« 最高裁判所から,日立製作所懲戒撤回訴訟の訴訟救助請求棄却文書が来ました。 | トップページ | まあ,日本がいくら批准していなくとも,強攻して国連の個人通報制度を利用するという手はあるよなあ。 »

2015年2月17日 (火)

けっきょく裁判所は,訴訟救助の要件である”勝訴の見込みがないとはいえない”に関して,極めて恣意的な解釈をしていることが分かりました。

訴訟救助の要件である”勝訴の見込みがないとはいえない”とはいったい何であるのかを争点として,確認の訴えを為すことは可能でしょうねえ。

コレはまた私のこれまでの訴えとは違うので。

まあ,なかなか私に賛同してくれる弁護士がいないのが悩みのタネですが,とにかく最高裁が怪しい判断を下したのはこれまた私にとっては武器になります。

いまあるカネの中でどうやりくりするかもありますが・・・

JLDGOも,2つの訴訟で大西をやり込めたら勝てる,それに最高裁に来ても,「法律論であって憲法論ではない」とかいう意味不明な主張で訴訟救助を認めなければ済むので,そこで詰むと思っているかも知れませんねえ。

さてコチラはどういう手を繰り広げるか・・・

まああまりに高裁に対して露骨に最高裁から嫌がらせが来ても,全部訴追委員会に申請すればいいのですが,訴追委員会自体がオープンな組織ではないために,確実性を得るためには,とにかく大勢に知れて問題になるように私は動くしかないのですが。

« 最高裁判所から,日立製作所懲戒撤回訴訟の訴訟救助請求棄却文書が来ました。 | トップページ | まあ,日本がいくら批准していなくとも,強攻して国連の個人通報制度を利用するという手はあるよなあ。 »

日本の司法の腐敗について」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

法律解釈」カテゴリの記事

コメント

裁判所は法律の解釈について直接に審査することはありません。実際の事件に基づいて、付随して解釈の検討をするにすぎません。よって、解釈の確認訴訟などという訴訟は認められません。

だ~か~ら~訴追委員会は個別の裁判や判決に対しての請求は無視するんだって(笑)
あくまでも裁判官や関係職が勤務と関わらない不祥事を起こした時が取り扱い事項。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/58966421

この記事へのトラックバック一覧です: けっきょく裁判所は,訴訟救助の要件である”勝訴の見込みがないとはいえない”に関して,極めて恣意的な解釈をしていることが分かりました。:

« 最高裁判所から,日立製作所懲戒撤回訴訟の訴訟救助請求棄却文書が来ました。 | トップページ | まあ,日本がいくら批准していなくとも,強攻して国連の個人通報制度を利用するという手はあるよなあ。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック