« 曽野綾子さんのコラム全文です。どうもコラムを読まずにイデオロギーとかイメージだけで議論が先行している危うさを感じたので文字に起こしました。産経新聞から止められるまで掲載します。 | トップページ | 私の曽野さんの文章は,引用には当たらず著作権法的に問題なのも理解する。けど,曽野さん及び産経新聞社は,これを削除するかなあ? »

2015年2月18日 (水)

曽野さんのコラムをちゃんと読んだら,アパルトヘイトなどの人種差別なんか,なんもしてないやないか。

先ほど掲載した曽野さんのコラム原文

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-50da.html

ちゃんと読んだら,曽野さんは人種差別を意図する記載などしておらず,むしろどの民族も仲良くしていこう,と主張しているとしか読めません。

ただその中で曽野さんは,いくら仲良くするったって,恋愛関係にあっても同棲・結婚に至るにはさまざまな価値観が同じにならないといけないのと同じで,生まれ育った環境があまりに異なる人種が一つ屋根の下に住むのは難しい,という具体例をひとつ出しているだけです。

だからといって,タウンシップごとに居住地を分けろ,と仰っているわけでもありません。
どのように分けたらいいかの議論まではされていません。

単に,生まれ育った環境があまりに異なる人種が住むには,どこかで折り合いをつけないといけないことを記載されているだけです。

私も,曽野さんはもう少しイデオロギー的なことを書かれているのかと思って読んでみたのですが,ここまでイデオロギーのない文章で拍子抜けしました。

やはり原文に当たらないといけませんね。

もちろん,言論の自由もあるのですし,こういう発言が人種差別に繋がるのだ,と主張をする人がいてもいいと思います。

けれども,原文に当たることなく,ここまで人種差別問題だけを取り上げて議論が進んでしまうことに,非常に危うさを感じます。

”原文に当たることなく,ここまで人種差別問題だけを取り上げて議論が進んでしまう”・・・このような状態こそが,日本だけでなく世界全体が,自分の妄想だけで相手の主張することを聞き入れない,戦争の一歩手前の状態であることを示していると思います。

« 曽野綾子さんのコラム全文です。どうもコラムを読まずにイデオロギーとかイメージだけで議論が先行している危うさを感じたので文字に起こしました。産経新聞から止められるまで掲載します。 | トップページ | 私の曽野さんの文章は,引用には当たらず著作権法的に問題なのも理解する。けど,曽野さん及び産経新聞社は,これを削除するかなあ? »

日本の腐敗について」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

破産借金踏み倒しで国から生活保護もらって自宅引き篭もりやってる奴には関係のない話です

論文を書いたことがある大西さんなら分かると思いますが、文章を掲載する際は許可を取るか、許可を取らない場合は「引用」など著作権法で定められた目的で使用しなければなりません。

大西さんの場合は引用とはいえませんから、著作権法違反で犯罪です。

コラムとかどうでもいいんだけどさ、福祉事務所との話し合いはどうなったの?
以前のように録音したのをアップしてよ。

おーにっちゃんは情けないなあ
自分で話題を作れないからそうやっていつも他人の話題に被せてさも自分の意見かのように振舞うだけだからなあ
僕のように話題は自分で作らないとね
それが発信力
ボンドですら他力本願だからね
これはおーにっちゃんがプロデュース業の入口にすら立ててないことの証明なんだよなあ

働け!税金払えこのカス!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/58982885

この記事へのトラックバック一覧です: 曽野さんのコラムをちゃんと読んだら,アパルトヘイトなどの人種差別なんか,なんもしてないやないか。 :

« 曽野綾子さんのコラム全文です。どうもコラムを読まずにイデオロギーとかイメージだけで議論が先行している危うさを感じたので文字に起こしました。産経新聞から止められるまで掲載します。 | トップページ | 私の曽野さんの文章は,引用には当たらず著作権法的に問題なのも理解する。けど,曽野さん及び産経新聞社は,これを削除するかなあ? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック