ眠くて,11:15にようやく起きて,とにかくいまはスッキリしています。

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。なんとなく・・・

なんとなくユルく放送します。

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

”オンナの幸せ”の逆として,”オトコの幸せ”を考えてみます。

私は女性ではないので,あくまで想像です。

女性の方々,違うならば違うと主張していただければありがたいです。

想像するに,”オンナの幸せ”って,ひとつには自分自身から子孫を産める幸せがあり,もうひとつには,オトコ(夫)から守られているという幸せがあると思います。

ならば,”オトコの幸せ”を考えてみると,意外とないんですよねえ。

私などは,”オンナを守れる幸せ”なんてあるかなあなんて思うのですが,そう主張している人はいないと思います。

私なんて,20歳以上違う女の子たちの集まりであるAKB48を前にして,やりたい放題やっていて,話題かっさらっていて,”オトコの幸せ”を満喫していると思っているのですが,まあJLDGOの工作員をはじめとして,世の中のオトコは認めたくないですよねえ。

やっぱ,相手の考えを受け入れるってのが重要と思います。

オトコってどうしても,相手の考えを受け入れないことが,自分自身のアイデンティティーを主張できるとカンチガイしているフシがありますよねえ。

私は,相手の思いを受け止めるのってめちゃくちゃ大好きです。

だから,なかなかNOとは言わないので,結果的にナメられてしまったりします。

私この記事を注目ニュースで見つけたのに,もう消えてます。さすがJLDGOの工作活動早いですね。

世界の方々へ。日本ではこのような報道統制が当たり前のこととして罷り通っています。

それこそ,日本のおかしなところと認識していただきたいです。

-----------
リニア報道に圧力が? メディアは不都合な真実をなぜ伝えられないのか!  2015年1月8日(木)19時0分配信 週プレNEWS
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/playboy-20150108-41742/1.htm

昨年末の12月についに着工したリニア中央新幹線事業。第一期となる東京から名古屋までの工事だけでも約5兆5千億円、名古屋から大阪までの第二期の工費も合わせると9兆円超という超巨大事業だ。

ところが、これだけ注目される一大事業なのに、住民らの反対運動や懸念される問題についての報道がほとんどない。週刊誌に限れば、繰り返し報道しているのは本誌と『週刊金曜日』、新聞も一部の地方紙くらいのものである。

そもそも、リニアを取材するマスコミ記者及びフリージャーナリストともに限りなくゼロ。その一因に、広告クライアントとしてJR東海の存在が大きい媒体は計画に物申す記事を載せられないことが考えられる。

実際、JR東海がスポンサーのひとつである雑誌に記者がリニア問題を扱う企画を出して通ったことは一度もない。東京電力というクライアントに「配慮」し、3.11までメディアが原発を検証する記事を掲載しなかった構図とも似ているといえる。

具体的な事例として、例えばこんなことがあった。

●事例1 報道されない市民運動
2013年8月29日、山梨県都留市。その日は、県のリニア実験線がそれまでの約18キロから約43キロへと延伸され、2年ぶりに実験走行が再開された日だった。

それに先立つ出発式では、JR東海の葛西敬之会長(当時。現在は名誉会長)と太田明宏国土交通大臣がリニア実現を願うスピーチを行ない、100人以上のマスコミ記者が押し寄せていた。ひとつのお目当ては、新型車両L0系に試乗できることだ。

だが、記者たちも一斉に驚いたのが式典会場を出た途端、約50人の市民団体メンバーが横断幕やメッセージボードを掲げ、ときにシュプレヒコールを挙げ、リニア計画の見直しを訴えていたことだ。

「世界遺産をめざす南アルプスにトンネルを掘るな!」「NO!電磁波」「JR東海はすべての情報を公開して疑問に答えて」…等々、目の前を通る記者たちに次々と訴える声ーー「お願いしますね! 報道してくださいね!」

そんな反対運動の出現に少なくな数の記者が急遽、写真撮影し、ビデオカメラを回し、短いインタビューまで始まった。そこで、記者は逆に報道陣の何人かに質問をした。

「リニアの問題はほとんど報道されません。JR東海がスポンサーだと難しいんですか?」

すると、「基本的には記者とデスクの問題意識に拠(よ)りますが、最終的には上の部署の判断です。スポンサーに気を遣うのは事実です」との答え。

そして、果たしてどこも報道はされなかった。メディアの紙面を躍った言葉はほぼ横並びーー「夢の実現にあと一歩」。住民の声は封じられた。

●事例2 極めて異例な出版停止
上の部署の判断ーー。実は、記者も似たような体験をしている。

2014年9月に「“悪夢の超特急”リニア中央新幹線」(旬報社)と題した単行本を上梓、だがそれは本来、半年前に別の出版社から刊行される予定だった。

某月刊誌での連載を基に構成、すでに3千部を印刷し、さぁ翌週には書店に並ぶぞというタイミングで、その出版社の上部組織である某大学から「待った」がかかったのだ。

大学曰く、「本校において、研究者や卒業生で鉄道関連の事業に携わる者もいる。(リニアを批判する)この本の内容が大学の意図と思われるのは困る」。

そして出版停止。3千部刷られた本は日の目を見ることなく断裁されてしまった。
かつて、ロックバンド、RCサクセションの反原発ソング「サマータイムブルース」を収録したアルバム「COVERS」が発売直前に東芝EMIの判断で発売中止となったのはよく知られた話だが、まさか、同じようなことが起こるとは想像もしていなかった。

再び出版先を探すのに約5ヵ月費やし、一時はもう無理ではと諦めただけに、救いの手が差し伸べられ刊行にこぎ着けた時は心から安堵した。

せめて、校正段階での出版停止ならわかるが、印刷後の出版停止はどんなベテランジャーナリストに尋ねても「極めて異例」との反応だった。本当に大学側の言い分だけが理由のすべてなのか…あるいはなんらかの圧力があったのか、未だ真相はわからない。

●事例3 NHKでも放送内容がNG
もっとも、同様の事件は、天下のNHKでも起きたーー。

昨年12月8日。『クローズアップ現代』番組内で、リニアによって膨大に発生する建設残土の処分先がないことをテーマに放映。無視できない環境問題だとして、番組スタッフが市民団体「リニア新幹線を考える東京・神奈川連絡会」の天野捷一代表を延べ10時間近くも取材していたものだ。

リニア問題が計画沿線住民に認知されたのは、JR東海がおおよその計画書である「環境影響評価方法書」を公開した2011年からだが、以降、NHKは一度もリニア問題を報道したことがなかった。

それが、『クローズアップ現代』では残土問題を切り口にリニア計画の問題点を炙(あぶ)り出すということで、天野さんは趣旨に賛同、協力を惜しまなかった。ところが、オンエア前日の12月7日、携帯電話に番組のスタッフから連絡が入ったーー「申し訳ありません。天野さんや住民、川崎市職員の生の声を放映できなくなりました」

自身のアレンジで取材に応じてくれた住民にもただ申し訳なく、天野さんは「取材対象の信頼を失う行為だ」と伝えた。中止の理由は詳細には教えられなかったが、上からの圧力があったことは間違いない。
結局、番組においてリニア関連で放映されたのは、各県で発生する残土の量をイラストで紹介、JR東海の住民説明会に参加した男性の「残土問題は困る」とのコメントを紹介するのみであった。

もっとも、天野さんはじめ、リニア計画に異を唱える市民団体の多くは、NHKの会長人事が安倍首相やそのブレーンである葛西敬之・JR東海名誉会長に握られていることを把握している。首相の経済ブレーンである財界人の集まりが「四季の会」で、その幹事役を務めるのが葛西名誉会長なのだ。

リニアという超巨大事業は、公共放送にもまるで問題点を報じられることなく、不都合な真実を検証すらされず着々と推進されている。このまま国民的議論を喚起することなく、報道の役目を果たすことなくメディアはリニア計画を看過することになる。

スポンサーがらみの検証報道がなされないのは、リニアに限った話ではない。だが史上最大規模の環境問題(残土問題や水枯れなど)が起きうるかもしれない巨大事業に沈黙し、監視者としての責任を放棄していいはずはない。

同じように、その危険性が指摘されながら国民的検証がないままに推進され、大事故を起こしたのが原発ではないかーー。

(取材・文/樫田秀樹)
-----------

まあ,私がこの樫田秀樹さんに対して仮にアクセスしたとしても,樫田秀樹さんも,私の件は問題が大きすぎるとして隠蔽に走ると思うのですが。

けれどもとにかく,樫田さんのこの文面と同じような隠蔽を,私も日本のマスコミから受けているのです。

日本のマスコミの実態を知っている私からすると,なんら不思議なことではありません。

その上で,私は電磁波については全く信用しておらず,電子レンジのように,人間や環境が細胞レベルで影響を受ける可能性は否定できないと思います。

だからこそ,すべての意見を聞いて議論をし尽くし,問題点がないことをJR東海らが証明せねば,着工には進めないものと思います。

日本が如何に”議論”が苦手な国,政府であるか,分かっていただけたでしょうか。

”議論”ができるかどうかが,人の上に立つ必要条件と思うのですが,”議論”が苦手なオムツ安倍晋三バカなり,野田佳彦なり,どうでもいいのが総理大臣になれている現状を見ると,やはり日本ってオムツ安倍晋三バカをはじめとして,JLDGO・無法独裁政府組織の操り人形なのだと思います。

私また大発見しました。日本では国や政府機関が恣意的に差別(名誉毀損)を働いた場合も,その行為を訴える手段がないのです。

日本における法律の運用をやたらコメントしてくる, “126.236.37.98”

Access2015010901

の意見を聞いてイロイロ調べましたよ。

そうすると,行政事件訴訟法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S37/S37HO139.html

において,なんかいろいろありますが,とにかく国や政府機関が恣意的に差別(名誉毀損)を働いた場合に関しては規定がありません。

しかも,コレはあくまで”行政”事件訴訟法であって,司法に関してはこの規定には適合しないんですねえ・・・

とすると,司法恣意的に差別(名誉毀損)を働いた場合は,”裁判官の自由な心証”の下,すべて肯定されてしまうのが,いまの日本の法制度ということになってしまいます。

それは明らかにおかしいので,名誉毀損訴訟として日本国を相手取って訴訟を起こします。

それで裁判所がなんか言ってきたら,その内容を全部公開しますので,日本のみならず世界的に,日本のおかしなところを議論する端緒としていただきたいと考えます。


私,裁判所のトップにさえ,負ける気がしませんから。

なんたって世界でカエサルに続く2,000年に一人の逸材・・・ってかカエサルにさえ勝つと思ってますから。

日立製作所の備品を用いてファンレターとしたことを”窃盗”と言っているのがいますが,やはり窃盗ではないですよねえ。そもそも,”使ってください”って提示されているのですから。

”使ってください”と提示されていないものを自分のものとしたら”窃盗”ですが,”使ってください”と提示されているものを使うのはおおよそ”窃盗”ではありません。

もちろん,”その使い方は間違えている”と主張され,それでも使い続けた事実があれば,何らかの法律違反に問われるかと思いますが,そのような事実はないので。

たとえば,こんなのがありますねえ。

------
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E7%AA%83%E7%9B%97

近年における電気窃盗事例[編集]
1990年代半ばごろから、携帯電話など、こまめな充電を要する携帯機器の急速な発展と普及にともない、公共の場などで業務用に設置しているコンセントを勝手に利用して充電を行う行為が多発している。列車・バスの座席に設置しているコンセントのように乗客が自由に利用することを前提としているのであれば盗電にはならないが、鉄道駅・病院・学校・列車の車内などに設置されている業務用のコンセントは乗客が利用するためのものではなく、これらを携帯機器の充電に利用した場合は盗電となる。
------

少なくとも会社の備品は,”従業員が自由に利用することを前提としている”のです。

労働判例にもあるとおり,他人が一般的に為しているのと同等の内容であれば認められて当然で,現実的に,就業中にインターネットを閲覧するなど,私的利用がいくぶんか認められていること,社内SNS”こもれび”で大喜利など,明らかに業務外の利用が為されていることをかんがみても,私がパソコンと同様に備品を若干拝借したところで,それが罪にはなりません。

そして,私は何度も申し上げていますが,もともとは日立製作所のためを思っていましたので,日立製作所の封筒を使って私がAKBに貢献できれば,AKBから日立製作所に対して極めて良い印象を持ってもらえることに繋がり,日立製作所の成果に貢献できるとの考えがあったのです。

そのような良心の意思があったものはおおよそ”窃盗”ではありません。

何度も言いますが,”使ってください”と提示されているものを使ったのですし,大きな意味で業務に資すると考えたのです。

だいたい,私はファンレターに使用した紙や封筒を支配する意思がないのですよ?

それが窃盗罪に当たりますか?

あそうそう,村田若槻法律事務所から,クロネコヤマトの宅配便で,19:21に日立製作所からの答弁書が来たらしいです。

村田若槻法律事務所,いつもは日本郵便のレターパックを使っているので,なんか焦っている感じが伺えますねえ。

« 2015年1月8日 | トップページ | 2015年1月10日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック