« 「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。早く帰ってきましたが投稿せねばならないのが多いのでいつもの時間に。 | トップページ | 私のアンチスレが率先して作られ,このブログのコピペが貼られるようになりました。潮目が変わってきた一例です。 »

2015年1月 5日 (月)

いまの私の,日本に対する反政府活動をインターネット上に展開している方向性は間違いではない → なぜ米国はソニーよりグーグルを支援したか 日本企業が向き合うべきは、現地の「有権者」 桑島 浩彰

こんな記事があります。

-----------
なぜ米国はソニーよりグーグルを支援したか 日本企業が向き合うべきは、現地の「有権者」 桑島 浩彰 :青山社中CFO 2015年01月04日
http://toyokeizai.net/articles/-/56925?page=5

グーグル連合が、ソニーに勝利したワケ

桑島:なるほど。もう1つの理由は何でしょう。

ケネディ:日本人は政府を動かそうとすると、政治家に働きかけます。しかし特に外国の政治家にとっては、それはあまり意味がない。たとえばソニーはあるとき、自社のコンテンツがインターネットスペースで無断で使われないよう、活動を取り締まってほしいとアメリカ政府に要請したことがあります。

一方、インターネットの世界において、グーグルやフェイスブックは私たちの閲覧履歴を利用して、私たちの知らないうちにビッグデータを手に入れています。購買履歴やインターネット上の行動パターンをすべて分析し、効果的な広告が出てくるアルゴリズムを生成して、それを商売にしているわけです。したがってグーグルやフェイスブックは政府からできるだけ制約を受けたくない。

そこで彼らがとった作戦は、一般の人たちに対して、「政府によって、僕たちの自由なインターネット空間がコントロールされていいんですか」というキャンペーンを行うことでした。

桑島:そもそもアメリカ人にとっての政府は、日本人にとっての政府と少しニュアンスが違いますよね。アメリカ人が政府を全く信用していないわけではないでしょうけれど、アメリカ政府がドイツのメルケル首相の電話を盗聴していたことがスノーデン事件で明らかになったように、政治信条にもよりますが「政府は得体の知れないことをするものだ」という主張や、政府に対する嫌悪感が共感を得たりするケースがあります。

ケネディ:グーグルやフェイスブックなどのIT企業は「そんな政府に僕たちの自由なインターネット空間を邪魔されていいのか」というメッセージを出したわけです。これはアメリカ社会に対して、とても効果的に響いた。結局サポートを得られたのは、ソニーではなく、フェイスブックやグーグルのほうでした。

ソニーはたぶん無意識のうちに、議会に訴えれば世論が動くと思って、そういう行動をとったのでしょう。しかし彼らにああしてください、こうしてくださいといったところで、まったく意味がありません。なぜなら彼らは有権者の声しか聞かないからです。彼らは再選されたいのだから、選挙権のない人たちの願いを聞いても仕方がない。

日本人はロビイングというと、ワシントンでロビイストが政治家に働きかけるようなことをイメージします。それは基本的にほとんど意味がありません。政治家たちを動かしたければ、その政治家のいる各州の有権者にグラスルーツで働きかけることです。いま日本企業は各州で大量にアメリカ人を雇用しています。彼らの声なら政治家は耳を傾けますよ。
-----------

コレを見て,アメリカの大企業は政府とズブズブではないし,国民も政府を信用していないのがよく分かります。

日本は政府とズブズブで,政府を信用しきっているのですね。

けれども実態としては,私が主張するように,日本政府は強権を得て,アメリカの比ではないくらい真っ黒な存在です。

私が再亡命をするとすれば,亡命申請先の政府にまでロビー活動しとかないといけないのですねえ・・・

ちなみにこの書き方ですと,どうも日本人が想像するほどロビー活動ってダークなイメージはなくて,ストレートに有権者に訴えているようですねえ。
あくまでこの記事を真とするとですよ。

それと,一つ前の記事でこういうのがありました。

-----------
http://toyokeizai.net/articles/-/56925?page=4

日本企業は米国政府や世論との付き合い方が下手!

桑島:そういうリアルなケーススタディを生徒たちに投げて、考えさせるわけですね。ところでケネディ教授から見て、日本の政府や企業の、アメリカ政府との付き合い方はどのように見えますか。

ケネディ:日本の政府や企業は、アメリカの政府や世論とのコミュニケーションがあまりうまくいっていません。自分のメッセージをうまく伝えることができていない。その理由は2つあります。

ひとつは言語の問題。日本人はあまり直截的にものを言いません。たとえば建前はこうだけれど本音は違う、というようなことがある。私がアクセンチュアにいたとき、日本人のクライアントが「あとでまたミーティングしましょう」と言ってきたことがあって、私はうれしかった。ところが私の部下の日本人が、「あれは建前でそう言っているだけです」と言う。そういうふうに直截的にものを言わない文化があります。

これが中国人や韓国人なら、「またミーティングしたい」と言ったら言葉通りに受け止めていい。しかし日本語はダイレクトにものを伝える言語ではないので、それがワシントンなど政治の街においてはディスアドバンテージ(不利)になる。本音とタテマエを使い分けるのは、アメリカ人からするとウソをついているように感じられてしまいます。本音と建前という概念はアメリカ社会にはないので、もっとダイレクトにものを言うべきです。
-----------

コレは,私は最近気づいたのですが,日本人が”直截的にものを言わない文化”なのではなくて,後で「こう言ったじゃないか」と言質を取られないために,ストレートに言うことを避けている風潮があります。

”アメリカ人からするとウソをついているように感じられてしまいます。”なんて言われていますが,感じられるもなにも言質を取られないための発言なのだから,ストレートに嘘をついていると言ってもいいです。
何とでも解釈できるように発言しているのですから。

しかし,”何とでも解釈できるように発言”なんてしていると,そりゃ自国内に報告する段階においては,「相手国から言質を取ることができ,勝った」と思わせることができるでしょうが,世界各国からは,「会議をしてもしたうちに入らない」として置いてきぼりにされるでしょうね。

それが日本は三流国家として,アメリカなどから無碍な対応をされる核心だと思います。

また,上の記事に戻って,日本の政治は世界と違って有権者の言うことを聞かないのですから,世界のロビイストは日本では動きにくいです。

その結果,たとえば鉄道なんかでも,現場からはもっともっと安い海外製品を調達したいという希望が本来出てくるはずなのですが,海外から現場の有権者に働きかけることができないために,部品の調達が閉鎖的だとして非難されているのだと考えると,ストーリーが当てはまっていて納得がいきます。

そういえば日本のマスコミは,CNNやBBCと異なって海外の話題を取り上げませんが,”海外から現場の有権者に働きかけることができない”ようにするために,意図的に海外に関する報道を遮断しているとも考えることができます。

こう考えていくとやはり,日本はあらゆるところがおかしいので,1ヶ所直したからどう変わるという程度の感じではないのが分かります。

京都の言葉が,直接的な表現をせずに奥ゆかしいとされるのも,明治維新まではもともと日本は京都に政府が存在し,そこに官僚がおり,芸者や舞妓らだって官僚を相手にしてきたから,自然と政府官僚の習慣が一般人にも浸透したものと思えてしまいます。

« 「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。早く帰ってきましたが投稿せねばならないのが多いのでいつもの時間に。 | トップページ | 私のアンチスレが率先して作られ,このブログのコピペが貼られるようになりました。潮目が変わってきた一例です。 »

ニュース」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

おい!!

アホ西!!

業務上横領と窃盗罪の違いわかったんか??

お前がやったんは窃盗罪な。

お前の反政府活動て何?
毎日ブログで妄想エントリーをあげる事が反政府活動なの?
署名活動でもしろよな。

裁判、裁判としつこいが、自分が司法書士並みの知識かあると勘違いしてんじゃないのか?
昔からそうだったが、大西の意見は上部だけのもので質問や具体的手法を聞かれると、自分本意の屁理屈を並べて、回りを納得させることができないヤツだった。今の訴訟も自分に都合のよい条文だけを繋ぎ合わせるやり方で、回りからの意見なんて聞く耳もたないよなあ。
「自分が正しい」ことしか頭にないから、相手の弁護士から別の角度で攻撃されると、何も対処できずに「あ~~」「う~~」「次回までに~~」としか言えないんだよなあ。
要するに、相手に対する戦略も事前考慮もないから完全敗訴になるだけで、後付けて「国や政府か手回しした~~」なんてフザケタ言い訳で逃げるしかない能なしヤローなんだよ。

御託はいいから、この2年半での成果を言ってみろよ。

国民のみなさん、
そろそろ  税 金 で 豚 を 飼 う  のをやめませんか?

国民のみなさんが納めた大切な血税が、ナマポとして豚のえさになっています。
このブログでも明らかのようにアイドルの追っかけ旅行の費用として浪費されています。

しかも、豚は国民のみなさんの神経を逆なでするのを承知で、あえてブログに浪費ぶりを載せています。

このようなことが許されてよいのでしょうか?

ロビー活動の「ロ」の字もできない奴が何か言ってるぞw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。早く帰ってきましたが投稿せねばならないのが多いのでいつもの時間に。 | トップページ | 私のアンチスレが率先して作られ,このブログのコピペが貼られるようになりました。潮目が変わってきた一例です。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック